ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

向かいのバズる家族 第7話 内田理央、高岡早紀、那智、木下隆行… ドラマのキャスト・主題歌など…

『「向かいのバズる家族」第7話ついに決壊!ネットに晒された家族の真実』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 家族
  2. 店長
  3. バズ
  4. 新平
  5. 緋奈子
  6. お母さん
  7. 伊勢谷
  8. 携帯
  9. 今日
  10. 丹羽
  11. ウチ
  12. ナマハゲチョップ
  13. ネット
  14. 大丈夫
  15. 鴇田
  16. 鍋島
  17. 本当
  18. セイ
  19. 佳恵
  20. 清史

f:id:dramalog:20190517073648p:plain

『「向かいのバズる家族」第7話ついに決壊!ネットに晒された家族の真実』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

「向かいのバズる家族」第7話ついに決壊!ネットに晒された家族の真実[字][デ]

どこにでもいる普通の家族…いつも笑顔の長女の生活が一変。家族一同、SNSに翻弄され、裏の顔が溢れだしていく。誰もが陥るかもしれない、普通の家族の「バズった日々」

詳細情報
出演者
篝あかり…内田理央

皆戸涼太…白洲迅

篝篤史…木下隆行(TKO)

篝薪人…那智
盛田桃…小川紗良
伊勢谷伸…永野宗典
丹羽和博…山中崇
鴇田夏生…藤井武美
穂村真斗…黒羽麻璃央

きゃりーぱみゅぱみゅきゃりーぱみゅぱみゅ

篝清史…小野武彦

篝緋奈子…高岡早紀
番組内容
長女・あかり(内田理央)、母・緋奈子(高岡早紀)、弟・薪人(那智)が父・篤史(木下隆行)の秘密を見てしまってから一夜、緊迫した空気の篝(かがり)家。そんな折、緋奈子の動画と、篤史がプロデューサーを務める『少年スナイパー 新平!』がバズり始め、さらに、あかりと緋奈子、篤史が親子であり、篝一家が“バズる家族”だとネットで噂に。
いつしか、恋人・皆戸涼太(白洲迅)の前でさえ、あかりの笑顔は消えていて…
音楽
ワンミュージック
【主題歌】
「きみがいいねくれたら」きゃりーぱみゅぱみゅ
制作
【脚本】
マギー
【チーフプロデューサー】
岡本浩一
【プロデューサー】
汐口武史
伊賀宣子
高橋優子
【演出】
逢坂元
番組ホームページ
https://www.ytv.co.jp/buzz/
【番組公式Twitter】
@ytvdrama
【番組公式Instagram】
@mukabuzz
【番組公式LINE ID】
@mukabuzz

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(篝 あかり)ずるいよ 父さん。

(桃)お父さんが
家族って認めましたよ。

(伊勢谷)緋奈子さんもバズった。

私は やだよ 絶対に やだ。

(丹羽)新平がバズった~!

(鍋島)大丈夫か?
こんなに目立っちゃって…。

(涼太)きっと大丈夫ですよ。
幸せそうなご家族ですから。

もう…

幸せなふりして笑いたくない。

(アラーム音)

<朝起きると
まずSNSをチェックする

そんな人も多いだろう>

<歯を磨くより先に

顔も知らぬ相手からのコメントに
「いいね」を返す>

<そんなことが
朝の占いと同じくらい

その日の気分を
決めることもある>

<「歴史は夜 つくられる」
という言葉は

今のSNSにこそ
相応しい言葉かもしれない>

<真夜中に放たれた無数の言葉が
翌朝 回収される>

♬~

<これは 私と
私の家族の物語である>

♬~

<その日の朝…>

(篝 篤史)
あれ?俺スマホ どこ置いたかな?

<我が家は ギスギスしていた>

(篤史)なぁ!スマホ知らないか?

