ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

向かいのバズる家族 第5話 内田理央、白洲迅、前田公輝、高岡早紀… ドラマのキャスト・主題歌など…

『「向かいのバズる家族」大好きな人に知られたくない過去…ママ活に揺れる家族』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 薪人
  2. 店長
  3. 伊勢谷
  4. 迫滝
  5. ナマハゲチョップ
  6. 本物
  7. マジ
  8. 写真
  9. ママ活
  10. 涼太
  11. 過去
  12. 新平
  13. 地元
  14. ウチ
  15. ネット
  16. 今夜
  17. 自分
  18. 動画
  19. 篤史
  20. 迫滝君

 

f:id:dramalog:20190503092333p:plain

『「向かいのバズる家族」大好きな人に知られたくない過去…ママ活に揺れる家族』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

「向かいのバズる家族」大好きな人に知られたくない過去…ママ活に揺れる家族[字][デ]

どこにでもいる普通の家族…いつも笑顔の長女の生活が一変。家族一同、SNSに翻弄され、裏の顔が溢れだしていく。誰もが陥るかもしれない、普通の家族の「バズった日々」

詳細情報
出演者
篝あかり…内田理央

皆戸涼太…白洲迅

篝篤史…木下隆行(TKO)

篝薪人…那智
盛田桃…小川紗良
伊勢谷伸…永野宗典
丹羽和博…山中崇
鴇田夏生…藤井武美
菅野橙子…遠藤久美子
迫滝…前田公輝

篝清史…小野武彦

篝緋奈子…高岡早紀
番組内容
あかり(内田理央)が皆戸涼太(白洲迅)と交際を始めて数日。カフェ「コロナ」には新人アルバイト・迫滝(前田公輝)が加わった。
そんなある日、ネット上にあかりの卒業アルバム写真が晒され、あかりは世の中から全てを見透かされているような幻覚と幻聴に陥る。なぜなら、あかりにはナマハゲチョップの他に“誰にも知られたくない過去”があった。
同じ頃、母・緋奈子(高岡早紀)にも、過去を匂わせるコメントが届いていて…
音楽
ワンミュージック
【主題歌】
「きみがいいねくれたら」きゃりーぱみゅぱみゅ
制作
【脚本】
マギー
【チーフプロデューサー】
岡本浩一
【プロデューサー】
汐口武史
伊賀宣子
高橋優子
【演出】
藤井道人
番組ホームページ
https://www.ytv.co.jp/buzz/
【番組公式Twitter】
@ytvdrama
【番組公式Instagram】
@mukabuzz
【番組公式LINE ID】
@mukabuzz

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(篝 あかり)《誰?》

(篝 緋奈子)誰?
(篝 薪人)誰だよ?

≪君の過去 ばらしてもいい?
ねえ 過去ばらしてもいい?≫

(丹羽)
こいつ 身内の人間かもしれない。

(篝 篤史)お前なのか?

(涼太)
僕に知られたくない事があるの?

(篤史)誰か わからないけど

誰かは いる。

(篤史)薪人~!
ちょっと!
ねえ やめて!

犯人は…あなたね!

<平成の終わり ひょんなことから
私はバズった>

<いろいろあって
1か月が過ぎ…

令和が幕を開けた>

<お店の方は 弱まっていた火に
薪がくべられ…>

いらっしゃいませ!
(客)ネット見て
岐阜から来ました。

えっ 岐阜から?
≪すいませ~ん!≫

(桃)は~い!
<ついでに 私ほどではないが

桃ちゃん人気にも
火がついていた>

<あの動画を きっかけに
注目を集めた桃ちゃんは…>

(桃)ジャ~ン!私 今夜から

この お面でナマハゲを
続けることにしました!

えっ!?あっ…。
私のナマハゲチョップを
待ってる人が

いっぱい いるんで。じゃあ!

