ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

科捜研の女 第1話 鈴木拓、沢口靖子、檀れい、内藤剛志、若村麻由美、風間トオル… ドラマのキャスト・主題歌など…

科捜研の女 #1 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 荒木田
  2. 被害者
  3. 蒲原
  4. 鶴藤
  5. 心破裂
  6. 可能性
  7. 女将
  8. 犯人
  9. 呂太
  10. 鑑定
  11. 芸妓
  12. 結果
  13. 置屋
  14. ゲソ痕
  15. 宇佐見
  16. 女性
  17. 抵抗
  18. 亜美
  19. 科捜研
  20. 採取

f:id:dramalog:20190418210421p:plain

科捜研の女 #1 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

[新]科捜研の女 #1 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

シリーズ20周年、波乱の幕開け!科捜研の女沢口靖子vs科警研の女・檀れい!2つの死因を持つ芸妓の謎を巡り、美しき女たちの鑑定バトルの行方は!?衝撃クライマックス!

詳細情報
◇番組内容
3人の女性を絞殺した荒木田(鈴木拓)が、接見中に逃走!一方、市内の置屋で芸妓・鶴藤の遺体が発見される。絞殺が疑われるも、マリコ沢口靖子)は防御創がない点に疑問を抱く。現場から荒木田の下足痕が見つかり、科警研の橘つかさ(檀れい)も鑑定に加わることに。解剖の結果、鶴藤の死因は窒息ではなく心破裂の可能性があると判明。だが、この鑑定結果をめぐり、荒木田の犯行を疑わないつかさとマリコは対立することに…
◇出演者
沢口靖子内藤剛志若村麻由美風間トオル金田明夫斉藤暁渡部秀山本ひかる石井一彰
【ゲスト】檀れい立石涼子片山萌美鈴木拓ドランクドラゴン)、渋江譲二、浦まゆ ほか
◇脚本
櫻井武晴
◇監督
森本浩史
◇音楽
川井憲次
◇主題歌
今井美樹『Blue Rain』(ユニバーサル ミュージック/Virgin Music)
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】関拓也(テレビ朝日
【プロデューサー】藤崎絵三(テレビ朝日)、中尾亜由子(東映)、谷中寿成(東映
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken19/
☆Twitter
 https://twitter.com/kasouken_women

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(まめ房)ほたら 鶴藤さん姉さん
次のお店の紹介 お頼申します。

(鶴藤)その前に うちの店が
ちょうど この辺どしてな…。

(鶴藤)「まめ房はん ちょっと
行ってみても大事おへんやろか?」

「姉さん
しょうもない事 言うてんと

早う 次のお店の紹介…」
「ちょっと! まるで うちが

テレビで スカタン言うてる
みたいやないの!」

「なめた口 利かんといて!」

(まめ房)「もう
カタンしてもうてるやないの」

「大体 姉さん…」
「あんた えらい前から

うちの事 いつも そんなふうに…」
「何してはんの!」

「ちゃちゃ入れたら あかんえ!」
(まめ房)「不細工どっせ!」

(スタッフ)「落ち着いてください…。
2人とも 落ち着いてください」

「うるさい!」
(まめ房)「やめよし 姉さん!」

「あんた 生意気やで!」
(まめ房)「ああ… ああ…!」

(2人)「あぼう温泉へ おいでやす」

今の ドラマ?

京都のローカル番組
『ほっこり散歩』。

でも 全然
ほっこりしてませんでしたよね。

ちょっと みんな テレビ見た?

見た見た! 超怖い芸者さん!

何 見たんだ?
大阪府警の会見 見てないの?

(アナウンサー)
「繰り返し お伝えします」

「今日 午前10時過ぎ
荒木田修容疑者が

京都駅の防犯カメラで
確認されました」

(呂太・亜美)えっ?
(アナウンサー)「荒木田容疑者は

兵庫県で1人 和歌山県で1人
大阪府で1人

合わせて3人の女性を殺害した
容疑で 大阪府警に逮捕され

高井田署で
取り調べを受けていましたが

おととい 弁護士と接見中

弁護士に怪我を負わせて
逃走していました」

荒木田の事件は
警察庁広域重要指定事件だ!

