ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

あなたの番です 第5話 原田知世、田中圭、西野七瀬、浅香航大… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『あなたの番です#05【暴かれた妻の秘密…!!今夜の犠牲者は誰だ!?】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 大丈夫
  2. ゲーム
  3. 警察
  4. 菜奈
  5. 赤池
  6. 水城
  7. 田宮
  8. 自分
  9. 住民会
  10. 店員
  11. 犯人
  12. 浮田
  13. マンション
  14. 袴田
  15. 澄香
  16. 早苗
  17. 名前
  18. 洋子
  19. 幹葉
  20. 久住

f:id:dramalog:20190512232722p:plain

『あなたの番です#05【暴かれた妻の秘密…!!今夜の犠牲者は誰だ!?】』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

あなたの番です#05[解][字][デ]【暴かれた妻の秘密…!!今夜の犠牲者は誰だ!?】

一連の事件と交換殺人ゲームの関連を調べ始める菜奈(原田知世)。“赤池美里”の名前を書いた人物が判明!秘密を抱えた菜奈と翔太(田中圭)の関係に、ついに亀裂が…!?

詳細情報
出演者
原田知世田中圭西野七瀬浅香航大奈緒山田真歩三倉佳奈、大友花恋、金澤美穂中尾暢樹、小池亮介、井阪郁巳、袴田吉彦片桐仁真飛聖和田聰宏野間口徹林泰文片岡礼子皆川猿時徳井優田中要次長野里美阪田マサノブ大方斐紗子峯村リエ 、竹中直人安藤政信木村多江生瀬勝久
番組内容
菜奈(原田知世)は住民会で交換殺人ゲームのことを警察に話すべきだと言うが、住民たちは反対。その後、ある人物から“赤池美里”の名前を書いたと告白され…。
そんな中、翔太(田中圭)がゲームのことを知っていた事を知り、ショックを受ける菜奈。一方、菜奈がこっそり朝男(野間口徹)と会っているところを目撃する翔太。菜奈と翔太の関係に、ついに亀裂が!?さらに、新たな犠牲者が…!!
監督・演出
【演出】小室直子
原作・脚本
【企画・原案】秋元康
【脚本】福原充則
音楽
【音楽】林ゆうき橘麻美
【主題歌】Aimer「STAND-ALONE」
制作
【チーフプロデューサー】池田健司
【プロデューサー】鈴間広枝、松山雅則
【制作協力】トータルメディアコミュニケーション
【製作著作】日本テレビ
おしらせ
【公式HP】https://www.ntv.co.jp/anaban/
【公式Twitter】https://twitter.com/anaban_ntv
【公式Instagram】https://www.instagram.com/anaban_ntv/

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(手塚菜奈)
<誰だって1人くらいは
殺したい人がいるでしょう>

<そんな言葉が
始まりだった気がします>

<私たちは冗談半分で
殺したい人の名前を書いて

こっそり見せ合いました>

<それから すぐに…>

(2人) あ~‼
(床島) あ~‼

<まさかと思っているうちに
誰かが誰かを殺して

殺してもらった誰かが
また誰かを殺している>

<…かもしれない>

(クオン)
店長の名前 書いちゃったの?

(シンイー)
まさか本当に殺すなんて…。

(幹葉)
奥さんから聞いてないんですか?

交換殺人ゲームの話です。

(篠原) 旦那さん 登場~。

(細川) 交換殺人ゲームって 何?

<そして また…>

(手塚翔太) 赤池さん!?

(藤井) 俺 呼んで来る!

おばあちゃん‼

(赤池幸子)
♪~ オ~ マイ ジュ~リア~

(榎本早苗) 赤池さん…。

お願いします。
ありがとうございます。

(刑事) 玄関の鍵は
開いていたんですね?

はい。

あと… 窓も開いてました。

部屋に入ったのは
この4人だけです。

(幹葉) 翔太さん 大丈夫ですか?
あぁ うん 俺は大丈夫。

でもほら 血 足…。
これ 俺の血じゃないから。

(幹葉) 何があったんですか?

あぁ…。

≪お疲れさまです≫

(水城)
おい 外のヤツら 追い払えよ!
あっ はい。

(水城) 行け! 早く!
はい 行きます!

何人 死んでるの…?

2人です
ちゃんと見てくださいよ。

(水城) 怖いんだよ!

(カメラのシャッター音)

大丈夫?