<完全に調子に乗って その後も

独自のナマハゲチョップ動画を
アップし続け…>

<さらに SNS上には
ニセナマハゲチョップ

ナマハゲチョップモドキ
ご当地ナマハゲチョップといった

2匹目 3匹目の
ナマハゲチョップたちが乱立し

もはや 視聴者にとって

本物か 偽者かは
どうでも よくなっていた>

♪~

<私 本家
ナマハゲチョップとしては

どうしていいか
わからないまま…

更新は滞っていた>

♬~

はい かしこまりました。

<ちなみに…おかげさまで
彼とは上手くやっている>

えっと 注文は…。
(涼太・あかり)いつもので。

アハハ…。
ウフフフ…かしこまりました。

じゃあ 少々 お待ちください。
はい。

♪~

ウッフフフ…。
アッハハハ…。

<彼の前で
笑う時間が増えるほど

今は なりを潜めている
私の中の獣が

檻を破って
飛び出す予感を抱えながら>

グリーンスムージー 氷少なめ
入りました~。

(伊勢谷)はい。かしこまり~!
じゃあ 迫滝君 よろしく。

(迫滝)うぃす~!
<誰?…そうそう

厨房に新人のバイト君が入った>

<「誰?」といえば…>

誰?私のシャンプー使ったの
あかり?

いや 私は自分の使ってます。
薪人じゃないの?

あっ?
ちげ~よ。父さんでしょ!

ううん…じゃあ 俺かもな。

ハァ~~ッ!
ちょっ…あなたの

その頭の
どこにシャンプー使うの?

あれね 勝手に使わないで!
髪に優しいの!

あなた 髪 どこにあるの?

<この後 こんな ほのぼのとした
「誰?」ではない

もっとギスギスして
ヒリヒリした「誰?」を

家族それぞれが
口にすることになる>

<これは私と
私の家族の物語である>

♬~

♬~

ねえ 桃ちゃん。
はい?

あの…動画のことなんだけど。

動画?
あっ その…ナマハゲチョップの。

(桃)ああ~ はい。

あの後も
ナマハゲチョップになって

動画をあげてたじゃない?
(桃)はい。

それって どういうことなのかな。

私が本物だって
信じて 楽しみに観てくれる

フォロワーが増えてるんです。
うん でもさ…。

観てる人って 本物とか
偽者とか どうでもよくて

見たい方を見ると思うんですよ。
いいじゃないですか~。

店長は涼太さんに バレずに
上手くいってるんだし。

ウィンウィンですよね?

(桃)あっ!まさか 店長…

自分が本物の
ナマハゲチョップだって

顔出して
名乗り出たくなったんですか?

いや いや…それはない。
それはない。

(桃)ああ~ 良かった~。

私 余計なこと
しちゃったのかと思った。

店長も そろそろ新作
更新したら いいじゃないですか。

うん。

私のナマハゲダンス
真似しても いいですからね。

♬~

(伊勢谷)いや~ お疲れさ~ん。

お疲れでした~。
(あかり・桃)お疲れさまで~す。

(伊勢谷)
いや~ もう 迫滝君
来てくれて助かったわ~。

ありがとう~。
(迫滝)そう…あざ~っす。

ところでさ 何でウチで
バイトしようと思ったの?

う~ん そっすね~。
(伊勢谷)いや 今だったらさ

楽に稼げるバイト
いっぱいあるでしょ?

あ~ ママ活とかっすか?

んっ?
ママ活?

(迫滝)
ああ 俺は やってないっすけど
周りでやってる奴は いますね。

何ですか それ?

大学生とかが
アプリで出会った奥様と

デートして お小遣いを貰うの。

(桃)ええ~。
本当に デートだけですか?

ええ~っ。
(迫滝)そりゃ 交渉と
お小遣い次第じゃない?

まあ 大学生で
ブランドものの財布とか

鞄とか…持ってる奴の
8割はママ活やってますね。

ええ~っ。
(桃)うっそ~ そんなに?

退屈を持て余した主婦と大学生…。
(桃)はぁ~。

両方 うちにいる…。

いや ちなみにさ…
迫滝君ってさ

オーバー40の女性
とかって どう?

ああ 全然
年齢は関係ないっすね。

うわ~ 話 合いそうだな~。

あっ ちょっとさ
あの~ 見てもらいたい

動画があんだけど あの
ヒナチャンネルといって

この店にも
来たことある主婦なんだよ。

伊勢谷さん!
それは言わなくて いいから。

あっ…はい。

店長 この主婦の話になると
すっげ~ 厳しいんだよ。

♬~

♬~

(菅野橙子)
やっぱり…泊まっていって
くださらない?

今夜は もう帰ります。

ひとりじゃ眠れないかも。

♬~

♬~

(ドアの開く音)
(薪人)ただいま。

おかえり~。
うん。

今日は?

