ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

ミラー・ツインズ 第8話 最終回 藤ヶ谷太輔、石黒賢、渡辺大… ドラマの原作・キャスト・音楽など…

『<オトナの土ドラ>・ミラー・ツインズ #08【慟哭】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 勇吾
  2. 皆川
  3. 父親
  4. 圭吾
  5. お前
  6. 赤城
  7. 復讐
  8. 最後
  9. 詩織
  10. 英里
  11. 葛城
  12. 栄一
  13. 久能
  14. 人生
  15. 一緒
  16. 一人
  17. 真実
  18. 本当
  19. 誘拐犯
  20. ドナー

f:id:dramalog:20190526081706p:plain

『<オトナの土ドラ>・ミラー・ツインズ #08【慟哭】』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

[終]<オトナの土ドラ>・ミラー・ツインズ #08【慟哭】[字][デ]

衝撃の真実を知った圭吾(藤ヶ谷太輔)。皆川(高橋)は全ての真相を語り始める。勇吾(藤ヶ谷/2役)は里美(倉科カナ)に想いを告げて…。シーズン1、慟哭の最終回!

詳細情報
正式タイトル
オトナの土ドラ・東海テレビ×WOWOW 共同製作連続ドラマ ミラー・ツインズ Season1
番組内容
勇吾(藤ヶ谷太輔)の追及によって現・捜査一課長の久能(石黒賢)が逮捕される。だが、久能は赤城(渡辺大)に「裏切り者はもう一人いる」と伝える。一方、圭吾(藤ヶ谷/2役)もまた勇吾の協力者が誰なのか疑念を深めていた。そんな中、圭吾は母・春江(中村久美)が遺した手紙で衝撃的な事実を知る。

皆川は、復讐を遂げた勇吾と里美(倉科カナ)を逃がすための算段を始めていた。警察や圭吾がどこまで追ってこようが、勇吾を
番組内容2
逃がし切る。それが皆川の最後の目的だった。一方、思わぬ形ではあったが誘拐犯たちへの復讐を遂げた勇吾。圭吾が里美に託した“母の想い”も知り、勇吾の中で何かが変わろうとしていた。だが――

「勇吾と何があったのか、全て教えてください」
勇吾の協力者が皆川であることを確信した圭吾は、皆川と対峙する。証拠がないとはぐらかそうとする皆川を、圭吾は「家族の僕には知る権利がある」と見据える。その目の強さに、皆川は
番組内容3
全ての真相を静かに語り出す。

その頃、勇吾は里美と共にある海辺に来ていた。「どこに逃げるの?」と聞く里美に、「もう二度と戻れない場所だ」と告げる勇吾。そして覚悟を決め振り返る。
「お前とはここまでだ。……お前は連れていかない」

20年前の誘拐事件がもたらしたあまりにも数奇な運命に翻弄された宿命の双子――最後に勝つのは光か闇か…衝撃の結末が待ち受ける謎と裏切りのクライムサスペンス、慟哭の最終回!!
出演者
葛城圭吾: 藤ヶ谷太輔 
葛城勇吾: 藤ヶ谷太輔 
白石里美: 倉科カナ 
赤城克彦: 渡辺大 
久能詩織: 武田梨奈 
能源一郎: 石黒賢 
皆川耕作: 高橋克典 
ほか
スタッフ
【企画】
横田誠(東海テレビ) 
小西真人(WOWOW)

【脚本】
高橋悠也

【音楽】
林ゆうき 
小畑貴裕

【監督・演出】
池澤辰也(テレパック

【プロデューサー】
市野直親(東海テレビ) 
青木泰憲(WOWOW) 
黒沢淳(テレパック

【制作協力】
テレパック

【製作】
東海テレビ/WOWOW

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(勇吾)
[俺たち双子は 犯罪者と 刑事]

[正反対の人生を
歩んでいた]

[まるで 鏡のように]

(勇吾)俺の 最後の復讐だ。

(久能)やめろ!
(詩織)1課長!

