ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

家政夫のミタゾノ 第7話 黒谷友香、松岡昌宏、伊野尾慧、川栄李奈… ドラマのキャスト・主題歌など…

『家政夫のミタゾノ #7』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 黒部
  2. 奥様
  3. 静子
  4. 愛子
  5. 旦那様
  6. 巻雄
  7. 本当
  8. 離婚
  9. 記者
  10. オラッ
  11. 完璧
  12. 三田園
  13. 夫婦
  14. お前
  15. 鬼嫁
  16. 主人
  17. 浮気
  18. お願い
  19. カメラ
  20. シャッター音

f:id:dramalog:20190601092132p:plain

『家政夫のミタゾノ #7』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

家政夫のミタゾノ #7[字]

最“恐”家政夫・三田園薫(松岡昌宏)が帰ってきた!!派遣先の家庭の秘密を暴いて壊しまくる!?新人家政婦の村田光(伊野尾慧)、恩田萌(川栄李奈)も加わり破壊力アップ!

詳細情報
◇番組内容
“完璧な妻”と世間を賑わせている黒部静子(黒谷友香)の家に派遣された三田園薫(松岡昌宏)、村田光(伊野尾慧)、恩田萌(川栄李奈)。静子は不倫疑惑で騒がれるレスリングコーチの夫(大澄賢也)の釈明会見で神対応をみせ、不倫疑惑を晴らす。ミタゾノは夫の不倫の証拠を静子に突き付けるが、「都合の悪いものは見なかったことにすれば、何もなかったのと同じ…」と、脅迫!?夫の不倫をもみ消す“完璧な妻”…本当の目的とは!?
◇出演者
松岡昌宏、伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)、川栄李奈平田敦子しゅはまはるみ余貴美子
【ゲスト】黒谷友香大澄賢也、青山めぐ、津村知与支
◇脚本
おかざきさとこ
◇演出
小松隆志
◇主題歌
Hey! Say! JUMP『愛だけがすべて -What do you want?-』(ジェイ・ストーム
◇スタッフ
【エグゼクティブプロデューサー】内山聖子テレビ朝日
【プロデューサー】秋山貴人(テレビ朝日)、木曽貴美子(MMJ)、椋尾由希子(MMJ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/mitazono/
☆Twitter
 https://twitter.com/mitazono_desu

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(記者)あっ 来た!

黒部コーチ この記事にある事は
事実なんですか?

教え子と不倫してたんですよね?

お騒がせして申し訳ありません。

ここに書かれている事は
全くもって事実無根です。

だったら この記事は
どう説明するんですか?

それは…
彼女が立ちくらみをして

それで手を差し伸べたら
ちょうどラブホテルの前で…。

そんな説明で
納得すると思ってるんですか?

(黒部静子)皆さん お忙しい中

黒部のために お時間割いて頂いて
すみません。

お茶でも飲んで
少しリラックスしてください。

奥さんは 今回の件について
どう思ってるんですか?

ご主人を許せるんですか?

もちろんです。

主人の言葉どおり
これは事実無根の記事ですので。

わたくしたちの関係は
何も変わりません。

ご主人の言葉を
信じてらっしゃるんですね。

ええ。

主人は 嘘をつけるような人じゃ
ありませんので。

ですから 皆さん ご質問があれば
なんなりと どうぞ。

黒部英雄は 現役時代から

試合放棄した事は
一度もございません。

逃げも隠れも致しません。

ねっ?

(黒部)では すいません。

(記者)黒部さん!

(三田園 薫)
またお目にかかりましたね。

家政夫の三田園でございます。

完璧な妻とは

皆さん どのような妻を
想像なさいますか?

わたくしは

美しく演出をするために
きれいに細切りにした

こちらのお大根…。

あら… あっ そちらの「ツマ」では
ございませんでしたね。

大変 失礼を致しました。

ですが どちらのツマも
主役にとっては

なくてはならない存在で
ございます。

逆に言えば お刺し身も夫も

生かすも殺すも ツマ次第。

…といったところで
ございましょうか。

♬~

(恩田 萌)
この依頼人の黒部英雄って人

不倫疑惑で話題の
あの黒部ですか?

(結 頼子)そうよ。

本当は 私が行きたかったぐらい
なんだけどね。

しっかり のぞいてきてよ。

あっ 間違えた。

しっかり お掃除してちょうだい
三田園ちゃん。

承知致しました。

(萌)もしかして 所長
黒部のファンなんですか?

ああいう筋肉質な男
嫌いじゃないの。

(阿部真理亜)確かに
顔もイケメンですもんね。

(村田 光)なんで餃子?
明日からダイエットするの。

レスリング日本代表の頃は
すごかったのよ~。

(式根志摩)今は テレビの
コメンテーターって感じだけど

怪我して引退するまでは

レスリング界の絶対王者って
言われてましたもんね。

へえ~ すごい人なんですね!

三田園さん 知ってました?