…じゃないよね。
うん。

ねぇ ねぇねぇ 引っ越そうか。

うん…。

よし まぁ ローンあるからさ
ちょっと あれだけど。

でも この部屋貸せば
お金も入って来るし…。

でも この状況…。

《私が紙に書いてしまった
あの人は

この後 どうなるんだろう》

《引っ越したら 何も探れない》

引っ越しは…。

最後の手段に取っておこうか。

何で?
また お金のこと言ったから?

ごめん でも 大丈夫だよ。

無理してでも
出て行くべきだと思うし。

怖いけど しばらくは
警察の人も捜査で来るだろうし

ここが一番 安心できる場所かも。

そんな… 俺 怖いよ~。

泣かないで。

菜奈ちゃん 一緒に寝よう?

ごめん ちょっと
仕事のメールして来る。

こんな時に?

だから 納期を延ばして
もらえないかってメール。

うん…。

♬~

♬~

菜奈ちゃん まだ?

♬~

♬~

♬~


(刑事) 凶器なんですが
刃渡り8cmから15cmの

刃物と推定されます これは
いまだに発見されてません。

(水城) 部屋にいたおばあちゃんは
あれから何か話したのか?

ダメですね ずっと何か
ぶつぶつ言ってるんですが

質問にも全く反応しない感じで。

マンションの住人に
怪しいヤツは?

死亡推定時刻の居場所が
確認できていないのは…。

え~ 201 浮田啓輔。

柿沼 遼。

妹尾あいり。

203… あっ すいません。

203 リン・シンイー。

204 西村 淳。

301 尾野幹葉と

現場の隣 501 佐野 豪です。

何だ? この写真。

(刑事) 聞き込みの際に
こっそり撮りました。

(水城) 全員 人殺しに見えるぞ。

それと 部屋の中から
被害者とは別の指紋が出ています。

こちらは 201 妹尾あいり。

202 黒島沙和。

203 イクバル・ビン・ダット。

302 手塚菜奈。

404 江藤祐樹の

5人の指紋であることが
確認済みです。

部屋に指紋があって

アリバイがないのが この女か。

(水城) 頼むぞ!
(刑事たち) はい。

おい これ持っとけ。
また 塩ですか?

だって 祟られてるぞ!
あのマンション!

確かに。

先月 管理人が自殺した上に

爆発事故で
店長が死んだ店の店員と

常連客が住人ですからね。

おまけに この常連客が
今回の事件の第一発見者。

おい そういや
何で このへんのことを

さっき 報告しなかったんだよ?

榎本課長 覚えてます?

(警官)神谷さん
(神谷)何?

お疲れ

(水城)
榎本も住んでるんだよな? で?

何か やんわり プレッシャー
かけられたんですよ。

(水城) 榎本が?

(榎本正志)よぉ

(神谷の声) 榎本課長 警部から
もう1つ 出世狙ってるみたいで

評判を気にしてるんですよ。

警視になるには
上の評価次第だからな。

それで マンションで
起きてることについて…。

いやぁ このご時世さ

何から失点につながるか
分からないだろ?

そりゃ 隠す必要はないけどさ
ことさら結び付けて

騒ぎ立てることも
ないとは思わないか?

はぁ!? 殺人事件の起きたマンションに
偶然 住んでたからって えぇ?

昇任に影響出ねえだろ!

僕も言いましたよ でも…。

まぁ これは 余談だけど

副署長が
僕の昇任を待ってるんだよね

自分の派閥の人間が なるべく
良いポジションにいたほうが

あの人も動きやすいからね

そんな時に 君たちのせいで

僕の出世が
ふいになったりしたら

副署長は どう思うのかなぁ?

そういうことなら
榎本のご要望通りに。

えぇ?

バカ! 組織の何やかんやに
巻き込まれると

祟りより怖い目に遭うぞ。

♬~

(木下) マンションの敷地内は
禁煙ですよ。

敷地の外だって 禁煙ですけどね!

♬~

(洋子) 本気で言ってるんですか?
はい。

ゲームについて もう
警察に言うべきだと思います。

今回の件の
犯人を捕まえるための

重要な情報かと。

またゲームと
結び付けるんですか?