♬~

(篝 緋奈子)知るわけないでしょ。

なんだ その言い方…。

なぁ 父さんの
スマホ鳴らしてくれ。

♬~

なんで みんなスマホ持ってるのに
誰も鳴らしてくれないんだ。

薪人~
うるさいから鳴らしてあげて。

♬~

(篝 薪人)なんで俺が。

なによ~ そんな怖い顔して~。

(篤史)鳴らしてくれって。

(携帯の着信音)

聞こえる…どこだ?
(携帯の着信音)

トイレ…あっ トイレだ。
(携帯の着信音)

(携帯の着信音)

何?トイレにまで
スマホ持ってっちゃって。

あった あった
ありがとな あかり。

うん。
助かった。

私にスマホの中身
見られなくて良かったわね。

何言ってんだ…行ってきます。

♬~

行ってきま~す。

♬~

私も 行ってきま~す。

(涼太の声)お母さんの誕生会
楽しかったですか?

あっ…はい。

おじいちゃんにも
お会いできたし

そろそろ あかりさんのご家族にも
会ってみたいな。

えっ?もうウチの家族に?

あ いや 別に
そういう深い意味はなくて。
ああ…。

てか そういう意味でも
いいんですけど。
おっ ハハッ…。

何言ってんだ俺 ハハハッ…。
ハハハッ…。

今日も あかりさんの笑顔に
元気もらいました。

私もです
ありがとうございました。

ジム 行ってきます。

行ってらっしゃい。
じゃっ!

(客)桃ちゃん こないだの
ナマハゲチョップ

面白かった~。
(桃)ありがとうございます。

(客)いや 俺 電車で1人で
笑っちゃったよ。
(桃)フフフッ…。

(客)なんか偽者も多いけどさ

やっぱ桃ちゃんの
アカウントのほうが最高だね。
本当ですか?

そう言ってもらうのが
一番嬉しいです。

(客)本当に マジだよ マジ。
(桃)フフフッ…
ありがとうございます。

(客)全部 自分一人でやってんの?
(桃)え?あ そうなんです。

(客)へぇ~ すげぇ~。
(桃)はい。

(伊勢谷)娘?

緋奈子さんが
店長の…お母さん?

うん。あの…あかりには

私が言ったって
言わないで下さいね。

あの…怒られちゃうから

♬~

ん?

店長って…お母さん似ですか?

えっ?何 突然。

あっ いや あの~ いや

店長のお母さんは
どんな人なのかな~と思って。

いや なんで急にそんなこと?

えっ ん?突然 まあ…。

伊勢谷さん 人妻好きは
クッキング動画だけにしてください。

よりによって
店長のお母さんを狙うなんて。

も…桃ちゃん!

そっ そ…とんでもないこと
言わないでくれる~?

ちょっと!もう…。
確かに

自分の知り合いと
母親が不倫してるとかって

想像しただけで
とんでもないですよね?

ん?

2人とも
なんか想像しちゃいました?

ん?…ううん。
ん?…ううん。

きっとキレイな方なんだろうな~
店長のお母さん。

どうなんだろうね…ハハッ。
(桃)ハハッ…。

フフッ 正直ちょっと
キレイになってきたわよね~。

な~んてね フフッ。

セイ!セイ!セイ…。

フフフッ…。

嘘…5000超えてる。

え~ 突然 どうしたの?

ん?

えっ?

いち じゅう ひゃく せん…

5万って!

ビッグエッグ…ドーム?

なにがあったの?

 

(ヘアメイク)
ねぇ ねぇ きゃりーちゃん
何 見てんの?

(きゃりーぱみゅぱみゅ)見て これ
すっごいカオス

 

♬~

 

セイ!セイ!セイ…。

(伊勢谷)
きゃりーぱみゅぱみゅが…

緋奈子さんも バズった…。

今日 だいぶ押してんね。
終わるの?今日。

≪本当ですか?えっ すごい≫
恋愛運 全然ないじゃん。

俺が 伸ばしてやろうか?
≪ハハハッ≫

ふぅ~…。
≪おはようございます≫

(穂村)うっす。

おはようございます。

(丹羽)篝さん 先週の
新平の反響って見てます?

