ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

東京独身男子 第8話 最終回 高橋一生、仲里依紗、滝藤賢一… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『東京独身男子 最終回』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 太郎
  2. 寿美代
  3. 本当
  4. 岩倉
  5. 三好
  6. 自分
  7. 結婚
  8. 透子
  9. 一緒
  10. 大丈夫
  11. 仕事
  12. 大事
  13. クリニック
  14. フフフ
  15. 今日
  16. 紹介
  17. 不安
  18. アンケート
  19. 心配
  20. 部屋

f:id:dramalog:20190609083819p:plain

『東京独身男子 最終回』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

[終]東京独身男子 最終回[多][字]

ついに最終回!高橋一生斎藤工滝藤賢一!アラフォー独身男子のラブ・コメディが今夜完結!それぞれ人生の岐路に立った“AK男子”たちが下す最後の決断とは…!?

詳細情報
◇番組内容
太郎(高橋一生)はかずな(仲里依紗)に再び自分の想いを伝えるも「これ以上、振り回されたくない…」と去られてしまう。一方、岩倉(滝藤賢一)は同居を始めたばかりの透子(桜井ユキ)に出ていかれ、三好(斎藤工)はクリニックの経営を改善すべく太郎が暮らす部屋の売却を迫られてしまう。そんな中、太郎の母・寿美代(萬田久子)が上京するとの知らせが…。それぞれの試練を前に、AK男子3人が下した人生の決断とは…!?
◇出演者
石橋太郎…高橋一生
岩倉和彦…滝藤賢一
三好かずな…仲里依紗
竹嶋舞衣…高橋メアリージュン
日比野透子…桜井ユキ
渡辺早紀…仁科あい
谷川理子…内藤理沙
吉住レイカ…宮本茉由
加藤泰司…ノゾエ征爾
榊みのり…星野真里
石橋寿美代…萬田久子(特別出演)
岩倉和雄…小野武彦
三好玲也…斎藤工
◇脚本
金子ありさ
◇演出
樹下直美
◇音楽
河野伸
◇主題歌
高橋一生『きみに会いたい-Dance with you-』(ユニバーサル シグマ)
【楽曲提供&プロデュース】宮本浩次エレファントカシマシ
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】横地郁英テレビ朝日
【プロデューサー】中川慎子(テレビ朝日)、菊池誠アズバーズ)、岡美鶴(アズバーズ
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/tokyo-dokushin-danshi/
☆Twitter
 https://twitter.com/AKDanshi
☆Instagram
 https://www.instagram.com/akdanshi/

 


(石橋太郎)かずな!

かずなが好きだ。

こんな事 今さら…。

でも… 好きだ。

(三好かずな)
ごめん 太郎ちゃん…。

もう これ以上

振り回されたくないんだ。

〈38歳にして 人生の岐路に〉

(細川誠吾)石橋さんのような人が
来てくれれば…。

この会社に
活気が戻ったらって。

〈でも この決断は
大反対されて…〉

(三好玲也)…っつうか 正気?
年収 こんなに下がって…。

〈さらに それぞれに問題が〉

(岩倉和彦)いいか? 三好だって
今 経営不振に悩んでる。

少しは聞けよ!
太郎ちゃんと一緒にしないでよ!

ほら もう
こういうふうになるじゃん!

確かに 時間の無駄だ。

解散。

〈こうして
俺たちは会わなくなった〉

お疲れさまです。
ああ お疲れさまです。

お昼 行ってきます。
いってらっしゃい。

(三好の声)設備投資 可能?

