ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

白衣の戦士! 第2話 中条あやみ、水川あさみ、小瀧望、安田顕、沢村一樹… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『白衣の戦士!#02』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 三原
  2. 立花
  3. 斎藤
  4. 杉野
  5. 看護師
  6. 仕事
  7. ナース
  8. 真理子
  9. フフフ
  10. 採血
  11. 夏美
  12. 結婚
  13. ハァ
  14. 銀行
  15. 明日
  16. 里中
  17. ホント
  18. 今日
  19. 師長
  20. 失礼

f:id:dramalog:20190417230130p:plain

『白衣の戦士!#02』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

白衣の戦士!#02[解][字][デ]

型破りな元ヤンの新米ナースと婚活中の34歳がけっぷちナースが仕事に恋に奮闘する、笑って泣けて元気になる、痛快お仕事ドラマ!様々な人間関係が動き出す第2話!!

詳細情報
出演者
中条あやみ水川あさみ小瀧望(ジャニーズWEST)、安田顕沢村一樹片瀬那奈鈴木紗理奈小松彩夏、山﨑萌香、三宅亮輔【ゲスト】堀田真由、田中幸太朗
番組内容
新米ナースのはるか(中条あやみ)が働き始めてから一週間が過ぎたが、相変わらず指導係の夏美(水川あさみ)からはダメ出しされる日々が続いていた。そしてそんな夏美も、結婚退職を目標に進めていた婚活に葛藤し始めていた。ある日外科病棟に、斎藤(小瀧望)の元カノ・真理子(堀田真由)が入院してくる。斎藤のことが気になり始めていたはるかは動揺。だが真理子は、医師の柳楽(安田顕)から投与された薬を捨ててしまう……
監督・演出
【演出】菅原伸太郎
原作・脚本
【脚本】梅田みか
音楽
【主題歌】 「アメノチハレ」ジャニーズWEST(ジャニーズ・エンタテイメント
【挿入歌】 「片隅」三浦大知(SONIC GROOVE)
【音楽】菅野祐悟、眞鍋昭大
制作
【プロデューサー】加藤正俊、鈴木香織(AXON)
【制作協力】AXON
【製作著作】日本テレビ

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(本城昭之)
立花はるかさん 斎藤 光君

わが外科病棟へ ようこそ!

乾杯!
(一同) 乾杯!

(三原夏美) あ~!

(拍手)

いやいやいや こんな若くて
フレッシュな2人が入ってくれて

ホントに うれしいよ。

(柳楽) そうそう もう 職場がね
パァ~っと明るくなったよね。

(立花はるか) そうですか?
(真由) ん? ん? ん?

(真由) あら? それは 今までは
ナースの平均年齢が高くて

雰囲気が どんより暗かった
ということですか?

いやいや そういう意味じゃ…。

(貴子) そういう意味にしか
聞こえませんでしたけど。

今の完全にアウトですよ。

ねぇ?
(雪乃:絵里奈) ですよねぇ。

生きにくい世の中に
なりましたよねぇ。 ねぇ。

昔は よかったな~。
ですよね ねぇ!

あの… 2人は
もう仕事には慣れたかな?

(斎藤) はい!
先輩方が皆さん親切なので

だいぶ 慣れて来ました。
いいなぁ

私は厳しい指導係に
ビシビシしごかれて…。

何か言った?

いえ 何でも…。

おいしい!

食欲だけは一人前だよ。

まぁまぁ
三原さんはいいじゃない ほら

結婚相談所の紹介で
デートして ラブラブなんでしょ?

いやいや
ラブラブってほどじゃ…。

ラブラブ?

てっきり男いないかと…。

(雪乃) イケメンで優しい
商社マンなんですよね?

へぇ~ 随分 スペック高いね。

(絵里奈の声)
この間 デートした後
どうなったんですか?

え~? 取りあえず

次の約束はしましたけど…。
(一同) おぉ~。

いやいや もう…
私の話はいいですから。

三原ちゃん もう決めちゃいなって
それ逃すと もう

ず~っと独身ってことになるよ。
え?

それって 独身に問題がある
ってことかしら?

いや 主任のこと
言ったわけじゃなくて…。

主任って独身なんだ。

三原さん 相手選びは
くれぐれも慎重にね。

大騒ぎして結婚して
結局 離婚しちゃったって人

結構 多いから ねぇ 小野さん!
フフフ… はい。

まぁまぁ… バツイチなのは
僕も一緒なんで ね?