14歳 最年少で全日本大会優勝。
その後 12連覇。

世界大会 3度 優勝。

銀河系で最強と呼ばれる男
それが黒部英雄。

でも まさか
教え子に手を出すとはね。

しかも 大学生の小娘に。

年下じゃないと
恋愛対象じゃないのかしらね?

困ったわね…。

所長 なんか 期待してました?

や~だ!
期待なんかしてないわよ。

でも 不倫は
事実無根だったんですよね?

そんなの嘘に決まってるでしょ!

週刊誌の不倫疑惑や熱愛疑惑は
大抵 本当にやってるのよ。

ええっ!? そうなんですか?

釈明会見での奥さんの神対応
救われただけよ。

あの奥さん
お見事だったもんね~。

あれぞ 完璧な妻よね。

美人で奥ゆかしくて気が利いて
何より 夫を信じてて。

本当のところは
わかんないですけどね。

実は 家の中じゃ
鬼嫁だったりして。

まさか…。
あんなおしとやかな奥様ですよ。

じゃあ 賭ける? 負けたほうが
なんでも言う事を聞く。

いいですよ。 絶対
鬼嫁なんかじゃありませんから!

どうだか…。

難しいですね 鬼嫁にも
いろんな種類があるから。

(波の音)
(カモメの鳴き声)

失礼致します。

(片桐理一)会見の奥様の対応は
素晴らしかったですね。

(梅津美香)記事が出た時は
どうなる事かと思いましたけど

なんとか切り抜けましたね。

妻として 夫の無実の罪を
晴らすのは 当然の事ですから。

日本代表の監督就任が控える
大事な時期ですからね。

マスコミも いろいろ
嗅ぎ回ってたんでしょう。

(静子)内定が出るまでは

これ以上 騒ぎを起こさないように
注意しないと。

皆さん 引き続き
よろしくお願いしますね。

もちろんです。
(片桐)頑張りましょう!

黒部英雄って
日本代表の監督候補なんだ。

本当に すごい人なんですね。

愛子さんにも
根も葉もない記事で

嫌な思いをさせちゃって
ごめんなさいね。

いえ。 私が誤解を招くような
行動をしたから悪いんです。

コーチが大事な時期に
すみませんでした。

それにしても 奥様が 本気で
旦那様の事を信じてるとはね。

テレビで見たとおり
完璧な奥さんなんですよ。

まだわかんないわよ。
旦那様の前では豹変するかも。

朝から騒がしいな。
(静子)おはようございます。

(愛子・片桐・美香)
おはようございます。

みんな 来てたのか。

弁護士さんまで
こんな朝から すいませんね。

いえ 仕事ですから。

梅津くんも 面倒かけて悪いな。

マネージャーとして当然です。

最上も 学校前に すまんな。

朝早いのは
朝練で慣れてますから。

(巻雄)パパ おはよう!
(黒部)おっ 巻雄 おはよう!

1人で ご飯食べてたのか。
ごめんな 寂しかったろ。

ううん 大丈夫。
(黒部)うん。

静子。
はい。

いつもの。

はい。

奥様 私たちが
お作りしますのに…。

いいえ これだけは
わたくしの仕事ですので。

この野菜ジュース
黒部スペシャルですよね?

ええ。 主人は引退しましたけど

体が資本の仕事ですので
毎日作ってます。

お待たせしました。
おっ。

でも 驚きました。
あなたが わたくしのために

家政婦さんを
お願いしてくれたなんて。

たまには いいだろう。

お前の料理も そろそろ飽きたし。

お前がうまいのは
このジュースだけだからな。

すみません…。

フンッ フンッ…。

さっきの あれ
完全にモラハラよね。

奥さんも言い返せばいいのに。

奥ゆかしい人なんですよ。

これで鬼嫁なんかじゃないって
わかりましたね。

そうかな?

あーっ!
あーっ!

あっ! えっ… やば!

どうするんですか?
壊れちゃってるじゃないですか!

(黒部)どうかしたのか?
(萌)いえ… えっ あの…

たくさん トロフィーがあって
すごいなって。

ねえ?
…はい。

さすが
全日本の監督になる方です。

その話 聞いたのか。

まだ内定も出てないのに
みんな 気が早いんだよな。

いえ 絶対 旦那様で決まりですよ。
就任会見 楽しみですね。

就任会見か…。

カメラ映りも良くしないとな。

最近 顔が
すぐテカってくるんだよな。

そういう時は…。
わー! びっくりした!

こちらを使うといいですよ。

レシート?

レシートの
印字されているほうを… 失礼。

テカリの気になる部分に
こういうふうに押さえてあげれば

脂を取り除く事ができます。

わあ 本当だ! もうテカってない。

いや~
レシートって便利なんだな。

うん? そのレシートって…。

旦那様のおズボンを
洗濯しようとしましたら

ポケットの中に入っておりました。

HOTEL カスピ海 鶯谷

「休憩 4600円 302号室」

それって…
ラブホテルですよね?

