ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

ミストレス~女たちの秘密~ 第3話 長谷川京子、杉野遥亮、水野美紀… ドラマの原作・キャストなど…

『ドラマ10 ミストレス~女たちの秘密~(3)「愛の落とし穴」』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 今日
  2. 本当
  3. 絵里
  4. 安岡
  5. 頑張
  6. 貴志
  7. 悟史
  8. 樹里
  9. ママ
  10. 元気
  11. 香織
  12. 冴子
  13. 失礼
  14. 先生
  15. 患者
  16. 気持
  17. 結婚
  18. 昨日
  19. 問題
  20. ウエディングドレス

 

f:id:dramalog:20190503230503p:plain

『ドラマ10 ミストレス~女たちの秘密~(3)「愛の落とし穴」』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

ドラマ10 ミストレス~女たちの秘密~(3)「愛の落とし穴」[解][字]

人には言えない秘密を抱える4人の女性が集まって繰り広げられる、過激で可愛い本音トークが面白い!サスペンスとロマンスいっぱいの海外ドラマの日本版リメイクを放送!

詳細情報
番組内容
香織(長谷川京子)は大学生の貴志(杉野遥亮)から突然キスをされ拒絶するが、それでも貴志は執拗に付きまとう。友美(水野美紀)は安岡(甲本雅裕)から食事に誘われ、久しぶりの恋の予感に胸躍らせる。冴子(玄理)と悟史(佐藤隆太)はついに不妊治療を始めるが、その検査結果にがく然となった。樹里(大政絢)はレズビアン女性の玲(篠田麻里子)と頻繁に会うようになり、四人それぞれの女たちの愛の物語が急展開を迎える。
出演者
【出演】長谷川京子水野美紀,玄理,大政絢佐藤隆太杉野遥亮細田善彦篠田麻里子小篠恵奈,森優作,鎌田英怜奈,安藤結埜,小柳友貴美牧田哲也阿南敦子,津村知与支,下垣真香蟹江一平ほか
原作・脚本
【作】横田理恵

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(貴志)
父には 愛人がいたんです。

このカードのことが
頭から離れないんです。

(香織)私のこと疑ってるの?

(貴志)
僕は ただ… 真実が知りたいだけです。

比べてみなさい!

私じゃないわ。

(友美)ごめんなさい!

(冴子)その男の人 ちょっと怪しくない?

だって 5, 000万下りた途端
近づいてきたんでしょう?

私 言ったよね
子どもは まだいいって。

(悟史)俺だって… 子ども欲しいんだよ。

チューしていい?
(坂口)え~?

(樹里)女の子を好きになるって…
どういう感じ?

(玲)あなた…
本気で誰かを好きになったことある?

ごめんなさい。
あなたに ひどいことを…。

もういいから。
(貴志)高校の頃から… ずっと好きでした。

♬~

(萌)行ってきます! 忘れ物ない?
うん。

あっ ちょっと待って待って!
マスク持ってって マスク…。

<夫の保険金が入ってからも

私 野口友美の生活は
今までと変わりはなかった。

数年ぶりの 恋の予感を除いては>

(安岡)あっ!
あ…。 おはようございます。

おはようございます。
あの 入れ物 返しに…。

そんな わざわざ いいのに。 すいません。
いえ とんでもないです。

もう あの 本当に助かりました。

ビーフシチュー すごくおいしかったです。

そうですか… ありがとうございます。

あの 絵里ちゃん どうですか? 具合。

あの まだ熱があるんで
今日は休ませます。

あの このお礼は また改めて。
そんな… お礼なんて気にしないで下さい。

私の方こそ 変なお断りをしてしまって。
えっ?

いえ あの… とっても楽しかったです。

あっ 申し訳ありません。 失礼なことを。

とんでもないです!
えっ?

あの…。

あの… また お誘いします。

はい。 じゃあ。
じゃあ。

<そのころ 子どもが欲しいと夫に言われ
気まずくなっていた原田冴子は

夫婦の関係修復を試みていた>

ねえ 今週末って忙しい?
何で?