オンエア直後に見たよ
相変わらず。

(丹羽)
直後は相変わらず 中傷コメントが
多かったんですけど

数日経って ここんとこ
面白がってくれてるコメントが

ポツポツ出てきて…。

ほら「新平、一周回って笑える」。

ほら これも。「新平、青年に
なってから逆に面白い!」。

(鴇田)
これ「突っ込みどころ多すぎて

もはや見逃せない」。

(篤史)
いやこれ 褒めてないからね。
いやいや

今までのネガティブな
ニュアンスじゃなくって

みんな「むしろアリ!」って感じの
面白がり方なんですよ。

(鴇田)確かに ちょっと
バズってきてますね。
そうそう。

で!今 思いついたんですけど
今夜のオンエアで

新平が「しんぺーするな」っていう
タイミングで

視聴者がみんなで
「バズる!」って

同時に
SNSに投稿するってどうです?

あ~ それ ありかも!
バルス!みたいに。
そうそう。

篝さん 公式アカウントで
煽っていいですか?

任せるよ。
よっしゃ~。

おっ!これ すごい

「このテコ入れした
プロデューサー、神だろ」。

ハハハ。
篝さん 神ですって。
バズってますよ。

バカバカしい。
(鴇田)すごい。

≪本番いきま~す!≫
≪お願いしま~す≫

(鴇田)篝さん 神ですって。
バズってますよ

 

《ついに このときが…》


♪~

♪~

♪~

♪~

♪~

♪~

≪はい カット!OK!≫
≪OKで~す≫

≪次 穂村さん狙っていきま~す≫
≪はい≫

は~っ…。

はぁ…う~ん…。

♬~

(ナマハゲチョップ)
悪い子は いねぇがぁ~っ!
悪い子は いねぇがぁ!

おい CO
二酸化炭素
もう増えるな!

ストップ温暖化!南極の氷が
溶けたらどうすんだよ!
(発信音)

(留守電:鍋島の声)
おい 今日のナマハゲチョップ
あれ なんだよ?

お前 どんだけ迷走してんだよ。

自分の思ってることを
自分の言葉で喋れよ。

昔の動画 気にするより
まず あれ 削除しろ…

どうしたんだ お前。

(あかり)あいつの言う通りだ。

(ナマハゲチョップ)どうしたんだ お前。

(あかり)大丈夫 ただのスランプ。

(ナマハゲチョップ)どうしたんだ お前。

どうしたんだ お前…。
(あかり)うるさい!
聞こえてるから。

今は消えて!

♬~

♬~

(歓声)

あ~あ 俺だけの緋奈子さんが
みんなのものになっちゃったな。

う~っ…。

ダイジョブ?

これ 俺のマドンナ。

なんか スゴイね。
すごいのは
これだけじゃなくて…。

もうこれ 俺のだけの胸に
しまっとけないから言うね。

この人…俺の店の
店長のお母さんなの。

うん いいの いいの
わかんなくていいの。

わかんないだろうなと思って
俺 言ってるから…うん。

ありがとう なんか
ちょっとスッキリした。

ナラ良かった。
大将 ご馳走様。

(店主)どうも~。

おつり とっといて。

大将 あのお客さんって

前にカフェで働いてるって
言ってた人だよね。

(店主)
ああ。最近 店長が有名になって
忙しいって愚痴ってた。

ですよね~。へぇ そうなんだ。

いいこと聞いちゃったなあ。

♬~

♬~

(新平)うわ~っ!あっ…。
(キララ)新平くん!

キララちゃん…
こんな弱い男の どこがいい?

俺のどこが こいつに劣ってる?

(丹羽)そろそろ来るぞ。

立て!!

(キララ)
ダメ!新平くん あなたはもう
普通の人間に戻ったのよ!

(キララ)
新平くん やめて!そんな体で
戦ったら死んじゃうよ!

(新平)
俺が…なんとかする。

だから…だから…

しんぺーすんな~!!

バズる!

♬~

あ…。

ああ…あ~!

新平がバズった~!
(鴇田)うわ~!

すごい!すごいです!
(丹羽)お~ お~!

