ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

ストロベリーナイト・サーガ 第4話 伊武雅刀、二階堂ふみ、山田杏奈… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『<木曜劇場ストロベリーナイト・サーガ #04【新章突入!取調室緊迫の攻防】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 佐田
  2. 美樹
  3. 玲子
  4. 湯田
  5. 石倉
  6. 下坂
  7. 刑事
  8. 主任
  9. 珠希
  10. クスリ
  11. 自分
  12. 売春
  13. お母さん
  14. 菊田
  15. 劇症肝炎
  16. 仕事
  17. 事件
  18. 宇田川
  19. 警察
  20. 社会

f:id:dramalog:20190502230707p:plain

『<木曜劇場ストロベリーナイト・サーガ #04【新章突入!取調室緊迫の攻防】』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

木曜劇場ストロベリーナイト・サーガ #04【新章突入!取調室緊迫の攻防】[字][デ]

右では殴らない~新章突入!無邪気な悪意を斬る!VSエリート女子高生、取調室緊迫の対決!ついに明らかになる姫川の過去…オリジナル展開も交えた新エピソード

詳細情報
番組内容
「不審死を遂げた男がいる」と、監察医の國奥定之助(伊武雅刀)に呼び出された姫川玲子(二階堂ふみ)。男の死因は劇症肝炎と判断され、体内からは覚せい剤も検出されていた。時を同じくして、劇症肝炎で死亡した別の男がいることが判明。死体からは同じ成分の覚せい剤が検出され、姫川は連続殺人事件の可能性があるとして捜査を開始する。すると、死亡した2人の男の携帯電話から共通の番号が見つかる。
番組内容2
持ち主として浮上したのは意外にも、黒髪で清楚(せいそ)、いかにも優等生らしい女子高生、下坂美樹(山田杏奈)だった。見かけによらず反抗的かつ挑発的な態度を取る下坂。下坂はなぜ成人男性と連絡を取っていたのか?そして彼らを殺したのは下坂なのか?姫川と下坂の緊迫した心理戦が繰り広げられる。
出演者
二階堂ふみ 
亀梨和也
 ・ 
葉山奨之 
宍戸開 
中林大樹 
今野浩喜
 ・ 
山口馬木也 
岡田浩暉
 ・ 
江口洋介
スタッフ
【原作】
誉田哲也『姫川玲子シリーズ』(光文社刊) 
【脚本】
徳永友一、ひかわかよ、関えり香 
【主題歌】
亀梨和也『Rain』 
【音楽】
末廣健一郎 
【編成企画】
渡辺恒也 
【プロデュース】
山崎淳子
【演出】
石川淳一、山内大典 
【制作】
フジテレビ 
【制作著作】
共同テレビ

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(瑞江)「同窓会 来てる。
みんなでカラオケ中」

(玲子)「遅くなってもいいよ。
楽しんでね」

えっ?
(男性)騒ぐな。

嫌! やめて!

(警察官)おい! 何してる!

(警察官)待て!

君 大丈夫か?
しっかりするんだ!

こちら 浦和南交番の山本です。
南公園にて…。

≪(ノック)

どうぞ 入って。

狭い所 悪いけど 座って。

(玲子)あらためまして
警視庁 捜査一課の 姫川です。

(湯田)信じられないっすよね~。

まさか あんな真面目そうな子が
マル容かもってのは。

(石倉)人は
見掛けじゃ分からんもんだな。

じゃあ まず 名前は?

(美樹)フフ…。

何か おかしい?

(美樹)もう知ってるくせに
真面目な顔して 聞いてくるから。

姫川さん。
名前は?

下坂 美樹。
幾つ?

17。
学校名。

宝林女子学園高等部 2年。

ご協力 ありがとう。
で 下坂 美樹さん

なぜ あなたが
ここに連れてこられたのか

分かる?
(美樹)さあ。

じゃあ あなたを こう呼んだら?
ジュン もしくは リョウ。

そう。 じゃあ 今から

ちゃんと分かるように
説明してあげる。

ごめんね 菊田。
板橋の事件 やっと終わって

帰ろうとしてたとこ
つかまえちゃって。

(菊田)無事 ホシも挙げましたし
構いません。

(菊田)それより 主任
ずっと 家に帰ってませんよね?

