ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第31話 石坂浩二、橋爪功、佐藤祐基、井上希美… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #31 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 部屋
  2. トイレ
  3. 自分
  4. 人生
  5. 普通
  6. エリ
  7. タバコ
  8. ツイ
  9. ハハハ
  10. マロ
  11. 一本
  12. 昨日
  13. 仕事
  14. 失礼致
  15. 主人公
  16. 小野ヶ沢
  17. 昭和
  18. 便所
  19. 履歴
  20. アハハッ

f:id:dramalog:20190520192933p:plain

『やすらぎの刻~道 #31 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

やすらぎの刻~道 #31 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
菊村栄(石坂浩二)は、“マロ”こと真野六郎(ミッキー・カーチス)から、結婚寸前までいった前のコンシェルジュ・伸子と破局した理由を聞く。後日、新たに入ったコンシェルジュ・有坂エリ(板谷由夏)から誘われ、バーで会う約束をした栄。しかし、白川冴子(浅丘ルリ子)らにそのことがバレて…!?さらに、理事長の名倉修平(名高達男)から、“大納言”こと岩倉正臣(山本圭)に関しての深刻な相談を持ち掛けられる。
◇出演者
やすらぎの郷石坂浩二橋爪功上條恒彦ミッキー・カーチス板谷由夏
【やすらぎの道】佐藤祐基、井上希美、木下愛華
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
池添博
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(根来公平)〈満蒙開拓団
満州に移住する事になった