実は 赤池さんの部屋に
バースデーケーキがあって

プレートに 「赤池美里」って
書いてあったんです。

普通は 「誰々さん お誕生日
おめでとう」とか

書くじゃないですか。

名前だけ 「赤池美里」って…。

(藤井) えっ? それが 赤池さんが
ゲームで殺されたっていう

根拠ですか? それだけ?
根拠っていうか その…。

でも この中に 赤池夫婦を殺した
人間がいるって言ってるのと

同じことですよ?
そういうわけでは…。

じゃあ どういうわけですか?

(洋子) あの…。

(洋子)私も 警察には言ったほうが
いいと思ってるんです。

ただ この間 話に出た

殺人教唆っていうのは
どうなるんですか?

それは
私も よく分からないんですが。

何もしてないのに
殺人犯の共犯になるのは嫌です。

石崎さん この間

紙に 自分の名前書いたって
言ってましたよね?

(洋子)
間違っても 私を殺そうとか
しないでくださいね

それが 何か?

自分が殺されるかもしれない
心配より

共犯かどうかを
心配するんですか?

何が言いたいんですか?

あ… ちょっと犯人なのかなって
思っちゃっただけです。

はぁ? あなたね…!

(田宮淳一郎) 遅くなりました。

大丈夫なんですか?

質問の意図が分かりません。

体調を崩されてるって
奥さんが…。

大丈夫ですよ 議題は?

例のゲームのことを

警察に言ったほうがいいんじゃ
ないかと 手塚さんから…。

皆さんにお任せします。

(沙和) 私たちだと
話がまとまらないので

田宮さんのご意見 伺いたいです。

(沙和) あの…?

あぁ… まぁ 少し調べましたが

我々が捕まることは
ないんじゃないですか?

ホントですか?
ただ 全員が いったん

犯人扱いされるかも
しれませんけどね。

(浮田) それは きついな。
でも…。

週刊誌に嗅ぎ付けられたら
大変ですよ?

住人全員が容疑者の
殺人マンションって騒がれますよ。

ちょっと大げさじゃないですか?

(ホワイトボードに書く音)

(藤井) これね
「びっくり はてな」って書けば

大抵のことは
許されちゃいますから。

これ やられたら終わりです
結果 無実だとしても

一生 ネットに残ります。

石崎さん家の子も

学校で 「殺人犯の子」って
言われるんですよ。

資産価値も暴落でしょ。

マンション全体
事故物件みたいなもんですから。

藤井さんが一番怪しいんで
必死ですね。

ちゃかさないで!
は~い。

あなた
どうして そんなに余裕なの?

みんな おびえてるのに。

犯人だから余裕があるの?

は? どういうことですか?
(洋子) いや おかしいでしょ。

(田宮) 尾野さん。
(早苗) 落ち着いてください。

(田宮) 石崎さんも…。
(幹葉) どういうことですか?

(洋子)さっき私のこと犯人って…。
(幹葉)いや 言ってませんよ。

(田宮) 言った 言わないの…。
(洋子) 言いました!

(店員) この3人の中でですか?

バースデーケーキを買いに
来ませんでした?

顔まで覚えてないですけど…。

予約表とか残ってない?
ありますよ 少々お待ちください。

♬~

あの… 皆さんがおびえてるのは

手塚さんが警察にチクろうと
してるからですよね?

チクるって…。
警察におびえるって

皆さんこそ 怪しいですよ。

(沙和) あの 落ち着きましょう。

ほら 以前 机たたいて
ケガした方もいらっしゃいますし。

それ 私です その節は皆さん
ご迷惑をお掛けいたしました。

もう 完治いたしました。

不肖 田宮淳一郎
年がいもなく恥ずかしいまね…。

あの すいません。
(田宮) はい はい…。

冗談です。
冗談というのは?

分かってないな おじさん。
(田宮) はい?

田宮さんのクソ面白くもない
真面目さも

久々に見ると
うれしくなっちゃうよな。

ハハハ…。

結局 どうしましょうか。

私は 何年も
ここで暮らしてる身として

皆さんが殺人犯じゃ ない
ってことは分かるんです。

ただ 手塚さんは新入りなので

そういうことが分かってない
だけだと思うので

あまり責めないであげてください。

(浮田) 犯人 写ってなかったの?
田宮さん。

たくさん置いてあったでしょ
カメラ。

(田宮) あぁ… 最近 もう

録画してないんですよ。

(浮田)
何がしたかったんだよ あんた。

面目ない。

(久住) あの… ごめんなさい。

そもそも 赤池さん夫婦は
殺されたんですか?

