ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第36話 板谷由夏、石坂浩二、八千草薫… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #36 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. エリ
  2. 原稿
  3. アラフォー
  4. 携帯電話
  5. 先生
  6. 着信音
  7. お墓
  8. マロ
  9. 鎌倉
  10. 趣味
  11. ウフフ
  12. お参り
  13. キャビンアテンダント
  14. サッ
  15. シナリオ
  16. シュール
  17. スチュワーデス
  18. バツ
  19. 気立
  20. 偶然

f:id:dramalog:20190527184629p:plain

『やすらぎの刻~道 #36 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

やすらぎの刻~道 #36 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
やすらぎの郷】新任のコンシェルジュ・有坂エリ(板谷由夏)から突然メールをもらった菊村栄(石坂浩二)。栄はこっそりエリと一緒に出掛ける約束をする。2人で墓参りをした日の夜、夢の中に“姫”こと九条摂子(八千草薫)と妻の律子(風吹ジュン)が現れる。
【やすらぎの道】養女・しの(清野菜名)が道場主の小沼良吉に一目惚れしてしまう。おてんばだったしのはすっかり物静かになり、公平(風間俊介)ら家族は心配する。
◇出演者
やすらぎの郷石坂浩二板谷由夏八千草薫山本圭風吹ジュン
【やすらぎの道】清野菜名風間俊介、風間晋之介
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
池添博
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(マロ)誰?
(菊村 栄)いや わからない。

さっきの工作 バレてるぞ。
(マロ)えっ?

(携帯電話の着信音)

(有坂エリの声)「ウフフフ

コンシェルジュ
エリでございます」

(マロ)誰だった?

ん? いやいや…。

「ウフフ…」だけで名乗らない。

ウフフ…?

〈あとで ゆっくり
返信しようと思った〉

(携帯電話の着信音)

(エリの声)
「先日は カサブランカ

大納言さんのことが起こり

お話が途中になってしまいました」

「実は 奥様 律子さんのお墓に
お参りしたく

場所をおききしようと
思っておりました」

「お教えいただけますか」

(携帯電話の着信音)

♬~

(むせる音)

フウ…。

♬~

♬~

ああ…!

(エリ)お待たせしました。
ああ いやいや…。

こっちなんですけど。
はい!

(店員)ありがとうございました。
(エリ)どうも。

あっ… すいません。
はい。

♬~

♬~

♬~

ありがとう。
いえ。

時に…。
はい。

サッちゃんのお墓は
どこですか?

母ですか?
ええ。

ああ… 鎌倉です。

鎌倉か…。
はい。

いや 鎌倉だったら
1時間あったら行けますね。

しかも やすらぎの郷へ帰るのと
同じ方向だ。

どうでしょう?

サッちゃんのお墓にも
お参りに行きませんか?

行ってくださるんですか?
ハハ… ええ。

お墓参りのツアーを
やりましょう。

はい!

(警笛)

〈その日 2人で何を話したか…〉

〈残念ながら 全く記憶がない〉

〈久方ぶりの幸福感に

私は すっかり
とろけてしまっていた〉

〈全く久しぶりの幸福感だった〉

〈砂の上でエリちゃんが
足を取られ よろけ

反射的に私がその体を支え…〉

大丈夫ですか?
すいません!

〈すると
彼女はハイヒールを脱ぎ捨て

私の腕に 腕を組んできて…〉

(エリ)あ~ びっくりした!

〈偶然のような…

ぐ… 偶然でないような…〉

〈それは 大昔
昼のメロドラマで

宇津井健さんと
池内淳子さんが演じた

よろめきドラマ
主人公みたいで…〉

♬~

〈こんな理想的な展開って
ありか?〉

〈それが… あったのだ!〉

〈なぜか あったのだ!〉

〈ああ~ 人生は素晴らしい!〉

〈世の高齢者よ!
夢を捨てるな!〉

〈結局
それだけの1日だったのだが…〉

〈文春砲や新潮砲

それより恐ろしい
やすらぎ砲を恐れて

横浜に寄って食事をしたあと

我々は… いや 私のほうは
異様に高揚し

必要以上に周囲を警戒して
別々に郷に帰着したのだ〉

(運転手)
はい ありがとうございました。

お客さん お釣り!
あっ… とっといて。

いいんですか?
ありがとうございます。

〈必要以上にチップを弾んだ〉

フフフ…。

(せき払い)

(携帯電話の着信音)

(エリの声)
「ありがとうございました!」

「追伸」

「別々に帰ろうと仰云った時には
一寸びっくりしました」

「意外に先生 気が弱いンですね」

「私は見られても平気なのに」

「ウフフフフ」

〈その夜 シュールな夢を見た〉

(時計の秒針の音)

〈ひどくシュールな夢だった〉

(姫)先生が
あなたのお友達のお嬢さんと?

しょうがないわねえ。

(菊村律子)本当に。

おいくつ? その方。

アラフォーです。
アラフォー…。

はい。

アラフォーっていえば
女盛りですよねえ?

(律子)ええ…。

きれいな方?
とっても。

ねえ!

ご趣味? 先生の。

多分。

でも 趣味でも 趣味じゃなくても
関係ないんだと思います。

きれいな女性なら
とりあえず 誰でも。

殿方というのは
おいくつになっても…。

ねえ。
いかにも。

優しい方?

気立てのいい娘です。

お一人?

前は結婚してたんですけど
だいぶ前に別れて…。

バツ1?

はい。

お子様は?

いません。

バツ1で お一人で

気立ても良くて
おきれいだなんて…。

お寂しいわねえ。
アラフォーで。

先生のほうも お寂しいしねえ。

ええ。

また病気が出ちゃうかもね。

いかにも。

(鹿威しの音)

姫。
(姫)はい?

あの人 せっかく
のりかけて書いていたのに

エリちゃんの事が気になって

原稿よりも
メールに気が行ってますの。

原稿 書く事 忘れてますの。

今 頭ん中
エリちゃんでいっぱいで

シナリオの中で

エリちゃんを どんな役にして
目立たせようかなんて

そんな事ばっかり
考えているんです。

ねえ。

あの人 役のイメージを

誰かをモデルにして
奮い立つ人ですから

いい人が現れると
モチベーションが上がるんです。

だって その方
女優さんじゃないんでしょ?

役者じゃなくっても
見境なしです。

(姫)何してらっしゃるの?

昔はCA
キャビンアテンダントでした。

キャビンアテンダントって
スチュワーデスの事?

はい。

スチュワーデスはねえ…
男の方にはね。

あの制服がねえ…。

いかにも!

(姫)ねえ! フフ…。
(鹿威しの音)

フフフフフ…。

♬~

えっ!? 違う!
違う 違う 違う…。

あの… 原稿をね
原稿を書いてるところだ。

今ね…。

えっ!? だから… えっと…。

原稿をね… 原稿。

原稿を書いています。

「あっ そう」 「もう嫌」…。

♬~

えっ!?

えっ!? えっ…。

(時計の秒針の音)

ハア…。

〈そうだ〉

〈シナリオに戻らねばならない〉

〈どこまで書いた?〉

〈そうだ〉

昭和16年
戦争前夜の小野ヶ沢だ〉

♬~

♬~

(鈴)

(かしわ手)

♬~

どうしたの?

この木に願を掛けてるんだ。
先に行け。

変なの。

♬~

願って…
一体 何を願ってんだ?

♬~

(しのの声)「三平ちゃん 元気?」

♬~

(黒岩)薙刀の指導に来ている
根来しのさんです。

小沼良吉です。 よろしく。

私に 一手 ご指南頂けますか?