ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第20話 石坂浩二、浅丘ルリ子、ミッキー・カーチス… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #20 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. マヤ
  2. 一人
  3. 大物
  4. 本当
  5. テレビ
  6. 規則書
  7. 政界
  8. 全然
  9. 日本
  10. ハハッ
  11. ハハハ
  12. プカプカ
  13. マジ
  14. 一緒
  15. 漁船
  16. 原因
  17. 香典袋
  18. 姉妹
  19. 自分
  20. 巡視船

f:id:dramalog:20190503144254p:plain

『やすらぎの刻~道 #20 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

やすらぎの刻~道 #20 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
養蚕が繁忙期に入り、根来公平(風間俊介)たちは戦争の影が忍び寄っていることも知らず、忙しく働いていた。そんな中、公平は「しの(清野菜名)と三平(風間晋之介)が逢い引きしている」という噂を聞き…!?
一方『やすらぎの郷』では、菊村(石坂浩二)が“大納言”こと岩倉正臣(山本圭)の容体が思わしくないことを知り、“尊厳死”に興味を抱き始める。そんな中、白川冴子(浅丘ルリ子)が突然、菊村のヴィラを訪ねてくる。
◇出演者
石坂浩二浅丘ルリ子ミッキー・カーチス加賀まりこ草刈麻有
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
藤田明二
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(お嬢)あの時の事。
10年ほど前の…。

湾岸テレビに裏切られて

あの『機の音』が
没になった時の事。

彼女たちに
言っておやりなさい!

(お嬢の声)あの時
あたしがショックを受けて

テレビに
しばらく出なくなったって

そういうふうに あなた
思ってたでしょ?

違うの。

実は あの話 本当は違うの。

それを これから説明する。

〈話は 長くなりそうだった〉

♬~

あの時
プロデューサーの財前から

マヤとあたしじゃ もう古いって

いきなりショッキングな
通達受けて

李香蘭物語』に差し替えられて…。

ねえ。
あなたが 一番傷ついたわよね。

あれだけ 素晴らしい脚本
書いたのに…。

それが そのまま お蔵入りだもの。

だけどね…。

本当は あれ 嘘なの。

別の理由があったの。

マヤと私が もう古いなんて

あれ 湾岸テレビが
無理くり作り上げた

いわば 強引な苦肉の策だったの。

どういう事なの?

あたしたちが
テレビじゃ もう古くて

視聴率が取れないって

代理店が言ったっていう
あの話…。

言い訳だったの。
あいつらのでっちあげた。

あたしたちが古いって
あれ 嘘なの。

原因はマヤだったの。

(お嬢)あたしも あとで知ったの。

マヤが?
そう。 あいつ。

あいつの不倫。

しかも 当時の政界の大物との。

政界の大物?

信じられないでしょ。

あの夏 尖閣諸島

中国の漁船と日本の巡視船が

衝突したっていう
事件があったでしょ。

ああ。

あの時 裏で活躍してた
日本の外交官… じゃなくて

政界じゃなくて…
官僚だったかもしれない。

とにかく 大物。

その大物とマヤが
ひそかにデキてたの。

それを週刊誌が嗅ぎつけて
危うく記事になるとこだったの。

そんな事が もし
書き立てられたら

大変な事になっちゃうじゃない。
うん。

何しろ その人

日中交渉の
中心人物の一人だったし…。

ちょちょ… ちょっと待ってよ。
何よ?

あの… あの話がいきなり
ストップされたってのは

あれは 雨が降ってたから…
確か 梅雨の時期だぜ?

で あの 中国の漁船と
日本の巡視船が衝突したのは…。

細かい事は あたし 覚えてない!

とにかく 日中関係
ぎくしゃくしてて

その間で動いていたのが
当時のマヤのお相手よ。

日中関係まで
飛び出してきたのには驚いた〉

とにかく 原因はマヤなの。

テレビは
あいつを使えなかったの。

私が古いって あれ 口実よ。

フッ… 誰に聞いたの?

忘れたわよ やあねえ 栄ちゃん。

10年前の事
そんな事 細かく覚えてる?

そりゃまあ…。
そうでしょ。

あっ… それとさあ

あの満州からの
引き揚げ者の女性の事

あれ 最初に話したの
あたしだったわよね?

うん そうだよ。
そうよね。

いつも 閉めきった家の中から
機の音だけが聞こえてきたって。

あの音 あたし
今でも覚えてるのね。

あたし たださあ…

あれ? って… ふと思ったのね。

あれ? あれって
女の人 2人だったっけ? って。

よく考えてみたら
あの引き揚げ者の人

姉妹じゃなくて 一人だったんじゃ
なかったっけ? って。

そう考えると あの女の人

姉妹じゃなくて 一人のほうが
話が通るし

わかりやすいんじゃないかって

あたし だんだん 思えてきたのね。

つまり あの話
書き直してるんだったら

一人の女にしちゃったほうが
よくない?

マヤは消しちゃって
あたし 一人のほうが。

〈そういう事か… と
やっと わかった〉

〈そういう事が
言いたかったのか!〉

あ… あのね…。
はい。

せっかくのご意見
ありがたく拝聴致しましたがね。

僕は 今 あの『機の音』を

そのまま 書こうなんて気は
ないんですよ。

いや 確かに あの時

幾たびも歩いた
山梨県の小さな谷あいの

蚕の里の物語はね

書き直そうという気持ちは
あるんです。

でもね その話は
あの時 書いた『機の音』とは

全然 別物でね…。

せっかくですけど…
お気の毒さま。

御意に添うようには参りません。

どうも!