何してたの?
カテキョ。

へぇ~。

これ
『少年スナイパー 新平!』だよね。

あっ そうだね…
全然 見てなかった。

新平が大人になってる。
(新平)やっぱり…

こういう事だったんだね。
君たちは…。

(女スナイパー)これは…違うの!
違うの新平君!

(新平)
言い訳なんか 聞きたくないよ!

まあ 大学生で
ブランドものの財布とか

鞄とか…持ってる奴の
8割はママ活やってますね

(女スナイパー)
ごめんなさい…騙してて。

それ あんたの財布?

そうだけど。

そんなの 持ってたっけ?
高そうだね。

アウトレットで買った。
へぇ~。

(迫滝)
アプリで出会った奥様と
デートして お小遣いを貰うの

スマホで何 見てんの?

なんだよ。
なんでもいいだろ。

うん なんでもいい。

(新平)
よく遊んだよね。
楽しかったな~ あの頃は。

許さない…。

覚悟しろ。君のハートを
打ち抜くぜ!

(丹羽)このテコ入れが
吉と出るか 凶と出るか…

5話から突然
10年後ってことは

もう 少年スナイパーでは
ないですからね。

新しい時代になったんだ。
心機一転だよ。

で 急にラブストーリーに変更?

え?スナイパー部分は?

(篤史)
ある意味 スナイパーじゃないか。

(鴇田)
あはは…なんか逆に面白いですよ。

迷走してるって言われませんかね。
どうせ 何やったって
叩かれるんだ。

完全に
ロックオンされてますからね。
あ~ 出たよ…

「新平が大迷走してて草」だとよ。

篝さん 結局
SNS見るようになったんですね。

1回 エゴサーチしてから
もう中毒だよ。

で 見るたんびにムカついてる。
じゃ 見なきゃいいのに…。

最近しつこいヤツいるでしょ?
ほら…

バトルフィーバーっての。
ああ なんかいるな。

番組開始当初はいなかったのに
急に出てきて ネチネチ…。

最近は ずっと
番組を擁護してくれてる子と

バトルフィーバーで
しょっちゅう やりあってます。

あ~ JUSTICESWORDって子な。

その子だけだよ 新平の味方は。

そいつは
よっぽど原作のファンなのか?

それが
その子の過去の投稿を見ると

なんでもかんでも
炎上案件に首 突っ込んで

炎上させてるヤツを叩くのが
趣味みたいです。
ふん。

それも気持ち悪いな。

♬~

ヒナチャンネルを
ご覧の皆さま こんにちは~。

今日は 視聴者からの
リクエストにお応えして

セーラー服で
お送りしちゃいま~す。

え~ これは 内緒で娘のを
借りてきちゃいました。

やりすぎって…
リクエストに応えただけなのに。

(緋奈子)なに?ママ活って。

(緋奈子)
そこのマスターが
とてもシブくて かっこよくて

通い詰めていたものです。

誰?…気持ち悪い。

♬~

(桃)
ナマハゲダンス 行きま~す!

♪~

は~っ…。

(ナマハゲチョップ)は~っ…。

あなたは どうしたいの?

ねえ…どうしたいの?

わからない。

わからない?

私が本物だって証明したい。

うん…。だけど?

今の私には 自信がない。

今の私には 迷いしかない。

それは 涼太さんのこと?

わからない…。

あなたは どうしたいの?

♬~

わかんない…。

♬~

(桃)エヘヘ…全然。
ありがとうございます。

え?ホントですか?
ありがとうございます。

(迫滝)店長…。
ん?

さっき伊勢谷さんから
聞いたんですけど

店長って 東高なんすか?
うん そうだよ。

俺 東高じゃないけど
地元 あのへんなんすよ。
え そうなの?

知ってます?東高の裏のパン屋
潰れましたよ。

え 裏パンが?
ねじりパン 好きだったのに。

それ 俺ら
マキグソパンって呼んでました。
え~ センスない。

(迫滝)
え じゃあ 地元の友達とかって
店長がここで働いてるの

知ってるんすか?
ううん。私 地元の友達とは
全く付き合いないから。

ふ~ん SNSでも
繋がってないんですか?
うん ない。

ん?店長って 名字 篝っすよね?
弟さんいます?
うん いるよ。

やっぱそうだ!中学 一緒です。
俺 弟さんの2個上っす。

え ウチの弟 知ってるの?
(迫滝)いや 直接喋ったことは
ないですけど。

俺ら
カガリーマンって呼んでました。
え?何 それ?

