ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

あなたの番です 第8話 原田知世、野間口徹、田中圭、生瀬勝久… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『あなたの番です#08【妻が容疑者に!?住民に4人の嘘つき…犯人は誰!?】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 浮田
  2. 刑事
  3. 管理人
  4. 田宮
  5. 名前
  6. 久住
  7. 菜奈
  8. 神谷
  9. 水城
  10. 尾野
  11. ウソ
  12. 細川
  13. 早苗
  14. 可能性
  15. ハァ
  16. 自分
  17. 北川
  18. 甲野
  19. エレベーター
  20. 警察

f:id:dramalog:20190602232803p:plain

『あなたの番です#08【妻が容疑者に!?住民に4人の嘘つき…犯人は誰!?】』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

あなたの番です#08[解][字][デ]【妻が容疑者に!?住民に4人の嘘つき…犯人は誰!?】

菜奈(原田知世)が朝男(野間口徹)殺害依頼の容疑者に…!真相を突き止めたい翔太(田中圭)は田宮(生瀬勝久)から情報を聞き出し、次の殺人を止めようとするが…!?

詳細情報
出演者
原田知世田中圭西野七瀬浅香航大奈緒山田真歩三倉佳奈、大友花恋、金澤美穂中尾暢樹、小池亮介、井阪郁巳、袴田吉彦片桐仁真飛聖和田聰宏野間口徹林泰文片岡礼子皆川猿時徳井優田中要次長野里美阪田マサノブ大方斐紗子峯村リエ 、竹中直人安藤政信木村多江生瀬勝久
番組内容
菜奈(原田知世)は、刑事の神谷(浅香航大)と水城(皆川猿時)から、朝男(野間口徹)の殺害依頼をネットに書き込んだ疑いで取調べを受ける。
真相を突き止めたい翔太(田中圭)は、田宮(生瀬勝久)から、書いた名前と引いた紙に書かれていた名前を聞き出すことに成功。早苗(木村多江)や黒島(西野七瀬)を集めて、浮田田中要次)を殺した可能性のある4人の住民の名を挙げる。その中には、意外な人物が入っていて…!?
監督・演出
【演出】佐久間紀佳
原作・脚本
【企画・原案】秋元康
【脚本】福原充則
音楽
【音楽】林ゆうき橘麻美
【主題歌】Aimer「STAND-ALONE」
制作
【チーフプロデューサー】池田健司
【プロデューサー】鈴間広枝、松山雅則
【制作協力】トータルメディアコミュニケーション
【製作著作】日本テレビ
おしらせ
【公式HP】https://www.ntv.co.jp/anaban/
【公式Twitter】https://twitter.com/anaban_ntv
【公式Instagram】https://www.instagram.com/anaban_ntv/

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(手塚菜奈)
<誰だって1人ぐらいは
殺したい人がいるでしょう>

<そんな言葉が
始まりだった気がします>

<私たちは
殺したい人の名前を書いて

こっそり見せ合いました>

<それから すぐに…>

(藤井) 私が書いたのは
山際祐太郎ですからね。

(藤井) はぁ~‼ あっ!

<次々と 誰かが誰かに殺され…>

(浮田) 誰の名前を書いたか
赤池美里」って書いたんだわ。

(久住) 紙に書いたんです
袴田吉彦」って。

(北川澄香) 私が紙に書いたのは
児嶋佳世さんなんです。

(児嶋俊明) あ~っ‼

(手塚翔太)
さすがに 警察に言おうよ。

(澄香) 捕まることはないと
思っていいんですか?

(神谷)
くれぐれも 他の刑事には…。

(浮田) 俺は やらねえぞ
こんな紙切れ一枚の脅迫で。

誰だよ…。

(浮田) 1人 気になってるヤツが
いるんだけどよ。 え?

ここは1人で
鎌かけに行って来るわ。

<誰かが誰かを追い詰めて行き
それでも…>

(西尾) 浮田

<そして 私が名前を
書いてしまった あの人も>

(久住) エレベーターの修理・点検
ひと筋20年!

(細川) あぁ…。
(久住) うわぁ~~‼

(細川) ハッ! ハァハァ…。

(細川) え?

