ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第45話 清野菜名、風間俊介、風間晋之介… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #45 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. ニキビ
  2. 一同
  3. 山梨
  4. お前ら
  5. トントン
  6. ハゲ
  7. 天使
  8. 満州
  9. ウェルテル
  10. トラック
  11. トン
  12. バラバラ
  13. ロッテ
  14. 頑張
  15. 気持
  16. 結構
  17. 見間違
  18. 元気
  19. 後家
  20. 出発

f:id:dramalog:20190607185112p:plain

『やすらぎの刻~道 #45 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

やすらぎの刻~道 #45 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
ある日、根来公平(風間俊介)は親友・青っ洟(若林元太)から意外な話を聞く。先日、河原で根来家の養女・しの(清野菜名)が見知らぬ男に抱きつくところを目撃したというのだが…!?また、結婚式を目前に控えた青っ洟から、結婚初夜についての悩みを持ちかけられた公平たち。青っ洟に恥をかかせるわけにはいかないと、鉄兵(平山浩行)に相談することに。そして壮行会の夜、公平たち4人組は鉄兵に呼び出されて…!?
◇出演者
清野菜名風間俊介、風間晋之介、井上希美、木下愛華、関口アナン、両角周、若林元太、平山浩行、岸本加世子
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
唐木希浩
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(根来公平)〈その2~3日

僕らは
いつもの仲間たちと一緒に

満州に出発する3人の家の
片付けと

結の作業をずっとこなした〉

〈その最後の夜
何もなくなった青っ洟の家で

僕ら4人は 久しぶりに
枕を並べて 遅くまで話した〉

〈今度 いつ
また こういうふうに会えるか

誰にも想像がつかなかったから

僕らは それぞれ

結構
感傷的になっていたのだが…〉

俺は 女を知らねえんだ。

お前ら 誰か知ってるか?

〈青っ洟が突然切り出した話に
僕ら3人は不意を突かれ

みんな びっくりして
黙ってしまったのだ〉

♬~

(鳥のさえずり)

ゆうべの話にゃ 驚いたな。

青っ洟の話か?
うん。

俺もドキッとした。
不意を突かれた。

うん。

結婚っていうのには
そういう事もあったんだ。

ああ…。

お前ら
本当に まだ経験ねえのか?

ない。
ない。

お前は?
畑が忙しくて すっかり忘れてた。

ああ…。

♬~

3人とも奥手だな。

うん。
うん。

あいつの相手のヨシコって女は
多分 結構 経験豊富だぞ。

豊富 豊富。

犬山の野郎とも 関係あったしな。
そうそう そうそうそう。

青っ洟の気持ち よくわかるよな。
わかるわかる わかるわかる!

あいつに恥をかかしちゃいけねえ。
そうそう そうそう そうそう!

どうすりゃいいんだ?
もう日にちもないぞ!

鉄兵兄さんに相談だ!
(2人)うん。

(根来鉄兵の声)知らねえのか?

おめえら いくつだ?

17。
(ニキビ)もうじき18。

わかった。 考えとく。

(3人)お願いします。

あの… 式まで
あいつ もう時間がないんです。

わかった!

〈その日から
村中が慌ただしくなった〉

(一同)わあ~!

満蒙開拓団の出発が
もう5日後に迫ってきたからだ〉

〈しかも 青っ洟の結婚式は

その2日前にする事が
決まっていた〉

〈昼過ぎには
軍のトラックまで来た〉

(ハゲ)おお おお…。
(ニキビ)危ねえ 危ねえ。

行くぞー!

(ニキビ)うわっ…。
(一同)おお…。

(青っ洟)せーの… フンッ!

〈3時過ぎ 軍のトラックが

ぬかるみにはまって
動けなくなった〉

おーい! 来てくれたぞ!

ああ 来た…。
(ニキビ)ああ… はあ…。

(一同)せーの… よいしょ!

ああーっ!!
(青っ洟)ううっ…!

せーの…。
(一同)ああーっ!!

(一同)おお~!

おお~!
(青っ洟)やったー!

(根来しの)お母さん。
んっ?