小野さんと師長は バツイチ…
皆さん いろいろあるんですね。

そりゃ いろいろあるよ。
あるある。

俺だってね 昔は 四季総合病院の
アラン・ドロンっていわれてさ

ナースに
キャ~キャ~言われてたんだよ。

アラン?
ドロン?

知らないの? アラン・ドロン。
(高木) 先生 先生… お電話です。

(振動音)
あぁ…。

はい?

はい!

いや… もう そろそろね
うん 帰ろうと思って…。

今すぐ 帰ります。

え?
(柳楽) うん 分かってる… うん。

40秒で帰りま~す。

柳楽先生はね ああ見えて
恐妻家なんだよ。

そうなんですか?

へぇ~ 意外と
かわいいところあるんですね。

ちょっと 立花さん
まだ半人前のナースのくせに

ドクターのこと笑うなんて
失礼よ!

はい すいません!

早く一人前になってよね~。

ただでさえ
斎藤君に負けてんだから。

もう負けません!

じゃあ 明日からは ミスしないで
ちゃ~んと やってくれんのよね?

もちろん やります!

よし! これも よしっと!

さぁ 立花さん

今日は ちゃ~んと
やってくれるのよね?

はい!

回診の準備は?

やってあります!

じゃあ 清拭の準備。

もう やりました!
ふ~ん。

環境整備と
入院患者さんの確認も…?

全部やってあります!

(看護師たち) おぉ~。

あれ? この輸液セット 違ってる
微量用が入ってない。

すいません!

完璧だと思ったのに~。

斎藤君 304の郷田さんの採血
行くわよ。

はい!
よし。

斎藤君 初めての採血ね。
(絵里奈) リラックス リラックス。

頑張ります。

採血…?

は~い
ちょっとチクっとしますよ。

そうそう… いいよ~。

へぇ~ ああいう繊細な仕事も
上手なのねぇ。

私だって あれくらい。

見込みあるわね あのコ。

よし! 初採血 大成功!
(拍手)

(貴子) ありがとうございます
よかったね。

三原さん
私にも採血やらせてください!

何? できるの?
はい!

新人研修で みっちりやったんで
バッチリです!

じゃあ…。

どうぞ やってみて。

え? 三原さんのですか?

当たり前でしょ
私が合格出したら

他の患者さんの採血やらせるから。

はい! よろしくお願いします。

ちょっと チクっとしますよ…。

え?

うっ…!

あれ? こうかな?

出て来ない こうかな?
うぅ… うぅ~!

痛った~い!

え? え…?
抜いて! 抜いて 抜いて 早く!

う~!
これの どこがバッチリなのよ!

研修の時は ホントに
バッチリだったんですよ。

ハァ… いいから やり直し!

はい…。

あぁ~ お腹すいた。

これでいっか。

(斎藤) これ骨付きのありますか?
(店員) すいません

売り切れてしまったんですよね。
あぁ そうですか 分かりました。

結局 私は
採血させてもらえなかったのに!

あっ。

言っとくけど ホントは
採血だって できるんだからね!

えっ 何のこと?

別に!

…ってか 何も 仕事終わってまで
同じとこに来なくったって。

っていうか 寮から
一番近いスーパー ここだし。

ん~!

鶏肉…。

鍋かな?

あとは豆腐と長ねぎと…。

シイタケか。

鍋だ!

ニヒヒヒ…。

(せき払い)

あ~… 一人で鍋っつうのも
寂しいだろうし

付き合ってあげてもいいよ?
はっ?

もう いいから いいから!
えっ えっ えっ…?

ほら 行くよ!

もう大変なんですから!
立花さんの指導係は。

ホントに大変だったみたいだね。

採血は まともにできないわ
ペアンとコッフェルは間違えるわ

消毒液は ひっくり返すわ。
ハハ…。

でも あれだよ? 何か2人 最近

いいコンビになって来たな~
って思ってたんだけどね。

やめてくださいよ
いいコンビなんて!

話があるって
こういうことだったのか…。

まったく… 私が新人の頃は

家に帰ったら 毎日
勉強してたんだけどなぁ。

今頃 何してるもんやら。

おいし~い!

