ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。 第6話 金子大地、安藤玉恵… ドラマの原作・キャストなど…

『よるドラ 腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。(6)』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 亮平
  2. 安藤君
  3. 純君
  4. 高岡君
  5. 紗枝
  6. BL星
  7. 自分
  8. 大丈夫
  9. 陽子
  10. BL
  11. 三浦
  12. ページ
  13. マコト
  14. 安藤
  15. 回想
  16. 学校
  17. 今宮
  18. 佐伯
  19. 小野
  20. 中山

f:id:dramalog:20190526081248p:plain

『よるドラ 腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。(6)』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

よるドラ 腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。(6)[解][字]

大けがをして入院した純(金子大地)は母・陽子(安藤玉恵)に秘めていた思いをぶつける。紗枝(藤野涼子)は親友たちと語りあう日々に戻るが気持ちを整理できずにいた。

詳細情報
番組内容
大けがをして入院した純(金子大地)を母・陽子(安藤玉恵)は見舞う。明るく振舞う陽子に、純はせきを切って胸に秘めていた思いをぶつける。紗枝(藤野涼子)は同好の仲間とBLマンガを語り合う日々に戻るが、気持ちを整理できずにいた。純の幼なじみ・亮平(小越勇輝)に紗枝は二人の思い出の場所を案内してほしいと頼む。公園で亮平が語る思い出話を聞き、紗枝は思い切って提案する。「一緒に安藤君のお見舞いに行かない?」
出演者
【出演】金子大地,藤野涼子小越勇輝吉田まどか,内藤秀一郎,安藤玉恵谷原章介
原作・脚本
【原作】浅原ナオト,【脚本】三浦直之
音楽
【音楽】Akiyoshi Yasuda

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(陽子)大部屋が空いてないっていうから
個室にしたけど

個室って高いのね。

値段聞いて
出したことのない声出ちゃった。

「んがあ んがあ~」って声出た。

(小野)出てけよ。
お前のオカズになる気ないから。

(亮平)純君!?
安藤!

(紗枝)えっ…。

純君 やめろ…。

(純)もう疲れた…。

バイバイ。

安藤君!

<体が まだ生きたいんだと
悲鳴を上げている。

心は もう とっくに死んでしまったのに>

校舎から飛び降りるって
青春し過ぎにも程があるでしょ。

骨折と打撲で済んで 本当よかった。

痛い。

本当よかった…。

ごめんなさい。

純君 男の人が好きなんだってね。

(陽子)
びっくりしたけど ちょっと納得した。

アイドルとか女優とか
全然 興味示さなかったもんね。

何か変だなと思ってたんだよな。

彼氏は? いるの?

(陽子)そっか。

その… 間違いないの?

何が?

同性に憧れる時期って
誰にでもあるでしょ?

お母さんもさ 学生の頃
かっこいい女の先輩がいて

その人と話すと すっごい ときめいたの。
心臓バクバクってなって。

そういう 憧れと恋を勘違いしてるとか
そういうのなんじゃないの?

だって ほら 彼女もいたんでしょ?

ふざけんなよ…。

(陽子)えっ?

間違いないに決まってんだろ!

痛っ…。

ずっと悩んでさ…

そのうち 僕も
女の人を好きになるんじゃないかって

僕が! 僕自身が!
一番期待して生きてきたんだ!

男の人が好きな自分が
嫌で嫌で しかたなくて

でも やっぱり
男の人しか好きになれなくて…。

そういうの分かってんのかよ!

友達は 何歳までに結婚したいとか
子どもは何人欲しいとか

ぼんやりした将来の話してんのに

自分は どっかのアパートで
独りぼっち

誰にも気付かれないで死ぬって未来が
頭から離れない!

そういうふうに生きている…

そういうふうに生きている僕の気持ちが
母さんに分かんのかよ!

何で…。

何で 僕なんか産んだんだよ…。

何で…。

何で… 僕は まだ生きてるんだよ…。

(今宮)あっ おはよう。
(佐伯)おはよう。

あ… おはよう。

(蛭田)安藤君 大丈夫かな?

(佐伯)大丈夫じゃないでしょ。
飛び降りたんだもん。

(蛭田)だよね…。

(中山)重くね? 空気。

(堀田)いや そりゃそうだろ…。

(中山)嫌なんだけど この空気。
えっ すげえ嫌なんだけど。

(飯田)俺らのせいもあんだろ。
(中山)俺らのせい?