(栗林秦介)
この部屋を売ればの話です。

いや でも
今 ここ 友人が住んで…。

(ため息)

(岩倉和雄)ああ…
おいが出ていったとに。

えっ?
よか施設に行って

のんびり暮らすって
決めたとに

なんで 透子さんが…。

(日比野透子)
この家を出ようと思います。

あなたが 今 一番大事なのは
良き息子である事。

もういいんだよ その話は。

(ため息)

親父は 心配しなくていい。

そがん 気ば回さんでも…。

♬~

まあ お前は
おいの自慢の息子やけん。

ヘヘッ…。

(吉住レイカ)あっ… 岩倉さん。
お久しぶり。

久しぶり。

(ため息)

(レイカ)はい。
ありがとう。

(レイカ)最近 皆さん 見ないけど
なんかあったんですか?

ああ…。

♬~

今…。
ああ ごめん レイカちゃん。

やっぱり 今日は帰るわ。

いただきます…。

♬~

部長。 先ほど
人事部とも話してきまして

有休消化後 月末付で
退職する事になりました。

本当にお世話になりました。

(元谷恒彦)はい 了解。

斉藤。
格付の見直し どうなった?

ちょっと
一点 見てほしいんですけど…。

加藤さん 引き継ぎ
ありがとうございました。

(加藤泰司)あっ…。

頑張れよ。

♬~

(太郎の声)「今日 正式に退職」

♬~

(チャイム)

かずな…。

どうしてくれるの? 太郎ちゃん。

えっ?

付き合おうって言ってくれた彼
断った。

真っすぐで 優しくて
いい人だったのに…。

太郎ちゃんは…!

難しいし 不器用だし

一緒にいるとね 不安になるの!

ずっと ずっと…

ずっと悩んでた。

でも…。

どうしても 太郎ちゃんが好き。

自分でも
あきれるくらい好きなの!

♬~

俺と…

付き合ってもらえませんか?

はい。

うん。

フフフ…。

(ドアの開く音)
(2人の笑い声)

これ どういう事…。
太郎ちゃん!

あっ…!
三好 岩倉さん…。

どうして?
お前ら…。

いやいや いやいや!
これは 今 たった今…。

僕たちは
お付き合いする事に…。

あっ そう… ついに!

ああ! そうだ かずなちゃん。
これ この…

この… 何? 「SOS」って何?

俺にも。

はあ…?

もう… だから

いい大人が
喧嘩してる場合じゃないって事。

フフフ…。

かずな。

えっ?

お前な…。

おめでとう!
かずな おめでとう!

ええ… 何? 何?
恥ずかしい… 恥ずかしい!

おめでとう かずなちゃん!
おお… 苦しい…。

じゃあ… 参加する!
何? アハハ…。

太郎ちゃん おめでとう!
ありがとう!

おめでとう!
ありがとう!

久しぶり!
久しぶりじゃないか!

10日ぶり 10日ぶり!
短っ!

俺なんて 携帯握りしめて
いつでも連絡できるように…。

メール 打っては消して
打っては消して

打っては消して…。
それな 俺もやってた!

みんな一緒だ!
た… 太郎ちゃん!

太郎ちゃん! これ これ…。

お母さん?

そう。 母 寿美代。

♬~

来るんだって。 ここ。

♬~

仲直りを祝して?
エス

えっ かずな… あれ?
帰っちゃうの?

うん。 今日は もう帰るね。
3人で ごゆっくり~。

いや いればいいのに…。

また すぐ来るから。

うん。
(かずな)うん。 フフ…。

お兄ちゃん。
ん?

ちゃんと あれ 話さないと。

わかってる… わかってるから…。

(かずな)じゃあ おやすみ。
おやすみ。

(三好・岩倉)おやすみ。

よし… 乾杯!
(太郎・岩倉)乾杯!

いやあ 久しぶりだ!
久しぶり!

くう~!
ああ… うめえな!

悪かったな 太郎ちゃん。
この間は。

転職の事 ほら
頭ごなしに否定して…。

いやいやいや それは…。

心配してくれたんでしょ?
そりゃ 心配するよね…。

だって ああやって

母 寿美代から
手紙来るぐらいだからさ。

今どき 手紙なんだ。
そう。 携帯持ってないから。

なんか 寿美代さんっぽいね。

いや 会った事ないんだけどさ。

じゃあ…
まあ この機会だから

寿美代に紹介してもいい?