うん う~ん! うん うん…。

すっごいね! 斎藤って天才!

これ このまま
お店 開けるレベルだわ。

こんなもん 慣れれば
誰だって作れるって。

一人暮らし長いし。
えっ?

私も 一人暮らし長いけど
作れないよ?

あぁ…。

くぁ~~!

やっぱ鍋にはビールだね~!

お代わり!
大丈夫かよ 明日も早いのに。

男は そういう細かいこと
気にしないの。

ほら斎藤も ほら グ~って!
グ~って!

お… おう。

あぁ~! ビールだな。
ハハハ…!

あっ! 斎藤って
バスケやってたんだっけ?

ああ 高3の時は
俺 キャプテンだったし。

すごっ! 頭 張ってたんだ!

頭?
うん!

あの… ほら あの…

結婚相談所に紹介してもらった
彼とは うまく行ってんの?

はい フフフ 今のところ。

もう1年近く婚活して来て

ここで や~っと当たりくじ
って感じですよ やっと!

アハハ そっか。

(里中) 夏美さん?

(里中) やっぱり。

里中さん!
えっ どうして ここに?

いや…
同僚と飲みに来てたんです。

あぁ~!

いやぁ! 夏美さんと
偶然 お会いできるなんて!

いえ! きっと運命です!

夏美さん?

あっ こちら 里中さんです。

私が お見合いした方で…。

あ… あ そう!

当たりくじか。

私の病院の看護師長です。
あぁ…。

どうも はじめまして
本城と申します。

師長さんですか!
ええ。

夏美さんから お話は
いろいろ伺っております。

そうですか。

うちの! あの… 三原が
随分 お世話になってるみたいで。

あ いえ…。

じゃあ また明日。
はい! 明日。

(里中) それでは失礼いたします。

(戸の開閉音)
明日… デートなんだ?

はい!

あ… ねぇ あの 何か
感じのいい人じゃない うん。

えぇ~? そうですか? も~う!

あの… あのさ あの…

結婚退職したいっていう気持ちに
変わりはないのかな?

ホントに仕事 辞めんの?
あっ。

私が辞めたら
立花さんの指導係って

誰がやるんですか?

さぁ… 誰がいいかな。

いやぁ 手に負える人いますかね。

何せ 飼いならされてない野生動物
しつけるみたいなもんですから!

あ~ おいしかった~!

ここに 冷やご飯 入れて
卵でとじれば

最高なんだけどなぁ。

今 入れるとこだけど?

くぅ~!
やっぱ シメは雑炊だよね!

危ねぇ!
何だ 斎藤 話 分かるじゃん。

もう ほら 飲もう 飲もう!
飲もう!

おし。 飲もう!
飲もう! うん。

あ~!
あ~!

ハハハ…!
ハハハ…!

はい カンパ~イ!
カンパ~イ!

(鳥の鳴き声)

なっ!?

もしかして…。

はいてる!

でも はいてるからって

何もなかったとは言い切れない!

あ~…。

私…。

まさか~~~!

♬~


あれ?
まだ清拭の準備やってないの?

あっ! は… はい!

えっと
301の橋本さんですよね。

えっと… じゃなくて 橋本さんは
今日から入浴できるから…。

どうしたの? 昨日はあんなに
やる気満々だったのに。

ハハハ…。

はっ! な… 何か?

いや 血圧計 取りに来ただけ。

そっか…。

あ… あのさ 昨日って

えっと…。
あっ そうそう これ 忘れ物。

はっ…!

ちょ… ちょっと やめてよ!
こんなとこで。

だって 起きたら
もう いなかったから。

だから シ~! シ~!

あ~れ~?

2人って

もしかして…。

そんな…
私たち 何にもないです!

多分…。

もしかして!

同じ寮なんじゃない?

はい 潮見寮です。

やっぱり?
私も新人の時 住んでたの。

え~!
あそこ いいよねぇ。

(斎藤) 近くにスーパーが…。
思い出に浸ってるよ。

三原さん 立花さん!

今日から入院する 杉野真理子さん
お迎え お願いします。

はい! ほら行くよ。
はい!

杉野真理子…?

(柳楽) え~ 以前
横浜の病院で手術した

虫垂炎のほうは
問題ありませんが

胃潰瘍がねぇ。

結構 深く
広範囲に広がってますね。

相当 痛かったでしょう?

