ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

ミストレス~女たちの秘密~ 第8話 長谷川京子、杉野遥亮、水野美紀… ドラマの原作・キャストなど…

『ドラマ10 ミストレス~女たちの秘密~(8)「告白」』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 悟史
  2. サエ
  3. 樹里
  4. 安岡
  5. 貴志
  6. 香織
  7. 自分
  8. 連絡
  9. お願い
  10. 一緒
  11. 俊哉
  12. 先生
  13. 曽我部
  14. 電話
  15. 本当
  16. 木戸
  17. 友達
  18. パパ
  19. モルヒネ
  20. 愛人

f:id:dramalog:20190607225115p:plain

『ドラマ10 ミストレス~女たちの秘密~(8)「告白」』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

ドラマ10 ミストレス~女たちの秘密~(8)「告白」[解][字]

人には言えない秘密を抱える4人の女性が集まって繰り広げられる、過激で可愛い本音トークが面白い。息詰まるサスペンスと甘いロマンスのジェットコースタードラマ!

詳細情報
番組内容
香織(長谷川京子)が父親の愛人は自分だったと貴志(杉野遥亮)に告げ、二人の関係はあっけなく終わった。一方、友美(水野美紀)から避けられていると感じた安岡(甲本雅裕)は身を引く決意をする。悟史(佐藤隆太)の音頭で冴子(玄理)の妊娠を祝う女子会が開かれ、樹里(大政絢)たちは夫に真実を打ち明けられない冴子の相談に親身に乗ってやる。そんな中、香織は佳恵(麻生祐未)から突然自宅に呼び出され戸惑う。
出演者
【出演】長谷川京子水野美紀,玄理,大政絢佐藤隆太杉野遥亮細田善彦篠田麻里子小篠恵奈,森優作,鎌田英怜奈,小柳友貴美蟹江一平甲本雅裕橋本さとし萩尾みどり麻生祐未
原作・脚本
【作】横田理恵

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(貴志)父には 愛人がいたんです。

これは 母の字ではありません。

もう離れたくない。

(友美)あなた… 変よ。

(安岡)野口友美さん。 好きです!

(近藤)あの方 奥さんいらっしゃるのよ。

離婚してたんじゃなかったんですか?

まだ正式には。

(ミキ)この子は 俊哉の子よ!

(カイ)パパ。

おめでたですよ。

(坂口)僕の子どもなんですよね?

(冴子)
おなかの子の父親… 悟史じゃないの。

(樹里)あなたが好き。
(玲)でも これで お別れ。

だって 私 結婚するんだもん。

(泣き声)
あなたとは いい友達でいたいと思ってる。

(樹里)分かった…。

(香織)
バレンタインのカードを書いたのは…。

私…。

お願い。 聞いてちょうだい!
聞きたくない!

♬~

<柴崎香織は うそをつくことに耐えられず
自らの手で恋を終わらせてしまった>

(チャイム)

で その子の名前は
俊哉が付けたんだって。

<私 野口友美は 亡き夫の愛人と
その子どもに会い

自分が何をすべきなのか考えていた>

あの子 「パパ」って言ったのよ。

俊哉の写真見て。
え…?

何か あの2人見てたら
昔のこと思い出しちゃって…。

香織は大丈夫?

友ちゃんに あれだけ言うなって
言われたのに…。

彼に話したの!?

分かってもらえなかった…。

モルヒネのことは言ってないわよね?

言ってないわ。

きっと 彼は 私を許してくれない。

忘れ物ない?
(萌)連絡帳。

あ… そうだ。
ボ~ッとしてると ケガするよ。

行ってきま~す。
行ってらっしゃい。

♬~

(安岡)「野口友美様
先日は 本当に申し訳ありませんでした。

あなたを思う気持ちが強くて
ほかのことが見えなくなっていました。

あなたを傷つけてしまったことを
心から おわびします。

でも これだけは信じて下さい。

友美さんを思う気持ちに
うそはありません」。

♬~

徹夜だったの?
(悟史)うん… 今日中に仕上げないと。

ありがとう。 これ どう思う?

あっ かわいい!
本当? うん。

子どもが大きくなったら

これは パパがデザインしたんだぞって
自慢するんだ。

あっ そうだ。 明日の夜って空いてる?
え?