(佐伯)小野なんでしょ?
出てけって言ったの。

(蛭田)マジで ドン引きなんだけど。

(チャイム)

♬~

何だよ?

♬~

 

(奈緒)今週の「サムライ・ディストピア
ありがたすぎ!

えっ? 紗枝ちゃん まだ読んでないの?

私 今 語りたみの かたまりなのに~!

ごめん 姐さん…。
(奈緒)今すぐ読むべき。

…っていうか 今朝にタイムスリップして
読んでから ここに戻ってくるべき。

紗枝ちゃんもさ コジロウ推しだよね?
推しが大変なことになってるんだよ!

もうね… 言っちゃっていい?

いいですよ。
あのね… ついに…

コジロウが ムサシに言ったんですよ。

「俺に負けるまで お前は負けるな」って。

それって… プロポーズじゃないですか。

そうなんだよ~!

ああ~…。
おめでとう!

おめでとう!

紗枝ちゃん… ありがとう!
ありがとう!

ありがとうございます…
ありがとうございます…。

ちょっと元気になった?
えっ?

紗枝ちゃん この世も あの世も
おしまいみたいな顔してたから。

会った瞬間。
すいません…。

そっかあ…。

安藤君とケンカね。

もう 仲直りもできないかもしれないです。

(奈緒)2人ともさ
まだ遠慮してる感じするな。

遠慮ですか?
うん。

もっと 自分をさらけ出して
お互いを知ってみたら?

自分をさらけ出す?

情けないところが
一番かわいかったりするもんだよ。

そうなんですか?

コジロウの受け売り。

 

もしもし。

(マコト)よかった つながった。

マコトさん…。

<マコトさん。 今 一番話したくない人>

電話なんて珍しい。

だって
メール返してくれないじゃないか。

今度 近いうちに会おう。
いつがいい?

入院してるから しばらくは無理。
入院?

駅の階段で派手に転んで
骨折しちゃって

1か月 入院することになって。

1か月? 大けがじゃないか。

平気。

じゃあ 退院したら会おう。

退院しても 完治まで時間かかるし
会っても 何もできないよ。

そういうことがしたいわけじゃない。
ただ 会いたいんだ。

[ 回想 ]
(小野)こいつ 男に興奮する変態だよ。

ごめん。

いや 僕も
本当はお見舞いに行けたらいいんだけど。

ううん。 分かってる。

♬~

どこかに引っ越せないかな…。
(陽子)えっ?

何? 急に。

どこでもいいんだけど。

無理かな。

そうする? 大阪とか。
あっちなら親戚もいるし。

いいの?

学校に戻りたくないなら
戻らなくていいよ。

つらいなら逃げてもいい。

何があっても 私は 純君の味方だからね。

安心して。

(チャイム)

えっ!? 高岡じゃん!
お~ 今宮! うえ~い!

みんな おはよう!

うわ~! 亮平~!

亮平休んでる間 うちの教室
めちゃめちゃ暗かったんだよ~!

マジで
景色 暗すぎて 夜間学校かと思ったわ!

言い過ぎでしょ。

今のは言い過ぎだわ。
うん それはない。

おはよう 高岡君。
おお 三浦 おはよう。

今日の放課後って空いてる?

えっ… うん まあ。

ちょっと つきあってくれない?

つきあうって?

安藤君と高岡君の 思い出の場所を
案内してほしいの。

あっ!
えっ?

今週号 まだ読んでなかった。
ちょっと待ってて。

えっ… 高岡君?

(亮平)「サムライ・ディストピア」って
漫画が 最近めちゃくちゃ熱くてさ。

今週 神回だよ!
へえ~ 三浦も読んでるんだ。

三浦が少年漫画読んでるって 意外。

(亮平)うわ~。

どう?
(亮平)確かに 今週激アツ。

でしょ!?

(亮平)純君も読んだかな…。

えっ 安藤君も「サムディス」好きなの?
(亮平)うん。

知らなかった…。

私 安藤君のこと
何も知らなかったんだな。

変な感じ。
えっ?

このベンチで隣にいるのは
いつも純君だったから。

そこに純君が座って 漫画読んで
俺は 横から のぞき込んで。

へえ~。

(亮平)すごいのが 俺が ちょうど
ページを読み終えるタイミングで

何も言わずに 純君が
次のページ めくってくれるの。

読む速度がぴったりな2人なんてさ
なかなか なくない?

