ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

ラジエーションハウス 第5話 窪田正孝、本田翼、広瀬アリス、丸山智己… ドラマの原作・キャスト歌など…

『ラジエーションハウス #05【窪田正孝 本田翼 広瀬アリス】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 直樹
  2. 藤本
  3. 雄太
  4. Ai
  5. 裕乃
  6. 威能
  7. 小野寺
  8. 歩美
  9. 直樹君
  10. 解剖
  11. 山村君
  12. お兄ちゃん
  13. ホント
  14. 山村
  15. 死因
  16. 写真
  17. 遺族
  18. 辻村
  19. 悠木
  20. キャッチボール

f:id:dramalog:20190506215920p:plain

『ラジエーションハウス #05【窪田正孝 本田翼 広瀬アリス】』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

ラジエーションハウス #05【窪田正孝 本田翼 広瀬アリス】[字][デ]

絶世の美少年が死亡。Ai(死亡時画像診断)を駆使して、縁の下のヒーロー達が犯人を捜し出す!令和最初の月9は家族の絆!GWはみんなでラジハを観なきゃ!!

詳細情報
番組内容
唯織(窪田正孝)は杏(本田翼)から、あるCT画像の意見を求められる。画像をのぞき込んだ唯織は、杏との距離が近いことに照れて…。
 裕乃(広瀬アリス)は威能(丸山智己)が遺体画像を見ていたことに驚く。実は威能はCTやMRIを使って遺体の死因を究明するオートプシー・イメージング、通称『Ai』と呼ばれる死亡時画像診断のスペシャリストだった。鏑木(浅野和之)は放射線科の受診患者増加などを理由にAiの受け
番組内容2
入れを最小限にとどめようと提案。だが、院長の渚(和久井映見)はAiと解剖を組み合わせることは医療界全体の未来にとって必要だと考えていた。
 そんな折、公園で倒れている所を発見され、その後死亡が確認された美しい顔の少年・藤本直樹(南出凌嘉)のAi依頼が届く。第一発見者は直樹とキャッチボールをするために公園に来たという弟の雄太(斎藤汰鷹)。救急通報をしたのは藤本家の近所に住む少年・山村肇(小林喜日)
番組内容3
だった。
 辻村(鈴木伸之)は心臓付近に擦過傷が見られたことから、胸骨の未発達な子どもの胸に衝撃が加わることで起こる心臓震盪(しんとう)の可能性に言及した。直樹は上に向かってボールを投げてそれをキャッチしていた、という目撃情報もあった。だが、直樹の父母、勝彦(三浦誠己)と歩美(森脇英理子)は、小野寺(遠藤憲一)らの説得にも耳を貸さずAiをかたくなに拒否。周囲は虐待死を隠ぺいするためだと疑い始め…。
出演者
窪田正孝 
本田翼 

広瀬アリス 
浜野謙太 
丸山智己 
矢野聖人 

山口紗弥加
 ・ 
遠藤憲一 

鈴木伸之 
浅野和之
 ・ 
和久井映見 


スタッフ
【原作】
「ラジエーションハウス」(原作:横幕智裕 漫画:モリタイシ グランドジャンプ集英社) 

【プロデュース】
中野利幸 

【演出】
野田悠介 

【制作著作】
フジテレビジョン

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


[ここに 1台の携帯電話がある]

[20世紀最大の発明といわれ

いつでもどこでも 好きな相手と
つながることができる

コミュニケーションツール]

(杏)お父さん
朝ご飯 ちゃんと 食べてね。

(杏)じゃあ いってきます。

♬~

[しかし この奇跡のような
ツールをもってしても

絶対に つながれない相手がいる]

[それが 死者だ]

(唯織)《撮影条件が肩関節に
あったので 分かりにくいですが

肺尖部の濃度が 他の肺野に比べて
わずかに黒いです》

≪(エレベーターの到着音)

五十嵐さん。

《杏ちゃん!》

(唯織)はい。

あっ ちょっと
見てもらいたい写真がありまして。

あっ はい。
あの… これなんですけど。

《杏ちゃんが こんな 近くに!》

どう思いますか?

(せきばらい)

呼吸によるアーチファクトですね。

そうですよね。
ありがとうございます。

どういたしまして。

♬~

(裕乃)威能さん
そんな真剣な顔して

何 見てるんですか?
(威能)ん~?

(裕乃)んっ?

わ~!!

た… 大変です!
(軒下)どうした?