夫婦ゲンカがエスカレートして
って可能性もあるわけですよね?

ケーキのプレートだけで
ゲームと関連づけるのは

無理がありませんか?
夫婦ゲンカではない気がします。

よね?

警察に任せましょうよ。

気がするとかしないとか
我々が臆測で話して

仲が悪くなっても
意味ないですよ。

警察に任せるためにもゲームの…。

それには 全員の承諾が
必要じゃないですか。

ゲームに参加したのに
今日 来てない人もいますから。

北川さんですか?

ただいま~。

そら?

そら! ただいま…。

(久住の声) 全員が共犯と
疑われる可能性があるなら

北川さんの承諾も得ないと
マズいですよ。

じゃあ
今日は いったん保留ですか。

保留ですね はい。

怖くないんですか?

私は つい 知ってる人の名前を
書いてしまいました。

正直 いろいろあって
嫌いな人ですが

本当に殺されると思ったら

怖くて仕方がないんです。

♬~

あ… どうも。

あっ どうも。

何か… 大変でしたね。

あぁ…。

あ… あれ見ましたよ
面白かったです。

「あれ」って?

薦めてくれた
ミュージカル映画ですよ。

あぁ…。

何本か薦めましたけど
どれですか?

あ… 俺 面白い映画見ると
タイトル忘れちゃうんですよ。

面白かった!っていう感情で
脳みそパンパンになっちゃって。

ハッハハ… 何ですか それ。

では 多数決を
取らせていただきます。

いいですか…?

そうするしかないと思いますよ?

はい じゃあ…。

たった一度
偶然 殺人事件が起きただけで

マンションの住人全員を
容疑者にしたい人は挙手を。

そんな聞き方…。
挙手をしてください。

「通報しない」で 決まりですね。

(早苗) すいません…。

私も賛成です。

(沙和) 私も。

結果が分かってから
味方しちゃって。

じゃあ また お薦めあったら
教えてくださいよ!

はい。
は~い よし…。

(足音)

♬~

じゃあ お疲れさまでした。

菜奈さん。
はい?

何か ごめん
スッて 手 挙げられなくて。

いえ…。

私も あの…。
大丈夫。

私が心配し過ぎてる
だけかもしれないし。

(澄香) …だと思ってるんですか!
(あいり) 一体どうしたんだよ。

(澄香) あなたたちには関係ない。
(あいり) 関係ないって…。

(柿沼) 落ち着きましょうよ。
(佳世) そら君 帰るの?

(澄香)
そらには もう関わらないで。

だから 落ち着いて話しましょう。
落ち着いてますから!

(あいり) 手 出すなや!
(澄香) 黙って!

(柿沼) おいおい!
(あいり) 足も出すなや…。

すいません
お騒がせしています。

いえ あの…。
何 冷静なふりしてるんですか?

ちょっと
そら君が びっくりしてるんで…。

(澄香) そらに触らないで!

(あいり) やめようよ!
(澄香) 触らないでってば!

(佳世) ちょっと…。

この女が そらを誘拐したの!

(あいり) 何度も遊んでるよ!
そら君と児嶋さんは。

私だって遊んだことあるし。
皆さんに お世話になってるのは

そらからも聞いてるんで
分かってるんです!

でも この人は おかしいんです!

私は ただ
この間の事件のことで

1人でいるのが怖いって
ヤス君が…!

ほら! この人
そらのことを 「ヤス君」とか

違う名前付けて呼んでるんですよ
おかしいでしょ!?

ただ言い間違えただけ…。
そらに誰の代わりをさせたいの!?

(早苗)
北川さん まぁ そのへんで…。

そら 脱ぎなさい。

何してるんですか?

この人が勝手に着せた
服なんですよ!

この間なんて
無断で床屋に連れてって

そらの髪形
勝手に変えたんですよ!

もう!

そら 行くよ すいません…。

(ドアが開く音)
(澄香) そら 行くよ。

(幹葉)奥さんから
聞いてないんですか?

交換殺人ゲームの話です

オランウータンタ~イム。

どうたった? 住民会

あっ 特に何事もなく…

(翔太の声)
菜奈ちゃんは ウソをつく時

手を組む癖があるんだよな~。

住民会 わざわざ
臨時で開くなんて 何?

