ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。 第3話 金子大地、藤野涼子… ドラマの原作・キャストなど…

『よるドラ 腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。(3)』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 普通
  2. ファーレンハイト
  3. 三浦
  4. 本当
  5. マコト
  6. 安藤君
  7. 純君
  8. 今日
  9. 恋人
  10. セックス
  11. 一緒
  12. 彼女
  13. ゲイ
  14. コウモリ
  15. ジュン
  16. フリー
  17. 安藤
  18. 気持
  19. 駄目
  20. 中山

f:id:dramalog:20190505100525p:plain

『よるドラ 腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。(3)』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

よるドラ 腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。(3)[解][字]

純(金子大地)と紗枝(藤野涼子)の仲は亮平(小越勇輝)たちクラスメイトに知られていた。母・陽子(安藤玉恵)が留守中、純の部屋で純は紗枝と二人きりで勉強を始める。

詳細情報
番組内容
純(金子大地)と紗枝(藤野涼子)の仲はクラス中で公然の秘密となっていたが純は気にしなかった。親友の亮平(小越勇輝)の様子を純はひそかに気にしていた。親密に接するうち、純の心は紗枝に傾いていった。純はマコトさん(谷原章介)に彼女が出来た話をし「今日でマコトさんと会うのをやめにしたい」と伝える。母・陽子(安藤玉恵)が留守中、純は紗枝と部屋で勉強を始める。ムードは最高潮に達し、純は紗枝を抱きしめる。
出演者
【出演】金子大地,藤野涼子小越勇輝安藤玉恵谷原章介
原作・脚本
【原作】浅原ナオト,【脚本】三浦直之
音楽
【音楽】Akiyoshi Yasuda

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(堀田)安藤には がっかりだよ。
(純)何が 何が?

(中山)お前は
こっち側だと思ってたのによ~。

(飯田)彼女 つくりやがって!

(亮平)純君 今まで
浮いた話 全然なかったからさ

不思議だったんだよね。

男の人が好きなんじゃないかって
思ってた時もあった。

[ 回想 ] 僕とつきあって下さい。

(亮平)
でも 単にモテないだけだったんだね。

よかった。 安心したよ。

俺 三浦のこと 好きだったんだ。

(亮平)あ~… 何言ってんだろ 今更。

今の 忘れて。

忘れらんないだろうけど
忘れたことにして。

おはよう!
おお 亮平 おはよう。

おはよう 純君。
おはよう。

(中山)問題は…。
(堀田)いつ…。

(3人)ヤるのか!
はっ?

聞かしてくれよ プランを!

(堀田)デートは?

放課後 テスト勉強
一緒にすることになってるけど。

(3人)お~!
勉強を口実にね。

はいはい 分かります 分かりますって。
そういうんじゃないって。

ちょっと 今の 何!?
おいおいおい 何だ 今のアイコンタクト!

だから そういうんじゃないって。
学校ですよ 学校!

三浦さん。
(紗枝)ん?

現代文の この問題
何で 1じゃなくて2にしたの?

だって この先生 生徒に対して
ひそかな恋心を抱いてるでしょ? だから。

どこに書いてあるの?

ここ。 ほら。 ここ ここ ここ。

「先生は 僕をにらんだ」って
書いてあるけど。

だから それは 表の顔で
裏では つきあってて

「あの時は ああするしかなかったんだ。
ごめんな」って

優しく抱き締めてあげるみたいな…。

そんなこと ひと言も書かれてないけど。

書かれてることが全てとは
限らないでしょ?

書かれてることが全てなんです。
う~…。

本当 常に
そういう妄想ばっかりしてるんだね。

うん。 数学もさ

数字を見ると 0は受けで
1は攻めって感じがするなとか。

<鋭い。 海外の隠語で 0は女役 1は男役>

4と7と…。

<かわいい子だなと思う。

だけど 僕のセンサーは
何の反応もしない>

はあ~…。

よし!
じゃあ 今日は おしまいにしよっか。

まだ始まってもいないよ。
えっ?

やる気あるの?
違うの 違うの 聞いて。

大事な絵のコンクールがあって
それが もうすぐ締め切りなの。

私ね 今回 いける気がするのね。

「あっ 私 いける」って。
「私 いける~!」って。

じゃあ そっちに専念して下さい。

すいませんでした。 今すぐ やります。

フッ…。

すっごい やる気出てきた。

(ドアベル)

(鼻歌)

(ケイト)ハイ 純君! 今日も待ち合わせ?

はい。

ありがとうございます。

<ケイトさんは
イギリス人のレズビアン

僕にQUEENを教えてくれた恩人だ>

女の人って
どこに連れてったら喜びますか?

どこでもいいんじゃない?
好きな相手となら。

スラムでも どこでも楽しいよ。

あの… それだけですか?

ん?

