ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。 第2話 金子大地、藤野涼子… ドラマの原作・キャストなど…

『よるドラ 腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。(2)』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 三浦
  2. 亮平
  3. 安藤君
  4. 純君
  5. ファーレンハイト
  6. 彼女
  7. ゾンビ
  8. 今日
  9. 自分
  10. 小野
  11. お前
  12. デート
  13. ベタ
  14. 青春
  15. 同性愛者
  16. 普通
  17. 無理
  18. キャ
  19. 今宮
  20. 紗枝

f:id:dramalog:20190428000211p:plain

『よるドラ 腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。(2)』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

よるドラ 腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。(2)[解][字]

純(金子大地)は紗枝(藤野涼子)に傾く自分の心情の変化に気づき始める。マコトさん(谷原章介)から「連休中は会えない」と言われ、純は紗枝たちと遊園地デートに行く。

詳細情報
番組内容
純(金子大地)は紗枝(藤野涼子)と意気投合していく。SNSでつながるファーレンハイト(声・小野賢章)も純に「彼女は君に惚れてる」と指摘する。紗枝に傾きつつある自分の心情の変化に気づき始める純。恋人・マコトさん(谷原章介)は「連休中は家族といるので会えない」と純に伝える。純は亮平(小越勇輝)、小野(内藤秀一郎)、紗枝、今宮(吉田まどか)たちと遊園地デートに行くことを決め、母(安藤玉恵)に報告する。
出演者
【出演】金子大地,藤野涼子小越勇輝安藤玉恵谷原章介
原作・脚本
【原作】浅原ナオト,【脚本】三浦直之
音楽
【音楽】Akiyoshi Yasuda

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(紗枝)安藤君。
(純)おはよう。 おはよう。

何 読んでんの?

≪おはよう~!

あれ? 紗枝 おはよう。 早い!
お~ おはよう!

おはよう! もう 眠たい。

眠たいよ…。

安藤君。

安藤君の読んでた小説
面白そうだったから 私も買っちゃった。

じゃあ。

安藤君。

小説 すっごい面白かった。

私 ふだんSFって読まないんだけど
面白いね。

主人公の男の子の2人の友情が
もう とにかく たまらない。

また 何か オススメあったら言うよ。
本当に?

あっ。

安藤君。

ごはん 一緒に食べよう。

うん…。

入って。

適当に座って。

さっきも QUEEN聴いてたの?
えっ… うん。

QUEENのボーカルって ゲイらしいね。

ごめん。 怒らせた?

えっ?

そういう顔してるから。

<確かに フレディ・マーキュリーを
同性愛者扱いされて

怒り狂う連中は いる。

フレディを結果的に見下している。

だけど 僕は違う。 絶対にありえない>

別に怒ってないよ。

やっぱり バンドのメンバーと
つきあってたのかな?

もっと めちゃくちゃだよ。
若い頃は ガールフレンドもいた。

それから 男にも手 出すようになって。
じゃあ バイなんだ。

う~ん…。

最後のパートナーは男性だし
女を抱けるゲイかも。

女の人を抱けるなら バイじゃないの?

愛がなくても 誰かを抱くことはできる。

ふ~ん。

ところでさ…。
何?

安藤君って
今週の日曜日って予定ある?

特にないけど どうして?

ううん。 聞いただけ。

食べよっか。

(ファーレンハイト)「間違いなく
彼女は 君にほれているね。

女子高生から 不惑を過ぎた男性まで
手玉に取るなんて

君も魔性の男だな」。

もう…。

「やめてよ。 本当に困ってるんだから」。

(ファーレンハイト)「困ること ないだろう。

最終的に君の取るべき選択肢は
三つしかない」。

三つ?
(ファーレンハイト)「一つ目は

自分が同性愛者だと明かして
彼女を振る」。

「真摯だね」。

(ファーレンハイト)「二つ目は
自分が同性愛者だと明かさずに振る」。

「無難だね」。

(ファーレンハイト)「三つ目は
自分が同性愛者だと明かさずに

彼女と付き合う」。
「外道だね」。

(ファーレンハイト)
「おっと 自分が同性愛者だと明かして

彼女と付き合うというのもあるな」。

「君のオススメは どれ?」。

(ファーレンハイト)「彼女を振って
その勢いで彼氏も振って

僕と付き合ってくれるのが
一番嬉しいかな」。

「『I want it all』だね」。

(ファーレンハイト)「アニタの気分だよ」。

「遠慮しておくよ。
君の彼に恨まれたくないし」。

「素敵な誕生日プレゼントに
なりそうだったのに」。

「誕生日? 近いの?」。
(ファーレンハイト)「ああ 来週だ」。

「おめでとう。 21だっけ」。

(ファーレンハイト)
「今は 僕のことは どうでもいい。

君は その彼女のことを
どう思っているんだい?」。

「好意の方が強いよ。
だから困ってるんだ。

嫌いなら
どう扱っても 良心はとがめない」。

(ファーレンハイト)「要するに 好きということか」。

「ラブじゃなくて ライクだけどね」。

(ファーレンハイト)「ジュン。 ラブとライクでは

『好き』の全てを表現することは
出来ないよ」。

「そう言われても
じゃあ どう表現すればいいのさ」。

(ファーレンハイト)「簡単さ。

僕たちは 優秀なセンサーを一つ
体に備えているじゃないか」。

センサー?