(蒲原)で 今回
京都駅の防犯カメラに映ったため

京都府警にも
捜査協力が命じられました。

そのカメラの映像
科捜研に送って。

荒木田は 18年前に
二条院大学を中退していました。

つまり
京都に土地勘があるという事か。

多分 留置場にいた時の
格好ですね。

亜美ちゃん ここ 拡大鮮明化。

はい。

その鑑定の結果
荒木田が履いていた靴は

駅売り専用の靴でした。

(藤倉)駅の通路とかで売ってる
商品か。

はい。 荒木田が逃げた署の
近くの駅でも売られていました。

調べた結果 該当する靴が
一組 盗まれていました。

♬~

(戸の開く音)

(月は奈)おかあさん
ただ今 戻りましたえ。

(美月)おかあさん。

いや いはらへんの?

(美月)鶴藤さん姉さん…?

(2人の悲鳴)

(蒲原)失礼します。

(蒲原)荒木田の行方
その後 どうですか?

(亜美)京都駅から いろんなカメラで
捜してるんだけど…。

(携帯電話の振動音)
(蒲原)すいません。

はい。

すぐに向かいます。

京都市内の置屋
女性の変死体が発見されました。

(呂太)置屋

芸妓さんや舞妓さんの
プロダクションだよ。

行ってきます。
みんなは荒木田の捜索を続けて。

♬~

(カメラのシャッター音)

(カメラのシャッター音)

芸名は鶴藤。

この置屋
ナンバーワンらしいです。

あれ? 昼間見た 怖い芸者さん。

「うるさい!」

まだ死後2時間以内。

あごに薄い内出血。
(カメラのシャッター音)

これは… 索条痕。

(カメラのシャッター音)

眼瞼に溢血点もあるし
窒息死の可能性が高いわ。

つまり 首を絞めて殺された。

だとしたら
なんで防御創がないんだろう?

(呂太)ねえねえねえ
爪に なんか白いの付いてるよ。

白粉かしら?

おかあさん 姉さんが…
鶴藤さん姉さんが…!

(小峰)大丈夫や。
しっかりしおし。

こちらの置屋の女将さん?

小峰どす。

鶴藤さんが帰ってきたのは
何時ですか?

鶴藤は 今日 ここに来る予定では
なかったはずどす。

では 今日 鶴藤さんには
会ってないんですか?

うちは 久口が帰ったあと
すぐ出かけたさかいに…。

久口さんは
うちに来はる男衆さんどす。

男衆… 芸舞妓さんの手伝いをする
男性ですね。

(小峰)へえ。
今夜は 10時頃まで

うちと みやび踊りの
打ち合わせをしてましてな。

彼が帰ったあと 女将さんは
どこに出かけたんですか?

ええ…。
何か言えない事ですか?

河原町にある
テレビの制作会社に…。

テレビの制作会社?

昼間 うちの芸妓2人が
えらいご迷惑をおかけしたんで

謝りに行ってたんどす。

夜の10時過ぎにですか?

その会社の人が
ロケから戻らはるのが

その時間やと お聞きしたんで。

頭骨も脳も きれいですね。

(風丘早月)でも
舌骨と甲状軟骨が折れてた。

では やはり
首を絞められた事による窒息死。

でしょうね。

内臓も こんなにうっ血してるし。

心筋に帯状出血がありますね。

それに 見て。

心室壁が裂けてる。

つまり 心破裂。

これも
死因の可能性がありますね。

そうね。
軽い心筋梗塞の病変も見られるし。

心筋の組織 採取してください。
詳しく調べてみます。

♬~

♬~

被害者の爪から採取された
白い微物の成分です。

やはり 白粉でしたが
被害者の白粉とは違ってました。

じゃあ まさか 犯人の?

じゃあ 犯人も芸者さんだ。

決めつけないの。

ああ それと
被害者の長襦袢の胸から

こんな成分が出ました。

調べた結果 この塗香でした。

(呂太・蒲原)塗香
うん。

手に塗るお香の事。
へえ~。

被害者の塗香かどうか
調べてみます。

呂太くん。
うん?

