ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

東京独身男子 第3話 高橋一生、滝藤賢一、仲里依紗、高橋メアリー… ドラマのキャスト・主題歌など…

『東京独身男子 #3』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 太郎
  2. 結婚
  3. 今日
  4. 彼女
  5. 舞衣
  6. 本当
  7. 一緒
  8. 三好
  9. 岩倉
  10. 風邪
  11. 大根
  12. キス
  13. 河村
  14. 前提
  15. 透子
  16. 被告人
  17. 部屋
  18. ボス
  19. 間違
  20. 広瀬

f:id:dramalog:20190505001221p:plain

『東京独身男子 #3』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

東京独身男子 #3[多][字]

高橋一生斎藤工滝藤賢一!アラフォー独身男子のラブ・コメディ!!土曜の夜は、あえて結婚しない男たち、略して“AK男子”に気をつけろ!!

詳細情報
◇出演者
高橋一生滝藤賢一仲里依紗高橋メアリージュン桜井ユキ、仁科あい、内藤理沙、宮本茉由、ノゾエ征爾、斎藤工
◇脚本
金子ありさ
◇演出
樹下直美、タナダユキ ほか
◇音楽
河野伸
◇主題歌
高橋一生『きみに会いたい-Dance with you-』(ユニバーサル シグマ)
【楽曲提供&プロデュース】宮本浩次エレファントカシマシ
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】横地郁英テレビ朝日
【プロデューサー】中川慎子(テレビ朝日)、菊池誠アズバーズ)、岡美鶴(アズバーズ
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/tokyo-dokushin-danshi/
☆Twitter
 https://twitter.com/AKDanshi
☆Instagram
 https://www.instagram.com/akdanshi/

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(石橋太郎)〈俺ら…〉

(3人)あえて結婚しない。

〈…のはずだった。
なのに…〉

(三好玲也)介護?
(岩倉和彦)家に来る 親父が。

どうしたんだろう。

(田畑光則)男性更年期障害。
マジか…。

〈俺には 忘れられない彼女が…〉

(竹嶋舞衣)
彼と結婚していいと思う?

きっと… 幸せになる。

(舞衣)ありがとう 太郎くん。

(三好かずな)初めてじゃないよ。

前に太郎ちゃん 私にキスした。

言ったよ。

あの… け… 結婚しようって。

まさか…!

そんなわけ…!
いや 本当に! あっ ちょっと…!

あっ。
あっ。

お前ら いつの間に そういう…。

違う 違う! 何も…!

えっ…? 覚えてないの? 本当に。
あの夜の事。

何 言ってんの?

はあ!?
どういう事だよ? 太郎ちゃん!

いや どういう事なんだろう…。
どういう事だよ 太郎! おい!

わかんないんだって!
わかんないんだって!

どういう事だ 太郎!
何 言ってんの?

被告人には
黙秘権が保障されている。

はあ… いやいや だから…。

ここでの発言は全て
証拠となるから 注意するように。

待って。 何? これ。 何裁判?

黙れ 下手人!

面白がっちゃって。

とりあえず ピザでも頼もうか。

え~ 石橋太郎 38歳。
職業 銀行員。

同被告人は
平成28年 クリスマス近辺

この 今 俺が貸してあげている

おしゃれで 日当たりのいい
居心地のいい部屋ではなく

当時住んでいた

あの 家賃だけ やたら高くて
日当たりの悪いワンルームにて…。

さりげなく
前の部屋をディスるなよ。

我が三好審美歯科
レセプション担当

そして 私の妹でもある

この三好かずなに手を出し

それを すっとぼけ 忘れていた
という嫌疑がかかっている!

まあまあ 落ち着いて 三好くん。

まずは 被告人の罪状認否から。

被告人
本当に覚えていないのですか?

3年前… クリスマス…。

舞衣と別れた反動で
ひたすら働いてて…。

(太郎の声)それで 風邪ひいて…。

帰ったら 部屋が寒かったから
暖めようとしたら

冷房を間違えて押して…。

で 寒くて
雪山で遭難した夢見てたら…。

(かずな)太郎ちゃん?

(太郎の声)確か そこに…。

太郎ちゃん 大丈夫?

(太郎の声)かずなが… あっ!

吐いた! 吐いたな 下手人!

真犯人しか知り得ない
事実を述べる。

つまり 秘密の暴露。

ミートスペシャル クリスピーで。

あっ Lサイズでお願いします。
XLで。

そのまま 被告人は熱に浮かされ
かずなちゃんにキス。

「結婚しよう」と口走り
一夜を共にする…!

