ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

ミストレス~女たちの秘密~ 第6話 長谷川京子、杉野遥亮、筧美和子… ドラマの原作・キャストなど…

『ドラマ10 ミストレス~女たちの秘密~(6)「溺れる女たち」』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 樹里
  2. 電話
  3. 香織
  4. パパ
  5. 本当
  6. 今日
  7. 俊哉
  8. 一緒
  9. 曽我部
  10. 息子
  11. 大丈夫
  12. 裏切
  13. 歓声
  14. 結婚
  15. 心配
  16. 絶対
  17. 拍手
  18. チャイム
  19. ママ
  20. 気持

f:id:dramalog:20190524225110p:plain

『ドラマ10 ミストレス~女たちの秘密~(6)「溺れる女たち」』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

ドラマ10 ミストレス~女たちの秘密~(6)「溺れる女たち」[解][字]

人には言えない秘密を抱える4人の女性が集まって繰り広げられる、過激で可愛い本音トークが面白い。息詰まるサスペンスと甘いロマンスのジェットコースタードラマ!

詳細情報
番組内容
とうとう香織(長谷川京子)は貴志(杉野遥亮)と結ばれ、より一層彼の虜になっていく。死んだ夫の愛人と名乗るミキ(筧美和子)から、保険金を分けて欲しいと言われた友美(水野美紀)は恐怖と怒りに震えた。悟史(佐藤隆太)は妻が妊娠したのが自分の子だと勘違いして大喜びするが、その姿に冴子(玄理)は何も言えなくなる。そして玲(篠田麻里子)の結婚前夜、やっと樹里(大政絢)は自分の素直な気持ちを玲に伝えるのだが…。
出演者
【出演】長谷川京子水野美紀,玄理,大政絢佐藤隆太杉野遥亮細田善彦篠田麻里子小篠恵奈,森優作,筧美和子,鎌田英怜奈,阿南敦子,津村知与支,ジャスティス岩倉,甲斐まりか,工藤真衣子ほか
原作・脚本
【作】吉田紀子

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(冴子)
おなかの子が 悟史の子だっていう可能性
あると思う?

(香織)奇跡が起きない限り… ないと思う。

誰の子なの? 言えない相手?

(樹里)ごめん。 ちょっと届けてくる!

(友美)パパ?
あの電話は いたずらじゃない。

私がかけたの。
え…?

私… あなたの亡くなったご主人を
知ってます。

俊哉と私は 愛し合っていたから。

(貴志)
あなたのことが忘れられなくて…。

あなたに会いたくて…。

あなたが好き。

私を一人にしないで。

♬~

 

<その朝 柴崎香織は

死んだ恋人の息子 木戸貴志と
同じベッドの中にいた>

もしもし 友ちゃん?
香織 今 大丈夫?

ちょっと 話したいことがあるんだけど
今から行ってもいい?

あ… 今は ちょっと…。

そうね 今夜なら…。

分かった。 じゃあ 今夜 そっちに行く!

誰?
親友。

<水島樹里は

レズビアンの玲という女性に
思いを募らせ…>

 

(樹里)何 もう 朝から…。

ごめんね。 でも ちょっと
話を聞いてほしくって。

出た。 友ちゃんの聞いてほしい攻撃。

分かった。 えっと… 仕事終わって
夕方くらいだったら 向かえると思う。

うん… 分かった。 じゃあ 後でね。

(悟史)何? 女子会?
うん。 ちょっと 顔出してくる。

病院さ… 今度の木曜なら
再予約が取れるって言われたんだけど…。

あっ そう。 木曜か…。

<そして 原田冴子は

夫には打ち明けられない秘密を抱え
悩み続けていた>

<私 野口友美は そんなみんなに
招集の電話をかけていた。

前の晩 死んだ夫の愛人だったと
名乗る女が

家に乗り込んできたからだ>

女!? 何それ? あの女が来たの?

家まで?
で… その女が

パパと愛し合ってたって。
えっ 愛人だっていうの?

一緒に暮らしてたって。
そんなバカな…。

それ絶対 詐欺! 無視しなよ。
そうだよ うそに決まってる。

友ちゃんの旦那さん
浮気するような人だったの?

ううん 考えられない。
パパは 絶対 そんな…。

なんなら 私 もう一度行こうか? ホテル。

やめた方がいいよ。
逆に 変なことされたらどうするの?

