ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第17話 風間俊介、清野菜名、風間晋之介… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #17 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 三平
  2. 鉄兵兄
  3. バーカ
  4. ハゲ
  5. 三平兄
  6. 室井先生
  7. 小夜子先生
  8. アコーディオン
  9. ショック
  10. ニキビ
  11. 一同
  12. 小夜
  13. 戦争
  14. 浅井
  15. 鉄兵
  16. アワビ
  17. ウサギ
  18. お国
  19. お前
  20. クソ

f:id:dramalog:20190430191715p:plain

『やすらぎの刻~道 #17 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

やすらぎの刻~道 #17 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
養蚕が繁忙期に入り、根来公平(風間俊介)たちは戦争の影が忍び寄っていることも知らず、忙しく働いていた。そんな中、公平は「しの(清野菜名)と三平(風間晋之介)が逢い引きしている」という噂を聞き…!?
一方『やすらぎの郷』では、菊村(石坂浩二)が“大納言”こと岩倉正臣(山本圭)の容体が思わしくないことを知り、“尊厳死”に興味を抱き始める。そんな中、白川冴子(浅丘ルリ子)が突然、菊村のヴィラを訪ねてくる。
◇出演者
清野菜名風間俊介宮田俊哉Kis-My-Ft2)、佐藤祐基、風間晋之介、関口アナン、両角周、若林元太、小林涼子、真山勇樹、平山浩行
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
藤田明二
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


〈その日の事は忘れない〉

〈分けていく杣道の所々に
アワビの貝殻が落ちていた〉

〈アワビの内側は 月の光を受け

かすかに でも しっかり
白い光を発していた〉

〈それは 闇の中に延びる
貝の道だった〉

公平。 殺せ。

(浅井しの)兄ちゃん。 私 やる。

(鉄兵)殺したら祈れ。

謝罪でも感謝でもいい。

命を頂くんだから
わしゃ そうしとる。

戦争は 殺しても 相手を食わん。

食わんのに殺す。

そんな事 わしゃ できん。

だから わしゃ
戦争っちゅうもんを好かん!

〈鉄兵兄ちゃんの言った事は
僕の心に染み込んだ〉

♬~

(セミの鳴き声)

〈室井先生と小夜子先生が
山淵村から出て行ったのは

その翌日の一番のバスでだった〉

〈三平兄ちゃんと僕と

それから 鉄兵兄ちゃんが
送りに出ただけで

学校からは
誰も送りに来なかった〉

〈あとは…

セミの声が 先生たちを送った〉

(バスのエンジン音)

〈小夜子先生がいなくなって

音楽の授業は
がらっと変わった〉

♬~(一同)「鳥の声」

アコーディオンのできる
郡司先生が

音楽の授業を引き継いだが

先生のアコーディオン
ひどいもので

しょっちゅう間違えて
また初めから やり直した〉

(郡司)1 2 3 はい。

♬~(一同)
「肩をならべて兄さんと」

〈だけど
その頃 次々に発表された

軍国歌謡のメロディーと歌詞が

気づかないうちに 僕らの頭を
軍国少年に洗脳していたのだ〉

♬~「お国のために戦った」

♬~「兵隊さんのおかげです」

♬~(アコーディオン)

♬~

♬~

♬~

(一同)万歳! 万歳!

(ラジオ)「ああ 感激の2600年」

「この良き年に巡り会う
千載一遇の国民の幸」

「何をもってか これに代えん」

〈でも 山梨の山あいの村の
僕ら子供の世界では

そういうお国の出来事は
遠いどこかのお話だった〉

〈夏に入って
夏蚕の時期に入ると

それから
9月の晩秋蚕の時期まで

休む間もなく 僕らは働いた〉

〈生糸の景気が
どんどん悪くなり

望月製糸の引き取ってくれる
繭玉の量も激減していたから

僕らも
前ほどは忙しくなかったけど〉

(三平)しの。

〈しのちゃんの実家の
浅井さんちが 村から消えてから

しのちゃんは
しばらく沈んでいたが

三平兄ちゃんが いつも気遣い

しのちゃんを笑わせ
励ましていた〉

(ハゲ)噂になってるぞ あの2人
最近。

あの2人って?

(ハゲ)三平さんと しのちゃんよ。
嘘!

(青っ洟)俺も聞いた。
嘘!

(ハゲ)こっそり
2人だけで会ってるってよ。

嘘! だって 俺
いつも一緒にいるもん。

(ニキビ)気づかれねえように
あいびきしてんだよ。

あいびきって?

バーカ!
お前 あいびきも知らねえのかよ?

(青っ洟)あいびきってのは
2人で こっそり会うことよ。

会って何するの?