おふくろからメール来てさ
家族みんなで お祝いがしたいって。

ちょうど 兄貴たちも
実家に集まってるっていうから。

そう…。
どう?

あっ… 明日 女子会なの。
前から約束してて。

あ~ そっか。
ごめん。

だったら うちに呼べば?
うん?

悟史さんからメール来たよ。
うん…。

どうする?

とりあえず 来て。

な~んか 悟史さんに会うの
気が引けるなあ。

ごめん。
サエちゃんを責めてるわけじゃないよ。

毎晩 明日になったら
悟史に本当のこと言おうと思うの。

でも… 朝起きて 悟史の顔見たら
何も言えなくなっちゃって。

遅くなればなるほど…
言うのが難しくなるんじゃないのかな。

分かってる。

分かってるよ。

(三隅)先生。
はい。

木戸さんから お電話です。
え…?

木戸さんの奥様から。

もしもし?
(佳恵)お忙しいところ すみません。

木戸です。
…どうされました?

貴志が 家に帰ってこないんです。

昨日から 全く連絡が取れなくて。

どこか… 貴志君の行きそうな場所は?

☎(佳恵)知ってる人には
連絡してみましたが どこにも…。

先生から電話をして頂けませんか。
え…?

あの子 先生からの電話なら
出るかもしれません。

あ… あの… でも…。

よろしくお願いします。

(電話が切れる音)

♬~

(メールの送信音)

(メールの着信音)

(ため息)

(呼び出し音)

「留守番電話サービスセンターに
接続します」。

おはようございます。
おはよう。 行ってきま~す。

行ってらっしゃ~い。

おはようございます。
遅くなって すいません。

おはようございます。

あの あの…。
絵本 ありがとうございました。

すいません。 ご迷惑でしたよね。

えっ…。
(子どもたち)おはようございます!

おはよう。
おはよう。

今日も一日頑張ろうね~。
は~い 行ってらっしゃ~い。

おはよう。 行ってらっしゃ~い。

とも… 野口さん。

はい…。

私は現在 妻と離婚調停中です。

絵里の親権のことで もめていますが
慰謝料は請求されておりません。

(子どもたち)おはようございます!
おはよう!

おはよう! 今日も元気だね。
行ってらっしゃい!

行ってきます! 行ってらっしゃい!
はい 大きな声…。

行ってらっしゃい!
(子どもたち)行ってきます!

それでは 皆さん
これから よろしくお願いします。

(一同)お願いします。

お疲れさまでした。

お疲れさまです。

もう始まってるんですね。

今日がキックオフだったの。
そうですか。

この間は すいませんでした。

僕に 冴子さんを責める資格なんて
ないです。

あっ あ~… ごめんなさい…。

ありがとう。

僕… 入社以来
ずっと 冴子さんを尊敬してました。

え…?

発想がユニークで 頭の回転が速くて。

あなたとは…
純粋に仕事がしたかったです。

新しいプロジェクト 頑張って下さい。

それと…。

これ言うと また悩ませるって
分かってるけど…

もしも 何かあったら 頼って下さい。

僕が責任取りますから。

 

もしもし?

(洋子)今 うちに来てるんだけど。
えっ?

(洋子)ちょっと やつれたんじゃない?

ちゃんと食べてるの?
食べてます。

…で 今日は何?

お見合い。
え…?

あなたと小田切さんのお見合いよ。

はあ? 何言ってるの?
(小田切)ハハハッ ハハハッ!

ちょっと~! 笑い事じゃないわよ。
ごめん。

俺も今 初めて聞いた。 ハハハッ。

いいかげん 結婚決めてくれないかしら?

私だって いつまで元気でいられるか
分かんないんだから。

何それ。 どっか悪いの?

いいえ。

でも 私は おとうさん見送ってから

うちを出て
好き勝手やらせてもらってるでしょ。

母親として 責任 感じるの。

まさか 再婚すると思わなかったわ。

横にパートナーがいるって
すてきなことよ。

人生 いい時も悪い時もあるけど
1人より2人の方が楽しいんじゃない?

じゃあ あとは2人で。
え…?

私 今から お友達とお芝居なの。

田切さん あと よろしくね。

(小田切)行ってらっしゃい。
ちょっと待って。

(ため息)

まったく…。

ごめんね。
うん?