(細川) ハァハァハァ…。

うっ うっ…。

(細川) あ…。

これ あれだな…。

俺 死ぬな。

うっ うぅ…。

うっ ハァハァ…。

ハァハァ…。

(細川) くそ。

ハァハァ…。

嫌われたまま 死にたくねえな…。

うっ。

うっ…。

痛っ。

うっ。

(久住) あぁ…。

ごめんな ジェシー

お前のせいじゃないからな。

(チャイム)

あの…?
(水城) すいませんね 朝早く。

署まで ご同行 願えますか?

♬~

翔太君…。

ん?

死んじゃった…。

えっ? 何?

あ… あの人

死んじゃった。

えっ?

♬~

(医師) 最善は尽くしましたが…。

俺に 気 使わないで

泣いていいからね…。

(泣き声)

おい 早く連れて来いよ。

いや… でも一応 旦那が…。

あの女が殺したかも
しれないんだぞ。

ハァ…。

すいませんが そろそろ…。

はい。

菜奈ちゃん。
大丈夫だから。

(水城) 夫の殺害依頼した
別居中の鬼嫁か…。

♬~

♬~

♬~

 

(水城) こりゃ呪われてるなぁ。

(副署長) さて どれから
どうしたものか…。

(刑事課長)
まず 久住の件を合同捜査として
扱うかどうかですかね。

(副署長) この男の仕事と
事故現場の関連性は?

はい 久住は現在
エレベーターの管理会社勤務で

事故のあったエレベーターも
久住が元管理責任者でした。

細工をしようと思えば
できたとか?

監視カメラが壊れていて
詳細はつかめていません。

ただ 現場には久住の工具箱が
残されていました。

(水城) う~ん…。

ちなみに 久住の部下から
聞いた話ですが

彼は かなりのエレベーターマニア
だったらしいです。

(副署長) エレベーターマニア?

(刑事の声)
普段から 自宅マンションのエレベーターを
いじって遊んでいたらしいです。

あら~…。

例えば 到着音が鳴らないように
改造して

「アンジェリーナが おしとやかになった」
と語っていたそうです。

名前を付けちゃってたのか~
エレベーターに!

友達いなかったんだろうなぁ。

現状 故意なのか事故なのか
確認のしようがないですね。

(心電計の音)

(刑事課長) …となると
こっちから攻めるしかないか。

(榎本早苗の声)
その細川さんって人は

お兄さんなの? 旦那さんなの?

菜奈ちゃんとは
まだ籍が入ってて…。

それを知らずに 俺は
アニキって呼んでたんです。

で アニキを殺してほしい
っていう書き込みがあって

それを菜奈ちゃんが書いた
って疑われてて…。

(沙和)
それで 菜奈さん 今日も警察に?

誰が誰を殺したせいで

菜奈ちゃんが
こんな目に遭ってんだよ。

(水城) あなたは人から借りた
スマートフォンを使い

「交換殺人希望!」というメッセージと
細川さんの画像を

ネットの掲示板に書き込んだと。

ですから 私は…!
(水城) 最初の書き込みから

1週間後に 細川さん本人から
通報があり

犯人は ほぼ あなたで間違いない
とのことでした。

…が その晩 細川さんは

あなたと親交のあった
久住 譲と一緒に

転落事故に巻き込まれ死亡。

私は そんな書き込みは
していません。

久住 譲は
この書き込みを見たんですか?

知りません。

…と 昨日も言いました。

何年も別居しているのに
籍を抜いてもらえないことが

殺害を依頼する動機となった…。
その質問にも何回も答えてます!

刑事はね 同じことを何回も聞け
って教わるんですよ。

どうしてですか?

どうしてだ?

ウソの供述をしている場合
何回も聞くことで

徐々に ほころびが
見えて来るからですよ。

そうだったのか…。
それで?

私の答えに何か
ほころび あります?

ないですね。

じゃあ…。
(水城) あのさぁ

あなたのマンションで
何人 死んでると思ってるの?

念入りに調べさせてよ。
それは…

だって ゲームの…!

(神谷)
それぐらい微妙なケースなので
くれぐれも 他の刑事には…

私は 何か協力できればと思って
来てます。

疑われるようなことは何も…。

あの!

