ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

歌舞伎町弁護人 凛花 第6話 朝倉あき、渡辺裕之、武田航平… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『真夜中ドラマ「歌舞伎町弁護人 凛花」#6 ホストの味方』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウ真夜中ドラマ)

  1. 女神
  2. 凛花
  3. ホスト
  4. 勇士
  5. 歌舞伎町
  6. 時間
  7. ナイフ
  8. 凶器
  9. 証拠
  10. 飯島
  11. タケシ
  12. ピュア
  13. 警察
  14. 沙耶
  15. 事件
  16. 自首
  17. 飯島社長
  18. ビル
  19. 殺害
  20. 絶対

f:id:dramalog:20190526082416p:plain

『真夜中ドラマ「歌舞伎町弁護人 凛花」#6 ホストの味方』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

真夜中ドラマ「歌舞伎町弁護人 凛花」#6 ホストの味方[字]

キャバ嬢殺害で逮捕されたホストの冤罪容疑を晴らすため奔走する凛花が何者かに襲われた。有名IT企業社長に疑いを持ったからか…。危険な状況で凛花はヒントを掴む。

詳細情報
番組内容
六本木ゴージャス法律事務所をクビになった
鈴凛花(朝倉あき)は、仕方なく、父・花
太郎(渡辺裕之)の留守を預かり、歌舞伎町
の美鈴弁護士事務所で働く事になった。
そんな凛花の元に、凛花が苦手とするホストたちがやって来て、先輩ホストがキャバ嬢殺しで逮捕されたが冤罪であるという。
つづき1
彼らの情熱に動かされ真相を究明する凛花はある有名IT企業の社長にたどり着く。調査を続けていく凛花に何者かが襲い掛かる。IT企業社長に疑いを持ったからか…。危険な状況の下、凛花は事件に関する重大なヒントを掴む…。
出演者
鈴凛花…朝倉あき
牛島連司…武田航平
山田 蘭…山地まり
しのぶ…岡田浩暉
美鈴花太郎…渡辺裕之(写真)
渋谷刑事…仁科 貴
浅田恭子…西丸優子
ナレーション…外島孝一
出演者2
飯島孝史…中村公隆
萩原勇士…小柳 心
矢島伸也…藤田晋之介
田崎誠人…早瀬 慧
勝馬秀吉…ふたむら幸則
鹿島美姫…里於奈
島崎沙耶…川村海乃
戸塚(ホームレス)…井丸かつひこ
藤沢(ホームレス)…秋本泰英
原作脚本
【原作/作者】
原作:「歌舞伎町弁護人 凛花」(実業之日本社)原作 松田康志/作画 花小路ゆみ
【脚本】
村川康敏
監督・演出
【監督】中田博之
音楽
【主題歌】
『NEW』The Winking Owl(ワーナーミュージック・ジャパン
番組概要
六本木の法律事務所「ゴージャス」の花形女性弁護士として活躍する“美鈴凛花”は、ひょんなことから、歌舞伎町の父親が経営する弁護士事務所で働き始める。猥雑な歌舞伎町を毛嫌いしていた凛花のもとに舞い込んでくるのは、キャバ嬢やホストなど全くかかわったことのない人々ばかり。経験したことのない依頼に戸惑いながらも仲間と力を合わせ立ち向かい、困っている依頼人を助けていく。
制作
【製作著作】
「歌舞伎町弁護人 凛花」製作委員会2019
【制作】
BSテレ東/トップシーン
関連情報
【公式ホームページ】
www.bs-tvtokyo.co.jp/rinka/
【公式Twitter
@BS7ch_rinka

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(牛島)3日前の未明
歌舞伎町の外れにある廃ビルで

キャバクラ嬢の死体が発見されました
凶器は未だ発見されていません。

先輩は 人殺しなんてやってません
俺 信じてます!

午前4時から6時までの2時間

あなたが何をしていたか
教えてほしいの。

(シンヤ)弁護士なんて人種は
所詮 エリートだからな

ホストなんて クズ同然なんだよ。

答えたくありません。

(蘭)目撃証言は
全部で5人ですね。

(飯島)悪いけど
黙らしちゃってくれる?

