ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。 第4話 金子大地、藤野涼子… ドラマの原作・キャストなど…

『よるドラ 腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。(4)』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 安藤君
  2. ファーレンハイト
  3. 隼人
  4. 奈緒
  5. 本当
  6. 三浦
  7. 純君
  8. 彼女
  9. 亮平
  10. ジュン
  11. 回想
  12. 今日
  13. 小野
  14. 全然
  15. お前
  16. シャッター音
  17. マコト
  18. 一緒
  19. 言葉
  20. 紗枝

f:id:dramalog:20190512000151p:plain

『よるドラ 腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。(4)』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

よるドラ 腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。(4)[解][字]

純(金子大地)は紗枝(藤野涼子)との家デートに失敗し落ち込んでいた。純は紗枝たちと温泉デートに行くが、その浴場で意外にもマコトさん(谷原章介)と遭遇する。

詳細情報
番組内容
純(金子大地)は紗枝(藤野涼子)との家デートに失敗し、落ち込んでいたが、SNSの相談相手・ファーレンハイト(声・小野賢章)の重大な告白にショックを受け動揺する。同級生の亮平(小越勇輝)や小野(内藤秀一郎)たちは紗枝との家デートについて純に聞いてくる。母・陽子(安藤玉恵)も純が紗枝と家にいたことに気づいていた。純は紗枝たちと温泉デートに行く。浴場で純は意外にもマコトさん(谷原章介)と遭遇する。
出演者
【出演】金子大地,藤野涼子安藤玉恵小越勇輝谷原章介
原作・脚本
【原作】浅原ナオト,【脚本】三浦直之
音楽
【音楽】Akiyoshi Yasuda

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


タイム イズ アップ。
はい 答案 集めて~。

(純)<ファーレンハイトは あれ以来
メッセンジャーに現れなくなった>

(ファーレンハイト)「亡くなった恋人は
とても頭がよくて 優しくて

僕は 彼が大好きだった。

ごめん。 一方的に話して」。

話してよ。

(ファーレンハイト)「ねえ ジュン。
僕たちみたいな人間は

どうして生まれてくるのかな?

彼とつきあっている時は 幸せだった」。

(ファーレンハイト)
QUEENも 彼が教えてくれたんだ。

一番好きなアーティストの
一番好きなアルバムだと

QUEENⅡ』をプレゼントしてくれた。

聴いて とりこになった。
魂が震える感じがした。

だけど 彼がAIDSを発症して
全てが変わった。

彼の免疫力は とんでもなく低下していて
分かった時には 既に末期状態だった。

僕は 現実を受け入れられなかった。

僕は取り乱し それを見た両親が
僕らのことに気づいた。

母は嘆き 父は怒った」。

(陽子)うそ。 無理やりに決まってる。
本当は 嫌だったんでしょ?

(ファーレンハイト)「2人とも
僕を 彼の被害者だと認識した。

同性を愛するようになったことまで
彼のせいだと騒いだ。

元から男が好きで
僕から告白したんだと言っても

全く理解してもらえなかった」。

やめて! 何で私を こんなに苦しめるの!?

(ファーレンハイト)
「彼らは 僕を愛してると言いながら

何も僕を分かっていなかった。
分かろうとする気もなかった」。

(ファーレンハイト)「僕は 泣いた。

自分が溶けてなくなりそうなぐらい
涙を流した。

僕は 両親に
通夜に参列したいと言った。

最後ぐらい許してくれと頼み込んだ。

だが 許されなかった」。

(ファーレンハイト)
「だから 無理やり行くことにした。

葬儀場まで行った。

だけど 中に入る前に
警戒していた親族に見つかった」。

あ~!

恥さらしが!
ああ~!

