ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第29話 風間俊介、風間晋之介、関口アナン… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #29 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. ニキビ
  2. ハゲ
  3. 子供
  4. 公平
  5. 人口
  6. 満州
  7. 原風景
  8. 公次兄
  9. 婚約
  10. 三平兄
  11. 年後
  12. 万人
  13. デブ
  14. ヨシコ
  15. 一緒
  16. 結婚
  17. 公一兄
  18. 荒木
  19. 自分
  20. 折尾

f:id:dramalog:20190516183911p:plain

『やすらぎの刻~道 #29 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

やすらぎの刻~道 #29 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
根来公平(風間俊介)の友人・ニキビ(関口アナン)のじっちゃんが行方不明になり、集落が大騒ぎになる。じっちゃんが昔、水沼に住むトメさんと恋仲だったことを知る根来家・本家の長男、鉄兵(平山浩行)は水沼へ向かう。一方、青っ洟(若林元太)が婚約したことを聞いた公平たちは、こっそり婚約者・ヨシコの顔を見に行く。控えめで貞淑そうなヨシコを見て、公平たちは青っ洟を祝福する。しかし、ヨシコには重大な秘密があり…!?
◇出演者
【やすらぎの道】風間俊介、風間晋之介、関口アナン、両角周、若林元太
やすらぎの郷石坂浩二
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
阿部雄一
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(根来公平)〈その日
鉄兵兄さんが言った話は

僕の心に深く残った〉

(根来鉄兵)人には それぞれ
原風景っちゅうもんがある。

原風景…?

子供の頃 焼きついた
心の景色じゃ。

〈人には誰しも心の底に
いつも残ってる原風景がある〉

〈それは

子供の頃 育った 田舎の景色だ〉

〈甲田のじっちゃんと
昔 付き合ってた女の子は

互いに年を取り
呆け果てているのに

神様に導かれ

その原風景に なぜか
フラフラ迷い込んだらしい〉

(ハゲ)公平ーっ!!

〈ハゲが
突拍子もない大ニュースを

僕のところに言いにきたのは

翌朝 鎮守様にお参りしてた時だ〉

♬~

本当か?
ああ。

どうした?

三平兄ちゃん
どえらい知らせじゃ!

青っ洟が婚約したんだと!

婚約!?

(ニキビ)婚約って… お前
あいつ わしらと同い年じゃろ。

(ハゲ)1つ年上じゃ。
それでも まだ18だ。

だから 結婚は先の話よ!

ただ 満州に行く前に
結納だけは しちまうんだと。

なんで そんなに
急ぐんじゃろう?

あっちに行ったら 日本の女が
数限られとるからじゃろう。

そうか。

あっちの女と一緒になるわけに
いかんもんな。

そりゃいかん!
言葉がチンプンカンプンだ。

それで 肝心の相手は誰なんだ?

それが わからん。
知ってる奴か?

それも わからん。
年は いくつだ?

それも わからん。
(ため息)

(ニキビ・公平・ハゲ)うわーっ!!

ああーっ!
(3人)うおおっ…!

(ニキビ)おい!
(ハゲ)その話は本当の事なのか?

(青っ洟)その話?

婚約したって!?

エッヘッヘッヘッヘッ…。

なんだ?
その気持ち悪い笑い方は。

(青っ洟)エッヘッヘッヘッ…。
大丈夫か? お前。

ヘヘヘヘヘ… ヘヘヘへ…。

肥だめに まず これを運んじまう。

(3人)うおおっ!
イヒヒヒヒヒ…。

(ニキビ)あいつ おかしく
なっちまったんじゃねえか?

(青っ洟)ヨシコの事だべ。

(ハゲ)ヨシコっていうのか!
(ニキビ)どこの娘だ?

(青っ洟)折尾の者だ。
お前らは知らん。

折尾かあ!
いくつだ? 年。

21だ!

(ニキビ・公平・ハゲ)21!?

3つも年上じゃねえか!
そうよ!

年上の嫁は 金のわらじを履いて
探せってもんだ!

(ニキビ・公平・ハゲ)はあ~!

顔は?
おへちゃだ。

でも 笑顔がかわいい。
それに 気立ても すこぶるだ!

