ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。 第8話 最終回 金子大地、藤野涼子… ドラマの原作・キャストなど…

『よるドラ 腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。(8)』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 安藤君
  2. ファーレンハイト
  3. 純君
  4. 山崎
  5. 自分
  6. 彼女
  7. 本当
  8. 亮平
  9. 三浦
  10. 腐女子
  11. QUEEN
  12. マコト
  13. 回想
  14. 同性愛者
  15. 陽子
  16. インターホン
  17. オブ
  18. コウモリ
  19. ジュン
  20. マイ

f:id:dramalog:20190609084350p:plain

『よるドラ 腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。(8)』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

よるドラ 腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。[終](8)[解][字]

純(金子大地)は紗枝(藤野涼子)と亡くなったファーレンハイト(声・小野賢章)の家を訪ね衝撃を受ける。純は、ある決意を秘め、マコト(谷原章介)と待ち合わせする。

詳細情報
番組内容
純(金子大地)は亡くなった友人・ファーレンハイト(声・小野賢章)との約束を果たすため、紗枝(藤野涼子)と彼の家を訪ねる。心の支えだった親友の素性を知ることに少しためらう純だが、遺影に写る彼の本当の姿に衝撃を受ける。その帰り、浜辺で純は、紗枝に二人のこれからについて思いを伝える。そして純はマコト(谷原章介)と会う。「奥さんと僕がおぼれたらどちらを助ける?」純の質問に、マコトは静かに答え始める…。
出演者
【出演】金子大地,藤野涼子小越勇輝サラ・オレイン小野賢章,内田慈,安藤玉恵谷原章介
原作・脚本
【原作】浅原ナオト,【脚本】三浦直之
音楽
【音楽】Akiyoshi Yasuda

 


(紗枝)安藤君。

何か 「たび~!」って感じがするね。

(純)腐女子とは思えない
ボキャブラリーの貧困さだね。

おっ いいね その口の悪さ。

やっぱり 安藤君は そうでなくっちゃ。

[ 回想 ]
(ファーレンハイト)
「ジュン。 君に頼み事をしたい。

僕が彼から貰った『QUEENⅡ』を
彼の墓に供えてくれ」。

ここだ。

<ミスター・ファーレンハイト>

行こう。

<君に会いに行く>

(チャイム)

(インターホン・山崎)「はい」。
あの…。

(インターホン・山崎)「はい」。
えっと…。

(インターホン・山崎)「どなた?」。

亡くなられたご家族のCDを
受け取りに来ました。

(ドアが開く音)

こんにちは。

(山崎)あなたが… 純さん?
はい。

そちらの方は…。

安藤君とおつきあいしてます。

純さんは 同性愛者だって…。

え~っと
彼女っていうか 元カノっていうか

別れ話はしてないんで
私は 全然別れたつもりはないんですけど。

あの…。
三浦さん。 ちょっと黙ってて。

僕は… 同性愛者です。

彼女とつきあうことで
自分を変えようとしました。

結局 駄目だったんですけど…。

(山崎)どうして
駄目だったって言えるんですか?

え…?
そんなに大切だって思えたなら

異性愛者になったって
言っていいんじゃないんですか?

ありえないです。

僕が 好きな男性を思う気持ちと
彼女を思う気持ちは 全く違います。

治らなかったんですね。

治るとか治らないとかじゃないんです。

ただ そういうふうに生まれてきただけで
理由とか原因とか ないです。

彼との約束なんです CD…。
お願いします。

(山崎)どうぞ。

会ってやって下さい。

ありがとうございます。

この部屋です。

<開けるよ ファーレンハイト>

♬~

中学生?

11月で… 15歳になったばかりでした。

(ファーレンハイト)「ジュン」。

<いつだって 君の言葉に励まされて…>

<かっこいいって… 憧れていたのに>

(ファーレンハイト)「さようなら ジュン。

本当に好きだったよ」。

ただの中二病かよ…。

安藤君!

(ファーレンハイト)僕たちのような人間は
どうして生まれてくると思う?

(泣き声)

バカ野郎…。

♬~

この人は きっと
ファーレンハイトのことが

告白される前から好きだったんだよ。

どうして?