<愛する人を悼むことも許されない>

<僕たちの居場所はないのかも>

(ファーレンハイト)「ジュン
君に頼み事をしたい」。

(ファーレンハイト)「僕が死んだら」。

(ファーレンハイト)「もし 僕が死んだら

僕が彼から貰った『QUEENⅡ』を
彼の墓に供えてくれ」。

「やめてよ。
僕には 君が必要なんだから」。

(紗枝)安藤君。

今日の数学 すごくよくて。
安藤君のおかげだから。

三浦さん 頑張ってたもんね。

[ 回想 ]
純。

安藤君?

安藤君?

ファミレスでさ 打ち上げしない?

私 何でもおごっちゃう。
パンケーキ祭りしようよ。

ごめん…。

今日は 予定があって。

そっか。

明日の温泉デート 楽しみにしてるね。

ブルデー
姐さんたち テンション上がってた。

うん。

じゃあ また明日。
また明日。

(亮平)純君 お疲れ!

♬~

(亮平)小野っち 輝いてるよ!

三浦とは 順調?

うん。

そっか。

≪そうだ! 安藤 お前
この間の家デート どうしたんだよ?

≪ああ そうだ そうだ!
結局 ヤれたのかよ? どうなの?

≪あ~ お前 何やってんだよ~。

純君 家デートしたんだ。

デートじゃなくて 勉強だよ。
そっか。

(亮平)どうして やらなかったの?

何で そんなに気になるの?

(小野)亮平。 もう やめろよ。

安藤と三浦の問題は
安藤と三浦で解決すりゃいいだろ。

(亮平)それは ちょっと冷たいだろ。

(小野)冷たくねえよ。
お前がおかしいんだよ。

好きな女を幼なじみにとられてんのに
そんなに心配して どうすんだよ。

(小野)俺 帰るわ。
えっ?

小野っちは 変わっちまったよ。
童貞卒業して 変わっちまった。

女とヤルなんて
誰でも いつかはすることだろ。

♬~

ただいま。
♬「おかえり~」

純君さ 彼女できたね?

そして 家に入れたね?

ん?
部屋片づけようとしたら 落ちてた。

あっ ちょっと…。
こないだのデートの子だ。

ちゃっかりしてんな~!
いや 勝手に入れてごめん。

ねえねえ どんな子?

いい子だよ。

どこが好きなんですか?

どこが… 好きか。

普通 彼女のどこが好きとか
あるでしょ?

ねえ 具体的にお母さんに聞かせてよ。

笑った瞬間に 顔がくしゃくしゃって
なるのが かわいいとか。

それ 私の魅力か。 私の魅力だわ!

疲れてるから。
え~っ! そっけない!

彼女には ちゃんと優しくしなさいよ。

分かった。

♬~

これ どうですか?
(奈緒)お~ かわいい。

でもさ こっちも かわいくない?

あっ かわいい!
ねえ。

でも こっちも捨て難いしな~。
安藤君 どっち好き?

えっ? 聞かなくていいですよ。
安藤君 すぐ皮肉言うんですから。

どっちも かわいいよ。
えっ?

ありがとう。

いいね いいね~!

今日は 存分に
2人の のろけ話 聞く会だからね。

紗枝ちゃんさ 安藤君とつきあう前に
毎日 私に連絡してきてて。

いやいやいや…。
「もう駄目です。 おしまいです。

詰みました。 この人生では無理そうです。
来世に期待します~」って。

そんなこと言ってない!
でも だから 本当によかった。

…で 安藤君は?
彼女のどこに ほれたの?

三浦さんって
好きなものについて話す時

周りが見えなくなりながら
話しちゃうんですけど

そういう姿とか すごくかわいいなあって。

最高の彼氏じゃん!
はい…。

隼人と大違い。
(隼人)俺? 全然 褒めてくれないじゃん。

いや 本気出せば いくらでも褒めれるよ。
本気出せばって 何だよ。

2人は つきあったきっかけって
何なんですか?