ラブラブなんですね!

えっ?

みんなの前では
冷たくしてましたけど

本当は
奥さんと仲良しなんですね。

アハハ… まあな。

うん?

ラブホテルに行くなんて
かなり怪しいわよね。

夫婦で遊びに行ったんじゃ
ないですか?

わざわざ奥様と
ラブホテルに行くわけないでしょ。

だったら
誰と行くっていうんですか!

(静子)楽しそうね。
なんのおしゃべりかしら?

まあ きれいですね。

ホウライソウのお花で
ございますか?

ええ。 お部屋に飾ると
明るくなるのよね。

ホウライソウの花言葉は 確か

「愛しい人に戻ってきてほしい」
でしたかね?

そうなの?

旦那様のお部屋に
こんなものが落ちておりました。

なんですか? これ!
こんなセクシーな下着

もちろん 奥様のものじゃ…。

えっ 危ない危ない…。

(静子)こういうものは
すぐに処分してくださる?

人目に触れると いろいろ
ややこしくなりますから。

なんで 全然動じないわけ?

完全に浮気の証拠なのに。

あっ! …って事は
さっきのラブホのレシートも?

馬鹿!

そういえば

廊下に飾ってあるトロフィーが
壊れてたのよね。

家政婦さんは
信用第一のお仕事だから

家のものを壊したりなんてしたら
大変よねえ。

でも わたくしの見間違いかしら?

えっ?

都合の悪いものは
見なかった事にすれば

何もなかったのと同じよね。

そう思いません?

おっしゃるとおりでございます。

♬~

目をつぶる代わりに

旦那様の浮気を
見なかった事にしろって事?

これって 脅迫ですよね?

えっ… ええ~?

(黒部)頭上げろ 頭!
(学生)はい!

(黒部)気合だ!

(黒部)そんなんじゃ
タックル取られるぞ!

(学生)はい!

(黒部)はい 次!
お願いします。

さあ こい!

(2人)シャーッ!

終わったら
ランチ連れてってくれる?

今日は
長州軒の酢豚定食にしようか。

あそこの酢豚 美味しいけど
パイナップルがなあ…。

愛子のパイナップルは
俺が全部食べてやるよ。

ありがとう。

もう少し重心を落とせ!
いつも言ってるだろう!

(愛子)はい!
(黒部)よし…。

早くクロベーと暮らしたい。

(黒部)もう少しの辛抱だよ。

今 離婚したら
慰謝料ガッポリ取られて

親権まで奪われるからな。

何か作戦でもあるの?

うちに家政婦がいただろ?
実は あいつらに…。

お呼びでしょうか?
(黒部)えっ?

(愛子)なんで 家政婦さんが?

旦那様に お電話があったので
お持ち致しました。

えっ…?

あら 切れてしまっていますね。
大変失礼致しました。

もしかして…。

今の話 聞いてたのか?

だったら 話は早い。

料金は2倍払うから
頼まれてくれないか?

離婚に有利になるように

うちの静子の弱みを
探ってほしいんだ。

奥様の弱み?

完璧すぎて気味が悪いんだよ。

なんでも全て見透かしたようで
息が詰まるんだ。

承知致しました。

(携帯電話の着信音)

誰だ? 携帯は切っとけって
言ってるだろう!

(愛子)私だ!
えっ?

あっ…!

奥様から。

ええっ!?

(着信音)

もしもし 最上ですけど。

練習中に ごめんなさいね。
今日の夜って お忙しいかしら?

夜ですか?

よかったら うちで
一緒に お食事でもしない?

愛子さんには いろいろ
ご迷惑をおかけしちゃったし…。

6時でどうかしら?

あっ すみません
今日はバイトがあって…。

愛子さんのバイトって 駅前の
ケーキ屋さんだったわよね?

「さっき 店長さんに確認したら…」

今日はシフト入ってないって
おっしゃってたけど。

えっ あっ…。

ああ そうでした。
勘違いしてて…。

わかりました。
じゃあ 6時に伺います。

なんだって?

夕飯に招待されちゃった。

なんか怖いんだけど。

大丈夫だよ 俺がついてるから。

あっ!
ほら。

(黒部)合体!
(愛子)イエーイ!

(黒部)愛子… いや
ラブたんは心配する事ないよ。

あいつは 俺たちの事に
全く気づいてないんだから。

そうだよね。
うん。

♬~

美味しい!

こんなに美味しいと
食べすぎて太っちゃいそう!

コラコラ! あんまり体重増やすと
動きが鈍くなるぞ。

はーい!

美しい師弟愛ですね。
あんた 馬鹿ね。

あれを見なさい。

あっ…!

奥さんがなんにも知らないと
思って いい気なもんよね。

愛子さんがいらっしゃるから
家政婦さんにお願いして

たくさん用意してもらったのよ。
遠慮しないで食べてね。

ありがとうございます。

やっぱり 大人数で食べると
美味しいな。

なあ? 巻雄。
うん!