やめて いや~!

いてててて!

いてっ!

テメエ! うわっ あ~!

凛花さん!
助けて…。

警察に通報するぞ!

大丈夫ですか?

無事でよかった。
ありがとう…。

警察に通報しますね。
待って。

あの腕時計…。

今の男 ナルティエの腕時計してた。

高級腕時計じゃないですか。

どうして 暴漢が
そんなセレブなものを。

眠らない街 歌舞伎町。

あらゆる欲望が渦巻く この街で

悩める住人たちに
救いの手を差し伸べる

1人の女弁護士がいた>

襲われたって あなた ホント?

大丈夫なの? どこもケガはないの?
あなた ホントに。

ええ 何とか大丈夫。

あぁ もう あなた 今日
アルコールやめときなさい もう。

心臓飛び出るかと思っちゃった。
あっ ありがとう。

でも 気になることがあって。

さっきの事件 勇士さんの件と
何か関係あるのかもしれない。

だって このタイミングでしょう?

それに 飯島社長が

事件発生時刻を
知ってたのも怪しすぎる。

 

当の勇士さんも
犯行は否認しても

当時のアリバイについては黙秘してる。

朝4時に タケシくんと別れてから

帰宅が確認された
朝6時までの2時間

勇士さんは いったい
どこで何をしてたのかしら?

あぁ もう いくら弁護士を
恨んでるっていっても

なんで 何も
しゃべってくれないんだろう。

行き詰まったら
地べたに寝転んで空を見ろ。

花太郎先生の…。

花ちゃん よく言ってた。

この歌舞伎町は

世間から つまはじきにされたり

行き場を失った人たちを
優しく受け入れてくれる。

そんな人たちが食いしばって

はいつくばって
でも 肩寄せ合って

たくましく 生きてる街だって。

そんな人たちの力になるなら

自分が社会の底の底に
いなきゃなんない。

固いアスファルトに寝転んで

地べたから見上げて 初めて
いろんなことがわかるんだって。

空を 見上げる。

おぉ ヘヘヘ…。

えっ?
あっ!

えっ? ちょっ…。
あっ あっ!

ちょっと ちょっと待って
話 聞かせて!

ちょっと!

待って!

5日前 あのビルで
殺人事件があったでしょ。

あのときも あそこにいた?

う~ん。
いたの? いなかったの?

いたけど パトカーがうるさくて。

いや そうじゃなくて

警察が来る前 朝5時頃
ビルから誰か出てこなかった?

来たよ。
本当? どんな人か覚えてる?

うん 走ってきて ぶつかった。

ぶつかった?
じゃあ 顔見てるのね?

う~ん?

見たの? 見てないの?

ヘヘヘヘヘ。

もう!

はい。

見てない。
見てないの!?

ちょっと返しなさいよ。
だって まだ暗いもん!

それに そんな大勢
わかるわけねえよ。

ちょっと待って。

今 大勢って言ったわよね?
ああ。

男が複数
飛び出してきたってこと?

ああ。
何人だった?

う~んと。

1 2 3 4…。

5人。

5人 ビルから飛び出してきたのね。

ああ。

 

飯島社長 当たってみましたが
悪い評判は見つかりませんね。

無邪気に夢を語る

子どものような
ピュアな方らしいです。

金持ちだから ピュアでいられるのよ。

凛花さん 意外に
庶民派なんですね。

そんなことより

飯島さんが偽証していた
とするわよね。

もし 飯島社長を含む
目撃証言をした5人が

沙耶さんを殺害した
犯人だとすれば

なぜ 勇士さんに
罪を着せようとしているの?

3か月くらい前
キャバ嬢がレイプされそうになってて

勇士先輩が飛び込んで
その子 助けたんです

(凛花)もしかして
沙耶さんを襲ったのも

その5人だとしたら。

勇士さんに殴られた
飯島が逆恨みして…。

沙耶さんを殺害して
勇士さんに罪を着せた。

ただいま 戻りました!
いましたよ。

目撃証言の1人
医者の加藤直樹なんですが

凛花さんが言ってた
ナルティエの時計 してました。

じゃあ 凛花さんを襲ったのも?