弟さん 俺らの代の不良グループに
ひとりで立ち向かったんすよ。

「弱いものいじめはやめろ!」って。
それで

正義の味方 カガリーマンって。
有名でしたよ。

そのあだ名も
センスない。

迫滝く~ん。口動かすなら
手も動かそっか~!

さ~せん!
(伊勢谷)3番さん お願い…。
は~い。

♬~

≪おい~!≫
(薪人)おい~ お疲れ!
≪お疲れさん≫

(鹿島)どうだった?
カガリーマンは?
(薪人)おい!

その呼び名 やめろって。
通過したよ。

(辰野)
おぉ~!全員 二次面接通過!

(玉木)薪人は
絶対受かると思った。
でも最終 こん中で受かるのって

ひとりか ふたりでしょ。
(辰野)いや俺もう
絶対 次 落ちるわ。

何が理由で落とされるか
わかんないけどな~。
(鹿島)あ~ 知ってる?

最終 残った人は
SNSまでチェックされるって。

何か過去に ヤバいツイートとか
してないかとか。

(辰野)
マジで?そこまで見られるの?

(鹿島)
マジ マジ マジ…
ホント ホント。マジ マジ マジ。

薪人は?いや何かバレたら
ヤバイこととかあるっしょ?

俺?あるわけないじゃん。

嘘!いや あるでしょ。
薪人はさ 叩いても
ホコリひとつ出ないって。

(玉木)だよな~。薪人は絶対
最終 突破するよ。

(鹿島)ムカつく~!

やだ こいつ もう…。
やめろよ!

いつもので いいですか?
うん。あ いや…

たまには 変えてみようかな。
ちょっと考える。

かしこまりました。
いらっしゃいま…。

あ~ じいちゃん!

(篝 清史)
びっくりしたか?
じいちゃん 暇だから来てみた。

びっくりした…
よくお店 わかったね。

こないだ薪人に聞いたんだ。
あかりに内緒でな。

そうだったんだ。
じゃあ こちらへどうぞ。
はいはい。

へえ~…よいしょ。

あ!
で ここにいるんだろ?彼氏。
うん。

やっぱりな。皆まで言うな。
じいちゃん当てる。
え~!

じいちゃん わかるんだ。
あ コーヒーひとつな。

かしこまりました。
少々お待ちください。
はいはい。

ご注文 お決まりですか?

やっぱり いつもので。

はい。かしこまりました。

じゃあ 少々お待ちください。
はい。

♬~

ちょっと…。

あの…なにか?

(清史)あっ いやいや お構いなく。

ちょっと ちょっと…じいちゃん!

あかり すぐわかったぞ 彼だな。

君!あかりを
よろしくお願いしますよ!

はい?どちら様ですか?

じいちゃん 全然 違うから。
えっ 違う?

あ~!じゃあ そっちの君か!

なかなか男前じゃないか。ハハ。

は?誰っすか?
みんな ごめん。
ウチのじいちゃん!

あ~!そっくり~!

そん…
そんな似てない気がするけど。

(桃)
いつも お世話になっております!

ああ…あかりを
よろしくお願い致します。

じいちゃん ちょっと来て。
ん?なんだ?

ちょっとこっち 来て来て。
なんだ?なんだ?

涼太さん ちょっと。えっと

紹介します
ウチのじいちゃんです。

あ…はじめまして
皆戸涼太です。

じいちゃん こちらが 私の彼氏。

はあ…あ~。

祖父の清史です
まあまあ 座りましょう。

失礼します。

いやいや なんてキレイな目をした
青年なんだ。
いや…。

じいちゃんの
若い頃の目と同じだ。

それ 褒めてるのかな?
光栄です。

あかりのこと
よろしくお願い致します。

あかりは 自慢の孫です。

小さい頃から優しくてね。
じいちゃん…。

君なら安心だ。

決して
あかりさんを泣かせません。

あ…ふたりとも大げさだよ。

あ…ハハ。
ハハハ。

で お仕事は?
はい ジムで働いてます。

あぁ 事務員さん。

あ いや じゃなくて…。
あ…じいちゃん。

レーニングのジムです。
(清史)あ~!こっちの!

そうそうそう…。

篝さん。
ん?

こないだ言ってた
バトルフィーバーの

一番 新しい投稿って見ました?