そうよ。 おかしな人かもしれないし。

でも どうして
パパのこと知ってるんだろう…。

何かで調べたんじゃない?
友ちゃん。

今度 あの女が変なことしてきたら
即 警察へ電話しなさい!

そうだよ。 萌ちゃんに何かあったら大変。

うん… そうだね。

私… 萌が心配になってきちゃった。

ごめん 帰る。
(2人)帰る…?

友ちゃん。

大丈夫? 一人で。

(小声で)京都に帰ったんだよね?
え?

木戸さんの…。

うん…。 どうして?

ううん だったらいい。

ただいま! 萌! 萌!

萌!

萌!

(ドアの開閉音)

萌!

(萌)そんなに大きな声出さなくても
聞こえるよ。

お米 といでおいたよ。 ごはんにしましょ。

は~い。

何でも話すんですね… 4人は。

そうね~。

不思議と話せちゃうの。
姉妹みたいでしょ。

うん。
この日 友ちゃん

事故で亡くなったご主人のこと
吹っ切ろうとして走ったのよね。

なのに 転んじゃって。

ドクターとしては 見過ごせなかった?
フフフ… そうね。

もちろん それもある。

でもね… きっと それだけじゃないの。

私と友ちゃんは 出会う運命だったのよ。

サエちゃんも 樹里ちゃんも。

運命?

人と人って… そういうもんじゃない?

あなたとも。

しばらく ここにいてもいいですか?

もう離れたくない。

え… やめちゃったんですか? あの2人。

今朝 電話があって
「樹里さんに よろしく」って言ってたよ。

そう… ですか。

その新規の会員さん よろしくね。
はい…。

最後に生理が来たのは いつですか?

あ… すいません
ちょっと覚えてなくて…。

そうですか。

サエ いっつも ちゃんと
メモしてるじゃないか。

え… そうなんだけど…。
あれ?

妻に何か?
いえ… そうじゃなくて。

これ 見て頂けますか。

おめでたですよ。

僕らに子どもが?

奇跡だ。

奇跡だよ!

サエ… ありがとう。

(悟史)ありがとう。

ねえ 並んで歩くのは やめましょ。

どうして?
えっ だって

この辺りは
知り合いが たくさんいるから。

あなただって…。
家の中とは違うんですね 先生。

母ですか? それとも 友達?

会ったら
本当のこと言えばいいじゃないですか。

やだ~ やめて。

あっ こんにちは。 いらっしゃいませ。

(貴志)ん?

ううん 何もない。 ごめん。

(曽我部)あの… 樹里さん。

あ… どうも。

あれ? 今日 トレーニングの日だっけ?

いえ。 樹里さんにお会いしたくて。

ああ… これ?

この間 玲さんが忘れていったの。

(曽我部)あっ そうですか。
何か どこかで見た気が…。

そかべさん。
いえ そがべ…。

ちょっと聞きたいことがあるんだけど。
何でしょう?

そかべさんって…

誰かのことを思って
眠れなくなったこととかある?

は…?
何か こう…

その人のことを考えると
胸が苦しくなって…。

会いたくて
いてもたってもいられなくて

営業を抜け出して会いに来ちゃったりする
…というような意味合いの?

そうそう。 その人の顔ばっかり
頭に浮かんで。

その人と一緒にいられるなら
どんなことも いとわない… といった?

うん。

樹里さん。 人は それを恋といいます。

恋?
(曽我部)はい。

多分… 多分ですが。

初めて こんな気持ち。

僕もです。

そっか…。

じゃあ トレーニング始めましょうか。

はい!

(呼び出し音)

(安岡)絵里ですか?
ええ 帰ってますけど。

どうかしたんですか?
あっ それが あの…

萌が まだ戻ってなくて。

そうですか。
絵里ちゃんと一緒じゃないんだ。

いや それは心配ですね。
どうしたんでしょう…。

あの… あの子 私なんかより
よっぽど しっかりしてて

どこかに行く時には
必ず連絡してくるんです。

それに こんな時間まで
戻ってこないなんてこと…。

(ドアが開く音)
≪(萌)ただいま!

戻ってきた! 萌!
どこ行ってたの! こんな遅くまで!

ママ…。
あっ すいません 戻りました。

ご心配おかけして すいませんでした。

何やってたの? 心配するでしょう。
えっ うん…。

公園で 女の人が
ママに渡してほしいって。

女の人って どんな?
これ。

何か きれいな人。
目が クリクリってしてた。

ダメじゃない
知らない人についていっちゃ!

ついていったんじゃないよ。
ただ ちょっと話しただけ。 何て?