(ファーレンハイト)「ああ。

勃つ『好き』と勃たない『好き』だ」。

(堀田)ふう…。

(小野)堀田。 お前 またデブってねえ?
はっ?

おい 気付くなって!

(飯田)
どんどんうまそうな腹になってんじゃん。

(中山)うまそうっていうか
何か エロくね?

(堀田)やめろって…!
(亮平)うい~!

もう…。

あれ?
純君 俺の肉体美に見とれてんじゃん。

亮平の裸なんて
小学生から見慣れてるって。

<僕は 亮平とつきあいたいと思ったことは
一度もない。

だけど 亮平とセックスしたいと
思ったことは 何度もある。

この感覚を
異性愛者は 絶対に分かってくれない>

純君さ 今週の日曜 暇?
何で?

何人かで遊園地行こうって話があってさ。
純君も来ない? 僕が?

超でかいお化け屋敷あるじゃん。
あれに行きたくて。

誰が行くの?

男は 俺と小野っち。

女は 今宮と三浦と 小野っちの彼女。

そのメンツに僕って 親和性低くない?
え~ いいじゃん。

最近 純君 三浦と仲いいみたいだし。

いや… 別に仲よくは…。

ねえ 行こうよ。 何か予定あるの?

今は ないけど
入るかもしれない。

え~… それは先着優先でしょ。

ちょっと確認してみるよ。
(亮平)うん。

(呼び出し音)

(マコト)もしもし?
あっ マコトさん?

日中に電話なんて 初めてじゃないか。
ごめんなさい。

いや… 何かあった?

えっと… 友達に
週末 空いてるかどうか聞かれて

もし マコトさんに会えるなら
そっち優先したいなって。

はあ…。

あっ ごめん… こんなことで。

難しいな。 週末は 家族旅行だから。

分かった。 それじゃ。

純。
ん?

来週 たっぷり かわいがってあげるから
それまで我慢しなさい。

うん。

(チャイム)

≪先輩。

ずっと好きでした。 つきあって下さい。

ごめん。

♬~

分かりやすく告られてたね。
うん。

落ち込んでる?
えっ? 俺 落ち込んでる?

落ち込むくらいなら
つきあえばよかったのに。

好きじゃなかったから。

好きじゃないって どうして分かるの?

あ~… 考えたこと なかったな。

いっつも 好きになったら好きだから。

亮平って モテるのに
変わってるよね。 趣味が。

変わってないよ。
好きな子を好きになってるだけ。

中学の時もさ

学校で一番人気の佐々木さんから
アプローチかけられても

眼中になかったもんね。
ああ。

誰だっけ?
そのころ 亮平が好きだった人。

夏菜ね。

人間が食パンになって
こんがり焼き上がる

パラパラ漫画描いてて
それが面白かったから。

言ってた。 懐かしい。
ハハハ。

純君 日曜 遊園地行けそう?

純君 あんまり
みんなと つるんで遊ぶとかないから

行けたら すっごいうれしいんだ 俺。

純君と
普通でベタな青春を過ごしたいんだ。

何それ。

中身のない話で盛り上がって

くだらないことで
ずっと笑ってるみたいな

普通でベタな青春。

普通でベタな青春…。

過ごせるかな 僕。

えっ それって行けるってこと?
うん。

よかった!
うん 過ごそうよ。 過ごしたい!

あ~ よし! 純君 走ろう!
急に?

普通でベタな青春といえば
何か 疾走感って感じしない?

分かんない 分かんない。
行くよ! よ~い ドン!

亮平!
えっ? 速いって!

♬~

「またね」。

(泣き声)

ただいま。
(陽子)お帰り…。

ドラマ? 再放送?
うん…。

急に8話から見てるから
全然 どんな話か分かんないんだけど

主人公が大変なことになっちゃ…。
ふ~ん。

あっ。

どうしよう…。
こんな顔じゃ お店行けなくない?

今週の日曜 出かけるから。

どこ?
遊園地。

えっ? デート?

違うよ。

(陽子)デートじゃん。
えっ その感じ デートじゃん!