(久能)お前の命には
代えられなかった。

(赤城)1課長。
あなたには 失望しました。

(春江)「こんな形でしか
伝えることが できなかった

ひきょうな母を 許してください」

(春江)「勇吾。 圭吾。
あなたたちの 本当の父親は

皆川 耕作さんです」

(皆川)長かったな。

♬~

(里美)終わったね。

終わってない。

どこまで 逃げても 終わらない。
どこまでも 追ってくる。

圭吾は そういうやつだ。

(皆川)それでも 逃げるだけだ。

荷物を まとめとけ。
こっちも 準備しておく。

いいか。
警察は 全力で

お前たちを
網に かけようとしてる。

(里美)勇吾。

(勇吾)逃げよう。
この世の果てまで。

(尾見門)圭吾さん。

間違い ございませんでした。
圭吾さんが 生まれたころよりも

ずっと前から 栄一さんは
不妊症だったようです。

戸籍上は 父親ですが。

(圭吾)母の
手紙どおりだとすれば…。

「どうしても
子供が 欲しかったので

お父さんとも 話し合って
別の手段を」

(尾見門)だとしたら どうして
お母さまは ホントの父親が

皆川刑事だってことを
知ったんでしょうか?

(圭吾)きっと 何かの きっかけが。

勇吾の誘拐…。

(さつき)はい。 お待たせ。

何だか ゆっくりと
ご飯 食べるの 久しぶりね。

(皆川)悪いな。
ずっと 捜査が 立て込んでて。

(さつき)ううん。
じゃあ 頂きましょうか。

(皆川)うん。
(さつき)いただきます。

なあ。 さつき。
(さつき)うん?

近いうち
海外旅行でも 行かないか?

(さつき)どうしたの? 急に。
何かあった?

忘れたいことが 多過ぎる。
(さつき)そうよね。

うーん。 じゃあ
私からの希望 一つ いい?

(皆川)どうぞ。
(さつき)ご飯が おいしいところ。

(皆川)じゃあ 国内にしとくか。
(さつき)うん。

(皆川)温泉でも。
(さつき)うん。 やった。

(バイブレーターの音)
(さつき)うん。 おいしい。

(バイブレーターの音)
(皆川)あっ。 圭吾だ。

ちょっと 悪いな。
(さつき)うん。

(バイブレーターの音)

(皆川)どうした?

お話ししたいことが あります。

♬~

♬~

♬~

母が 最後に残した 手紙です。

♬~

ずっと 疑問に思っていたことが
ありました。

警察内部の 裏切り者が

勇吾に 協力し続けた動機は
何なのか?

警察の人間が
犯罪に加担する理由は 何なのか?

勇吾の 父親だから。

(皆川)ハハッ。

お前らしくないじゃないか。
圭吾。

それが 真実か どうか
証明するものは ない。

証拠が なければ
被疑者を 落とせんぞ。

そうですね。

(電子音)

では 警察官としてではなく
勇吾の家族として 尋ねます。

全ては あの日
ここから 始まりました。

教えてくれませんか?
勇吾と 何があったのか?

勇吾は 20年間
何を 考えていたのか?

今 何を 考えているのか?

知りたいんです。
勇吾のことを。

ゆっくり 考えていこう。
何を?

これからのこと。
まだ 何も 決まってないから。

大丈夫。
2人なら やっていける。

家族の僕には 知る権利がある。

大学のころ…。
まだ 妻に出会う前に 一度だけ

知人から 頼まれて
ドナーに なったことがある。

ドナー?

(皆川)いろんな事情で
子供を生むことが

できない方々のために なるならと
思って その手のバンクにな。

そういう施設は
ドナーも 利用する側も

お互いの素性は
明かされないはずです。

20年前の 勇吾の誘拐事件…。

(皆川)《大丈夫。
勇吾君は きっと 助かるさ》

あなたが 捜査に加わったのは…。

驚いたよ。
それは 本当に 偶然だった。

そのときに 葛城家の
複雑な事情を知った。

2人の 実の父親が
誘拐犯である可能性も

視野に入れて 調べた結果…。

ドナーが
俺であることが 分かった。

(栄一)《誘拐犯は 本当に
実の父親じゃないんですか?》

(皆川)《はい》

(栄一)《証拠は あるんですか?
お願いです。 教えてください》

(皆川)《しかし…》

(春江)《どんなことでも
知る覚悟は できています》

《私だからです》

《実の父親が》

(皆川)運命の いたずらにしては
あまりに皮肉な 真実だ。

誘拐事件は 俺が与えられた
試練なのではないか?