「野口 萌ちゃんですか?」って
聞かれたから…。 答えたの!?

だって
ママの友達みたいな感じだったから。

♬~

ママ どうしたの?

うん? 別に。

怒ってる?
怒ってない。

電話 鳴ってたよ。
絵里ちゃんのパパからだよ。

ありがとう。
うん。

すいません 夜分。
いえ… どうぞ どうぞ。

萌も もう寝ましたので。
あっ そうですか。

あ~ すいません…。

あっ 今 お茶いれますね。
いやいやいや お構いなく。

本当に 萌ちゃんが帰ってきてよかった。
すいません。

いや… 何だか 急に
友美さんに会いたくなってしまって。

失礼かと思ったんですが。
いえ とんでもない。

やっぱり お茶いれますね。
あっ すいません。

大丈夫ですか?
えっ 何が?

いや ここんとこ
電話の様子が いつもと…。

あ…。

いや 実は この間の晩
変な女の人が うちに押しかけてきて。

えっ!? 変な女の人?

ええ。 それで ちょっと
ナーバスになってしまって。

最近 無言電話もあるし

今日も その女が 萌を待ち伏せしてて
話しかけてきたみたいで。

それ 警察には?
いえ まだ…。

心配だな それ。

何かあったら 時間 関係ないんで
すぐ連絡下さいね。

僕 すぐ飛んできますからね。

はい。 飛んできます。
ありがとうございます。

あっ…。
すいません。

すいません すいません すいません…。
心強いです。

あの 安岡さんに そう言って頂けると。
いや もう 当然です。

あの… 立ち入ったことを
お聞きするようですけど

その女の人って どんな人でした?

あ… えっ どうして そんな…?

あっ いや あの え~ あっ…。

なかったことにして下さい。
あっ すいません。

お茶 いただきます。 すいません。

(チャイム)

誰かしら…。
(チャイム)

出るの?

(チャイム)

どうしたの?
ごめん。 まだ寝てた?

うん…。
ちょっと 話 聞いてほしくて。

電話くれればいいのに。
電話したのよ 何度も。

でも 出なかったから メールも…。
ちょっと!

ごめん。

誰かいるの?

昨日 一緒に歩いてたのって…
木戸さんの息子?

やっぱり そうなんだ。

それを確かめに来たの?

まさか。 ただ どうしたらいいか
分からなくて。 また あの女が…。

友ちゃん! 気持ち分かるけど

いくら友達でも
朝から押しかけてくるなんて おかしい!

押しかけてくるなんて…。
ただ 話を聞いてほしかった…。

相談なら 後で聞く。

分かった。 ごめん 邪魔して。

香織。 友達だから言うけど…

ダメよ! あの子とつきあったりしちゃ。

あなた… 変よ。

あんな年下の… 木戸さんの息子でしょう。

あのこと バレたらどうするの?

普通の恋愛じゃない…。
やめて。 聞こえる。

お願い。 騒がないで。

騒ぐ? 何言ってるの?

友ちゃん。 分かって。

好きなの 彼が。

私の さみしさを癒やしてくれる人は
彼しかいないの。

(ドアの開閉音)

(三隅)香織先生。
はい?

最近 お友達でも お泊まりに
いらしてるんですか? ご自宅に。

え…?

うちの患者さん
お父様の代からの方も多いですから。

気を付けて下さいね。

人の噂は怖いですから。

(シャッター音)
はい 笑顔でね。

ちょっと斜め上とか…。

ちょっと すいません 入ります。
はい。

(玲)ねえ ハット持ってきて。
はい。

じゃあ 14時 再開で。
はい 了解です。

はい。

わざわざ届けてくれなくても
よかったのに。

あれ~?
わざと忘れていったんじゃなかったの?

私に届けさせるために。

まさか。 考え過ぎ。

な~んだ。 つまんない。

ありがとう。

会いたかった。

どうしたの?
え…?

今日は おとなしい。

ねえ お祝いしない?
お祝い?

あなたの… 結婚の お祝い。

あなたが結婚する前に 2人きりで。

コーヒー。
かしこまりました。

話って何?

これ どういうこと?

これで分かったでしょ。
私と俊哉のこと。

見覚えない? この時計。

そんなもので だまされない。
どこで手に入れたの?

