ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

長閑の庭 第1話 田中泯、橋本愛、工藤阿須加、中村ゆりか… ドラマの原作・キャストなど…

『プレミアムドラマ 長閑の庭[新]<全4回>(1)』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 教授
  2. ドイツ語
  3. シュバルツ
  4. 樹里
  5. 田中
  6. シュバ
  7. 自分
  8. ヒナ
  9. 授業
  10. 朝比奈君
  11. 本当
  12. グーテンモルゲン
  13. 学生
  14. 言葉
  15. 若者
  16. 中倉
  17. 由美香
  18. 論文
  19. ドイツ
  20. ノイマン教授

f:id:dramalog:20190602225143p:plain

『プレミアムドラマ 長閑の庭[新]<全4回>(1)』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

プレミアムドラマ 長閑の庭[新]<全4回>(1)[字]

「恋の定義」を模索する、年の差恋愛未満ストーリー、、第1回! ドイツ文学を学ぶ元子(橋本愛)は教授の榊(田中泯)から「君の日本語は美しい」と言われ、心が動き…。

詳細情報
番組内容
「恋の定義」を模索する、年の差恋愛未満ストーリー、第1回! 元子(橋本愛)は大学院でドイツ文学を学んでいるが、恋愛経験がなく、学生たちの恋愛談義などに溶け込むことがまったくできない。劣等感を感じる元子に教授の榊(田中泯)が「君の日本語は美しい」と言い、元子の心は榊にたいして動き始める。元子は「この感情は恋なのでは?」と思い、自分の感情を分析しようと努める。果たして元子が出す結論は…?
出演者
【出演】橋本愛工藤阿須加中村ゆりか西田尚美平泉成斉藤由貴田中泯
原作・脚本
【原作】アキヤマ香,【脚本】荒井修子

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(元子)<赤 白 ピンク 黄色 緑…

世界は 鮮やかな色彩にあふれている。

けれど 私は…>

(田中)シュバルツさん。

私 朝比奈です。

でも 今日も真っ黒だよね?

<シュバルツ
ドイツ語で 「黒い」という意味>

いつも早く来て掃除してるけど 何で?

意味はありませんけど。
おはようございます。

(樹里)田中さ~ん おはようございま~す。

おはよう 樹里ちゃん。
おっ この服 似合うね。

うれしい!
昨日 買ったばっかりなんですよ。

ふ~ん。

(彩花)樹里さん! 来ちゃった!

(翔太)来週のサークル飲み 来て下さいよ。
樹里さんいないと

全然 盛り上がらなくて。
あのね 私 引退したからさ。

(2人)え~!
みんな 樹里さんロスなんですよ~。

(樹里)あっ シュバちゃん おはよ。

お… おはようございます。
(彩花 翔太)おはようございます。

おはようございます…。

シュバちゃん 後輩にも敬語?

すみません 癖で…。

はい お前ら授業だろ?
助手は忙しいの。 行った 行った!

すいません。 樹里さん また!
またね~。

おはようございま~す。
はい 樹里ちゃん。 おはよう。

()グーテンモルゲン。

(ドイツ語)

そこに ロマン主義
ヴィンケルマンの古典古代と対立する…。

< 郁夫教授。 ドイツ文学の権威で
第一線の翻訳家。

翻訳家志望の私が尊敬する人だ>

誰かに訳読してもらう。

朝比奈君。
はい。

(ドイツ語)

「それゆえ
ポエジーの根元を発見するためには

人類の最古の歴史にまで
遡らなくてはならないのだ」。

いいだろう。

(ドアが開く音)

(中倉)あの…
電車が遅れちゃったなぁ… なんて。

言い訳より まず 学生たちに
授業の邪魔をした謝罪を。

授業の時間を奪われた彼らが 気の毒だ。

(2人)すみません…。
ドイツ語で。

(ドイツ語)

(ドイツ語)

ドイツでは 「時間厳守が全てだ」という
慣用句がある。

や~めろって!
(由美香)田中さん!

