ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第49話 風間俊介、関口アナン、両角周… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #49 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 公一
  2. 子分
  3. 石松
  4. 男性
  5. 朝鮮人
  6. 鉄兵
  7. 棒頭
  8. 公次兄
  9. 荒木
  10. 巡査
  11. 飯場
  12. 本当
  13. お脛
  14. タコ部屋
  15. 三平
  16. 信子
  17. 人夫
  18. 大丈夫
  19. 野郎
  20. コラッ

f:id:dramalog:20190613183918p:plain

『やすらぎの刻~道 #49 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

やすらぎの刻~道 #49 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
巨匠・倉本聰が送る帯ドラマ劇場第10週!
ついに“満蒙開拓団”出発の朝がやってきて、根来公平(風間俊介)の親友・ニキビ(関口アナン)、ハゲ(両角周)、青っ洟(若林元太)は旅立っていった。そんな中、根来家の次兄・公次(宮田俊哉)が、海軍航空隊から帰ってくる。ある日、警察官から工事現場で働く労働者が、この界隈に逃げ込んだという知らせを受ける。そのことについて、しの(清野菜名)がある秘密を抱えていて…!?
◇出演者
清野菜名風間俊介佐藤祐基、風間晋之介、井上希美、木下愛華平山浩行
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
唐木希浩
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 


(根来公平)〈母さんが死んだ〉

〈母さんは
しのちゃんと機を織りながら

なんの前触れもなく
機の前で死んだ〉

〈母さんの葬儀に
間に合わなかった公次兄ちゃんは

一晩だけ泊まって帰っていった〉

南十字星って知ってるか?

俺は 多分…

もうじき その星が見られる。

〈あまり多くは語らなかったけど

公次兄ちゃんの言葉の端々から
日本が今

ただ事ではない大きな試練に
巻き込まれかけている事を

僕らは感じた〉

〈翌朝 起きたら

公次兄ちゃんは
もういなくなっていて

そのあと しばらくして
荒木さんが来た〉

〈荒木さんは
お巡りさんを連れてきていた〉

♬~

(根来公一)どうかしたんですか?

(荒木)誰か見なかったか?
(公一)誰かって?

(巡査)朝鮮人だ。
朝鮮人

軍からの借りもんだ。

四つ峰の飯場で働いている
半島から来た労働者だ。

ゆうべ 3人で脱走したんだ。

(巡査)
怪しい奴を見かけなかったか?

誰も見てません。

本当だな?
(公一)本当です。

(足音)

(荒木)お前らも見てないな?
見かけない奴を。

(巡査)変なのを見かけたら
すぐに知らせろ。

どけ。

危険な奴らだ。 注意してくれ。

♬~

いないよ。

(物音)

(猫の鳴き声)

(公一)いねえじゃねえかよ。

♬~

公次兄ちゃん
大丈夫だったかな?

途中で ばったり会ったりしたら
大変だ。

あいつは大丈夫だろう。
軍で鍛えられとる。

四つ峰の飯場って 橋の工事の?
そうだろう。

(信子)何が あったんだろう?
あそこの飯場で。

(三平)あそこには近づくなって
前 誰かに聞いた。

どうして?

筋もんの仕切ってる
タコ部屋らしいってさ。

(信子)何? タコ部屋って。

仕事のない人夫を
だまして 連れて来て

奴隷のように こき使うんだって。
聞いた事ある。

一度 入ったら
抜けられんっていうな。

おっかないヤクザが
何人も ついとって

逆らうと
半殺しの目に遭うって。

半殺しどころか
人柱にされるって聞いたぞ。

人柱って何?

コンクリの中に
立ったまま埋めるんじゃ。

そうすると
骨が鉄筋の代わりになる。

(幸子)怖~い!
(信子)怖い…。

(三平)耐えられなくなって
逃げ出したのかな?

朝鮮人って言っとったな。

そうなの?
朝鮮人や前科者なんかが

そういうタコ部屋に
集められるんだ。

軍からの借り物だって
言ってなかったか?

(三平)言ってた。
そうすると…

軍の捕虜か何かかな?
そうかもしれん。

(公一)とにかく
危ない奴らには違いない。

気をつけよう。
うん。

公平。
ん?