ああ… ねえ。
ぜひ。

ちょっと 不思議だよ?
ハハハハ…。

あっ かずなちゃんは?
紹介したら?

ああ そうだね。

でも そういえば

彼女を紹介するのは
初めてだわ。

えっ!
ハハハハ…。

あっ そういえば
かずなが さっき言ってたのは?

悪い 太郎ちゃん。
えっ?

実はね

この部屋を売るって話が出てて…。

こんな時に申し訳ない 本当に…。

うちのクリニック 経営面…
運転資金がショートしかけてて

それで どうしても この…。

なんで…?

本当にごめん!
これ 全部 俺の責任だから…。

いや なんで
早く言ってくれなかったんだよ?

えっ?

いや…
ごめん 今まで甘えてて…。

いやいや
太郎ちゃんが謝る必要ないから。

いやいや そういう事だったら
もう

なるべく早く物件探して
引っ越すよ。

いや あの… うちでもいいしね!
あの…。

いやいや!
それは… それはいいって。

そのぐらい貯金はあるから
大丈夫 大丈夫。

いやいや いやいや でも…。
本当 ごめん。

いや あの… 違うんだよ。

俺がさ
もっと早く問題点を整理して

ちゃんとしてれば
こういう事にならなかったんだよ。

ごめんな 太郎ちゃん… ごめん!
いいんだって…。

いやいや…
岩倉さん 頭 上げてください。

岩倉さんが謝るのは おかしい…。
ごめん ごめん… いや

なんだったら 俺が もう
駿河湾 帰りゃいいんだ。

いやいや それは…!
ごめんごめん それは 本当ごめん。

へえ… 太郎さんのお母さんが?
うん。

そいやったら
おいも ご挨拶ばして

アカウントを交換するけんね。

残念でした。
携帯持ってないって。

うわっ! ガードの固か!
ハハハハ…。

ああ
そろそろ デイケアの準備…。

(携帯電話の着信音)
おう。

どうした?

(透子)「五所建設の会長が
収賄で逮捕されました」

えっ?

(透子)「接見 お願いします」
あっ いや…。

わかった。 すぐ行く。

親父 悪かったな…。

(透子)王手!
(和雄)おっ…。

(和雄)いやあ ちょ ちょっ…
ちょっと待った!

(透子)もう 待ったは なしですよ。
(和雄)ええ…。

あっ おかえりなさい ボス。

どうして 君が?

デイケアは?
うん。 キャンセルしたばい。

はあ… ごめん 負担かけて。

今日 たまたま
ヘルパーさんが…。

(透子)シーッ!
今 いいとこなんで。

(和雄)負けたばい! 強かね!

(透子)
お父さんも なかなかですよ。

(柴田秀幸)
こちらの物件 いかがでしょう?

35平米 常時ゴミ出し可能…。

日当たり どうだろう?
やっぱり 角部屋

もしくは 2面採光じゃないとな。
なんで 三好?

では これは?

耐震構造は
チェックしておけ。

なんで 岩倉さん?
あと…

浴室乾燥は外せない。
うん。

さらに天井高ね。
これ大事だから。

男性3名様で ルームシェア

(3人)違います。
僕が借りる部屋です。

いやあ…
どれも うちから遠いな!

ごめんね 太郎ちゃん 本当に。
いや そんな…。

でも 俺 通うからね。
太郎ちゃんに もう

胃袋 つかまれちゃってるから。
はい 俺も。

そういうふうに
言ってもらえるとな…。

電車で一本の所…。

ああ ここなんかは?

うーん… もっと
予算 切り詰めないとな…。

じゃあ こういうのは どう?