怖いよ! 2秒死んだぞ!

すいません! あの…。
(神谷) 何ですか?

(沙和) 久住さんの件と
浮田さんの件は

関係があるんですかね?
(早苗) う~ん。

ちなみに 浮田さんの名前を
書いたのって

3人のうちの誰だと思います?
3人?

いや…。

浮田さんが
殺されたということは

田宮さん 尾野さん
管理人さんのうちの誰かが

浮田さんの名前を書いた
ってことですよね?

(早苗) そうなるよね…。

誰だと思います?

管理人さん?
どうしてですか?

その3人の中で
仲が微妙だったのは

管理人さんかなと…。

なるほど。
誰が書いたとしても

浮田さんの紙を引いた可能性が
あるのは…。

田宮さん シンイーちゃん

尾野さん 赤池さんの奥さん

管理人さんの5人ですよね。

赤池さんと管理人さんは
亡くなってるので

浮田さんを殺した可能性が
あるのは…。

田宮さん。

シンイーちゃん

尾野さんか。

う~ん…。

(鍵が開く音)

(ドアが開く音)

あの…。

尾野さん。

こないだは 変なこと
言ってしまって すいません。

こういう捨てられ方した時の

怖いから

ううん。

お詫びっていったら何ですけど

これ…。

天然成分のオイルで
塗ると肌にいいだけじゃなくて

気持ちも落ち着くんで。

あぁ でも ほら…。

あげませんよ。

あげようとすると
また 翔太さん

冷たいこと言うから…。
いやいや… 尾野さんさ…。

だから 今 塗ってあげます。
えっ? 何で?

ちょちょちょ…
いいって いいって いいって!

いいって!
動かないで。

いやいやいや…。

えっ…。

へぇ~ くれたんだ

その管理人さんの
手作りらしいんだけど

尾野さんてさ 管理人さんと
仲 良かったんだっけ?

ほとんど
しゃべったこと なかったです。

浮田さんとは?

どうしてですか?

どうしてっていうか…。

疲れてる時は
いろいろ疑っちゃいますよね。

いや そういう意味じゃ
ないんだけどね…。

ん!?

体も心も 落ち着くツボですよ。

♬~


おい ホントかよ?
(刑事) ええ。

殺害依頼を書き込んだ
スマートフォンの持ち主を

割り出せたんですが

ジョギング中に
男に声を掛けられたらしく…。

急用だからって
泣き付いて来て

つい貸しちゃったんですよ

(刑事) その男の特徴がですね…。

あの人に そっくりでした

ほら あの
こないだ亡くなった…

あっ 袴田吉彦

(2人) えっ?
服装の特徴も

久住の私服と一致しました。

久住がケータイを借りて

細川朝男の殺害依頼を書き込んだ
ということか?

何で?

(刑事) 動機は何とも…。

こりゃ 久住が目を覚ますのを
待つほうが早そうだな。

あの…。

(神谷)
お気付きかと思いますが…。

交換殺人の件は
自分の所で止めています。

えっ?

たった一人で調べてるんですか?

はい あの…。

ちゃんと捜査してもらってたら
浮田さんも…

細川さんだって 死ぬこと
なかったんじゃないんですか?

他の刑事さんに相談します。

(神谷) 待ってください。

待ってくださいって!

これには その…

問題がありまして…。

問題?
(神谷) はい。

(榎本正志) 余計なこと
しゃべってないだろうね?

勘弁してくださいよ
つけてたんですか?

偶然だよ 偶然。

今後も起こり得る偶然だ。

何も しゃべってませんよ。

なら 俺も何も しゃ~べらない。

フッフフ…。

ハァ…。

♬~

(北川そら) 痛ぇ。

痛い…。
(鍵が開く音)

♬~

(鍵がしまる音)

ハァ ハァ ハァ…。

(柿沼) どうすか?

少しは慣れましたか? 地獄に。

(あいり) 何で地獄なんだよ。

天国かもしれねえだろ?