(奈緒)隼人が 私に一目ぼれしてさ。

(隼人)そうそう。
へえ~。

(奈緒)断っても断っても告白してくるから
何か もう 根負けして。

あらゆる告白 全部やったから。
え~っ 意外です。

(奈緒)つきあった時 泣いてたもんね。
(隼人)それはない それは…。

(奈緒)泣いてたって。

今日の安藤君 何か変。

(奈緒)あっ 待って。
これもさ かわいくない?

(隼人)俺さ 正直

安藤君は 紗枝ちゃんと つきあわないって
思ってたんだよ。 えっ?

いや こないだ 一緒に遊んだ時さ

これは 脈なさそうだな~って
紗枝ちゃん かわいそうだなって思ってた。

だから 意外だった。

よかったね。 おめでとう!

ありがとうございます。

これから大変だね。

BLのイベントとか連れ回されて。

俺も最近さあ
無駄に そういう知識増えて。

そういう?

ホモについての知識。

<今どき
無神経に この言葉を使う人も珍しい>

こういう銭湯とかで 脱衣所の鍵を
足首につけてるやつ いるじゃん。

あれ サインなの知ってた?

<はい。
それ 出会いの場での話ですけどね>

いえ。
だよね。 俺 それ 知ってから

銭湯入ると 鍵の位置
確認するようになっちゃってさ。

いや 結構いるんよね。

そうなんですか。

むっちゃいる。

でも そういう人たちって
別に勃起してねえんだよな。

俺が女湯入ったら絶対勃つのにな。

不思議ですね。
(隼人)ああ。

近藤さん?

(マコト)純君。

マコトさん!

何で こんな所にいるんだ?
デートだよ。 彼女と。

そういうことじゃない。
どうして ここを選んだ?

[ 回想 ]
次は 家族を
日帰り温泉に連れていくことになった。

[ 回想 ] この間 一緒に行こうって
言ってたところ?

[ 回想 ] えっ?

当てつけ。
当てつけって…。

(シンジ)先 上がってる。
ああ。

俺も行くわ。

♬~

あっ すいません。 はい。
お代わり 下さい。

姐さん だいぶ酔っ払ってますね。

安藤君。 どうよ 彼女の浴衣姿。

似合ってるね。 きれい。

本当は 全然
そんなこと思ってないでしょ。

うそじゃないよ。
ちゃんと かわいいと思ってる。

絶対うそ! 言葉に心が籠もってない。
他人行儀な感じがする。

安藤君は ほら 自分の気持ちを
言葉にするのが苦手なんだよ。

不器用受け。
ガサツ攻めの隼人と相性いい。

いや 自分と友達の彼氏同士
くっつけようとすんなよ。

え~! でも でも…。 あっ! そうだ。

ちょっとさ 隼人
安藤君と絡んでみてくんない? えっ?

男同士でさ 壁ドンやってほしいんだけど。

やだって。
もう断る選択肢ありませ~ん。

はいはいはいはいはい ちょっと。
面倒くさ!

安藤君も ほらほらほら。 ほ~ら。

安藤君が ちょっと
壁際に行ってもらって…。

はい。 あっ もう やばい。
既に超ドキドキするんだけど。

「よ~い スタート」って言ったら
めちゃくちゃ強気で 壁を こうドンって。

よし。 はい よ~い スタート!

(シャッター音)
はあ~。 そのまま ちょっと見つめ合って。

僕 こういうの苦手で…。
(奈緒)あ~! ちょっと その…

困った感じ 最高。
どうしよう よさしかないんだけど。

(隼人)もういい?
いや~ ちょっとさ

隼人 そのままさ 抱き締めてみてよ。
姐さん…。 お願い お願い…。

(シャッター音)
(奈緒)はいはいはいはい。

で 首筋にさ
顔を ちょっと うずめてみて。

浴衣も… そうそうそう。
(シャッター音) こう?

(奈緒)あっ そうそうそうそう。
(シャッター音)

やめて下さいよ!