飯島の差し金よ。

 

はい 美鈴弁護士事務…。

渋谷刑事。

はい… えっ!?

予定が少し
早まっちゃったんだよな。

うん? うん。

午前中には検察に身柄を
送致することが決定した。

まぁ 一応弁護士さんにも
連絡しなきゃと思ってね。

あっ そういえば

おたくの蘭ちゃん 元気に…。

午前中には送検するって。

(牛島)もう 時間ないですね。

凶器さえ見つかれば…。

このナイフ…。

うん 走ってきて ぶつかった。

ぶつかった?

凶器 あった!

お願い 手伝って 人手が欲しいの。

でも アンタ 本当はホストの手なんか
借りたくないんだろ?

どうせ ホストのこと
バカにしてんだろ?

なんたって超エリートの
女弁護士さんだもんな。

別に そこまで言って…。
だったら

なんで昨日 俺らの手伝い
断ったんだよ。

さあ どうなんだよ
言ってみろ おい!

わかった 言うわ。

正直言って私 ホストと
一緒にいたくないのよ。

だって 考えてもみて。

こんなに真面目一筋で
生きてきた私が

朝っぱらから ホスト
ゾロゾロ連れてるなんて。

まるで… まるで 私が
モテない女みたいじゃない!

そんな理由っすか?

ごめんなさい
怒鳴ったりなんかして。

人にものを頼む
態度じゃなかったわね。

お願い 急いで どうしても
見つけたいものがあるの!

時間がないの!

俺からも頼む。

やっぱり 勇士先輩救うには
この人 信じるっきゃねえんだよ。

なっ?

シンヤさん。

わかったよ。
じゃあ 決まりだ。

俺たちの手で勇士先輩
取り返そうぜ!

見つけてほしいのは
この変な金色のナイフ。

このナイフが事件の凶器である
可能性が高い。

これを持っている
ホームレスを捜してほしいの。

凶器が見つかれば 勇士先輩の
無実が証明されるんだ。

みんな 力を貸してくれ!

証明しようぜ 俺らホストに
不可能はないってよ!

(ホストたち)おう!

黒いジャケットを着た人
お友達にいたりしません?

知らんな そんなん
ようけおるからな。

このへんに住んでる
ホームレスらしいんだけど。

さあ?
紺色の帽子に

黒いジャンパー着てるんだけど
見てない?

どうだ?
いないです。

時間がない 急ぐぞ!
はい。
はい!

おい 行くぞ。

どっか捨てたかもしれないしな。

あった! ありました ありました。
おぉ 見せろ。

バカ野郎 どう見ても
違うだろうが お前!

(蘭)あ~ん もう時間ないし。

(蘭)どこ行っちゃったのよ。

蘭ちゃん 諦めないで
必ず見つけるわ。

はい。

(バイブ音)

凛花さん! 勇士さんが
送検されました。

えっ?
検察の知り合いに

聞いたんですが証人がいるんで
勇士さんが否認しても

勾留されて起訴されそうですね。

間に合わなかった…。

まだ 作戦変更よ。

どこにあんだよ!

 

はい。

勇士さんが送検された。

最後の手段に出るわ
あとは 任せたから。

はい。
絶対に ナイフを見つけてね。

信じてるから。

本気ですか?

飯島に直接 問いただすなんて。

いいから 蘭ちゃんは

私が合図をしたら スマホを鳴らして
くれるようにしたらいいの。

まさか ハッタリで

証拠が見つかった! とか
言うんじゃないですよね?

なんで わかるの?
わかりますよ!

じゃあ 話は早い 頼んだわよ。

どうぞ。

気が重いな…。

勇士さんが傷害の前科を
負ったのは

あなたたちのレイプ現場を
取り押さえたからだった。

そのときの被害者
沙耶さんを殺害して

勇士さんに罪を着せたのは

飯島さん あなたね。

このピュアな僕が

そんなことするはずないだろ。

ふざけるのも いいかげんにしろ。

いいかげんにするのは
あなたのほうよ。

人を殺して
他人に罪を着せるなんて。

そこまで言うなら
証拠があるんだろうな。

じゃなきゃ 名誉毀損で訴えるぞ!

