ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第10話 清野菜名、風間俊介、宮田俊哉、佐藤祐基… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #10 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 犬山
  2. 三平
  3. 三平兄
  4. 子供
  5. 望月
  6. 一同
  7. 学校
  8. 村山
  9. 大丈夫
  10. 薙刀
  11. アオ
  12. 花田
  13. 吉村
  14. 荒木
  15. 室井先生
  16. 集落
  17. 人組
  18. 浅井
  19. 分校
  20. 名倉

f:id:dramalog:20190419184447p:plain

『やすらぎの刻~道 #10 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

やすらぎの刻~道 #10 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
元歌舞伎俳優の“ロク”こと水沼六郎(橋爪功)から、“原風景”への思いを聞いた菊村栄(石坂浩二)は、10年前ボツになったシナリオの舞台を元に、新しい物語を綴ってみようと考えはじめる。主人公は、山梨県の山間の村で生きる平凡な少年・根来公平(風間俊介)。彼は小さなころから運に見放された男で、「ツイテナイ」が口ぐせだった。ある日、養蚕農家である公平の家に同業者の娘・浅井しの(清野菜名)が引き取られてきた。
◇出演者
清野菜名風間俊介宮田俊哉Kis-My-Ft2)、佐藤祐基、風間晋之介、関口アナン、両角周、若林元太、小林涼子、豊嶋花、千原せいじ佐戸井けん太、岸本加世子
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
藤田明二
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(根来冴次)
お前ら こんな所にいたのか。

♬~

(根来公平)
〈二線沢の奥にある浅井の家の

前の奥さんの子
しのちゃんって子が

どんないきさつからか
うちに一緒に住む事になった〉

〈父ちゃんたちは
しのちゃんの事を

これからは家族と思えと言い

僕らも うなずいて
そう思う事にした〉

〈何より しのちゃんは

めんこくて
かわいい女の子であり

それが
いきなり 家族になるなんて

こんなに ツイてる事はなかった〉

〈もしかしたら
今まで縁のなかったツキが

僕にも回ってきたのかと思った〉

〈僕は会った瞬間に もう

ひそかに しのちゃんに
のぼせてしまった〉

〈こいつは もしかしたら

以前 兄ちゃんたちが話してた

初恋ってやつかもしれないぞ〉

♬~

〈僕らは午前中は

山淵村にある分校に
通っていたのだが

翌日から しのちゃんも
その仲間に加わった〉

〈その分校は

近くの集落の子供たちが通う
学校で

尋常小学生が30人

高等小学生が26人の
小さくまとまった分校だったが

先生は全員で7人ほどいて

担任の 国語の室井先生

その奥さんで 音楽の小夜子先生が
僕らと特に親しかった〉

♬~(一同)「兎追いし」

〈学校で幅を利かせていたのは

村の有力者の子供である

上級生の
犬山 花田 望月の3人組で

特に犬山の家は
この界隈の大地主で

我々 小野ヶ沢の百姓は

みんな
この犬山の小作だったから

彼らには頭が上がらなかった〉

〈花田の家は 元々 庄屋

望月は 望月製糸の社長の家で

3人とも
相撲部の猛者だったから

誰も この3人には
逆らえなかった〉

〈3人組は いつも威張っており

僕らは 時々 いじめられた〉

〈特に 頭の良い三平兄ちゃんは

彼らから
しょっちゅう 標的にされた〉

♬~(一同)「雨に風につけても」

あいつは
お前んちに住んでいるのか?

あいつって?

今度 転校してきた あいつよ。
しのって あの子よ。

ああ… うん。

お高くとまってやがんな あいつ。

俺たちに なんの挨拶もねえぞ。

挨拶しとくように言っとくよ。

ああ。 そのほうが身のためだ。

韮崎の小学校で
薙刀の代表だったって本当か?

しのちゃん?
(望月)「しのちゃん」だってよ!

(花田)なれなれしいじゃねえか。

(犬山)お前
あいつと もうやったのか?

(望月)黙ってるとこ見ると
もう なんかやったんだな?

やってないよ。
「やってないよ」だとよ。

1回しめとく必要があるな
あいつ。

ああ。 薙刀と相撲で勝負しよう
って言っときな。

どうしたの?