私は 平気。
捜査中は ホテル泊まりの方が

気が楽だから。
でも 珍しいですね。

一課のうちが 直接
この監察医務院に呼ばれるのは。

私を 至急 よこすようにって

國奥先生から今春さんに
連絡があったの。

先生 姫川です。

先生!
(國奥)うわ!

ああ… 姫 来たか。
待っておったぞ。

これでも 急いで来たんですよ。
(國奥)ご苦労 ご苦労。

さあ シットダウン シットダウン。
ハハハハ…。

何じゃ? こいつは。
そっか。

菊田は 初めましてだったわね。
はい。

初めまして。
捜査一課 菊田 和男巡査部長です。

(國奥)あ~ お前さんが菊田か。

いや 姫から聞いとる。
結構 頼りになるってな。

それは どうも。

年は?
32です。

(舌打ち)
(國奥)何じゃ その頭は!

うっとうしい。
しゃれとるつもりか。

あっ いえ。 切りに行く暇が…。

ちょっちょっ ちょっちょっ…。
初対面の人に絡まないで。

それより 先生 今日は
デートのお誘いじゃないんですね。

ああ そうなんじゃ。

本当は 姫と2人っきりで
すしでも つまみながら

しっぽりと
飲みたいとこなんじゃが。

ここで扱うのは 自然死か事故死
もしくは 自殺でしょ?

だから 直接
うちに連絡をくれたってことは

もしかして
事件かもしれないってこと?

さすがは 姫。
相変わらず 勘が鋭いのう。

とはいえ お宅の事件かというと

まだ はっきりと
そう断言もできん。

詳しく話して。

 

出なくていいんですか?
いいの いいの。

どうせ 「次の休みは いつ?」って
聞きたいだけだから。

非番の日に お見合いさせたくて。

えっ?
見合い?

親と叔母さんが しつこくて。

でも この間 2回目 すっぽかして
現場 直行しちゃったもんだから

3回目をたくらまれてて。

見合い 反対! ご両親には
わしから そう伝えようか…。

それは いいから 話 続けて。

(せきばらい)

西ヶ原署管内の病院で

搬送された 33歳 男性が
死んだんじゃ。

検視結果は 病死。
死因は 劇症肝炎。

じゃが その遺体からは
覚せい剤が検出された。

覚せい剤
肝炎持ちが しゃぶ中に?

黙っとれ この もさ頭!

それの 何が おかしいの?
いや

死因は あくまでも 劇症肝炎で
薬物による中毒死ではない。

だが こうも考えられる。

もしも 劇症肝炎が

新種の違法薬物によって
引き起こされたものじゃったら…。

つまり 薬物中毒になる前に
劇症肝炎で死亡したってこと?

早い話が そうなるかのう。

だが これは ただの
わしの仮定にすぎんかったが…。

もしかして 次の死体が?

ゆうべ また 杉並で出ちまった。

劇症肝炎で 同じく
覚せい剤の成分が検出された

死体がのう。

へ~。

♬~

(石倉)今回の事件
西ヶ原署と杉並北署は

覚せい剤取締法違反の
事件ぐらいにしか

考えてなかった。

ところが
同様の死者が 2人 出たことで

主任が 広域性を見込んだ
連続殺害事件と にらんだ。

(湯田)で 異例にも
両所轄を巻き込んでの

共捜ができた。

やっぱ 主任には あるんすよ。

こういう事件を引き当てる
強運が。

≪(ドアの開く音)

(橋爪)始めるぞ。

(葉山)あの ちょうネクタイの人
誰ですか?

監察医の國奥先生だが
今日は やけに 気合 入ってんな。

(今泉)気を付け!