俺は楽しんでるよ。
でも せっかくの休みなんだから

無理に つきあわなくたっていいのに。

実はさ…。
うん。

おかあさん 今 通院してるんだ。
え?

軽い狭心症で。

いつから?
先月。

健診で引っ掛かったって
連絡もらったから

うちの先生を紹介したんだよ。

香織には言うなって言われてたんだけど。

でも 大丈夫。 投薬で
コントロールできるって聞いてるから。

そう…。

おかあさん 自分がいなくなったら

香織が独りぼっちになるって
思ったんだろうな。

うまくいってんのか?
え…?

あ…。

ならいいけどさ。

(曽我部)樹里さん。 すいません。

あ… はい。

(曽我部)
ウエイト これくらいでいいですかね?

そかべさん ちょっと重くない?
そがべです。

無理しない方がいいよ。

でも… 自分も 大胸筋 鍛えたいので。

ねえ この間 私が言ったこと分かってる?

この間? …ああ はい。

婚約破棄してくれてもいいんだよ?

なぜですか?
だって…。

樹里さんは 好きな人がいると言いました。

つまり あなたは 本気で
誰かを好きになれる人だということです。

きっと そのうち…
僕のことも好きになってくれると

信じてます。

言ってる意味が
よく分かんないんだけど…。

そのうち分かります。

どこまで打たれ強いんだ。 フッ…。

そっか~ 萌ちゃん もう5年生ですか。

もう あっという間。

何か PTAのとか いろいろ 大変なの。

でも 女の子だと
将来 楽しみじゃないですか。

一緒に旅行とかできたりするし。
う~ん そうね…。

悟史さん 最近 ジム来てないけど
ちゃんと体 鍛えてんの?

ここのところ忙しくて
若干 サボり気味です。

あ~ 油断してると
すぐ おなか出ちゃうよ。

はい すいません!
あっ そういえば 樹里ちゃん。

婚約の話 どうなったの?
…まあ それなりに。

結婚したら楽しいぞ。 なあ?
うん…。

(悟史)まあ でも タヒチ旅行は

子どもが生まれたら
しばらくは無理だな。

それはいいよ~。

俺は 子どもと一緒に遊園地でも
十分楽しめるよ。

あっ 香織ちゃん ワイン。
あっ ありがとう。

香織さん ワイン詳しいんですよね?
あっ… 好きなだけです。

正直言うと 俺
サエが ちょっと羨ましいんです。

昔からの友達でも
こんな しょっちゅう会わないし。

皆さんに会う時は サエ
いっつも楽しそうだから。

これからも よろしくお願いします。

ちょっと もう何言ってんの。 こちらこそ。
やだ~。

こちらこそ~。
恥ずかしい。

あれ? もうないじゃん。
なくなっちゃった。

皆さん ワインがいいんですよね?

(悟史)サエ。 うん?
俺 ちょっと行って 買ってくるわ。

え?
飲んでて。 すぐ戻ります。

ごめん ありがとう。
(悟史)ううん 行ってきま~す。

あ~ すいません。 すいません。
≪(悟史)とんでもないです~!

悟史さん すごくうれしそうだったね。
愛されてるよなあ サエちゃん。

絶対に バレないなら
一生 秘密にしておくって手もあるけど。

生まれてきたら
血液型で分かるかもしれない。

隠し通すのは 難しいかもね。

♬~

(樹里)悟史さん 寝た?
うん。 ちょっと飲み過ぎちゃったみたい。

何が問題なの?
何? 何の話?

友ちゃん まだ 安岡さんと
仲直りしてないんだって。

えっ どうして?
だって…

謝られたからって そんな すぐに
はい OKってわけにはいかないでしょ。

意地張ってると損するよ。

大事なのは 友ちゃんが
彼を愛してるかどうかでしょ?

亡くなったご主人のせいで
新しい出会いまで諦めるの?

向こうも待ってるんじゃない?

そうかな…。
そうよ~。

ダメだった時は
私たちが慰めてあげるから。

実は 私 もう一つ 迷ってることがあって。

何?

パパの保険金。

半分… あの女に渡そうかと思って。

(3人)えっ!?
ちょっと待ってよ!