僕がゲイなのに 彼女ができたことに
疑問はないのかなって。

別に。 よくある話じゃない。

そうでもしないと
この国は 生きづらいからね。

ルック ジュン。

まあ… 一つだけ ハードなこと言うとね

あなたは ショーを始めてしまった。

嫌になっても

全部 放り投げて セルフィッシュに
舞台から降りるまねは 許されない。

それだけは忘れないでね。

(ドアベル)

ウェル ハロー。 久しぶり。
(マコト)やあ。

純君 お待たせ。 行こうか。
はい。

ごちそうさまでした。

オ~ ジュン君。

私は いつでも
キュートな子の味方だからね。

♬~

家族で香港? すごいね。

出張でよく行くから 今更だけどね。

ツアコンみたいに
家族連れて あちこち歩いて回ったよ。

マコトさんは 楽しくなかったの?

サービスを提供する側は
楽しめないんだよ。

次は 日帰り温泉
連れていくことになった。

この間
一緒に行こうって言ってたところ?

えっ? ああ…。

今度 純君 連れてくよ。

浴衣姿を見たいな。

僕 彼女ができたんだ。

告白されて 受け入れた。

前に言ってた BL本買ってるところを
見ちゃった子だよ。

マコトさんの言ってたとおり
あれから急接近した。

おめでとう。

ねえ マコトさん。

既婚のゲイって普通?

珍しいかは分からないけど
普通かどうかって聞かれると難しいな。

そういうやつを嫌うゲイは
たくさんいるからね。

そうなの?

純君はさ
「卑怯なコウモリ」の話って知ってる?

うん。

<獣の一族と 鳥の一族。

敵同士の どちらにも
いい顔をしていたコウモリの話>

僕は コウモリだ。

ある時は 異性愛
ある時は 同性愛者

そうやって 自分を使い分けている。

そういう卑怯なことをしてると
嫌う人間も出てくる。

もし 童話で 獣と鳥が和解したように

異性愛者と同性愛者が 分け隔てなく
存在できる社会が実現したとしても

僕のようなコウモリを認めてくれる場所は
どこにもない。

マコトさん。

ん?

マコトさんと会うの
今日で やめにしたい。

今日は それを伝えに来たんだ。

マコトさん?

ちょっと… 待って。

「彼に『別れよう』と言ったら 求められた」。

(ファーレンハイト)「ホテルなんかで
別れ話 持ちかけたら そうなるよ」。

「ゴムなしで されそうになった」。

(ファーレンハイト)「したのか?」。

「断った」。

(ファーレンハイト)「それでいい」。

「僕 彼女ができたんだ。

彼女とならと思うけど 自信がない」。

「やはり 普通のセックスは無理なのか」。

(ファーレンハイト)
「ジュン。 『普通の』とは何だ?」。

(ファーレンハイト)「子孫繁栄のためが普通なら
コンドームをつけて するセックスは?

男女でするのが普通なら

80歳のおじいちゃんと
13歳の少女のセックスは?

君にとって 普通のセックスとは何だ?」。

「考えたこともなかった」。

(ファーレンハイト)
「君の中の普通を変えればいい。

時間はある」。

「分かった。 話してくれてありがとう。

そういえば 誕生日は? 彼と祝ったの?」。

(ファーレンハイト)「急な事情で無くなった」。

普通って何?

えっ?

三浦さんにとって 普通の恋人の定義って
何なのかなって。

何それ? 中二病っぽい。

そうかな…。

私が思う普通の恋人は
丁寧に挨拶し合える恋人かな。

フフフ。
何それ?

「おはよう」とか「バイバイ」とか
「おやすみ」とか

一つ一つの挨拶に
きちんと親愛が宿ってる恋人を

普通の恋人といいます。

それ 普通?

えっ? 普通じゃないかな?

じゃあ もう 何か
普通なんかじゃなくていいや。

普通じゃなくていいから
私は安藤君と そういう恋人になりたいな。

フフフフ…。

だから よろしくお願いします。

こちらこそ よろしくお願いします。

うん。 いい挨拶。

(せきばらい)

よろしくお願いします。

えっ?

手 つなぎませんか。

どういう流れ?
いいじゃん 別に。

♬~

<大丈夫。 三浦さんとなら>

次 勉強 どこでやろうかね?

うちで やる?

えっ?

母さん 仕事で 誰もいないから。

行く。

<練習しよう>

♬~

<駄目だ。 全然 興奮しない>

違う方に興奮する…。

(ドアが開く音)
≪(陽子)ただいま~。

(陽子)純君? うん…。
今日 早かったね。 うん。

肉まん 冷蔵庫あるから 食べていいよ。
うん。

そういえばさ こないだ
一緒に遊園地行った子と どうなったの?

何もないよ。

え~? ちゃんと進捗教えてよ。
う~ん…。

じゃあ 行ってきます。

火の元 気を付けてね。

(ドアの開閉音)

よし。 まずは これぐらいか。

♬~

よしよしよし よし… よし… よし…。

好きだよ 三浦さん。

三浦さん… 好きだよ 本当に。
本当に好きだよ。

本当に 本当に…。

君が笑うと うれしいなって
ちゃんと思うんだ。

本当に好きだよ…。 愛してるよ。

だから…。

だから… 勃て…。

勃てって…!