満蒙開拓団から引き揚げてきた

女の人の話は 出てこないの?

出てきません。
ええ~。

全然?

残念でした。 全然です!

あっ… 機の音も?

機の音は どっからか
聞こえてくるかもしれません。

誰が 機 織ってたの?

わかりません…
いや 考えていません!

ふ~ん… そうなの…。

だけどさあ…。

〈お嬢は それから
しばらくいて帰った〉

〈お嬢のがっかりした後ろ姿に

私は ちょっと
申し訳ないと思った〉

〈それにしても
お嬢から初めて耳にした

マヤの不倫話は
本当の事なのか?〉

〈それとも お嬢の作り話か?〉

尖閣問題まで
絡ませるなんて…〉

俺さ…。
うん?

ゆうべ あれから
あの規則書を読んだんだよ。

規則書?

ほら あの尊厳死協会のさ。

ああ… 俺も もらってきて
ゆうべ 読んだ。

それ読んで どう思った?

まあ… いろいろ思ったよ。

俺も。

大納言の奴 あんな会のある事

気づかないで
ああなっちゃったんだよな。

知ってたら
あいつ 入会してたかな?

どうかね?

俺さ…。

うん?

昔から持ってるさ
夢が一つあってさ。

フフッ… 夢?

ハハッ。 夢なんだけどさ。

自分の葬式を 天井の節穴からさ

こう こっそり のぞいてるんだよ。
ほう。

そうするとさ 知らなかった
いろんな事がさ

解明されんだよ。 ハハハ…。

どういうふうに?

例えばさ 誰が来たとか
ああ あいつは来なかったとかさ

誰は高い花を出して

誰は安いので
済ましやがったとかさ

誰が香典袋 いくら入れたとか
ケチりやがったとか…。

こっちは ほら 幽霊だからさ

もう 香典袋の中まで
見えちゃうんだよ。

なるほどね。

誰が嘘泣きしやがったとかさ

意外にも あの野郎が
マジで泣いたとかさ。

でもさ ゆんべ
あの尊厳死の規則書を見たあとで

もう 眠れなくてさ
ベッドで考えちゃったよ。

急に変な事 思いついちゃってさ。

もし 長年のさ 俺の事をさ
憎んでると思い込んでる奴がさ

葬式に来ててさ

なぜか 本息で
泣いてくれたとするじゃん。

俺 びっくりしてさ
見てるわけだよ こう。

それから 急に胸が詰まってよ

涙が
ドッと吹き出しちまうんだよ。

そん時よ 「おい あの野郎も来て
マジで泣いてるぜ」

「本当だね」って そんな時
脇にいて

一緒に泣いてくれる奴が
いりゃあさ いいけど…。

だけど その俺の脇にさ
誰もいなくて

うなずいてくれる奴もいなくてさ

そしたら 寂しいぜ。

ちょっとっていうか
相当 寂しいぜ。

♬~

死ぬってのはさ…

先生
そういう事なんじゃないのかな。

〈なぜか いきなり
涙が噴き出した〉

〈なぜだか わからない〉

〈多分 その時 私は

自分の脇に 常にいてくれた
律子の姿を思ってしまったのだ〉

〈しかし 律子は…

とっくにいないのだ〉

おい!

えっ?

あの船 なんか 変じゃねえか?

さっきから ほら
プカプカ プカプカ…。

ああ…。
こっちに流されてきてるけど…。

人がいないな。
ああ。

いない?
乗ってないな。

難破船か?

おい!
えっ?

あれだよ あれ!
あれ? あれ?

例のどっかの国の漂着船。
そう… そうだ…!

ちょっと 伏せろ。 伏せろ。

やばいな。

もしかしたら あれ…。
工作船だ。

うん。

船底に 何人か
潜んでるかもしれないよ。

いや すでに
こっちに上陸してるかも。

やばいな。

いや もう こっちに来ててさ

どっかで
張ってるかもしれないぞ。

こんな年でさ 拉致はつらいよ。
つらいよ。

誰かに知らせよう!

なあ? さりげなくさ
さりげなく移動するぞ。

さりげなく…。

人…? 人だよ!
えっ?

なんだ…。

じいさん 底で
作業かなんかしてたんだよ。

あっ ハハハ…。

「雄栄丸」って
日本語で書いてあるじゃん。

なんだ つまんねえな。
ハハッ…。

〈その晩 久しぶりに
カサブランカに行ったら

マヤが一人で カウンターにいた〉

(ホッピー)いつもの
ラスティペンでいいですか?

ああ 頼むよ。

しばらく
姿 見せなかったじゃなーい。

うん…。

こもって
なんか書いてんだって?

フフフ…。

〈すでに こいつも…

もう 知っていた〉

(根来公平)
父ちゃんが… 父ちゃんが…!

(ハゲ)お前も
俺たちと一緒に行こうよ。

満州って 一体 どんな所だ?
(根来鉄兵)見られとったぞ。

(浅井しの)あんたたち
情けないよ!