有罪!
有罪!

はい! 異議あり

確かに そんなような事…。

かずなは
そこにいたかもしれないけど

こっちは夢見てて…。

(太郎の声)なんで
舞衣を引き留めなかったのか

ずっと後悔してて…。

舞衣 舞衣!

結婚しよう。

夢?

だから 何も覚えてないし。

(太郎の声)それに 朝 起きたら…。

♬~

(太郎の声)大根…。

大根?
大根?

なんだったんだ? あれ。
という事は

熱に浮かされ かずなちゃんにキス
プロポーズしたかもしれない。

しかし
それは必ずしも意図的ではない。

つまり 未必の故意

でも 朝まで2人って…。

手ぇ出したんだろ お前!

いやいや いやいや。

出されてないよ。
(三好・岩倉)えっ?

(かずな)あの日 たまたま
太郎ちゃんに電話したら

風邪で寝込んでるっていうから
心配で駆けつけて…。

なんか 看病しようかなと
思ってたら

お兄ちゃんが押しかけてきて
それでバトンタッチ。

俺!?

ほら!
そっちこそ 覚えてないのかよ!

確かに… 確かに あの頃

元嫁と壮絶な喧嘩をして

よく 太郎さんの部屋に
行っていました…。

はい 無罪。
無罪。

無罪!

勝訴!

な… ねえねえ ねえねえ
ちょっと待ってよ!

キスされて
「結婚しよう」って言われたのは

本当だからね!

ごめん かずな。

風邪にやられてたとはいえ
失礼したんだったら謝る。

でも 大丈夫だった? そのあと。

風邪うつんなかった? ごめんね。

こうなったら もう…。

立候補する。

えっ?

ただのお兄ちゃんの友達って
自分自身に言い続けてきたけど…。

今日 宣言する。

何を?

私…。

太郎ちゃんの彼女になりたい。

♬~

返事は あとでいいから…。

考えといて。

わかった。

近いうち 必ず話そう。

♬~

(日比野透子)
私の事も知らないでしょ?

(三好の声)どんな子なの…?

ほら 岩倉さんが 今
うっすら気になってる 部下の…。

えっ?
結構いい女だろ?

♬~

♬~

(太郎の声)結婚ですか?

やっぱり…
今は まだいいかなって。

(加藤泰司)でも
この前 言ってなかったっけ?

そろそろ考えてるとかなんとか…。
いや ちょっと一瞬…。

でも 別に今のままでも…。

正直 ないなら ないで
ホッとしたっていうか…。

(小川雄太)おっ! 相変わらず
仲いいっすね 加藤家。

家族写真。 確か 奥さんとは…。

(加藤)まあ いわゆる お見合い。

(小川)見合い? 今どき?

いやいや でも よかったよ。

かえって
家族運営うまくいってるよ。

家族運営?

ほら よく言うだろ。

一番好きな人より

2番目ぐらいが
ちょうどいいって。

1番より 2番…。

(渡辺早紀)えっ?
告白したんですか? 石橋さんに。

うん…。

(早紀)で 返事は?

(かずな)まだなんだよね。 なんか
最近 仕事忙しいみたいで。

(谷川理子)こういう時こそ
押せ押せですよ。

押せ押せ?

(早紀)いや それは駄目。

ああいう難しそうな人は
フワッと押して スッて引く!

その力加減が大事。

フワッ… スッ?

♬~

ん?

何? これ。

「糸井立樹 竹嶋舞衣」

「ウエディングパーティーご招待」

結局 この2人 結婚決めたわけね。

こうして見ると やっぱり…

破壊力あるなあ。

(吉住レイカ)お待たせ。
ありがとう。

「カジュアルな会なので

パートナー 友人
ご家族同伴で ぜひ」

行く必要ないだろ こんなの。

でも 行かないのも
大人げなくないですか?

太郎ちゃんが来やすいように
俺らも誘ったわけでしょ。

どうする? 行くか?

(レイカ)あれ? いらっしゃい。

フフ…。

やっぱり ここにいたか。

あれ?
ウエディングパーティーの話?

うん。

一緒に行こうよ 太郎ちゃん。

えっ?

「えっ?」じゃなくて。

こういう時こそ
笑って祝福しないと。

それが男の度量ってもんよ。

そうかもな。

よし 行く!

偉い!

さすが 太郎ちゃん!