昼間っから飲むなよ。

天国か。

でも俺たちには
優しかったけどよ

世の中的にはアウトだったべ。

(あいり) まあな。

(柿沼) んだよ? これ。

浮田のおっさん 好きだったから。

(柿沼) 知ってっけど
揚げたて持って来いや。

バカ! おっさんは
ひと晩 冷蔵庫に置いて

しなしなになったやつが
好きだったんだよ。

誰が殺したんだ?

♬~

(澄香) だから それは

石崎さんが口を挟むことじゃ
ないですよね?

(洋子) 挟むことです。
何で?

私だって逃げたいんですから。

はぁ?

あの…。

北川さんが 引っ越す
って言ってるんですけど

どう思います?
どうって…。

逃げるつもりですよ この人だけ!
みんな共犯なのに!

(業者) すいません
俺ら どうすればいいですかね?

お願いします 運んでください。
あぁ はい。

やめなさいって!
ちょっと! ちょっと…。

いいかげんに…!
(洋子) 逃がさないから!

ちょっと! 何して…。

あんたのせいだ。

私の名前が書いてある紙を
持ってるの 誰!?

ねぇ ちょっと!
何やってるんですか!

殺されるの 私!
この人のせいで!

(澄香) そんなに不安なら
あなたも引っ越せばいいでしょ!

うるさい 賃貸親子!

こっちはね 分譲なんだよ。

あと20年以上 ローン払わないと
いけないんだから。

売ればいいじゃないですか!
ハハハハ…。

売れるわけないでしょ
こんな殺人マンション。

ハハハハ…。
(業者) あっ! ここ例の…。

(業者) えっ!?
ほら うわさになってる!

(エレベーターの稼働音)

そら!

そら君 転んじゃったみたいで。
えっ?

ちょっ… 大丈夫?

(澄香) そら?

少し待っててください。
ええ。

すいません
ありがとうございました。

(早苗) いいえ。
(澄香) そら おいで。

どうしたの?

どうにもこうにも…。

いつまで
この状況 続くんですか?

先日もお話しした通り
神谷さんという刑事さん…。

だから その人 ちゃんと
捜査してくれてるんですか?

(早苗) 捜査の経過は

教えてもらえるわけじゃないから。

今日の夜に 急に

犯人が捕まるかもしれませんよ。

そうかもしれませんけど…。

とにかく 冷静になりましょうよ。

ただいま。
≪お邪魔しました≫

じゃあ。

あっ 菜奈ちゃん!

ただいま。

もう… 連絡してよ
迎え行ったのに。

ごめん 疲れちゃって。

だから 疲れてる時こそ
連絡してよ。

どうしたの?

誰かに頼るのも体力がいるね。

すごく疲れたら
頼ることもできない。

そんなこと言わないでさ。

何してたの? 今。

ん?

尾野さんの部屋で 何してたの?

あぁ ごめん 尾野さんがさ
書いた紙と引いた紙を…。

ごめん 今 その話 いい。

ちょっと横になるね。

一人で行くって言って ごめんね。
大丈夫。

向こうの親族とかもいるだろうし。

大丈夫?
えっ?

目 腫れてるから。

いってきます。
うん。

菜奈ちゃんのためなら

エンヤコラ。


あれ?

(田宮淳一郎)
お前には関係ないことだろう?

だって あなたが
老後のためにって ためた…。

どうも あの お話がありまして。

田宮さんの書いた紙と引いた紙…。

部屋に戻ってなさい。

まだ途中…。
戻れと言ってる!

あの時と
同じことになってませんか?

(田宮) いつまで銀行員時代の件を
引きずるつもりだ。

それは あなたのほう…。

演劇は趣味なんですよ?

ねっ 仕事じゃないんです…。

失礼しました。
いえ。

何でしたっけ?

田宮さんの書いた紙を…。
言いたくありません。

どうしてですか?

私は今 演劇という生きがいを
見つけたところです。

それ以外のことに
時間を取られたくない。

では…。

待ってください!

教えてください。

全ての紙を把握することが

問題解決の近道だとは
思いませんか?

そのほうが 田宮さんも

生きがいに
集中できると思います!

ポーズの意図が分かりません。
えっ。

いや
土下座よりも きつい姿勢で

僕の本気を表現しています。

お願いします!

人に見られると笑われますよ。

お願いします!