駅前に 新しいイタリアンが出来たの。

ずっと 2人で出かけてなかったから
たまには 外で食事しない?

う~ん…
週末は 家で ゆっくりしたいかな。

前は 毎週 外食してたじゃない。

あのころみたいにさ
おしゃれして出かけようよ。

夫婦の時間を大切にしたいの。

たまには いいか。

考えといて。

行ってきま~す。
うん。

(坂口)
恋するリップのマーケティングについて
僕なりに まとめてみたので…。

<冴子が夫に優しいのには
もう一つ 訳があった>

(坂口)え~?

お疲れさま。

どうも。

ビビらせちゃった。

<柴崎香織は
死んだ恋人の息子 木戸貴志から

いきなり愛を告白され 戸惑っていた>

(発信音)

 

今 電話くれましたよね。
ええ…。

どうしたんですか?

話がしたいから
今日の午後 クリニックに来てくれる?

(貴志)分かりました。 行きます… 必ず。

<そして 水島樹里は…

父が決めた婚約者に
すっかり気に入られていた>

(曽我部)今日も おきれいですね。
(樹里)黙って続けて。

はい。

結婚を前提とした おつきあいか。

そかべさんにとって
結婚って そんな簡単なもんなんだ。

そがべです。 濁って下さい。 そがべ!

まあ 私が言うなって話だけど。

最初に あなたを見た時
「この人だ!」と思ったんです。

あなたは 外見も内面もピュアで
まるで 天使のような人だ!

これくらいは やれそうね。 頑張って。
はい。

(玲)無理無理。

ブルーのウエディングドレスなんて
特注になっちゃう。

(ミナ)え~ 絶対 玲 似合うと思ったのに。

いいかげん 諦めて。
や~だ。

こんにちは。
こんにちは。 こんにちは。

調子は どうですか? ちょっと 二の腕が
引き締まった気がします。

そんな早く 効果出ないでしょ。
出るの! 後で触らせてあげる。

仲直りしたんだ。 よかったですね。

あさって 空いてる?

あなたに頼みがあるの。

≪木戸さん。 どうぞ。

こんにちは。

かけて。
はい。

昨日は すいませんでした。

でも… いいかげんな気持ち
だったわけじゃありません。

はっきりしておきたいんだけど…

あなたのご家族とは
父の代からのおつきあいで

あなたのことも
患者として大切に思ってるわ。

でも 私は医者で あなたは患者。

私たちの関係は それだけよ。

分かってくれるわね。

分かりました。

お父様を亡くして 混乱してる気持ちは
よく分かる。

だから できるだけ
あなたの助けになりたいって…。

先生のことは 誰が助けるんですか。

え…?
あなたは 何かに苦しんでるみたいだ。

何の話をしてるの?

僕が先生を支えます。

僕を頼って下さい。

♬~

お邪魔します。
どうぞ。

絵里ちゃん 食べられるようになって
よかったですね。

はい。 ここ いいですか?
あっ どうぞ はい。

あのですね… これが ロールキャベツで
これ温めて このまま

安岡さんも どうぞ。 えっと… それと
ネギたっぷりの卵チャーハンと

それから これ うちのお店の
ミルクパンなんです。

これ 一番人気なんです。
すいません 何度も。

いえ…。

これが… うちの萌が風邪ひくと
リクエストしてくるゼリーで

みかんゼリー よかったら。
ありがとうございます。

何て言っていいか…。
私 お料理するの大好きなんです。

喜んでもらえるんなら
いつでも作りますので

言って下さいね。
野口さんって 本当にいい方ですね。

(絵里)パパ?
(安岡)ああ どうした?

絵里ちゃん 具合どう?

萌ちゃんのママが また
おいしそうな料理 作ってきてくれたぞ。

ありがとう。
ほら 昨日の ほら

蒸しパンと野菜スープも
「おいしい おいしい」って食べてたよな。

そう。 よかった~。
いっぱい食べて 元気になって

早く学校行かないとね。

本当に 毎日 こんな料理食べられたら
幸せだろうな。

あっ… じゃあ 私 そろそろ
失礼しますね。

はい すいません。
お邪魔しました。

あの 器は いつでもいいですから 本当に。
いや すぐ…。

いや… もう気にしないで下さい。
すいません ありがとうございます。

絵里ちゃん またね~。
ありがとうございました!