そう 思った。

捜査本部が 縮小された後も
俺は 諦めなかった。

♬~

♬~

(皆川)《葛城 勇吾君だね?》

(勇吾)《違います》

(英里)《勇吾》

(皆川)
《君が 吉崎 英里ちゃんか?》

(英里)《勇吾を
捕まえないでください》

《勇吾は
私を 守ってくれたんです》

(皆川)《勇吾君》

(皆川)《勇吾》

(勇吾)《ほっといてよ。
何で 俺たちに構うんだよ?》

《俺は 君の父親だからだ》

《DNA鑑定の 結果だ》

《DNAって 分かるか?》

《君は 悪くない》

《正当防衛を 主張すれば
罪に問われることはない》

《家に 帰ることだって》

《家には 帰らない》

《決めたんだ》

《復讐するって》

《本当の父親なら 俺たちのこと
助けてくれるよね?》

《俺たちの 味方だよね?》

(皆川)誘拐犯の連中は
すでに 消えた後だった。

復讐だけが
勇吾の生きる目的になった。

そして あなたは

誘拐犯に関する 捜査情報を
勇吾に流した。

田島のことも 海野のことも。

おかげで 俺たちは 20年前の
誘拐事件の黒幕を あぶり出し

逮捕した。

(皆川)お前を
裏切ったつもりは ない。

それが 勇吾の
望みでもあったからな。

(皆川)《田島 修二の
居場所が 分かった》

《栄一さんが出た 番組宛てに
連絡を よこしたらしい》

《1億の懸賞金に
釣られたんだな》

《一つだけ 約束してくれ》

《これは 俺の復讐だ》

《あんたは 自分の意志で
刑事として 動いてくれ》

《圭吾に
協力することになってもか?》

《双子の息子を
差別したくないだろ?》

《これで 俺も 圭吾も 平等だ》

(皆川)だから 覚悟していた。

もし お前が 俺の秘密に
気付いたときは

聞かれたことに
全て 答えようと。

俺は 勇吾の父親であると
同時に

お前の父親でも あるからな。
やめてください!

20年前に 無理やりにでも

吉崎を 殺した罪を
償わせていれば

勇吾の人生は
こうは なってなかった。

(皆川)それでは あいつの心までは
救えなかった。

勇吾の望みを かなえることで
あいつは 救われるんだ。

勝手なこと 言わないでください。
たった 10歳の少年が

ただ 助かりたい 一心で
その小さな手を 血に染めた。

お前が 警察に守られ
家族に守られてた あのときだ。

(皆川)どれだけの 恐怖だったか?
どれだけの 地獄だったか?

(皆川)想像が つくか?

(皆川)粉々になった あいつの心を
つなぎ留めることが できたのは

復讐という 執念だけだ。

勇吾のせいに するな。

ホントは 勇吾を 僕たちの家に
帰したくなかったんだろ?

自分が 父親として
頼られたかっただけだろ。

父親としての人生を
手放したくなかっただけだろ。

あなたは 呪われていたんだよ。

勇吾と 話をさせてくれ。

(バイブレーターの音)

(皆川)今 話せるか?
どうした?

そこに 誰か いんのか?
(皆川)ああ。

(皆川)お前の弟だ。

今 あの公園にいる。

勇吾。 今すぐ ここに来い。

お前の復讐は もう 終わった。
全ての罪を 償え。

これが 最後だ。

お前が 俺を捕まえるか?

俺が お前から 逃げ切るか?

圭吾。

おい 勇吾。

あいつは どこに いるんですか?
すぐに 案内してください。

明日の日没前
海浜島の漁港にいる。

一人で来い。

明日…。

あいつは
何をする気なんですか?