お待たせ致しました。

本日のメイン料理
酢豚でございます。

酢豚?

今日は
長州軒の酢豚定食にしようか。

また?

美味しそうねえ。

あなた
愛子さんに取って差し上げて。

ああ。
すみません。

酢豚なんて
予定にありましたっけ?

なかった気がするけど。

はい。
ありがとうございます。

愛子さん
パイナップル お嫌いなの?

えっ?

あなた 愛子さんの好き嫌いまで
ご存じだったのね。

これは痛恨のミス。

浮気って
こうやってバレていくんですね。

たまたまだよ。
盛りつけが難しくてな。

もう コーチったら
ちゃんと盛りつけてくださいよ!

私 パイナップル
嫌いじゃないですよ!

そうですか。 では わたくしが…。

どうぞ。

あら それってペアリング?

(愛子)ええ まあ。

旦那様とのペアリングよ。
ええっ!?

旦那様が外してて
セーフだったわね。

素敵な指輪ねえ。

(携帯電話の振動音)

あら 片桐先生だわ。
ちょっと失礼。

なんで外してないんだよ。

さっきつけたの忘れてた。
はあ…。

クロベーは?

もちろん外して
ポケットの中に…。

あれ? ない!
えっ!?

家の中に落としたとか ないよね?
(黒部)いや そんなはずは…。

そういえば 先ほど キッチンに
指輪が落ちてましたけど…。

(黒部)キッチンに?

もしかしたら
そちらの から揚げと一緒に

揚げてしまったのかもしれません。

どうかなさったの?
いや…。

(巻雄)ママ から揚げ食べたい!

修羅場だ…。

待ってね 今 取ってあげるから。

やめろ!

これは…
このから揚げは全部 俺のだ!

食べるのは許さん!

どうしたんですか?

(泣き声)

指輪を隠すために必死ね。

巻雄くん かわいそう…。

そんなにあるんだから
一つくらい いいじゃないですか。

これは どうしても駄目なんだ!

巻雄 明日 また
から揚げ食べさせてあげるからな。

ん?

これ 何?
(静子)うん?

あら 指輪。

ちょっと 貸して。

(静子)ピッタリ!

ち… 違うんだ 静子。 これは…。

もういいよ クロベー。

奥様も 本当は
気づいてるんじゃないんですか?

私たちの事。
ちょっと ラブたん!

まさかの…。
愛人 カミングアウト?

(静子)巻雄
ママたち 少しお話があるから

お部屋に戻っててくれる?

(巻雄)はーい! ごゆっくり。

はっきり言っときますけど
私 別れませんから。

慰謝料 請求したければ どうぞ。

公になって困るのは
私じゃありませんし。

開き直った!

愛人の完全勝利ですね。

フンッ それはどうかしらね。

えっ?

フフフフ… フフフフ…。

何がおかしいんですか?
アハハハ…!

私が22歳の小娘だからって
馬鹿にしてるんですか?

アハハッ…!
22歳の小娘ねえ…。

愛子さんの事
少し調べさせて頂いたわ。

♬~

(黒部)平成3年生まれ?

って事は ラブたん 28歳?

6歳もサバ読んでたの?

これまでの経歴も
全て偽りのようねえ。

明京大学に入学するのも
随分 手を回されたみたいだし。

年齢詐称だけじゃなくて
裏口入学に経歴詐称も…。

全部デタラメだったって事ですね。

だから なんだ?

最上は うちの大切な選手だぞ!

そもそも 最上愛子さん
あなたは選手なんですか?

私を脅してるんですか?

事実をお話ししただけよ。

こんなもので脅すなんて最低!
この能面腹黒ババア!

ラブたん!
(愛子)来ないで!

(戸の開閉音)

完全に奥様の勝ちね。

でも この夫婦
これで完全に終わりですね。

全部 知ってたんだな。

だったら もう離婚しよう。

俺たち これ以上
夫婦を続けていくのは

もう無理だ。

離婚? どうして
わたくしとあなたが離婚を?

だって 俺は教え子と不倫を…。

わたくしに
何かいけないところがあったら

おっしゃってください。

あなたの妻にふさわしいように
努力しますから。

何か わたくしに
落ち度がありました?

そこまでして離婚しないって
奥さん 何考えてんのかしらねえ。

浮気モラハラ夫と
夫婦を続ける理由なんて

考えられませんよね。

やっぱり 妻のプライドじゃない?

正妻の座は絶対に譲らないぞ
っていう女の意地よ。

いや 奥さんはドMなのよ。

もしくは 離婚じらしプレー。

えっ そんなプレーあるんですか?

あの… 皆さん
大事な事 忘れてません?

(萌)うん? 何?