現場から押収したものに凶器は?
ううん。

索条痕に合致するようなものは
なかったよ。

犯人が持ち去った可能性が
高いですね。

だとすると 少し気になる
鑑定結果が出たんだけど。

(呂太)ここ 玄関だよね?
(蒲原)うん。

(日野)今のとこ
判明してるゲソ痕は これ。

♬~

で 判明してない中に
前歴のあるゲソ痕があった。

前歴のあるゲソ痕?

♬~

(蒲原)えっ!?
所長 これって どういう…?

(亜美)あの…!
ちょっと見てください。

(蒲原)荒木田修!

(亜美)芸妓さんが殺された
置屋の近くです。

しかも 死亡推定時刻だ。

(蒲原)あっ!
(呂太)何? 怖い…。

女性を絞め殺すのは
荒木田の手口です。

(藤倉)そうだ。 その手口で

わかっているだけで
3人の女性を殺している。

とうとう
4人目が出てしまったって事ね。

(藤倉)科学警察研究所
橘つかさ主任研究員だ。

すごい! 科警研って
警察庁の研究所でしょ?

あ… 荒木田の事件はね
警察庁広域重要指定事件

よって 今後の鑑定は
彼女も参加する。

(早月)まいど~!
マリコさんは?

ああ 今
心筋の組織学検査をしています。

じゃあ これ 解剖鑑定書。
あっ…。

そして 今日のおやつ~!
(呂太)やったー!

おやつ~! おやつ~!
今日のおやつは何おやつ?

事件の鑑定中に おやつですか
日野所長。

(日野)えっ? あっ いや…。

あの… これは うちのおやつです。

あれ? 何 開けてんの?
こんな…。 持って帰らなくちゃ。

なんで?
いつも みんなで おいしく…。

(ため息)
荒木田の事件で

兵庫 和歌山 大阪の科捜研に
行きましたが

京都の科捜研は
一段と不安ですね。

どなた?
科警研の主任です。

(ドアの閉まる音)

被害者の心筋の
鑑定結果が出ました。

元々 軽い心筋梗塞があり

強い圧迫で 心破裂を
起こしやすくなっていました。

よって 被害者の直接の死因は

窒息ではなく 胸部圧迫による
心破裂の可能性があります。

待って。

最後まで心拍があり
血流があったからこそ

臓器に うっ血という
生活反応があるのよ。

だとしたら
心破裂よりも窒息が先。

科警研の橘先生。

橘先生。

心停止後も ごく短い間なら
血流が残る場合があります。

その間に窒息すれば
臓器のうっ血もあり得ます。

法医研究員の榊です。

被害者の首の皮下出血を
調べてるわね?

(早月)ああ 結果は

紐状凶器による
交叉部がありました。

よって 被害者は
絞め殺されたのは確かよ。

なのに なぜ
防御創がないんでしょう?

それは
被害者が首を絞められた時

抵抗できる状態じゃ
なかったからです。

つまり 首を絞められた時

すでに
心停止をしていた可能性がある。

だから
被害者は抵抗できなかった…。

(つかさ)藤倉刑事部長!

荒木田の手口を 科捜研に
説明していないんですか?

蒲原。

そうか…。

荒木田の手口は…。

えっ? えっ? えっ? あっ…。

えっ? あっ… ああ… ああ!

(蒲原)こうです。 こうやって
3人の女性を絞め殺してます。

(早月)これじゃあ
防御創は つけられないわね。

すみません 俺が説明してなくて。
でも まさか

ここで荒木田の事件が
繋がってくるなんて

思ってなかったので。

とにかく… だから
被害者は抵抗できなかった。

だから 被疑者の胸は強く圧迫され
心破裂したの。

だから 被害者の胸にも
皮下出血があったんだな。

でも この体勢で殺害したなら

被害者の両腕にも 皮下出血が
残るはずじゃないですか。

でも 残ってません。

犯人の体重のかかり方で

胸に圧迫痕は残っても
腕には残らない可能性はある。

そうでしょ?

その可能性はある。

それなら そうじゃない可能性も
あるはずです。

とにかく
この手口で殺されたなら

窒息が先でも 心破裂が先でも
荒木田が容疑者に変わりはない。

なるほど。
科警研の大先生に論破されたか。

…とは思ってないようだな。

疑問が残っている以上
鑑定は続けるべきよ。

被害者に怨恨の線があった。

怨恨の線?

