ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第37話 板谷由夏、石坂浩二、八千草薫… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #37 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 黒岩
  2. 赤沢
  3. 三平
  4. 根来
  5. 少女
  6. 薙刀
  7. 稽古
  8. 自分
  9. 少年
  10. 大丈夫
  11. お願い
  12. お脛
  13. 師範
  14. 本日
  15. 要請
  16. 一手
  17. 一日
  18. 一本
  19. 感触
  20. 剣士

f:id:dramalog:20190528213636p:plain 

『やすらぎの刻~道 #37 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

やすらぎの刻~道 #37 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
やすらぎの郷】新任のコンシェルジュ・有坂エリ(板谷由夏)から突然メールをもらった菊村栄(石坂浩二)。栄はこっそりエリと一緒に出掛ける約束をする。2人で墓参りをした日の夜、夢の中に“姫”こと九条摂子(八千草薫)と妻の律子(風吹ジュン)が現れる。
【やすらぎの道】養女・しの(清野菜名)が道場主の小沼良吉に一目惚れしてしまう。おてんばだったしのはすっかり物静かになり、公平(風間俊介)ら家族は心配する。
◇出演者
清野菜名風間俊介佐藤祐基、風間晋之介、井上希美、木下愛華、大貫勇輔、岸本加世子
【ナレーション】石坂浩二
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
池添博
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(菊村 栄)〈その日 私は

新しいコンシェルジュ
有坂エリさんと

一日を過ごすという
僥倖に恵まれた〉

〈エリさんは
死んだ私の妻 律子の親友

小森幸江さんの娘であり

律子と幸江さんの
ダブル墓参という

まことに幸せな口実のもとに

夢のような一日を
過ごせたのだった〉

〈しかし
その自分の不謹慎な邪心を

その晩 私は いたく反省し

何日か忘れていた
シナリオの執筆に

襟を正して向かったのだった〉

♬~

(根来しのの声)
「三平ちゃん 元気?」

「絵のほうは 進んでる?」

「私は元気で働いてるから
大丈夫」

「今日 役場の使いで
荒木さんが来て

新しくできた
国防婦人会のために

力を貸すように要請されました」

「近在の女子中学生
小学生のために

薙刀の手ほどきをしてほしい
という要請です」

「そのために 青泉の町まで
行く事になりました」

「お国のために
お役に立つ事ですから

一生懸命やろうと思います」

♬~

(根来三平の声)「青泉っていうと
小沼道場かな」

「あそこは 元々 剣道場です」

「以前 学校で剣道を教えていた
小沼先生の始めた道場で

今は 先生の息子さんで
警察に勤めてる良吉さんが

剣道5段で師範をしています」

「良吉さんは
去年の関東大会で優勝した

すごく強い剣士という評判」

「その下に 黒岩 赤沢という
これも2段の猛者がいて

小沼道場の黒鬼 赤鬼と呼ばれ
荒い稽古で有名です」

「怪我しないように気をつけて」

(しのの声)
「大丈夫。 心配しないで」

(三平の声)
薙刀って形なの? 実戦なの?」

(しのの声)「両方ある」

(三平の声)
「男の剣士とも戦う事あるの?」

(しのの声)「あるかもしれない」

(三平の声)
「くれぐれも気をつけて」

(しのの声)「任せて」

(黒岩・赤沢)3!
(少年たち)3!

(黒岩・赤沢)4!
(少年たち)4!

(黒岩・赤沢)5!
(少年たち)5!

(かけ声)

いいぞ!

よーっ!
やあーっ!

(かけ声)

面! 面! 面! 面!

えい! えい! えい! えーい!

いよーっ!

やめーい!

(黒岩)師範が本日ご不在のため
代わって私から伝達事項がある。

軍部 並びに
国防婦人会からの要請により

本日より 毎週火・木の2日間
午後4時以降 当道場は

婦人会主催の薙刀訓練に
お貸しする事になった。

よって 火・木の稽古は3時半終了
45分までには明け渡すように。

以上。
(少年たち)はい!

(先生)県の大会に韮崎代表で出場。

県大会2位 根来しのさんです。

お願いします!

ここが刃部で

ここが切先です。

これが脇構えです。

今 私が持っている所が 柄部です。

突きです。

面を打て!

(少女たち)面!