いえ 別に。

駄目よ あなたたち
弱い者いじめしちゃ。

(犬山)何もしてませんよ!

三平くん 帰ろう!

(三平)うん。 先生 また明日。

寄り道しないで帰るのよ。
(一同)はい。

(小夜子)気をつけてね!

ケッ!

♬~

(ハゲ)犬山たち
兄ちゃんに 何 言ってたの?

何も言ってないよ。

(青っ洟)しのちゃんの事で
なんか言ってたんでしょ。

大した事じゃないよ。
しのちゃん。

えっ?
あいつら 不良だからさ

声かけてきても
無視したほうがいいぞ。

大丈夫よ。

しのちゃん 薙刀強いの?

ちょっとやってただけよ。

薙刀って あれか?
弁慶が持ってた長~い刀か?

そうだよ。

牛若丸とやった奴?
(三平)そうだよ。

しのちゃん 名人?
習ってただけよ。

持ってるんだよなあ。
これが重いんだ。

薙刀 持ってんだ~!
練習用よ。

(青っ洟)今度 持たして!
いいわよ。

とにかく
犬山には 気をつけたほうがいい。

気にするな。
(ニキビ)気にするなったって…。

あんな連中
無視しときゃいいんだ。

♬~

〈三平兄ちゃんは
泰然としていた〉

〈三平兄ちゃんは
勉強ができたから

みんな なんとなく尊敬していた〉

〈それに
兄ちゃんは優しかったから

下級生たちも
兄ちゃんを慕ってた〉

〈でも その事が

犬山たちには いつも
しゃくに障る原因らしくて

何かといっては
兄ちゃんに絡んだ〉

〈お地蔵様のある
地蔵の辻からは

小野ヶ沢の土地だったから

ここまで来ると
僕らは ホッとした〉

〈3人組も

ここから先には めったに
来る事がなかったからだ〉

〈だけど 全然 別の事が

僕は さっきから
気になっていた〉

〈しのちゃんが
ずっと三平兄ちゃんと

さっきから
並んで歩いている事だった〉

〈2人の距離は
ちょっと近すぎた〉

〈しのちゃんは
兄ちゃんを頼ってるみたいで

それは 兄ちゃんに

好意を
持ってるからかもしれず…〉

〈しのちゃん… 兄ちゃんと
くっつきすぎてるぞ〉

♬~

〈この子が荒木さんちの上の子の
おりんちゃんだ〉

(三平)大丈夫か? りんちゃん。

(三平)公平 りんちゃんの背負い籠
背負ってやれ。

自分で やってやればいいのに…。

(三平)なんか言ったか?
ううん なんにも言ってない。

ありがとう。

大丈夫か?
大丈夫。

ごめんなさい。

〈荒木のうちは 子だくさんで

いつも
カツカツの暮らしをしている〉

〈それでも
おりんちゃんは長女だから

小学生なのに
学校にも行かされず

朝から農作業で
もう働かされていた〉

〈大きな声じゃ言えないんだけど

僕が見たところ
このおりんちゃんは

ひそかに僕の事が好きらしく

僕も まあ まんざらではない
気分だったんだけど

しのちゃんを見てからは
おりんちゃんが

急に まだ幼い しょんべんくさい
ガキに見え…〉

〈しのちゃん! 三平兄ちゃんと
引っつきすぎだぜ!〉

ほーれ。

疲れたか?

〈1週間も経たないうちに

うちの暮らしに
しのちゃんは溶け込んだ〉

〈しのちゃんは
丈夫で よく働いたし

なんでもテキパキとやり
明るい子だったから

みんなに かわいがられ
重宝がられた〉

〈信子と幸子の妹たちも
しのちゃんに懐き

たちまち
子分のような存在になった〉

〈ただ…
欠点がないわけじゃなかった〉

〈元気すぎて 食器をよく割った〉

〈うちのお皿の数は
半分になった〉

〈養蚕農家の大体の一日を
順序を追って説明しよう〉

〈蚕を飼育して 繭を取るのは

大体5月から10月で

この時期 朝は まだ星のある
4時頃 起きだす〉

〈女の子は
まず 湧き水まで行って

一日分の水をくみ…〉

〈かまどに火をおこして
飯を炊き始め…〉

(せき込み)

