ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

大全力失踪 第4話 最終回 原田泰造、優希美青、山田裕貴、手塚とおる… ドラマの原作・キャストなど…

『ドラマ 大全力失踪(4)』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 雅也君
  2. 雅也
  3. 本当
  4. 磯山
  5. お父さん
  6. 純蓮
  7. 白金
  8. 高峰
  9. 失踪
  10. お母さん
  11. 出来
  12. 麗香
  13. 結婚
  14. 大丈夫
  15. 伊豆
  16. 一緒
  17. 会社
  18. 警察
  19. 妊娠
  20. 父親

f:id:dramalog:20190428230237p:plain

『ドラマ 大全力失踪(4)』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

ドラマ 大全力失踪(4)[字][終]

ついに最終回!磯山(原田泰造)は自分が犯人とされる暴力団幹部殺人事件に終止符を打てるのか?ななみ(優希美青)と雅也(山田裕貴)は幸せになれるのか?意外なラスト!

詳細情報
番組内容
磯山(原田泰造)が犯人とみられた暴力団幹部殺人の真犯人は、白金雅也(山田裕貴)の友人がいる半グレ集団「サソリ」だとわかる。雅也は警察に告発しようとするが、その直前、「サソリ」に拉致監禁されてしまう。磯山は高峰(手塚とおる)の協力を得て、なんとか雅也を救出しようとする。一方、磯山の妻・聖子(緒川たまき)は、ななみ(優希美青)の妊娠に気づき、ななみの雅也との結婚を実現させるべきかどうか悩むが…
出演者
【出演】原田泰造緒川たまき優希美青手塚とおる山田裕貴浅野温子石丸謙二郎,Toshl,片岡明日香山根和馬
原作・脚本
【作】嶋田うれ葉

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(磯山)
<ヤクザ殺しの殺人犯と勘違いされ

松口組から追われて
家を飛び出した俺は

結局 また失踪することになり

伊豆でお遍路をしながら
状況が好転するのを ひそかに待っていた>

彼も泊めてもらえますか?

<そんな中 娘の彼氏 雅也君の
実の母親と出会い…>

(純蓮)私は すい臓がんなんです。

<俺の運命は 思わぬ方へと転がり始めた>

♬~

誰か~!

♬~

「メッセージは1件です」。

また おっさんからだよ。

(留守電)磯山です。 これを聞いたら
お寺に至急連絡下さい。

お前 本当は知り合いなんだろ!?
(蹴る音)

(雅也)あっ…。
(せきこみ)

知らねえよ そんなおっさん。

本当かな?

♬~

(聖子)どうかした?

(ななみ)ううん。 大丈夫。

♬~

あの…。
ここへは来ない方がいいと
言ったでしょう。

雅也君 あれからも来てませんか?
はい。

本当に!?

うそつく理由がありません。

お父さん!?

ななみ! どうして…。

前にね 雅也君に連れてきてもらったの。
ああ。 雅也君と来たんだ。

実は 雅也君のお父さんが店に来て…
雅也君が 行方不明らしいの。

やっぱり 何かあったんだ。

何か知ってんの?
いや… ななみ 携帯ある?

雅也君に電話してみて。 ななみだったら
出てくれるかもしれないから。

早く!
うん。

もしも~し。 ななみちゃ~ん?
白金君の携帯で~す。

誰ですか?
白金君の友達。

今 白金君
ちょっと電話に出られなくてさ。

用件があるなら伝えるよ?

雅也君 どこにいるんですか?
雅也君はね…。

やめろ! そんな女 知らねえよ!
雅也君!? 雅也君!

えっ ちょっと あんたたち
どういうこと!?

もし 警察に言ったら こいつ死ぬからな。

(通知音)

お父さん これ…!
あっ…。

どうしよう… 警察に言った方が…。

あっ ちょっと!

[ 回想 ] 壺を松口組から奪って
海外で売りさばいたって。

その中にクスリが入ってて。

あっ この壺…。

やっぱり こいつらが犯人だったんだ。
えっ?

ごめん ちょっと これ借りるね。
お父さん!

ほら ここに あんたらの組から奪われた
壺が写ってる。

幹部を殺したのも
ここにいるやつらですよ。

あっ もしもし?

(高峰)あのボンボン
俺には 生意気 言ってたくせに

半グレの連中に拉致られたのか。
ハッ バカだな…。

分かりました。

場所が特定できた。 ついてこい。

ガセネタだったら お前を殺す。
はい…。

♬~

おい 磯山。
はい。 行くぞ。

(ノック)

おい! おらっ!
おい どうした?