(今泉)4月5日 午前1時ごろ

西ヶ原署管内にあるアパート
クレスト西ヶ原 301号室に 住む

会社員 綱島 信彦 33歳が

自ら 救急車を呼び
都内の病院に収容されるも

同日 死亡した。

入院時には すでに 黄疸
顕著な意識障害が あったため

担当医は 加療中による死亡には
当たらないと判断。

解剖の結果 死因は

劇症肝炎による急性肝不全と
判明。

しかし 微量な覚せい剤の成分が
検出された。

続いて 3日後の昨日
4月8日 午後8時

サンコーポ杉並 707号室から
異臭がするとの 通報があった。

捜査員が駆け付け
同室を調査したところ

成人男性の腐乱死体を 発見。

死後 約1週間。

身元は 同室賃借人の会社員
三沢 光浩 35歳と 断定。

こちらも 死因は 劇症肝炎による
肝不全および心不全と 判明。

さらに 綱島同様

微量に 覚せい剤 使用の 痕跡が
確認された。

(橋爪)ちなみに 両マル害宅から
未使用の薬物は発見できなかった。

体調に異変を感じた2人が
自ら 違法薬物と認識し

処分した可能性も 考えられる。

本件では
捜査の軸を2つに分けて 進める。

まず1つ
マル害の鑑を くまなく当たり

日頃の行動パターンを把握する。
マル害 相互に

何らかの接点がないかを
聞き込め。

2つ 薬物の流通ルートについての
解明。

この件では まず

監察医務院 國奥医師より
お願いする。

(今泉)先生。

こちらへ。

監察…。

監察医務院の國奥です。

え~ まずは
劇症肝炎につきましてですが

これは… あ~
鎮痛剤 アセトアミノフェン

あ~ 麻酔剤 ハローセンなどを
使用した場合に起こる

なっ… 何といいますか
ある種の薬害とでも申しますか…。

國奥先生 手短に。
(國奥)あっ はいはい。

えっ え~
今回の被害者が使用した薬物が

え~ どういった目的で
製造されたかについては

これは… 定かではなく

極めて悪質 かつ
由々しき問題であり

こっ…。
(橋爪)ありがとうございました。

今泉。
(今泉)はい。

え~ それでは マル害…。

(橋爪)先生。

(今泉)さあ。
(橋爪)先生 こっちへ ほら。

(湯田)マル害は 共に
30代の独身サラリーマン。

くまなく 交友関係 当たんのは
時間かかりそうだな。

(石倉)それでも
やるしかないんだよ。

はい。 すいません。
明朝 携帯電話会社への

令状が取れるから
2人の携帯に 共通人物が

登録されてなかったか
調べてみよう。

もちろん 手帳や住所録もね。

(一同)はい。
お疲れさま。

(一同)お疲れさまでした。

(石倉)おい 飲みにでも行くか。
まだ 板橋の疲れも とれてない…。

(湯田)行きます 行きます。

あっ 菊田さんも行きますよね?
ああ。

ノリも どうだ?
(葉山)あっ 僕は…。

(石倉)あっ そっか。

主任は どうです? 一杯。
悪いけど パス。

あしたから 泊まり込みに
なるかもしれないから

荷物 取りに
帰んなきゃいけないし。

(湯田)しばらく
ホテル住まいでしたもんね 主任。

じゃ
みんな 飲み過ぎないようにね。

お先に。 お疲れさま。
(一同)お疲れさまでした。

よいしょ。 ただいま~。

珠希 来てたんだ。

お母さんは? 出掛けてんの?

(珠希)入院した。
えっ?

(珠希)けさ 倒れたの。

それで
自分で 救急車 呼んで 運ばれた。

それで お母さんは?

(珠希)命に別条はないけど

もう少し 遅かったら
心筋梗塞だったって。

今 お父さんが付き添ってる。

でも けさ 電話が…。

 

(珠希)お母さん 何か
言いたいこと あったんだよ。

お姉ちゃん 全然
家に帰ってこないんだってね。

仕事だから 仕方ないでしょ。

それに お母さんのこと
何で 電話くれなかった…。

(珠希)しようとしたけど

私 お姉ちゃんの新しい番号
知らないし。

お父さんも お姉ちゃん
仕事中に 電話 出ないの

分かってるから
かけないって言うし。

(珠希)面会時間 もう終わってる。

(珠希)あのさ

お母さん 倒れたの
お姉ちゃんのせいだからね。

えっ?

(珠希)この前 お見合い

立て続けに
すっぽかしたんでしょ?

(珠希)それで お母さん
横浜の孝代叔母さんから

ずっと責められてるんだよ。
お姉ちゃんが 結婚できないのは

あの日
あんな目に遭ったせいだって。

あの日

お母さんが 同窓会なんかに
行ってたせいだって。

だから
お姉ちゃんも 羽目 外して

遅くまで出掛けてたんだって。

(珠希)お母さん
もともと 心臓 弱いのに

ずっと
自分のこと責め続けてて…。

私にも 泣きながら
電話してきたんだよ?

お姉ちゃん 何も知らないでしょ。

お母さんが?

ねえ
刑事の仕事って そんなに大事?

(珠希)お母さんのことよりも
優先されるの?