すこぶるかあ!

背は?
高い。 俺より少し上だ。

ありゃあ~。
痩せか? デブか?

まあ デブのうちだ。
うわあ…。

(青っ洟)デブっていっても
ポッチャリだ。

(ニキビ)ポッチャリかあ うん。

(青っ洟)それに 肌がスベスベだ。

黒いかと思ったら
隠れてるところは白かった。

元々 白い肌なんじゃ。

触れたんか?

ちょっとな。

どこに?

ここらだ!

(ニキビ・公平・ハゲ)うおおーっ!

乳は?
でっかい!

歩くと揺れる。 牛並みじゃ。

(ニキビ・公平・ハゲ)うおおーっ!
(ハゲ)う… 牛並みか!

まだ触れとらんが
ありゃあ搾れば よう乳が出る!

うわあ!
おおーっ!

(ニキビ)一体 どうして
急に そんな話になったんだ?

(青っ洟)荒木さんの紹介だ。

あっちに行ったら
子供とトウキビは

うんと励んで作らにゃならん。

だから できるだけ早く結婚して
子供を増やす仕事も

お国のためじゃ。
そうか。

大体 忍野や水沼に比べて
小野ヶ沢から満州に行く者には

若い夫婦者が
少ないんだそうじゃ。

お前んとこだって
公一さんも公次さんも三平さんも

お前入れると4人も
ほれ元気なのが独り身で

昼間は働くが
夜 なんもしとらんだろう。

夜は 子供の生産に励むのが
日本男子の国に尽くす道じゃと

荒木さんが
この前 演説しとった。

(舌打ち)

荒木のおやじは
なんじゃ偉そうに!

作りすぎて
自分の子を人買いに売っといて!

あいつは 男を
種馬としか見とらんのよ!

そいで まあ 最近
満州に行く者には

できるだけ早く嫁を持たして

子供を増やそうっちゅう
運動があるそうじゃ。

わしら 種まき機か?
(ニキビ)のう!

(ハゲ)まあ お国のためなら
種もまくがのう!

エッヘヘッ…。

それで お前 もう
その娘に種づけしたんか?

(青っ洟)…まだじゃ。

なんだ まだか。

種づけの方法を
わしゃ まだ知らん。

お前ら知っとるか?

わしゃ知らん。
俺も知らん。

俺もだ。

はあ~…。

(ニキビ)情けない!
わしら全員 非国民だぞ!

(菊村 栄)〈非国民…〉

〈なんとも懐かしい言葉である〉

〈しかし あの頃 この国では

子供を作る事を 確かに奨励した〉

〈人口が増える事で
国力は増大する〉

〈だが 最近 読んだ
モノの本によれば

世界の人口が 今 爆発的に
増加の一途を辿っているのに対し

日本の人口は絶望的に
減少の道を辿っているという〉

〈現在
1億2000万の日本の人口が

40年後には9000万人

100年後には5000万人

200年後には1400万人

300年後には450万人…〉

〈西暦2900年には6000人

3000年には わずか2000人〉

〈世界史の中でも
前例のない絶滅危惧の道を

突き進んでいるという〉

〈それは そうだろう〉

〈2人の人間が一緒になって

2人以上の人間を作らなければ

人口は 当然 減ってくる〉

〈巷には
セックスの文字が氾濫し

人は皆 情事の快楽を求めて

生殖が ひたすら
プレイ化する現代〉

〈日本人は
子供を作らなくなった〉

〈その分
かつての落とし子たちが

医学の進歩で高齢化し

吹きだまりのように
国中にあふれる〉

〈その一例が
このやすらぎの郷だ〉

〈目的を失った老人たちが

生きる夢もなく
命を繋いでいる〉

〈そんな事は いい〉

〈時代は戦前 昭和16年

〈人々は
その後に訪れる戦火の中で

その中の多くが死んでいく事も
想像せず

産めよ増やせよの国策にのって

子供の生産に
真面目に励んでいた〉

♬~『蘇州夜曲』

兄ちゃん。

兄ちゃんは
しのちゃんと結婚する気か?