もし 今の彼氏に振られたら
仏文の助手の河瀬さん 紹介して下さいよ。

同じ助手なんですから。 ねえ!
河瀬さんって

若くて背の高い?
そう! 28歳独身!

ダ~メ! どこの大学も
教員と学生の恋愛は ご法度。

いいじゃないですか 別に。
ダメ。 特に うちは

2年前 国文科の准教授が
それで辞めさせられたの 忘れた?

でも 禁断の恋って
何か ちょっと よくないですか?

え~!

っていうか シュバちゃん
飲んでないの? 飲みなよ~。

あっ いや 私 お酒は…。

じゃあ 相談乗って。

え?
俺の彼女がね 最近さ…。

そういう話は…。
中倉! 中倉 シュバルツさんに絡むな!

シュバちゃん こっち こっち!

私 お手洗いに…。 すみません。

何か ああいう人がいると
盛り下がるよね~。 ね~!

朝比奈君 調子でも悪いのかい?

教授…。 いいえ。

ただ少し
こういう雰囲気に慣れていなくて…。

場の空気に合わせられなくて
申し訳ありません。

こういうところ
本当は直したいのですが…。

直す必要はない。

自分の人生は 他人に合わせたり
他人に評価されるために

存在してるのではないのだから。

自分の価値観を大切にすべきだと
私は思う。

それに それは
君のよさでもあるんじゃないかな。

よさ… ですか?

君の論文には 実直さが感じられる。

でも それだけじゃない。
キラリと光るユーモアがあって…。

君の日本語は美しい。

<この日から
あなたは私にとって 特別な人になった>

♬~

ただいま。
(芳子)お帰り。

(元春)お帰り。 遅かったな。

ゼミの飲み会だって言ったじゃない。

ああ そうだ。 そうだった。

(芳子)お父さん まだ9時半よ。
元子も もう 彼氏作って

デートしてきたっていい年なんだから。

そういう相手がいるのか?
いないよ。

そうか ハハハ…。

男 見る目 養わないとね。
私も看護学校の頃

もっと遊んで 見る目を養っとけば
離婚しなくて済んだかも。

バカ言ってんじゃないよ。

お母さん 明日 朝 早いんじゃない?

うん 担当の患者さんが 朝からオペでね。

お皿 私が洗う。
え?

お風呂 先に入って。
ありがとう。

<本当は
かわいい服や かわいいものが大好き。

でも 絶対に 外では着られない。

答えは簡単。

似合わないからだ。

小さい頃から しっかりしてるって
言われてきて

それが染み込んでしまった。

でも そのおかげで 今日…>

君の日本語は美しい。

美しい…。

はい。
懇親会ですか?

うん 再来週 教授が
ドイツ文学の集まりに出るんだけど

みんなのことも紹介してくれるって。
俺らなんかが行って いいんすか?

うん。 教授が 「研究者にとって
人脈作りは大切だから」って。

あの このノイマン教授は
「アルチンボルディの詩学」を書かれた

あの ご高名なダーレム大学の?
そう。

教授の学生時代からの友達。
来日するんだって。

ノイマン教授が…。
分かんないけど 何か すごそう。

参加する教授たちの代表的な著書は
読んでおくこと。

ドイツ人ゲストには ドイツ語で話すこと。

え~ きついっすよ!

教授に恥をかかせないようにね。
よろしく頼むよ。

シュバルツさんなら大丈夫だよ。
知識も豊富だし ドイツ語も完璧だし

懇親会の出席者の本は
ほとんど読んだことあるでしょ。

お酒も 人とのコミュニケーションも
苦手で。

そのことで
教授に恥をかかせてしまったらと…。

シュバルツさん。

教授のこと 好きでしょ。

は? いや… 私は
教授を尊敬しているだけで…。

素直じゃないな そういうの。
かわいくないよ。

素直でも かわいくもなくて すみません。

シュバルツさんはさ 自分のこと
どういうキャラだと思ってるの?