うわっ! いってっ!

てめえ!

おら~!
おい!

雅也君! 雅也君! 雅也君!

雅也君!?

雅也君! 大丈夫?

すいません… 高峰さんまで。
おい 磯山 ほら。

ああ ありがとう。

あったぞ!

どうして…。
いいから。 じっとして!

もしもし? 警察ですか?
あの 不良のけんかなんですけど…。

♬~

おい 急げ!
おう!

♬~

すいません… 逃げられました…。

何やってんだよ!
すいません! すいません!

≪(サイレン)

誰だ! 通報しやがったのは!

♬~

本当? お父さんも雅也君も無事なんだね。

ああ。 高峰が通報してくれて
その場にいた半グレのメンバーは

ほとんど捕まったから。
俺の疑いも じきに晴れるよ。

よかった…。
じゃあ 帰ってくるのね?

うん… って言いたいとこだけど
数日かかるかも。

はあ? どうして?
あ~ ごめん もう…。

(電話が切れる音)

はあ~ 訳分かんない。
無事が分かっただけ いいわよ。

2人のこと ほっときなさい。

ななみ? 気持ち悪いの?

ストレス。

絶対 そうだわ…。

(雅也)本当に帰らなくていいんですか?
何で また寺に?

どうしても純蓮さんと会ってほしいんだ。
純蓮さんって 副住職の? 何でですか?

磯山さん!

おお~ よかった 間に合った。
純蓮さんは?

昨日 発作で倒れて…。

失礼します。

失礼します。

鎮痛剤で眠ってますが
もうすぐ目を覚ますでしょう。

先生 ご容体は?

残念ですが 今日 明日がヤマかと…。

純蓮さん どうして そんな…。

末期がんなんだ。

20年前 旦那さんと7歳の息子を置いて
家を出て

それから ずっと
この寺で世話になってるらしい。

い… いいんですか? 勝手に。

純蓮さん その写真を肌身離さず持って

ずっと一人息子のことを思いながら
生きてきたんだ…。

(純蓮・小声で)や…。

雅也…。

純蓮さん 聞こえますか?
磯山です。

雅也…。

こっちおいで。

雅也君 本当は ず~っと
会いたかったんだろ?

磯山さん…。
純蓮さん 大丈夫ですか?

雅也君 いますよ。

雅也…。

そのケガ どうしたの?

大したこと ありません…。

あなたが雅也だと分かった時には
心臓が飛び出るぐらい驚いたわ…。

血が出てる。 手当てしないと。

ちょっと。

ずっと あなたに触れたいと思ってた…。

まさか こんなふうに
あなたに会えるなんて…。

どうして…
どうしてなんですか。

20年前…
本当は 一緒に連れていくつもりだった。

でも お父さんに阻まれて…
結局 生活力のない私は

土下座して頼んでも あなたを
連れていくことを許してもらえなかった。

家を出たのは 父さんのせいなんですね?

いいえ…。

私が未熟だったの。

私ね 幼い頃に両親を亡くして
親戚の家で育ったの。

だから ずっと温かい家庭に憧れてて…。

あなたのお父さんと結婚した時は
夢みたいだった。

でも 突然 先代が亡くなって

あの人が 倒産寸前の会社を
継ぐことになって…。

家に寄りつかなくなった…。

今も変わらないです。

会社を立て直すために必死だったの。

いつか あなたが継ぐ時のことを思って…。

自分と同じ苦労を あなたに
味わわせたくなかっただけ…。

だから お父さんを決して恨まないで。
分かってあげて。

恨むのは… 私だけでいい。

ええ。 恨んでました。

小さい頃 うまくいかないことがあれば
それは全部

俺を捨てた母親が悪いんだと
思ってました。

どうせ 裏で 親父に金もらって
新しい男 見つけて

新しい子ども産んで

幸せに暮らしてるんだろうって
思ってました。

なのに… 何で こんな…。

俺は 誰を恨んでたんだ…。

本当に…。

本当に ごめんなさい。

やめて下さい。

こん… こんな…。

会いたかった。

母さん。

雅也…。

雅也…。

(すすり泣き)

雅也…。

雅也…。

母さん。

(すすり泣き)

♬~

(読経)

(読経)

♬~

磯山さん。
うん?