失礼します。

それで? どこまでいったの?

キス?
最後まで?

そんな… いやいや そんな もう…。

でもさ 何か 進展はあったんでしょ?

キス… しそうになった。
(3人)は?

いや それが 顔の角度とか
いろいろ考えてるうちに

恥ずかしくなって逃げちゃったの。

何それ~。
かわいい。

中学生じゃないんだからさ。
悪かったわね。

こういうのは タイミングが命。
一度逃すと 二度とないかもよ?

そうなの?
恐れず どんどん行っちゃえ。

若さを保つためにも セックスは大事!

この間まで 保険金詐欺とか言ってたのに。

本当。
だって 友ちゃん 幸せそうなんだもん。

じゃあ いただきま~す。
(3人)いただきま~す。

あっ でもさ 私は本当に慎重になった方が
いいと思ってるよ。

どうして?
だって 知り合ったばっかりでしょ。

相手が どんな人か分からないうちに
深い関係になるのって 怖くない?

もちろん うまくいくことを祈ってるけど
世の中 いろんな人がいるからさ。

私は いいと思うけどなあ
友ちゃんの新しい恋。

40になると なかなか勇気が出ないのよ。

この年で失恋とか つらすぎるし。

香織ちゃんは?
結婚しようと思ったことないの?

樹里ちゃん。
デリカシーないわ~。

あるわよ。
(友美 冴子)え?

大学病院時代に。

私が
父のクリニックを継ぐことになって

いつの間にか
立ち消えになっちゃったけど。

そうなんだ。
そう。 ワイン どうぞ。

ありがとう。
しかし いいワイン そろえてるよなあ。

ワインフェチだからね。

ねえ
もう一つ 気になってることがあって。

何?
最近 無言電話が続いてるの。

無言電話?
大抵 夜に かかってくるんだけど

出ても 何にも言わないで
そのまま切れちゃうの。

やだ… 気持ち悪~。
いつから?

保険金が下りたぐらいの頃からかな。

ねえ それって
ママ友の嫌がらせじゃない?

分かんない。 番号も表示されないし。

ねえ 非通知なら
ブロックしちゃえばいいのに。

そうだよ。 そんな気持ち悪い電話
ブロックしちゃいなよ。

うん そうなんだけど…。

ちょっとは落ち着いた?
え?

友ちゃんから いろいろ聞いてさ…

彼の自殺のこととか
その息子さんのこととか。

ああ…。

大変だったね。
まあね。

それより サエちゃん
早く ダーリンのとこ帰んなくていいの?

この間 ちょっと もめちゃってさ。
え?

向こうのお義母さんに
孫をせかされたみたいで

悟史は あっちの肩持つし
頭 来ちゃった。

そう。
悟史の言い分も分かるんだけど

私にだって ちゃんと
キャリアプランがあるんだっつうの。

♬~

(萌)「ママへ おやすみなさい。

今日は おふろの電気 わすれないように」。

はい。

はい。

☎(安岡)安岡です。

あ…。
☎こんな時間に すみません。

どうしたんですか?
今日は ありがとうございました。

おかげさまで 絵里
明日から学校に行けそうです。

☎あっ 本当に? よかったです。

それで 延び延びになってる食事に
お誘いしたいと思いまして。

あさってなら 留守番を頼めるんですが。
あの ご迷惑でなければ。

とんでもないです! 是非!

それじゃ あさって。
はい。

おやすみなさい。

やった~!

ただいま~。
おかえり!

ねえねえ これ 香織からのお土産。
おお。

えっ これ もしかして…。

うん おふくろが来て 作ってった。
また?

まあ ピザか何か頼もうと思ってたから
助かったよ。

うん… せっかく友ちゃんのお料理
もらってきたのに。

本当に? 明日食べるよ。

何かさ…。
うん…。

留守の間に お義母さんに来られると

ちょっと プレッシャーなんだよね。
監視されてるみたいで。

そんな気にするなよ。 家族なんだから。

そりゃ あなたは そうでしょうけど。

何か 今 隠した?

