ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第25話 清野菜名、風間俊介、宮田俊哉、佐藤祐基… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #25 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. バンザーイ
  2. 信子
  3. 公一
  4. 三平兄
  5. ハゲ
  6. 三平
  7. ニキビ
  8. 一同
  9. 公平
  10. ヌード
  11. カボチャ
  12. 公次
  13. お前
  14. イカ
  15. 監視
  16. 兄妹
  17. 本当
  18. アヤ
  19. お前ら
  20. ショック

f:id:dramalog:20190510184745p:plain

『やすらぎの刻~道 #25 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

やすらぎの刻~道 #25 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
昭和16年。17歳になった根来公平(風間俊介)らの集落で“満蒙開拓団”についての寄り合いが開かれる。公平の友人・ニキビ(関口アナン)らの家が参加を決める中、根来家は日本に残ることに。一方、海軍航空隊に志願した次男・公次(宮田俊哉)の壮行会が開かれた夜、「しの(清野菜名)と三平(風間晋之介)が2人きりで会っているのを見た」という噂が立つ。しのは一糸まとわぬ姿で、三平はそれをスケッチしていたというが…
◇出演者
清野菜名風間俊介宮田俊哉Kis-My-Ft2)、佐藤祐基、風間晋之介、井上希美、木下愛華、関口アナン、両角周、若林元太、平山浩行、岸本加世子
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
阿部雄一
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


♬~(一同)「エンジンの音 轟々と」

♬~「隼は征く 雲の果て」

♬~「翼に輝く 日の丸と」

♬~「胸に描きし 赤鷲の」

(根来公平)〈翌日
霞ヶ浦へ発つ公次兄さんを

僕らは 途中まで送りにいった〉

♬~(一同)「寒風酷暑…」

(根来公次)もう ここでいい。

みんな もう帰って 仕事に戻れ。

(公次)あとの事は頼んだぞ。

(根来幸子)うん。
(根来しの)任せて。

しのちゃん…。
ん?

調子に乗って飲みすぎるな。
まだ 酒くさいぞ。

あら…。
(幸子・根来信子)フフフ。

やだ。 まだ におう?
(公次)におうよ。

におう…。
慎む。

じゃあな。

あっ… 三平。

(根来三平)ん?
公一兄ちゃんに言っといてくれ。

奨励小麦のうち 俺は やっぱり
農林41号と農林16号のほうが

あそこの土地には合ってると思う。

そっちを重点的にやるべきだって。

わかったか?

(三平)わかった。

じゃあ みんな…

元気でな。

いってらっしゃい。

♬~

バンザーイ!

(公平・しの)バンザーイ!

(一同)バンザーイ!
バンザーイ!

(一同)バンザーイ!
バンザーイ!

(一同)バンザーイ!
バンザーイ!

(一同)バンザーイ!
バンザーイ!

♬~

〈公次兄さんが
いなくなってから

僕らの仕事は にわかに増えた〉

♬~

〈それまで大事にされていた
桑畑は

どんどん伐られ 燃やされ

代わりに イモやカボチャ

そして 小麦の種付けが行われた〉

〈女の子は みんな

母ちゃんから
ほうとう作りを仕込まれた〉

(根来アヤ)はい 手早く 手早く。
もっと早く…。 そうそうそう。

〈主食は 米から
麦やカボチャと

安くて簡単にでき

腹にたまるものに
変わっていった〉

〈気づかないうちに 僕らの村は

戦時下の村へと
変わっていたのだ〉

〈その日 一つの衝撃的噂が

小野ヶ沢を駆け巡った〉

(ハゲ)痛えよ!

(青っ洟)本当かよ?
(ハゲ)本当だ。 見たんだ。

1人でか?
ニキビと2人でだ。

どこで!?
(ハゲ)浅井が元住んでた廃屋だ!

(青っ洟)いつ?
3日前の夜だ。

(青っ洟)三平兄ちゃんと
しのちゃんだけがいたのか?

そうだ。 兄ちゃんが
しのちゃんの絵を描いてた。

しのちゃん…
着物 脱いでたのか!

もろだ。 全部 脱いでた!

乳… 出してたのか?

出してた。

右も… 左もだ。

どのくらいの大きさだった?

そうさな… 桃くらい。

いや 桃よりでかいか!

言うなよ!

(ニキビ)馬鹿!
桃なんてもんじゃねえ!

ちっこいカボチャぐらいは
あった!

カボチャ?
色は桃だった! 重そうだった。

重そうだったか!
(ニキビ)ズシリとしてた!

うわ~…。

公平は知ってんのか?

いや まだ言ってない。

言うなよ!
もちろん言わないけど…!

嘘…!

それが 嘘じゃねえんだ!

見たのか? お前ら。

しのちゃん
乳を丸出しにしてたって。

イカくらいの大きさが
あったって!

嘘…!

〈ショックで
息が止まりそうだった〉

〈そのショックには
多分に嫉妬も含まれており…〉

〈三平兄ちゃん… 許せない!〉

(ハゲ)言うなよ?
言えるわけないだろ!

そんな事 お前… 誰に?

〈しかし
簡単に僕は言っちゃった〉

〈僕は 極めて口の軽い男で…〉

(根来公一)なんだと?

もう一度
最初から ゆっくり説明しろ。

うん。
そ… それは あれなの?