いろいろ ありがとうございました。
いや…。

俺は 何も…。

それより 腹減ったな。

そうだ! 肉食い行こうか 肉!
近くに いい店あってさ。

(すすり泣き)

♬~

ななみ 病院行った方がいいんじゃない?

お昼ごはんも ほとんど食べなかったし。
お母さんも 一緒に行こっか?

ダイエット中だから 気にしないで。
でも…。

ただいま。 あなた!
お父さん!

雅也君は?
うん あの… 無事に家に着いたって。

よかった。 ほかに 何か言ってた?

あっ… またお父さんの会社で
働くってさ。

まあ いろいろ
迷惑かけちゃったみたいだしね。

あちらのご主人も さぞかし
安心したんじゃない? うん。

今日は 家族で
いつものレストランで食事するんだって。

あ~あ いいなあ。
俺も3人で すき焼きとか食いたいなあ。

う~ん! うまい!
やっぱり すき焼きより 豚しゃぶだな。

一生 精進料理 食べてもらっても
よかったのよ?

そう言うなって。

ほら ななみ? 食べな。

もういい。 ごちそうさま。

ねえ やっぱり 雅也君と別れたのが
つらいんだな…。

それだけじゃないわ。
あの子 出来ちゃったのよ。

えっ!?

えっ!?

妊娠のこと どうして黙ってたの?

ごめん…。

相手は 雅也君だよね?
当たり前でしょ!

病院には行ったの?

3か月だって。
次の検診で 母子手帳もらう予定。

産むつもり?

だったら 雅也君に言わないと!
ダメ! 私 1人で産むから!

何 言ってるの!
そんなの無理に決まってるでしょう!

じゃあ 堕ろせっていうの?
だって…。

どうやって 1人で
子どもを育てていくのよ!

仕事だって辞めなきゃならないし
お金だってかかるのよ!

分かってるよ そんなこと!
分かってない!

まあまあ 2人とも…。
あなたは黙ってて!

はい…。

産むつもりなら
どうして相談してくれなかったの?

そうやって反対すると思ったから
言わなかったんだよ。

安定期に入って
産むしかなくなったら話すつもりだった。

親を だますつもりだったの!?
そんな だますなんて言い方…。

黙ってて!
はい…。

私 妊娠したって分かった時
びっくりしたけど

それより すっごくうれしかった。

ここに 小さな命が
宿ってるんだって思ったら

何か すごく胸が熱くなって…。

生きる希望が湧いてきたっていうか…。

でも…。
お母さんも

私が出来た時
こんな気持ちだったのかなって。

そう思ったら
余計 この子が愛おしくて…。

ななみ…。
この子が教えてくれたんだよ。

俺も ななみが出来たって聞いた時
すっごいうれしかった。

今でも はっきり覚えてるよ。

お母さん…
私 この子産んじゃ 本当にダメかな?

分かった。

赤ちゃん 産みなさい。

ただし 雅也君と結婚すること。

向こうの親が許さないって!

でも 雅也君には
子どものこと言わないと。 そうよ。

お母さん 今から行って 話してくる。
今から!?

それ ちょっと無謀じゃない?

ねえ! ねえ お母さん!

うっ…。
大丈夫!?

私は平気。 それより お母さん止めて!
勢い余って 何するか分かんないから!

でも ななみが こんな状態じゃ…。
お願い!

雅也君に これ以上 迷惑かけたくないの。
ななみ…。

すぐ戻るから。 何かあったら
聖子の携帯に電話するんだぞ?

うっ…。
大丈夫?

(クミ子)麗香さんは
ドイツでバイオリン留学をしてらしたの。

3億円のストラディヴァリウス
お持ちなのよ。

何でも好きな曲 お弾きいたします。
へえ~ 「ねこふんじゃった」でも?

フフッ。 ええ いいですよ。

(白金)すみませんね 麗香さん。
雅也は最近 高い勉強代を払いましてね。

3億の音色の価値が分からないんです。
いろいろ教えてやって下さい。

社長 例の報告書があがってまいりました。

すみません ちょっと失礼いたします。

♬~

磯山という男 雅也さんが
金をだまし取られた件とは

関係ないみたいですね。

一体 何者なんだ?

(麗香)雅也さん ご趣味は?
(雅也)特には…。

(麗香)お仕事 お忙しいですもんね。

私は 最近 健康のために
空手を始めたんです。

空手?
ええ。 こんな感じで。

(クミ子)え~ 空手されてるの?
(麗香)そうなんです。 いかがですか?