隠してないよ。
隠したじゃない。 何よ。

あ~ いや 違う…!

おふくろが サエにって。

何これ。 頑張って妊活に励めってこと?

そういうわけじゃないだろ。
じゃあ どういうわけ?

お義母さんさ
きっと 子どもができないのは

私に問題があるせいだって
思ってるんだよね。

ごめん。 俺も あの言い方はないと思う。
俺が おふくろに意見すべきだったよな。

ごめん。

でも 俺 昔から 子どもと一緒に
サッカーするの 夢だったんだよ。

それに 子どもができて
やっと家族になれるっていうか

そんな気がしてさ…。

♬~

だったら 病院で検査しよう。
え?

これ以上 お義母さんに
口出しされないように

2人とも問題なんかないってこと
ちゃんと証明しようよ。

じゃないと 気が済まない。

えっ でも 検査するの?
だって その方が すっきりするでしょ?

言われっ放しなんて 絶対に嫌。

ちゃんとした証拠があれば
何言われても 堂々としてられるじゃん。

うん。 サエが いいって言うなら。

決まり! じゃあ 病院調べておくね。

はい。
久しぶり。

(小田切)相変わらず 走ってるのか?
元気だね~。

どうしたの 急に。

いや どうしてんのかなと思って。

元気よ。

明日さ
そっちの方に行く用事があるんだけど

メシでも食わない?
え?

5年ぶりに 会って話したいこともあるし。

話したいことって?

うん それは会ってから言うよ。

緊張してる?
え? 別に。

すみません お待たせいたしました。 はい。
こちらへどうぞ。

これに 精子を取って下さい。
はい…。

おおっ…。

マジか。

そんなのより 私のこと考えた方が
効果あるのにね。

フフッ。

あっ…。

頑張って。

(三隅)先生。
また 木戸さんがいらしてるんですけど。

え?

今は休診中だと申し上げたんですが
直接お会いしたいと おっしゃって。

用件だけ伺って 帰ってもらいますか?

いいわ。 通して。
はい…。

木戸さん。 どう… ぞ。

どういうつもり?

先生に
元気になってもらいたいと思って。

これ受け取ってもらったら
すぐ帰ります。

昨日 私が言ったこと
よく分かってないようね。

ちゃんと理解してます。

でも これから 関係を変えていくことは
不可能じゃありませんよね。

先生のことを一番理解しているのは
僕だと思ってます。

♬~

持って帰って。

明日 待ってます。

え?

♬~

失礼します。

まだ詳しい結果が出ていないので
断定はできないんですが

今のところ
奥様には大きな問題はなさそうです。

ただ… ご主人の精子の数が
極端に少ないようです。

え?

動きも鈍いため 今のままでは
妊娠は難しいかもしれません。

あ… それは
子どもは無理ってことですか?

可能性は ゼロではありませんが…。

車 拾う?
え?

今日は もう帰ろう。
私 会社 休んでもいいから。

これから
クライアントと打ち合わせがあるから。

キャンセルできないの?

そんなに気を落とさないでよ。

妊娠の可能性は まだゼロじゃないって
言われたんだし。

ねっ? うち帰ろ。

いいから 仕事行きなよ。

今が大事な時期なんだろ。

じゃあ そろそろ失礼します。

ママ!
あら 萌 どうしたの?

ちょうど終わる頃かな~と思って。
本当? ちょうどよかった。

今から買い物行こうと思って。
何買うの?

新しいバッグ。 一緒に選んでくれる?

珍しい。 何か いいことあったの?

…ないわよ 別に。 何 何?

うそだ~。
うそじゃない。

ちょっと待って。
すぐ着替えてくるからね。
うん。

ただいま~。

悟史~?

♬~

あっ いった~。
(ドアが開く音)

あっ おかえり!

今ね グラタン 作ってる。

サラダもできたら ごはんにするから。

いい。 外で食べてきた。

ちょっとだけでも食べない?
昨日のワインもあるし。

いいって。 疲れてるから。

萌 今日 学校帰ってきたら
絵里ちゃんち行くからね。 うん。

ママ 今日 絵里ちゃんパパと
お出かけだから。

何?
頑張ってね ママ!