気を付けなさい。

かつての私と そっくりだよ。

え?

熱意は人一倍。

でも 頑張る方向を間違えてる。

周りは困るだけですよ。

困るだけならまだしも

仕事バカと笑われ
あることないこと吹聴され

しまいには 早期退職せざるを
得ない状況に追い込まれたり…。

話が それましたね。

もしかして 職場の方の名前を
書いたんですか?

教えてください!

部下の

甲野貴文という
男の名前を書きました。

引いた紙には

「こうのたかふみ」って
書かれてました

平仮名です

私の経験を全て教え込んだ
自慢の部下でした。

教えてくれて
ありがとうございます。

それと 引いた紙には

「ゴミの分別が出来ない人」と。

ありがとうございます。

私は あなたを笑いません。

犯人捜し 頑張ってください。


(木下) あの。
(田
) えっ?

304の北川さんって…。

あぁ~ 引っ越しましたよ 昨日。

あ そっか。

あの 引っ越し先は?

あ~ 聞いてないっすね。

ですよね。

あっ でも
仕事先なら教えられます。

え?

どうぞ。

内緒っすよ?


(澄香) ここからは 皆さんから
届いたメールにお答えして行く

北川澄香の…。
あ~。

『グルーヴィンジャム』でしょ?
北川さんの出てる。

よくこんなローカルFM局
知ってますね。

あなたこそ。

俺 最初に
住人 全員ググったんで。

あっ 木下さんも あれっすよね?
本名で活動されてますよね?

人違いです。

あ~ あと!

はい。

イヤホン 拭かずに
入れてくれたじゃないですか?

俺 ああいうの
好きになっちゃいます。

はぁ…。

(足音)

あっ。

(藤井)
事が大きくなり過ぎてるからな。

お互い おとなしくしていよう。

包丁のことは謝るし。

(藤井) 人の職場のパソコンを
ハッキングしたのも許す。

(藤井)あぁ~!

何の話だ?

インドは今じゃ
IT大国なんだってな。

(イクバル)
私は バングラデシュ人です。

じゃ パソコンに詳しいのは
こっちの不法滞在者か?

(クオン) やっぱり脅迫 全部
お前だったのか?

何だ? 殴るのか? 殴ってみろよ。

あ痛っ!

ホントに殴んなよ!
警察 呼ぶぞ!

何か日本のパンチと違ったし。

お互い 警察沙汰は困るだろ?

そういうことなら
どっちなのかだけ教えてくれよ。

チッ はぁ?

赤池夫婦か袴田吉彦

どっちをやった? 教えてくれよ。

♬~

♬~

(刑事) これって
どこまで公表してんだ?

(神谷)
複数犯の犯行ってところまでは
出しちゃってますね。

(水城) 多分
行き詰まってんだろうなぁ~。

山際祐太郎なんて いまだに
首すら見つかってませんよ。

(刑事) 自分の担当じゃないけど
胃が痛くなって来るよ。

でも このへんのニュースが
大きいおかげで

我々のほうは まだ記事にならずに
助かってますけどね。

(水城) 1人でも逮捕したら

注目されて…。

一気に出ますね。

覚悟しろよ 誤認逮捕なんて
絶対できねえからな。

しかし 赤池夫妻も

脚だけパッタイの児嶋佳世も
進展なしだし。

このままは マズいなぁ。

(刑事) 浮田殺しの件
鑑識から報告がありました。

何だって?

現場に残されていた下足痕で
気になるものが見つかりました。

≪すいません お休みの日に
集まっていただいて≫

ホントに すいません。

いいよ いいよ
部屋で1人でいるよりね。

(沙和) はい 安心なので。

1つ 気になったことがあって

みんなで いなくなってほしい人の
名前 書くって

やっぱ普通じゃ ない
じゃないですか。

悪ノリみたいな
感じだったんですか?

ううん やりたがっていたのは
ほんの数人で

みんな 嫌々だったというか。

(沙和) 私 多分 途中から
ひと言も しゃべってないです。

ちゃんと書かないと
後で何か言われそうで

嫌な緊張感みたいのがあって。

なるほど。

そんな中でさ
白紙で出すって変じゃない?