かずなと住む。

いや それは… どうだろう。

将来的には?
考えてないのか? 結婚。

まあ それも 2人でね…
2人で決める事だけどね。

これから どういう所に住んで
どんな暮らしをするのか…。

その頃 仕事はどうなってるのか…
全く わからない。

こんな俺が
かずなを巻き込むなんてさ…。

できないよ。

(携帯電話の着信音)

あっ! 舞衣…。

(竹嶋舞衣)本当にごめんなさい。

えっ?

前に押しかけた時 迷惑かけて…。

かずなさんにも
きちんと謝りたくて。

そんな…。
もう…。

(太郎・かずな)本当に…。

フフフ… よかった 幸せそうで。

で その後 糸井さんとは?

あれから すぐに日本に来てくれて
話し合って…。

シドニー
夫婦やり直そうって事になって。

で 自分なりに考えて
仕事 始めたの。

へえ…。
仕事?

ツアーの企画会社。

現地でやってみようって。

へえ…。

自分の足で ちゃんと立てば
彼を支えられる。

だから もう大丈夫!

あの時
2人が助けてくれたおかげ。

ありがとう。

あっ… よし。
じゃあ もう行くね。

うん。

♬~

これから 会長のご家族に
接見時の様子を報告してくる。

(透子)わかりました。

今日の夜 お父さんは?

そうだ…
ヘルパーさんに延長…。

私 行きましょうか?

えっ?

やっぱり難しいって
そう思って家を出たけど

気になるんです。
何か手伝えないかって…。

大丈夫。 その必要はないよ。

じゃあ お疲れ。

終わりです。
では お口 ゆすいでください。

すぐ戻りますね。

♬~

(榊 みのり)わっ! あっ あっ…。

やっぱり。

どっかで
お見かけした事あるお顔だなと

思ってたんですけど…
あれですよね? あの

駅前に新しくできた
クリニックの…。

新麻布デンタルクリニック
院長の榊みのりです…。

すいません! こんな
スパイみたいなまねして…。

あの こちら
とても評判がいいので

つい…。
えっ?

ええ? そうなんですか?

あっ それは なんか…
光栄です はい。

でも

正直 マニュアル化してますね。

えっ?

フフッ… 負けません。

(においをかぐ音)
ん? このにおいは…。

そうです。 麻婆豆腐です。

フフフ… 好き! やった。

だから作ってるんだよ。
フフフ…。

なんだよ?

えっ? 嬉しいだけ。

ハハハ…。 はい できた。

(かずな)
運ぶのくらい手伝いますよ。

お願いしまーす。
はい~。

ほい。
わあ… おいしそう。

あっ これ
今度引っ越す時の… これ 物件?

ああ… そう。
ふーん。

春巻きもあるよ~。
あっ… はーい。

よし…。
ありがとう。

よいしょ…。

ああ… そうだ。
明日だ そういえば。

そうだ お母さん?

えー…。

紹介します。

うちの母 寿美代です。

(石橋寿美代)あなたが岩城さん?

岩城… いや 三好です。
あっ…。

じゃあ あなたが岩城さん?

岩倉です。
ああ…。

じゃあ 岩倉さんの妹さん?

あっ あの… 三好かずなです。

1つも合ってない…。

ややこしいわね。
うん…。

あの すいません あの

気に入って頂けると
いいんですけれども…。

あの お土産…。
嬉しい。

すいません お気遣い頂いて…
すいません。

失礼します。
(寿美代)はい どうぞ。

なんだろう…。

ジャン! 鉛筆…?
(寿美代)ええ。

三好さん あの…
クリニックでお使いください。

ああ…
ちょうど欲しかったんですよ。

(寿美代)
でしょう? 以心伝心かな。

なんだろうな?

砂時計…。
なんで?

いや お忙しそうだから。

ああ… はい。 素敵なものを
ありがとうございます。

(かずな)えっ… ん?

あっ… ノート? えっ 何?

(寿美代)石橋家のレシピ 味!

あっ… ありがとうございます!

なんで いきなり
出合い頭に これ? 重いでしょ。

だって いつか この日のために…。

あらら。

付き合ってる人
紹介してもらった時のためにね。

あら。

いいって… もう。
えっ?

