ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。 第5話 藤野涼子、金子大地… ドラマの原作・キャストなど…

『よるドラ 腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。(5)』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 亮平
  2. 純君
  3. お前
  4. 安藤君
  5. 小野
  6. 三浦
  7. 本当
  8. 今宮
  9. 紗枝
  10. 一緒
  11. 変態
  12. ホモ
  13. 回想
  14. 気持
  15. 小野君
  16. ゲイ
  17. 自分
  18. 大丈夫
  19. 普通
  20. 名前

f:id:dramalog:20190519011402p:plain

『よるドラ 腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。(5)』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

よるドラ 腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。(5)[解][字]

紗枝(藤野涼子)に暴言を吐いた純(金子大地)は学校で小野(内藤秀一郎)に責められる。亮平(小越勇輝)は純に昔の思い出を語る。純は紗枝にすべてを話そうと決める。

詳細情報
番組内容
純(金子大地)はマコトさん(谷原章介)と一緒の姿を見られた紗枝(藤野涼子)に暴言を吐く。学校では麻衣(吉田まどか)たちが紗枝と純の距離に気づき、小野(内藤秀一郎)は純を責める。「いろんな好きがあってややこしいよね」という亮平(小越勇輝)は落ち込む純に助言する。亮平は幼かったころの純との思い出を語る。放課後、紗枝と純は美術室で二人きりで向き合う。純はすべて打ち明けようと心に決め、紗枝に話し始める。
出演者
【出演】金子大地,藤野涼子小越勇輝,内藤秀一郎,安藤玉恵谷原章介
原作・脚本
【原作】浅原ナオト,【脚本】三浦直之
音楽
【音楽】Akiyoshi Yasuda

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


♬~

[ 回想 ] (ファーレンハイト)「ジュン。

僕たちのような人間は
どうして生まれてくると思う?」。

[ 回想 ] (紗枝)この人 誰?

何で キスしてんの?

答えて!

(純)いいじゃん 別に…。

好きなんでしょ? ホモ。

ふざけんな…。

何で…。

何で 僕のことなんか好きになるんだよ…。

(今宮)メールの返信もさ
そっけないんだよね 亮平君。

やっぱ 駄目かも。

気にし過ぎな気がするけど。
え~?

安藤君にも相談してみよっかな。

えっ?
えっ?

だってさ
私 2人のアシストしたわけだからさ

2人もさ してくれてもいいじゃん。

うん…。

紗枝 聞いてみてよ。

みやちゃん 自分で聞けばいいじゃん。

だって それは 恥ずかしいんですもの。
ねっ だから…。

あっ ほら 来た来た来た!

行って行って。 ねっ。
いや… ねっ 自分で行きな。

(今宮)え~っ! 何で だって… お願い。

じゃあ 一緒に。 ねっ。

安藤君 おはよう。
おはよう。

えっ? 紗枝…。

(今宮)どうしたの? 2人 何かあった?

いや… 何もないけど。

(今宮)えっ…。

(小野)お前 三浦と別れた?

三浦さんに聞いたら?

お前 本当にクソだな。

そんなクソに構う時間
もったいなくない?

俺だって 亮平のことがなけりゃ
お前なんかな…。

何で そんなに亮平が気になるの?
はっ?

好きなら告白すればいいじゃん。

お前 ふざけんなよ。

まあ あいつ スキンシップ激しいだけの
ノーマルだから

振られると思うけど。

(亮平)純君!

びっくりした…。
一緒 帰ろうぜ。

亮平…。

ほら 行くよ!

待ちくたびれたよ。

飲む?

炭酸 苦手だから。

…だったね。

ジェット走りあり?
ジェット走りしていい?

(亮平)鬼ごっこは よくやってたね。

ごっこなのに
みんな 必殺技持ってたね。

あ~ 持ってた!

俺 シャイニングトルネードハンド使いだったわ。

何だっけ?
見てろよ。

シャイニングトルネードハンド!

ハハハ。
シャイニングトルネードハンド!

[ 回想 ]
(亮平)俺ね マッハなの。

俺だけだよ マッハ!

誰? お前。 名前は?

大石… じゃなくて 安藤 純。

名前 2つ あんの?

変わったんだ。
お父さんがいなくなっちゃったから。

そうすると 名前 変わるの?

変わるみたい。

かっけえ~!

う~ん じゃあ 純君だ。

うん!

(亮平)純君! 俺と親友になる?

うわ~! 待て待て待て!

(亮平)ちょっと… ちょっと休憩…。

覚えてる?

