ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第18話 石坂浩二、山本圭、浅丘ルリ子… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #18 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 若松
  2. 柿本
  3. 吉村
  4. 公平
  5. 村山
  6. バーカ
  7. 公一
  8. 冴次
  9. 人買
  10. お前
  11. ハゲ
  12. フミコ
  13. 一緒
  14. 記憶
  15. 桑畑
  16. 荒木
  17. 根来
  18. 三平
  19. 人目
  20. 鉄兵

f:id:dramalog:20190501133602p:plain

『やすらぎの刻~道 #18 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

やすらぎの刻~道 #18 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
養蚕が繁忙期に入り、根来公平(風間俊介)たちは戦争の影が忍び寄っていることも知らず、忙しく働いていた。そんな中、公平は「しの(清野菜名)と三平(風間晋之介)が逢い引きしている」という噂を聞き…!?
一方『やすらぎの郷』では、菊村(石坂浩二)が“大納言”こと岩倉正臣(山本圭)の容体が思わしくないことを知り、“尊厳死”に興味を抱き始める。そんな中、白川冴子(浅丘ルリ子)が突然、菊村のヴィラを訪ねてくる。
◇出演者
【やすらぎの道】清野菜名風間俊介宮田俊哉Kis-My-Ft2)、佐藤祐基、風間晋之介、関口アナン、両角周、若林元太、千原せいじ、豊嶋花、平山浩行佐戸井けん太、岸本加世子
やすらぎの郷石坂浩二
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
藤田明二
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(根来三平)いきなり
ウサギ 突きつけられて

殺せなかったのも
俺 情けなかった。

(鉄兵)
人間だったら当たり前の事よ。

自分の親しい身内や

惚れとるもんが
危ない目に遭ったら

そん時は 相手が人だって殺すさ。

〈夢を見ていた〉

〈あの晩 森で見た
貝の道の夢だ〉

〈その道を 僕は

しのちゃんと歩いていた〉

〈さっきまで一緒だった
三平兄ちゃんは…

いなかった〉

♬~

〈その男が ふらりと
小野ヶ沢に姿を見せたのは

そろそろ
晩秋蚕の仕事も終わって

桑畑の片付けに入った頃だ〉

〈今年は
繭の生産量を調整したので

手付かずのままの荒れた桑畑を
僕らは みんなで整理していた〉

ここらの蚕も
もう終わりだな。

これだけ 相場が悪くちゃ

いくら作っても
引き取り手がねえな。

望月製糸も危ねえって聞くし

そもそも
甲府の大本の丸三んとこが

経営縮小って話らしいぞ。

お嬢ちゃんは…
どこの娘さんだい?

根来の家の者です。

ええ~?
根来に こんな娘いたっけ?

信子ちゃんの上か?

わかった!

浅井んとこの先妻の子か!

根来に
もらわれていったっていう。

ああ~…。
どなたですか?

吉村ってもんだ。

冴次さんのほうとも
古いなじみだよ。

♬~

(吉村)せっかく育てた
一ノ瀬桑も

今年は 見込みが狂っちまったな。

浅井んとこの桑畑も

主がいなくて 見捨てられて
見る影もねえ。

誰も刈らねえから
ボーボーのままだしな!

ここいらも 早いとこ
頭 切り替えてよ

蚕なんか捨てて 町に出たほうが

よっぽど利口な
生き方ってもんだ。

甲府の町は 今 軍需景気で
工場が 人手 探してたぜ。

満州
一旗揚げるって手もあるなあ。

知ってんだろ? 兄ちゃんたち。

国の肝煎りで
満蒙開拓青年義勇軍が…。

(根来公一)なんか用か?

(吉村)別に用じゃねえよ。

(吉村)せっかく丹精した
一ノ瀬桑が…

もったいないなって話
してただけだよ。

(公一)あいつとは
口をきかないほうがいい。

(三平)どこの奴?

(公一)韮崎のほうの遊び人だ。
(三平)遊び人?

(公一)困った家を嗅ぎつけて
現れる

どうしようもねえハイエナだ。

早く言や 人買いだ。

しの あいつには絶対に構うな。

わかった。

♬~

(青っ洟)あーっ! ほら…!
(ハゲ)ああ…!

(ニキビ)人買い?
そうだってよ。

人買いって なんだ?

(ハゲ・青っ洟)バーカ!
バーカ!

お前 人買いも知らねえのかよ?

女を買って
売り飛ばすんだよ。

どこに?
どこって お前…。

良くない所にだよ。

女に限るのか?

男は買わねえのか。

(3人)バーカ!

だって 男のほうが 力があるぞ。
(青っ洟)バーカ!

畑作業のために
買うんじゃねえの。

そういう事のために
買うんじゃなくて…。

どうした?

(ニキビ)公平に用か?

