ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第43話 清野菜名、風間俊介、佐藤祐基… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #43 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 三平
  2. フミコ
  3. 少女
  4. 太鼓
  5. 公一
  6. 大丈夫
  7. 鉄兵
  8. ニキビ
  9. ブー
  10. プゥ
  11. ヤギ
  12. 一緒
  13. 公平
  14. 黒岩
  15. 雑誌
  16. 若松
  17. 小沼
  18. 小沼良吉
  19. 仲間
  20. 鉄兵兄

f:id:dramalog:20190605140113p:plain

『やすらぎの刻~道 #43 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

やすらぎの刻~道 #43 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
ある日、根来公平(風間俊介)は親友・青っ洟(若林元太)から意外な話を聞く。先日、河原で根来家の養女・しの(清野菜名)が見知らぬ男に抱きつくところを目撃したというのだが…!?また、結婚式を目前に控えた青っ洟から、結婚初夜についての悩みを持ちかけられた公平たち。青っ洟に恥をかかせるわけにはいかないと、鉄兵(平山浩行)に相談することに。そして壮行会の夜、公平たち4人組は鉄兵に呼び出されて…!?
◇出演者
清野菜名風間俊介佐藤祐基、風間晋之介、井上希美、木下愛華、若林元太、大貫勇輔、平山浩行、岸本加世子
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
唐木希浩
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(根来公平)〈満蒙開拓団
説明会が開かれた日

僕は 帰り道 青っ洟から

下の河原で
しのちゃんが男と会っていた

という話を聞いた〉

〈しのちゃんは
その男に抱きついたという〉

ごめんなさい…。

〈僕は衝撃を受け さりげなく
しのちゃんに質したが

しのちゃんは 全然動揺もせず

覚えがないと簡単に否定した〉

〈その態度は
あまりにも平然としており

狐につままれたような
気分になった〉

♬~

(熊の咆哮)

(鶏の鳴き声)

どうした!?

(根来三平)熊だ。 鶏がやられた。

(根来信子)かごが壊されてる!

(たたく音)

うちの畑に熊が出たぞー!

とうもろこしも
食われちまった!

うちの鶏も1羽やられた!

(たたく音)
熊が出たぞー!

熊が出たぞー!

♬~

フミコだ。

あいつ…
久しぶりに出てきおった。

(根来アヤ)大丈夫かい?
(公一)まだ近くにおると

鉄兵兄さんが言うとる。
捜してくる!

鉄兵兄さんも一緒かい?
(公一)ああ!

(公一)ここで食ったんだな。

この山は いつ刈った?

夏前だ。

小麦畑を広げるっちゅうお達しで
村山と柿本が開いたんだ。

もう 山のほうへ
逃げたんだろうか?

いや まだ遠くへは行っとらん。

(若松)鉄兵さん!

(若松)うちのヤギがやられた!

あっちの山のほうへ
引きずってった跡がある!

♬~

♬~

♬~

ヤギか?

食い切っとらん。 残りを隠しとる。

まだ この近くにいるはずじゃ。

(根来幸子)母さんは
フミコに会った事があるの?

(アヤ)うん。 一度だけな。

(幸子)そんなに大きいの?

うん!
でも かわいい屁をこくんじゃ。

屁を?
うん。

図体に合わない
かわいい屁をな。

(信子)臭いの?

臭いさ!
でも かわいいんだ 音はな。

ブー! ってか?

ブーじゃないの。 プー。

少し節がつく。

プゥ~。

アハハ…。
プゥ~。

元々 裏山は
フミコの縄張りだった。

でも
あんなに森を切っちまうから

仕方なく
村へ下りてきたんじゃろ。

人に悪さをするような事は
なかったんだ。

元々 気立てのいい熊だったんだ。

〈なぜか突然

ニキビたちが言ってた
満州の話を思い出していた〉

〈開拓移民がこれから入る土地は
元々 満人がそこに住んでいて

耕作をしていたって
みんなは言ってた〉

〈それを追い出して
移民が入るんだって〉

〈追い出される満人は
フミコと一緒だ〉

♬~

(鉄兵)もう逃げられたな。

あいつは賢い。

人里のものを
荒らしちゃいかんっちゅう事も

フミコは
ちゃんと自覚しとるんだ。

♬~

(鉄兵)今年は
山に木の実が少ない。

よっぽど
腹をすかしとったんだろう。

兄さん…。
おう?

あれは大丈夫なのか?

あれって?

本だ。

室井先生に頼まれて 三平が
こっそり預かったっちゅう。

兄さん 隠すの手伝ったんだろ?

知っとったんか。

ああ…。

誰に聞いた?

公平か。

まったく あいつは!

隔世遺伝だな。

じっちゃんが 口が軽かった。

どっかの木の根方に
隠したって聞いたが

熊に荒らされるっちゅう事は
ないか?

引っ張り出して
かじり散らすっちゅう事は。

大丈夫だ。

油紙でしっかりくるんで
おさめてある。

それに あの穴は
フミコが冬眠に使った穴だ。

一度使った穴に
フミコは戻らん。

三平が取り出して 燃やした本
っちゅうのは なんだ?

雑誌だ。

なんの?

知らん。
わしは そういう事に興味がない。

(ため息)

どうして 三平は
急に そんな事…。

その雑誌を取り出して
燃やすなんて事…。

(舌打ち)
誰かに言われたんだろうか…?

知らん。

あいつには
誰か そういう仲間が…

危ない仲間が
おるんじゃろうか…。

…知らん。

それより

お前のところで預かっとる
浅井のしのは どうしとる?

どうしとるって…
いつもと変わらん。

三平とは どうだ?
どうって?

前と変わらず 付き合うとるか?

わしらの前じゃ
そんな そぶりは見せん。

じゃが…
仲がいいのは 見たらわかる。

人に言うでないぞ。

あいつ 近頃 好きな男ができたぞ。

三平以外にか?

ああ。

相談された。 間違いない話じゃ。

誰だ?

小沼良吉っちゅう
わしも知っとる男だ。

小沼道場の長男で
あそこの道場の跡取りだ。

昔から強いんで名が通っとった。

わしも若い頃 一度殴り合った。

まずい事に それが今
甲府署の刑事だ。

おまけに
所属が特別高等課らしい。

つまり… 特高だ。

わしの気がかりは 三平のやっとる
室井の本を隠したっちゅう事を

しのが
小沼に漏らさんかっちゅう事だ。

三平のしとる事は
しのに筒抜けだ。

しのが
もし それを小沼に伝えたら

三平は
当局に にらまれる事になる。

どうしたらいいんじゃ…。

わからん。

しのが言いつけん事を
祈るばかりじゃ。

今言うた話は ここだけの話じゃ。

しのにも三平にも 絶対言うな。

行こう。

♬~

(太鼓)
(少女たち)面!

(太鼓)
(少女たち)面! 面! 面!

(黒岩)根来さん!

(黒岩)
これ 小沼師範から あんたにだ。

ありがとう。

(太鼓)
(少女たち)面! 面! 面! 面!

(太鼓)
(少女たち)面! 面! 面!

皆さん 腰が引けてます!

(少女たち)はい!
こうです!

♬~

♬~

(小沼良吉の声)「しのさん。
この前はありがとう」

「折角教えてくれた
あなたの気持ちに

厳しい言葉を返してしまった
僕の行動を謝ります」

「でも 僕の言ったことに
偽りはありません」

「家族と
故郷を大事にして下さい」

「僕の愛読書を
あなたにゆずります」

♬~

これから小野ヶ沢は…
俺の天下だ。

(ニキビ)これでもう 公平とは

当分 会えねえんだな。
うん…。