すいません。

あ… 安藤君…。
ちょっと トイレ行ってきます。

お前 飲み過ぎだよ。

あっ いた…。

姐さん きっと 今 すごい反省してる。

いや… 僕の方こそ。

安藤君は 悪くないよ。

パパ 撮って。
はい。 いくよ。 せ~の。

♬~

あれ 亮平もやってるの知ってた?
ううん。

♬~

何これ。 全然 様になってないね。
ねっ。

私もやってみよっかな。
えっ?

えっ こう? フフッ。

こうして… こう。

安藤君 見て。

あっ。

どうだった? 私のダンス。

ひたすら滑稽だったね。

今の言葉! 安藤君っぽい。

えっ?
ぽいっていうか 本人なんだけど。

だって 今日 いつもと違ったんだもん。

やっと
いつもの そっけない安藤君に戻った。

僕 そっけないかな?

でも そういうところが好きだから
大丈夫なのです。

褒められてる気がしない。
褒めてないも~ん。

ないのかよ。
フフフフ。

こないだのことなら 気にしないでね。

私 全然 気にしてないから。

安藤君もさ 踊ってみる?

えっ?

嫌だったら 全然…。

ううん。 教えて。

本当?
うん。

やった。 じゃあ ちょっと立って。

はい じゃあ こうして。

こう?
そう… あっ 違う。

もうちょっと こう つけて
足開いて で…。

そう。 …で こうして。
こうして。

もうちょっと こっち側に
こうやって やって こう。

そう。

こう。

何か 幸せかも。
幸せ? うん。

こんなふうに たどたどしく
一緒に踊ろうとする時間が超尊い

こういう時間がずっと続けば
私は それで きっと幸せ。

フフッ。
うん。

…で 次が こうなります。

そう。

<ああ 僕は この子のことが好きなんだ>

<この子となら…>

<本当の僕のままでも…>

あっ。

ありがとう。

安藤君 上手だよ。

三浦さん。

あのさ…。

うん。

 

いいよ。
ごめん。

(ファーレンハイト)「ジュン。

これは 遺書だ。

僕は 自ら命を絶つことにした」。

(ファーレンハイト)
「ずっと こうするつもりだった。

彼のいない世界には とどまれない。

いつか 2人を認めてくれる国に行って

ずっと一緒に暮らそうと
約束していたんだ」。

(ファーレンハイト)
「だけど それは かなわなかった」。

安藤君?
ごめん。

♬~

(ファーレンハイト)「君と出会った時は
本当にうれしかった。

僕と同じ同性愛者で
僕と同じアーティストが好きで

僕と同じように
一回り以上年上の男性に恋してる」。

(ファーレンハイト)「ジュン。

僕たちのような人間は
どうして生まれて来ると思う?」。

[ 回想 ]
ヤッた。
(一同)うぉ~い!

(ファーレンハイト)「全ての生物は 子どもを作り

種を存続させるために
存在するのだとしたら

なぜ 僕たちのような生き物が
必要なんだ?」。

(泣き声)

(ファーレンハイト)「僕は 結局 分からなかった」。

(ファーレンハイト)「さようなら ジュン。

本当に好きだったよ」。

♬~

純君?

純君!

どうしたの?

(泣き声)
何かあったの?

助けて…。

助けて マコトさん…。

助けるよ。 僕ができることは 何でもする。

友達が自殺した。

ネットにゲイの友達がいるって
言ってたでしょ。 彼。

AIDSの… AIDSで死んだ恋人を追いかけて
自殺した。

ねえ マコトさん。

ん?

僕たちみたいな人間は
どうして生まれてくるのかな?

♬~

(泣き声)

♬~

僕には 純君が必要だよ。

<そっか。 僕には これが普通なんだ>

♬~

三浦さん…。

どういうこと?

この人 誰?

何で キスしてんの?

キスって… 何か 勘違いしてるんじゃ…。

何これ?

私たち キスしたよね?

セックスだって しようとしたよね?
できなかったけど…。

本当は この人が好きなの?

答えて!

いいじゃん 別に…。

好きなんでしょ? ホモ。

ふざけんな…。

♬~