えっと…

なぜかゲームのことを
俺に言い出せずに

ウソまでついてる 菜奈ちゃん。

もし 管理人さんも
ブータン料理屋さんも

赤池さんも

ゲームで殺されたとしたら…。

えっ 1人で
めっちゃ悩んでるじゃん!

菜奈ちゃん かわいそう!

だが しかし…。

(細川)
悩ませてあげるのも優しさだよ
自分で解決したほうが

その人のためになるなんてこと
いくらでもあるんだから

アニキの言うことも

一理 あ~る。

…にしても
いつまでやってんだ 住民会。

(ドアが開く音)

♬~

♬~

あの… すいません。

(西村) はい?

住民会って
もう終わったんですか?

住民会は 今日じゃないと
思いますけど。

あ…。

(鍵を回す音)

鍵を回す音

♬~

いないか…。

♬~

ごめんな コソコソさせちゃって。

いえ。
それで…?

みんなの前で言うのは
ちょっと考えちゃってさ。

俺が紙に 誰の名前を書いたか
教えようと思って。

え?
実は…。

赤池美里」って書いたんだわ。

(浮田) 俺が書いた紙を
受け取った誰かが

本当に殺人を実行しやがった
それも旦那まで。

それを… それを
さっき言ってくれれば

みんな 警察に相談するのも
賛成してくれたかもしれないのに。

今 警察に相談したら
俺が一番 疑われる状況だろ?

それに あの夜のことを聞かれると
ちょっとマズいんだわ。

でも 浮田さんは
殺してないわけですよね?

(浮田)
もちろん 殺してねえけどさ…。

今の仕事的にも 疑われるんだよ。

え~…。

あの そもそも
どうして赤池さんを

殺してほしいって
思ったんですか?

いや 本当に殺されるなんて
思ってなかったからさ。

この間 赤池さんに
ずっと 無視されてたって…。

まぁ 自分より頭の悪い人間を
見下すヤツなんだよ あの女は。

そんな人には見えないですけど…。

うちで面倒見てる
若いのがいるだろ?

あいつに聞いたんだけどさ…。

(幸子)返信ハガキも
まともに出せないの?

(赤池美里)
すいません 切手が貼ってある
ものだとばかり…

宛名の 「行」も直してないし

こんなの先方様に届いたら
私が恥をかくところだった

申し訳ございません

受けて来た教育が

私や吾朗と違うのは
承知していますが

何十年も一緒にいれば

いつか追い付くものだと
思ってました

はい すみません

子供ができなくて よかった

バカの血が途絶えるから

あのババア 2人きりだと
あんな感じなんすね

今度あんなこと言われたら
殴っちゃえば?

はい?

まぁ… 暴力は あれだけど…

ごめんなさい… もしかして
私に話し掛けてます?

そりゃそうだろ

誤解してるみたいですけど

私 風俗嬢にアドバイス
もらわないといけないほど

困ってないんで

どういう意味だよ

その格好 言葉遣い

お里が知れるわ~
このジャンボ女!

風俗嬢じゃねえから!
何やってんだ おい!

(浮田) それから住民会でも
ずっと無視よ。

そういう人には
見えなかったですけど…。

自分がやられて嫌なことは
他人にするなって よく言うけど

キレイ事だよ。

やられたことをそのまんま

自分より さらに弱い人間に
やるヤツは たくさんいるんだよ。

世の中 弱いほう弱いほうへ
嫌なことって流れて行くんだよ。

いや だからって
死んでもいいとは思ってないよ?

でも
赤池美里」の紙を引いた人は

本当に殺してしまった。

犯人は捕まってほしいけど

巻き添えだけは嫌なんだよ 俺。

まぁ…

ゲームのことを言わなくても

警察は
当然 犯人を捜すと思うし…。

まぁ その上で…。

(沙和) 私たちは
私たちのできる範囲で

犯人を…。

頼む 探ってくれ。

(刑事の声) マンションの住人で
いまだアリバイがないのが

この4人です。

ブータン料理店の店員と
こっちは暴力団関係者ですね。

浮田は 詐欺で何度か
逮捕歴がありました。

ああ見えて 口が達者で
ベラベラ ウソつく男らしいです。

何だよ まだケーキが
気になってんのかよ。

あぁ はい。

赤池美里本人が購入した記録を
確認したろ?

ただ ケーキのプレート
なんですけどね…。

(水城) ん?
(神谷) ないんですよ。

店員は のせ忘れるようなことは
ないって言ってたんですけど。

う~ん…。

食べちゃったんじゃない?