(ハゲ)行ってやれよ 公平。
お前に用らしいぞ。

なんだよ…。

おりんの奴 公平が好きなんだぞ。

あいつ 今 いくつだ?
11か 12だろう。

ここんとこ
全然 学校に来ねえな。

行けねえんだよ
子守が忙しくって。

荒木んとこったら 苦しいくせに

子供ばかり
どんどん増やすもんな。

荒木のおばさん
腹 また でけえぞ。

またか!?
何人目だ?

5人目。
いや 5人目は 去年 生まれたよ。

今 腹にいるのは
6人目じゃねえか?

なんか用かよ?

話があるのか?

話があるなら 早く言えよ。

用がないなら 俺 行くぞ。

変な奴。

なあ おりんの奴 少し おっぱい
大きくなってきたんじゃねえか?

知らねえよ。

〈その晩遅く 若松さんが来た〉

(戸の開く音)

(根来冴次)本家に すぐ行くぞ。

鉄兵の母ちゃんが
今 息を引き取った。

♬~

♬~

(柿本)
随分ちっちゃくなっちまったな。

(村山)ああ…。

昔は 大柄な人だったのにな。
(村山)うん…。

(冴次)これで 鉄兵も
一人になっちまった。

(若松)ああ…。

(村山)
民謡のうまい人だったがなあ。

(柿本)そうだ。

(若松)あの人が
夜中に民謡歌うと

フミコがやってきて
聴いてたっていうぞ。

(村山)ああ そんな話もあった。

(柿本)熊のフミコだべ。
(若松)ああ。

(柿本)あの人にゃ
フミコも懐いてたって聞いた。

(冴次)ホントかい。

(若松)わしも
その話 聞いた事がある。

(若松)じいさんが死んでから

急に がっくりと
腰が曲がっちまった。

(村山)そうだ。

(柿本)酒が強かったぜ。

(冴次)ああ… よく飲んでた。

(戸の開く音)

(根来公次)祥恩寺の和尚が
今 着きました。

〈死んだ人間の顔というものを

僕は その晩
初めて 間近で見た〉

〈1年前までは 腰が曲がっても

鉄兵兄ちゃんの炭焼きを手伝い
酒を飲んだり

僕らを笑わせたり
鉄兵兄ちゃんを怒鳴りつけたり

元気に動いていた
おばちゃんの顔が…〉

〈今は 全く表情を持たず

口を ぽかんと開け
目を閉じ しゃべらず

多分 色んな事を 全部 忘れて

1個の物体に
なってしまっていた〉

♬~

〈人が死ぬっていうのは
そういう事で

きっと もう 人として生きてきた
何十年の出来事は

死んだ瞬間に 全て溶け去り
記憶と一緒に消えてしまうのだ〉

(菊村 栄)〈律子の時も
全く そうだった〉

〈楽しかった事〉

〈笑い合った事〉

〈恋をした事〉

〈夢を語った事〉

〈それら全てが

死の瞬間に 死んだ者からは
一切が飛ぶのだ〉

〈しかし…

死んでいった者には
そうかもしれないが

生き残った者には 記憶が残る〉

〈残った記憶が
心から離れない〉

〈おばちゃんの葬式は
3日後に行われた〉

(鉦の音)

〈鉄兵兄ちゃんは
先頭を歩いたが

最後まで
涙を一粒も見せなかった〉

〈事件が起こったのは
それから少ししてだ〉

公平ちゃーん!
ん?

おりんちゃんが来て
ずっと待ってたのよ。

僕を?
1時間近くも待ってたんだから。

なんの用で?
公一兄ちゃんに 話を聞いて。

どこをほっつき歩いてたんだ。
ほっつき歩くって…。

俺 ソダ採りに…。

途中で ちょっとだけ
道草したけど。

おりんちゃん
ずっと お前を待ってたぞ。

聞いた。 なんだって?

お前 あの子が好きだったのか?

好きって… まだ子供だよ?

仲良かったんだろ?
そりゃ 仲は良かったけど。

公平。
ん?

おりんちゃん
遠くへ行っちゃったよ。

遠くって?

満州だ。

満州

(三平)満鉄の重役んとこで
働くんだと。

そんなの
嘘に決まってるだろうが!

あの子は
女郎屋に売られてったんだ。

荒木のおやじが
娘を売ったんだよ。

(公一)吉村と一緒に
さっき 山を下りてった。

あの子は お前に
お別れを言いに来たんだ。

♬~

♬~

待ってくれ… 待ってくれ。

行くな おりんちゃん!

♬~

(お嬢)私 怖くないから。
怖いよ。

(お嬢)栄ちゃん? 嬉しい!

(マロ)俺もよ 大納言を見ててよ
マジに考え込んじゃったぜ。

(ロク)全く ツイてない…。