相性バッチリだね。
(亮平)うん。

でもね 後から聞いて知ったんだけど

純君 俺の目線を盗み見て
俺に合わせて ページめくってくれてたの。

安藤君らしいね。

ねっ。

純君との思い出は
大体 この公園に全部ある。

[ 回想 ] (純と亮平の笑い声)

亮平!
どうだ~!

ハハハ!
ちょっと… 亮平!

(亮平)俺と一緒じゃなくても
純君は 小さい頃から

今でも ずっと この公園に来ているんだ。

楽しい時 怒ってる時
悲しい時や つらい時。

[ 回想 ] よし。

(はしゃぐ声)

死のうとするぐらい つらかったなんて…。

♬~(「Somebody to Love」)

今度さ…。

安藤君のお見舞いに行かない?

♬~

(ノック)

はい。

純君。

安藤く…。
わあ~! 純君!

痛い! 痛い痛い痛い!
亮平! けが人だから 僕!

純君だ…。 会いたかったよ!

痛い痛い痛い痛い… 痛い。
高岡君。 会いたかった。

いてててて…。

亮平も食べなよ。
ありがとう。

入院生活は 慣れた?

右腕 動かないし
することがなくて退屈。

何して過ごしてんの?

何して過ごしてるんだろう?

スマホでゲームとかかな。

学校は どのくらいで来れるの?

もう行かないかも。

えっ…。

母さんの親戚の家が大阪にあって
そっちに引っ越す話が出てるんだ。

まだ分かんないけど。

安藤君 大丈夫だよ。

何かあっても 私とか高岡君が守る。

ありがとう。

俺 ちょっと席外すわ。

えっ?
2人で話したいでしょ。

えっ ちょっと…。

(ドアの開閉音)

え~っと…
私 個人的にお土産持ってきてて。

はい。

何これ?

BL。

私が安藤君を知ったみたいに
安藤君にも 私のことを知ってほしいの。

私も もっと安藤君のことを分かりたいし
理解したいし。

それで お互いがもっと理解できた時に
もう一回 話そう。

読もっか。

読みづらいんだけど。
気にしないで。 私がめくってあげる。

お~!

おお~! フフフフ…。

三浦さん 気が散る。

ああ… ごめん ごめん。
読んだやつでしょ?

何回読んだって 尊いものは尊いもの。

♬~

タイミング バッチリでしょ?
うん。

同じ速度で 同じものを見つめられるって
最高だよね。

あっ…。

やっぱり 1人の時 読むよ。
え~ ここからが いいとこなのに。

ほら 亮平
戻ってきちゃうかもしんないよ。

ああ… それは確かに。
でしょ。 うん…。

じゃあ 高岡君 呼んでくるね。
うん。

言っておくけど…

私 まだ 安藤君と別れるつもりないから。

そう簡単に逃がさないよ。

(ドアの開閉音)

<撃たれた僕は 死ななかった>

<でも確かに 何か熱い弾丸のようなものが
胸の中に残った>

安藤さん。 おはようございます。

はい。

あっ 返し… いって…。

無理しないで。

わっ… これ すっごい面白そう。

後で貸してくれる?
えっ… はい。

♬~

即レス。

フフフフ…。

(今宮)何?
いや… 何でもない。

えっ? 何か 紗枝 うれしそうじゃん。

えっ… そうですかね?
え~?

はい。

これは 果たして…。

追加のBL。

BLはね
BL星っていう架空の星が舞台なの。

BL星?

そう。

BL星はね
女性人口が極端に少なくって

BL星人は
メスを獲得できないストレスから

命を失う個体が後を絶たなかったの。

だから男性同士で性的欲求を覚えるように
進化したんだよ。

なるほど。 BLはファンタジーじゃなくて
SFだったんですね。

BL星人は
男であることと 自分の性指向に

めっちゃ肯定的なんだよ。

へえ~。

僕もBL星に行きたいな。

私も一緒に行きたい。

(笑い声)

あっ いって…。
えっ? 大丈夫?

大丈夫。

あのさ…。
何?

終業式だけでも来てくれない?

どうして?

コンクールに出す絵を描いたの
覚えてる?

今日ね 学校の先生に呼び出されて
言われたんだけど

その絵が入賞したの。

それでね 終業式に賞状をもらうから
安藤君にも見てほしくて。

僕に? どうして?

だって 晴れ姿だよ。

うん。

見てほしいんだもん。

絶対。 約束。

分かった。 検討する。

うん。 楽しみにしてるね。

♬~(「Somebody to Love」)

BL星 どこかな?

♬~