そうなら
母ちゃんに 早く そう言って

みんなに早く
認めさせたほうがいい。

そうすれば 誰も何も言わん。

こそこそしとるから
噂になるんだ。

大体 うちは
公一兄ちゃんも公次兄ちゃんも

嫁をとるのが遅すぎんか?

若松のキイさんも
柿本のサブさんも

嫁もらって もう 子供がおる。

青っ洟なんて 18で結婚話だ。

どうして
うちには嫁が来ないんだ。

三平兄ちゃんも

早いとこ
しのちゃんを もらっちまえ。

そうせんと
他の誰かに盗られるぞ。

(三平)わかりもせんで
偉そうな事 言うな。

えっ?

みんな怖いから 我慢しとるんだ。

怖いって 何が?

徴兵だ。

徴兵?

俺も来年は徴兵検査だ。

兄ちゃんたちは
とっくに済ました。

公次兄ちゃんは
自分で志願したが

公一兄ちゃんだって
いつ赤紙が来るか わからん。

来たら 軍隊だ。

そしたら 戦場だ。

戦場に出たら
いつ死ぬか わからん。

公次兄ちゃんに
俺 聞いた事があるんだ。

公次兄ちゃんには
好きな人がおった。

軍隊に入るなら 兄ちゃん
どうして 早く その人を

嫁にもらわんのかって。

兄ちゃん笑って 俺に言った。

「もし 嫁にもらって
自分が戦死したら

その嫁は どうするんだ?」って
兄ちゃん 言った。

悲しむべ。 寂しいべ。

一人で苦しむべってな。

好きな人を不幸にする事は
できねえ。

俺も同じだ。

公一兄ちゃんも 多分 同じだ。

満州に行くニキビらは
ちょっと違うだろ。

でも 開拓団は徴兵免除って

おいしいセリフを
今は言っとるが

あれだって
本当に信じていいか わからん。

これ以上 戦局が拡大してったら

あいつらだって
いつ 満州から直接

戦場に駆り出されるか
わからんさ。

(蚊の羽音)

(叩く音)

だから 俺たちは それが怖くて

気軽に 嫁なんて事
よう言わんのさ。

〈後にして思えば

三平兄ちゃんの
それは重大な告白だったのだ〉

〈でも 僕には その時 その事が

心に まだ
ピンときていなかった〉

(犬の遠吠え)

〈翌日〉

〈ハゲとニキビと僕は

青っ洟の嫁さんになる人を
こっそり見ようと

はるばる折尾の村まで行った〉

(ハゲ)もう30分も出てこねえぞ
あいつ。

何やってんだ まったく あの野郎。
(蚊の羽音)

(叩く音)
上がり込んで

コチョコチョやってんだぞ
あいつ。

それはないだろう
相手の家族が一緒にいるんだ。

わかんねえぞ。
家族と別の部屋でな。

早く出てこい。
(戸の開閉音)

あっ 出てきた。

(ニキビ)あれだ あれだ。
(ハゲ)あれが 問題のヨシコさんか。

♬~

ああっ…!
ああっ…!

あっ あっ…。

おっ… んっ?

(ニキビ)暗くて よく見えねえ。

あっ! あっ あっ あっ…!

♬~

見たか?
(ニキビ)見た 見た。

あれが 世に言う

接吻ってやつか?

♬~

♬~(青っ洟)
「鉄砲かついだ兵隊さん」

♬~「足並そろえて歩いてる」

♬~「とっとことっとこ歩いてる」

(ハゲ・ニキビ・公平)わーっ!!
(青っ洟)うわーっ!!

うわっ うわっ うわっ うわっ
うわっ…! いやー!

うわっ! うわあ…!
うわっ うわっ…!

痛い 痛い 痛い!
痛い 痛い 痛い… 痛いよ!

うわっ! うわーっ!!

(青っ洟)うわーっ!!
(ニキビ・ハゲ・公平)あーっ!!

(青っ洟)うわーっ!!

誰にやる布を織ってんだ?
(根来しの)フフ…。

三平兄ちゃんのだろ。

許せねえ…!

(ニキビ)相手をバルチック艦隊だと
思やぁ勝てる!