勃て!

小野っち! ちょっといいか?
(小野)おう。

バスケしようぜ。
いいね。 久々にやるか。

やろう やろう。

(堀田)安藤。 おい。

…で? どうなんだよ?
何が?

三浦との その後でしょうが!

何もないよ。
ただ一緒に勉強やってるだけ。

お前… そんな のんびりしてたら
週刊連載だったら 読者離れちゃうぞ!

意味分かんないから。

あっ…。
あっ? えっ えっ 何の「あっ」だよ?

今度 一緒に勉強する。 うちで。

(3人)言えよ それ 早く!

いよいよじゃねえかよ。
安藤も さすがに そのつもりだろ?

その… あれの あれだろ?
まあ…。

一説によると 1分間 沈黙続いたら
ムード出来てるらしいぞ。

そんな説あるの?

目を合わせてから 1分…。
そらすなよ。

長くない?
ムードには 時間が必要なんだよ。

中山… お前 今 めちゃめちゃ
かっこいいこと言ったじゃん。

俺も思った。

かっこいいぞ 中山。

おう。
安藤。 今 これ 見とけよ。

今 ここ… 今 2人の間に
ムードが出来上がり始めてるから!

はいはい。
(飯田)ここ! 分かる? 分かる?

<そして 僕は いつもどおりの感じで
三浦さんを家に誘った>

入って。
お邪魔しま~す。

そっち。
あっ…。

きれいだね。
片づけたから。

いや そうじゃなくて

アイドルのポスターとか
CDとか 写真集とか 全くないから。

あんまり そういうの興味ないんだ。

あっ 適当に座って。 お茶いれるよ。
ありがとう。

何してんの?

本当にエッチな本とか
どこにもないのかな~って思って。

ないよ。 三浦さんじゃないんだから。

もしかして BLのこと言ってる?
うん。

あのね BLとエロ本は
似て非なるものだから。

別ジャンルだから。
ああ…。

何 笑ってるの?

口 悪いな~って思って。

うん。 全部合ってる。
やった~!

う~ん 終わった~。

<1 2 3…>

あっ あのね。
<4…>

ん? ん? えっ? 何?

口が悪い人って
相手のことを試してるんだって。

どのくらい
自分のことを好きでいてくれてるか

愛情を測ってるらしいよ。
甘えてるんだって。

安藤君 私のこと試してたんでしょ。
いや…。

こないだ 私が「書かれてることが
全てじゃない」って話したの 覚えてる?

ああ… うん。

私ね 安藤君は 何考えてるか分かんなくて
不安になることも多いけど

私は 深読みして 深読みして
安藤君に潜りまくって

それで愛してやるの。

だから 安心して。
私 安藤君のこと ちゃんと…。

♬~

僕も… ちゃんと 好きだから。

♬~

好きだよ 三浦さん。

私も 安藤君のことが好き。

<さあ ここからだ>

紗枝。

純…。 純。

[ 回想 ] 純。

<風船から空気が抜けるように…

萎えた>

安藤君?

今 大丈夫?

(ファーレンハイト)「大丈夫だよ。 どうした?」。

駄目だった。

(ファーレンハイト)「何が?」。

普通のセックス。

今日 試そうとしたんだ。

でも 駄目だった。

下の名前を呼び捨てで呼ばれて
一気に駄目になった。

(ファーレンハイト)「どうして?」。

呼ばれた途端 僕は 彼を意識した。

[ 回想 ] 純。

僕が 本当は どういう人間なのか
体が思い出した…。

僕は 普通には たどりつけない。

永久に…!

異常なままだ…。

(ファーレンハイト)「ジュン。
君は どうして 普通になりたいんだ?」。

家族が欲しい…。

(ファーレンハイト)「ほかには?」。

母さんを悲しませたくない。

(ファーレンハイト)「ほかには?」。

みんなから
気持ち悪いって思われたくない。

(ファーレンハイト)
「ほかには? まだあるだろう?」。

自分を気持ち悪いって思いたくない。

(ファーレンハイト)「ジュン。
僕は 気持ち悪いかい?

君は 君の敬愛するフレディを

何か やたらと声のいい 気持ちの悪い
ゲイのおっさんだと思いながら

彼の曲を聴いていたのかい?」。

違う 違う…。 違う。

そんなことはない。

君は 僕の最高の友人。
フレディは 世界最高のアーティストだ。

(ファーレンハイト)「ありがとう。

僕も 君ほど魅力的な人間には
出会ったことがないよ。

フリーでないのが惜しい」。

僕も… 君がフリーだったなら
もう 30回は 告白してるよ。

(ファーレンハイト)「フリーだよ」。

えっ? どういう意味?

(ファーレンハイト)
「そのままだよ。 フリーなんだ」。

何かあったの?