本当に?
護身にもなりますし すごくいいですよ。

(クミ子)そうなの?
(麗香)ええ。

失礼します。
でも 麗香さん 多才ねえ。

おかあさん。

お食事の場に押しかけたりして
本当に すみません。

あっ いえ…。
あの 何かあったんですか?

もう一度 ななみに会って
話し合ってほしいんです。

僕にはもう そんな資格は…。
ななみ 妊娠してるんです!

妊娠!?
1人で産むって言い張って…。

ななみ 今 どこにいるんですか?
つわりがひどくって 家でぐったりしてる。

どこへ行くんだ? 食事中だぞ。
父さん…。

白金さん 申し訳ありません。 どうか
雅也君とななみに 話し合う時間を下さい。

非常識にも程がありますよ。
百も承知です。

雅也君!
お願いします!

あっ 白金さん すいません。
聖子 行こう。

ダメよ! 雅也君も一緒じゃないと!

こうしてる間にも 赤ちゃんは
ななみのおなかの中で育ってるんだから!

赤ちゃん!?
雅也君 父親になるんです。

それって
お嬢さんが妊娠してるってこと?

雅也さん どういうことですか?
僕も 今…。

雅也の子どもだという保証はない。
信じなくていい。

何 言ってるんですか?
雅也君の子どもですよ!

何が目的だ。 金か!?
金なんて要りませんよ!

父さん やめろよ!
あなたも 声がデカい。

ちょっと 雅也さん 説明して下さいよ!
子どもって 何ですか!?

私のこと だましてたんですか!?
いや だましていたわけでは…。

これ以上騒ぐと 警察を呼びますよ。

磯山 武さん。

麻薬取締法違反の疑いで
ご同行願います。

え? 俺!? 何で?

以前 人に頼まれて 壺を運んだでしょ。
その件です。

えっ?
えっ?

えっ…?

もう~ やだやだ やだやだ。
まともなのは リリーちゃんとママだけね。

本当 人騒がせなんだから…。
人前で捕まるなんて みっともない!

ごめん…。 紅林が自供してくれて
本当 助かったよ。

もう~ 2人とも
何で そんな余計なことするの!?

ごめん…。 でもね 雅也君
ななみに会おうとしてくれてたのよ。

それを あの親父が邪魔するから…。

みんなで謝罪に行こう。
落ち着いたら 白金さんも許してくれるよ。

そんなわけないでしょ。
あ~… 気持ち悪っ!

そうだ!

ななみ。 いいこと 思いついた。
何?

失踪すればいいのよ。
雅也君と2人で。

(2人)失踪!?

失踪なんてダメだよ。 絶対ダメ!

あなた 経験者でしょ。
なに ビビってんのよ。

経験者だから反対なんだよ。
ほんの2~3日のことよ。

よく考えたら 2人とも大人なんだし

結婚するのに
親の承諾なんていらないでしょ?

あちらには 届けを出したあとに
事後報告すりゃいいのよ。

それ 母親の言うこと?
お式だけは挙げないとね。

離婚する夫婦の3割は
式を挙げていないっていうから。

今から式場探すなんて無理だよ。
いい教会があるの。

昔 旅行代理店で勤めてた時に
お世話になったんだけどね…。

今度は 娘が失踪か…。

先日は お母さんとお父さんが
バカな真似して 本当にごめんなさい。

ううん。
俺こそ すぐに来れなくて ごめん。

体調 大丈夫?
うん 平気。

というわけで 明日 あさっては
教会近くのホテルに潜伏してもらって

お式は あさってのお昼からだから
10時に現地で待ち合わせね。

あさって!?
急だけど そこしか
取れなかったのよ。 ねっ あなた?

ん? うん。
お式が終わったら 温泉にでも…。

伊豆のどこだっけ?
ん? 帰一寺?

それ お寺?
うん。

潜伏するには ぴったりの場所だって。
ねっ あなた?

うん。
お二人のお気持ちは…

本当に うれしいんですけど

借金3億も
僕が背負うことになるだろうし。

借金なら 私も一生懸命 働いて返す!
私も パン屋 頑張る!

いざとなりゃ この家
売ったっていいんだし。 ねっ あなた?

うん! 全然足りないと思うけど。

とにかく 最後は2人の決断よ。

よく話し合って。

あなた…。
はい!

雅也君 もし その気がないなら
正直に言っていいからね。

俺 決めたよ!

ななみと結婚する。

ななみと子どもがいれば
ほかには 何もいらない!

本当?
うん!