まずは 絶食にして
内服と点滴で様子を見ます。

それから3日後に
もう一度 内視鏡

潰瘍を確認しましょう。
(真理子) はい。

光?

真理子…。

光? 真理子?

何? 知り合いなの?

(柳楽) え?
2人 えっ? どういう関係?

大学の同期なんです。

へぇ~。
(柳楽) へぇ~。

こんなとこで会うとはねぇ
奇遇だね。

大丈夫?
うん。

光 この病院で働いてたんだ。

あ… うん。

ナース服 似合うねぇ。

(斎藤) おぉ ありがとう。

あれは訳ありね。
訳あり?

ナースの勘。

え?

で どういう関係なの?
305の杉野さんと。

どういう関係って…。

何? その 彼女みたいな言い方。

や… やめてよ! 彼女なんて。

はっ!

やっぱり私たち 昨日
彼と彼女がするようなことを?

昨日?

あぁ もう勘弁してくれよ。

立花 酔っぱらって寝ちゃって

いくら起こしても
起きないんだもん。

え? じゃあ 何もなかったんだ。

あぁ… それならそうと
早く言ってよ!

同じベッドで寝てるから
てっきり…。

え? 同じベッドって何のこと?

えっ?

あっ…。

寒い…

あっ そうだった。

もう そのことは忘れて!

私が聞きたいのは
杉野さんとのこと。

元カノだよ。

あっ そ… そっか
元カノですか。

って え~‼ 斎藤の元カノ!?

シッ! 声デカい!

(一同) へぇ~。

そっかぁ
斎藤君の元カノだったのかぁ。

はい 大学の時の…。

あ~。
へぇ~。

ほ~ら 私のナースの勘も
捨てたもんじゃないでしょ。

大学時代の彼女か 青春だなぁ。

大学時代っていっても
私たちとは違って

つい こないだのことですからね
生々しい~!

あれ? これって
運命の再会だったりして。

この この この…!
いやぁ。

運命の再会?

いやぁ 俺も昔ね 病院で

元カノに
ばったり会ったことがあってさ。

それでね お茶でも
っていう話になってね フフ。

で それから
どうしたかっていうとね…。

柳楽先生。

誰も聞いてません。

(雪乃) この入院がきっかけで
よりを戻すっていうのも

ありなんじゃない?
あり あり!

いや そんな…。

よりを戻す?

ん? 私 何で焦ってんだ?

杉野さん お薬です。

(真理子) ありがとうございます。

お仕事 大変そうですね。

あぁ この4月に入ったばかりで
まだ分からないことだらけで。

じゃあ 私と一緒ですね?

銀行にも厳しい先輩とか
いたりするんじゃないですか?

聞こえてるけどね。

光は ちゃんとやってますか?
仕事。

斎藤君は とっても優秀ですよ。

そこが ムカつくんですけどね。

あ…。

フフ そうですか。

フフフ 失礼しま~す。

フフフ…。
フフフ…。

杉野さんって
銀行にお勤めなんですね。

きっと学生時代から
優秀だったんじゃない?

京浜銀行なんて入るの大変だもん。

ですよね。

銀行員になろうなんて
1ミリも思ったことないな。

でしょうねぇ。

じゃあ ナースになろうと
思ったのは 何でなの?

あぁ…。

あの 三原さんも
子供の頃 見てました?

『密着! 白衣の天使 病院24時』。

あぁ… そりゃ まぁね。

あの番組が大好きで!

私も あんな優しい天使みたいな
ナースになりたいな~って。

へぇ~。

…にしても ベタだねぇ。

はい~。

まぁ 理由は どうであれ
ナースになったからには

早く
一人前になってもらわないと。

師長からも 「結婚退職するのは

立花さんを一人前にしてから」
って言われてるんだからね?

えっ!?

三原さんって
結婚したら辞めちゃうんですか!?

うん… そのつもりで
婚活してるんだけどね。

そうなんだ。

何? そんなにビックリした?
はい。

何か 三原さんって

一生 ナースやってる
イメージだったんで。

何よ! 勝手に
イメージつけないでくれる?

アハハハ…。

検査のお迎え 行って来ますね。
うん。

一生ナースか…。

昨日はホント偶然でしたね。

あのお店 私たちナースの
行きつけなんです。

(里中) そうでしたか!