殺してもらった人が

殺すっていう順番に
なってるんじゃないかと思って

♬~

(チャイム)

(足音)

シンイーちゃん? 手塚です。

♬~

(物音)

≪大丈夫ですか?≫
≪は~い≫

≪もうすぐ階段なんで≫

≪ちょっと待ってください≫
≪はい≫

≪大丈夫ですか?≫
≪はい OKです≫

≪じゃあ 階段下ります≫
≪は~い≫

≪ゆっくりお願いしま~す
あっ 壁 気を付けてくださいね≫

≪はいはい≫

早苗さん。
(早苗) あ…。

引っ越し?

赤池さんのご親戚みたい。

おばあちゃん 介護付きの
老人ホームに入るんだって。

まぁ あの部屋には
戻りたくないよね。

うん…。
(江藤) ここ 置いときます。

あ… 江藤さんだ。

赤池さん家と付き合いあったんだ。

(江藤)
おばあちゃん 今 着てみる?

(江藤)きっと いい感じだから

めっちゃいい!
(幸子)ホント?

めっちゃ似合ってる!

菜奈さん。

次の休み 予定ある?

え?

気分転換に食事でも行かない?

旦那さんも一緒でいいし。
うん。

(ドアを開ける音)

また寝てる。

ちょっと元気になったと
思ったのに。

寝てないよ。

鍛えてるんだ。

今度は何?

うだうだ考えるのは やめだ。

私はこれから やりたいことをやる
お前も そうしなさい。

何があったの?

何があったかではなく
この先 何があるのか。

いや 自分自身の行動で
何を起こすのか。

それが大事だよな? なっ?

そんな勢いで同意を求められても
よく分かりません。

俺は やるぞ!

(キーボードを打つ音)

ハァ…。

(マウスをクリックする音)

♬~

(藤井)動機がないと
怪しまれすらしないですね

♬~

(マウスをクリックする音)

え?

(マウスをクリックする音)

♬~

あぁ~…!

何なんだよ‼

ごめんなさい。

急に寄る所があるって言いだして。
ううん 大丈夫 大丈夫。

(店員) いらっしゃいませ。
ほら 来たよ。

あっ えっと 待ち合わ…
待ち合わせで~す。

(店員) ご案内いたします。
はい。

遅くなりました~。

えっと…。
(店員) あの こちらの席ですと

皆様 お座りになれませんが。
私たちは食べませんから。

(店員) はぁ…。
すいません。

何か?

あの… 今から会長さんに会う
って言ったら その 何か…。

住民会への参加を拒否されてる
理由をお聞きしようと思って。

(西村) 参加していなかったほうが
悪いんですけど

参加しないのと 参加させて
もらえないのは また別なんで。

ここじゃなきゃダメですか?

地下の密室で また
暴力を振るわれるのは嫌なので。

暴力って…。

要点だけ済ませて出ましょうよ。

住民会で 何か物騒なゲームを
したそうですね。

え…?
(江藤:西村:早苗) え?

その話 しないって
約束じゃないですか!

ごめんなさい!
私 約束を破る女です。

え~?
知ってたの?

う… うん まぁ…。
(木下) どういうことか

説明してもらえますか?

(江藤) 結局 うちらが
嫌われただけじゃないですか。

今日は 私たちがゲームについて
知っているってことを

伝えるだけで十分。
まず 俺たち

何にも知らされてないんですけど。

ねぇ?
え? ええ…。

何ですか?

いいえ。

どうも。

花粉症…?

これ すっごくおいしいよね?

はい
めちゃめちゃおいしいです!
(早苗) うん。

♬~

いつまで黙ってるの?

何をどう話していいのか
分かんなくなっちゃった。

そっか… そうだよね。

大丈夫 話せる時に話して。

ごめん。

そうだ!

実は そんな菜奈ちゃんに
プレゼントがありま~す。

ジャ~ン!

交換日記~。

いや ほら
口でさ こう 言いたいけど

でも 言いづらいこととかもさ
これからは これに書いて…。

ごめん 気を使わせて。

隠してた私がいけないのに。
いいの いいの 全然いいの。

それと もう1つ ごめん。
何?

この年で 交換日記は ちょっと…。

あ… そっか…。

じゃあ 自分用だ。

続けられるかなぁ。

いつから知ってたの?

あ… 少し前に
尾野ちゃんから聞いててさ…。

翔太さん 大丈夫ですか?