すごいな DNA。
ねえ。

(かずな)「たて塩」? えっ?
「水出し」…。

あっ でも かずな
全然 料理とかできない…。

ちょっと シーッ!
イテッ!

そう思って…

準備してきました。

おお~!
(かずな)わあ~!

(寿美代)
さあさあ どうぞ召し上がれ!

(かずな・三好・岩倉)いただきます。
(寿美代)どうぞ どうぞ。

うわっ! 太郎ちゃんと同じ味!

えっ?
うーん! すごいな DNA。

いやいや 俺なんて まだまだ。

母には かないませんよ。
おいしい~!

太郎ちゃんの母 寿美代さん
マジで神!

(寿美代)本当ですか?
ありがとう。 ありがとう。

ありがとうって言えばですね
ちょっと あの…。

三好さん。
はい。

岩倉さん。
はい。

本当に
どうもありがとうございます。

いえいえ…。
いえいえ…。

えっ 何がですか?

太郎の転職。

外資
有名なコンサルティング会社に

引き抜かれたとかなんとか…。

えっ?
外資コンサルティング

いやいや そっちじゃなくて
エネソケット…。

お二人のおかげです。
ありがとうございます!

1年ごとの年俸制
いい仕事をすれば 年収は倍。

話してないの…?
話した。

話したんだけど なんか
勘違いさせちゃったかも…。

いや いい決断をしましたね!
はい。

やるからには
さらに上を目指すつもりで…。

ねえ。 太郎 精進しなさい!

はい。
はい。

いや 違うんだ 母さん。
そうじゃなくて。 えっと…。

転職するのは…。
(寿美代)はい。

外資のほうじゃなくて
電機メーカーのほう。

電機メーカー?

そう。

しかも その会社は
今 経営が厳しくて

俺の年収も
これまでの6割程度になると思う。

2人の時に話そうと
思ったんだけど…。

いや…。

銀行に就職が決まった時 母さん
あれだけ喜んでくれたから

本当に申し訳ないなと
思うんだけど…。

でも 俺 今 38で
あと働いて20年くらい。

これからの働き方を考えて
突き詰めていくと…。

自分の 今 持ってる能力を
誰かの力に変える

そういう手応えを
感じられそうなんだ その会社で。

だから そういった意味で
勝負をかけようと思ってる。

母さんには
心配かけるかもしれないけど

もう決めたんだ。

かずなさんは どうなの?

あなたたち
いずれ結婚するんでしょ?

ああー…
それは まあ おいおいに…。

結婚は まだ考えてません。

私 今 資格取ろうかなと
思ってるんです。

資格?
はい。 簿記1級。

経理の事をもっと学んで

兄のクリニックの
サポートができるように。

自分の足で
しっかりと立てるように。

この先 大切な人に何があっても
ちゃんと支えていけるように…。

まずは 自分自身
しっかりとしたいんです。

♬~

(寿美代)太郎。
うん?

いい人 見つけたわね。

うん。

かずなちゃん どうするの? これ。

そうだよ お前
ちゃんと勉強しろよ お前。

もちろん頑張りますよ。

でも 太郎ちゃん 上手だし…。

できるほうが
やればいいんじゃないの?

はあ? お前…。

本当 調子いいなあ! ハハハ…!

う~ん!

何がいいって あの食欲。

フッ… そこ?
そうよ。

食べる人が一番!
そう?

もう一つ言っておくと
笑顔にしてくれる人。

さらに合格。

まあ この先どうするのかは…

あなたたちに任せるわ。

♬~

おっ 太郎ちゃん。
おお おはよう。

どうした? 寿美代さん。
今 駅まで送ってきたとこ。

あのさ…。

部屋… 売れた。

おっ! そっか。

本当ごめん!
ううん。

で あの…
来月 引き渡す事に…。

来月… そっか。

わかった じゃあ
すぐ引っ越し先 決めて…。

ごめん!
クリニックでしょ? 頑張って。

ありがとう 太郎ちゃん。
ううん。 それじゃ。

正直 マニュアル化してますね。

さて どうするか…。

(かずな)はい。

(渡辺早紀)アンケート?
(かずな)はい。

(谷川理子)私たちの声を聞きたい
って事ですか?