しっかり者…。

えっ?

子どもの頃から 祖父に
「しっかり者になれ」と言われて…。

しっかりした人間であろうと
思っています。

(元春)
「シンデレラは王子様と結ばれました」。

ハハハ。 ねえ 元子。

お父さんがいなくても大丈夫だよ。

でも 言葉遣いや生活態度に気を付けて

しっかりしなくちゃいけないよ。

しっかりした人間に育てば

きっと
このお姫様のように幸せになれるよ。

ドイツ文学との出会いも

祖父が グリム童話
読み聞かせしてくれたことでしたし

それで 私はグリムを題材にした論文に
取り組むようになりました。

だから…。
だから おじいさんに言われて

無理やり しっかりしようとしてるんだ。

無理やりって…。

それって おじいさんにかけられた
悪い魔法なんじゃない?

そういう言い方は やめて下さい。

祖父は 無理強いなんかしていません。
厳しいけど 優しい人です。

厳しい 優しい…。

誰かさんに そっくりだね。

どういう意味ですか?

シュバルツさんは 教授に

大好きなおじいさんを
求めてるだけじゃないの?

≪田中さんに
そんなこと言われたくないです!

図星だから キレてるんじゃないの?

私は激昂していません。
田中さん 文学の研究者なら

もっと言葉を選んで発言して下さい!

「キレてる」くらい 使うでしょ。
知りません! キレてないですから。

(中倉)
「教授~ 単位下さぁい」って迫れば?

(由美香)きもっ! ありえない。
年の差 40オーバーじゃん! ないわ。

(中倉)うわっ 教授に言ってやろう。
(由美香)いやいや それはないじゃん。

シュバルツさん!

よかった 間に合って。

何か?
ごめん さっきは言い過ぎた。

で これ
教授の家に届けてほしいんだけど。

教授の家に!?

田中さん 私は…!
はいはいはい。

川崎教授から
大至急って頼まれちゃってさ。

どうして 自分で行かないんですか?

提出書類の締め切りで。
地図も この中に入ってるから。

<教授も こんな すてきなおうちに
住んでいるのかな>

<許されるなら こんな洋館で
教授と お茶を飲みたい>

<でも こんな地味なシュバルツさんじゃ
家主とメイドの関係が関の山だ>

<それにしても
どうして教授のことを考えると

こんなに楽しいのだろう>

この中に 一式 入っておりますので。

すまない 田中君に頼んだのに。

田中さん 締め切りがあるそうで。

君に雑用ばかり押しつけて
注意しなきゃいけないね。

私の知りうるかぎり
君は いつも院生室の準備やゴミの始末

人の嫌がる地味で目立たない仕事を
買って出ている。

ご存じだったんですか?
ああ。

君は こうして いつも貧乏くじを…。

いえ むしろ当たりくじです!

あっ いえ あの…。

お茶でも飲んでいきなさい。

ありがとうございます。

すごい… 家全体が書斎のようですね。

独り者は
部屋を自由にできる利点がある。

ご家族は?

随分前に離婚した。 独り身は楽だよ。

あっ 教授 ボタンが…。

これはいけない。 修繕に出さねば。

ボタンくらいなら お金をかけなくても…。

でも 金で解決できるなら
そうすべきだ。

何より その道のプロに任せた方が
美しいし合理的 かつ経済も回る。

まあ その 何より…。

私は 針が怖いんだ。

<何 今の顔! かわいい>

君だって 苦手なことはあるだろう?

はい すみません。

あの… 私 裁縫得意です。

私まで 君に
雑用を押しつけるわけにはいかない。

それに 君を想っている者を
誤解させるかもしれない。

いえ そんな人 いないです。

失礼 立ち入り過ぎたかな。

この話は終わりにしよう。

お恥ずかしいですが

私 今まで
男性と おつきあいをしたことがなくて

恋というものが 全然分からなくて…。

分からなければ
徹底的に検証すればいい。

恋も学問も一緒だ。

はい。

あの…
私 ひそかな夢がありまして。

夢?

