ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

東京独身男子 第4話 高橋一生、仲里依紗、斎藤工、滝藤賢一… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『東京独身男子 #4』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 太郎
  2. 三好
  3. 岩倉
  4. 彼女
  5. 結婚
  6. ビーフシチュー
  7. 出会
  8. カレー
  9. 一線
  10. 視野
  11. 石橋
  12. 駄目
  13. 部屋
  14. 本当
  15. アハハ
  16. お前
  17. タップ
  18. フフフ
  19. 一回
  20. 相手

f:id:dramalog:20190512000701p:plain

『東京独身男子 #4』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

東京独身男子 #4[字] 

高橋一生斎藤工滝藤賢一!アラフォー独身男子のラブ・コメディ!!土曜の夜は、あえて結婚しない男たち、略して“AK男子”に気をつけろ!!

詳細情報
◇番組内容
太郎(高橋一生)はかずな(仲里依紗)に付き合ってほしいと告白したが、「結婚を前提に」という条件を突き付けられ、態度を保留してしまう。三好(斎藤工)と岩倉(滝藤賢一)と話し合い、AK男子3人は“視野を広げる”ため、ナイトライフへ繰り出すことに!マッチングアプリで太郎も女性と会う約束を取り付けるが、現れたのはなんとかずなで…!一方、三好と岩倉の透子(桜井ユキ)をめぐる三角関係もこじれて…
◇出演者
石橋太郎…高橋一生
岩倉和彦…滝藤賢一
三好かずな…仲里依紗
竹嶋舞衣…高橋メアリージュン
日比野透子…桜井ユキ
渡辺早紀…仁科あい
谷川理子…内藤理沙
吉住レイカ…宮本茉由
加藤泰司…ノゾエ征爾
岩倉和雄…小野武彦
三好玲也…斎藤工
◇脚本
金子ありさ
◇演出
松本喜代美
◇音楽
河野伸
◇主題歌
高橋一生『きみに会いたい-Dance with you-』(ユニバーサル シグマ)
【楽曲提供&プロデュース】宮本浩次エレファントカシマシ
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】横地郁英テレビ朝日
【プロデューサー】中川慎子(テレビ朝日)、菊池誠アズバーズ)、岡美鶴(アズバーズ
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/tokyo-dokushin-danshi/
☆Twitter
 https://twitter.com/AKDanshi
☆Instagram
 https://www.instagram.com/akdanshi/

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(石橋太郎)
〈この言葉に嘘はない〉

俺と付き合う?

〈嘘はないんだけど…

いつも思うのは
なんで 女の人は なんでも

男より先に
決めてしまうんだろう?〉

(竹嶋舞衣)結婚していいと思う?

〈忘れられなかった彼女 舞衣は
今の恋人と結婚を決めて

ただの妹分だと思ってた
かずなが…〉

(三好かずな)私…
太郎ちゃんの彼女になりたい。

わかってる。 私の事
そんなふうに思えないのは。

ずっと好きだった人。

難しい人だけど…
でもね 優しいの。

〈だから 今度は俺が先に…〉

誰よりも
俺の事をわかってくれてる。

俺にとって ぶっちぎりの…

2番。

…えっ?

こんな俺でよければ…

付き合ってください。

じゃあ… 結婚を前提に。

結婚?

結婚を前提に。

えー…。

結婚。
ええ ええ ええ ええ…。

えー…。

ちょっと 相談をさせてほしい。

相談? 誰に?

君のお兄さんに。

(三好玲也)交際ゼロ日婚?
(岩倉和彦)かずなちゃんと?

なんだか
急に そういう流れになって。

ちょっと待ったと。
なんだか これは危ういぞと。

で 持ち帰ってきたわけよ。

ところで この牛肉

母 寿美代が
クール便で送ってくれたんだけど

カレーとビーフシチュー
どっちがいいか。

カレー。
ビーフシチュー。

カレー!
ビーフシチュー。

(ため息)

彼女。
彼女。

カレーは 昨日 食べた。

ビーフシチューは
店で食うもんでしょ。

ハハッ…
太郎ちゃんのビーフシチュー

めちゃくちゃうまいだろ!
ちゃんと デミグラスから…。

ビーフシチューなめんな!
フォンドボーだぞ フォンドボー!