師長の本城さん 優しそうな方で

あんな方が上司だったら
いいですね。 フフフ…。

女性ばっかりの職場を
師長が うま~くまとめてくれて。

だから とっても
働きやすい職場なんです。

そうですか。

一度 夏美さんが働くところを
見てみたいな。

そんな…。

あっ じゃあ 一回 入院します?

アハハ…。
フフフ…。

あ…。

あの…。

この間 言ってましたよね。

結婚する相手には 仕事を辞めて
家庭に入ってほしいって。

はい。

あれって 一時的とかではなく

完全に仕事を辞める
ってことですよね?

そうですね。

今後 海外赴任することに
なった場合

奥さんにも
ついて来てほしいですから。

現実的に
仕事は続けられないと思います。

ですよね~。

夏美さんも 結婚したら
仕事は辞めたいって…。

そう そうそう…
そうなんですけど

一応 確認しとこうかなって
フフフ…。

夏美さん。
はい。

僕と結婚してください。

えっ?

さっきまで
そう言うつもりでした。

でも 今日のところは
保留にしておきます。

夏美さんには

もう少し 考える時間が
必要みたいですから。

立花さん! 何やってんの!

明日こそ
三原さんに認めてもらうぞっ!

よし!

師長からも
「結婚退職するのは

立花さんを一人前にしてから」
って言われてるんだからね?

私が 一人前になったら

三原さん 辞めちゃうのか…。

夏美さん
僕と結婚してください

フフフ…。

結婚かぁ~。

う~ よしっ!

夏美さんには 考える時間が
必要みたいですから

彼と結婚するってことは

ナース辞める
ってことなんだよね~。

≪うぅ…≫

≪うぅ~…≫

うぅ…。

(看護師)
杉野さん!? どうしました?

お腹ですね?
吐き気はありますか?

え? 杉野さんが薬を捨てた?

昨夜 胃けいれんの発作を
起こしたんだよ。

どうも 様子が おかしかったんで
本人に話を聞いたら

薬を捨てたって。

でも どうして そんなこと?

杉野さんは
何て言ってるんですか?

それがね 何も言わないんだよ。

まぁ 無理に聞き出す
ってわけにもいかなくてね。

そうですか。

(真由) 今後は ちゃんと
薬を飲むのを確認して

ちゃんと
みんなでケアしましょう。

(看護師たち) はい。

厄介なんだよね
こういうケースは。

薬で症状を抑えられても

心の中までは 治せないからな。

薬を捨てたって ホントなの?

何で?

薬を飲まなきゃ治らない
ってことぐらい分かるだろ?

ドクターも ナースも

患者さんの病気を治すために
一生懸命 取り組んでるんだよ。

それなのに
何で そんなことしたんだよ?

ほっといて。

ほっとけるわけないだろ!

理由があるなら言えよ。

このままじゃ
銀行にだって戻れないんだぞ!

光には…。

私の気持ちなんか分からない!

出てって。

出てって!
何してんだよ。

何してんだ! やめろって!

やめろって!
出てって!

うぅ…。

え? 真理子?

真理子 大丈夫か?

(斎藤) おい 真理子!
斎藤…。

斎藤 何やってんの!

大丈夫ですか?

先生 連絡して!
はい!

痛みますか?

足 上げましょうか?

脈 とりますね。

たとえ 近しい人であっても

看護師は患者さんに対して
節度を持って接しないといけない。

こんなこと分かってるわよね?

すいません。

これ以上
杉野さんを刺激してはダメよ。

はい。

私も気を付けます。

よし ラウンド行くよ!
はい。

あんな斎藤 初めて見た…。

あんたと違って 先輩に
怒られることもなかったしね。

♬~

もう そんなシケた顔すんの
やめてよ。

せっかくのお昼ごはんが
まずくなっちゃうでしょ?

いただきます!

(斎藤) 大学の卒業式で

久しぶりに真理子に会った時さ

京浜銀行に就職するの
すごく楽しみにしてたんだよな。

(斎藤の声) 銀行員だった
お父さんの背中を見て育って

「同じ銀行に入るのが夢だ」って
ずっと言ってたから。

そうだったんだ…。

今の真理子を見てると

せっかく夢をかなえたのに
何やってんだって思っちゃって。

つい あんなことを…。

血圧 測りますね。

失礼します。

三原さん 休憩 終わりました
代わります。

あれ? 302の今田さんの
術前バイタルは?