被害者は有名な芸妓さんよね?

花街でラウンジのママもしていた。

芸妓さんをやりながら
ラウンジのママを?

(理事)
ええ それも問題なんやけど

そのラウンジに
一見さんや観光客を入れて

高額な料金を
請求してたらしゅうて

その苦情が うちとこの組合に
来るようになってもうて

えらい困ってました。

なんで 組合に苦情が来るんです?

そら 鶴藤さんが
現役の芸妓やいうんを売りに

ラウンジしとったさかいに
ほんま ええ迷惑どす。

(まめ房)それで 組合から
引退を迫られてたようどすなあ。

花街の品格を落とす
伝統を守れん芸妓や言われて。

じゃあ 鶴藤さんは
引退する予定だったんですか?

まさか。

最近は 一見さんオーケーの
お茶屋もでけた。

それが文化の進化どすって
よう言うてはりましたわ。

確かに
怨恨の線かもしれないわね。

さらに気になるのは
荒木田の手口だ。

女性の体に乗って首を絞める。

うん。 奴は性的興奮目的で
女性を絞め殺す変態らしい。

だが これまで
被害女性の服を脱がせた事はない。

えっ?

女性の裸を極端に嫌う
性癖らしくてな。

でも 今回の被害者は
肌が一部露出した状態だった。

そんな女性の体に
奴が乗ると思うか?

ゆうべ ここに来たのは
間違いないんですね?

(久口慎二)ええ。 でも 女将さんと
みやび踊りの打ち合わせして

夜の10時には帰りましたけど。

はい。
おおきに。

次。
お頼申します。

久口さん
夜10時に あなたが帰った時

ここには 女将さんしか
残ってなかったんですか?

まあ そやないですか?

この置屋には 今

見習いの仕込みさんも
おらへんし。

うん…。

鑑定の結果
被害者の爪から出た白粉は

まめ房さんの白粉と
不純物の割合まで一致しました。

やっぱり! だって テレビで
すごい喧嘩してたもん。

(蒲原)被害者とまめ房の怨恨を
調べてみます。

待ちなさい!

同じ置屋の芸妓同士なら
爪に白粉が付く事もあるわ。

(宇佐見)ただ 被害者の
襦袢の胸から出た塗香ですが

彼女の塗香
不純物の割合まで一致しました。

(蒲原)置屋の女将さんのですか?

置屋の女将なら 被害者の胸に
触れる事もあるはずよ。

ああ… でも この塗香

被害者の胸ぐらを
強くつかむなどしなければ

付着しないような量です。

胸ぐら?

被害者って
確か 心破裂を起こしてたよな?

うん。 そっちが本当の死因だって
マリコさん 言ってた。

心破裂も
女性の体に乗るという

荒木田の手口とは
矛盾しないと言ったはずよ。

いえ 矛盾する鑑定が出ました。

(つかさ)
首の皮下組織を調べたの?

はい。 結果 索条痕の全貌が
はっきりしました。

(つかさ)これは…。

この索条痕の角度は
首を絞めた犯人が

被害者の胸側ではなく
頭側にいた事を示しています。

つまり
こうやって絞めたって事ですね。

橋口。

(呂太)え~ なんで いつも 僕?
別に 僕じゃなくたって…。

そう。 犯人は
頭側から首を絞めたの。

待って。

被害者のここに
交叉部があるでしょ?

だとしたら…。

ごめんなさい。

やはり こう絞めたはずよ。

いいえ。

失礼。

たとえ
ここに交叉部があっても…。

こうやって絞めれば
風丘先生の鑑定とも矛盾しない。

なんで 犯人は
そんな不自然な動きをするの?

でも これ以外に

ご遺体の首にあった交叉部や
索条痕の角度を説明できますか?

だとすれば 荒木田は 今回に限り
手口を変えた可能性だってあるわ。

だとしたら…。

首を絞められた時 被害者の両手は
空いていた事になります。

今の橘先生のように。

あっ…。

(宇佐見)
これなら 被害者は抵抗して

首に防御創があったはず。

さらに この状態で
なぜ 心破裂が起きたのか。

その科学的説明を
先生は どうされますか?