♬~

SNSの歴史は 夜つくられる>

<はじまりは 本当に
些細な一言に過ぎなかった>

♬~

♬~

♬~

♬~

<一度 転がり始めたものは…

どんどん大きくなって…
加速していく>

♬~

<もう止めることはできない>

♬~

♬~ (油谷)ワハハハッ…!

♬~

♬~

♬~ (アラーム音)

<そして…その日の朝>
♬~ (アラーム音)

♬~ (アラーム音)

♬~ うう~ん…ハァ。

♬~

♬~

<我が家は
これから起きる嵐を

暗示するかのように
静まり返っていた>

♬~

≪情報 ホントかな?≫

<私は知らぬ存ぜぬ作戦を
貫く覚悟でいた>

≪あかりさん!≫

≪あかりさ~ん!≫
≪ネットの噂は
本当なんですか?≫

≪あかりさ~ん!≫

≪こたえて下さいよ!≫
≪あかりさん!≫

まったくのデマです。

名前が出た方々とは
一切 関係ございませんので。

すみません。
(騒ぐ声)

ハァ…。まるで
芸能リポーターみたい。

(桃)ちょっと ちょっと店長!

店長!店長!
んっ?

これ ほんとですか!?
ああ~ ハハッ…。

(桃)
この3人が家族だった!って

まとめサイトも できてますよ。
そんなデタラメ
どっから出たんだろう?

弟以外…
全く知らない人。

あっ そうなんですか?
そうだよ!だいたい

「篝」なんて名字
どこにでも いるじゃん!

けっこう
珍しいと思いますけど…。
もう 忘れて!

ただの偶然!
根も葉もないデタラメだから。

(桃)もう 伊勢谷さん!
遅いですよ。

今日は ちょっ…二日酔いで。

ネット見ましたか?
店長の家族のこと。

このヒナチャンネルって人
伊勢谷さんの好きな

クッキング動画の人ですよね?

うん。
(桃)えっ!

待って…この人
1回ウチの店に来てる。

 

 

 

伊勢谷さん 握手してた!
うん。

これも偶然?
いや 偶然にしては…えっ!?

ちょっと…
ちょっと 店長!店長!

どっからバレたんだろ…?

えっ…俺?

こんにちは~。

(2人)こんにちは~。

あれ 篝さんちの奥さんよね。
どうしたのかしら?

んっ?あなた知らないの?
今 おバズりになってるのよ。

おバズり?
そう。おバズりなのよ。

≪おはようございま~す≫
おはようございます。

おはようございます。
あっ おはよっす。

≪おはようございます≫
あっ おはよう。

おはようございます。
(スタッフ達)おはようございます。

≪おはようございます≫
おはよう。

おはようございます。
コーヒーです。

ありがとう。

≪おはようございま~す≫

≪おはようございま~す。
お願いしま~す≫

おはようございます。
お願いしま~す。
はい どうも。

篝さ~ん!
おはようございます!
どうも。

ちょっと これ。
マジっすか これ!?

篝さん…
俺の天使のパパだったって。

えっ?あ いや…。

いや もっと早く
言ってくださいよ!

篝さん。それで あんとき

あんな
リアクションだったんですね。

(丹羽)篝さん 癒やし動画でも
見ます?

私が店長です!お客様に
不快な思いをさてしまい

大変 申し訳ございませんでした

いや この子のことは
まったく…。

いや 奥さんも
キレイな方じゃないですか!

ほら これ。
皆さん 見ました?

きゃりーが拡散して
バズってる動画。ほら!

(丹羽)うわ~ 確かにカオスだわ。

(鴇田)へ~ 奥さん
おキレイですねぇ。

あれ?…もしかして

奥さんの動画 見るの
初めてですか?
ああ…。

あっ!今 認めた!
ってことは

この人が奥さんってことで
間違いないですよね?

ああ…。

カフェの店長も娘さんですよね?

うん。
はい!本人から
裏取れました!拡散しま~す!

あいつ…
俺の知らないとこで あんな顔。

大丈夫ですか?

本人からの裏取り完了!