亮平に「友達になろう」って
口説かれたんだよ。 このベンチで。

全然覚えてない。
僕は覚えてる。

えっ? 俺 何て言ったの?

教えない。
(亮平)え~?

今宮に告られた。

そっか。

…で 断った。

そっか。

すごい あっさりしてるじゃん!

好きじゃないんでしょ?

好きだけど そういう好きとは違う好き。

俺が そういうふうに好きなのは
三浦だから。

(亮平)純君は 三浦のこと 好き?

分からない。

(亮平)純君の その感じ
三浦にも伝わってるんだと思う。

何があったか知らないけど

ちゃんと 今の純君を
丸ごと素直に伝えてみたら?

言っとくけど 俺

それで2人が別れればいいって
思ってるわけじゃないから。

トラップじゃないから。

分かってるよ。

(陽子)そういえば
携帯 修理 出しといたよ。

ありがとう。

そこに 代わりのスマホ あるからね。

うん。

ちょっと。 久々に一緒の夕飯なのに
そっけなくない?

別に いつもどおりだよ。

確かに。 そっけある純君なんて
純君じゃないね。

何? 「そっけある」って。

愛らしさとか 愛くるしさとか?

やだ! このみそ汁 味薄くない?
うん。 そっけない。

ちょっと。
分かってて 黙って飲んでたの?

おいしいよ。

変な気の遣い方しないでよね
子どものくせに。

はいはい。

♬~

[ 回想 ] 好きなんでしょ? ホモ。

ふざけんな…。

あっ 5時からだから
そろそろ行かなきゃ。

じゃあ 私も帰る。
バイバ~イ。 じゃあね。

紗枝! ごめん。
あっ 待ったよ。

話がある。
何?

ここじゃ話せない。

この間は 本当にごめん。

全部 話してくれる気になったってことで
いいんだよね?

安藤君は ゲイなの?

うん。

あの男の人は 誰?

僕の恋人。

はあ…。

あのあと 家族っぽい人と一緒にいるのを
見かけたんだけど。

あの人 ゲイだけど結婚してるから。

じゃあ 不倫じゃん。

そう。

何で 私とつきあったの?
世間体のため?

女の人とつきあって
裏では 好きな男の人とつきあうなんて

バカにしてない?

ゲイなんか好きになる方が悪いって
そういうことなの?

違う。 絶対に それは違う。

僕は… 僕は ただ
両方欲しかっただけなんだ。

両方って…。

僕は 男の人が好き。

でも 普通の人生だって諦められないんだ。

女の人と愛し合って 結婚して
自分の子どもを作って…。

息子と一緒にキャッチボールしてみたい。

娘に かわいい服を着せてあげたい。

僕だって 普通の幸せが欲しいんだ。

だから 証明したかった。

僕は いつだって 女の人とつきあえる。

三浦さんとなら…。

三浦さんなら好きになれるかもって
本当に思ったんだ。

なのに…

どうしても 勃ってくれなかった。

本当に申し訳ないと思ってる。

何それ…。

それを聞いて 私は どうしたらいいの?

安藤君を本気で好きになって
その話を聞いて

今更 嫌いになれない私は
どうしたらいいの?

絶対に振り向いてくれない人を
本気で好きになった私は

どうすればいいの?

三浦さん…。

(ドアが開く音)

今の話 どういうことだよ。

お前 何とか言えよ!
小野君 やめて。

うるせえな
お前 だまされてたんだぞ!

亮平のことも裏切りやがって。

まぬけだよな…。
はっ?

亮平も まぬけだよな。

ホモに 女 とられるとか。

ふざけんじゃねえぞ!
小野君!

♬~(「Bohemian Rhapsody」)

お前 QUEENとか聴くんだ。

そっか…。 ホモ仲間だもんな。

安藤君 大丈夫?

うわ~!

あ~っ!

あいてっ!

うわ~!

安藤君!

痛い!

お前に 人の気持ち分かんのかよ!
小野君!

お前ら! 何やってんだ!

♬~

男前だね。

(陽子)女の奪い合いで殴り合うなんて
青春真っ盛りって感じだね。

でも 純君も
女の子のために体張ったりするんだね。

だから そんな いいものじゃないって。

(陽子)純君。

何だよ?

彼女 今度ちゃんと紹介してね。

純君に ここまでさせる女性に
一回会ってみたいね。

♬~

≪(ざわめき)

おはよう。

(堀田)おう。

純君 おはよう!

おはよう。

ああ これ…。
純君 今日 放課後 暇?