(裕乃)威能さんが パソコンで
グロい画像 見てます。

(軒下)どうせ 焼死体の資料だろ?
(裕乃)焼死体!?

(悠木)怖いんだ?
(裕乃)はい。

(たまき)女の子ぶっちゃって。
(裕乃)女の子です。

(小野寺)
威能は Aiも 担当してんだよ。

Ai! 人工知能

(軒下)バカか。
(裕乃)えっ?

(軒下)それ わざと言ってんの?

お前 こんな 悠木でさえ
知ってるぞ。

(悠木)「こんな」?

(悠木)死亡時画像診断。
オートプシー・イメージング 通称Ai。

遺体に CTやMRIを使って
死因を究明する。

お~!

(威能)欧米じゃ ポストモーテムイメージング
PMIなんて呼ばれてるけど

日本じゃ Aiっていう呼び方が
一般的なんだ。

へ~。

いや 読んだことあるからな…。

(鏑木)放射線科では
受診患者の増加 および

人員の不足を考慮して

Aiの受け入れを 今後
最小限にとどめる方向で

考えていきたいと
思っております。

(鏑木)よろしいですね?

(渚)救急死亡時の Ai実施は
当院の方針です。

いや ですが 院長

私たち 医者の仕事は
患者を救うことです。

多額の費用を使ってまで

遺族の気持ちに応える
必要も時間もないかと。

Aiと解剖を
組み合わせることは

この病院 そして
医療全体の未来にとって

必要なことだと考えています。

私は 方針を変えるつもりは
ありません。

よろしいですね?

あっ そういえば 威能さんって
Aiの認定 受けてるんですよね?

えっ はい。

(たまき)うちの病院じゃ
Aiのスペシャリストなの 威能は。

(裕乃)へ~
すごいですね 威能さん。

(威能)いや それほどでも。

でも どうして 亡くなった方の
検査が 必要なんですか?

≪(里美)失礼します。
救急から Aiの依頼です。

(小野寺)はいよ~。

たまき 軒下 悠木は 通常業務な。
(3人)はい。

こっちは 五十嵐。
はい。

それと 広瀬も。
(裕乃)えっ?

お前 さっぱり 分かってない
ようだから 一緒に来い。

えっ… あっ はい…。

♬~

♬~

(辻村)藤本 直樹君 13歳。

家の近所の河川敷で
倒れてるところを発見されました。

(辻村)第一発見者は
9歳の弟 雄太君。

河川敷には直樹君と
キャッチボールするために

来たということです。
死因は?

(辻村)到着時には すでにCPA
蘇生対象ではありませんでした。

心臓付近に擦過傷が見られ
他に目立った外傷がないので

心臓振とうかもしれません。
警察には連絡してあります。

心臓振とう?

(辻村)胸骨の
まだ未発達な子供の胸に

衝撃が加わることで起こる
外傷性の心停止。

(小野寺)
致命的な外傷がないからって

心臓振とうとは限んないだろ。
内臓に疾患があったとか?

既往歴を確認しましたが
特に疑わしい点もなかったので。

(小野寺)心臓には
どういう衝撃が あったんだ?

(辻村)上に向かってボールを投げ
それをキャッチしていたという

目撃情報があります。
例えば

取り損ねて
ボールが 胸にぶつかったとか。

まあ 詳しいことは
Aiで診てみるわ。

それが

遺族の方が Aiを希望しないと
言ってます。

フゥ… 遺族の拒否か。

♬~

♬~

あちらです。

藤本さん。

放射線科の甘春と申します。

Aiの実施の件ですが

もう一度 考え直して
いただけないでしょうか。

(藤本)いつまで 待たせるんだよ。

(藤本)帰せよ 息子を!

とっとと 家に連れて
帰りたいんだよ。

下の子もね
ずっと 待ってるんですよ!

お待たせしてしまい
ホントに申し訳ございません。

ですが Aiをやれば

体の表面からは分からない
本当の原因が

写真に写るかもしれないんです。

こっちは 必要ないって
言ってるんですよ。

Aiは
メスを入れる解剖と違って

大切な息子さんの体に
傷をつけることがありません。

死んだ人間を写真に撮って
何の意味があるんですか?

どうして亡くなったのか

本当の原因を知りたいとは
思わないんですか?

(歩美)それで 直樹が
戻ってくるっていうんですか?

(歩美)そんなことをして
何の意味があるんですか?