はぁ…。
(穂村)新平の生みの親の篝P。

お待たせしました。
ごゆっくり どうぞ。

ちょっと。ヒナチャンとは
実際 家族なんですか?

あっ まったくの嘘ですので
すいません。
えっ うっそ~!

お母さん ヒナチャンネルやってますよね?
いや ごめんなさい。

よく わかんないです。
すいませ~ん!

≪ほら 絶対 そうだよね~≫
≪ヒナチャンが
お母さんって 本当ですか?≫

あっ もう全然 嘘です。
偶然です。

失礼しま~す!ハァ…。

わぁ~!
また スゴイことになってる!

やっぱり 本当だったんだ!
えっ?

えっ?えっ?…どうしたの?

「本人から裏取り完了!

新平の生みの親の篝P
俺の天使のパパだった!」って

穂村真斗が拡散してます!

(桃)店長のお父さんが
家族って認めましたよ。

ああ…。

もう しらばっくれても
無駄ですからね~。

伊勢谷さん
ヒナチャンネルの奥さん

やっぱり
店長のお母さんですって!

うん…そうなんだ。

あれ?あんまり
びっくりしてないですね。

あっ いや…。
へぇ~ ちょ~ マジで~!?

ちょっと店長!
もっと早く教えて下さいよ~!

なんで 隠してたんですか?
ごめん…ちょっと

恥ずかしくて…フフッ。
(桃)アハハハ…。

(伊勢谷)とりあえずは パンケーキ
お願いしま~す。
(桃)あっ は~い。

<私の知らぬ存ぜぬ作戦は

父の自白によって 簡単に潰えた>

♬~

ねぇ みんなは どう思ってんの?

なんのこと?
知ってるんでしょ?

ウチの家族が
ネットに出回ってんの。

あぁ そのことね。

ね 父さん どうして
家族だって言っちゃったの?

ああ…。
そうだよ。

家族じゃないって
否定してたら ここまで

拡散しなかったかもしれない。

(緋奈子)隠したって いずれは
バレたでしょうよ。

そうなのかもしれないけど…。
ちょっと 薪人からも言って。

あのさ 俺が一番
問題だと思ってんのは

ほとんどが「この3人が
家族だった」とかって

俺は おまけみたいな
書かれ方してるってことだよ。

えっ そこ!?
そこ大事だろ?

なんだよ。
「ちなみに弟は大学生」って。

3人は実際バズってて
俺だけ「ちなみに」だよ。

フフフ…
薪人 嫉妬してるの?

母さん そこ
笑うとこじゃない。

笑うとこでしょ?だって
あの きゃりーぱみゅぱみゅ

「いいね」押してくれた途端に
5万人よ 東京ドームよ。

え?

私がバズったことに
嫉妬してるの?

してないよ!恥ずかしいだけ。
てか 父さん!

母さんの あの動画 見た?

あぁ。
初めて見て どう思ったの?

何?
や…別に。

(穂村)全然 大丈夫です。
まだ話の途中でしょ。

私は自分の経験で言ってんの。

たくさんの人に
注目されるってことは

私の卒アルが出回ったみたいに

みんなの過去とか 今の…
知られたくないこととかも

広まっちゃうかも
しれないんだよ?

私は別に平気よ。知られて困ること
なんて な~んにもないもの。

ほんとに?

なぁに?

(チャイム)

誰だろ こんな時間…。

はい。
(インターホン:男の声)
あ こんばんは~

ピザマシンガンズですぅ。

ピザ?誰か頼んだ?

私 頼んでないわよ?
いや 俺も頼んでない。
いえ 私も。

もしかして…
住所が特定されてるかも。

聞いたことがある。炎上して
住所が特定されると

こうやって 頼んでもないピザが
イタズラで届いたりするって。

行ってくる。

♬~

(ピザ屋店員)
ウチの店で 今バズってる
篝さんちって

あの家だよな~って
盛り上がりまして

店長が いつも
利用してもらってるから

サービスでピザ持ってけって。
はぁ。

あの ウチは そういうのは。
(緋奈子)ああ ああ~

せっかくだから いただきます。

(ピザ屋店員)あ ホントですか?
店長さんにお礼伝えといて下さい。

(ピザ屋店員)
はい!ありがとうございます!
ありがとうございます!