純君 本当にデートなの?
友達だよ。 亮平とか。

女の子は?
まあ いるけど。

ほら デートじゃん! えっ 彼女?
違うってば。

ああ… そっか 純君に彼女か。

えっ どんな人? 見てみたいな。

ああ でも 私 嫉妬するかな。
いや でも 純君が選んだ人なら…。

ハッ!

母さん 純君の すてきな家庭を築く
未来がね 今 見えた。

母さん 早く孫が見たいな~。

…って それは 気が早すぎか。

ちょっと コンビニ行ってくる。

<母さんのことは 好き。

昼も夜も一生懸命働いて

いつだって僕のことを大切にしてくれる
母さんを

嫌いになれるわけがない。

だけど 母さんと話すのは
ほかの誰よりも疲れる。

もし 母さんが 僕が同性愛者だと知ったら
その時 どうすればいいか。

全く 答えは浮かばない>

孫か。

<浮かばないまま

絶対に教えるわけにはいかないという
結論だけが残る>

♬~

(彩夏)それで
小野君とスカイツリー行ったんですけど。

その話は いいって。
(今宮)ちょっと 小野 黙ってて。

彩夏ちゃん それで?

スカイツリー行ったのに
全然 景色見たがらなくて。

でも 私は 景色見たいから
頂上 上がったんです。

そしたら もう
生まれたての子鹿かってぐらい

足 ガクガクさせてて。
話 盛んなよ!

盛ってないじゃん。
すごかったじゃん。 あっ 分かった!

今日のお化け屋敷も怖いんでしょ。
はあ?

大丈夫。 今宮には 俺がついてるから。
高岡がいてもなあ…。

全力で怖がらせるから~!
わっ!

もう そっち側かよ! え~?

何か どさくさに紛れて
胸とか触ってきそう。 しない しない。

もみたくなったら
「もませてくれ」って正々堂々と頼む。

最低。
最低じゃないから。

高岡君と みやちゃんって
仲いいよね。

そうだね。

安藤君って お化け屋敷って平気?

入ったことないからなあ。 分からない。
えっ どうして?

遊園地には ほとんど行ったことないから。
え~っ 家族レジャーの定番なのに。

うち あんまり そういうのなくて。

小さい頃に離婚して 父親いないから。

ごめん。

いいよ。

あのね 私 お化け屋敷 すごい苦手で…。

だから… よろしくお願いします。

分かった。

キャ~!

やべえ やべえ… お~!

やばいって。 やばいって。 やばいって。

ちょっと 大丈夫?
(亮平)子鹿ちゃ~ん。

ほらほら チーズ チーズ。 チーズ~!

(亮平)あっ!
えっ 何?

(食べる音)
えっ ちょっと! ねえ 私の!

あげる。
えっ いらない いらない。

いいよ ねえ いい いい。

いや~!
三浦さん 落ち着いて…。

おお おお…。
ゾンビの人が怖がってるから。

ちょちょちょ…
ちょっと待って ちょっと待って!

この扉を開けたら 大量の死体があって
死体が起き上がって

首とか取れて 変な液体とかかけてきて
訳分かんなくなるに決まってるもん!

そ… そんなに苦手なら
何で最初からパス…

パスすればよかったじゃん 最初から。
私だって楽しみたいもん!

そんななのに楽しいの?
こんななのを楽しむんでしょ?

行くよ。

(物音)
はっ!

大丈夫。 大丈夫。

あっ。 あ… もうすぐ出口だ。

うわ~!
キャ~!

落ち着いて… 落ち着いて…。
待って! キャ~!

見て見て見て見て。
何 何 何 何?

あのゾンビと あのゾンビ
実は できてるんじゃない?

ほら そこは妄想して 想像して。
いや 無理 無理 無理 無理!

動けないから。
無理!

はい はい はい 乗って 乗って。 よし。

いや~! いや~!
わわわ…。

キャ~!

(今宮)高岡みたいなゾンビいた~。
(亮平)おい 誰がゾンビじゃ。

ゾンビだよ。
あ~! もう 全然怖くない。

あっ! ねえねえ 紗枝 彩夏ちゃん。
あっち お土産売ってるから見に行こう。

行こう 行こう 行こう。 高岡たちは?
先行ってて。

え~? すぐ行くから。
は~い。

行こう 行こう 行こう。

中で 三浦と何してたんだよ? もう。
何もしてないよ。

おっぱい もむくらいはしたな。

おっぱいは もむぐらいじゃないでしょ。
もっと前段階あるよ。

いや 俺は おっぱいをもむところから
始まる恋もあると思う。

そんなもん あるか。

じゃあ バイなんだ。

女を抱けるゲイかも。

<おっぱいを触れば
僕だって 勃つ… のかな>

そんな恋 ない。

本当に何もなかったよ。
三浦さん それどころじゃなかったし。

まあ 今日は まだまだ長いし。
こっからね。 ほい!