♬~

なんか この2人…。

うん。

案外 悪くないかも。

悪いね 太郎ちゃん
急に呼び出して。

ああ いいよ。 今日は ちょうど
ミーティングが1件 キャンセルになった…。

うわっ!?

久しぶりに診てやるよ。
いや いいって 今日は…。

いいから。
いいって言ってんのに…。

話ってのは 他でもない。

かずなだろ?
今日 いなかったもんな。

ああ。
いないの狙って呼んだからな。

はい あーん。
えっ?

もう32なんだよな…。
えっ?

最初に2人の事 聞いた時
つい カッとなったけどさ

よくよく考えたら
あいつも もう そんな年で…。

ここのとこ 男の話も聞かないし

俺みたいに色気ないしさ あいつ。

言うほど お前もないけどな。

もし 太郎ちゃんが
もらってくれるんだったら

マジで嬉しい!

もらうとか 今 そういう…。

はい あーんして! あーん!

はーい きれい きれい きれい
きれい。 きれい きれいね。

いいのか? それで。

いや 確かに
かずなちゃん いい子だし

もちろん 反対じゃないけど…。

普通だろ。

(岩倉和雄)はよ 平らにせんば。

こう言っちゃなんだが
普通すぎるだろ。

今まで 俺ら なんのために
あえて結婚しないで きたんだよ。

はよ こがん…。

間違いない この人だ。

彼女と一緒になるために
今まで独身だったんだ。

それぐらい思いたくないか?
まあ それは確かに…。

なんばしよっとか。 おいおいおい。

なんだよ もう うるさいなあ!

ほんなこつ出来の悪か息子ばい。

兄ちゃんは 岩寿司の看板継いで

とっとと嫁さんば もろうて

かわいらしか子供3人もおって。

ばってん お前は
いまだに半人前たい!

そがん言わんでもよかたいね!

せっかく太郎ちゃんの来とるとに
からしかねえ!

失礼かやろうが!

そん話やけど 太郎さんね
悪い事は言わん

その かずなっちゅう子が
傷つかんうちに

離れたほうがよか。

はい?
なんで?

わかるやろ。

男は 好いとらん女から
ごいごい来られても

いっちょん 気持ちは動かん。

ハハッ そんな事ないだろ。

アタックされて落ちた男なんか
いくらでも…。

そいは
元々 アリの女やったからたい。

おいが言いよっとは

ナシの女が来ても
男は動かざる事 山の如し。

そう言われてみると…。

ナシの女に猛アタックされて
落ちた男

聞いた事ないな。
ない。

逆に 女性のほうが

好みでもない男性に
言い寄られた時の範囲が広い!

そうか…。

これは大きい声じゃ言えないが

男のほうが
その女の第一印象にこだわる。

単純に好みかどうか
瞬時に判断するんだ。

イケるか イケないか。
うん。

書いとけ
男の本音 裏アジェンダに!

うん!

フフフフ…。

(携帯電話の着信音)

来たぞ。 どうする?

どうしよう…。

この様子だと
相当ギア上げてくるな。

(かずな)やあ どうも どうも。

まず ファッション。

多分 盛ってくるぞ。

♬~

今日 たまたま 暇で…。

だが

フフッ…。

あっ 食材余ったから お裾分け。

なんか軽く作るね。

…はっ!

次に恐らく来るのは…

手料理アピール。

はい。
いただきます。

(かずな)いただきます。

うん うまい。

できるんじゃん 料理。

フフフ 全然!

煮込むだけだし 簡単だもん。

そして 次に間違いなく…。

あっ これ 見たい。

♬~

(かずな)この人 何 言ってるか
聞き取れない。

フフフッ!

何これ 面白い…。

アハハハッ!

そんな… アハハハ…。

♬~

はい。

えっ?
なんでだろ。

連絡取れなくなると
かえって会いたくなる。

あのさ 実は 俺も驚いたんだけど
君の上司…。

初めて見た 普段着。

♬~

今日は戦闘態勢なし。

ゆっくりしましょう。

♬~

えっ?

♬~

(テレビ音声)「全身を鍛えられる
6通りの運動が

この1台で できちゃうんです」

♬~

♬~

ん…?

♬~

♬~

いけよ! 俺…。

♬~

くっ… ううっ…!

うう…。

♬~

♬~

♬~

(鳥のさえずり)

♬~

(三好の声)「今週末 空いてる?」

「行こうよ 一緒に」

♬~

(ノック)

ちょうどよかった。 今度の休み…。

なんでですか?
えっ?