俊哉が仕事で来ていた島で
私たち 知り合ったの。

すぐに お互い ひかれ合って
一緒に暮らし始めた。

あなたに内緒で。
そんな…。

彼の背中には…
子どもの頃 けがした傷痕がある。

家の庭の木から落ちて
10針も縫ったって。

15歳の時 肺炎で死にかけたこともあった。

あなたとは 恋愛結婚で
西新宿のレストラン…。

やめて!

聞きたくない。

あの事故の前
彼 あなたと別れるって言ってくれた。

その時…

私のおなかには 息子がいたから。

そうよ。 あの子。

♬~

何言ってるの。 意味が分からない。

パパが そんなことするわけない。

それに 俊哉が事故に遭ったのは
もう 7年も前の話よ。

何で 今頃 こんな…。 何が目的?

こんなことして 一体 何が…。

そう お金よ。

保険金 下りたんでしょう?

私と息子にも
半分受け取る権利があるはずよ。

ちょっと待って! 話を聞いて!

離してよ。 警察 呼ぶわよ。
いいわよ。 全部 本当のことだもの。

私の携帯番号。 電話して。

どうしたの?

うん… やっぱり 香織の家じゃ
悪いかなと思って。

何言ってんの。
友ちゃんが来てって言ったんじゃない。

早く入ろう。
萌ちゃんに聞かれたくない話なんでしょ。

それ 絶対 保険金詐欺!

おかしいよ そんなの。
お金請求してくるなんて!

ねえ 香織ちゃん。
そうね…。

半分なんて ありえない。
こっちが入ってた保険なのに。

お金は 絶対 渡したりしない。
そんなことしない。

でも… 多分… 浮気は本当。

あの女 絶対 パパと何かあったの。

あったのよ。

私はね… パパのこと信じてたの。

家族のことを 一番大切に思って

私のことも 萌のことも
愛してくれてるって。

だから 一人で海外に行くって
言った時も

その方がいいと思って 送り出したの。

たった1年だし

萌も まだ小さいから
慣れない東南アジアの国に行くより…

日本で待ってようって。
友ちゃん…。

俊哉が… 私と萌を裏切ってたなんて…。

それで あんな女と…
子どもまで作って…。

子どもは 俊哉さんの子かどうかなんて
分かんないじゃない。

そうだよ。
あの女が うそをついてるかもしれないし。

それに 俊哉さんだって

友ちゃんのことを裏切りたくて
裏切ったわけじゃない。

たまたま そういうことに
なっちゃったかもしれないじゃない。

友ちゃんのこと愛してたって
そういうふうになることだって…。

でも! 家族を裏切ったことに
変わりはないわよ!

たまたま好きになったとか
恋に落ちたとか

そんな言葉で ごまかさないで!

どういう意味?

私は 誰かを傷つけてまで
自分の恋を優先するなんて考えられない。

不倫された… 奥さんの身にもなって。

夫を取られた 夫に裏切られた…。

友ちゃん ちょっと落ち着こうよ。

香織ちゃんは関係ないし。
そうだよ。

香織は平気なの?
誰かの旦那さん取ったり

好きになっちゃいけない子
好きになったり。

あなた 自分が何やってるか
分かってるの!

友ちゃん 言い過ぎ。

いくら あなたが好きでも 寂しくても!

そんなの 何も知らないあの子
だましてるようなもんじゃない!

どうするの?
友ちゃん。

何もかも バレたら どうするの?
私は 香織のこと思って…。

分かってる!

分かってるわよ!

でも… どうにもならないの。

私は…

友ちゃんの旦那さんの気持ち 分かる。

どういうこと?

恋… したのよ。

恋しちゃったのよ。

だから… どうにもならないの。

♬~

解散… しよっか。 今日は。

激しかったね。 大丈夫かな?

ん?
だから あの2人。

ああ…。

樹里ちゃん。

私… 妊娠しちゃった。

う~ん…。

どうしよう これから。

(悟史)ここも引っ越そうか。

もし なんだったら
うちの実家の近くとかさ。

そうすれば 何かあっても
おふくろにも見てもらえるだろ?

実はさ おふくろにも
ちょっと振ってみたんだよね。

そしたら それがいいって。

ほら 子どもって すぐ熱出したり
具合悪くなったりするじゃんか。

そうすると 保育園で
預かってもらえないみたいなんだよな。

ごめん。 まだ そこまで考えられなくて…。

(樹里)ごめん。 待たせちゃった?
大丈夫。

どうぞ。

適当に座ってて。
うん。

今 ワイン…
シャンパンの方がいいか。

お祝いだもんね。

あなたでも緊張することがあるんだ。

緊張? 私が?