お前こそ 太郎ちゃんのシェフ力
なめんな!

何 何? どうした?

待て。 待て待て…。

すいません なんか 俺も…。
うん。

よくないですね この空気。

今こそ思い出そう。
俺たち 出会った時を。

断食… ファスティング

ビーフシチューとカレー どっち?

いいから
太郎ちゃんも こっち来て。

えっ? 何?

そこでトレーナーが言ってたろ?
大事なのは心の浄化。

えー? あれ やるの?
いいから付き合ってよ。

瞑想してね
みんなでメンタル整えるんだよ。

ビーフシチューとカレー
どっちだってんだよ…。

はい。

マジか…。
はい。

人生において大事なのは
心の浄化。

大河に流すがごとく

おも… なんだっけ?

邪悪な思いを排除。

やがて毒素は海へ
太陽と溶け込み…。

心は調和され
プラーナ 生命エネルギーが誕生。

(太郎・三好)
プラーナ 生命エネルギーが誕生。

(岩倉の声)今まで
同僚と付き合った事はないし…。

もし そういう関係になるなら
真剣に…。

ちゃんと付き合うなら
彼女しか…。

俺も 彼女だと思ってます。

恋敵?

(日比野透子)ああ…。

そういう…。

フッ… 面白い。

はあ? どこが?

あのな… こことここ 友人。

こうされても困るんだよ。

(透子)そんな まだ何も…。

誰とも何も始まってないのに
決められない。

越えてみなきゃ わからないから。

越える?
何を?

一線?

ハッ…!
何?

やっぱりやめた。
なんだよ?

気になるから言えよ。

やっぱ やめた。

こんな事 兄として言いたくない。
言いたくないが

言いたくないが
太郎ちゃんの友として

的確なアドバイスするためには…
ああ!

かずなちゃんの事か?
なんだよ? はっきり言えよ。

一線だよ! 一線!

はあ?
そもそも 交際ゼロ日婚なんて

無理がある!
一線越えてみないと!

一線…。

相性だよ! 相性。

はっきり言って
大事だろ? 相性。

元嫁とも
そこだけは良かったから あの…

勢いで結婚できたんだから。
結局 駄目だったろ?

性格度外視だったからな!
でも かずなは性格いいだろ?

だから あとは 恋人として
相性がいいか見極める必要がある。

はあ…。
でも

もし 一線越えて
駄目だってなったら

かずなちゃん
ショック激しくないか?

ほら もちろん
太郎ちゃんのほうが その…

もしかしたら
駄目判定 食らうかもしれないし。

はっ ははっ…。

ああ~!?

はあ~? ハハハハ…。
それは…。

ハハハ…!
それはないと思うけど?

今まで ノークレームだったから。
ノークレーム!

ああ… でも やっぱり
かずなの事を思うと…!

あいつ どう考えても

色気あるタイプじゃないから
俺と違って…。

言うほど
お前にもないんだけどな。

やっぱり駄目!
兄として断固反対!

なんだよ! どっちなんだよ!

確かに かずなちゃんを
傷つけるような事は避けたい。

でも 三好の言うように
交際ゼロ日婚はリスキーすぎる。

もうちょっと
視野を広げてみても…。

視野?

うん。 いわゆる出会い。

いったん落ち着いて
立ち止まって 冷静に。

ついでに 俺たちも

もっと視野を…。

そうだな。

久々に3人で乗り出しますか…
ナイトライフ

出会い しばらく求めてないけど。

磨けば光る
原石みたいな女に会いたいな。

やっぱり 大事なのは性格。

よし… いざ行かん! 東京砂漠!

恋愛荒野!