お金は
萌ちゃんの学費に使うんじゃないの?

友ちゃん だまされてる。

あの子は 俊哉の子だと思う。

別に いい人ぶろうとか
そういうんじゃないの。

あの女に対しては 今でも言いたいこと
いっぱいあるんだけど

でも… あの子は別。

私が 俊哉の代わりに

あの子に
責任を果たさなきゃいけないと思う。

人がよすぎるよ…。

自分のためにも そうしたいのよ。

お金を払ったら 私 もう一度
自分の人生 やり直せるような気がするの。

もう 前に進みたいの。

そうね。

私は いいと思う。

友ちゃんらしい。

いいんじゃない。

♬~

友ちゃんさ…。
ん?

萌ちゃんを産んだ時って
最初に どんなことを思った?

私のところに来てくれて ありがとうって。

あと 中から ボンボン蹴ってたのは
この足か~って。

すごいね。

大変よ 子ども育てるって。

自分の時間はなくなるし
おちおち 病気にもなれないし

お金は足りないし。

でも… あの子がいたから頑張れたの。

私の宝物。

(樹里)香織ちゃん。
うん?

聞いてもいい?
何?

年下の彼とは どうなってるの?

あ… ごめん。 やっぱり まずかったか。

もう終わったわ。

前に 友ちゃんが 好きになっちゃいけない
相手って言ってたよね。

私も そうなんだ。
え?

好きになっちゃいけない相手。

どういう人?

う~ん… センスがよくて
目がきれいで…。

奥さんをすごく愛してる。

彼… 樹里ちゃんの気持ち知ってるの?

彼女。

でも… 友達でいようって
言われちゃった。

♬~

本当の恋をしたのね 樹里ちゃん。

♬~

ごめん 起こしちゃった。

みんな 帰った?
うん。

ありがとな サエ。

♬~

ずっと連絡が取れないから…
心配してたのよ。

一体 どうしてたの?

せめて お母様に連絡を…。
あなたには関係ない。

あなたは…
僕のことなんか 愛してなかった。

僕は ずっと 父の身代わりだったんだ。

違うわ!
違わない!

聞きたいことがある。

僕の想像が間違ってたら そう言って。

あの日… 父が死んだ日…

あなたは 父と一緒に別荘にいた。

父が自殺を考えていたことを
知ってたんだ。

それなのに止めなかった。

やめて…。
それどころか…

父の自殺に手を貸した。

違いますか? 先生。

違うなら 違うと言って下さい。

あなたが
薬を処方したんじゃないんですか?

♬~

そうよ。

でも 信じて。 私…。
言い訳は聞きたくない!

あなたは 僕に打ち明けて
自分が楽になりたかっただけだよ。

♬~

(ドアの開閉音)

安岡さん!

安岡さん!

安岡さん!

もうダメ…。

あれ? 野口さん?

あれ? どうしたんですか?
はし… はし… 速い。

今 私 追いかけて…
何で そんな走ってるんですか?

え?
あれから ずっと考えてたんですけど…

どうしても あなたのことが
頭から離れなくて。

でも もう諦めて 吹っ切ろうと…。

吹っ切らないで下さい!
はい? はい? はい? はい?

勝手に終わらせないで下さい。

あの… よく考えたら

私たち まだ お互いのこと
よく知らないんですよね。 ええ…。

あ… あの 僕は
てっきり あなたに嫌われたのかと。

いいえ。

私… 夫がいなくなってから

もう この先 いいことなんかないと
思ってたんです。

でも 一生つきあえる仲間と出会えたし

こうやって 安岡さんとも会えた。

だから もう…

過去にとらわれるのは やめにします。

これからは あなたと一緒にいたい。

僕は… 長生きします。

絶対 一日でも あなたより長生きします。

あなたを泣かせるようなことは
絶対にしません!

♬~

(子どもたちの声)

ラブラブ~!

♬~

おいしいなあ。 ねえ 樹里さん。
うん…。

新婚生活は もう慣れました?

(ミナ)毎日 楽しいです。

帰ってきて 家に玲がいると
すごくホッとするの。 ねっ?