愛情ですよ。

奥様は旦那様を愛してるから
離婚しない。

僕は そう思います。

ヒー坊は まだ子供ねえ。

愛情なんて 時間と共に
枯れていくもんなのよ。

だったら 皆さんに聞きますけど
愛情のないお金持ちと

愛情をいっぱい注いでくれる
貧乏人だったら

どっちがいいんですか?
皆さんの本音を聞かせてください。

では 愛情のないお金持ちの人。

金持ち。
私も。

私も。
愚問ね。

信じられません。 愛情を
いっぱい注いでくれる人のほうが

いいに決まってるじゃないですか。

ねえ 三田園さん。

愛されるよりも 愛したい…。

(真理亜)真剣で…?

フンッ!

(光の声)
昨日 あんな事があったのに

奥様は
いつもと少しも変わりませんね。

そこが また不気味よね。

オラァ…!
(萌)うわーっ!

うわあ…! 何やってるんですか
三田園さん!

えっ…?

(萌)これって 旦那様にかけた
生命保険の契約書。

しかも 結構 高額なプラン。

なんで
こんなとこにあるんですかね?

きっと 旦那様に内緒で
加入したのよ。

奥様の通帳。

えーっ! もう…
勝手に駄目ですって。

ちょっといいですか?

あっ! すごいため込んでる。
本当ですか?

(萌)でも
頻繁に大金を下ろしてる。

何に使ってるんだろう?

あっ! やっぱり
奥様の目的は お金だったのね。

内緒で保険をかけて
いつか旦那様を殺して

その保険金を
手に入れようっていう。

考えすぎですって。

(黒部)助けてくれー!
(萌)あっ 事件だ!

ああ… これ どうするんですか?

(黒部)助けてくれー!
(巻雄)パパ 待てー!

なんだ 鬼ごっこか…。

(巻雄)じゃあ 次は
パパが鬼の番ね。

(黒部)よーし! 待てー!

(巻雄)わーっ!
(黒部)待て待て待てー!

言う事 聞かねえと
地獄に落とすぞ!

オラッ! オラッ!
オラッ! オラッ!

オラッ! オラッ!
オラッ! オラッ!

オラッ! オラッ! オラッ!

危ない!
(黒部)うわーっ!

キャーッ!
ああーっ!

奥様…!
(萌)大丈夫ですか?

ええ。 それより あなた 怪我は?

いや…。
(静子)よかった。

あっ…。
奥様 まさか 骨折したんじゃ…。

平気よ このくらい。

痛っ…。

失礼致します。

患部を冷やしたい時は
保冷剤などをタオルに包み

包帯の代わりにラップを使うと
固定しやすくなります。

ありがとう。
少し楽になったわ。

痛み入ります。

ですが これは
あくまで応急処置ですので

病院に行かれたほうがよいかと…。

恐らく 打撲だと思われます。

えっ… なんでわかるんですか?

救急救命士の資格を
持っております。

えーっ!

(静子)あなたが無事で
本当によかったわ。

あなたの身に何かあったら
大変だもの。

ああ…。

やっぱり 奥様が
旦那様の命を狙ってるなんて

あり得ないですよ。

保険金目当てじゃないって事か…。

じゃあ あの引き落とした大金
何に使ってるんだろ?

ちょっと病院に行ってきますから
あと お願いしますね。

あっ… 承知しました。
お気をつけて!

なんとか 妻と離婚する方法は
ないのか?

あんな気味の悪い妻
これ以上 耐えられないんだよ。

弁護士だったら
なんとかなるだろ?

こちらも
いろいろ調べてるんですが

どう考えても
黒部さんが不利な立場なんですよ。

こうなったら 強引に
離婚訴訟に持ち込むしかないか。

そんな事しても 莫大な慰謝料を
取られるだけですよ。

それに 親権は
確実に奥さんに渡ります。

それは困る!

巻雄は絶対に渡さない!

奥さんに明らかな落ち度があると
証明できれば

慰謝料も払わず 親権も手に入れて
離婚できるかもしれません。

明らかな落ち度か…。

わかった 探ってみるよ。

離婚が成立した暁には乾杯しよう。

いいワインが手に入ったんだ。

じゃあ。

うわあーっ!!

い… いたのか…。

その後
妻の弱みは 何かつかめたか?

申し訳ございません。
まだ何も…。

ですが
一つだけ方法がございます。

(黒部)やっぱり
病院に行くっていうのは嘘か…。

こんな所で
一体 何するつもりなんだ?

うっ…!?
ここでは

カップルのふりをしておかないと
目立ってしまいますから。

(ため息)

お待たせして すみません。

あいつも浮気してたのか!

それ どうしたんですか?

あっ… いえ なんでもないの。

それより これ…

少ないけど…。

(カメラのシャッター音)

しかも 金まで貢いでたなんて…!

(カメラのシャッター音)
ヒデちゃん。

静子さん 僕は こういうつもりで
呼び出したんじゃ…。

わかってるわ。

でも 受け取ってほしいの。
でも…。

明日になったら
総監督の内定が出て

まとまったお金が手に入るわ。

それまでは
これで我慢してちょうだい。

あいつが離婚に応じない理由が
わかったぞ。

俺が総監督になったら
収入が安定して

自由に男に貢げるって事か。
ヘッヘッヘッ。

そうは問屋が卸さねえぞ
この野郎!