公次の壮行会のあとの話?
らしい。

まあ…。

しのちゃん あの晩 酔ってたから。
(アヤ)まあ…。

浅井の住んでた家の中でか?
うん。

明かりがついてたから
「なんだろう?」って

ニキビとハゲが
のぞいたらしいんだ。

そしたら
しのちゃん 裸になってて

三平兄ちゃんが
それを絵に描いてたって…。

まあ!

しのちゃんのおっぱい
イカぐらい でかかったって!

あの子
おっぱい そんなにないわよ。

あれ? でも ハゲが…。

しのちゃんじゃなくて
別の人じゃない?

いや
確かに しのちゃんだったって…。

はしたない!

あいつら
いつから できてたんだ…。

仲がいいのは気がついてたけど…。
(公一)そこまで いってるとは…。

イカぐらいは…。
乳の大きさの問題じゃない!

はい!
男の前で裸になってたら

そのあと…

そのあと…。
そうそう そうそう。

そんなところを
人に見られるなんて…!

まったく あいつら
なんて恥さらしな…。

こういう話は
すぐに噂になるわよ!

そうそうそう。
まったく あいつら…!

どうしたもんだろうか…。

〈こういうふうに
大ごとになる事を

どこかで喜んでいる自分がいた〉

〈これは
恐らく 三平兄ちゃんに対する

僕の嫉妬心の表れであり

同時に しのちゃんのおっぱいを
じかに見たという

ハゲやニキビへの
やっかみの表れで…〉

(公一)どういうつもりだ?
(三平)すみません…。

(公一)すみませんじゃないよ!

お国のために公次が お前…

海軍に入隊しようっていう
そういう晩に

よりにもよって…。

恥ずかしいとは
お前ら 思わないのか!?

こういう事が
そこら中に あんた

噂になったら どうすんの?

(アヤ)根来家の娘は

男の前で
平気で裸になるような子だって…。

もう そこら中が
知ってると思うよ。

ニキビたちには 一応 厳しく

絶対に言うなって
口止めしといたけど

あいつら 本当に口軽いから…。

恥ずかしくて 表が歩けないよ!

お言葉を返すようですけど…
お兄さん お母さん。

別に 私たち
人に責められるような

恥ずかしい事 していませんよ。

私たち 兄妹のつもりだし
兄妹が兄妹の裸 見たって…。

(三平)それに これ 兄さんたち

裸 裸って
さっきから言ってるけど

あれは裸じゃなくて
ヌードってものなんだ。

ヌ… ヌード?

ヌ… ヌードって
裸と何が違うんだい?

ヌードは絵を描くモデルの事だよ。
(公一)おい。

いわば 芸術の分野だよ。
(公一)げ…。

(三平)昔から
西洋の絵画の世界じゃ

ヌードを描くのは
当たり前なんだよ。

ミロだって ロダンだって
ボッティチェリだって…。

わけのわかんない話をすんな!

とにかく
そういう ふしだらは許さん!

あのね 兄さん…。
うるさい!

とにかく
今後 三平としのの2人は

2人っきりでいる事を禁じる!

2人で会話をまじわす事も
禁じる!

2人っきりで
こっそり会っとったり

何か コソコソ喋っとったり…。

公平! 信子!
(公平・信子)はい!

これから お前ら
2人の監視人だ!

2人を よく注意して見張れ!
(信子・公平)はい。

何か こいつらが
怪しい行動に出たり

変な様子が見られたら
家長の俺に すぐ報告しろ!

(公平・信子)はい。
(公一)いいか?

こいつらに買収されるなよ。

わかりました! 信子
分担して2人を監視しよう。

お前は三平兄ちゃんを担当しろ。
俺は しのちゃんを担当する。

(公一)逆にしろ!
えっ?

お前が三平を監視しろ。
信子がしのだ。

あれー…? あっ そう。

(公一)とにかく この家で
ふしだらは許さん!

♬~

〈アテが外れて
ちょっと がっかりした〉

♬~

〈しかし とにかく
それからというもの

うちは 一種の監視社会になった〉

♬~

〈室井先生が そうだったように

三平兄ちゃんと しのちゃんは
危険人物として

常に監視された〉

どこ行くの?

ションベン。

♬~

〈僕らは いわば
特高の立場だった〉

♬~

特高の意地悪さを
ちょっと楽しんだ〉

〈1週間が あっという間に過ぎ

その1週間の監視活動の中で

僕は ある事に
ようやく気づいた〉

♬~

〈ハア…〉

〈三平兄ちゃんと しのちゃんが

実は お互いに
好き合っているという事にだ〉

♬~

兄ちゃん。

しのちゃんに会いてえか?

会わせてやりてえが
そういうわけにもいかねえんだ。

公一兄ちゃんに
約束しちまったからな。

♬~

兄ちゃん…。

しのちゃんの事…

前から好きだったのか?

♬~

信子!
(信子)どうしたの?

しのちゃんは?
中にいるわよ。 母さんと。

ハア…。

あっ…。

(信子)どうしたの?
三平兄ちゃんに まかれた。

えっ?
逃げられた…。

(根来鉄兵)
言いたい事を ここに書け。

(鉄兵)手紙代わりだ。

ちっこい字で ここに書け。

誰にも気づかれんように

文通ならできる。

♬~

この年になって
おねしょしちまったよ…。

かわいそうに…!
(鉄兵)人には それぞれ

原風景っちゅうもんがある。
許せねえ…。