「頑張って」って 何言ってんの。

行ってきま~す。

行ってらっしゃ~い。

おはよう。

いつまで 口きかないつもり?

別に きいてるよ。
ねえ こんなの もう嫌だ。

これからのこと ちゃんと話し合おう。

これからのことって?

ネットで調べたんだけどね 治療をして
赤ちゃんができた人も結構いるんだって。

だから
今から諦める必要ないんじゃない…。

その治療って
大事なとこに メス入れるんだぞ。

ひと事だと思って 軽く言うなよ。

軽くなんて言ってない。

私も あなたのこと支えるから。
もういいって。

「もういい」って何?
何も よくないじゃん!

俺のせいにできて ホッとしてるんだろ?

え…。

これで おふくろに
うるさく言われなくて済むし

大好きな仕事に専念できるもんな。

♬~

今の時点では 妊娠の可能性は
かなり低いだろうって。

専門外だから
はっきりしたことは言えないけど

でも
それでも 2人が子どもを望むなら

なるべく早く治療をした方が
いいと思うわ。

彼 私がホッとしてるんだろうって。

確かに
子どもは まだいいって言ったけど…

欲しくないわけないじゃない。

そんなこと 悟史だって分かってると
思ってたのに。

今は難しいだろうけど
きっと 彼も冷静になる時が来るわよ。

だから 諦めずに 寄り添ってあげて。

ありがとう。
そうだよね。 ちょっと安心した。

あまり考え込まないこと。

念のため 安定剤 出しといてあげる。

今夜 食事に誘おうと思ってたけど
別の日にした方がいいわね。

うん。

頼んでおいた件だけど 今夜 大丈夫?

いいよ。 でも 何で私なの?

ウエディングドレスなんて
花嫁に選ばせればいいじゃない。

客観的な意見が聞きたいの。
ミナには内緒で。

彼女 最近どう?

何が?
マリッジブルー。 ああ。

ミナが不安定なのは いつものことだから。
慣れてる。

じゃあ 後で。

 

もしもし?
樹里ちゃん 今日の夜 空いてる?

あ~ 予定が入っちゃった。
どうしたの?

軽く飲まないかなと思って。
(樹里)ごめん。 また別の日に誘って。

そうする。 じゃあね。
じゃあね。

あ~ ごめん。 今日 例の彼とデートなの。

そっか… 分かった。 頑張ってね。

や~だ もう… みんな それ言うんだから。

 

貴志です。

柴崎です。
(貴志)どうしたんですか?

ごめんなさい。
今日は やっぱり行けないわ。

どうして?

仕事の用事が入ったの。
どうしても外せなくて。

ごめんなさい。
切らないで下さい!

僕は 何時でも待ってます。

(呼び出し音)
もしもし 悟史?

(留守電)「留守番電話
サービスセンターに接続します」。

♬~

(村上)原田。 興南広告が
約束の電話がないって怒ってんだけど!

ごめん 忘れてた!
今日の昼までって約束だったよな。

すいません。
リーダー 外されたからって

適当に仕事されると困んだけど。
今回は 謝っといたけど

お前のミスは 全部
リーダーの俺の責任になるんだからな。

そんな言い方 ないんじゃ…。
坂口君。

申し訳ありません。
これから 気を付けます。

ありがとう。

ひどいですよね 村上さん。
私が悪いの。

(樹里)どうぞ~。 あ~ すごい大荷物。

ウエディングドレス5着と小物類。

スタイリスト仲間から
格安で借りてきたの。

あ~。
へえ~。

あなたらしい部屋ね。
そう?

友達には アジアのナイトマーケット
みたいって言われるよ。

こういう色の使い方… 私は好き。

シャンパン 冷やしてあるんだ。
お祝いしなきゃ。

飲みながら選ぶ気?
何か問題ある?

ない。

(ドアが開く音)
おかえり!

萌?