僕たちの恋愛は 普通

好きになっていい人を
探すところから始まるんだ。

だから
ずっと ひそかに好きだった相手から

告白されるなんて 奇跡が起きたら

自分で自分を抑えきれないぐらい
心が揺らぐのは 少し分かる。

よし。 帰ろうか。

えっ いや ちょいちょいちょいちょい
ちょいちょいちょい。

それは ないでしょ。 ガックリ来ましたわ。

どうして? もう 用事も済んだし。

ここに誘う時 最初
安藤君 何て言ったか忘れたの?

何だっけ。

海だ~! イエ~イ!

安藤君も早く!

あっ。

見て。 面白い形。
きれい。

あげる。
ありがとう。

ねえ 安藤君。
何?

QUEENの曲が聴きたい。
安藤君が一番好きな曲 聴かせてよ。

いいよ。

♬~(「ラブ・オブ・マイ・ライフ」)

何て曲?
「ラブ・オブ・マイ・ライフ」。

フレディが
恋人のメアリーと別れた頃に作った歌。

メアリーってことは 女性?
うん。

♬~

こんな きれいな曲ができるぐらい
好きだったんだね その人のこと。

結婚して 子どもをもうけてっていう
男女の関係には なれなかったけど

魂の深いところで
つながっている2人だったんだ。

♬~

三浦さん 腐女子だったんだ。
腐女子…。

人を こんなに好きになったの
生まれて初めてなんだ。

何で 私とつきあったの?

ゲイなんか好きになる方が悪いって
そういうことなの?

違う。

私が安藤君を知ったみたいに
安藤君にも 私のことを知ってほしいの。

♬~

三浦さん。

やっぱり 僕 大阪に行く。

逃げたいんじゃなくて
自分を試してみたいんだ。

僕のことを何も知らない人たちの中で
これまでと違う生き方ができるかどうか。

できるか分かんないけど。

安藤君。

私たち 別れよう。

だって 遠距離とか無理だし。
そろそろ潮時かな~って思ってたし。

よし! これで 振ったのは私だからね。

うん。 分かった。

うん。

(ファーレンハイト)振られちゃったね。

ファーレンハイト…。

見ていたよ。 当然の報いだ。
そうだね。

すてきな女性なのにね。
うん。 本当に。

安藤君!

冷た~い!
何してんの!

安藤君も おいでよ!

♬~

バイバイ。

「なみ~!」って感じ?
「ふゆ~!」って感じ。 寒い。

何 持ってんの?
流木。

ハハッ 流木?
そう。

(亮平)はあ~
めちゃくちゃ さみしくなるな。

これから 誰の股間をもめばいいんだよ。

誰のも もまなくていいんだよ。

それより 話って何?

そうそう。 小野っちから伝言があるんだ。
小野から?

「俺は『シアー・ハート・アタック』が
一番好き」だって。

どういう意味?

<あいつも QUEENが…>

ねえ。 どういう意味?

亮平。 僕からも伝言いい?
うん。

「僕は 『オペラ座の夜』が一番好き」。

何だよ。 純君と小野っちって
謎に通じ合ってるよな~。

えっ 何? 嫉妬?
違うよ。

純君さ 俺とセックスする夢
見たことあるって言ってたじゃん。

俺に恋してた時期って あったの?

亮平のことは 大好きだけど

つきあいたいと思ったことは
一度もないよ。

今の マジ?
本当だよ。 神に誓って。

僕は 亮平を
恋愛対象として見たことはないよ。

じゃなくて。
俺のこと 大好きってところ。

そっちかよ。

当たり前だろ。
(亮平)そっか。

ありがとう。 俺も 純君のこと大好きだ!

おら!
うわっ! ちょ… 亮平!

もみおさめ しとかないとな。
意味分かんない…。

<引っ越し間近の日曜日>

マコトさん。
(マコト)やあ。

<僕は マコトさんと会った>

待った?
ううん。

マコトさんは
家族で ここに来たことあるの?

あるよ。 純君は?
僕もある。

おお~! おお 元気。

オランウータンが
一番 サービスしてくれる。

また来た。
来た 来た。

純君 レッサーパンダ 好き?
好き。

かわいい。

<父さんとの かすかな思い出の残る
この動物園で

僕らは 最後のデートをした>

純君。 彼女とは どうなった?