Aiは あなたたち遺族のために
やるべきなんです。

まだ 突然のことで気持ちが
追い付いてないのかもしれない。

当然です。

ですが 後になって

あのとき もしかしたら
別の原因があったのかもしれない。

(小野寺)他に何かできることが
あったんじゃないのか。

そうやって悔やんでも
もう遅いんですよ。

そんな思いをずっと抱えながら
生きていくのは

苦しいことだと思います。

あの…。

少し 考えさせてもらえませんか?

付き添わせて 悪いな。

(山村)直樹が死んだの やっぱり
胸にボールが当たったせいですか?

ああ。 そうみたいだな。

(山村)最近 よく 雄太と
キャッチボール 練習してたからな。

何で あいつ 急に
キャッチボールなんかよ…。

まだ かかるみたいなんだ。

雄太は 僕が 見てますから。

(藤本)悪いな。

こんにちは。

雄太君?

初めまして。
放射線技師の五十嵐です。

山村です。
どうも。

近所に住んでて 雄太が泣きながら
うちに来たんで

救急車 呼びました。
そっか。

おばさんは パートで
おじさんは 空手道場に行ってて

すぐに
連絡 取れなかったみたいで。

びっくりしたよね。

(雄太)僕のせい。
んっ?

(雄太)僕が すぐに 行ってれば…。

お兄ちゃんが死んじゃったのは
僕のせいだ。

他にさ
原因があるかもしれないから

もう少しだけ 待っててね。

♬~

いつになく真剣ですね 技師長。

どうしても 重ねちゃうんだろ。

自分も 父親だから 一応。

そうでしたね。

ご両親 Ai 承諾してくれると
いいですね。

そう簡単には いかないんだよ。

えっ?

異状死って知ってるよな?

確か 死因が分からない死。
(威能)そう。

日本じゃ 年間15万人が
異状死とされるけど

そのうち 解剖に回されるのは
せいぜい 2万人ぐらいだ。

えっ じゃあ 残りの13万人は?

死因を解明されないまま
火葬されて終わりだ。

どうして 解剖して
確かめないんですか?

遺族の承諾だよ。
(裕乃)えっ?

解剖には
幾つかの種類があるけど

病院でやる病理解剖と
警察がやる司法解剖があって

病理解剖は
病院で患者が亡くなった場合

遺族の承諾が必要。

司法解剖
法的には承諾不要なんだけど

心情的配慮から 遺族の了承を
取ることになってる。

へ~。
(小野寺)だから すんなり

解剖できるとは限らないんだ。

例えば 特に目立った外傷もなく
犯罪の疑いもないから

異状死とされたとする。

もしも これが 殺人だった場合

犯人として 一番 有利な立場に
いるのは 誰だと思う?

もしかして…。

遺族?

(藤本)何をやっても時間の無駄だ。

(歩美)うん。

連れて帰るぞ。

それで いいのかな?

別に あいつらの言うとおりに
しなくたって いいんだぞ。

(歩美)でも…。

まあ…。

直樹のことは お前が決めろ。

直樹は 私たち二人の子供でしょ?

(小野寺)現制度の解剖で
最も深刻な問題になってんのは

児童虐待だ。

加害者が親の場合
まず 解剖を承諾しないからな。

そうなると 死因を 究明できない。

場合によっては 完全犯罪が成立。

虐待…。

(小野寺)だから
Aiが 大事になってくんだよ。

Aiなら 解剖しなくても

画像から
死因を調べることができるし

それで
もし 異常が見つかった場合

全身を開かなくても
その箇所だけ解剖すれば済む。

なるほど。

だけど 今回 あの夫婦の様子じゃ
Ai 無理だな。

(小野寺)はい。

分かった。

母親が Aiを承諾した。

藤本さん これから
CT検査を行います。

(歩美)お願いします。

(小野寺)
あの… どうして 心変わりを?

最後に
直樹のこと 教えてほしくて。

(歩美)うちは 共働きで

主人は トラックの運転手で
何日も 家を空けることも多く

私も 一日中 パートで
夜遅くになることもあるので

なかなか 面と向かって

あの子の話を聞いてあげることが
できなかったんです。

もう 何をしても 何の意味もない。
そう思ってました。

でも さっき 言われて…。

私たちが あの子にしてあげられる
最後のことなんじゃないかって。

(歩美)だから 教えてください。
お願いします。

♬~

(里美)今から
CTを撮らせてもらいますね。

どうして 話し掛けてるんですか?