えっ? あっ うん。

じゃあさ ゲーセン行かない?
最近すげえハマってる音ゲーあって。

飯田が得意って言ってた?

(亮平)ああ… うん そうそう。

ゲーセンは いいかな…。
あっ じゃあ カラオケは?

純君の下手くそな歌
定期的に聴かないと 物足んなくて。

カラオケも いいかな…。

(小野)亮平。

あんま そいつと話さない方がいいぞ。

ほれられたら 困んだろ。

(小野)
お前は キモいホモ野郎とは違うんだから
気を付けないと。

(亮平)小野っち やめろ。
(小野)何で?

こいつ 男に興奮する変態だよ。

お前 幼なじみだから 一番危ないって。

やめろ!

俺 気にしてないから。

言ってくれたら 相談とか乗れたのにって
思うけど

何も気にしてないし 何も変わらない。

ああ だからか…。
えっ?

だから いつもみたいに触らなかったのか。

純君?
ちょっと トイレ行ってくる。

(小野)いい男見つけても
襲うんじゃねえぞ。

小野っち!

安藤君?

どうしたの?
どいて。

えっ でも…。
どけ!

顔… 大丈夫?

あのね 安藤君が心配するほど
みんな 気にしてないよ。

少なくとも 女子は気にしてない。

周りに言いふらした小野君が
最悪って感じ。

友達には 安藤君が苦しんでたこと
ちゃんと説明した。

私は ほら BLが好きだから

2人の相性は 完璧!

無理しなくていいよ。

聞いた? 3年のホモ。

何それ?

3年にいるらしいよ。 先輩が言ってて。

それ ガチ?
ガチ。

うわ~ 便所で会ったら どうしよ。
いや もう終わりでしょ。

安藤君 行こっか。

便所で股間のぞき込んでくるやつ いたら
警戒しろよ。

そんなやつ いたら
言われなくても警戒するわ。

めっちゃ見てくんのかな?
隠して 隠して。

てめえらのなんか見ねえよ。

≪(ざわめき)

おい。 出てけよ。

何で?

お前のオカズになる気ないから。

しないよ そんなこと。

変態の言うことなんか
信用できるわけねえだろ。

小野 マジで いい加減にしろよ。

はっ?

俺は お前らが思ってるけど言えないこと
代表して言ってるだけなんだけど。

ふざけんな!
俺は そんなこと思ってねえよ。

本当かよ?

お前は あいつのこと
本当に気持ち悪いと思わないの?

男に興奮して 男に勃ってるあいつのこと
本当に理解しちゃうんだ?

今は そういうの
気にする時代じゃないでしょ。

好きで
そういうふうになったわけじゃないし

もちろん 病気なんかじゃない!
質問に答えろよ!

時代じゃないとか
好きで そうなったわけじゃないとか

病気じゃないとか
そんなのは どうでもいいんだよ!

俺らには 何の関係もない。

大事なのは 俺たちが あいつのこと
気持ち悪いと思うかどうかだろ!

(小野)なあ 亮平。 お前は あいつのこと
本当に気持ち悪いと思わないの?

(小野)もしかして
お前も あいつの仲間なの?

違うよ!

(亮平)俺は…。

分かった。
(亮平)えっ?

出ていく。

着替えづらいよね 僕がいたら。

純君!?

安藤!
お… おい!

(今宮)あれ? どうしたの?

あっ 紗枝!
えっ?

え… えっ。

(今宮)紗枝!

亮平。

今まで 本当にありがとう。

今日まで頑張れたの 亮平のおかげ。

純君 やめろ…。

僕さ…

亮平とセックスする夢
見たことがあるんだ。

すごい変態だろ?

それが何だよ…。

俺だって 藤センとセックスする夢
見たことあるから!

藤センの赤いブラが見えた日さ

オナ禁すれば頭よくなるって聞いたから
オナ禁チャレンジ中でさ

朝起きたら夢精してた。

引くだろ? 俺って変態だろ?

なあ… 俺 めっちゃ…
めっちゃ変態じゃん!

小野… 謝れよ! 早く!

大丈夫。 お前のせいじゃない。

僕が悪い。

僕が こんなふうに生まれちゃったから。

もう疲れた…。

ただ それだけなんだ。

だから お前は関係ない。

どいて! どいて どいて!

安藤君!

♬~

バイバイ。

<ああ…>

<欲しかったな… 普通が>

<冷たい…。 雨?>

<三浦… さん?>

♬~

<泣かないで…。

僕は… ちゃんと三浦さんが好きなんだよ>

<ただ…
どうしても勃ってくれないだけなんだ>

♬~