(皆川)自首するつもりかもな。

ああ。 言っとくが 任意同行に
応じるつもりはない。

家で 妻が待ってるからな。

♬~

勇吾。 荷物 これだけ?

荷物が多いと 邪魔だからな。

♬~

こんな夜も 今日で 最後だ。

♬~

♬~

(菅原)もう 大丈夫なのか?
(詩織)はい。

ご迷惑を お掛けして
申し訳ありませんでした。

(赤城)無理するな。

1課長のことで
それどころじゃ ないだろ。

(詩織)だからこそ
最後まで 見届けたいんです。

父に そうさせてしまった 責任が
私にも あるので。

(林田)管理官。
葛城 勇吾の

目撃情報が ありました。
(赤城)場所は?

ねえ? 勇吾 どこに逃げる気?

もう 二度と
元には戻れない場所だ。

英里。

悪かったな。 色々。

えっ? 何で 謝るの?

お前の人生を 俺が壊した。

私は そんなふうには
思ってない。

お前とは ここまでだ。
えっ?

お前は 連れていかない。

お前に残された道は
一つしかない。

この 20年の 全てを
忘れることだ。

誰に 何を聞かれても
思い出せないくらい。

本気で 言ってるの?

お前がいると 逃げられない。
足手まといなんだよ。

俺は ずっと お前のことを
利用してたんだ。

♬~

勇吾は どうするの?

行き先は?
誰の手も 借りずに

一人で 逃げ切れるわけない。
今までだって そうだったでしょ。

もう そんな必要は ない。

行かないで。
放してくれ。

ねえ。 ずっと 一緒に いたんだよ。

勇吾が 何 考えてるか
私 全部 分かる。

一人で 抱え込もうと
してるんでしょ。

荷物が 少なかったのだって。
絶対に 行かせない。

時間が ないんだよ。
もうすぐ 圭吾が ここに来る。

だったら…。
私も 一緒に 連れてって。

駄目だ。
私も 一緒に 行く。

もう 何もかも
終わったんだって。

どうして? ずっと 2人で
いたじゃない。 一緒に。

乗れ。

♬~

やめて。 勇吾。

放して。 お願い。
勇吾!

行かないで!

じゃあな。

勇吾! 行かないで。

♬~

勇吾!

勇吾!

勇吾! 勇吾!

(皆川)おい。 無駄だ。
どうして 止めなかった?

勇吾は。 勇吾は
死ぬつもりなんだよ。

初めから
こうするつもりだったんだろ?

何で 勇吾を 見殺しにした?

それでも あんた 父親かよ!

勇吾の 最後の望みは
英里ちゃんの 幸せだ。

彼女の未来のために
あいつは

自分自身が 消えることを
望んだんだ。

♬~

♬~

(詩織)里美さん!?

(赤城)すぐに出せる 船を 探す。
お前は 海保に連絡しろ。

(林田)はい。

♬~

勇吾!
ホントに 悪かった!

ごめん…。
ごめんね!

♬~

勇吾が 生きててくれて
ホントに うれしかった!

うれしかったよ! 勇吾。

これで 終わりじゃないよな?

俺たちは
分かり合えるはずだよ!

勇吾!

♬~

(圭吾)《そろそろ 門限だし
帰ろ》

《勇吾。 聞いてる?》

《ああ。 帰ろっか》

《勇吾。 早く 帰るぞ》

《お父さん。 お母さん。
ただいま》

(栄一)《おお。
勇吾。 おかえり》

(春江)《おかえり》

♬~

勇吾!

勇吾!

♬~

(爆発音)

♬~

♬~

勇吾。

(皆川)よせ。
もう 助からない。

(皆川)圭吾。
もう 終わりだ。

(皆川)勇吾が
望んだことなんだ。

最後まで あいつは 逃げ切った。

あいつは 救われたんだ。

♬~

♬~

♬~

(赤城)吉崎 英里さん。
正直に 答えてください。

(赤城)あなたは 葛城 勇吾の
犯行に 手を貸していたんですか?