今 見てた。

原作潰しのA級戦犯って

プロデューサーの
篝さんに始まって

監督 脚本家から ずら~っと

制作スタッフを
名指しなんすけど

こいつ…原作担当の林田さんの
名前も出してるんすよ。

でも 担当編集の名前って
どこにも出てないはずですよね。

え?それって もしかして…。

うん。

こいつ 身内の人間かもしれない。

(丹羽)まさか 局の誰かか?

それか 原作の北別府先生なら
ありえません?

あ 絶対そうじゃないですか?

ん~?突然 誰かに
なすりつけようとするのは

2時間ドラマの犯人あるあるだな。

バカなこと
言わないでくださいよ~!

えっ?
お前なのか?

そんなわけ ないじゃないですか!
そんなこと言うなら

丹羽さんだって
自分から あえて話を振るなんて

2時間ドラマの
犯人あるあるですよ!

はぁ?何 言ってんだよ
俺なわけねぇ…。

ちょっと…わはは…。

ちょっと
そんな目 やめてくださいよ。

あの こんなこと言うの
アレですけど…

篝さん 最近 目つき怖いですよ。

エゴサーチのしすぎで
メンタル削られて

見るもの全てに疑心暗鬼に
なってんじゃないですか?

かもな…。

♬~

♬~

♬~

お疲れ様~。

(迫滝)お疲れです。
(桃)お疲れ様です。
じゃあ お先に。

あ あの 店長…。

(伊勢谷)
あ そうだ 店長 そろそろ
迫滝君の歓迎会 やんないと。

あ~。
(桃)やりましょうよ!

私 今夜でもいいですよ。
今夜。どう?

あ 今夜は ちょっと…
俺 家遠いし。

あ そっか じゃあ また今度。
(伊勢谷)ん あっ はい。

ん?何?

あっ いえ やっぱ いいっす。
あ そう?

じゃあ お疲れ様でした。
(迫滝)お疲れした。

(伊勢谷)お疲れでした~。
(桃)お疲れ様で~す。

(ドアベル)
(伊勢谷)スパムおにぎり…。

(踏切警報機の音)

(踏切警報機の音)

昔から?

写真 見たよ…。

君の過去ばらしてもいい?

ねえ。

 

きゃあ!

ばらすぞ!
ねぇ!ねぇ!

≪大丈夫ですか?≫

僕に知られたくないことが
あるの?

大丈夫ですか?

はぁはぁ…。

<ナマハゲチョップ
だけではない

私には もうひとつ

誰にも知られたくない
過去がある>

(菅野朱里)終わったよ~!
(橙子)≪は~い≫

今度また気分転換に
どっか外で勉強したい。

ん?家のほうが
集中できるんじゃないか?

どこでも
ちゃんと やるから。

フフ…考えとく。
ウフフ。

(ノック)
は~い。

先生。
(薪人)どうも。

今日も ほんとに
ありがとうございました。

(薪人)ありがとうございます。
(朱里)あ~ 数学 難しい。

先生 できてます?

ま~ もうちょっとですかね。
え~?

でも ちゃんと次のテストは
きっと満点 取るから。

先生 よろしくお願いしますね。

よろしくお願いします。
(橙子)フフフ。

♬~

♬~

(雨音)

あかり…。おいおい…
どうした?どうした?おい!

父さん…。
(篤史)風邪ひくぞ。

ねえ…これ見て。
何?え?

なんで薪人の写真が?

私のせい。
は?

私が バズったから…

どっからか私の卒アルの写真が
流出して それで薪人まで。

あかりの写真もか?
うん…。

だから言ったろ。
ネットには気をつけろって。

まあ でも しんぺーするな。

え?
え?

あ~ まあ別に
2人とも犯罪者じゃないんだ。

ネットに卒業アルバムが
出たぐらいで

困ったことにはならないよ。

それより父さん 大変なんだよ。
ドラマで…。

父さんのことは どうでもいい。

どうでもいいって なんだよ。
はぁ…。

どうした?
いや…。

お父さんに話してみろ。

薪人のこと。

あ~ あいつは大丈夫。
心配になるぐらい真面目だから。

あたしね 薪人が
女の人と一緒にいるのを見たの。

そんなの 彼女ぐらい…。
それが

母さんと同い年ぐらいの人で…。

薪人…ママ活してるかも。

ママ活?
うん。

(薪人)
あれ?2人とも 何やってんの?

薪人…。

お前 何してんだ お前は!

(薪人)なんのことだよ!
ちょっと!ねえ やめて!