ここに来る途中に 洋館がありますよね?

いつか ああいう すてきな洋館の庭で

好きな人と お茶を飲みながら
おしゃべりがしたいんです。

穏やかに 笑いながら。

すみません 急に変なことを…。

こ… 紅茶 とても おいしいです。

一つ 持っていくかね?

♬~

(芳子)それ どうしたの?

夜勤じゃなかったの?
うん。

何? それ。

学校の人から頂いて…。

そうなんだ。
うん。

おやすみ。

おやすみ。
おやすみ。

教授!

昨日は ありがとうございました。
紅茶 おいしかったです。

こちらこそ 世話をかけたね。

<教授に対して 時に 私の中で湧き上がる
この温かな感情は

もしかしたら 恋なのだろうか>

シュバルツさん。

シュバちゃん おはよう!
おはようございます。

昨日は 教授と 何かいいことあった?
教授と?

ありません。
かわいくないな。

それに比べて 樹里ちゃん
最近 かわいさが増したよね。

恋でもしてるの?
えっ!

してます 恋。

やっぱり!

だから かわいくなれるように
努力してます。

<努力! 樹里ちゃんほどの人が

恋をしたことによって努力を?>

好きな人のためなら 頑張れるし。

<そうか… 恋とは

相手のために己を高められる
崇高なもの。

すなわち 私が 教授のために
自分を高めることができたなら

この想いは
恋だと言えるのではないか。

では 私は 何をもって
それを実証すれば…>

シュバルツさん どうかしたの?

樹里ちゃん! お願いがあるのですが。

<かわいい かわいい かわいい!
夢みたい!>

かわいい…。

<無理だ。 どう考えても私には似合わない>

かわいい!

こういうの 甘辛ミックスで着れば

シュバちゃん
カッコかわいく着こなせそう。

ほら うん フフッ
かわいいな~ 似合うじゃん。

<人は そう簡単には変われない>

(ドイツ語)

(翠)分かる?

えっと ドイツ語の慣用句で

「幸せは 自分の手で作り出すもの」
ですか?

そうそう。 ちなみに ドイツでは

「煙突掃除の人に触ると幸運が訪れる」
って いわれてるの。

まあ すすだらけになるんだけどね。

本当ですか?

それ!

え?
幸せへの近道は

笑っていること。

(ドイツ語で)

あの…。

シュバちゃん!

樹里ちゃん
昨日は ありがとうございました。

あっ あの服 着てこなかったの?
はい…。

じゃあ 懇親会で着なよ。
かわいい服は 自信がつくよ。

あのね シュバちゃんに
聞きたいことがあるんだけど。

何ですか?

シュバちゃんて
教授のこと 好きなの?

シュバルツさん
今日も安定の真っ黒だね。

田中さん 妙な噂を流すの
やめてもらえませんか?

妙な噂? ああ 教授のこと?

教授に失礼ですし 根も葉もないことを
言われるのは迷惑です。

根も葉もない? 本当のことだよね。

田中さん
学生の立場で言いにくいですけど

どうして 私に そういうことを…。

俺も教授のことが好きなんだ。

え… それって…。

今 シュバルツさんの心が
透けて見えたよ。

好きって いろいろあるよね。

恋愛だけじゃなく
親子愛 友情 趣味嗜好 師弟愛。

俺の場合は 教授としゃべっていると
ためになるし 面白い。

人間として大好きってことだから
人間愛かな。

でも シュバルツさんの好きは
俺の好きとは違うよね。

悪い魔法なんか振り払って

素直に 教授が好きだって
認めたらいいんじゃないの?

素直になった方が いいと思うよ。

人の気持ちを
勝手に決めつけないで下さい。

好きなら好きって 認めてくれよ。

♬~

教授!