(春香の泣き声)

あ~ ごめんね。
あ~ ごめん ごめん ごめん。

あ~ ごめん。
おいしょ。 はいはい。

あっ びっくりしちゃったね。

♬~

♬~

(刑事)犯人の顔を
見ませんでしたか?

周辺では
連続婦女暴行事件として

多数の犠牲者が出ています。

つらいでしょうが
ご協力をお願いします。

♬~

♬~

(瑞江)玲子 来てくれたの?

あのね 正直に言うと
今は 結婚したい気分じゃないの。

でも それは
あのこととは 何の関係もない。

だから お母さんには
責任を感じてほしくない。

もちろん
あのころ すごく苦しんだし

今でも 毎年 夏が来ると…。

きっと 一生
忘れることはできないんだと思う。

だけど 私は 勝った。

乗り越えて 刑事になった。

刑事になったからこそ
私は 生きていけるの。

新しい人生を
堂々と生きていいんだって

心から思えるの。

だから 今は 見守っててほしい。

お母さんから見たら

普通の幸せとは
違うかもしれないけど。

孝代叔母さんには
お断りしなきゃね。

もう
お見合いの話は 結構ですって。

うん。

それに あなたが すっぽかした
お相手って

まあ 真面目そうだったけど

いざっていうときに
頼りなさそうな人だった。

きっと
あなたには 物足りないわよね。

ふ~ん。 フフ…。


ごめん。

 

はい 姫川。

マル害の綱島と三沢の携帯に

共通の電話番号が
登録されていました。

これから 契約者を調べます。

分かった。 すぐ行く。

ごめん。 もう行かなきゃ。

姫川警部補を
部下の方たちが 待ってるものね。

うん。

玲子 いってらっしゃい。

食事だけは 気を付けてね。

体力勝負の仕事だから。

ありがとう。 じゃあね。

(葉山)マル害2人の携帯にあった
共通の番号は

都内不動産会社 勤務
下坂 勇一郎 49歳のものでした。

が その携帯番号は
下坂本人のものではなく

妻の 下坂 明子

もしくは 高校生の長女
下坂 美樹のために

契約されたもののようです。

≪(ドアの開く音)

どうだった?
妻の 下坂 明子から

聞き出せました。

例の携帯 使ってるのは
どうやら 娘のようです。

分かった。 自宅に入る前に

娘である 下坂 美樹を
確保しよう。

下坂 美樹さんですね?

警視庁の者です。
少し お話 伺えますか?

この2人の携帯にあった
共通の電話番号は

あなたのお父さまが

娘のあなたのために契約した
番号だった。

綱島さんの登録名は ジュン
三沢さんの登録名は リョウ。

どちらも あなたの携帯番号ね?

つまり あなたは
重要参考人ってわけ。

どう? これで
ここへ連れてこられた理由が

分かった?

答えてくれない?

どうして 2人の携帯に
あなたの番号があったのか。

(美樹)パパ活です。

な~んて言ったら 警察は
ただの売春だって言うんでしょ?

売り やってたの?

さあ。
死体に聞いてみたら どうですか?

でも
もう 売りとか言わないですよ。

そっか。
援助交際とか言ってた時代なんだ。

やってることは 一緒でしょ?

(美樹)あの
姫川さんって 幾つなんですか?

28。

大人の男は 若い子が好き。

だから 28の おばさんより

若くて カワイイ うちらと
知り合いたい。

ですよね?

いい根性してるぞ。
あの主任に ケンカを売るとはな。

(湯田)今どきのJK 怖っ。

そう はっきり言われると
傷つくな。

でも 確かに 17のころ 28は
立派なおばさんだと思ってた。

まっ 売春してないって
嘘つかないだけ ましね。

(美樹)あの 売る方が悪いとか
買う方が悪いとか

そういうの
どっちでもいいんですけど。

売春 買春 どっちも駄目よ。
法律で そう決まってる。

(美樹)フフフ…。

警部補って
結構 偉いんですよね?

捜査一課ってとこにいて
それも 女の人なんて。

でも

誰にでも言えますよ
「法律で決まってる」なんて。

そんな説得しかできないから
警察は 不祥事を起こすんです。

取り調べ中に
凶悪犯 取り逃がして

うっかり
日本一周させかけるとか?

ハハハ… ウケる。

日本の警察は
優秀だっていうけど

無理やり 自白させて
冤罪つくったり

事件 未然に防げなかったり。

なのに 何で 刑事なんかに
なりたいと思ったの?