だって そんなことしたら

「誰だよ ちゃんと書いてない
ヤツ!」なんて

言われかねないわけでしょ?

何で北川さんは あの場で

「白紙です ズルしてる人がいます」
って

言わなかったんでしょうか?

確かに そう言われると
気になるかも。

(刑事) 気になりますよね?
(水城) うん 確かに。

(刑事) 普通 この位置には
残らないと思うんです。

あれか
浮田の首を針金で絞める際に

ん~!
踏ん張った!

(刑事)
だとすると これが犯人の!

サイズは?
(刑事) 26.5です。

(水城) 男なら平均的
女なら かなりの大柄か。

ただ それだけじゃ
どうにもなぁ。

それだけで北川さんが
ウソをついてるって言いたいの?

ん~。

(早苗) あっ この間
黒島ちゃん言ってたよね?

この中にウソをついてる人がいる
可能性があるって。

はい でも 北川さんだとは別に…。

白紙なら 後で用意できますし

ウソの名前を言って
どんな人か細かく聞かれて

墓穴を掘る可能性も
なくなりますから。

あくまでも1つの考えだよね?

まぁ 他にも具体的じゃ ない
名前を出してる人がいて

俺は その人たちのこと
みんな怪しいと思ってますから。

それって?

「電車の席を譲らない人」とか。

織田信長」も同じだと思います。

あと 「ゴミの分別が出来ない人」。

あ 田宮さんに聞いたんです。

書いた名前が 「こうのたかふみ」。

それって…。

はい。
引いた紙には

「ゴミの分別が出来ない人」
って書いてあったって。

つまり 北川さんと田宮さん

あとは 私と黒島ちゃんが

ウソをついていると
言いたいのかな?

はい その可能性があります。

ちょっと。
あ…。

ちょっと違った角度から
話をします。

今 誰を書いたか
分かってない人が

尾野さんと管理人さん。

で 誰が引いたか
分かってない紙が

浮田さんと管理人さん。

つまり?

尾野さんと管理人さんが
書いた紙は

浮田さんと管理人さんのどちらか。

正解。

でも 管理人さんが自分で

管理人さんの名前を書く
可能性は低いと思うので

尾野さんが
「管理人さん」と書いて

管理人さんが「浮田さん」と書いた。

とすると 書いた紙

こちら側の表は
全部 埋まっちゃうんですよ。

お2人が引いた紙を

書いた人が誰もいないんです。

どういうことでしょうか?

待って それは

ほら 北川さんと田宮さんも。
うん。

だから まず
お2人にお話を聞いてます。

マンションで
これまで起きた殺人について

アリバイがあるのは知ってます。

でも 浮田さんの件は…。

あの日 何をされてましたか?

そんな急に容疑者みたいな…。

ごめんなさい
ただ 話を整理すると

そういう可能性が
出て来ちゃったってことです。

(刑事の声)
可能性で言えば 浮田

ヤクザの抗争に巻き込まれた
ってのもあるんだよな。

(神谷)
ただ 浮田の所属していた組は

組織として ほとんど
機能していませんでした。

(神谷の声)
浮田の周辺を調べましたが

果樹園や畑から農作物を盗んでは
横流しして

その売り上げからマージンを取る
という

かなりセコいチンピラ仕事でした。

家賃も滞納してたみたいだしなぁ。
それでいうと 気になるのは

赤池夫妻殺しです。
(刑事) どうしてだ?

(神谷) 派手な生活は
していませんでしたが

それなりの資産家でした そして

浮田たちは 夫妻が殺された日の
アリバイが ありません。

(水城) 浮田たち3人が
金銭目的で赤池夫妻を殺害。

分け前を巡ってのトラブルで
浮田が殺された。

となると… 浮田を殺したのは

この2人か。

この4人の中の誰かが
浮田さんを殺したんだと思います。

これ ほぼブルです。

待って 翔太君 石崎さんは?

石崎さんが引いたはずの
「吉村」って紙も

まだ書いた人が
いないままだけど?

いや… 石崎さんはさ
自分で自分の名前 書いちゃって

殺されるかもって
おびえてるんでしょ?