ヒナチャンネル見てます。
(緋奈子)あっ ああ~!
ありがとうございます。

応援してま~す!
(緋奈子)ありがとうございます。

失礼しま~す。

(緋奈子)ほら フフフ…。

♬~

ねえ これデラックスじゃない?
デラックスかな?

(緋奈子)ん~ おいしそう。
(穂村)『少年スナイパー新平!』
第8話ぜひ見てください。

(女性)
はい それでは 本日のゲストは
穂村真斗さんでした。

ありがとうございます。

(携帯のバイブ音)

もしもし。

(鍋島)
お前の家族 すげぇな…。

なんの用?

(鍋島)
大丈夫か~?
こんなに目立っちゃって…

お前 いろいろ バレちゃ
まずいこと あんのになぁ。

なにそれ…脅し?

(鍋島)
そうやって
俺を悪者に仕立てんなよ。

心配して
アドバイスしてやってんだろ。

心配ない。もう あんたの
オモチャになんか なんないから。

(鍋島)くっくっく…。

(携帯のバイブ音)

♬~

<見知らぬ誰かのコメントに
癒やされながらも

私たち家族が 見知らぬ大勢の
誰かによって

祭り上げられていることが
不安でしかなかった>

<そして また朝が来る…>

<私たち バズる家族の食卓は
歪み始めていた>

お待たせしました。
アイスカフェラテになります。

(佳恵)ありがと。
(幸子)ネット見たわよ~
素敵なご家族ねぇ。

(佳恵)ねぇ うらやましい。
ありがとうございます。

ウチなんかケンカばっかり。
会話もないくらいよ。

お宅は家族みんな
仲良しなんでしょ?

あ ま まぁ…。

お父さんとも?
あ えぇ…。

この年頃で
お父さんと仲良しなんて素敵。

(幸子)じゃあ ちょっと図々しい
お願いなんだけど

新平ちゃんのサイン
もらってきてくれないかしら。

え?
お父様に よろしくしてもらって

穂村真斗君のサインを
よろしくできないかしら。

「幸子さんへ」と「佳恵さんへ」で
1枚ずつね

無理なら全然 構わないから。

お父様に 一応 よろしく
聞いてもらえないかしら?

かしこまりました。
(幸子)アハハ!ありがとう~。
(佳恵)お願~い。

(網野)すいません。
はい!

ハッシュドライスとコーヒーを。

はい かしこまりました。

(網野)緋奈子さんに こんな大きな
娘さんがいたとはなぁ。

へ?
僕 緋奈子さんの古い友人で

娘さんが このカフェにいるって
ネットで見て 来てみました。

あ…母の古いお友達で?

えぇ。でも 今日からは
娘さんのファンになりそうだな。

ハハハ…。
ハハハ…。

お母さんと よく会話します?
まあ…はい。

じゃあ「網野と会った」と
お伝えください。

はい。
これ チョコレート。お母さんに。

かしこまりました。

♬~

フフフ…これは
すごいことになってきましたよ~。

好意的なコメントが
かなり増えてきてます!

あ~ 相変わらず
バトルフィーバーは

「これで満足している制作陣の
志は低すぎる」って

手厳しいですけど。

先日の「バズる!」が
かなり盛り上がったんで

広報のほうからも 続けてほしい
ってメールがありました。

お!もう 流れ関係なく
スキがあれば

「しんぺーするな」って
言わせていきましょうよ。

やめとけ。
フフフ…。

で 一件 ご相談なんですけど

担当者も
穂村君からのコメントで

篝さんのご家族を
知ったみたいで

そんなに盛り上がってるんなら
ぜひ番組のホームページで

ご家族のインタビューを
撮影させてくれないかって…。

え?
やりましょう 篝さん!

バズる家族の
4ショットインタビュー。

相乗効果で新平が
もうひと盛り上がりします!