ねえ 大きな声 出さないで!
母さんに聞こえるから。

ねえ薪人 これ見て。

ごめん 私のせいで
あんたまで…。

就活 頑張ってると思ってたら
ママ活なんかやってたのか。

あ?なんだよ それ。
私 見ちゃったの。

あんたが女の人と
駅前のお店に一緒にいんの。

あ~ とんだ誤解だよ。

(篤史)何が誤解だ!
(薪人)聞けって!

その人は 家庭教師やってる生徒の
母親だよ。

そこには 生徒の子もいたし。

家庭教師だったら
家にいるはずじゃん!

それは 家にゴキブリが出たって
お母さんが怖がってたから

俺がバルサン たいてやったの。
はあ?

で その間 家の外で授業してたの。

もうアレは
いなくなったかしら?

 

やっぱり…泊まっていって
くださらない?

 

 

(朱里)

 

 


朱里 今夜は
ママと一緒に寝てちょうだい

え?まだ その話 してたの?

怖がりすぎ。
どっちが子どもなの?

よく咄嗟に そんな嘘つけるな!
嘘じゃねぇよ…。

は?姉貴も信じてねぇのかよ。

信じてないわけじゃないけど

あんたの悪い噂が ネット上に
書き込まれたりしたら…。

だとしたら なんだよ!
俺の言うことより

ネットにどう書かれてるかの方が
気になんのか?

どこの誰か わかんないヤツが
書いたコメントの方が大事なのか。

いい加減にしろよ!自分の仕事が
うまくいってないからって

俺に当たんじゃねぇよ!
薪人!

ちょっと 2人とも…
ねえ!もう…。

ほんとに やめて。

2人とも
俺のことより自分の心配しろよ。

姉貴は どこの誰が卒アル写真
バラ撒いたか 考えたのか?

ネットの向こうには
どこの誰か わかんないけど

確実に「誰か」はいる。

その誰かは
身近にいる可能性だってあんだよ。

敵も味方も 顔の知らない誰かとは
限らないからな。

♬~

♬~

110円のお返しになりま~す。
ありがとうございました。

ありがとうございました。

(客)フォンダンショコラ
ハーブティーをお願いします。

(桃)はい。かしこまりました。

《誰かは わからないけど
誰かはいる》

♬~

《誰?》

♬~

《誰?》


《誰?》

(桃)中の人に
俄然 興味わきますよね

(伊勢谷)ねえ。本人 見たら
絶対 怒られるよ

《誰?》

俺 東高じゃないけど
地元 あのへんなんすよ

《誰?》

あかりさんは
みんなのあかりさんです

(桃)私が先に
本気出しちゃいますよ

僕はわかりました。あれも

あかりさんの
優しさだったんだって

特定班が
早速 動き出してますよ

あかりさんは ずっと
その笑顔でいてください

だったら もっと自分を
発信したらいいじゃないですか

(迫滝)え?じゃあ
地元の友達とかって

店長ここで働いてるの
知ってるんすか?

(桃)店長は 涼太さんにバレずに
うまくいってるんだし

ウィンウィンですよね?

(伊勢谷)
ていうかさ 何でウチで
バイトしようと思ったの?

ここで写真撮って
送っちゃお~

 

(伊勢谷)
まぁ 2人は
舞い上がってるように

見えましたけどね


♬~

涼太さん 涼太さん これ。
ん?

(桃)店長の卒アル写真
今 ネットにアップされてて

ほらっ 超かわいいって
コメントいっぱいなんですよ~。
へぇ。

(伊勢谷)お疲れ~。
(迫滝)お疲れっす。
(桃)お疲れ様で~す。

(迫滝)
店長 あの…ちょっといいっすか?

うん。

言いにくいんすけど…
俺 バイト辞めます。

え!?
え?

どうして?

ま~ なんつ~か…。

やっぱり あなたなのね。

はい?

迫滝君なんでしょ?

なんの話っすか?

(伊勢谷)
え 店長 ど どうしたんですか?

私と弟の卒業アルバムの写真

ネットで撒いた犯人は…。

あなたね。

(迫滝)えっと…。

犯人?
私と地元が一緒で

ウチの弟のことも知ってるって
話した すぐ後に写真が出た…。

犯人は あなたでしょ。

いや そんなことするわけ
ないじゃないですか。

だいたい 高校も違うのに

どうやって卒業アルバム
手に入れるんですか。

そんなの 地元の友達
何人かに頼めば簡単でしょ。

ちょ ちょっと待ってください
伊勢谷さん…。

あ え あっ 店長…

店長の動画が
1か月前にバズった段階で

身元が特定されて
過去の写真が流出する可能性は

いつだってあったと思いますよ?
そう そうですよ。

でも 弟の写真もだよ?
えっ タイミングが良すぎるよね?