(たたく音)

♬~

あっ 石橋さん!
ネクタイ 素敵です。

おお サンキュー。

(加藤泰司)
パスワード 設定し直せだって。

えっ?
(小川雄太)ハッキング対策の強化。

(加藤)念のため 2段階認証で

パスワードと秘密の質問
設定しろと。

はい。

(キーボードを打つ音)

秘密の質問…。

(マウスのクリック音)

♬~

(携帯電話の着信音)

(三好の声)「太郎ちゃん 話がある。
岩倉さんヌキで」

三角関係?

カレーがいいって言ったのに。

あっ ごめんね。

えっ? じゃあ
三好の狙ってる美女と

岩倉さんの狙ってる部下って
同じ人だったって事?

だから 太郎ちゃんに
止めてほしいわけよ。

はあ?
いや だから

「女 争う年じゃない」とか
「他にいくらでも」とか

「相手は
あの岩倉さんだぞ」とかさ。

確かに
岩倉さん モテるもんな。

俺が負けるっつうの?

いや そういう事じゃなくて

岩倉さん
女性の扱いソフトだろ?

相づちレシーバーなんだって。

「で それで それで?」って
楽しそうに話聞いて

いつの間にか
女性 和ませるんだよ。

前に かずなが言ってたよ。

あっ そういえば かずなは?

明日 会う約束してる。
その時 話す。

俺も
このハンディさえなければ…!

(田畑光則)必要でしたら
お薬出しましょうか?

薬…?
(田畑)いわゆるED治療薬ですね。

ふう…。

(ため息)

これさえなきゃ 一線ぐらい
軽く越えてやんのに…。

ん? 一線って?
いただきます。

うまい。
うん よかった。

フォンドボー。
おお 寿美代。

ああ やっぱ 嫌だ!

負けるのは嫌だ!
相手が岩倉さんでも嫌だ!

もう 火ついちゃったか…。

だから 昨日は ああ言ったけど
彼女には ガンガンいくから

太郎ちゃん
もめたら調整よろしく。

えっ? 俺が?
俺が!

もう なんだよ…。

火つけんなよ 透子…
会った事ないけど。

(携帯電話の着信音)

(三好の声)「またうち来なよ。
待ってる」

(ガラスをたたく音)

(透子)はい。
例のアダムエンドラジャパンの

商標権侵害行為に対する
差し止め請求

判決が出たら すぐに一報 頼む。
わかりました。

あと 三好の事だけど…。

激戦区なんだと。

都心の一等地で 一流のクリニック
維持するっていうのは。

必ず きれいになりますので
自信持って。

ありがとうございます。
はい。

まだ 20代で選んだんだ。

実家の金沢に戻って
町の歯医者になるか

東京でサバイバルするか…。

こんにちは。
こんにちは。

おっ! 健人くん偉いぞ
よく来たな。

あいこでしょ! あっ 負けた!
あっち向いて…。

勢い任せに見えて
裏で ちゃんと努力してる。

大した奴だよ。

だから 別に
俺は負けても構わない。

三好が相手なら…。

君の好きにしたらいい。

♬~

尊敬しているのは…

ボスです。

(店員)お待たせしました。

すいません。

そこにアイスコーヒーを1つ。
はい。 かしこまりました。

ごめん わざわざ こっちまで。

ううん。
なんか バタバタしててさ。

なんか こういうの嬉しい。

仕事の合間に会うみたいな。
フフッ…。

あっ そうだ!
三好たちの事 聞いた?

聞いたよ! もう 本当驚いた。

まさかね お兄ちゃんと岩倉さんが
同じ美女を追いかけてたなんて。

いやあ これ
かなり もめそうだね。

アハハハ…!
ねえ。

ねえ。
そう…。

だから 今は 俺たちも…。

ん?