いやいや…。

ネットに顔が出るんで
抵抗あるかもしれませんが

篝家の場合
もう皆さん 出ちゃってますしね。

篝さん ここは新平のために
ひと肌 脱いでください!

はぁ…。

♬~

はぁ…家族に聞いとく。

(丹羽)よっしゃ~!よっしゃ~!
(鴇田)あ~ よかった~!

ウチのスタッフから聞きました。
ご家族のこと。

あぁ…
なんか お騒がせしてます。

お母さんの動画も拝見しました。

見ちゃいましたか?

ますます
ご家族に会いたくなりました。

ほんとですか?あんな母でも?

もちろんです。すごく エナジー
エモーションを感じました。

でも…実は
ちょっと不安もあって。

え?

こうやって ネットで騒がれて
家族みんなが変な風に

自分たちを見失わなければ
いいなっていうか。

なるほど…。
きっと大丈夫ですよ。

幸せそうな ご家族ですから。

どうして みんな
そう思うんだろう?
ん?

今日も お客さんから
いい家族だねとか

幸せそうだねって
言ってもらったんですけど…。

だって…
あかりさんの笑顔を見てたら

家庭が ギスギスしてるなんて
想像できないですもん。

はは…。
ほら その顔。

みんなを幸せにする笑顔です。

ほら 食べましょ。

いただきます。
いただきます。

♬~

(家族の談笑する声)

え~!?アハハハ!

(篝 清史)
あ~ おかえり あかり!
じいちゃん 焼き鳥 買ってきた。

いらっしゃい。あ ごめん…。
鶏 食べてきちゃった。

(清史)
あらら そうか そりゃ残念だ。

上で着替えてくる。
あ~ ちょっと待ってくれ あかり。

ちょっと相談したいことが
あるんだ。

ウチの家族は今
まぁ…バズってるわけだが…。

(清史)ん?バズって?

父さんの会社でも
それが話題になってな

できれば
ドラマの宣伝のために…

家族で インタビューを
撮らせてくれないかって話なんだ。

(清史)何だ みんなで
テレビに出るのか?

いや ネットの
ホームページなんだけど…。

いや よくわからないけど
ネットってことは

世界中で見れんだろ?
ああ。

いいじゃないか。世界中の人に

ハッピーな篝家を
見てもらえば ねえ?

(緋奈子)あはは そうねぇ ねえ。

篝家の世界デビューだ。

あはは 私
美容院 行こうかしら?

(篤史)あ~ 行っちゃおうか。
ありがとう。

(清史)いいね いいね そりゃあ。

(佳恵)お宅は家族みんな
仲良しなんでしょ?

(ピザ屋店員)
あかりさんの笑顔を見てたら

家庭が ギスギスしてるなんて
想像できないですもん

(鍋島)
お前 いろいろ バレちゃ
まずいこと あんのになぁ…

ハハ…どうだ あかりは?

ずるいよ 父さん。

じいちゃんの前だったら

みんな笑って
OKするしかないもんね。

私は やだよ。絶対に やだ。

もう…幸せなふりして
笑いたくない。

ん?どうした あかり。

はぁ…ごめん じいちゃん。

なんか私…
今日は うまく笑えないや。

ダメだ ごめん。

あかり。

(ドアが開く音)

これ えっと…
幸子さんと佳恵さんへで

穂村真斗のサイン頼まれた。

あと…これ網野って人が
母さんに。

ちょっと外で風 浴びてくる。

(薪人)
姉ちゃん
ちょっと疲れてるだけだから。

(清史)うん…。

(ピッ)

(ナマハゲチョップ)
ずっと笑顔でいたいけどさ

いつも
笑ってられるわけじゃない。

笑うことに…。

(ナマハゲチョップ・あかり)
疲れちゃうこともある。

ずっとニコニコしていることを
求められても…。

(あかり)いつも上手く
笑えるわけじゃない…。

ずっと こうして

お面をつけてられたら
楽なのにね…。

♬~

♬~ (ピッ)

♬~

(携帯の着信音)

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~ (携帯の着信音)

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~