こうしちゃいられない。
すぐに弁護士に相談しないと!

ヒデちゃん…。

(静子)
そこで何をしてらっしゃるの?

ちょっと 夕食のお買い物を…。

三田園さんって
おっしゃったわよね。

悪いけど
あんまり邪魔しないでくださいね。

邪魔とは
どういう意味でしょうか?

わたくしたち夫婦の邪魔
っていう意味よ。

♬~

では 明日の就任記者会見は

明京大学の練習場で行う
という事でよろしいですね?

まだ内定も出ていないのに
気が早いかもしれないけど…。

大丈夫ですよ。
明日の内定まで

今さら 何か問題が起こる事も
ないでしょうし。

これまで努力してきたかいが
ありましたね。

片桐先生も美香さんも
今までご苦労さま。

奥様 大変です!
テレビをつけてください!

どうしたの?

「私は 黒部コーチと不倫なんて
してません!」

「なのに 奥さんが

“お前をレスリング界から
追放してやる"って脅してきて…」

なんなの? これは…!

(萌)すごい…。
イメージまで変えてますね。

「罪のない か弱き学生を
権力で脅すなんて最低です…!」

「私は 純粋にレスリングが
やりたいだけなのに…」

奥様!
これは事実なんですか!?

いえ これは…。

脅迫は れっきとした犯罪ですよ!
わかってるんですか!?

違うの! わたくしは…!

(電話)

はい。

そんな…
ちょっと待ってください!

(電話が切れる音)
(不通音)

どうしたんですか?

レスリング全日本連盟から…

総監督の内定発表は延期すると…。

今まで頑張ってきた事が
水の泡じゃないですか!

これで
黒部さんが監督になれなかったら

全て奥様のせいですよ!

♬~

静子。

あなた…
ご迷惑かけて すみません…。

いや。 お前は 俺を守るために
やってくれたんだろ?

しかし 世間は なかなか
わかってくれないからな…。

形だけでも
謝罪するしかないと思うんだ。

謝罪…。

どういう事ですか?

謝罪会見を開くんだよ。

素直に謝罪すれば 最上も世間も
きっと許してくれる。

でも わたくしは愛子さんに
あんな事までは…。

わかってるよ。

でも 騒ぎを収めるには
もう それしかないだろ。

連盟にも
納得してもらわないとならないし

お前も理解してくれるだろ?

なんにも心配する事なんてない。

俺が隣にいてやるから。

…あなたが?

お前が完璧な妻である事は
俺が ちゃんと証明してやるよ。

わかりました…。

明日 謝罪会見を開きます。

♬~

(指を鳴らす音)

結婚生活には
3つの坂があると言われています。

上り坂 下り坂 そして… まさか。

では 本日の家事情報
振り返って参りましょう。

(三田園の声)レシートは
脂取り紙として使う事ができる。

ラップは 包帯の代わりになる。

それと もう一つ… あっ 失礼。

それは また のちほど。

それにしても 結婚というのは
瞬間接着剤みたいなものですね。

一度くっついてしまうと
離れたくても離れられない…。

(学生たち)コーチ!
(黒部)どうしたんだ? お前ら。

コーチの事が心配で…。

コーチがクビにでもなったら
私…。

心配しなくても
俺は大丈夫だよ。

…はい。
頑張ってください。

おう! フフッ… さあ。

行こう。

(愛子)クロベー!

こんな所で何やってんだよ。
見つかったら どうすんだ!

(愛子)様子 見に来たのよ。
(黒部)えっ?

本当に
うまくいくんでしょうね?

(黒部)当たり前だろ。
こっちには証拠があるんだから。

それより 俺たちの事がバレたら
全部 台無しだ!

すぐに帰ってくれ!
嫌よ。

あの女の落ちていく姿を
この目で見てやるんだから。

ねえ 隣の部屋で隠れてるから
いいでしょ?

うっ…。
お願い クロベー!

絶対に見つからないようにしろよ。

うん ありがとう!
オッケー。

(片桐)本日は お集まり頂き
ありがとうございます。

これより 黒部英雄の妻
黒部静子の会見を行います。

いよいよ始まりますね。

就任会見が
まさか 謝罪会見になるとはね…。

(カメラのシャッター音)

(カメラのシャッター音)

♬~

お忙しいところ
お時間を頂きまして

誠に申し訳ありません。

この度は
わたくしの軽率な行動のせいで

最上愛子さん

並びに夫 黒部英雄を
応援してくださっている皆様に

多大なるご迷惑を
おかけ致しました事を

ここに深くおわび申し上げます。

本当に
申し訳ございませんでした。

(カメラのシャッター音)

♬~

皆さん どうか
妻を許して頂けないでしょうか?