〈父ちゃんと母ちゃんは
蚕棚の掃除をする〉

〈蚕棚には フンや食べかすが

ひと晩で
いっぱいたまっているから

それを取り除く〉

〈この道具が ここらでは
マブシと呼ばれるものだが

成熟した蚕は この中に移され

2~3昼夜 糸を吐いて
繭を作り

それから脱皮して サナギとなる〉

〈サナギとなった直後は
皮膚が まだ軟らかく

傷つきやすいので

2~3日 置いて
皮膚が硬くなってから

マブシから取り出し

良い繭だけを選別して
製糸業者に売り渡されるのだ〉

〈これが 毎朝 繭を引き取りに
大八車を引いて

山道を上ってくる
望月製糸の名倉のおじさん〉

〈名倉さんは とっても良い人で

集落のみんなの相談に
乗ってくれ

いろんな噂も教えてくれる〉

〈その間に
一番上の公一兄ちゃんは

うちの一番の働き手
馬のアオの世話をする〉

〈馬は 時々 新しい馬に替わるが

替わっても
いつも 名前はアオだ〉

〈そのアオの食べる草を刈るのが
僕の役目〉

〈公次兄ちゃんと三平兄ちゃんは

桑畑に行って
蚕の食べる桑の葉を採る〉

〈それが片付く6時半頃

僕らは みんなで集まって

ひえの混じった朝飯を食い…〉

〈それから
子供は学校へ行くのだ〉

♬~

おはようございます。
おはよう。

(ニキビ)おおっ!? なんだよ
ただでさえ疲れてんのに…。

〈小野ヶ沢集落は 全部で26軒〉

〈戸数は少ないけど
みんな仲良くまとまっていた〉

〈それぞれが
小さな田んぼで稲を作り…

田植えの時期になると

村中が協力して
みんなで一緒に田植えをした〉

〈こういう助け合いを結と言い

集落が そのまま
結い組になっていた〉

〈結い組は お互いが助け合い

それぞれの家に力を貸し
そのお返しに労力を借りた〉

〈お返しは
人手でしなくてはならず

物や金銭でする事は駄目だった〉

〈働いてもらったお返しには

たとえ 女や子供であろうとも

人手で返すのが しきたりだった〉

〈そうやって
村は うまくやっていた〉

〈小野ヶ沢集落の桑畑では
当時 一番評判の良かった

一ノ瀬桑を育てていたから

それで育てた蚕の繭も

他の地域のより上質のもので

ここらでは
高値で買ってもらえた〉

(一同の笑い声)

〈だけど
実際は そろそろ その頃

昭和の恐慌で
生糸相場が急に下がって

取引が
うまくいかなくなってる事を

僕ら子供は知らなかったのだ〉

(村山)いつの話だ?
(柿本)ゆんべ聞いたんだ。

(冴次)誰に?

名倉の誠さんよ。
そんな悪いってか?

ああ。 甲府の工場が

不況のあおりで かなりの女工
解雇になったらしい。

浅井の娘 引き取ったろ?
おめえんとこ。

ああ。
あれも工場の整理のあおりらしい。

わかってる。

望月の旦那から

浅井の常さん
2~3日前に呼ばれたらしいな。

(村山)…で なんだって?

それがさ…。

蚕じゃ
あそこは そろそろ無理だから

諦めねえかって言われたらしい。

(村山)諦めるって?

(柿本)その先は聞いてねえ。

実はな

10日ほど前 荒木のところに
変な奴が来てんの

わし 見かけたんだ。

変な奴って?

甲州の矢倉で聞いた事のある

吉村って名前の博打打ちだ。

(村山)吉村?

よ… 吉村って… お前…。

人買いじゃねえのか?

そういう噂は聞いた事がある。

〈そんな話が 大人たちの間で
交わされている事を

僕らは 全く
まだ知らなかったのだ〉

(五味)室井先生が
特高の刑事に捕まったんだ!

(三平)室井先生は
悪くなんかない!

〈ツイてない〉

〈しのちゃんは とうとう
独りぼっちになった〉