何? どうしたの?
何か ふらふらする。

え~ やだ…。 熱い。

♬~

予想外だな。
何が?

自分がウエディングドレス着るとは
思わなかった。

きれいなのに。

どう?

こういうヒラヒラしたの…
好きじゃない。

確かに。 シンプルな方が似合うね。

あなたも着てよ。
え?

リハーサルのつもりで。
あのお坊ちゃま君と結婚するんでしょ?

あれは別に 親が決めた相手だから。

着て。 見てみたい。

冷たいの入れるから ちょっと 頭 上げて。

よし。 はい いいよ。

あっ…。

あ~ また上がった。

(呼び出し音)


あれ?

 

あっ… あの
今 かけようと思ってたところです。

萌ちゃん遅いなって 絵里が。

ごめんなさい!
今日 ダメになりました。

え?
今度は 萌が熱を出してしまって…。

(安岡)そうですか。
本当に ごめんなさい。

いやいやいや 気にしないで下さい。
これで おあいこですから。 はい。

すいません。
いえ… お大事に。

(ため息)

(チャイム)

あっ こんばんは。
どうして?

あっ あの 何か僕にできることはないかと
思いまして…。

あっ そんな…。 あの どうぞ。
お茶でも いれますから。

どうぞ。
じゃあ お邪魔します…。

あの… 何か あの 必要なものがあれば
買ってきましょうか。

あっ いえ… あの 大丈夫です。
ありがとうございます。

あの…。
今日は 本当に すいませんでした。

楽しみにしてたのに。
いや あの…

店は逃げませんから またにしましょう。
あっ じゃあ これ。

クッキーと僕のおすすめの童話です。
お料理の合間にでも読んで下さい。

あの 少し早いですけど
ホワイトデーのプレゼント。

ありがとう。

いや あの…
こんな安いお礼で申し訳ない。

うれしいです。

♬~

できた。

すてき。

少しは ジムに通った効果あった?
私の指導がいいからね。

どちらかというと
こっちのドレスの方が好みかな。

♬~

じゃあ 脱ぐ。

脱がないで。

すごくかわいいから。

♬~

脱いでくる。 何か酔っちゃった。

(小田切)お待たせ~。

いや~ 急にOKになって
びっくりしたよ。

予定がなくなったの。
そうか。

元気そうだね。
フフッ なんとかね。

はい。 何か あったんですか?

あんな連絡ミス
冴子さんらしくないですよ。

あっ 僕でよかったら 話聞きます。

坂口君に聞いてもらっても 解決しないわ。

すいません。 力足らずで。

でも 僕は 前みたいに
ポンポン ポンポン言ってもらった方が

冴子さんらしくて安心します。

元気出して下さいよ。

ごめん。

だ… 大丈夫ですか?

も… もう帰った方がいいんじゃ
ないですか?

(泣き声)

帰りたくない…。

クリニックの方はどう?
うん なんとかやってるわ。

開業医は 本来の仕事以外で
いろいろ大変だよな。

休みも取りにくいだろうし。

よくやってるよ。

クリニック継ぐのは 父の希望だったから。

5年か。 あっという間だな。
そうね。

この間にさ 誰かと つきあったりした?

その話は ノーコメント。
エスってことですね~。

松井先生から聞いてるわよ。

田切さんは
絶好調で切りまくってるって。

飲みまくってるの 間違いじゃないの?
フフフッ。

戻ってこないか?

もちろん 地域の患者さんに頼りにされて
信頼されてるのは よく分かってる。

だけど
香織の能力は それだけじゃないよな。

大学病院で やり残したこと
まだ あるんじゃないか。

病院のシステムが変わって
チーム制になったんだ。

外科も内科も 同じチームで
患者を診ることになる。

俺は もう一度 香織と一緒に働きたい。

ありがたい申し出だけど…。

うん。 返事は急がないから。

ゆっくり検討してくれればいいよ。

でも 前向きに考えてほしい…
俺たちのこともね。

(笑い声)

♬~

ここで帰った方がいい?

フフフッ… 本当 全然変わらないわね。

入る? 帰る? どっち?

もちろん。

いや… ハハハハハッ…!

♬~