私が担当だった
エステサロンの税務訴訟…。

(透子)なんで 菅原さんに…?

クライアントのご指名だ。

年の若いお前より
菅原のほうが安心できると…。

でも 経験年数は 私のほうが…。

だから 奴に経験を積ませる。

彼に務まるとは思えません。

しょうがないだろう。

女の弁護士は嫌だって
言うんだから。

それもまた
クライアントのニーズだ。

それでは ご検討ください。

(携帯電話の着信音)

(舞衣の声)
「パーティー来てくれるんだね」

「嬉しい」

♬~

あれ? 岩倉さんは?

オフィス寄っていくから
ちょっと遅れるって。

(女性)じゃあ よろしくね。
どうぞ こちらです。

どうだ? 例の税務訴訟。
(菅原真司)ボス お疲れさまです。

何か不明な点があったら
いつでも…。

全く問題ないです。
えっ?

全て 日比野さんが…。

顧客データ 報告書 準備書面
まとめてくれて。

陳述書のサンプルまで
わざわざ作成してくれて。

(菅原の声)急に担当降ろされて
思うところあるでしょうに…。

頭が下がります。

♬~

うわあ… 何? これ。

(女性たち)ありがとうございます。

あっ かわいい。
めっちゃカラフルじゃん。

はい チーズ。

ここ? パーティー会場。

いいね
このB級グルメフェスタ感。

ハハハ…。

おお うまそう!

♬~

今の心境を ひと言。

見届ける。

隣には いられなかったけど…。

俺だって…。

だから 今日は…
ちゃんと見届ける。

はい ありがとうございます。
うわあ うまそう!

えっ!?
いきなり その食欲…。

決戦前の腹ごしらえだよ。

決戦?

最近デートしてる…。

ああ… あの 謎の美女?
今日 来るんでしょ?

そしたら
ちゃんと岩倉さんに…。

あっ 岩倉さん こっち。
おう。

こりゃまた 斬新な…。
変わったパーティーだな。

ハハ…。 あっ こっち。
うん。

あれ…? あっ あった。

あっ いた いた。
すげえ いっぱいある。

食うなあ。
食べよう 食べよう。

(かずな)あっ… こんにちは。

ここ 一緒に いいですか?

(広瀬祐真)ああ… はい もちろん。

(河村朝陽・神谷瑠偉人)どうも。

こんちは。
こんちは~。

あっ…。 そう 皆さん

新郎新婦と
どういうご関係なんですか?

舞衣ちゃんの幼なじみです。

地元が一緒でして。

あの 皆さんは…?

あっ 親戚のおじさんとかですか?

違いますよ。
ハハハ…。

君 面白いね。
(河村)よく言われます。

これ よかったら食べて。 ねっ。

あっ すいません。
糖質制限してるんで。

はあ?
ノー モア 余計なカロリー。

ちなみに 俺たち 独身男子です。

ああ こっちも独身男子…。

えっ?

なんか すいません。
いや 謝られても…。

結婚なんてね
焦ってするもんじゃないからさ。

えーっ でも 僕 したいですよ。
誰かに養ってほしい~!

(神谷)うわっ 虫 虫!
(河村)うわあ~!

カオス…。

これが いわゆる世代間格差?
(舌打ち)

平成ボーイズが…。

じゃあ 俺たちは?
ん?

昭和… ダンディーガイズ。

(かずな)ダッサ!

(河村)ああ びっくりした!

そんなんじゃ
こういうパーティーきついでしょ。

挨拶だけして パッと帰ったら?

そういうわけには
いかないんですよ。

こいつ
舞衣ちゃんの元カレなんで。

えっ?

元カレ?
じゃあ 太郎ちゃん…。

(広瀬)違います。
もっと淡いやつです。

お互い 初恋みたいな。

初恋?

舞衣ちゃんは中学時代の先輩で

お弁当 一緒に食べたり

放課後
待ち合わせをして帰ったり…。

大事な いい思い出です。

そっか。 じゃあ 今日は
祝ってやらないと。 なっ。

あっ! ほら みんな挨拶してる。

(かずな)太郎ちゃん 行くよ。
ほら 早く!