そう。 院長が ぜひにって。 はい。

♬~

(かずな)アンケートお願いします。
アンケート?

じゃあ また明日ね。
お疲れさまです。

あっ…!

どうも。

余裕がないそうです。

前に おっしゃって頂いた事
気になったんで

スタッフに
アンケートを取ったんです。

そしたら
1人当たりの担当患者数が多くて

マニュアル対応に
なってしまうって。

だと思いました。

…うん。

なので 設備投資の前に
人件費を増やして

研修制度をやり直す事にしました。

そこから
巻き返しを図れたらなって。

おっ なんすか? その顔。

もしかして 脅威に思ってます?

あっ 別に…。

うちは おかげさまで
予約数 安定しているので。

でも 一日10人ぐらいって
聞きましたけど。

なので
広告を打とうと思ってます。

ねえ 知ってます? 今 広告規制
めちゃくちゃ厳しいんですよ。

(みのり)知ってます それくらい。
じゃあ あれ どうするんですか?

最新のCTとか。

うち もう使ってますよ。
マジで?

じゃあ 光学印象は?
もちろん!

♬~

(チャイム)

♬~

(透子)なんですか? 話って。

これから 君と交渉したい。

交渉? なんの?

あっ すみません。

いろいろ考えた。

俺の目的は

君を大事にする事
親父も大事にする事。

はい。

だから 私も変わろうと…。

いや 君は変わらなくていい。

俺が変わる。

仕事を休む。 無期限で。

はい?

仕事を休む。 無期限で。

はい?

だから
もう一度 ここで やり直そう。

そんな…。

そんなの望んでません。

ボスが仕事を休むなんて…。

無責任すぎます。

この提案におけるポイントは3つ。

1 できるほうがやる。

こう言ってはなんだが 君より
俺のほうがキャリアがある。

もちろんです。

だからこそ休める。
でも…。

2 これからの事務所は
君が支える。

それぐらいの覚悟を持って
やってほしい。

出世も諦めるな。

そうすれば
後輩たちへの励みにもなる。

そして… 3。

ここまで考えるくらい
君が好きだ。

♬~

どう? 承知してくれる?

だったら結婚しましょう。

さっきの あなたの提案
考えてみたら

家族になったほうが
あなたを支えられる。

お父さんも支えられる。
だから…。

♬~

私と… 結婚してください。

♬~

はい。

♬~

えっ… 結婚!? 岩倉さんが?

しかも… 家庭に入る?

はい。

無事 そういう運びになりました。

2人で考え抜いて
出した答えなんですよね…?

そう。

それがベストだと…?

はい。

えっ…。 えっ 何? 何…?

なら 祝福しかないですよ
リーダー!

岩倉さん…! 兄貴ーっ!
おめでとうございます!

おめでとーっ!!

キーンってするわ!
耳がキーンってしてるから!

岩倉さんが ついに結婚か~!

ああ~ こんな日が来るなんて…。
感激であります!

まあ そういう意味では… 三好。
はい。

君が鉄砲玉となって
最初に結婚という樹海に飛び込み

その厳しさを
身をもって教えてくれた。

どうもありがとう。
感激であります!

そして 石橋太郎。
はい。

君も 恋愛下手を再三披露。
披露はしてないです。

その 不器用ながら
1歩進んで2歩後退

半歩進んで2歩後退する様を
見て…。

進んでない。
ハハハ…!