〈そういう中で
母さんと しのちゃんは

どういうつもりか
不要になって捨てられる

養蚕関係の道具類を
せっせと集めてきて

物置にしまっていた〉

〈女のやる事は
僕には わからない〉

〈日が暮れると
各家で人々や親族が集まり

バラバラの壮行会が
あっちでもこっちでも開かれた〉

〈中には
遠くから駆けつけた親族もいて

村の人口は久しぶりに膨らんだ〉

♬~(一同)「勝って来るぞと
勇ましく」

♬~「ちかって故郷を 出たからは」

♬~「手柄たてずに 死なれよか」

♬~「進軍ラッパ 聴くたびに」

♬~「まぶたに浮かぶ 旗の波」

9時だ。
わかった。

もういっちょ いきますか!
もういっちょ いこうぜ。

♬~「土も草木も 火と燃ゆる」

♬~「果てなき荒野 踏みわけて」

9時だ。

♬~「進む日の丸 鉄かぶと」

どうなった?
9時だ。

9時。
了解。

♬~「明日の命を 誰が知る」

♬~「弾丸もタンクも 銃剣も」

ああ? ああ…。

♬~「ここは御国を何百里

♬~

(鉄兵)あそこだ。

ちょっとだけ
明かりの漏れとるとこじゃ。

あそこに
後家が一人で暮らしとる。

話はついとるから
庭へ回って 雨戸をそっと叩け。

小さい音で
トントンと叩くんじゃ。

トントンと叩いたら
少し間を置いて トンだ。

間違えるな。

トントン… トンだ。

草履は必ず持って入れ。

あとは
あっちが全部 心得とる。

ありがとうございます。

♬~

これを持ってけ。 鹿の肉だ。

コロって犬が庭先に寝とる。

ほえかけたら これをやれ。
すぐ静かになる。

行ってきます!

(ニキビ)頑張れ。
(ハゲ)頑張れ。

(犬のほえる声)

(叩く音)

あの馬鹿!
草履持つの忘れよった。

わしは帰るが
お前ら どうする?

俺は残る。

友情に厚いのう。

さっき チラッと見えたな。
(ニキビ)うん。

どういう人なんだろう?
あの人は。

後家さんだって言っとったぞ。

未亡人か?
うん…。

金を払ったのかな?
それはないだろう。

鉄兵兄さん 金は持っとらん。

そんじゃ
とってきた狸の肉やるとか?

それもないだろう。

そんじゃ
タダで教えてくれんのか?

きっと そうだと思う。

さっき見えた感じだと
物腰の優しそうな人だった。

それに きれいな人だったぞ。
(2人)うん。

天使みたいな人が
この世には いるんだなあ。

いるんだなあ。

いるんだ…。

満州にも いるかな?
満州には いないだろう。

山梨だから
こういう人がいるんだ。

山梨だからな。
うん。

山梨の天使だ。
うん。

山梨から離れるのが
寂しくなった。

〈しのちゃんの事を考えていた〉

〈しのちゃんも
こんな事… するんだろうか〉

〈男とこっそり会っていたという
しのちゃん〉

♬~

〈何かの見間違えだと否定した
しのちゃん〉

〈でも… 僕は

男とこっそり会っていたという
青っ洟の話のほうを信じていた〉

〈しかも しのちゃんは その男に

自分のほうから
抱きついていったという〉

〈三平兄ちゃんと仲が良いのに

陰で男と抱き合っていたという
しのちゃん〉

〈女ってものが 僕には
どんどん わからなくなる〉

〈やっぱり あれは
青っ洟の見間違いだ〉

(根来三平の声)「しのちゃん」

「この頃 随分 熱心に
いつも 本ばかり読んでるね」

「何を読んでるの?」

(しのの声)「ゲーテ
『若きウェルテルの悩み』って本」

(三平の声)「ああ
あの本なら 俺も読んだ」

「大好きな本です」

「特に アルベルトという
フィアンセがいるロッテに

恋い焦がれて自殺する
ウェルテルの心情が

僕には 痛いほど よくわかる」

(しのの声)「ロッテの気持ちも
私には わかるわ」

どうしたの?

どうしたの? 母さん。

母さん? 母さん! 母さん!?

♬~

(ニキビ)待て おい!
(ハゲ)ちょっと待て!

おい!

(ニキビ)どうだったんだ おい!
感想ぐらい言え!

(青っ洟)どうして 女って…

あんなに優しくて
やわらかいんだ~。

ありゃ 天使だぜ~。
ヘッヘッヘ…。

やっぱりか…。

〈母さん 僕を殴ってください〉

(ニキビ)バラバラになっても
ここで集合か。

武田開拓団 万歳!

元気でな!
元気でな!