いや だから ほら
2人とも ごたごたしてるし

今 俺 仕事で
なんか セキュリティー強化とか

なんやかんやで
もう バタバタしてるし

ちょうど 近くのジムで

加圧トレーニング始めようかなと
思ってて…。

酸素カプセルもあるし。

いや… えっ… 酸素カプセル?

はあ… ごめん。

少し 時間くれる?

かずなとの事
ちゃんと考えるためにも

少し 時間を…。

うん… そっか。

そういう事なら。

うん。

(携帯電話の着信音)
ああ… ごめん。

ちょっと メールだわ。 返すね。

じゃあ お手洗い行ってくる。
うん。

♬~

(チャイム)

あれ…
どうしたの? かずなちゃん。

かずなちゃん… どうしたの?

(岩倉和雄)どがんした?
新しいヘルパーね?

ああ! はじめまして。
三好かずなと申します。

(和雄)
ああ… あんたが かずなさんね。

太郎さんに ごいごい いっとる。

えっ? ごいごい?

ハハッ… いいから 親父…。

岩倉さん。

太郎ちゃんに
なんか言ったでしょ?

いや 言ったというか まあ…

一般論的意見を?

やっぱり!

はあ… 変だと思ったんだよね!

急に 太郎ちゃん
「今は まだ」とか言い出すし…。

多分 お兄ちゃんは
余計な事は言わない。

だとしたら
岩倉さんしかいないと思って…!

ちょ… ちょっと待って。 ねっ?
かずなちゃん落ち着いて。

とりあえず座って。

これ 食べて。

気持ちはわかるけど
かずなちゃんさ…。

やっと 太郎ちゃんが
踏み出そうとした時に

急に結婚突きつけたら
そりゃ 誰だって引くよ?

はい。

それは
私も あとで反省したけどさ…。

でも 太郎ちゃんが「2番」だとか
「ぶっちきり」だとか

そんな おかしな事ばかり言うから
ほら ついね…。

(和雄)なーんね かずなさん。

そがん顔しとったら
つかまるもんも つかまらんたい。

もういいから 親父…。

こがんもんがあるとよ。

テレビで言いよった。

今 一番すごか
マッチングアプリって。

マッチングアプリ

(和雄)その名も De:inner!

なんだ? デアイナーって。

もしかして 「出会い」と
「ディナー」を掛けてる?

まさに。

聞いたら 結構 簡単でさ。
今 ここでログインすると…。

ちなみに これ 俺のプロフィル。

めっちゃ作ってる!
ハハハ…。

次に
このアイコン タップすると…。

この店内でアプリに登録した者同士
一目瞭然。

えっ?
これ 全部ですか?

そう。 タップ。

雑誌編集者 34歳。

相手のプロフィルを
チェックして

話してみたかったら タップ。

(電子音)

おお…。
おお!

あとは
行ってディナーを共にする。

(吉住レイカ)知ってる それ。
今 流行ってる。

ていうか
お三方 そういうの興味あるんだ。

いやあ 俺はパス。
だって プライバシーの問題が…。

タップ!
早いな。

(電子音)
オッケー ダンサー… きた。

行ってくる。
じゃあ 俺も。

えっ…。

石橋さんもやってみたら?
社会勉強。

どうかな…。

向いてないから こういうの。

♬~

28歳 ナース…。

「好みの男性 普通の会社員の方

政治や経済に強い人
料理が好きな人」…。

条件ぴったりじゃん。

ゴー!
あっ 何 勝手に…。

えっ? これ…。

(電子音)
あっ…。

ほら! 早く!
えっ?

早く 早く!
ちょっ… えっ? 嘘…。

いや お… これ…。

あの…。

どうも…。

えっ?

かずな…。

(渡辺早紀)石橋さん…。

なんで 太郎ちゃんが…。

ちょっ…
28歳 ナースって…。

(谷川理子)ほら!
だから 嘘は駄目ですよって…。

32歳 受付…。

いやいや… でも
ほら 物は試しにね…。

まさか 太郎ちゃんが

こんなとこで
出会い求めてるなんて…!