♬~

やはり 首を絞められた時

すでに 被害者は
抵抗できなくなっていた。

つまり 窒息よりも心破裂が先。

だとするならば 荒木田の犯行だと
断定するのは危険です。

それ以外の容疑者も
考えるべきです。

もう一度
全ての鑑定書を精査します。

♬~

男衆の久口さんが?
へえ。

まめ房さん姉さんのマンションに
出入りしてはったり

姉さんに 特注のかんざし
贈らはったり…。

(蒲原の声)つまり
まめ房さんと久口さんは

付き合っていた…。

その件で 先日 被害者に
厳しく言われたそうですね。

花街では 芸舞妓と男衆の恋愛は
御法度だとか。

鶴藤の口癖は
「文化の進化」やったのに

そういうとこは
考えが古臭かったね。

つまり あなたは
被害者と もめていたんですね?

鶴藤と いざこざがあったんは
俺だけやない。

女将さんかて 組合の連中かて。

女将さん?

女将さんとも
もめ事があったんですか?

うちが鶴藤と?

まさか。

あなたが 被害者と
言い争ってるのを見た人がいます。

あら 鶴藤が芸妓を辞める
言い出したさかいに。

被害者は芸妓を引退するって
言ってたんですか?

組合に引退しろ言われて
やけになっとっただけどす。

座敷にあるゲソ痕は
全て 荒木田のものよね?

なのに このゲソ痕だけ
形が違うのは なぜ?

あっ それは かかと痕だからです。

ゲソ痕の かかと部分だけが
残ったものです。

なぜ この2つだけ
かかと痕なの?

なぜって言われても…。

歩き方によって
こういうゲソ痕の残り方もします。

被害者の長襦袢から採取された
微物だけど

塗香以外にも
繊維片や土が採取されてるわね。

ああ… はい。

荒木田のゲソ痕からも
当然 土が採取されてるわね?

もちろん。

長襦袢から採取された土と
照合して。

は?
いいから早く!

終わったら連絡。
(宇佐見)ああ…。

(携帯電話の振動音)

どうしたの? うん?

お母さん まだ京都だから。

そう。 今度は京都なの。
ごめんね。

アハッ… じゃあ 早く寝なさい。

うん。 もうすぐだから。

今度こそ 事件を解決して
必ず帰るから。 ね?

おやすみ。

東京に残してきた
お子さんですか?

被害者の長襦袢の土が

荒木田のゲソ痕の土と合致したら
何がわかるんです?

鑑定結果が出たら
教えてあげる。

♬~

(つかさ)ありがとう。

ねえ みんな 見て!
合致したよ! 早く!

川から見つかった この紐と
被害者の索条痕。

(つかさ)つまり この腰紐が凶器。
ここから指紋は?

濡れた腰紐から指紋を採るのは
大変でしたが

なんとか成功しました。

で…
結果 2人分の指紋が出ました。

1人目は
被害者の着物の着付けをしていた

久口慎二。

じゃあ 指紋が残っていても
おかしくはないですよね。

2人目は…。

あっ 荒木田修!
やっぱり。

この紐で被害者の首を絞めたのは
荒木田ね。

だとしても

先に心破裂が起きていた
説明がついていません。

(宇佐見)橘先生。

鑑定の結果 荒木田のゲソ痕から
採取された土と

被害者の長襦袢から
採取された土が一致しました。

(つかさ)それ
長襦袢のどこから採取した土?

(宇佐見)両肩の部分ですが…。

やっぱりね!

橘先生?

荒木田は
最初は いつものように…。

こうやって
首を絞めようとしたあと

今回に限って
なぜか こうやって…。

首を絞め直したのよ。

ああ だから
被害者の両肩に土が…。

だから
ここに かかと痕が残ったのか。

でも この状態なら
やはり抵抗したはずです。

だとしたら やはり
首に防御創がないのは不自然です。

ええ。 首を絞められる前に

心破裂を起こして
抵抗できなくなっていたのは

なぜかという疑問が残ります。

だから…

荒木田は 最初 いつものように
胸に乗ったの。

心破裂は この時 起きた。

そのあと…。

こうやって絞め上げた。

これなら
今までの鑑定と合致するでしょ?

違う?