(小野)安藤。

お前さ 今日 何で自分が呼ばれたか
亮平から聞いてる?

えっ 何が?

お前と三浦をくっつけるためってこと。

あいつも おせっかいだよな マジで。

人のことは 人に任せりゃいいのに。

昔から そうだから。

好きな人が
幼なじみに奪われようとしてんのに

のんきに応援とか 正気じゃねえよな。

はっ?

三浦の気持ちは気付いてたみたいだけど
亮平の気持ちは気付いてなかったろ。

亮平が三浦さんを?

(小野)今日は みんな お前と三浦が
うまくいくよう 立ち回ることになってる。

でもさ
お前 三浦のこと好きじゃないだろ。

今日 うまいこと進めば
三浦は 最後に観覧車でお前に告白する。

亮平のことを思うんだったら
お前は それを断れ。

あいつは 「俺 もう どうしたらいいか
分かんねえよ」って言ってた。

お前は 俺より
あいつとの つきあい長いんだから

あいつが そういう弱音吐くの
珍しいって分かんだろ。

頼んだぞ。

イエ~イ!

安藤君 笑って!

<普通で ベタな 青春。

三浦さんが また笑う。

僕といることが楽しいんだと
声で 表情で しぐさで 全身で表現する>

安藤君って遊園地 向いてないよね。
かもね。

でも 水族館も向いてなかったか。
確かに。

安藤君が好きな娯楽施設って何?

温泉とか。
え~っ?

じじくさい。
だね。

みんな戻る前に
ちょっと トイレ行ってくる。

 

(亮平)よく撮れてるっしょ?

え~? 何か 笑顔の途中で撮られて
中途半端なんだけど。

三浦は 笑顔の直前の表情が
一番いい顔してるよ。

バカにしてない?
してない してない。

純君といい感じじゃん。
そうかなあ…。

この写真の安藤君も
そんなに笑ってないし…。

今日は そんなに来たくなかったかも。

そんなことないって。
純君 表情に出ないから。

何考えてるか 分かんない時もある。
あるある。

でも 何かは考えてるし 考え過ぎてる。

…で きっと考え過ぎちゃうのは
純君が優しいからなんだと思う。

純君のそういうところ好きなんだ。

私も。

おっ。 でも まだ俺の方が純君好きだね。
えっ?

俺は この右手で もう何百回も
純君の股間 もみしだいてるしね。

三浦とは キャリアが違う。

もう やめてよ!
(笑い声)

明日から学校だね。

テストも もうすぐだし。 憂鬱。

安藤君 国公立希望だよね。 数学得意?

苦手ではない。

だったら教えてくれない?
私 数学 壊滅的でさ。

三浦さん 推薦受かってるんでしょ?
高校卒業できなかったら 意味ないもん。

あのさ。
何?

池袋行った時 亮平と結構話す
みたいなこと 言ってたでしょ?

あれ 何で?

どうしてって言われても…。

あっ 思い出した。
高岡君の絵を描いたんだ。

絵?
そう。

私 暇な時
近くの人のスケッチやるのね。

そしたら 本人に見つかっちゃってさ。

もっとイケメンだろとか文句言ってた。
それからかな。

亮平らしいな…。

ん?
ううん。

♬~

もうすぐ てっぺんだね。
うん。

私 てっぺんに着いたら
しようって決めてることがあるの。

安藤君に告白するって。

一緒に池袋行ったでしょ。

あれから 安藤君のことが
気になって しょうがないの。

ふとした瞬間に 安藤君のことを考えてる。

人を こんなに好きになったの
生まれて初めてなんだ。

安藤君が同じように
私のことを好きじゃないのは分かってる。

でも もし ほかに好きな人がいるとか
そういうことがなくって

安藤君が私のことを嫌いじゃないなら…。

私と つきあって下さい。

<「ごめん。 僕 男が好きなんだ」。

それが誠実な答えだ。

だから 答えは決まってる>

三浦さん。

欲しい…。

三浦さん。
欲しい 欲しい…。

欲しい 欲しい 欲しい 欲しい。

三浦さん…。
欲しい 欲しい 欲しい 欲しい。

欲しい 欲しい 欲しい 欲しい!

三浦さん。

<僕は 全てが欲しい。

男に抱かれて悦びたい。

女を抱いて子を生したい。

誰かの息子として甘えたい。
自分の子どもを甘やかしたい>

母さん 早く孫が見たい。

<欲しい 欲しい 欲しい
欲しい 欲しい 欲しい 欲しい…。

欲しい!>

ありがとう。

僕も三浦さんのこと 気になってた。

僕とつきあって下さい。

はい。

♬~

紗枝~!

うれしいよ~!
2人のおかげだよ~。

イエ~イ!

♬~