いや これは…。

ちょっ… 自分だって!
はあ!?

そっちが
はっきりしないからでしょ?

俺だって混乱するよ!
いきなり結婚とか言われて…。

ああ そう! それが嫌で
他 探してたんですね!

違う違う… そうじゃなくて

何が正解かわかんないから
こう 比較対象を…。

ひっ…! 比較対象!?

違う! そうじゃなくて
あくまで視野を広げるために…。

(かずな)もう!

そんなに嫌なんだったら
もういい。 忘れて。

♬~

もう… なんなんだよ。

まさか
かずなちゃんに会うとはな。

急にバシャですよ バシャ!
で そのあと 放置。

でも 2人
やっぱ 縁があるのかもね。

どうなんだろ?
ますますわかんなくなってきたよ。

で お二方は?

なんか 岩倉さん モテてたじゃん。

いやいや 3人と
連絡先 交換しただけですよ。

ふーん。
フフフフ…。

で 三好。
ん?

お前 なんで カップラーメン
食ってるの? うちの。

いただきます。
召し上がれや。

フフフ… そうだよ お前
いつもだったら

瞬時に女の子つかまえて
とっくのとうに消えてたろ?

それがさ 家に薬 忘れ…。

今日は なんか不作っていうか
準備不足っていうか。

あの… いまいち
俺のアドレナリンが

出なかったんだよね なんか。

本気なんだな。
えっ?

そこまで あいつに…
日比野に本気って事か。

…かもね。

(ため息)

なら… 俺は負けた。 イチ抜け。

えっ もう敗北宣言?

そんな あっさり…。

たかが女ひとりのために
お前ともめるなんて…

馬鹿馬鹿しい。

彼女 よろしくな。

出会うべき運命の人は
きっと この中に。

お~
なんか かっこいい岩倉さん!

ハハハッ!
それ 写真で撮っちゃう。

携帯で動画も撮っちゃう。
くるしゅうない。

動画で… 携帯はどこだっけ?

あれ? 俺 携帯 どこやったっけ?
ないの?

よかった。 ここにあったか。

ありがとう。 助かった。

そうだ 石橋さん。
ん?

フライデーナイト あいてる?

フライデーナイト?

お~ ここか。

東京砂漠 恋愛荒野。

何パーティーだ? これは。

いつも行ってるバーのオーナー

あの人 本当は
音楽業界の人らしいんだけど

今日 誕生日らしいんだよね。

まあ いつ見ても
素性は不明なんだけど。

よっしゃ! いざ…。
お?

キックオフ!
(岩倉・太郎)おーっ!

ハッハッハッ…。

そう 銀行員。

銀行員って言っても
お金出し入れするほうじゃなくて

企業に戦略を提言する…
アナリストっていうの わかる?

(サヤカ)えー 超かわいい! 撮ろう!

(サヤカ)アップするね。
早い。

出た…。 ヤッホー女子だ。

自分に今起きてる事
すぐさまSNSにアップする

「ヤッホー 私はここにいるよ!」
におわせヤッホー女子だ。

太郎センサー発動。

♬~

オッケー。

(レイカ)三好先生。
イカちゃん。

なんか いつもと違うね。

ねえ 先生。

もしかして 今 訳あり?

えっ?

前に うちの店 来た時

予約の電話してた。

メンズヘルスクリニック。

そんな事ないですよ。

(野添京子)いや もう全然…。

本当に もう
こういうとこ苦手で…。

場違いですよね。
自分でも わかってます。

そんな事ないですよ。

どう? いい感じ?

おお~!

なんか… すごいネガティブで

さっきから
「そんな事ないですよ」って

もう30回ぐらい
言わされてるんですよ。

ハハハ… ナイストライ。

ハハハハ!