犯人は やっぱり荒木田だったのよ
榊さん。

以上を科警研に報告します。

(電子音)

(亜美)
いました! 荒木田がいました。

(亜美)昨日 12時頃
二条院大のキャンパスです。

(日野)二条院大って
荒木田の母校だよね?

なんで そんなとこに わざわざ…。

二条院大には
昔から生活困窮者向けに

炊き出しをしている
ボランティアサークルがあるそうです。

そういえば
なんか ご飯持ってる。

荒木田は それを知ってたのか。

でも 亜美ちゃん
こんな情報 どこから?

土門さんが この近くの
防犯カメラを調べてくれって。

「専門学校生が作った服を
無料でもらえるお店」

荒木田が 昔 利用していた
駅の近くです。

「無料でシャワーボックスを
開放しているNPO法人

荒木田が 昔
清掃のバイトをしていた

ビルの中にあります。

マリコくん!

荒木田は スマホなどの
ネット環境を持っていない。

そういう奴は 逃亡中
過去の記憶をたどる事が多い。

過去の記憶。

土門さんたちが調べ上げた
過去の記憶

科学でも生かせるかもしれない。
えっ?

犯罪予測システム?

特定の犯罪や犯人の
過去と現在の行動を分析し

場所や時間ごとの
出現率を示すソフトです。

それに 荒木田が
京都に住んでいた頃の関係先と

その動線のデータ

さらに 荒木田が逃亡中に

防犯カメラに映るなどの
痕跡を残した場所や

動線のデータを組み込みます。

みんな 出たよ!

(亜美)犯罪予測システムが出した

現在 荒木田が潜伏してる
可能性が高い地域です。

(宇佐見)結構 多いな…。

これ 捜査本部に送って。
僕も捜査本部に行ってくる。

(日野)おっ!?

(土門の声)
出現率の高かった地域から順に

捜査員が投入され

現在 荒木田の捜索が
行われています。

しかし
荒木田が映った防犯カメラや

荒木田の目撃情報は
見つかったものの

まだ 荒木田の発見には
至ってません。

(マリコの声)現在 それら
現場の情報が科捜研に送られ

犯罪予測システムに
新たに組み込まれています。

それにより 荒木田が潜伏している
可能性の高い地域も変化し

その数と範囲は狭まっています。

(土門の声)ただ 潜伏先として
予測された地域には

住宅や店舗や街灯などの
照明設備が

ほとんどないところがあります。

この時間 その手の場所は

ライトを使っての
捜索になるんですが…。

潜伏してる容疑者に
気づかれやすい方法だな。

ええ。 だから いまだに
見つからないのかもしれません。

失礼します。

呂太くん
至急 用意してほしいものがある。

蒲原さん。

蒲原さん。
(蒲原)うわっ!?

マリコさん…。

捜査員の皆さんに
ライトを消すように言って。

えっ? いや でも…。

いいから 早く。
…はい。

(蒲原)皆さん
ライトを一度 消してください。

(蒲原)これは…?

熱画像直視装置。

夜間や煙幕の中 発熱体や人間を
見つける携帯装置よ。

ライトをやめて これを使って。
はい。

はい。

はい。

♬~

(蒲原)荒木田! 待て!

♬~

(荒木田 修)ううっー!
ああーっ! ああーっ!

みんな!
たった今 荒木田が逮捕された。

(呂太)えっ!? すごーい!
やったー! イエーイ!

(日野)明日の朝から
荒木田の取り調べが始まる。

それに備えて 今夜は帰って
ゆっくり休んでくれと…。

皆さん!
本当にすみませんでした。

私は 今まで あなた方に
必要以上に厳しい…

いえ 失礼な態度を
取っていました。

そんな… とんでもない。

橘先生の指摘で 容疑者を
荒木田一本に絞れたんです。

だから こんな早く
逮捕できたんですよね?

(つかさ)いいえ。

兵庫県警も
和歌山県警も逮捕できず

大阪府警が逃がしてしまった
荒木田を逮捕できたのは

あなた方 京都府警の科捜研と
捜査員の力です。

どうしちゃったの? 急に。

私は これまで ずっと
科捜研や捜査員の未熟さ

ふがいなさに
いら立っていました。

そのいら立ちを あなた方に
ぶつけていたのかもしれません。

でも あなた方は違っていた。

見事な鑑定でした。

謝罪し 感謝します。

(宇佐見)いや… ああっ!