青っ洟が
急遽 婚約する事になった〉

〈その事にも僕らは仰天したが

婚約者となった その相手の女が

なんと
犬山と付き合っていた女で

今も
付き合いの続いている事を知り

何も知らないで浮かれている
青っ洟のために

僕らは義憤に駆られ
犬山をボコボコにした〉

〈しかし 翌日 何も知らないで
青っ洟が連れてきた その人は

ゆうべの女と同じ人かと
思うぐらい

しとやかで
おとなしい女の子だった〉

〈女の恐ろしさを
僕は初めて知った〉

♬~

(菊村 栄)〈整理せねばいけないと
私は今 思っている〉

〈ロクさんという
歌舞伎上がりの役者と再会し

彼の身の上を深く知るうちに

人生に とことんツイていなかった
と ぼやく

なんともいえない
彼の人となりに

私は
ひどく惹き付けられてしまった〉

〈人生に
とことんツイていない男〉

〈そういう男が世の中に存在し

戦前 戦中 昭和 平成を
ぼやき続けて走り抜けたら…〉

〈そして その彼の原風景の中に

昭和の
一本の田舎道があったら…〉

〈誰に頼まれたわけでもない
当てのない一本のシナリオを

暇に任せて 私は書き始めた〉

〈書きだしたら
突然 ドーパミンが湧き

まるで
何かに取りつかれたように

私の筆は どんどん進んだ〉

〈何より
誰かに頼まれた仕事でない事が

私の筆先に自由を与え

周りから なんの束縛もない事が

高齢者の
一種の生きがいになっていた〉

〈しかし

筆の走るままに ただ書くだけで

いつもの仕事のやり方とは
違っている事に

私は突然 気がついた〉

〈いつもなら 根を固める〉

〈根をしっかり張り

そして 幹に移る〉

〈その作業を 今回は怠っている〉

〈これは いけないと
私は思った〉

〈これでは
昨今のテレビドラマと同じだ〉

〈私は改めて

人物の背景と履歴から
整理し直す事にした〉

〈まず このドラマの舞台〉

山梨県の山あいにある
小野ヶ沢という小さな集落〉

〈町から1里ほど山あいに入った
川沿いに点在する農家〉

〈村は養蚕で食べており

そこかしこに
桑畑が広がっている〉

〈家々は いくつかの渓流沿いに
立っており

道に漂うのは

刈り取ってくる桑と
たき火のにおい〉

〈聞こえてくるのは 機の音だ〉

〈戸数は全部で26軒あって

主人公の家は 下の根来である〉

〈町に下りるには
一本の この道のみ〉

〈途中の山あいから
南アルプスが望める〉

〈下にあるのは 山淵村〉

〈ここに子供たちの通う
学校があり

小野ヶ沢の大地主
犬山家や

生糸になる繭を集荷する
望月製糸があって

ここの手代の名倉さんが

繭を集めに
毎日 小野ヶ沢まで上ってくる〉

〈その日その日の庭先取引〉

〈次に主人公 根来家の見取り図〉

〈1階の間取りは

父と母の部屋と

長男 公一の部屋〉

〈それに隣接して
三和土の勝手場〉

〈2階に 男の子たちの部屋に
女の子たちの部屋〉

〈屋根裏部屋には
蚕棚が並んでいて

一家は 常に桑をそこへ運ぶ〉

〈庭にあるのは 物置と納屋〉

〈その隣に便所があり

柿の木が1本立っている〉

〈水場は…

ここから だいぶ上だ〉

〈女たちは 毎日 この湧き水から
生活用水を天秤で運ぶ〉

〈これは なかなかの重労働だ〉

〈次に…

根来一家の人物構成だ〉

家系図から
まず入らねばならない〉

〈アバウトには こうだ〉

〈ここに途中から しのが加わる〉

〈本家にあたる鉄兵との関係は
こう〉

〈さて そこで ようやく
登場人物の履歴だ〉

〈ここで 特製の巻物が登場する〉

〈十数年前に自分で制作した
門外不出のアイテムである〉

〈これは 私の発明と言える〉

〈試行錯誤と懸命な努力の上で

何カ月もかかって作り上げた〉

〈これを作った事で
今の自分がある〉

〈世の中の歴史が
極めて大ざっぱに

この巻物に凝縮されている〉

〈このスケールを

登場人物の生まれた年に合わせて
固定する〉

〈すると
その人物の生きた背景が

たちどころにわかるという
優れものである〉

〈例えば あなたが
1950年生まれだとしよう〉

〈1950年に
こう 0歳を合わせると

あなたの18歳は 1968年〉

〈あなたが初めて恋をした
その年

日本のGNPは
世界2位となり

3億円事件が
起こっている〉

〈テレビの人気番組は

肝っ玉かあさん
キイハンター』〉

〈目立ったコマーシャルは
チョコレートの

「大きいことはいいことだ」〉

〈それをバックに
あなたは恋をした〉

〈例えば 三平〉

大東亜戦争開戦時 19歳〉

〈逆算すると
生まれは大正11年となる〉

〈しのと知り合った昭和11年には
14歳〉

〈とすると この物語の主人公

ツイていない人生を送る事になる
根来公平は

大正13年生まれの 開戦時17歳〉

〈男子の中では末っ子で
ほとんど もう学校へは行かず

労働力として 家業を助けている〉

〈下に 妹の信子と幸子〉

〈2人の親から6人の子供〉

〈当時の日本の家庭としては

当たり前に 日本人の人口増加に
協力している〉

〈そして まず 公平から
履歴を埋めていこう〉

(チャイム)

〈ああ また一日が始まった〉

〈サロンへ行って
コーヒーでも飲もう〉

♬~『やすらぎ体操』

「はい 元気よく
最初は グー! そう」

「はい 次は パー!」

(スタッフ)おはようございます。
「パー!」

「最後は…」

あっ おはようございます。
(2人)おはよう。

なんか 新しいニュースって
ありますか?

(白鳥洋介)ありますよ。

悪いのが2つ いいのが1つ。

じゃあ その悪いのっていうのは?

(白鳥)大納言の具合が
どうも よろしくない。

駄目ですか?

昨日 見舞いに行ったけど
また ぐんと痩せてた。

ああ…。

意識も
ずっと混濁したままらしい。

あのまま 病院から

帰ってこれないんじゃ
ないでしょうか。

そうですか…。

〈最近 人が死ぬという事に

どうも いちいち驚かなくなった〉

…で もう1つは?

(コンシェルジュ)おはようございます。
あっ コーヒーを僕に。

はい ただ今。

どうした?

なんかあった?

昨日 伸子から手紙が来てさ…。

えっ?
正式に別れたんじゃないの?

うん…。
なんて書いてきた?