他の患者さんへの配慮だよ。
(裕乃)ああ…。

たまきさん すいません ちょっと
合間に入れさせてください。

結構 詰まってんだけど
Aiなら 仕方ないね。

2回撮影ですか?
頭部と心臓部の

コンベンショナルを追加した4回撮影だ。
はい。

えっ 何で
そんな 線量 かけるんですか?

線量が多ければ多いほど
画像は高画質になります。

ご遺体だからできる撮影条件だ。
(裕乃)はい。

(たまき)ねえ マンモの患者が
落ち着いたら

MRI やるから

悠木は 外の患者に
状況 説明してきて。

はい。
(たまき)あんたは さっさとレントゲン!

(軒下)はい。

それでは 始めます。

♬~

全部で 2, 000枚くらいか。

威能 俺 MPR やるから
お前 3D 作ってくれ。

はい。
私は ここで 読影します。

♬~

速っ…。

♬~

♬~

一応 脳の正中に
中間帆腔が認められましたが

正常変異だったので
問題はないかと…。

それ以外に 脳や心臓に
異常は見当たりません。

えっ?

ただ 甘春先生
肝臓部分の画像を見てください。

肝右葉前区域損傷。

おそらく 死因は
肝臓破裂による出血性ショック。

(裕乃)肝臓破裂?

ボールがぶつかったぐらいで
肝臓破裂しねえだろ。

これは 事故。
あるいは 殺人。

♬~

(里美)動かします。

♬~

どうした?

(威能)いや 今でも
時々 思い出しちゃうんですよね。

何で あのとき ちゃんと 死因を
調べてやんなかったんだろうって。

(威能)妹には 本当は
別の死因があったんじゃないかって。

いまさら そんなこと言っても
しょうがないんですけどね。

♬~

♬~

《全部で 2, 000枚くらいか》

《速っ…》

何? あの人。

(裕乃)
やっぱり 虐待なんですかね?

直樹君 腕のところに
あざ ありましたもんね。

はい。

雄太君。

あのね
雄太君のせいじゃなかったよ。

お兄ちゃんの体の写真を撮ったら
違う原因が見つかったの。

ホント?
うん。

お兄ちゃんね ボールが
当たったせいじゃなかったんだ。

だから
そんなに 自分 責めないで。

肝臓破裂?

肝臓が
破裂しているということは

事故 あるいは 何者かに
暴行を受けた可能性があります。

えっ?

直樹は
殺されたっていうんですか?

体表に 何の痕跡もないのに
肝臓が破裂しています。

通常 これは
起こり得ないことです。

(裕乃)どうしたの?

もしかして おじさん…。

山村君 ちょっと いいかな?

藤本さんが どうしたの?

いや 直樹んちの
おじさんと おばさんって

2年前に再婚して。

直樹が おばさんの子で
雄太は おじさんの子で。

でも 直樹 おじさんと あんま
うまくいってなかったみたいで。

たたかれたって。

えっ? ふっ 藤本さんに?

(辻村)失礼ですが 藤本さん
直樹君に 手を上げたことは?

一度だけ
あいつを たたいたことがある。

それは…。

でも これとは 違う!

俺は 関係ねえぞ!
(辻村)とにかく

このような状況に
なりましたので

検視に来る警察には
話さなければなりません。

えっ? 警察?

お兄ちゃんとは
よく キャッチボールしてたの?

うん。 最近 よく
二人で 練習してたんだ。

ふ~ん。

お兄ちゃん
野球 やったことないから

僕より 下手で。
そっか。

雄太君さ さっき 「僕が すぐに
行ってれば」って言ってたけど

約束の時間に遅れちゃったの?

家を出ようとしたら
お兄ちゃんから電話があって

「財布 忘れたから
持ってきて」って。

それで 財布 持って 公園に行ったら
お兄ちゃんが倒れてて。

疲れちゃったよな 雄太。
(雄太)ううん。

救急車で ここ 一緒に来てから
結構 たってるもんな。

まだ かかりそうですか?

≪(歩美)雄太。

(雄太)お母さん。

もうすぐ 警察が 来るから
もう一度

直樹を見つけたときのことを
聞かせてほしいの。

山村君も ホントに ごめんね。

もう少しだけ
付き合ってくれる?

(山村)はい。

山村君。

(藤本)
今度は いったい 何なんだよ。

(小野寺)あの… 五十嵐の方から
ちょっと 話があるそうなんで

聞いてもらえますか?