ウソを言うとは思えないよ。

じゃあ…。
そう。

書いた紙についても
ウソついてる人がいるんだよ。

石崎さんが自分の名前を
書いたなら 管理人さんだって

自分で「管理人さん」って書いた
可能性だってあるよ?

自分で自分のこと
「さん」付けで書く?

可能性だけだったら あるよ。

そのへん 曖昧なまま
2人を疑うのは失礼だよ。

うっ…。
まぁ 紙も捨てちゃったし

ウソをついてないって どう
証明していいか分かんないけど

管理人さんや
赤池さんのところも

あくまで推測でしかないよね?

そうだよ。

ほら このへんだって しっかり
分かってるわけじゃないでしょ?

尾野さんに関してはね。

必死で聞いたんだけど
教えてくれなかった。

ほら やっぱり
穴が多過ぎる推理じゃない?

えっ そうかな?

いや ブルだと思ったんだけど。

すいません! あの…
もう1回 推理し直します!

私は
結果的に全てが解決するなら

いくら疑われても構いませんよ。

はい。

まだまだ お2人のことを
疑うかもしれません。

あ… 菜奈ちゃんのこと
守りたいんで。

はい。

俺 正直 すぐ いっぱいいっぱいに
なっちゃうんで

菜奈ちゃんしか見えなくなる時

これからもあると
思うんですけど… すいません。

勘弁してください!

ホントごめん!

早苗さんも黒島ちゃんも
内心 怒ってるよね。

もちろん 菜奈ちゃんも。

怒ってると思うし
疑われて傷ついてると思う。

ごめん。

ただ まぁ…

早苗さんのことは 私も
かばっていいか分からなくて。

えっ?

ちょっと口に出すのが怖くて
言えなかったんだけど

刑事さんに変なこと言われて…。

で 何? そこまで言われて
言い返さなかったの?

何を言い返すの?

ウソをついてるのは
本当なんだから。

ウソって言うなよ
ウソとは違うだろ。

うん。

こっちはこっちで 愛情だろ?

うん!

このまま いろいろバレたら

俺たち家族の愛情が

あっちの夫婦に負けたみたいで
悔しいわ!

そんなこと…!
違うか?

そうだね!

[ ラジオが流れている ]

それで 他の刑事さんに相談する
って言ったら…。

うん。

問題?
(神谷)はい

詳しくは お話しできませんが

ゲームに関しては
ある事実をつかんでいます

ただ これ以上は
1人で捜査を進めたほうが

解決への近道だと
判断しました

それは どういう…

こうして
2人で会ってることも

榎本課長には内密に

えっ? 早苗さんの旦那さんにも
秘密なの?

一緒に相談 乗ってもらったのに?

それ以上は 捜査上のことなので
って繰り返すだけで。

手掛かりつかんでて
旦那さんに言えなくなるって…。

私も そこが気になって。

あの時 管理人室に
旦那さんがいたんだよね?

ゲームに参加してない旦那さんが
何か行動するとしたら…。

早苗さんのためだ。

そういうふうに
考えたくないけど…。

早苗さんのことも
調べてみたほうがいいかもね。

待って 怖いよ。

ねぇ こっから先は
警察に任せよう。

だって 頼りになってないじゃん!

翔太君。

分かったよ。

ホントだよ?

(東) 田宮さん。

(東) もしかして ここですか?

あぁ… 上々じゃないですか。

(柳本) いや…。

でも ここつぶれてません?
(田宮) もちろん。

(東) 今日は ごはんを
おごってもらえるんじゃ…。

おごりますけど
食事じゃないですよ。

この店です。

(藤沢) つまり?

ここを借りて
劇団の稽古場にするんです。

ほら 小さいけど
ステージもありますから。

短い演目なら上演だってできます。

先輩方は 皆さん なかなか
才能が おありですから

集中して稽古できる場
さえあれば

もっとステップアップできると
思うんです。

いや… 困っちゃうな。

うちは
プロ志向の劇団じゃないし

仕事の合間に楽しくできれば ね?
あぁ…。

今からプロ志向になれば
いいでしょうが。

劇団の方針は私たちで…。

時間がないんですよ!

どういう意味ですか?

とにかく お金は
全額 私が出すんです。

文句ありませんよね?