振られちゃった。 遠距離は無理だって。

そうか。
うん。

僕も 純君と同じ頃は 本当に悩んだよ。

今よりも ずっとひどい時代だった。

同性愛者なんて生き物は 失敗作。
そういう扱いだった。

でも 僕は 男しか好きになれなかった。

そんなある日 妻と出会った。

家庭菜園が趣味だと言ったら

翌日に トマトとナスの苗を
買ってくるような 露骨なアプローチが

僕には効果的だった。

もしかして この人なら

悩みを受け止めてもらえるかもって
思った。

やがて 彼女は僕にプロポーズしてきた。

僕は それを受けた。

自分のために受けた。

彼女を 袖にしたら かわいそうって
気持ちがなかったわけじゃない。

でも それ以上に 僕は家族が欲しかった。

だから 結婚した。

♬~

コウモリは 卑怯なのかな。

獣の鋭い牙も 鳥の硬いくちばしも
持たないコウモリは

どうしようもなく弱くて…

弱いから
そうして生き残るしか できなかった。

それでも コウモリは
卑怯っていわれてしまうのかな。

♬~

妻を助けるよ。

え…?

この前 聞かれた質問の答えさ。

君と妻が溺れていたら
僕は 妻を助ける。

<本当によかった>

<あなたが そういう人で>

それじゃあ。

うん。 さようなら。

(すすり泣き)

(すすり泣き)

♬~

母さん。 ちょっと出かけてくる。

(陽子)え~? ちゃんと荷造りしてよ。
引っ越し明日なんだから。

うん 分かってる。 行ってきます。

行ってらっしゃい。

最優秀賞って どんな絵 描いたの?

それは 見てのお楽しみ。

ふ~ん。

あっ…。

これ…。

♬~

恥ずかしいタイトルだね。

別れた彼氏の絵が展示されてる時点で
死ぬほど恥ずかしいんだから

今更でしょ。

ほかに感想は?

ありがとう。

<三浦さんと出会って…>

[ 回想 ]
純粋に好きなんだ。

<僕の人生は 変わった>

[ 回想 ]
彼は 自分が嫌いで…

私たちが好きなんです。

♬~(「ラブ・オブ・マイ・ライフ」)

僕をちゃんと見てくれて
本当にありがとう。

「上手だね」より ずっとうれしい。

でも うまいよ。

ねえ 安藤君。
何?

前に 同性愛者が
なぜ この世に生まれてくるか

分からない みたいなこと
言ってたでしょ?

その答え 私 分かったかも。

えっ?

聞きたい?

神様は 腐女子なんじゃないかな?

[ 回想 ]
私は 男性同性愛物の創作物を好む女性
腐女子って呼ばれる存在です。

安藤君 言ってたじゃん。
BL星に行きたいって!

なるほど。 あきれるほど納得したよ。
でしょ?

やっぱり 三浦さんって 面倒くさいね。

口 悪い。

♬~(「Don't Stop Me Now」)

(陽子)自己紹介とかするのかな?
するんじゃない?

(陽子)どんなこと話すか 決めた?

QUEENが好きっていうことは 言おうかな。
(陽子)あっ いいね。

映画が はやったから キャッチーじゃん。
うん。

お母さん あの曲 好き。
♬「フン フンフン フ~ン」ってやつ。

えっ 映画見たの?
この間 純君の持ってるCD借りた。

そう。 嫌だった?
ううん。

お母さん これから もっと
純君のこと 知らなきゃいけないから。

うん。

もう この辺でいいよ。
そう?

大学の授業の初日に
わざわざ送りに来る親 普通 いないよ。

私を 普通の母親だと思ってたら
大間違いだよ。

(笑い声)

そうだね。

(ケイト)ふ~ん そうだったの。

教えてくれて サンキュー。
いえ。

 

あっ。

(ケイト)彼から?
はい。

♬~

♬~

 

うん。

よろしゅうな!
(拍手)

(教授)頑張りや。
はい。

(教授)え~ 次は… 安藤君。
はい。

はじめまして。
東京から来ました安藤 純といいます。

僕は…。