どうしたの?

(宇佐見)いや…。

ただ… 残念ながら

優秀なこちらの科捜研の
法医研究員だけは

未熟と言わざるを得ません。

えっ?

榊さん あなたの鑑定に
こだわっていたら

きっと
この結果にはならなかった。

(小峰)あの…。

鶴藤が殺された事件の

担当の方 お願いします。

あの… どのようなご用件で?

捜査本部も 荒木田が犯人の線で
決着しそうだ。

そうよね。

私が自分の鑑定にこだわって
余計な事を言って

捜査を妨害したのよね。

だが 俺の疑問も
解消されていない。

えっ?

荒木田は
女の裸を極端に嫌う性癖だ。

なのに 奴は今回に限り

その女の体に乗った。

(携帯電話の振動音)

はい。

はい?

あの夜 うちに戻ったら…

鶴藤が… 死んでたんどす。

じゃあ 女将さん あなたが先に
死体を発見していたんですか?

すんまへんどした!

どうして それを
言ってくれなかったんです。

その時は
もう 鶴藤は息をしてへんで…。

そやけど…。

「まだ 温かかったさかい
うち 心臓マッサージを…」

心臓マッサージ…。

無我夢中で 一生懸命に…。

(小峰の声)それで やっと
救急車 呼ばなあかん思うて…。

(小峰の声)久口が
まめ房にプレゼントした

かんざしどした。

そのかんざしは 今 どこです?

はあ…。

そのあと すぐ
川に捨てに行きました。

あなたは まめ房さんが殺したと
思ったんですね?

その日 2人が喧嘩した事
うちは知ってたし…。

そやけど 今朝
犯人が捕まったいうニュース見て

ああ… まめ房やなかったんや
思うて。

すんまへんどした。

心臓マッサージ?

心筋の帯状出血と心破裂は

女将さんが
心臓マッサージをした時に

起きた可能性はありませんか?

でも その時 もう被害者
息してなかったんだよね?

だとすれば 心臓マッサージは
荒木田が首を絞めたあと。

じゃあ 首を絞めた時に
抵抗しなかったのは なぜ?

結局 その疑問に
戻っちゃいますよね。

(電話)
だから 心臓マッサージは関係ない。

荒木田は首を絞める前に

被害者の胸に乗ったから
心破裂は起きたの。

荒木田が
取り調べで殺害を自供した。

ほら見なさい!
犯人は やっぱり 荒木田だった。

ただ 被害者の胸には
乗ってないと供述したそうです。

(宇佐見・呂太)えっ!?

は?
えっ?

胸に乗らなかったとすると
荒木田

お前は これまでと
手口を変えた事になる。 なぜだ?

知ってますか?

置屋ってのは
入り口が狭くて 外から見えない。

(荒木田の声)でも 入ると
庭と庭が繋がってたりする。

だから
逃げ道にはもってこいなんです。

でも あの芸妓に
顔を見られてしまって…。

あの芸妓 ふしだらな格好で
寝てやがって…。

体に触れなかったのは
気持ち悪かったからです。

♬~

それで首を絞めて
被害者は抵抗しなかったのか?

そういえば
ほとんど抵抗しなかったですね。

手足を
ほんの少し 動かしただけでした。

(つかさ)手足が ほんの少しだけ?

そう供述してるらしいです。

あっ…。

私が ご遺体を検視した時

あごに…。

(つかさ)あごに内出血?

検視所見にあったわね。

まさか…!

あっ 風丘先生。

びっくりした。

脳は? 被害者の脳と脳幹は?

被害者の脳は
ホルマリン漬けにしてあるけど。

その脳と脳幹
再鑑定が必要です。

でも 被害者の脳に
特に損傷はなかったわよ。

いいから 早く
脳と脳幹をよこしなさい!

♬~

私と榊さんで 被害者の脳幹の
組織学検査をしました。

結果 脳幹の細胞が融解

つまり 液状化しており…。

この脳幹底部と視床では

その液状化に差がありました。

つまり 脳死状態になっていた
可能性が高いって事。

脳死…?
脳死

よって 被害者の直接の死因は
脳の損傷です。

しかし
脳はきれいだったんですよね?