♬~

(佐田)あらためて こんにちは。

埼玉県警 捜査一課の
佐田 倫子といいます。

おなかの傷 まだ痛む?

(佐田)当たり前だよね。
やっぱり 痛むよね。

(佐田)すいません。
私 今日は これで。

(瑞江)えっ?

ちゃんと 玲子ちゃんの顔が
見たかっただけなんです。

あしたも伺います。 失礼します。

へ~ カワイイ。

玲子ちゃんも こういうの
読むのかなと思って。

あ~ 私にも
こういう時代 あったのにな~。

って 27歳に言われても
ぴんとこないか。

フフフ。

(♬『愛唄』)
(佐田)これね 私の好きな曲なの。

ちょっと前に インディーズから
メジャーデビューした バンドなんだけど

歯医者を目指してる大学生だから
顔 出さない…。

この漫画が 超面白くて。

やっぱり スポーツ男子の
友情物って 外れないんだよね。

こう ムカついたときとかに読むと
すかっとするっていうか。

あっ ムカついたっていったら
こないだ…。

(佐田)いただきま~す。

ん~ おいしい!

これ 豆腐で できてんだって。

うん。 これ はまりそう。

これ 溶けちゃうよ
早く食べなきゃ。

これ 冷凍庫に入れとくわね。

(瑞江)ほら。 玲子 奇麗ね。

お花 生けてくるわね。

(戸の開閉音)

(佐田)玲子ちゃんのお母さんって
優しそうな人だね。

いい お母さん。

うちね 母子家庭なの。

だからかな~。

どうしても刑事になりたいって
言ったとき

初めは すごく反対されたの。

女だし やっぱり
危険なこともあるからって。

でも 今は
頑張れって応援してくれてる。

刑事って 傷つけられた人や
犯罪の被害に遭った人

そういう人たちのために

絶対 なくちゃいけない
仕事だから。

(佐田)でね
気付いたら 犯人じゃなくて

自分の手に 手錠かけちゃってて。
あれ? あれあれあれ? って

もう ホント
一瞬 パニックになっちゃって。

そしたら 先輩が
「お前は 自分の手に

神経が通ってないのか。
この ぽんこつ!」って

怒られて。
先輩も 手に 何か 手錠…。

(玲子)ハハハ…。

(佐田)玲子ちゃんと同じ
被害に遭った人たちから

犯人の特徴を聞いて 作った
似顔絵やモンタージュ

見てほしいんだ。

絶対 あいつを捕まえたいから。

あっ… 嫌… 無理…。

怖い…。

そっか。 怖いよね。

玲子ちゃんには
立ち直ってほしい。

負けずに
前を向いて 生きてほしい。

だから 待つよ。

玲子ちゃんが元気になるまで。

≪(戸の開閉音)

今日も 佐田さん 来ないのかしら。

お忙しいのかしらね。

≪(ノック)

佐田さんかな?

どうぞ。

(刑事)失礼します。

(刑事)姫川さんに
お伝えしたい件が。

昨夜 あなたを襲った犯人を
逮捕しました。

えっ?

ですが 佐田 倫子巡査が

殉職しました。

何で 刑事になりたかったのか。

それは…。

売春するしか能のない がきに
話す価値はないわ。

だから 売春してるなんて
一言も言ってないけど。

そうね。 一般論を言ってみただけ。

でも 売春って やってることは
風俗の人と変わんないでしょ?

セックスして
お金 もらってるんだし。

一緒じゃない。 彼女たちは
営業許可を取った店で

従業員として登録されて
働いてる。

サービスによって得た賃金で
税金も ちゃんと納めてる。

それが 社会に出て
仕事をするということ。

社会に認められてない仕事は
一切 やっちゃ駄目なの。

「社会 社会」って

うちら 関係なくないですか?
そんなん。

社会とは無関係。
だから 自分の体で何をしようが

誰にも迷惑を掛けていないし
自由。

ホントに そう思うなら

私が あなたの社会性を
めちゃくちゃにしてあげる。

(美樹)えっ?

まずは 学校にバラすわ。

下坂 美樹が
売春をしていますって。

それから ご近所に… あ~

あと あなたのお父さまの会社にも
お知らせする。

あなたの将来の勤め先にも
バラすし

大好きな恋人にだって バラす。

もし 結婚でもすることになったら
そのお相手にも お伝えしなきゃ。

だけど あなたは
社会性なんて構わないんだから

気にしないわよね?