(せき払い)

あっ ちょっと行ってきます。
おかわり。

ギムレットを1つ。
かしこまりました。

お願いします。

(机をたたく音)

(机をたたく音)
(机をたたく音)

どうしようかな もう帰りたいな。

まだ帰らないで。

だって 私たち
まだ知り合ってないから。

ね? 石橋さん。

あっ 石橋です。
なんで 俺の名前…。

ウフフ…。

おっ 悪い わざわざ。

出たか? 差し止め請求。

はい ついさっき。

あっ 彼が太郎ちゃん。

はい すぐわかりました。

この間 ボスに
写真見せてもらって。

もしかして この人が?

そう 日比野透子。
ほら 三好の…。

そういや三好は?

さっきまで
あの辺り いたんだけど…。

私が見てあげようか?

♬~

馬鹿だな…。

♬~

お疲れさまでした。

♬~

(ため息)

♬~

あの すいません。

さっきは その…

三好は あれだったんですけど。

2人から話聞いて
あなたに その…。

三好も岩倉さんも
僕の親しい友人ですし

端から見てて心配っていうか…。

いつも そうやって
端から見てる。

なかなか飛び込まない。

始める前に難癖つけて
結局 誰も寄せつけない。

わかってる。

傷つきたくないのよね。

なんですか?

でも それじゃあ
ずっと ひとりのまま。

私は

今だって思ったら飛び込む。

それだけ。

♬~

あれ? 大丈夫ですか?

すいません。
飲みすぎちゃって…。

ああ…。

もう… 部屋に。

部屋?

気をつけて はい。
はい。

帰りの心配しなくて済むように
念のため 部屋 取ってあって。

ああ…。

で 部屋は こ… こっち?

あっち。 あっちです。

ごめんなさい お世話かけて
私なんかのために…。

そんな事ないですよ。
部屋は どっちですか?

ここです。
ここ。

鍵が…。
はい。

あっ…。
(解錠音)

よいしょ。

少し落ち着きました?

はい。

おかげさまで。

じゃあ…。

お大事に。

ここにいてください。
へっ?

ここにいてください。
へっ?

できれば… 朝まで一緒に。

いやいや それは…
えっ ちょっと!?

えっ ちょっと…。

いや ちょっと待ってください。

私じゃ駄目ですか?
いや そんな事はないんですけど。

ちょっと待って。
待って 待って 待って。

ちょっと一回 落ち着いて。
あ~ ちょっと 苦しい苦しい…。

真面目に生きてきて…。
あ はい!

いや ちょっと待って そっちは
まずいですよ。 いやいやいや…。

やっと できた彼氏に…。
はい。

捨てられ…。
あっ…!

色気なしって!
いや… そんな事はないですよ。

だから!
はい。 だから…。

視野を広げないと!

あっ 視野! そうか。
あっ!

アイタタタ…!
私 このままじゃ駄目だって!

はい はい はい。
どこ行くんですか?

いや ちょっと一回外に…。
えっ?

一回だけ ちょっと…
ちょっと新鮮な空気を…。

ちょっと… ちょっと一回
一回 外で話しましょう。

えっ ちょっと待ってください。
冷静に 冷静に 冷静に…。

太郎ちゃん!
おい 太郎ちゃん!

どうしたの?
あれ? ちょっと…。

えっ?
あっ!

いやいや… ちょっと待って。
あれ? 太郎ちゃん何やってるの?

岩倉さん。
あっ…。

消えたと思ったら…
まさか抜け駆けですか?

いや だって お前 他の女と…。

いや あれには いろんな事情…。

話せる?
今から?

うん。
いや ちょっと待てよ。

彼女は俺と…。
いや その前に俺が…。

その前に…。

俺… 恥ずかしい。

(ため息)

♬~

三好なら まだ…。

あっ ううん。

太郎ちゃんに話があって…。

この間は… ごめん。

あれから よく考えて

元はと言えば やっぱり 私の

「結婚前提」が…。

あっ… 余計な事
言っちゃったよね。

なんか…。
いや こっちこそ

なんか 感じ悪かったね
ごめん。

♬~

なんか あった?