あいつさ なんか
改めて 結婚が決まったらしいよ。

あら… ハッ…。

でも まあ かえって
さっぱりしていいんじゃないの?

いやあ さっぱりはしたけどさ
なんか ちょっと寂しいな。

うん そうかもしれないね。

まあ 籍を入れてなかっただけが
せめてもの救いだな。

うん…。

それにしても 短い夢だったな。

うん。

何カ月の夢だった?

2カ月半の夢だったな。

まあ 元の部屋が
まだ空いててよかったよ。

それで その伸子さんの
今度の相手っていうのは何者だ?

霞が関の官僚だよ。

例の ほら 親父の工作。

なんかね 若手の
バリバリの財務官僚だって。

ハハハッ!
財務官僚ってのは危険じゃない。

ハハッ 忖度するからな。
ハハハハッ!

しかし まあ 落ち着くところに
落ち着いたって事か。

うん…。
そうかもしれないね。

失礼致します。
ああ ありがとう。

お待たせ致しました。 どうぞ。

いやあ そもそも
一体 どうして あんたたち

わずか2カ月半で
駄目になったんだ?

ハハ… つまんない事よ。

どういう?

男の誇りを傷つけられたって。

ええ~ どういうふうに?

マンション借りたろ。
ああ。

(マロ)トイレが1つだ。
まあ 普通 そうだ。

…で どうした?

普通 男はさ ションベンする時

こうやって 便座を上げてさ
立って こうするじゃない?

うん 普通 そうだけど。

それを禁じられたんだよ。

女みたいにさ
座って こうしろって言うんだ。

なんで?
汚すからって言うんだよ。

拭きゃあいいじゃないか。

そんな事 人に
今まで言われた事ないもん。

便所を拭くのはさ 女の仕事だよ。

そりゃ あんた アナクロだ。

自分で汚したら
自分で拭きゃあいいんだよ。

そんな事 今までした事ないもん。

それでもさ 2カ月は我慢してさ

ずっと座って
ションベンしてたんだよ。

ところが 長い習慣でさ

便所に こう座ってるとさ

クソがしたくなっちゃうんだよ。
ハハハ…。

それで クソするだろ。
すると 紙を使うじゃない?

無駄遣い。

ハハハ…。

だんだん 腹が立ってきてさ

それで もうトイレの中で こう
一服するようになったんだよ。

タバコか。
そう タバコだよ。

そしたら 今度はさ
それを禁じられたんだよ。

情けなくて
もう ますます腹が立ってさ。

おかげで
タバコは やめられたんだけどね。

なんだか
これまでの男としてのさ

人生を傷つけられたような…。

男の誇りを…

もうなくなっちゃったような
気がしたんだよ。

(マロ)強制は理不尽だって
思えてきたんだな。

何しろ トイレの中で
いちいち座るからさ

考える時間が多くなるじゃん?

だんだん
怒りが こう湧いてきてさ

もう止まんなくなっちゃうんだよ。

日本男児が こんな事でいいのか!
なんて思ってさ。

ハハハ… それで離婚か。

(マロ)まあ 途中経過は
まあ いろいろあるんだけどさ

まあ 結局
結論としては そんな事だな。

馬鹿だねえ。

おはようございます。

あの… 私 昨日から こちらに

コンシェルジュとして
勤務する事になりました

有坂エリと申します。

どうぞ よろしくお願い致します。

(3人)よろしく。

何か 不自由がございましたら

なんなりと ご遠慮なく
お申し付けくださいませ。

はい。
失礼致します。

ああ あの…。
はい?

エリさんは え~…

通常 トイレで 男の人が
立って オシッコする事を

どう思ってますか?

アハハッ! フフ…。

普通 殿方は立って御用を足すのが
当たり前じゃないんですか?

ですよね~!
(エリ)アハハッ!

じゃあ 失礼致します。
どうも。

いいのが来たね。

感じがいいし 美人だよ。

なっ? これが
いいほうのニュースですよ。

〈久しぶりに胸がときめいた〉

〈アラフォーの美女が突然現れ
話ができるとは〉

(エリ)私の事
覚えてくだすっていません?