ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第9話 清野菜名、風間俊介、宮田俊哉、佐藤祐基… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #9 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. ツイ
  2. 室井先生
  3. 鉄兵兄
  4. 三平
  5. 浅井
  6. アカ
  7. ハゲ
  8. 親友
  9. 生糸
  10. シナリオ
  11. 公次
  12. 公平
  13. 三平兄
  14. 自分
  15. 先生
  16. 倒産
  17. 特高
  18. 薙刀
  19. 舞台
  20. アザミ

f:id:dramalog:20190418184116p:plain

『やすらぎの刻~道 #9 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

やすらぎの刻~道 #9 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
元歌舞伎俳優の“ロク”こと水沼六郎(橋爪功)から、“原風景”への思いを聞いた菊村栄(石坂浩二)は、10年前ボツになったシナリオの舞台を元に、新しい物語を綴ってみようと考えはじめる。主人公は、山梨県の山間の村で生きる平凡な少年・根来公平(風間俊介)。彼は小さなころから運に見放された男で、「ツイテナイ」が口ぐせだった。ある日、養蚕農家である公平の家に同業者の娘・浅井しの(清野菜名)が引き取られてきた。
◇出演者
【やすらぎの刻】石坂浩二
【道】清野菜名風間俊介宮田俊哉Kis-My-Ft2)、佐藤祐基、風間晋之介、関口アナン、両角周、若林元太、平山浩行佐戸井けん太、岸本加世子
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
藤田明二
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(菊村 栄)〈そうだ!〉

〈あの時 苦労して調べ上げ
燃えに燃えて構築し

そして挫折した 『機の音』の舞台〉

〈あの舞台を使って

前とは違う
全く別の物語ができないか〉

〈原風景である
あの山あいの道が

戦前 戦中 戦後を通して
次第に変わってくる その有り様〉

〈その中で翻弄される
ツイてない男の物語〉

〈私の中に 何かがはじけた〉

〈アザミちゃん〉

〈君に こっそり
シナリオを送ろう〉

〈シナリオといっても
まだ断片だ〉

〈完成するには1年…

いや
もっともっと かかると思う〉

〈もしかしたら

一生 仕上がらないかもしれない〉

〈でも それでいいんだ〉

〈今回 俺は
視聴者のためや金のためでなく

純粋に あくまで純粋に
自分のために

このシナリオを
書こうと思っている〉

〈タイトルは『道』〉

〈俺の心に ずっとある
日本の原風景への

いわばオマージュだ〉

♬~

〈これが主人公。
この村の生まれ〉

〈時代は戦争前 昭和11年

〈舞台は 山梨の架空の村
山淵村字小野ヶ沢〉

〈ここは養蚕 生糸の村だ〉

〈蚕が吐く糸から生糸を作り

それで 昭和初期は 結構潤った〉

〈この頃 生糸の景気は下火だが

それでも あちこちに
蚕に食わすための桑畑があり

それぞれの家の
屋根裏部屋には

蚕を育てる蚕棚がある〉

〈蚕の 桑を食べる
サクサクという音が

屋根裏部屋に常に流れ

そして
蚕部屋は ものすごく臭い〉

〈俺の名前は 根来公平〉

〈この家の四男〉

〈上に 公一 公次

三平兄ちゃんたち〉

〈さらに 下には
信子 幸子の妹がいる〉

〈父ちゃんは冴次
母ちゃんはアヤ〉

〈僕は 今 13歳〉

〈まだ13といえば13だけど

神様に見放されて
生まれてきたんじゃないか

と思うほど 小さい頃から
物事にツイてない〉

〈ハア…〉

〈笑いたくなるぐらい
ツイてない〉

〈だから 12の時
1週間くらい 深く考えて

僕なりに生きるための
10訓を作った〉

〈一つ。
ツキなんか当てにするな〉

〈一つ。 ツイてる奴の
なるべくそばにいて

その おこぼれにあずかるよう
努めろ〉

〈一つ。 ツイてない時は
ツイてないとつぶやき

自分の運命を確認しろ〉

〈一つ。
ツカない事は男の恥ではない〉

〈一つ。 どうせツカないのなら
大志なんか抱くな〉

〈一つ。 ツイてる奴を
うらやんではいけない〉

〈一つ。
もし 今ツイてると感じたら

それは甘い考えだ〉

〈一つ。 うまくいかないのが
人生だと思え〉

〈一つ。 夢とか希望とかは
持たないほうがいい〉

〈一つ。 地球の隅っこで

フニャフニャと生きろ〉

(三平)公平! こっちだ!

ああ…。

(三平)休憩中だ。 お茶飲め。

うん。 信子 これ。

(公次)それで どうしたんだ?

(公一)どうもこうもねえ。

浅井の家じゃ入れてくんねえから
鎮守の森で1人でいらあ。

どうしたの?
浅井んちに女の子が現れたらしい。

女の子って?
前の母ちゃんとの間の子供だと。

ばあちゃんが死んだんで
戻されてきたんだ。

今の母ちゃんが
家に入れてくれねえんだと。

泣いてるの?
(公次)泣いてなんかいねえ。

1人で黙って
薙刀の稽古してらあ。

薙刀!?
しっかりした娘だ。

親父と お袋が
引き取るかって言って

浅井んちに
今 話し合いに行ってら。

うちに来るの?
わかんねえ。

いくつくらい?
14だって。

(ニキビ)「しの」っていうんだ。

(ハゲ)気の強そうな子だぜ。

(青っ洟)
薙刀の免許持ってるらしい。

(青っ洟)うわっ 捕れた!
(3人)おお~っ。

捕れた 捕れた!

