ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第12話 清野菜名、風間俊介、宮田俊哉(Kis-My-Ft2)… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #12 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 室井先生
  2. 犬山
  3. 戦争
  4. 三平
  5. ツイ
  6. 三平兄
  7. 室井
  8. アカ
  9. アヤ
  10. 教頭先生
  11. 警察
  12. 自分
  13. 弱虫
  14. お前
  15. マサル
  16. 花田
  17. 間違
  18. 軍隊
  19. 説明
  20. 絶対

f:id:dramalog:20190423184051p:plain

『やすらぎの刻~道 #12 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

やすらぎの刻~道 #12 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
山梨のとある集落に暮らす養蚕農家の四男・根来公平(風間俊介)。彼は、初恋の相手・しの(清野菜名)と三男の兄・三平(風間晋之介)の距離が日に日に近づいていることに、淡い嫉妬を抱いていた。そんなとき、公平は上級生の犬山から、嘘をついて三平を呼び出すよう脅されて…。一方、しのの実家・浅井家ではある事件が起きていた…。
◇出演者
清野菜名風間俊介宮田俊哉Kis-My-Ft2)、佐藤祐基、風間晋之介、若林元太、佐戸井けん太、岸本加世子
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
藤田明二
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(ニキビ)何があったんだ?
(マサル)シーッ!

(マサル)室井先生が
連れていかれたらしい。

(2人)ええ…!?

(犬山)アカなんだろ? あいつ。
外国人のスパイなんだろ?

(片山教頭)室井くんの書いた文
読んでみたけどさ…。

「戦争は よくない」って
言い切っちゃうのはねえ。

心にある事を正直に言って

どうして それが
いけない事なんですか?

室井先生は
間違ってなんかいません!

室井先生は… 悪くなんかない!

(根来公平)〈いつもおとなしい
三平兄ちゃんの

あんな顔を見たのは
初めてだった〉

♬~

〈教頭先生に さっき 刃向かった
三平兄ちゃんの涙の顔が

僕の頭に強烈に残っていた〉

室井先生は… 悪くなんかない!

室井先生は… そんな人じゃない!

〈男というものは 怒る時には

ああいうふうに はっきり
言わなくちゃいけないんだなと

自分の気の弱さを
僕は反省した〉

〈それと

あの 恐ろしい3人組を恐れず

一瞬のうちに倒した
しのちゃん〉

〈あの勇気にはショックを受け
尊敬した〉

〈いや 勇気だけじゃない〉

〈あの強さにだ〉

〈僕も剣道か何かやって 自分を
強く鍛えなくちゃいけない〉

だぁーっ!

てやーっ!

〈いや それより しのちゃんに
うんと取り入って

そばで守ってもらうほうが
早いか…〉

〈はあ… 男のくせに
情けない自分〉

(青っ洟)おーい!

室井先生
さっき返されてきたらしいぞ。

警察で散々殴られたらしくて
顔は 半分アザだらけだし

片足びっこひいて
よたよたしてたってよ!

〈いつもの生活が また始まった〉

♬~

(アヤ)はい ご苦労さん。

アヤさん おはよう。
(アヤ)おはよう。

よいしょ…。 どうじゃ?

♬~

♬~

♬~

♬~

(しの)だけど 私は

室井先生も そんな事
書いちゃいけないと思うな。

だって 国中が一丸になって
シナと戦争しかけてるわけでしょ。

そんな時
「戦争は よくない」なんて

先生が言うのは
絶対 よくないわ。

しのちゃんは女だから
そんな事が言えるんだ。

男は 実際に戦場に行くんだぞ。

公次兄ちゃんだって
来年になったら 軍隊に入るんだ。

私だって 入れるなら
軍隊に入りたいわ。

入って 敵兵をやっつけたいわ!

しのちゃんには
戦争がわかってないんだ。

わかっているわ。
わかってないよ。

そうかな?

戦争に行ったら いつ殺されるか
わかんないんだぞ。

覚悟できてるわ。

(三平)殺されるかもしれないし

敵に会ったら
殺さなくちゃならないんだぞ。

当たり前じゃない!

人を殺せるか?