そんなの 名誉毀損で訴えてやる!

法廷は
社会性が問われる 最たる場所よ。

売春した女子高生が立ったところで
見せ物になるだけ。

バカじゃないの!
それでも あんた 警察官?

社会性を否定したはずよね?

なのに 私が
社会的に何者かなんて 関係ある?

私 未成年だけど。

未成年だろうが 関係ない。

この社会の一員として
生きたいなら

ちゃんとルールを守って。
もし 守らないなら

社会から排除される覚悟を
持ちなさい。

当たり前のことをバカにしない。

当たり前のことには

それが当たり前になるだけの
理由があるの。

亡くなった綱島さんと三沢さん

この2人と
どういう関係にあったのか 教えて。

出会い系アプリで知り合って
売春した。

それだけ?

両方に クスリあげた。
どんなクスリ?

(美樹)使ってないから
知んないけど

気持ち良くなるって。

別の男から もらったやつ。

もらったのは どんな男?

イケてない医大生。 名前も分かる。

(刑事)《佐田は 張り込み中に

姫川さんたちを襲った犯人を
見つけたんです》

《ところが 逮捕する際

抵抗する犯人と もみ合い
刺されました》

≪(ノック)

はい。

(尚美)失礼します。

(尚美)佐田 倫子の 母です。

あの子が
死ぬ前日まで付けていた日記です。

どうぞ 読んでやってください。

♬~

(佐田)「8月9日」

「今日
玲子ちゃんが 初めて笑った!」

「すごく かわいい 笑顔」

「美人だし
もっともっと 笑ってほしい!」

(佐田)「アイスは
好きじゃないのかな?」

「食べてもらえなかった」

(佐田)
「玲子ちゃんの人生は 長い」

「その大事な一生を

こんな事件で
台無しにしちゃ ダメだ」

(佐田)「戦って
人生を取り戻してほしい」

「私も
玲子ちゃんと一緒に戦いたい」

「だから 必ず 犯人を捕まえる!」

(佐田)《負けずに
前を向いて 生きてほしい》

♬~

(弁護人)さいたま市内の
南公園内において

あなたは 突如 現れた 被告人に
後ろから抱き付かれ

公衆トイレ裏に 連れ込まれた。

その後 必死で抵抗したものの
左腹部を刺され

そのまま 強姦された。

と このように
必死で抵抗したにしては

あなたの擦過傷は 少ない。

ということは 本当は
合意の上の性交渉だったのでは?

(弁護人)抵抗する女性に
無理やり 行為を強要することに

喜びを感じる。

それが 被告人が持つ
性癖の異常さであります。

つまり 被告人は
あなたに抵抗してほしかった。

しかし
あなたは抵抗しなかった。

だからこそ 脇腹を刺した。

(弁護人)よって 本件は 傷害罪を
免れるものではありませんが

強姦罪
成立しないものと考えられます。

(佐田)《玲子ちゃん
負けちゃ駄目でしょ》

(佐田)
《自分で戦って 勝ち取るの》

《あなたの人生を》

ナイフで脅された後

また刺されて
殺されるんじゃないかって

抵抗を諦めたのが
どうして 合意になるんですか?

だったら 命懸けで
その人を捕まえた 佐田さんも

殺される覚悟をしてた。
だから 死んで当然だった

ってことですか?
証人 落ち着いてください。

もし あなたの
奥さんや 恋人や 姉妹が

私と同じような目に遭っても

あなたは 本気で
合意の下だったなんて言えんの?

佐田さんに 覚悟があったから

死んでも文句ないだろうって
言える?

殉職して 二階級特進
警部補になれたんだから

よかったなって!
(裁判官)静粛に!

佐田さんだけじゃない!
警察の人たち全員に

危険な仕事だから
殺されても文句ないよなって

本気で そう言う覚悟が
あんのかって 聞いてんの!

♬~

♬~

《みんなが
私の中の佐田さんに…》

♬~

♬~

《これが 警察…》
《これが 警察…》

(石倉)下坂 美樹に 渡した 薬物は
どこで手に入れた?

(宇田川)元は 実験用のマウスを
肝臓病にするための

特別な薬品で

それを 覚せい剤と調合して…。

覚せい剤は どこで手に入れた?

(宇田川)ネットで調べて
新宿で 売人から。

≪(ノック)

下坂 美樹が 両親に付き添われて
出頭しました。

分かった。 面通しさせよう。
はい。

なぜ 下坂 美樹に 薬物を渡した?