私からも お願い致します。

実は 今回の件は
私のせいなんです。

今までのように 私が先回りして
フォローしていれば…。

あなた… 何 言ってるの?

フォローって
どういう事ですか?

奥さんは 他にも何か
トラブルを起こしてるんですか!?

すいません。 これ以上は
妻の名誉に関わる事なので…。

いや 教えてくださいよ 黒部さん。

本当に勘弁してください。

(黒部)ああっ…!

あれ?
これって… 奥様ですよね?

ああっ… これは失礼。

奥さん この男性は誰なんですか?

渡してるのは お金ですよね!?

これは…。

奥様が頻繁に
大金を下ろしてたのって

もしかして
その男に貢ぐために?

ええーっ!? まさか…。

ちょっと あの写真もらってきて。
えっ 僕が!?

(記者)
ちゃんと説明してください!

(記者)ご主人を裏切って
浮気してたんですか?

フフッ… いい気味。

あの… ちょっといいですか?

それまでは これで…。

お前…!

皆さん
こいつが妻の浮気相手です!

(どよめき)

浮気相手?

俺は 最上愛子の兄だ!

兄!?
(萌・光)兄!?

なんで お兄ちゃんが!?

愛子がお前と よりを戻したって
匿名の電話があって 来たんだ。

どうなんだよ 黒部!

電話って まさか…。

やっぱり 黒部さんは
不倫してたんですね!?

いや これは…。

これ以上
妹との関係を続けるなら

訴えさせてもらうからな!

静子さん あなたからもらった
この示談金も お返しします。

示談金?

待ってください 最上さん!

奥様は
訴えを取り下げてもらうために

お兄さんに
お金を渡してたって事?

妹を もてあそびやがって…。

他の教え子にも 手 出してたのは
わかってんだぞ!

(記者たちのどよめき)

他にも 手 出してたって
どういう事よ!?

愛子さん!?
ラブたん!

ラブたん!?
ラブたん!

お前… やっぱり 黒部と
より戻してたのか!

出てきちゃ駄目だって
言っただろ!

あんたが悪いんでしょ!

教え子に手ぇ出しまくって!
このエロコーチ!

あきれた…
みんなに手を出していたなんて!

これは誤解だよ みーたん!

「みーたん」って…
まさか 美香さん!?

マネージャーとして当然です。

えーっ こっちも!?

わ… 私まで
巻き込まないでください!

マネージャーとまで
付き合ってたの!?

(美香)私は もう別れました!

奥さんから
手切れ金も もらいましたし。

手切れ金!?

奥様は
男に貢いでたんじゃなくて

浮気相手の女たちに
手切れ金を渡してたのね。

全部 旦那様のためだった…。

コーチ どういう事ですか!

付き合ってるのは 私だけって
言ったじゃないですか!

(ホイッスル)
ブレイク ブレイク ブレイク…!

ワン ツー スリー フォー!

ノー ノー ノー ノー。 オーケー?

ファイト!

(3人の怒号)
(ホイッスル)

ブレイク ブレイク ブレイク…!
ワン ツー スリー フォー!

(静子)あなた 背中に…!

(萌)ん? 何? あれ。
QRコード

(QRコードを読み取る音)

(静子)「すみません」

(黒部)「言う事を聞かねえと
地獄に落とすぞ!」

(静子)「すみません」

なんなんだ? これは…。

完璧に編集されてる。

お前がうまいのは
このジュースだけだからな。

すみません。

言う事を聞かねえと
地獄に落とすぞ!

まさか これも…。

これってDVですよね!?

奥さん その怪我
この時のじゃないんですか?

いえ この怪我は…!

黒部さんは
奥さんにDVしてたんですね?

違う!
俺は そんな事していない!

君 なんとかしろ!
これは君の計画だろ!?

片桐先生が!?

あの弁護士もグルだったんだ。

私は 黒部さんが
どうしても離婚したいと言うから

手伝っただけです!

この会見を仕組んだのは
黒部さん あなたでしょ!

逆ギレ!?

(記者)じゃあ この会見は
全部デタラメなんですね!?

(記者)もしかして
最上愛子さんの会見も

嘘だったんですか!?
(黒部)俺は知らない…。

俺は関係ない!
(愛子)何 言ってるのよ。

クロベーが 日本代表の選手に
してくれるって言うから

私 会見したのよ。

最低ですね…。

奥様の悪事をバラして
有利な条件で離婚するつもりが

自分の悪事がバレちゃったわね。

(記者)黒部さん
どういう事ですか?

ちゃんと説明してください。

(記者)謝罪するべきなのは
奥さんじゃなくて

あなたのほうなんじゃ
ないんですか!?

(記者たち)そうだ そうだ!

(記者たちの怒号)
(カメラのシャッター音)

皆様 あまり興奮なさらず

ワインでも飲んで
落ち着きませんか?

このタイミング!?

こんな時に
君は 何 言ってるんだ…。

そのワインは俺の…! あっ!