(しのの声)
薙刀の稽古が始まりました」

「久しぶりに手にする
カシの柄の感触です」

「いきなり頼まれて
びっくりしたし

私に指導なんて
できるかと思ったけど

これも お国のためですし

動いているうちに
昔の感触を思い出し

だんだん楽しくなってきました」

面を打て!
(少女たち)面!

えいっ!

♬~

えいっ!

♬~

(少女たち)
ありがとうございました。

はあ…。

薙刀の稽古って
初めて見ましたよ。

結構 激しいもんなんですね。
ええ。

(赤沢)根来さんは 県の大会で
準優勝した事があるんですって?

昔です。

だけど あれだな。

果たして これが
実戦に どれほど役立つのかな。

どうです?
一つ お手合わせ頂けませんか?

どういう事ですか?
異種試合ですよ。

もちろん 練習の。

あなたとですか?
ええ。

(黒岩)ああ… 申し遅れました。

自分 この道場の師範代
黒岩と申します。

自分は同じく赤沢です。

薙刀の威力が
どれほどのものなのか

よろしかったら
立ち合わしてください。

無論 竹刀で。
防具をつけてです。

いいですよ。

(2人)おお。

防具はいりません。
1回だけやりましょう。

おお!
自信あるんだ。

手加減しませんよ。
こちらもしません!

いいなあ!

では まず自分とお願いします。

(黒岩)始め!
(赤沢)やあーっ!

小手! 面! 面! 面! 面!

お脛!
(黒岩)一本!

お見事です。
なるほど そういうものですか。

自分とも
一手 立ち合ってもらえますか?

♬~

始め!

(黒岩)行きます!

やあーっ!

面!
お脛!

面! 面!

お脛!
(赤沢)一本!

参った…。

(一同)ええっ…!

失礼しました。

ハハハハハハハ…!

(2人の笑い)

いやあ 参った。 恐れ入りました。

なめていました。
(赤沢)今度 また教えてください。

あっ… こちらこそ。
今のは偶然です。

(2人の笑い)

(2人の笑い)

(根来公平)
〈そんな事 全然知らなかった〉

あっ そうだ。
しのちゃん どうだった?

うん 楽しかった。

(根来アヤ)
お稽古 何人ぐらい来たの?

10人くらい。

増えそう?
う~ん… どうだろう?

今度は 北宿の生徒も来るって
言ってたから。

(根来公一)
近衛内閣が総辞職したらしいぞ。

東条内閣が成立したらしい。

(アナウンサー)
「ここに東条大将を首班とする

臨戦協力内閣が成立」

「次のごとく その決意を
内外に闡明致しました」

♬~

お母さん。

♬~

「これは 尊い
大陸の経験を基礎として

厳寒肌をも刺す
この壮烈な気構えのあるところ

行く手を阻む
何ものもありません」

♬~

(三平の声)
「忙しそうだけど 大丈夫?」

(しのの声)「私は大丈夫。
三平ちゃんは?」

(三平の声)「桑畑を潰して
かぼちゃの植え付け」

♬~

山東省魯南の山岳地帯を頼みに

北支一帯の治安を乱すべく
集結した共産軍2万に対し…」

「ここは祖国を遠く離れた
支那 広東」

「日本女性の頼もしき
職域奉公の姿を見せております」

(しのの声)「絵は描いてるの?」

(三平の声)「時間が取れない」

♬~

面を打て!
(少女たち)はい!

(少女たち)面!
もっと!

(少女たち)面! 面! 面! 面!

面 面! 脛!

脛! お胴!

面!

えーいっ!
脛! お胴 お胴!

脛! 面 面!

師範がお見えになりました。

根来さん。

いつ帰られたんですか?
紹介します。

薙刀の指導に来ている
根来しのさんです。

根来です。
よろしくお願いします。

小沼良吉です。 よろしく。
こちらこそ。

(小沼)あなたの噂は
聞いていますよ。

うちの黒鬼 赤鬼の鼻を
へし折ってくれたそうですね。

いえ まぐれです。

いやいや なかなかおやりになる。

誠至館の宮崎先生の
お弟子さんだそうですね。

はい 8つの年から
鍛えて頂きました。

たいしたもんです。

ここらの女たちを
鍛えてやってください。

はい 頑張ります!

よろしく。

あの!

私に一手 ご指南頂けますか?

いいですよ。

(黒岩)本日の稽古は終了!

(少年たち)はい。
ありがとうございました。

♬~

「しの」って
これからは呼んでください。

じゃあ… しのさん。

あなた 好きな人 いるんですか?
はい。

(小沼)惚れてる相手です。