なんか… ありすぎて

何から話せばいいか。

「彼女 よろしく」って
はっきり言いましたよね?

いや だから それは お前が…。
いいや 言った。 はっきりと!

「俺は負けた。 イチ抜けた」って!

お前だって言ったろ 本気だって。
なのに まさか…。

いや まさか抜け駆けですか!

ソッコー 他の女と…。
いや だから それには

俺の事情があるんですよ!
いつも そうだよな。

あっちゃこっちゃ気ばかり多くて
盛りのついた猫みたいに…。

だから 盛れないっつってんの!
その元気がないんだから!

そういうお前のだらしない…。

えっ? えっ?

今 なんて?

盛れない?

だから 言いたくなかったのに…!

もしかして お前…。
あっ…。

前から そういう… その…。

元気問題が?

だから なかなか踏み出せなくて。

(ため息)

そんなの聞いたら お前…。

余計 負けられない。

降りないよ 俺は。
絶対 降りない!

はあ!? だったら 俺も負けない!

負けるわけがない!
負けません!

負けない!
負けた事がない!

負けない!
負けませんね!

こういうのは どう?

これで決める。

えっ?
これでって?

表だったらボス
裏だったら三好さん。

出たほうと
今日は このまま一緒に…。

全てを運命に委ねる。

♬~

襲われて廊下に逃げて
ズボンが脱げた?

…うん。

本当… 赤っ恥。

わかってる。

…情けない。

申し訳ない。

うっ…。

ううっ…。

かずな?

ごめん…。

ねえ… 本当ごめん。

(笑い声)

ズボン… ズボン脱げたって
何? それ。

笑いすぎだよ。

アハハハ…
やめて やめて 本当に。

あっ… アハハハ やばい!

(かずな)あ~ もう…。 あ~!

♬~

(かずな)太郎ちゃん
もう これ 最高よ。

ああ 見たかった。

アイタタタ おなか痛い。

(かずな)アハハハハ やばい。
アハハ…!

やばい ズボン… アハハ…。
やばい…。

アハハ… 面白い。

完全入った これ。

(かずな)やばい やばい
あっ… アハハ…。

ごめん ごめん ごめん。

あの… それで
あの… あの2人は どう…。

(かずな)やばい やばい あっ…。

それで
あの… あの2人は どう…。

♬~

いいや 俺。

出会いとか… いらない。

♬~

あのね…

女の立場から言わせてもらうけど。

出会いを探す時
一番要注意なのは

ゴジラ女子。

何? それ。

最初は いい人そう。

でも デートしたら
態度が変わる。

で 怒ったら別人。

そして 結婚したら豹変。

第2形態 第3形態に変わってく?

フフフ… そう。

お兄ちゃんの元嫁が
もう まさにそれ。

どんどん姿変わってくの。
要注意。

ゴジラ女子に要注意」。

よし。 アジェンダ入り決定。

フフフ… やった。
フフフ…。

うち 泊まってかない?

えっ?

えっ? えっ… あの… えっと…。

あっ… はい。

あっ でも… あの 急に
何も用意してないしね…。

あっ そうだ!

お兄ちゃんのとこから
いろいろ…。

いや いいんじゃない? 別に。
いえ… なんか いろいろね

着替えとか 歯ブラシとか
あと… あっ 夜食。

ああ…。
(かずな)ちょっと待ってて。

(ドアの閉まる音)

♬~

(チャイム)

あれ? 開いて…。

(チャイム)

はいはい はいはい。

はい はい はい。

おっ!? えっ?

(かずな)太郎ちゃん?

かずな… えっ?

太郎くん…。

舞衣…。

もしかして 太郎ちゃん モテ期?

戻ってきたって事? 俺のとこ。

(舞衣・かずな)美味しい?
帰ったら奥さん2人状態か。

最終決着つけましょうよ。
(和雄)うちの嫁に来んね?

…弱いもんだな。

俺を誰だと思ってるんだよ?
こっちもカオス?