店長と弟さんを知ってて
卒アルを入手できる人って…

結構いると思いますよ?
ほら みんな
こう言ってるじゃないっすか!

あなたは…。

私を陥れる目的で ここに来た。

違う?

それは さすがに…
店長の考え過ぎじゃないっすかね。

(迫滝)そうですよ
何で そんなことを。

店長 もう
誰だっていいじゃないですか。

だって 写真は
あんなに可愛いんだから。

まあ いいっすけどね
俺 こういう展開 慣れてるんで。

人狼やってると
だいたい最初に疑われて

追放されるんすよね。

人狼顔なんすかね?

でも店長…。

マジで 俺じゃないっすからね。

(伊勢谷)ねぇ ねぇ…迫滝君

あの さっき バイト辞めるって…。

あ~ その話 してたんだった。
うん

ん~ 何で?理由は?

家から遠いからっす。

俺 今 彼女と住んでて
で 埼玉なんすよ。

最初は それでもいいかな~と
思ったんすけどね。

やっぱ毎日通うには遠すぎました。

歓迎会 開いてもらってからじゃ
辞めにくくなるな~と思って。

さ~せん。
いやいや…え?

じゃ じゃ…じゃあ
何で?何で この店に?

(迫滝)ああ 前にも それ
聞かれましたよね。

何で?

俺 ナマハゲチョップが
超好きなんすよ。

(伊勢谷)えっ?
それも結構 昔から。

で ここの店長さんが
生配信で推してるって知って

で この店に興味もって
したら

バイトの子が
「私が本物です」とか言い出すし

どんな店だよ!とかって思って。

いや そりゃ そうなるわな…。

マジで本物なら会いたかったし

それで ここに来たんです。

ま すぐ わかりましたけどね
桃ちゃんは本物じゃないって。

え?
わかる わかる
桃ちゃんは ああいう

世の中を
斜めから切るタイプじゃないもん。

(桃)フフ。
(迫滝)フフフッ。

でも実際会って 店長が何となく

ナマハゲチョップが
好きなんだろうなってことは

わかりました。
あっ…。

どんだけ偽者が出てきたって
見る人が見たら

本物のオリジナリティー
違うって わかりますよね。

まっ 本当は そういう話を もっと
早く したかったんですけどね。

つ~ことで お世話になりました!
いや ちょっと待って!

疑ったりして…。

ごめんなさい。
(迫滝)いいっす
気にしてませんから。

いやいや…何も あの

辞めること ないんじゃないかな?

そうだよ?
あの急に辞められちゃ困るし。

ナマハゲチョップの話とか
もっと…。
だから!

そんな話 するために
毎日 通うには遠いんすよ。

もう いいっすか?

毎日 帰りが遅いって
彼女に怒られてるんすよ。

早くしないと 駅からのバスが
なくなっちゃうんで。

お世話になりました!

<私は この先 私の味方に
なるかもしれなかった彼を

散々 疑った挙げ句 失った>

(ナマハゲチョップ)
悪い子は いねぇがぁ~っ!
悪い子は いねぇがぁ!

本物と偽者の違いがわかんねぇ
悪い子はいねぇがぁ~!

カニカニカマの違いを
わかんない悪い子はいねぇがぁ!

あのさ
本物のオリジナリティーはさ

違うって見ればわかるよな?

こっちが証明しなくても

見る人が見れば
すぐにわかるよな?

おい!ちゃ~んと見てるか?
よ~く見とけ!

刮目せよ!ナマハゲチョップ!

♬~

♬~

誰かわからないけど
誰かは いる…か。

♬~

♬~

誰だよ?

♬~

だから…誰?

♬~

♬~

(あかり)「tonight_
star」?

♬~

(携帯のバイブ音)

もしもし?
(男)あ もしもし?

ああ 電話番号
変わってなかったんだ。

誰?

俺だよ 俺…

ああ
あのナマハゲチョップって…

お前だろ?

♬~

♬~

♬~

♬~

<私は 崖っぷちに立っていた>

♬~

♬~

♬~

♬~