大丈夫ですか!?

ヒナが 巣から落ちてきて…。

教授 私に つかまって下さい。
大丈夫だ。

いいえ! このままでは
風邪をひいてしまいます。

あ~っ!

朝比奈君。
すいません。 朝比奈君。

(鳴き声)

すみません
生協に この服しかなくて。

いや むしろ
ワイシャツがあって よかったよ。

君や 学生たちを見ていると

私の細胞が いかに くたびれているか
実感するよ。

お… お若くなくても

今の教授は す… すてきです。

君が お世辞を言うとは。

お世辞じゃありません!
あっ すみません 大声を…。

いや 学生に そんなことを
言ってもらえるなんて

年を取るのも悪くない。

ありがとう。

そういえば 田中君が
変な噂を流しているようだが。

いえ あの それは…。

不快な思いをさせて すまないね。

彼は 人はいいんだが
冗談が過ぎる時がある。

許してやってくれ。

あの… 教授は 不快ですか?

その噂は。

不快だね。

身も蓋もないことを言われるのは。

それに 君のような
若いお嬢さんをつかまえて

私みたいな老いぼれと。

君が かわいそうだ。

あの… 教授。

何だね?

噂じゃないです。

私… 私は…。

君のそれは 恋ではないよ。

君の私への気持ちは

はやりの ご当地キャラクターを
かわいいと言っているのと同じだよ。

身だしなみには
気を遣っているつもりだが

その実 中身は どうだ?

しわくちゃで 足腰の弱った
ただのポンコツだ。

教授という着ぐるみの中身は

君が想像できないくらい
汚くて 情けないものだろう。

♬~

懇親会で着なよ。
かわいい服は自信がつくよ。

♬~

(ドイツ語)

シュバルツさん こっち。

はい…。

(ドイツ語で)

シュバルツさん すごいですよ。

あのノイマン教授が 彼女の話を
熱心に聞いています。

田中さん 疲れました。

みんな たどたどしいけど
まあ 健闘してるよ。

本当ですか?
うん。 日本のアニメが好きな教授がいて

助かりましたよ。

(ドイツ語)

あなたの研究は よく分かりました。

教授 日本語…。

少し。 では リラックスして
話しましょう。

はい。
今 日本とドイツの

若者の文化の論文を書いてます。

若者の言葉について 教えて下さい。

若者の言葉?

え~と… 最近は 日本の若者の言葉が
乱れておりまして。

例えば 「ら」抜き言葉などが多く…。

批判じゃなくて
知りたいのは 用語の実例です。

あげみざわ」 「おけまる」
「よいちょまる」。

教授 彼女は あまり
若者の情報は得意分野ではなくて…。

すみません。

そうか。

自分の国のカルチャー 見ましょう。

そこから 新しい発想が
生まれるのではないでしょうか。

あなたのグリムの解釈は
王道かもしれない。

ただ 今の時代に必要な
新しい視点がなかったのが残念です。

♬~

朝比奈君。

おはよう。
教授… おはようございます。

あの…。

せっかく チャンスを頂いたのに

私は 教授に
恥をかかせてしまったかもしれません。

私は 恥なんか かいていないが。

(鳥の鳴き声)

この前のヒナ
ケガが治って よかったですね。

あと どれくらいで
空に羽ばたいていけるでしょうか。

ヒナを助けたことが よかったのかどうか
分からない。

え?

巣から落ちたヒナが 生存競争に敗北した
弱いヒナである可能性が高い。

生きる力が弱いヒナが
これから 生き延びられるかどうか。

私も あのヒナと同じかもしれません。

私は未熟です。

私は 広く世の中を見る目が
欠けていました。

グリムの研究においても
過去の文献を掘り下げるばかりで

自分なりの新しい視点が
ありませんでした。

ノイマン教授は 私が
頭でっかちの世間知らずだということを

見抜かれたのだと思います。

どんな鳥でも 初めは みんなヒナだ。

だが 広い世界を目指して
生えそろわぬ羽を広げて

必死に羽ばたいている。

さまざまな角度から
見たことのない景色を見るために…。

さまざまな角度から…。

♬~

[ 回想 ] さまざまな角度から

見たことのない景色を見るために…。

♬~

(ノック)

≪失礼します。
(ドアが開く音)

あの… 教授に
聞いて頂きたいことがありまして。

何だね?