あ~ そっちが先でした。

も~う。

いつになったら 要領よく
できるようになるんだろう。

あっ すいません。

私もです。

ん?

私も全然ダメでした。

学生時代から
勉強もインターンも頑張って

やっと入れた銀行だったのに

入ってみたら 周りは
ものすごく優秀な人ばっかりで

とても ついて行けるような
世界じゃなかった。

もう… 私には無理。

えっ?

病気が治ったら 仕事に
戻らなくちゃならないでしょ?

だから 薬を捨てたんです。

退院したくなくて。

そうだったんですか。

薬を捨てたのには
そんな理由があったんだ。

はい…
随分 思い詰めてる様子でした。

でも 分からないでもないな
その気持ち。

環境がガラっと変わってさ

心と体が
それに ついて行かないんだよね。

うん… ほら あの
よく 五月病っていうでしょ。

あれと同じ。

病気を治すことは もちろん

精神的にも
サポートして行かないとね。

よろしく頼むよ。

はい。
はい。

吉田さんのリハビリ
迎えに行って来て。

はい。

失礼します。

斎藤…。


ハァ…。

杉野さん。

あ…。

あの… ここ寒くないですか?

(男の子) 待て~!

あ~!

コラ~!

これは ケガをした人が使う物!

君たちが遊ぶもんじゃないの!
分かった!?

はい ごめんなさい!

ほら 行った行った!

うるせぇ ババア!

何だと クソガキ~‼

オ~ホホホ…! オホホ…。

すいません つい出ちゃって…。

「立花さん!
何 その言葉遣い!」

…って いつも三原さんには
注意されるんですけど。

じゃあ
今のは内緒にしておきましょう。

ありがとうございます!

あの…。


(着信音)

はい!


立花さん! また どっかで
道草 食ってんでしょ!

すぐ戻ります!

怖~い先輩が待ってるんで また!

(川上) 杉野さん。

(亜実) 体調どう?
支店のみんなも心配してるよ。

(真理子) すいません。

(川上) 仕事のことは
心配しなくていいから

ゆっくり体を治して。

私…

銀行を辞めます。

えっ… 辞めるって どうして?

私には もう無理なんです。

(川上) そんな…
急いで結論 出さなくても。

もっと よく考えて決めれば
いいんじゃないか?

ねっ? ほら。

305の杉野さん 服薬確認を行い
確実に投与されています。

職場関係の悩みを
抱えているようです。

明日 また
看護計画について話しましょう。

他に報告ある人は?
≪大丈夫です≫

じゃあ お疲れさまでした。
(看護師たち) お疲れさまでした。

杉野さんの力になりたい
って思ったんですけど

何て言ったらいいか
分からなくて。

う~ん… 難しいよね。

でも私たちは 看護師として
やるべきことを

やるしかないんじゃないかな?

看護師として…。

(貴子)
あっ ちょっと 立花ちゃん!

私 すごいもん
見ちゃったんだけど!

すごいもん?
うん うん…! あの ほら あの

斎藤の元カノの杉野さん

中庭のゴミ箱に捨ててたのよ!
ほら あの…

銀行の… 何だっけ ほら あの…

行員証!
えっ!?

(貴子)
ねぇねぇ…! どこ行くのよ!

♬~

ハァ…

♬~

うわっ…。

これ全部
今日 出された分ですか?

そうだよ~。

本気で この中から捜す気?

見つかるかなぁ?
フッ… フフフ…。

そうですよね。

明日の朝には
ゴミの収集があるから

それまでには
元に戻しておいてよ?

はい…。

よし。

(雪乃)
ねぇ 今 聞いたんだけど

何か 集積所でゴミあさってる
ナースがいるんだって。

えっ?

どこの誰が
そんなことするんでしょうね?

ねぇ?

もしかして…!

ハァ…。

立花さん。

こんなとこで何やってんの?

三原さん。

杉野さんが銀行の行員証を
捨てちゃったんです。

えっ そうなの?

さっきから
ずっと捜してるんですけど

なかなか見つかんなくて。

なかなか見つかんないに
決まってるでしょ。

何?
捜してほしいって言われたの?

いいえ。

え… 患者さんに
頼まれたわけでもないのに

何で こんなことやってんの?