違う?

まさか…。

(樹里)どうして?

私は ドキドキしてる。

こんなふうに
あなたと2人きりになれるなんて。

あなたが好き。

♬~

どうしたの?

眠れなくて。

僕は あっという間に寝ちゃった。

(笑い声)

久しぶりに 父のことも考えずに
ぐっすりと。

あんなに つらかったのに…。

あなたのおかげです。

香織さん。 俺 一度 家帰ってくる。

母に話そうと思って。

何を?

大学院をやめて
東京で仕事見つけたいから。

東京で?

そんな大事なこと
もっとゆっくり考えた方がいいわ。

建築家を諦めたわけじゃないんです。

ただ… あなたのそばにいたいから。

(ため息)

♬~

(メールの着信音)

♬~

あなたが好き。

え?

心も 体も… 全部好き。

私も。

本当?

じゃあ… このまま どこかへ逃げない?

どこへ?
どこへでも。

あなたを独り占めしたいから。

そうね。

♬~

でも これで お別れ。

だって 私 結婚するんだもん。

結婚したら ミナを裏切れない。

本心?

もちろん。

そんなに いい人だったんだ。

あなたとは違う。

分かった。

じゃあ 私も いい人になる。

これで… お別れ。

さよなら。

今日のパーティー来てね。

もちろん。

あなたの最期 見届けてあげる。

(玲)さよなら。

好きよ。

(部長)おめでとう。 よかったな。

はい?
おめでたなんだって?

部長… 何で それ ご存じなんですか?

原田君から電話があってさ

君のことだから 放っとくと
無理して仕事しそうだからって。

いいご主人じゃないか。 フフッ。

(部長)グッジョブ!

どうぞ。
どうも。

女性が多いですね。 しかも きれいな人が。

そうね。

でも 一番美しいのは
やっぱり 樹里さんだな。

今日は特に。
ありがと。

何でですかね
悲しげで愁いを帯びた感じが

いつもと また違って。

いきま~す。 はい チーズ。

(曽我部)あっ 入刀ですよ。

(拍手と歓声)

皆さん 今日は お集まり頂き
ありがとうございます。

私とミナは…

愛し合っています。

(拍手と歓声)

私たちは そのことを
隠すことも 恥じることもなく

自分たちの気持ちに
正直に生きたかった。

そのために 結婚という形を選びました。

ミナは 私にとって
理想のパートナーです。

(拍手と歓声)

これからは 2人で力を合わせて
幸せな人生を築きたいと思います。

おめでとう!
お幸せに!

(拍手と歓声)

(拍手と歓声)
おめでとう! おめでとう!

いや~ 勇気ありますよね 玲さんたち。

僕たちも…。

どうしたんですか?

ごめん。
ちょっと… 飲み過ぎちゃったみたい。

♬~

(泣き声)

すいません ロールパンなくなりました!

あ… いらっしゃいませ。

あれから どうなりました?

え?
あっ いや あの

メールの返信が なかったので。

すいません あの… 遅かったのと
あの いろいろあって。

あっ そうですか…。

450円になります。
はい はい。

じゃあ あの ちょうど…。
はい ちょうど お預かりします。

それじゃ また。
ありがとうございました。

(小声で)また…。
(近藤)あら~! こんにちは~!

どうも。 じゃあ 僕は これで…。

いらっしゃいませ。
予約してたロールパンあるかしら?

はい。

はい こちら 500円になります。

野口さん。
安岡さんには気を付けた方がいいわよ。

やだ。 ど… どうして そんな…。

あの方 奥さんいらっしゃるのよ。

離婚してないんですって。

しかも 慰謝料請求されて
お金に困ってるって。

へえ…。

あっ 今度のバザー よろしくね。
ありがとうございました。

(坂口)さっき 部長と話してたこと
本当なんですか?

子どもができたって。

ええ。 本当よ。

あの夜の… 僕の?

違うわ。

うそをつかないで。
本当のこと教えて… 下さい。

冴子さん。

夫の子よ。

大丈夫ですか?
(泣き声)

何が樹里さんを
そんなに悲しくさせてしまったのか。

少し 独特な環境でしたもんね
あのパーティー

もう帰りますね。
僕がいたんじゃ 休めませんもんね。

そかべさん。

(曽我部)え?

帰らないで。

一緒にいて。

(曽我部)え?

♬~

 

♬~

(チャイム)

どうされました?

♬~

(佳恵)息子のことで…

お聞きしたいことが。