(赤城)あなたは 20年間 ずっと
あの男と 一緒にいた。

あの男の 復讐を
かなえることが

あなたの望みでも あったはずだ。
そうだろ!

(赤城)お前たちの他に
もう一人

捜査情報を 漏らした
警察関係者が いたはずだ。

(赤城)誰だ?

(わだ)警視庁によりますと
葛城 勇吾 容疑者が

乗船中に ボートを爆発させ

自殺を図ったものと
みられています。

(わだ)また 20年前の
緑坂南公園 男児誘拐事件に

現 捜査1課長が
関与していた件について

警視庁は 先ほど 会見を開き

今後 二度と このようなことが
ないよう

服務規定の徹底に 務め…。

(皆川)どこまで
連れていく気だ?

心配しないでください。
逮捕状は ありません。

♬~

ここのアパートの 一室

あなたの名義で
借りられていました。

よく 調べたな。

中に 入れてもらえませんか?

それは 警察官としてか?
それとも 勇吾の弟としてか?

両方です。

僕には 真実と向き合う
責任がある。

(皆川)この 20年 勇吾は
復讐のためだけに 生きた。

他には 何にも なかった。

復讐を終えた 今

あいつが 生きていたことを
示す痕跡は 何もない。

人を あやめてしまった
あの日から

葛城 勇吾は 執念によってのみ
存在していたんだ。

亡霊のようにな。

計算ずくと いうわけですか?
うん?

証拠は 全て 隠滅。

あなたたちが 黙秘を続けるかぎり
真実は 闇の中だ。

勇吾は 全ての けじめをつけて
自ら 命を絶った。

あなたは 罪を償う気は
ないんですか?

俺が 刑務所に入ったところで
ただの 税金の無駄遣いだ。

ならば 一人でも多くの
犯罪者を 捕まえる。

それが 俺の
警察官としての 贖罪だ。

同じ目を してるなぁ。

誘拐犯たちへの 復讐を
決意したときの 勇吾の目だ。

今度は お前が やるか?

兄の人生を 狂わせた
実の父親への 復讐。

勇吾と 同じように
お前だって 俺の…。

勇吾にとっての 父親は
あなただったのかも しれない。

でも 僕の父親は 葛城 栄一だ。

♬~

(久能)全て 終わったか。

葛城 勇吾が 亡くなって
捜査は 打ち切りになりました。

(久能)詩織。

(久能)本当に すまなかった。

(詩織)後悔してますか?

犯罪に 手を染めてまで
娘を 救うべきじゃなかったって。

♬~

(詩織)辞表を提出した。

もう一度 向き合っていかなければ
ならない 大切なことが あるから。

家族。

(久能)詩織。

♬~

(赤城)しばらく 1課への
風当たりは 強そうですね。

(菅原)ああ。 吉崎 英里の件は…。
(赤城)不起訴処分だそうですね。

(菅原)検察も
及び腰に なったもんだ。

(赤城)しかた ありませんよ。

共犯関係だったという 証拠は
何も ないですし

当の本人も
黙秘のままですから。

(赤城)全て 筋書きだったのかも
しれませんね。

認めたくは ありませんが
あいつの 勝ちってことですね。

♬~

《逃げよう。 2人で》

《こんな夜も 今日で 最後だ》

《この 20年の 全てを
忘れることだ》

♬~

♬~

♬~

≪(足音)

♬~

♬~

一つだけ 聞かせてくれないか?
君は 勇吾のことを…。

勇吾は
私の全てだった。

あの人がいない 人生なんて
考えられなかった。

忘れるなんて できない…。

俺も背負うよ。 勇吾の罪を。

君が知らない 勇吾を
俺が知っていて

俺が知らない 勇吾を
君が知ってる。

俺たち 2人が
生きてるかぎり…。

俺たちが 忘れないかぎり
勇吾は 消えることはない。

♬~

♬~

[人は 鏡に
自分の姿を 見ることができる]

[しかし その姿は
左右が反転した 姿であり

真実の自分では ない]

[俺にとって それは…]

勇吾。

♬~