頭骨にも 脳の表面にも
損傷はありませんでした。

でも 被害者のあごには
内出血があった。

つまり 被害者は
あごに強い衝撃を受けていた。

(つかさ)
ここに 強い衝撃を与えると

脳や髄液の境界面に
ズレが生じるの。

その際 最も損傷を受けるのが

この部分。

よって 被害者の最初の死因は

脳幹だけが損傷した
脳幹部損傷による脳死です。

でも 首 絞められた時
手足が少し動いたんだよね?

脳死者はね 外部刺激によって

脳が関与しない脊髄反射
手足を動かす事があるの。

被害者は 首を絞められた時

すでに
全脳機能不全の状態だったのよ。

つまり 被害者を最初に殺したのは
荒木田ではなく…。

あなただったんですね。

(蒲原)事件があった日の昼間
あなたは被害者と

テレビの生放送で
もめたそうですね?

その日の夜も お座敷のあと
鶴藤さん姉さんと

えろう言い合いになりました。

(まめ房の声)
それで おかあさんに

話を聞いてもらおう
思たんですけど

おかあさんは
ちょうど 置屋にいはらへんで。

アホらしい。 うち 帰るわ。

おかあさんかて きっと

花街のしきたりに背く行為やて
言わはる思うわ。

組合に仁義通さんと

勝手に始めた店のお客さんに
ぼったくりするやなんて。

そやったら
あんたと久口はんの関係も

花街のしきたりに
背いてるんちゃうん?

現に そう言うてはったわ。

やっぱし それ 告げ口したんは
姉さんやったんやな!

うちが告げ口せんでも
バレてるわ。

なんや このかんざし!
(まめ房)あっ…!

勝手ばっかりして
おかあさん困らせてる

姉さんだけには言われたないわ!

うちは それだけの稼ぎを
上げてます あんたと違うて。

なんやて!

離しやせ!

♬~

やめえ! いい加減…。

♬~

ああーっ!

離しや…。

(衝撃音)
うっ…!

姉さん…?

鶴藤さん姉さん?

あっ…!?

♬~

(藤倉)つまり 最初に
被害者を脳死状態にしたのは

殺意のない
まめ房の暴行って事か?

はい。 それで まもなく
呼吸や心臓も止まるはずでした。

その前に 荒木田が
殺意を持って首を絞めた。

はい。 それで呼吸が止まり
やがて心臓も止まるはずでしたが

その前に 女将さんが…。

(藤倉)被害者を助けようとして
心破裂を起こさせた。

あの… まめ房さんと女将さんは
どうなるんでしょうか?

まめ房は傷害致死 荒木田は殺人

女将は証拠隠滅で
送検って事になるだろう。

そうですか。

それが そのあと
どんな罪で起訴されるかは

検察次第だ。

(つかさ)謝罪するわ あなたに。

えっ?

あなたの言っていた可能性を
信じていれば

もっと早く この結果に
たどり着いてたかもしれない。

いいえ。

荒木田が犯人だと鑑定した先生は
正しかった。

でも 別の犯人を
見逃すところだった。

帰るんですか? 東京に。
これから送検なのに。

それは榊さん
あなたに任せれば大丈夫でしょ?

橘先生…。

荒木田の逮捕に役立った

熱画像直視装置と
犯罪予測システム

あなたが言い出したそうね。

はい。

優秀ね 京都府警の科捜研は。
あなたを含めて。

♬~

文化の進化。

えっ?

被害者が言ってたそうだ。

花街の文化は きっと
変わらない良さなのよね。

さあ…。

だが 日々変化していく科学とは
真逆なのかもしれんな。

犯罪予測システムなんて
その最たるもんだろう。

それだって 刑事さんが
足で稼いだデータがなかったら

役に立たなかった。

同じ目的を持った
デジタルとアナログってやつか。

もしかしたら
大切な事を変えないために

私たちは変わり続けなきゃ
いけないのかもしれない。

絵の具…。
被害者が描いたようだな。

(古町 雫)実相寺梵です。
正体不明の画家か…。

(宇佐見)
変わったものが出ましたよ。

(呂太)ね ね ね ね
何 描いてるの?

現場に描いてあった絵よ。
さあ この絵を剥がしましょう。