私は 「グリム童話の女性たちは
自立を拒む受動的な存在である」という

今まで繰り返し語られてきた考えだけに
とらわれていました。

自分の見ている風景だけが全てだと
思い込んでいたのかもしれません。

ポスト構造主義の知見を応用すれば

グリム童話の女性たちのイメージを

新しい視点から
読み替えられるのではないかと。

面白い。

本当ですか!?

論文にしたら
なかなか面白いものになると思う。

ありがとうございます!

(鳥の鳴き声)

(羽音)

あの… 教授。

私は 教授のことが好きです。

これは 恋だと思います。

朝比奈君 だから それは…。

好きという感情には
どれほどの種類があるのでしょうか。

私は 教授とお話しすると
気持ちが楽になります。

私が 私のままでいられるんです。

これは やはり恋ではないでしょうか。

何度も言うが

それは勘違いだ。

確かに 私の主張の論拠に
不十分な点があることは認めます。

ですが 現時点で私が
恋であるとした仮説を

勘違いと断定なさるのは

いささか
検証が不十分なのではないでしょうか?

不十分?

す… すみません 失礼なことを。

ですが 教授は この前
私に おっしゃいました。

「分からなければ
徹底的に検証すればいい。

恋も学問も同じだ」と。

では…。

「好意とその分類」についての論文も
宿題にしたまえ。

読んで頂けますか?

拙くてもかまわない。

君の胸の芯から出た答えなら。

胸の芯?

君の心の奥底から湧き出た答えなら

私は 一字一句 大切に読もう。

行きなさい。

はい。

(ドアの開閉音)

合宿のお手伝いですか?

そう。 教授のサポート。

学部生の時 行ったでしょ。
セミナーハウス 合宿講義 イン 富士!

あ はい。

樹里ちゃんと由美香ちゃんに
頼んだんだけど

由美香ちゃん 彼氏との旅行で
ドタキャンするからさ~。

当然 彼氏優先です~。

ほかも みんな都合悪いんだって。

私でよければ。

樹里ちゃん よろしくお願いします。

うん こちらこそ。

グーテンモルゲン。
(一同)グーテンモルゲン。

どうしたんですか?
これから鈴木教授の授業ですよね。

グーテンモルゲン。
(一同)グーテンモルゲン。

あ…。

急で申し訳ないが

しばらく 彼女が代わりに
この講座を担当することになった。

朝霧 翠です。 よろしく。

美人じゃん。
なあ。

ああ!

(ドイツ語で)

えっ 何?
いや 分かんねえ。

では。
はい。

あら!

(ドイツ語で)

いい発音ね。

じゃあ 全員 ドイツ語で自己紹介!
バンバン質問するから

ちゃんと答えてね。
(一同)え~!?

さあ 誰からいこうかな。

あ~あ 朝霧さんの授業
むちゃくちゃパワフルだったな。

はい。 頭の中が混沌としています。

翠さんの授業 終わった?

はい。 あっ 田中さん。

ん?
私 朝霧さんって

どこかで見たような気がするんですけど。

翠さんはね
ドイツ舞踊の研究者の顔っていうほかに

エッセイストや小説家の顔もあるからね。

先月 ドイツから帰国したんだ。

そっか 雑誌の連載で見たんだ。

だから あんなにオーラがあって

すてきなのですね。

そして もう一つの顔は

教授の元奥さん。

今でも ちょくちょく
会ってるみたいだから。

あっ!

♬~

♬~

♬~