え~

今回の直樹君の肝臓破裂に

非常に近いケースの事例を
見つけました。

アメリカで ボクサーが試合後に

肝臓破裂で亡くなるという事故が
あったんです。

そのときも 直樹君と同じく

体表に目立った痕跡は
なかったんですが

そのまま 意識を失い死亡。

後から CTを撮ってみると

肝臓が破裂していた
ということなんです。

それは 直樹君が
暴行を受けたということ?

もし 一撃で 肝臓に 致命傷を
与えることができたとしたら

それは おそらく
格闘技の経験者です。

あんた 俺が やったって
言いたいんだろ?

違います。

直樹君は 肝右葉前区域破裂。

右側の肝臓を損傷していました。

つまり
それは 殴った方にしてみれば

左手での
攻撃ということになります。

左利きってこと?
はい。

藤本さんは 左手に 時計を
しているので 右利きですよね?

(藤本)ああ。
とすると

藤本さんは
当てはまらないんです。

だから 言ってんだろ。

直樹を
早く 帰してほしかっただけだ。

確かに 俺は 直樹に 手を上げた。

(歩美)《直樹は?》

《こんな時間なのに…》

《変なことに
巻き込まれてなければいいけど》

≪(ドアの開く音)

(歩美)《直樹? 直樹!》

《何してたの こんな時間まで》

《何か あったんじゃないかって
心配したのよ》

(直樹)《関係ねえだろ》

《直樹》
《おい!》

《関係ないって
どういうことだ?》

(歩美)《直樹…》

(藤本)ただ 家族に…。

親子になりたかっただけなんだ。

ずっと そのことを 後悔してて

この人 直樹のこと ホントに
真剣に考えてくれてたんです。

でも 結局 直樹は 俺のことなんて
見向きもしなかった。

親だなんて
思ってなかったんだろうな。

違うよ。

ホントは 仲良くしたがってたよ。

えっ?

(雄太)《ほい》
(藤本)《おっ》

(雄太)《お兄ちゃん!
お兄ちゃん!》

《直樹! お前も一緒にやるか?》

《俺は いいよ》

(藤本)《よし やるか》

《いくぞ。 おっし》

(雄太)《ほい》

(藤本)《ストライク!》
(雄太)《やった!》

(藤本)《ハハハ。
よし ちょっと 高め いくぞ》

《ほら》

(雄太)《ねえねえ お兄ちゃん》

《お兄ちゃんもさ 今度
お父さんと一緒に

キャッチボール やろうよ》
《う~ん… 俺は いいよ》

《下手だから?》

《仕方ないだろ》

《俺は 雄太みたいに
父親と一緒に

キャッチボールなんか
してもらったことないんだから》

《そっか…》

≪(戸の開閉音)

《いって…》

(雄太)《お兄ちゃん!》

《あの人には 内緒な》
《うん》

(直樹)《いてっ! あいてっ!》

《あ~ もう!
くそっ! くそっ!》

《んっ! え~ もう…》

《あ~ もう… くそっ!》

(直樹)《あ~! あいてっ!》

(雄太)《いくよ~》
(直樹)《おう》

(雄太)《お~!》
《お~!》

(雄太・直樹)《やった~!》

《やった! やった!》

(直樹)
《もう一回… もう一回》

(雄太)《ねえ お兄ちゃん?》
(直樹)《んっ?》

《そろそろさ お父さんと
一緒にやらない?》

《あ~ そうだな》

(雄太)《やった~!》
(直樹・雄太)《イエーイ!》

《イエーイ!》

(歩美)じゃあ 誰が 直樹を…。

実は 今 ここに 左利きで
格闘技の経験者がいます。

山村君。

そうだよね?

えっ?

山村君。

そうだよね?
えっ?

山村君の手には 藤本さんと同じ

空手をやっている人に見られる
拳だこがあります。

(山村)やってますけど…。

どうして 左利きだって
分かったんだ?

山村君は さっき 右ポケットに
入っていた携帯電話を

わざわざ 左手に 持ち替えて
また 右ポケットに戻しました。

それに ボールを とっさに
キャッチしたのも 左手です。

僕じゃない。

藤本さん

あの すみませんが 携帯電話を
お借りしていいですか?

お願いします。

すいません。

(バイブレーターの音)

山村君 携帯を 出してください。

(雄太)あっ お兄ちゃんの。

さっき
直樹君の所持品を見たとき

あるはずの携帯電話が
ありませんでした。

《家を出ようとしたら
お兄ちゃんから電話があって》

どうして 山村君が
直樹君の携帯を持っていたのか。

それは おそらく
携帯に見られたくない

二人のやりとりが
残っているからだと思います。

山村君。

携帯を 渡してください。

あんなので 死ぬなんて
思わなかったんです。

本気で 殺そうなんて!