(ニキビ)コソコソ話し合うんだよ。

(ハゲ)バーカ!
コチョコチョくすぐり合うんだよ。

(青っ洟)バーカ!
なんだよ?

(青っ洟)くすぐるんじゃねえよ。
いじり合うんだよ。

いじって どうするの?

(青っ洟)気持ちよくなるんだよ。
なんで?

(青っ洟)そうすると
子供ができるんだよ。

お前だって 親父とおふくろさんが
いじり合って生まれてきたんだぞ。

どこ いじるのよ?
バーカ!

尻に決まってるだろ。

(3人)尻!?

えっ? みんな知らないの?

赤ん坊は みんな
尻から出てくるんだぞ。

クソまみれでか?

〈そんな事より 僕は
しのちゃんと三平兄ちゃんが

本当に
そんなふうに会っているのか

いつから
そんなに仲良くなっていたのか

気づいていなかった事に
ショックを受けていた〉

〈うかつだった!〉

信子。
(根来信子)ん?

三平兄ちゃんは?
浅井さんちの空き家じゃない?

誰と?

決まってるじゃない
しのちゃんとよ。

(信子)時々 2人で
あそこに行くのよ。

《知ってたんなら
早く言えよな…》

はあ…。

はあ…。

あった。

この機織り機…。

間違いない。

こんな所に放られてたんだ。

かわいそうに。

母さんが死ぬまで使ってた物よ。

母さん 毎晩 これで機織ってた。

はあ…。

まだ 母さんのにおいがする。

うちに運んでも構わないかな?

(三平)いいだろ。

どっか 置く場所
うちにあるかな?

物置 片付ければ
置けると思うよ。

怒られない?
怒られないよ。

三平ちゃん。

お父さんに断ってくれない?

いいよ。

嬉しい。

明日 リヤカーで運んでやるよ。

どうしたの?

さっきから ずっと黙ってる。

何考えてるの?

貝の道の事 考えてたんだ。

貝の道?

こないだ 鉄兵兄ちゃんと
山へ入った夜 見ただろう?

(三平の声)
月の光で道しるべになってた。

(しのの声)
ああ~… あれ びっくりしたわ。

あんなにきれいで神々しい景色
生まれて初めて 俺 見たよ。

私も。

なんだか 夢見てる気分だった。
うん。

(三平)あの道 ずっと
あのまま行ったら

天国に行くんじゃないかって
俺 思った。

♬~

最近 鉄兵兄さんに

お前 会ったか?

会ったよ。

室井先生を送りに来てた。

どうして?

兄さんとこの
おふくろの具合が悪いんだ。

もう長い事もないらしい。

知らなかった。

おふくろに死なれたら

兄さん いよいよ
一人っきりになっちまうな。

ああ。

そうか…。

兄さん
室井先生を送りに来てたか。

うん。

小夜ちゃんと
別れに行ったんだな。

小夜ちゃんって…
小夜子先生の事?

ああ。

それは どういう事?

鉄兵兄さん 昔
小夜ちゃんに惚れてたんだ。

ああいう奴だから
絶対 口には出さなかったけど

態度を見てりゃ すぐにわかった。

だけど
室井先生とは親友だったから

黙って身を引いて
室井先生に譲ったんだ。

知らなかった…。

あいつは 昔から ああいう奴だ。

(水をくむ音)

(飲む音)

(三平)鉄兵兄ちゃん。

(戸を開ける音)

(三平)おばさん。

おばさん。

大丈夫ですか?

兄ちゃん。

(鉄兵)おう。

どうした?

(三平)おばさん どうなの?

(鉄兵)
もうじき お迎えが来るだろう。

(三平)いつかの夜は
ショックだったよ 俺。

貝の道を見たのも
ショックだったし

いきなり
ウサギ 突きつけられて

殺せなかったのも
俺 情けなかった。

戦争に行ったら
どうなるんだろう? 俺。

ウサギ1羽も殺せないのに。

人間だったら当たり前の事よ。

だけど 自分の親しい身内や

惚れとるもんが
危ない目に遭ったら

そん時は 相手が人だって殺すさ。

いざとなったら…

罪もクソもねえ。

(三平)小夜子先生の事
兄ちゃん 好きだったの?

(三平)小夜子先生のためだったら
兄ちゃん

今でも 人を殺せると思う?

〈夢を見ていた〉

〈あの晩 森で見た
貝の道の夢だ〉

〈その道を 僕は
しのちゃんと歩いていた〉

〈さっきまで一緒だった
三平兄ちゃんは…

いなかった〉

(公一の声)あいつとは
口をきかないほうがいい。

(公一の声)早く言や 人買いだ。
(ニキビ)人買いって なんだ?

(3人)バーカ!
(ハゲ)おりんの奴

公平が好きなんだぞ。
変な奴。