何でっていうか…。

ハァ… とにかく

これは看護師の仕事じゃ ない。

ほら 早く片付けて
さっさと帰るよ。

帰りません。

ハァ…。

立花さん 杉野さんは
自分の意思で捨てたんでしょ?

どうして
ここまでする必要があるの?

具合悪い時って 誰でも
弱気になるじゃないですか。

だから 杉野さんも
病気が治って元気になったら

また 気分が変わるかもしれない。

その時に 「あ~
捨てなければよかった~!」

…って思うんじゃないかなって。

それで捜してたんです。

ハァ… だからって。

それに ああいうものは
再発行だってできるでしょ。

そうですよね。

それは分かってるんですけど。

じゃあもう勝手にすれば?

とても見つかるとは思えないけど。

だよね。

師長。

立花さんらしいね。

でも
あれは看護師のやることじゃ…。

採用面接で初めて会った時に

何で看護師になりたいと思ったの
って聞いたんだよ。

そしたら 彼女

「私は看護師さんに
救われたんです」って言ってた。

高3の時 親友が
バイクの事故で大ケガをして

病院に運ばれたんです

駆け付けた時は もう
意識もなくて

私は ただ泣くだけで
何にもしてあげられなかった

その時 看護師さんが
意識のない友達に

「今日は いい天気よ」とか

「きっと暖かくなるわね」なんて
普通に話し掛けてたんです

それで私に

「何してるの 手を握って

明るく話し掛けてあげて」って

結局 親友は亡くなったけど

たくさん話して ちゃんと
お別れすることができました

あの言葉がなければ

私は何もできずに
きっと後悔してた

だから 私もあんなふうに
誰かの力になりたいと思って

看護師を目指したんです

それ聞いて思ったんだよね。

彼女は ちょっと型破りだけど

常に患者さんの立場に立って
考えられる看護師に

なれるんじゃないかって。

彼女にとっては これも
看護師の仕事なのかもしれない。

参ったな こんなのバレたら

後で 俺が事務長に
叱られちゃうかもしれないよ。

♬~

♬~

勘違いしないでよね
あなたが何かやらかしたら

指導係の私の責任になるの。

だから
さっさと終わらせたいだけ。

三原さん。

気を付けてくださいね!

腰を痛めないように。

はぁ? そうやって
ひとを年寄り扱いしないの!


ハァ~ あった!

あっ 違った…。

くぅ~。

もう 三原さん
勘弁してくださいよ~。

ごめん ごめん。

…って 何よ! ひとが
親切に手伝ってあげてんのに!

逆ギレですか~?

ん~!
ん~!

フン!
フン!

♬~

あぁ~。

やっぱり見つけるのは
無理なのかなぁ?

何よ 口ほどにもない。

まだまだ!

はい…。

♬~

あった。

ん? 何か言った?

あった!

ありました!

あ… あった!

あぁ~ やった~~!
うわ~ やった~~!

やった! やった! やった!
わぁ! ハハハ…!

フフッ フフフ…。

はい これ杉野さんのですよね?

これ… どうして?

もしかして
間違って捨てちゃって

困ってるんじゃないかな~って。

いえ 私は…。

あ~! そういえば
杉野さんの胃潰瘍について

分かりやすく まとめたんで
取って来ますね!

すいません。

余計なことをしまして。

立花さんのやることには
私も あきれちゃうんです。

言い出したら もう聞かなくて…。

集積所のゴミ袋を
一つ一つ捜して見つけたんですよ。

あっ ちゃんと
消毒してありますから

安心してくださいね。

私もあったな。

これ 捨てちゃったこと。

新人の頃 まだ
看護師の仕事に慣れなくて

毎日 鬼みたいな先輩に怒られて

「三原さん! 何 やってんの」
「三原さん! 早くして!」って。

三原さんが…?

3か月くらいたった時
だったかな。

もうヤダって思って

白衣と一緒に丸めて
ゴミ箱に捨てちゃったんです。

えっ。

あぁ もちろん

後で慌ててゴミ置き場に行って
回収しましたけどね。

いやぁ 考えてみたら
もうすぐボーナスだ。

取りあえず
そこまで頑張ろうって。

それから… どうしたんですか?