うん…。
(曽我部)いいなあ 幸せそうだなあ。

ねえ 樹里さん。
そうね。

せっかくの休みなのに
迷惑じゃなかった?
あ… ううん。

パーティーでは
あんまりお話しできなかったから

曽我部さんに連絡もらって
すごいうれしかったです。

お二人の新婚生活について
お話が聞きたかったんです。

やっぱり いいですか? 結婚って。
はい。

お二人も早くした方がいいですよ。

頑張ります。 フフフ。

(ミナ)そうだ。 私 パーティーの動画
持ってきたんです。

一緒に見ません?
(曽我部)見たいです 見たいです。

つまらなそうだね。

こんなはずじゃなかったのに。

私に会いたくなかった?

そうだね。

でも 私 ちゃんと友達やれてたでしょ?

うん。

本当は 結構無理してたんだけど。

目の前で あなたたち2人が
仲いいところを見るのは

やっぱり つらいもん。

そんな顔しないで。

やっとの思いで あなたを諦めたんだから。

私が つらくないとでも思った?

♬~

これで終わりにしたくない。

♬~

 

どうしたの?
ごめんね。

おせっかいかと思ったんだけど

ほら サエちゃん
昨日 ほとんど食べてなかったでしょ。

それじゃ 体が参っちゃうと思って。

これ トマトスープと
あ~ まだ固まってないな。

グレープフルーツゼリーなの。
冷蔵庫で固めて。

で これが梅干しと
手作りのシソジュース。

食欲なくても 水分だけはとってね。

私も 結構
つわり きつい方だったんだけど

こういうので なんとか乗り切ったの。

ありがと。

サエちゃん もし 産むなら
私 全力でサポートするからね。

いつでも 力になるから
何でも言ってきてね。

ジュースのパッケージ
この間ので決まりそうだよ。

結構 周りにも好評でさ。

サエ? …どうしたんだよ ボ~ッとして。

あ…。
あっ! おなか すいた?

(笑い声)

あっ! かわいい。

ちょっとだけ見に行こっか。
いや でも…。

無駄遣いしないから。

あっ おふくろさ もう 赤ちゃん用の靴下
編み始めてるんだって。

気が早すぎだよな。

(悟史)ちっちゃ。

赤ちゃんのものって
何で こんなにかわいいんだろうな。

幸せな気持ちになるよな。

♬~

サエ?

おい。
帰る。 どうしたんだよ。

俺 何か気に障ることした?

(悟史)サエ?

ごめんなさい。

え…?

あなたの… じゃない。

えっ 何が?

♬~

あなたの… 子どもじゃない。

♬~

すみません。 急に お呼び立てして。

何かあったんですか?
神経が参ってしまったみたい。

警察に行ってきたんです。

貴志が酔って 留置場に入れられて…。

あの子 どんどん ひどくなる。

もう どうしたらいいのか…。
(ドアが開く音)

どうして ここにいるんですか?

私が お呼びしたの。

帰って下さい。

(佳恵)
あなたのことを相談しようと思ったのよ。

(貴志)相談?

母さん 何にも知らないの?

貴志さん。
この人は…

父さんの愛人だったんだよ。

(貴志)平気な顔をして
ずっと 僕たちをだましてた。

そんな人に
一体 何の相談があるっていうの?

知ってたわ。

おとうさんは…

いつだって
家族のことを一番に考えてた。

たかが浮気で 木戸光一郎の名前に
傷をつけるようなことは やめなさい。

それだけじゃない。

この人は モルヒネを処方して

父さんの自殺の手助けをした。

貴志… 部屋に戻って。

戻りなさい。
嫌だ。

失礼します。

なぜ この子に話したんですか?

あなたが木戸の愛人だということも

モルヒネを処方したことも
気付いていました。

でも… 今更 ことを荒立てても
しかたないと思ったんです。

あの人が…
最期に電話をしてきたのは 私。

私は…

あの人に生きていてほしかった。

たとえ どんな姿になっても。

あなたさえ いなかったら
こんなことにはならなかった。

あなたが モルヒネを処方しなければ
木戸は あんな死に方はしなかった。

あなた… 私が28年かけて築いたものを
ぶち壊したのよ!

早く ここから出ていって下さい。

ごめんなさい。

あなたとは もう会わない。

♬~

あなたたち… まさか…。

まさか…。

失礼します。

♬~

♬~