いざとなったら殺せるわ。

恨みもなんにもない人間をだぞ。

敵は敵じゃない。

敵にだって家族がいるんだぞ。

親や兄弟や… 好きな人が!

殺さなかったら
殺されるんだもん。

そんな事 考えずに
殺してやるわ。

血が出るぞ!
フフ… 当たり前じゃない。

半端じゃない量の血が出るんだぞ。
当たり前よ。

それで 恨めしげに
こっちの事を見て

それで パクッて
最後の息 吸って!

ハハハッ…。

三平ちゃんったら 本当に弱虫ね。

♬~

〈三平兄ちゃんと しのちゃんが

いつも楽しげに
しゃべっているのに

僕は 前から気がついていた〉

〈気がついていたけど
知らん顔していた〉

〈嫉妬していると思われるのが
嫌だからだ〉

〈だけど…〉

〈心は穏やかじゃなかった〉

〈2人は
明らかに仲が良かった〉

〈ただ 仲が良いだけじゃなくて

距離が
どんどん近づいている気がした〉

〈このまま
どんどん近づいていくと

まもなく 2人は
くっつく事になり…〉

〈はあ…〉

〈えっ?〉

うわあ…。

ツイてねえ…。

(犬山)背負子を下ろしな。

(犬山)何もしねえよ。
心配するな。

ちょっと 使いを頼みてえだけだ。

(犬山)上の林に三平がいるよな?

しのと一緒だ。 なあ。

室井先生が会いに来てるって

そう言って
あいつをここに呼び出せ。

しのに聞こえねえように
こっそり言うんだ。

♬~

(犬山)わかったか!

しのにしゃべったら
ただじゃおかねえぞ。

絶対 三平にだけ
こっそり言うんだ。

(犬山)返事!
はい!

(犬山)わかったな?

はい…。

いい子だ。

裏切ったら
どうなるか わかってるよな?

よし。 この背負子は
用が済むまで預かっとく。

行ってこい!
はい!

ああ… ああ…!

ツイてない…!

やっぱり僕はツイてない!

本当の事を三平兄ちゃんに言って
逃げろって言うか…!?

だけど それじゃあ
僕が何されるか わかんない…!

しのちゃんに打ち明けるか…?

そうすると しのちゃんを
巻き込む事になる…!

ああ…!

公一兄ちゃんたちに
助けを求めるか…!

兄ちゃんたちん所に
走る暇はない…。

三平兄ちゃん ごめん…。

僕は弱虫で
ツイてない奴だから…。

室井先生が 下に来て待ってる。

どうしたの?

どうしたの?
なんでもない。

どうしたの?

(花田)おい。

♬~

お前よお

昨日 教頭先生に えらい立派な口
利いたそうじゃねえか。

室井先生は悪くないって
教頭先生に怒鳴ったんだって?

どうして室井が悪くねえのか

俺たちに
説明してもらおうじゃねえか。

おいらたち 頭が悪いからよ

わかりやすく
説明してもらわねえと

頭に すんなり入ってこねえんだ。

どうして室井が悪くねえんだ。

悪い事して
警察に引っ張られた室井が

どうして悪くねえんだ。

♬~

悪い事したから
引っ張られたんだろうが。

悪い事してねえのに
警察が引っ張るか? え!?

三平さんよ!

♬~

お前もアカか?

お前もアカの 室井の仲間か。

なんとか答えろよ!

(望月)よお!
(花田)よお!

♬~

室井先生は ただ 文集に…

戦争は よくないって
書いただけだよ。

俺も全く同じ意見だよ。

戦争は よくないよ。
俺も そう思うよ。

♬~

室井先生は…
間違ってないよ!

♬~

(犬山)ううっ!

♬~

(殴る音)
(三平)ああっ…!

♬~

(犬山)オラッ!
ううっ…!

♬~

鞍馬天狗のお姐ちゃんが

その時
猛然と駆けつけてきたんだ〉

恥ずかしくないの? あんたたち!
寄ってたかって

弱い者いじめしてさ!
弱虫! 卑怯者!

〈おっしゃるとおり
僕は卑怯者で ツイてない〉