私は 証拠が見つかる前に
自首をすることを オススメするわ。

なに?
自首で罪が

軽減されるのは
刑法42条1項

罪を犯した者が
捜査機関に

発覚する前までなのよ。

証拠がなくて 誰が認めるか。

そういえば ブログを拝見しました。

すてきなナイフを
お持ちのようですね。

ぜひ拝見したいわ。

今 お持ちで?

それは…。

ないですよね。

まさか 誰かにぶつかって
落としたんじゃありませんか?

(凛花)事件の日に。

あのナイフが 凶器だったんですね。

今 それを探しています。

事件の重要な物証として。

えん罪だ 僕は絶対やってない!

 

はい。

そう 見つかったの 凶器。

じゃあ そのまま 警察に届けて。

ウソだ! どこで見つかった?

だったら 今 見せてみろ!

それは 警察に直接
見せてもらうのね。

わかったぞ。

証拠がないなら 自首させれば
それで終わり。

その手に乗るかよ。

証拠が先だ!

証拠をそろえて 出直してこい!

ハハハハハ!

 

(タケシ)凛花さん 見つかりました
これですよね?

(勝馬)俺が拾ったんだからよ
ちゃんと返してくれよ。

あれ? 柄に何か書いてある。

「飯島」って彫ってあります。

もしや これって飯島社長のナイフ!?

残念
自首は間に合わなかったわね。

私が法廷で
すべて証言してあげる。

あの女… 僕の誘いを断ったんだ。

このピュアな僕より

ホストみたいな
最低な男がいいなんて。

そんなの絶対 許さない!

異議あり

最低なのは あなたのほうよ。

あなたのピュアは
自分の欲望のため。

必死で生きている彼らのほうが

よっぽど純粋だわ!

うわ~!

残念ね 観念なさい。

法廷でお会いしましょう。

あ~あ そろいもそろって

まったく 金持ちが考えてることは
わかんねえよな。

どうしても
わからないことがあったの。

あなたは事件当日 朝4時に
タケシくんたちと別れたあと

6時に帰宅した。

その2時間の間
何をしていたのか。

(凛花)妹さんだったんですね。

空白の2時間 あなたはここで

妹さんを見守ってた。

彼女を巻き込みたくなくて

アリバイ証言を黙秘した。

美姫が6歳のときに
両親が離婚して

それから別れたきりだから。

兄貴が ホストなんて
ガッカリしますよね?

そんなことないんじゃない?
えっ?

彼女が歌舞伎町で
ボランティアをしてるのも

案外 あなたが この街に
いることを知ってたからかも。

(凛花)美姫ちゃん。
あっ 弁護士さん!

あなたに紹介したい人がいるの。

どうです? 歌舞伎町って街も
悪くないでしょ。

それは どうかな?

お仕事 大変なんですか?
とっても凝ってる。

あん! 半端ない。

(バイブ音)

嫌な予感…。

もしもし?
(蘭)あっ 凛花さん?

タケシさんが
今回のお礼がしたいって

お店に招待してくれたんですけど。

凛花さんも行けますか?

そんなホストクラブなんて
私が行くわけ… あん!

えっ? 行けるんですか?

だから 行くわけが… あん!

えっ 行かないんですか?
どっちなんです?

あ~ん! 行っちゃう!

あぁ…。

いやぁ 凛花さんってやっぱ
歌舞伎町の女神っすよね。

うん。
女神って やめてよ!

そう 照れずに。
照れてないし!

いいから いいから。
じゃあ

俺たちの女神に乾杯しよう。
(ホストたち)ウエーイ!

さあ テメエら 声出せよ!
(ホストたち)ウエーイ!

本日 シンデレラになんと。
(ホストたち)なんと。

女神が降臨いたしました
ありがとうございます!

ありがとうございます!
歌舞伎に。

(ホストたち)歌舞伎に。
勇士の。

勇士の。
女神が。
女神が。

(タケシたち)降臨!
それ 女神 女神 女神 凛花

歌舞伎町 おもしろい!

(タケシ)女神 女神 女神 凛花
やめて。

だから 歌舞伎町って嫌なのよ!

女神 女神 女神 凛花
女神 女神 女神 凛花