で 他の人はどれくらい
知ってるんだろうって思って

木下さんに聞いたら 何か
大げさなことになっちゃって…。

心配掛けたくなかったから。

翔太君に伝えれば

一生懸命 推理して
深入りすると思ったし。

そもそも 本当に人が死ぬなんて
思ってなかったし。

とにかく最初は 話すような
ことじゃないと思ってて。

でも 気が付いたら

今さら どんなふうに話したら
いいんだろうっていうくらい

話が大っきくなってて…。
そんないっぱいしゃべんないでよ。

え?

ひと言 「信じて」って
言ってくれれば 信じるよ。

言ってくれなくても
信じてたわけだし。

ごめん。

その代わり
俺 ウソでも信じるからね。

全部 信じるからね。

菜奈ちゃんが言うことは
全部 俺にとっては

真実になるんだからね
それくらいの覚悟は持っててよ?

何も隠してない。

信じて。

分かった 信じる。

よ~し じゃあ…

するか!
えっ 何?

ほら 夫婦の間にさ しばらく

隠し事ができちゃってたわけでさ。

こういう時は お互い
な~んの隠し事もない

むき出しの顔を
さらけ出し合うのが

仲直りへの近道なんじゃない?
むき出しの顔って?

すっげぇ気持ちいい
セックスしよう。

いや 翔太君さ…。

♬~

♬~


♬~

こんな夜遅くに…。
ううん。

♬~

 

(翔太の声) 「早朝ジョグして
そのまま出勤します‼ 翔太」。

♬~

あっ… 昨日は どうも。

あなた
自分の身は心配じゃないの?

何ですか? いきなり。

これ言っちゃうと

ゴミ袋開けてるんですか?って
言われそうで嫌なんだけど。

まぁ それどころじゃないと
思うから。

♬~

あなた 殺されちゃうんじゃない?

♬~

♬~

あの…。

大丈夫ですか?
うん 大丈夫。

(ドアの開閉音)

(足音)

すいません。

あの…
ちょっと聞きたいことがあって。

何ですか?

俳優の袴田吉彦って知ってます?

袴田吉彦

あの袴田?
はい あの…。

この袴田です。

もちろん知ってます。

♪~ キツく腕にしがみついて

♪~ どうしてオレの事が
いいんだろう

…の袴田吉彦
それ 20年前の曲ですよ。

よく知ってますね。
カラオケで よく歌うんです。

変わった人ですね。

それが 何か?
あぁ…。

僕 よく似てるって
言われるんですよ。

あぁ 確かに
久住さん 似てますね。

それで 紙に書いたんです。

殺したい人 袴田吉彦って。

え…。

袴田さん 割本です。
(袴田) はい。

(久住の声)
恥ずかしいんですけど

とにかく昔から
似てるって言われるんですけど

悪口として言われるんですよ。

「深酒して 締めでラーメン食べた
次の日の朝の袴田吉彦」とか。

最近だと 「ポイントカード」って
呼ばれたり…。

あぁ…。
あと

道でサイン求められて
違いますって言うと

舌打ちされたり。

だから 外出する時

いつも これなんですけど。

あ~…。

(久住の声) とにかく
その程度の理由なんですけど

袴田 死ねばいいと思って
まぁ 書いたんですよ。

(袴田) あぁ トイレって どこ?

(マネジャー) 10分くらい
山下りた所の民家で

借りれることに
なってるらしいです。

車 出しますよ。
あ~ いい 適当にやっちゃう。

大丈夫ですか?
ああ。

裾だけ汚さないように。
(袴田) はいよ! よいっしょ。

(菜奈の声) それを伝えに?

気持ち悪いんで。

いちいち ご近所同士で
疑心暗鬼になるの。

はぁ…。

だから 正直に言うこと言って

このゲームから
抜けさせてもらおうと思って。

あぁ…。

(久住の声)
まさか ここの住人で

袴田吉彦 殺しに行く人なんて
いないでしょ?

え? うわっ ちょっ… ちょっと!

あぁ…!

痛った…! うっ…。

♬~

今のが 書いた名前の話で

これが 引いた名前。

知らない人ですけど。

♬~

♬~ (細川) お願いします。

♬~

(受付) ちゃんと続けられてる
じゃないですか 細川さん。

ええ トレーナーさんとの相性が
良かったんでしょうね。

♬~

♪~