直樹が

俺の方を 見ようとしてくれてた。

藤本さん 落ち着いて…。

ホントの!

ホントの家族…!

お気持ちは 分かりますが
ここは病院です。

どうして 直樹を?

あいつが…。

俺を 裏切ろうとするから。

前は 親父なんていらないって
言ってたのに。

(直樹)《たたかれた》
(山村)《最低だな》

《親父なんて いらねえよ》

《ホントの親父がいたって
うざいだけだし》

《だったら いない方がいいって》

《そうだよね》

(父)《何だ その目は》

《何 にらんでんだ! おい!》

《おい! ん? おい!》

《あっ!? おい!》

≪(直樹)《お~!》

(雄太・直樹)
《やった! やった!》

《捕れた 捕れた 捕れた!
もう一回 いこう もう一回》

(山村)
直樹は だんだん 変わってった。

ずっと 一緒だと思ってたのに。

 

♬~

♬~

(山村)直樹が

おじさんや 家族のことを

大切にしようとするから…。

(殴る音)
(直樹)《うっ…》

♬~

(山村)ごめんなさい。

ごめんなさい!

♬~

♬~

あいつと
キャッチボール したかったな。

一度でいいから 「お父さん」って
言ってもらいたかった。

藤本さん。

これ…。

直樹君の携帯に残った
あなたからの着信です。

直樹…。

うう… うう…。

うう…。

藤本さん。

これ 直樹君の。

♬~

♬~

(歩美)ホントに
ありがとうございました。

直樹の最後の写真を
撮ってくれた皆さんにも

よろしくお伝えください。

はい。

(藤本)ありがとうございました。

(藤本)行こうか。

誰だって あしたも

今日と同じように
生きてるかなんて

分からないんですよね。

(アナウンス)メッセージは1件です。

(理佐子のメッセージ)
もしもし お兄ちゃん?

元気にしてるの?

最近
全然 連絡 くれないじゃん。

どう? 仕事の方は。

お兄ちゃん あんまり 人と話すの
得意じゃないから 心配だよ。

みんなと 仲良くやってね。
分かった?

あっ そうだ お兄ちゃん
今度 私ね…。

(不通音)

[この奇跡のような
ツールをもってしても

絶対につながれない相手がいる]

[それが 死者だ]

威能さんは どうしてAiの認定を
受けようと思ったんですか?

ああ…。

その人の最後の写真を
撮ってあげるってことだろ?

Aiは。
ええ。

その写真を撮れるのは
俺たち 技師だけだからな。

そうですね。

(たまき)くさっ。

かぐわしいこと言ってんじゃないよ。
気持ち悪い。

気持ち悪っ。
(たまき)あんた 足 臭いよ。

(悠木)モイキーです。
(威能)おい。

どうしたんですか? 技師長。
ボーッとしてますよ。

(小野寺)別にボーッとしてねえよ。
(裕乃)分かった。

大樹君のこと 考えてましたね。
(小野寺)違えよ。

(裕乃)嘘だ~。
(小野寺)「嘘だ」って 何だ お前。

(たまき)ねえ
昨日 こどもの日だったじゃん。

たまには 電話とかしてあげたら?

(小野寺)何で こどもの日だから
そんなことやらなきゃ…。

(たまき)たまには 話しとかないと
忘れられちゃうよ~。

(小野寺)うるせえ お前ら。
さっさと 帰れ。 ほらほら。

(悠木)バレバレです。
(たまき)あれ 携帯 持ってるから。

ポッケの中。
携帯 握りしめてるから。

(一同)お疲れさまです。
お疲れ~。 お疲れっす。

(威能)お疲れ。
お疲れさまでした。

(アナウンス)
留守番電話に接続します。

ってか
ソッコー 留守電じゃねえかよ。

チッ…
大樹の野郎 チキショー…。

五十嵐さん。

《杏ちゃん》

はい。

見てもらいたい写真が
あるんですけど。

はい。
これなんですが…。

(辻村)甘春。
これ…。

ちょっと見てもらいたい写真が
あるんだけど いいか?

ああ…。
いや あの…。

はい。
じゃあ 僕も…。

医者同士の相談。

技師さんは 技師としての仕事を
続けてください。

行こう。
はい。

階段 気を付けて。

《杏ちゃん…》

♬~

(2人)絶賛発売中の
このドラマの…。

(2人)詳しくは こちらまで。