ななみのお父さんも お母さんも

こんなに俺たちのこと
一生懸命 考えてくれるんだよ。

親父も 会社も 全部捨てるよ。

一緒に失踪結婚しよう!

失踪結婚か…。

うん 結婚しよう!

♬~

ななみ!
雅也君!

好き!
私の方が もっと好き! 大好き!

しばらくは同居して
雅也君の就職先が決まるまで

うちのパン屋で
働いてもらうしかないわね。

ちょっと狭いけど…。 聞いてる?

ん? うん。

孫が生まれるんだから
私たちも しっかり働かないと!

♬~

♬~

(鐘の音)

♬~

(えり子)まさか ななみちゃんまで
でき婚とはね。 血は争えないわね。

今どき珍しくも何ともねえだろ。

そういや お兄ちゃんから
家を売る話とか聞いてない?

まだ言ってんのかよ。
しつこいな あんたも!

あの家だけは渡さないから!
半分は 妹の私に権利があるんだから!

ご家族は?

うちは 家族は来ません。
構わず進めて下さい。

いいんですね?
はい。

きれいよ ななみ。

ありがとう お母さん。

雅也君が決断してくれて よかったわね。
お母さんたちのおかげだよ。

幸せになるのよ。
うん。

私 お母さんみたいな
お母さんになりたい!

ななみなら 私よりずっと
いいお母さんになるわよ。

♬~

あなた。

「馬子にも衣装」ね。
ヘヘッ。

じゃあ あとはよろしく。
はい。

どう?
うん いいね!

いいねって それだけ?
フフフ…。

じゃ 右足から行くよ。 せ~の!

ちょっと待って。
えっ?

あの まだ心の準備が…。

でも みんな待ってるよ。
うん。

あと5分待って。
えっ!?

(あくび) チッ まだ始まんねえのかよ。

お兄ちゃん 感激して
泣いてんじゃないの?

僕 様子見てきます。

≪(ななみ)お父さん 今更 何言ってんの!
もう信じらんない!

結婚式やめるって どういう意味!?

説明して ちゃんと!
大きな声出して 何やってるの!

お父さんが 「結婚式は中止だ」って。
えっ どうして!?

違う 違う 違う。 あの…

雅也君のご家族にも 2人の結婚を
ちゃんと祝ってほしいんだ。

それが無理だから
こうなってるんじゃないの!

そうですよ!
皆さん 待ってるんですから!

あと3分待って。
そう言って もう30分以上じゃん!

ななみに 恥をかかせる気?
いや もう そうじゃなくて…。

もういい。
雅也君 2人でバージンロード歩こう。

ダメダメダメ!
ちょっと 待って待って 待って待って!

だって バージンロードは
父親と歩くもんだろ?

じゃ さっさと歩きなさいよ!
もう待てないの!

じゃあ 1分でいい。 1分…。
あなたの1分は 何十分なの!?

≪すみませ~ん!
あっ あっ あっ 皆さん!

白金さん!?

(荒い息づかい)
遅くなって 申し訳ありませんでした。

間に合ったようですわね。
よかった。

もう来ないかと思いましたよ。
お父さん どういうこと?

うん。

さあ リリーちゃん
あっちで お水飲みましょ。

実は 磯山さんが
社の方へ来て下すって…。

いろんなお話を伺いました。

[ 回想 ] お疲れさまです。
お疲れ。 また明日。

社長 お疲れさまです!

白金さん!

すいません 突然。
磯山さん…。

不法侵入ですよ。
待って下さい。 大事な話があるんです!

お宅の娘さんのことなら
話すことは 何もありません。

それだけじゃないんです!

雅也君と純蓮さんの話も
聞いてほしいんです。

一体 誰のことですか?

雅也君のお母さん…
あなたの元奥さんのことです。

何で知ってんだ。

会ったんです。 伊豆のお寺で偶然。

伊豆…!?

純子は 伊豆にいるのか?
ええ。 でも 先日…。

そうか…。
まさか純子が亡くなっていたとは…。

雅也も 彼女の話を聞いて
さぞ 私を恨んでいるだろうな…。

雅也君は
そんな情けない男じゃありませんよ。

雅也君 純蓮さんが息を引き取るまで
ずっと そばにいて

やっと気付いたんです。

純蓮さんが 雅也君のこと
死ぬまで思い続けてたことも

あなたが 雅也君のために 会社を
立て直そうと頑張ってきたことも…。

白金さん どうか 雅也君とななみの
結婚式に来て頂けませんか?