水くみに行く時は
女だけで行かすな。

必ず男がついてってやれ。
うん。

それから…。
(笛)

♬~

(幸子)待って!

(男性)おったぞー! あっちだ!

(男性)2人いるぞ! ぶっ殺せ!

♬~

オラ! この野郎!
(男性の悲鳴)

(男性の悲鳴)

♬~

(公一)後ろを向け。 見るな!

(荒い息)

おい 立て! 歩け コラッ!

(風の音)

(根来鉄兵)大丈夫か?

騒ぎがあったらしいな。

水場を借りるぞ。

よいしょ。

えっ!?

(棒頭)捜せ。
(子分)はい。

ちょっ…!

(子分)この野郎! どけ コラッ。

なんですか? やめてください!

(子分)頭 いません。

蚕か。 流行らねえ!

生糸が このザマじゃ
食っていけねえだろう。

どうだ 姉ちゃん。
飯場で働くか?

飯炊きぐれえなら
雇ってやるぞ。

(子分たちの笑い声)
ハハハッ…。

(鉄兵)ものを頼むなら
草履ぐらい脱ぎな。

そこは座敷だ。

土足で上がるな。
(公一)兄さん!

面白い口 利きやがったな。

この家のもんか?

近くのもんだ。

ふーん…。

(棒頭)わしら
逃げ出した朝鮮のタコを

今 捜してるとこなんだが…。

(棒頭)2人は捕まえたが
1人は まだだ。

お前 この家に隠しちゃいめえな?

お脛!
(棒頭)痛っ!

(子分)頭! どけ オラッ!

うう…!
くっ…!

(棒頭)ううっ! だあっ!

♬~

頭!

お脛!
痛っ!

お脛!

ああっ! ああ…!

(公一)どけ!

あっ…! 公一兄ちゃん!?

んっ! うう~…!

うりゃーっ!

うう~…!
(子分)頭! うわー!

♬~

(鉄兵)オラーッ!
(子分)ああっ! うう…!

(荒い息)

縄 持ってこい!

縄?
(鉄兵)縄だ 縄!

ああ… わかった!

久しぶりに
やりがいのある奴とやった。

縛れ!
どこを!?

まずは手だ!
後ろ手にして 手首を縛れ!

それから足だ! 足首を縛れ!

(荒い息)

(鉄兵)しの!

死んだか?
まだ死んじゃいねえ!

どうするの!?
山に運ぶ!

(男性)運んで どうする?

木に縛りつけて
フミコに食わせる!

♬~

(頬をたたく音)

♬~

相変わらず荒いな
あんたのやる事は。

安心しろ 俺だ。

石松だ。

(石松)なんで こうなった?

(息を吐く音)

この野郎が
いきなり土足で入ってきて

家の中を
勝手に荒らしやがった。

礼儀を知らねえ!

(石松)逃げ出した朝鮮人
捜してるんだ。

2人は見つけたが
1人 まだ逃げとる。

軍の管理下の人夫だ。

見つけたら教えてくれ。

こいつらをトラックに運べ!
(士官・巡査)はっ!

たまには いい薬だ。

(石松)おばさんは元気か?

おふくろは死んだ。

いつだ?
(鉄兵)5年前だ。

そうか。

弔いにも来れず 悪かった。

吸うか?

それより
こいつらを片づけてくれ。

手伝う。

うん。

(石松)お騒がせして悪かった。
あいつらには きつく言っとく。

(公一のため息)

兄ちゃんが加勢したんで
たまげたぞ。

知り合いの士官で助かった。

それより 俺は しのに驚いた。

しの お前
女のくせに 本当に強いんだな。

(公一)どうした?

フフッ…
今になって 怖くなったか。

兄さん 私…

本当は知ってる。

(公一)何を?

逃げてる人夫の人。

畑の作業小屋の…。

わらの中に隠してやった。

なんだと…?

♬~

〈何をしているんだろうと
一瞬 思った〉

もしもの事があっても
ここの家の事だけは絶対言うな。

〈僕は奇妙に感動していた〉

〈兄ちゃんのとった 意外な決断〉