僕と付き合ってほしいって
頼んだら…。

(宇田川)《お金なら
もっと あげるからさ

僕と付き合ってみない?》

《冗談でしょ》

《そういうの 全然 無理》

(宇田川)だから 僕…。

(宇田川)《これ》
(美樹)《何 これ》

(宇田川)
《気持ち良くなれるクスリ》

《うちの研究室で作った 特製の》

《マミちゃんに
プレゼントするよ》

《へ~。 じゃあ もらっとく》

(宇田川)
マミちゃんを殺したかった。

そしたら 彼女は ずっと
僕だけのマミちゃんになるから。

クスリをもらったのは
あの男で 間違いない?

(美樹)うん あいつ。

だっさいし 超絶 下手だったし
キモッ。

将来 医者になるとか
言ってたくせに バカみたい。

でも 結局 あいつなんか
ただの人殺しじゃない?

今 何つった?
主任。

ただの人殺し?
あんたも その人殺しよ!

主任!

言ってやる。

女の刑事に 暴力 振るわれたって。
菊田!

はい。
あんた 私が 暴力 振るったとこ

見た?
いえ。 自分は何も。

ノリ あんたは?
(葉山)僕も 何も見てません。

残念ね。

ここには あんたの話を裏付ける
証人は いないみたい。

人殺しなんて してない。

だって 私
あのクスリ 売ってないし。

いいえ 立派な人殺しよ。

気持ち良くなるクスリ
麻薬だってこと 知ってたんでしょ?

あんたは 法律で禁じられた薬物を
他人に与えて

中毒死するように しむけた。

あんたら がきは
想像力が欠如してる。

だから
クスリの恐ろしさも甘く見てる。

いい? 最初の一歩を
踏み間違えた人間は

どん底まで落ちるの。

クスリが やりたくて やりたくて
盗んだって 殺したって

欲しくて 欲しくて
たまんなくなるの。

仕事も 友達も 家族も 失って
全財産なくして

反省した揚げ句
「自殺しよう。 だけど 最後に

もう一本 打ってから 死のう」って
思うの。

死ぬまで ここが
強烈な快楽を覚えてるのよ!

(美樹)でも…
でも 私 クスリは…。

自分はクスリをやってません。
だから 無実です?

寝ぼけたこと
言ってんじゃないわよ。

自分がやらずに
他人に毒物をまき散らす方が

どれだけ 悪質で 重い罪か

よ~く考えなさい!

警察をなめないで。

♬~

あ~…。

いった~。 ヤッバ 折れてるかも。

あ~…。

♬~

♬~

♬~

♬~

(湯田)あ~
これ 主任に聞かないと。

あっ 主任は?
(葉山)所轄に寄って

これまでの未解決事件の捜査状況
聞いてから 来るそうです。

(湯田)さすが 仕事好き。

やっぱ 女でも あの若さで
とんとん拍子に出世するはずだわ。

(石倉)感心してる場合か?
お前も 少しは見習え。

はい。 すいません。

(石倉)サンキュ。
(湯田)あっ でもでもでも

付き合う相手としては
どうなんすかね?

例えば 合コンとかで

「趣味? 捜査ですけど」とか
言われたら

もう 俺も
すいません。 逮捕してください…。

誰の趣味が捜査だって? 康平。
すいません。

主任 お疲れさまです。

これ みんなに。
うちの地元限定アイス。

あざ~っす!

うわ
豆腐のアイスじゃないっすか~。

健康志向っすね。 素晴らしい。

(石倉)ちょうど
甘い物 欲しかったんですよ~。

あっ でも ノリは 甘い物…。

(湯田)あっ ノリは あまり
こういうの食べないっすね。

(石倉)うん 食べないね。

好きです。
(湯田・石倉)えっ?

(葉山)いただきます。

(湯田)アイスは食うんだ。
(石倉)食べんだ。

主任
今日は 恩人にも会ってくるって

言ってましたよね?
うん。 色々 報告してきた。

私は 今
一課の主任警部補になって

いい部下たちに
恵まれてますってこととか。

それから もう キレても 絶対に

右では殴りませんってこととか。

どうぞ。
ありがと。

何にした?
(湯田)俺 豆腐にしました。

うん。
(石倉)私 ストロベリー。

(湯田)うまいっすね これ。
おいしいでしょ?

[詳しくは FODで検索]