〈僕の親友たちの話をしよう〉

〈年中つるんでる悪ガキ仲間で

兄弟よりも ずっと親しい〉

〈こいつが 通称ニキビという〉

〈これがハゲ〉

〈こっちが青っ洟〉

〈なぜか 青緑の鼻水が
年中 鼻の下に垂れている〉

〈本当の名前は…

忘れちゃった〉

〈いつもつるんでる幼なじみだ〉

若名銀行が倒産したらしいぞ。
倒産って何よ?

潰れたって事よ。
倒産すると どうなるのよ?

銀行から
金が引き出せなくなるのよ。

町の奴らは大変じゃねえか。

うちは大丈夫だ。
金なんか ねえから。

うちもカメん中 入れてるから
関係ねえ。

そういうもんじゃねえらしいぞ。
なんで?

甲府の本社からの生糸の発注が

ここんとこ
ぐっと落ちてるらしい。

(ハゲ)誰が言ってた?
望月製糸の名倉さんだ。

養蚕は そろそろ危ないらしい。

蚕は どうなるんだ?

糸 取んねえんなら
飼ったって無駄だろう。

あれ 煮て食うと 意外とうめえぞ。
蚕を食うのかよ?

しょうゆと砂糖で
煮詰めて食うんだ。

臭えだろ!
それが 意外と臭くねえんだ。

鍋で煎っても 結構うめえ。
今度やってみよう!

臭えよ 絶対!
臭くねえって!

あっ!

(鳥の鳴き声)

(4人)おはようございます!

イノシシ 捕ったんですか?

〈これが 本家の鉄兵兄ちゃん〉

〈本家といっても
とっくに落ちぶれて

兄ちゃんは
山奥で炭焼きをしながら

半分猟師をして
ばあちゃんと暮らしている〉

食っていいんですか?

(ハゲ)
いつも ありがとうございます!

(3人)いただきます!
いただきます!

〈鉄兵兄ちゃんの事は
ここらで知らない者がいない〉

〈喧嘩が強くて暴れん坊で通り

界隈の町にも
その名が とどろいている〉

〈ここらの山の主

馬鹿でかいメス熊の
フミコでさえ

兄ちゃんを見ると
コソコソ逃げるという〉

〈鉄兵兄ちゃんが
いてくれるおかげで

町のいじめっ子も
僕らには手を出さない〉

(三平)公平!
あ?

仕事サボって 何やってんだ?

ごめんなさい。

行くぞ!
はい。

♬~

〈せっかくの山鳥
食い損なった〉

〈ツイてない〉

(三平)鉄兵兄ちゃんに会ったろう。

うん。 ついさっき。

山鳥をもらった。
食うとこだった。

1人だったか?

1人だよ。 どうして?

室井先生 一緒じゃなかったか?

室井先生?
ああ。

分校の? 国語の?
ああ。

一緒じゃなかったよ。
どうして?

室井先生と鉄兵兄ちゃん
知り合いなの?

同級生だ。

へえ~。
親友だ。

知らなかった。

柄 全然違うじゃん。

鉄兵兄ちゃんは暴れん坊で

室井先生は
師範学校出の秀才でしょ。

2人が親友だなんて
思ってもみなかった。

柄が違うから 気が合うんだ。

兄ちゃん
先生には 一目置いてる。

へえ~。

言うなよ。
何を?

2人が親友だって事をさ。

なんで?

先生 今 特高から にらまれてる。

特高って?

特別高等警察だ。

なんで?
なんで にらまれてるの?

アカじゃないかって疑られて…。

アカ!?
しーっ!

アカって何?
アカも知らないのか?

知らない。

社会主義思想だ。 共産党だ。

室井先生 共産党なの?

そういう疑いが かかってるんだ。

(三平)職員室で 危ない本
こっそり読んでたらしい。

危ない本って?

小林多喜二って人の
蟹工船』って本だ。

不在地主』って本も持ってて
特高が没収してったらしい。

それは 読んじゃいけない本なの?

何がいけないのか
よくわからないけど

危険思想だって
校長たちは言ってる。

三平兄ちゃんは
その本 読んだの?

不在地主』は
先生に借りて読んだ。

何が危険なのか
俺には わからなかった。

やばいよ! 兄ちゃん
そんな本 読んじゃ やばいよ!

もう返したから大丈夫だ。

室井先生は 俺に貸したなんて
そんな事 人に言う人じゃない。

やばいなあ。

心配するな。

それより 俺は
鉄兵兄ちゃんが心配だ。

兄ちゃんは 侠気の強い人だから
室井先生から頼まれたら

そういう危ない本を隠すのを

もしかしたら こっそり
手伝ってるかもしれない。

鉄兵兄ちゃんが 室井先生と
親しい友達だって事が知れたら

兄ちゃんの家だって
家宅捜査されるかもしれないんだ。

そん時 なんか
変なもんが見つかったら…。

(冴次)
お前ら こんな所にいたのか。

♬~

ああ 引き合わせよう。

浅井の しのちゃんだ。

これから
うちに引き取る事になった。

(浅井しの)
よろしくお願いします!

三男の三平と四男の公平だ。

帰ろう。
はい。

♬~

〈ポーッとしていた〉

〈っていうか
胸がドキドキしていた〉

〈こんなかわいい子を
見た事なかった〉

〈これが すなわち
初恋ってもんなんだなと

僕は一瞬にして察知した〉

〈けどな…

僕って ツイてないからなあ…〉

〈お断りしておくが

この しのちゃんが
アザミの顔に瓜二つであるのは

私のイメージに
よるものだからである〉

〈自分のために
書いているドラマだから

誰に似ていようと
私の自由である〉

♬~

〈しのちゃんは
兄ちゃんを頼ってるみたいで

兄ちゃんに 好意を
持ってるからかもしれず…〉

〈しのちゃん! 三平兄ちゃんと
引っつきすぎだぜ!〉