自分だったら どうだろう?
そういう体験談を

数多く もたらしてくれた。
どうもありがとう。

まあ お役に立てたんだったら
よかったです。

にしてもさ あれ たまったよね。
アジェンダ

アジェンダ

よくも まあ
これだけ なんやかやと…。

あくまで要検討事項ですけどね。

いろいろあったなあ。

はあ…。

正直言うと ちょっと怖い。

怖い?

パートナーを得る分
失うものもある気がして…。

自由とか?
可能性とか?

いや そういう事じゃなくて

大事なものが増えるって事は
不安も増えるって事。

確かに…。

俺は もう 今さら
再婚する気はないんですけど

ないけど

自分の人生 何も…
何も残んないんじゃないかなって

不安にはなる。

俺の場合は…

後悔するのが怖いかな。

後悔?
うん。

これと思って決めた事が
もし間違ってて

取り返しのつかない失敗
したらって…。

うーん…。 まあ でも どの道

不安がなくなるって事はない
って事なのかな?

かもな。
でも 俺 逆に気づいた事あるよ。

なんか ポジティブ発言くるか?
うん。

俺さ
大事なものを失いかけたでしょ?

ああ 元気問題?
はあ? でも治ったんじゃないの?

そりゃ もう…。
違うよ! うちのクリニックだよ。

ああ…。

もし失ったら どうしようって
思った時に

自分の中で何が大事なのか
本当に大事なものが見えた。

だから 今 抱えてる問題もさ

自分の価値 基準 幸せの指標だと
思えばいいって。

人が こうだからじゃなくて

要は 自分が納得してるかどうか
って事?

それこそ 結婚も…。

結婚しても しなくても

今の自分に納得する事が
幸せの始まり。

くう~! いいね 太郎節!

あっ なんか
新しい顔 出しちゃった?

よっ! 男前!
変わってきたな 太郎節も。

男前! この~!
こうして円熟味を増してって

40代に突入しちゃうのかな?
石橋は。

やっぱり変わってない。
それは それで和む。

じゃあ アジェンダかな。

AK男子の城
ひとまず お開きですかね。

太郎ちゃん 寂しい事 言うなよ!

来るよ! 明日も来るよ。

あっ 明日は ちょっと…。

へえ~! ここ?
うん。

(かずな)お邪魔します。

おおっ! いいね!

なんか… あっ 天井高いじゃん!
すご~い!

ん? あれ…。

ん? もう一部屋…。 えっ?

…って事は ここ 1LDK?

うん。
へえ~。

どう? かずなも ここで…。

えっ?

よかったら 一緒に…。

俺と一緒に暮らさない?

俺と一緒に暮らさない?

本当は プロポーズをしなくちゃ
いけないんだろうけど

今は まだ結婚は…。

かずなが言ったように

俺も

自分で立ててるっていう自覚を
もっと持てるようになるまで…。

今は 「こうしなくちゃいけない」
じゃなくて

「こうしたい」を選びたい。

で 俺は かずなと一緒にいたい。

かずなに そばにいてほしい。

だから…。

ここから始めてもらえませんか?

フフッ… フフフ…!

私も…

太郎ちゃんと一緒にいたいって

ずっと そう思ってきたから…。

(かずな)だから…。

自信ある。

♬~

ここから始めよう。

(2人の笑い声)

♬~

んっ。

(携帯電話の着信音)
あっ。

あっ…。

お兄ちゃん?

「SOS」

〈今も まだ
不安がないわけではない〉

あっ!! 三好…!

あっ 太郎ちゃん。
大丈夫? どうしたの?

これ つけ替えようと思ったら
ドーンってなって このまま…。

馬鹿! お前 もう…。
立てないの?

かずなちゃんは?
今 薬… 湿布 買いに行って…。

〈でも
どんな時でも こうやって

家族であっても なくても

ひとりひとりが寄り添えば
きっと やっていける〉

大丈夫じゃん。 大丈夫じゃん。
大丈夫…。 いける?

(3人)あーっ!

〈思いが繋がり 笑い合う〉

〈そんな暮らしが続けばいい〉

〈この街の どこかで…〉