ああっ!
あらあら。

コルクが欠けてしまいましたね。

では 失礼致します。

うっ…! 何をする…!?

こういう時は
靴にボトルを入れて

こういうふうに
たたいてあげると…。

(ワインをたたきつける音)

コルクが自然に浮き上がり
簡単に抜く事ができます。

(記者たち)おお~!

一度 壊れてしまっても

方法さえ変えれば
問題は解決致します。

では 失礼致します。

(記者)黒部さん!
(静子)待ちなさい!

黒部英雄は 現役時代から
試合放棄した事は一度もないはず。

銀河最強の男が こんな事で逃げて
恥ずかしくないの!?

逃げも隠れもしないで
ちゃんと向き合いなさい!

わたくし 今まで

あなたの浮気の尻拭いを
散々してきたけど…

そんなの
なんとも思ってないわ。

だって 夫婦だもの。

夫を守るのは当然でしょ?

静子…。

けど あなたは…

一度だって わたくしに
謝ってくれた事はなかった。

一度も わたくしと
ちゃんと向き合ってくれた事

なかったじゃない。

そんなの夫婦って言えるの?

♬~

静子…。

俺のせいで

今まで 苦労ばっかりかけて
すまなかった…!

疑ったりして 本当に悪かった。

こんな俺を許してくれ…。

このとおりだ!

あなた…。

俺は 生涯
お前と巻雄を守り続ける!

約束するよ!

♬~

これからも 俺と
ずっと夫婦でいてください!

お願いします!

♬~

当たり前じゃない。

♬~

(カメラのシャッター音)

(拍手)

乾杯しよう。

乾杯。

結局 奥様は旦那様に
謝ってもらいたかっただけなのね。

夫婦って…
素晴らしいですね!

フンッ。

(志摩)この会見
感動しましたねえ。

その辺のドラマなんかより
泣けたもんねえ。

結局 みんな
ショーが見たいだけなのよ。

そんな身もふたもない。

(ドアの開く音)

(萌)トイレ掃除 終わりました。
(真理亜)トイレ掃除してたの?

ちょーっ! ここ置かない!
(真理亜)ちょいちょい…!

萌さんが賭けに負けたので。

結局 奥様は
鬼嫁なんかじゃなくて

旦那様を愛する
完璧な妻でしたから。

絶対 鬼嫁だと
思ったんだけどなあ。

鬼嫁にも いろんな種類がいる。

けど 本当の鬼嫁は
そう簡単に本性を現さない。

どういう意味ですか?

では 行って参ります。

(黒部)待て 待て… うおーっ!

(巻雄)うわあ~! うわっ!
(黒部)うおーっ!

こちら 請求書でございます。
ご苦労さま。

本当は ずっと家政婦さんを
お願いしたかったんだけど

主人が わたくしの味付けがいい
って言うもんだから。

それは結構でございますね。

あら そちらのお野菜も
ジュースの中に?

ええ もちろん。
栄養たっぷりなの。

そうでございますか。

わたくしは てっきり
ホウライソウの葉っぱかと…。

ですが
そんなはずありませんよね。

ホウライソウの葉っぱは
有毒ですから

旦那様に
毎日 そんなもの飲ませたら

大変な事に
なってしまいますものね。

フフッ… ハハハ…!

三田園さんって面白い方ね。

わたくしが主人を殺そうとしてる
って言いたいの? ハハハッ…。

いくら浮気をされたからって

息子から父親を奪うなんて
できるはずないでしょ?

フフッ…。

確かに できるはずありません。

…本当の父親だったら。

お掃除をしていた時に

誤って わたくしのカバンに
こんなものが入ってしまいました。

お返し致します。

奥様の本当の目的は
旦那様からの謝罪ではなく

保険金をもらうまで
夫婦でいる事。

フフフッ…。

フフフッ…。

三田園さんって
なんでも お見通しなのね。

痛み入ります。

「完璧な妻とは

完璧な夫を期待しない
女の事である」。

ただ わたくしが
黒部に期待している事は

たった一つ。

よし 巻雄 ゴー!
(巻雄)うわあ~ ハハハハ…!

(静子の声)血の繋がらない巻雄を
一生 不自由なく養ってくれる事。

それさえ守ってくれれば
誰と浮気しようが構わないの。

さすが 完璧な妻でございますね。

悪いけど
それ 捨ててくださる?

承知致しました。

(静子)あなた
ジュースできました。

おお~ ありがとう。

♬~

フンッ。

〈番組主題歌を
抽選でプレゼント〉

〈詳しくは 番組ホームページで〉

いよいよ最終回でございます。

(萌)この間 ライブをドタキャンして
話題になった人たちですよね?

(田畑奈緒美)「ケビンを殺す」…。
ドームライブは中止にしなくちゃ。

またドタキャンされますか?
(萌)私 犯人 知ってます。

(ケビン小須田)
俺が信じられるのはファンだけだ。

殺されたら 伝説になりますね。
(奈緒美)駄目ーっ!