(玄関のドアが開く音)
ただいま~!

菜奈ちゃん!
遅いよ~。

もう連絡して 不安になるから。
ごめん。

分かったよ
田宮さんが勤めてた銀行。

えっ?

(翔太の声) 奥さんにね
それとなく聞いてみたの。

(菜奈の声) 警察に任せようって
言ったじゃない。

(翔太の声)
それは早苗さんの件でしょ。

行こう。

やっぱり やめようよ。
何で!

「こうのたかふみ」が どんな人か
見といたほうがいいよ。

それで どうするの?

事情を話して
気を付けてくださいって…。

どう説明するの? この状況。

いや…。

俺 守りたいんだよ。

アニキみたいになっちゃうの
もう嫌だよ。

とにかく 会うだけでも。

行こう。

本日は 融資のご相談ということで
誠にありがとうございます。

早速なんで…。
あっ あの…。

はい 何なりと。

失礼ですが… できれば

こうのさんに担当を
お願いすることは できますか?

ん? 「こうの」ですか?

はい あの… 友人が融資の件で
こうのさんにお世話になって

非常に頼りになったって
聞いたので…。

申し訳ございません あの…

うちに 「こうの」という者は
おりませんが。

えっ?

う~ん… 別の支店に
転勤になってたとしてさ

それ全部調べるとなると…。

オランウータンタイム。
えっ?

さっきの人
1つ変なとこなかった?

何 何? ギブアップ
分かんない 教えて?

あの人だけ 名札 着けてなかった。

はい 何なりと

えっ?

あれ? 忘れちゃったのかな。

あの… 今日 こうのたかふみさん
って いらしてますか?

甲野ですか?
はい。

あぁ えっと…。

あぁ あそこにおりますが。

どういうこと?

分かんない。

(行員) お呼びしましょうか?
いえ 大丈夫です。

えっ… あっ…。

(甲野) エグっ!
これ今日中は無理っすよ。

(同僚) 余裕 余裕!
(甲野) え~!

先輩んとこ回していいですか?
(同僚) 頑張れ!

へ~い。

ハァ…。

あの… 甲野さんですよね?

う~わ マジか! しつこっ。

えっ?
えっ? あの…。

ここで襲うつもりですか?
あそこに警備員さん いますけど。

あの 何か誤解が
私たちは田宮さんの…。

いや だから聞いてますって
あの人から。

何だっけ? 殺されるだの
夜道に気を付けろだの。

揚げ句に護身術の本まで渡されて
こっち 迷惑してるんですよ。

襲ったりしないです その逆です。
はい。

あの 僕たちは あなたの安全を…。
いや 何でもいいんですけど

そもそもね あの人と僕は
何にも関係ないですから。

でも 田宮さんは

あなたのこと 自慢の部下だって
おっしゃってましたよ。

いや こっちは
反面教師にしてますけどね。

あんな真面目過ぎで 正直過ぎで
一生懸命やり過ぎな人。

それの どこが悪いんですか?

いや だって そのくせ
業績は人並みなんですから。

コスパ悪過ぎでしょ。

コスパ
いや とにかく

僕を巻き込まないでください。

う~わ!

田宮さんが 「自慢の部下です」
って言っておきながら

あの人の名前 書いちゃった理由
ちょっと分かる気がする。

何か悔しいね。

(田宮)
私は あなたを笑いません

犯人捜し 頑張ってください

でも だからってさ
「気を付けてください」って

ちゃんと言わないとダメだよね?
ちょっと行って来るわ。

翔太君!

おぉ…
あっ すいません すいません…。

あぁ…! ごめんなさい!
すいません すいません…。

♬~

甲野さん あの!
ちゃんと話 聞いてください!

本当に襲ってんじゃねえよ…。

えっ?

あっ…。

あっ…!

甲野さん‼
(悲鳴)

甲野さん‼
大丈夫ですか!?

ハァ ハァ ハァ…!

≪ねぇ 救急車 呼んだほうが…≫

≪警察 呼んだほうがいい≫
≪絶対 あの人だよ!≫

≪おい
あれ犯人なんじゃねえか?≫

♬~

<今夜の『ガキの使い』は…>