俺も ななみに
寂しい思いをさせてきました。

でも ななみは 7年も失踪していた俺を
許してくれたんです。

一体 誰に似たんだってぐらい
心の優しい子なんです。

どうか 2人の門出を
一緒に祝ってやってもらえませんか?

それとこれは 話が別だ。

だったら
考えてくれるだけで構いません!

もし 白金さんが
式に来て頂けなければ中止します。

祝ってくれるまで待ちます。

子どもも 私と妻でサポートしながら
育てますから。

あんた どうして そこまで…。

雅也君は
あなたに一番祝ってほしいんですよ。

あなたじゃなきゃ意味がないんです。
たった一人の大好きな父親だから…。

お願いします!

雅也。 もし お前が
純子に会えなかったら…。

俺は 一生 自分を許せなかっただろう。

お前が 純子に会えて 本当によかった。

できれば 俺も会って詫びたかった。

父さん…。

ななみさん 奥さん。
これまでの無礼を どうか許して下さい。

申し訳ありませんでした。
いえ そんな…。

こちらこそ…。

こいつは 私の育て方が甘かったせいで
このとおり 青二才です。

それでも 支えてやってもらえますか?

もちろんです!
一生 雅也さんについていきます!

雅也… 一人の男として 父親として

ななみさんと その子を
守る覚悟はあるのか!?

はい!

雅也を末永くよろしくお願いいたします!

♬~

[ 回想 ]
分かる!? あ~ 動いた!
ほらほら! 動いた 動いた!

すごい元気!
痛くない?

もう出来た?
まだ出来ないよ。

かわいく出来てる?
すごいかわいく出来てる。

ジャ~ン! お誕生日 おめでとう!

えっ プレゼント?
うん!

♬~

これ お礼です。

お父さん。

何年も会ってないからって
気付かないわけないじゃん。

自分の父親なんだから。

♬~

♬~ (拍手)

♬~

あなたも たまには役に立つじゃない。
ちょっと見直した。

だろ?
調子に乗るな。

磯山さん。 あなたのおかげで
息子を失わずに済みました。 ありがとう。

いや お礼なんて…。
もともと親子の絆があったからですよ。

あんた 本当に大した男だ!

あっちでもこっちでも感謝されて…。
えっ?

いや… 我々 案外
いい友達になれそうだな。

ヘヘッ。 友達どころか
親戚になっちゃうんですよ。

一生のつきあいですから。
それはそうだわ。

お待たせしました。 新郎新婦 ご入場です。

(歓声)

すてきよ! おめでとう!
本当 おめでとう!

♬~

ななみ!

ん? これ いけるなあ。

白金さんの差し入れ。
へえ~。

いたぞ!
幸せにしてやれよ!

えっ どこ行くんですか?
じゃあな!

いたぞ~!
おい こら~!

何!? 今度は 何!?

うわ~!

待て~!
えっ もしかして

あっ あの時 警察に通報してくれたの
高峰さんですよね? うん。

その報復じゃないですか!?
俺 ちょっと行ってくる!

お兄ちゃん トイレ?
おとうさん! 何事!?

こら~! こら~! 待て!
待て こら~!

くっそ~!

高峰!
磯山! 乗れ!

おう!
右足からいくぞ! おう。

せ~の!
磯山 こら~!

♬~

何だ それは!

♬~

(ななみ)お父さん!

じゃあ 磯山さんは 高峰さんを
逃がすために 追いかけていったのか?

多分ね…。 また失踪!?
あのバカ 本当 お人よしなんだから。

お父さん!
私 元気な赤ちゃん産むからね!

心配しないで 逃げて下さ~い!

あなたの部屋 孫の部屋にするからね!

あのうちは 絶対売るからね~!

今度は 俺も連れていってくれ~!
え~っ!?

♬~

お前 もう帰れ! 娘の結婚式だろ!

あんた1人じゃ 捕まるぞ!
バカ! 俺を誰だと思ってんだよ!

さあ どこ行こうか!

お前 本当は 失踪したいだけだろ?

あんた 助けるためだろ。

でも ちょっと そうかも。 ヘヘヘッ。

≪おい!

高峰!
磯山 こら~!

お~い!
待て こら~! こら~ 高峰!

ほら! しっかりこいで!
こいでるよ!

おい 磯山 急げ!

行くぞ~!
行くぞ!

こげ こげ~!

♬~

これを見れば 世界に誇るJ-Culture
アニソンの全てが分かる