はいはい…。

(糸井立樹)
ありがとうございました。

(舞衣)またね。 ご飯行こうね。

(糸井)
今日は ありがとうございます。

おめでとうございます。

舞衣さん すごいきれい。

ありがとう。 急ごしらえで…。

このあと
海外出張だっていうから。

新店舗をシドニーに…。
そう。

だったら 私も
一緒に行こうって話になって

それで…。 ねっ。

よかった 幸せそうで。

太郎くんも
いい知らせ 待ってるね。

そっか… 言ってなかったっけ?

ん?

かずな。 知ってるよね 三好の妹。
うん。

俺たち
付き合ってるんだよね。

結婚を前提に。

俺たち
付き合ってるんだよね。

結婚を前提に。

やっと この人だっていう人に
出会えて…。

太郎くんが…。

おめでとう。

あ… ありがとうございます。

私も… 幸せです。

本当 ごめん!

なんか とっさに…
かずなを巻き込んじゃって。

なんか ほら
胸に刺さるものがあってさ。

本当 ごめん!

帰るね。

えっ?

わかってる。 私の事
そんなふうに思えないのは。

さっきの話聞いて…
うん よくわかった。

これからも 友達の妹?
として よろしく。

ん!

じゃあ。

♬~

(広瀬)帰っちゃうの?

大丈夫? なんかあった?

何? 誰か捜してんの?

見かけた気がして…
今日 誘ったから。

ああ 今 狙ってる
バーで会った彼女?

あの 岩倉さん…。

俺も 例の部下な
今日 誘おうと思ったけど…。

本気で考えないとって。

今まで
同僚と付き合った事はないし

もし そういう関係になるなら
真剣に…。

ちゃんと付き合うなら
彼女しか…。

俺も 彼女だと思ってます。

彼女って?

あっ…。

彼女。
彼女。

そう。 だから…。

彼女。
彼女。

(透子)ボス…。

っていうか なんで 2人…?

恋敵?

おめでとう!

おめでとう!
おめでとう!

ちょっと待って
待って 待って…。

撮って 撮って! 写真 写真…。

はい こっち見て! いいね。
めっちゃいい!

(拍手)

おめでとう!

あっ お兄さん おでん食べて。
美味しいよ。

ああ どうも…。

(神谷)どうした? あの子。
かずなちゃんだっけ。

(広瀬)うん。

お前 さっき 声かけてたろ。

帰っちゃった。

なんか 最近
フラれたばっかなんだって。

(河村)えっ?
(神谷)何? それ。

確か ずっと…。

ずっと好きだった人。

難しい人だけど…

でもね 優しいの。

自分が風邪ひいたら

うつさないようにって
慌てて離れる人。

大して上手じゃない料理

気 使って 「うまい」って
食べてくれる人。

本当は 今日
来たくなかったのに

平気なふりして
おめでとうって言う人。

何? それ…。

だから まあ
しつこくしないで帰したわ。

♬~

これ…。

どうぞ。 糖質低いんで。

♬~

太郎ちゃん?

(かずな)太郎ちゃん?

俺と付き合う?

えっ?

よかったら 本当に 俺と…。

えっ? えっ… なんで急に?

あの時… 風邪ひいた時。
思い出した。

なんか のどをスーッて通ってく
感じあって。 あれ…。

ああ 大根おろし

♬~

(かずなの声)
大根に はちみつ混ぜたやつ?

ああ… あれ 昔 よく
うちの母親が作ってくれてて…。

いや 太郎ちゃん あの時
結構つらそうだったからさ。

そうやって いつも
俺の事 考えてくれて…。

ずっと そばにいてくれて…。

誰よりも
俺の事をわかってくれてる。

♬~

俺にとって ぶっちぎりの…

2番。

…えっ?

2番?

ごめん。

嘘はつけない。 今は まだ…。

でも ぶっちぎりの…

オンリーワンの…

2番。

♬~

こんな俺でよければ…

付き合ってください。

♬~

じゃあ…。

結婚を前提に。

結婚?

だって 太郎ちゃん
前 言ってたよね?

次 付き合う人と結婚するって。

結婚を前提に。

えー…。

結婚前提。

えー…。

結婚。
ええ ええ ええ ええ…。

えー… えー…。
結婚!

うち 泊まってかない?

兄として断固反対!
交際ゼロ日婚はリスキーすぎる。

(かずな)太郎ちゃんに
なんか言ったでしょ?

(和雄)そがん顔しとったら
つかまるもんも つかまらんたい。

(透子)尊敬しているのはボスです。
やっぱ 嫌だ! 負けるのは嫌だ。

(透子)まだ帰らないで。
負けるわけがない!