そしたら もうちょっとで
夏休みが取れるから

じゃあ またそこまでって。

そしたら お正月までって

次は新人が入って来るまでって。

気が付いたら
ここまで続けてました。

仕事って そういう
小さな目標の積み重ねで

続いて行くのかもしれませんね。

立花さん…。

失礼します。

ここに置いとくので
よければ 読んでくださいね。

♬~

ホンットに
世話が焼けるんだから!

あ~んなゴミの中から
こ~んな小っちゃい物

見つけようなんて思う? 普通。

え~? でも三原さんも最後のほう
結構 楽しそうでしたよ?

「あっ あった~!」
なんて言っちゃって。

何よ 私が手伝ってなかったら
絶対 朝までかかったって

見つかってなかったからね!

確かに…。

ありがとうございました。

何よ やけに素直じゃない。

本城さん。

杉野さん 治療に前向きに
なってくれたみたいです。

ホントですか!?
ええ。

さっき ちょっと様子を
見に行ったんですけどね…。

すみませんでした

(柳楽の声) ちゃんと治療を受けて
早く 体 治して

仕事に復帰したいって。

へぇ~ そうですか
いや よかった。

しかし

何で急に あんな前向きに
なったんですかね?

それは…。

もう今日みたいなことは
勘弁してよね。

あんたの ハッチャメチャな行動に
振り回されるの

うんざりなんだから!

いやぁ
白衣をゴミ箱に捨てるなんて

よっぽど 三原さんのほうが
ハチャメチャじゃないですか?

聞いてたの? 昔の話よ。

フフフ。

忙しくて大変で

プレッシャーに
押しつぶされそうになって

何度 逃げ出したくなっても
また戻りたくなる。

切りがないんだよね
ナースの仕事って。

三原さん…。

♬~

ごめんなさい。

せっかくだったんですけど
里中さんとのお話

お断りさせてください。

(大塚) はぁ~? 三原さん
あなた 何 考えてるの?

こんな いいお話
二度とないわよ?

わ… 分かってます。

でも ちょっと
条件が合わなくなってしまって。

条件?

はい。

看護師の仕事
続けたいと思いまして。

すいません また ご連絡します。

ふぅ…。

よし。

(斎藤) 昨日はごめん。

私こそ…。

(真理子)
私 もう一度 頑張ってみる。

ここで逃げ出すの悔しいもの。

変わってないな そういうとこ。

(真理子) あの新人ナースの
立花さんだっけ?

あのコ いいじゃない。

元気で明るくて
ちょっとヤンチャで。

光に合いそう。

えっ!
えぇ!?

バカ! そんなわけねえだろ!

はぁ~?

フフ… 変わってないね
そういうとこ。

じゃあな。
(真理子) うん。

うおっ!

フン! こっちだって
そんなわけないから!

フン!

断わった? あの当たりくじを?

はい 仕事を辞めて家庭に入るのが
里中さんの結婚の条件だったんで。

じゃあ あの
結婚退職はしないの?

立花さんの指導係

ビシビシ
やらないといけませんから

まだ辞められませんよ。

そっか そっか。

でも あれだよね
あの 婚活のほうは まだ…。

婚活は もちろん続けますよ!
うん…。

結婚しても続けられるのが
ナースのいいところなんで。

ねっ ねっ そうだよね。
はい。

まぁ でも 取りあえず よかった。

はい 失礼します。

戻りました~。

(看護師たち) は~い。

ん~?

ん? 立花さん?

入浴リスト 男性 女性
全部 逆になってる!

あっ! すいません!

もう いいかげん仕事覚えてよね。

早く安心して
採血くらい任せられるように

なってほしいもんだわ。

そんなこと言ったって

採血なんて
1人じゃ練習できないし~…。

検査出し 終わりました。

お疲れ。
(斎藤) お疲れさまです。

あっ!

ん?

ちょっと チクっとしますよ。

何で 俺が採血の練習台に…。

男は小さいことで
ブツブツ言わないの。

痛ってぇ!

それじゃダメだよ!
左手 離さないで

そのまま右手を少しだけ戻して。
こ… こう?

右手は患者さんの腕に
つけといたほうが安定するから。

なるほど。

じゃあ シリンジ引いて。

はい!

あっ!

できた~!

できた…。
できた!

…って当たり前だから!

私もよく練習したな~。

いいねぇ 初々しくて。

今のアウトですか?

う~ん ギリギリ…

セーフです。

う~! よっしゃ~!

♬~