ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第6話 橋爪功、石坂浩二、風間俊介、清野菜名… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #6 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. マヤ
  2. マロ
  3. ロク
  4. 写真
  5. トイレ
  6. Birthday
  7. Happy
  8. ツイ
  9. 一同
  10. 景色
  11. 原風景
  12. to
  13. you
  14. ホッピー
  15. 失礼
  16. 昭和
  17. 伸子
  18. 新人
  19. 彼女
  20. アスファルト

f:id:dramalog:20190415190928p:plain

『やすらぎの刻~道 #6 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

やすらぎの刻~道 #6 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
元歌舞伎俳優の“ロク”こと水沼六郎(橋爪功)から、“原風景”への思いを聞いた菊村栄(石坂浩二)は、10年前ボツになったシナリオの舞台を元に、新しい物語を綴ってみようと考えはじめる。主人公は、山梨県の山間の村で生きる平凡な少年・根来公平(風間俊介)。彼は小さなころから運に見放された男で、「ツイテナイ」が口ぐせだった。ある日、養蚕農家である公平の家に同業者の娘・浅井しの(清野菜名)が引き取られてきた。
◇出演者
石坂浩二風吹ジュン浅丘ルリ子加賀まりこミッキー・カーチス上條恒彦橋爪功草刈民代名高達男草刈麻有
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
藤田明二
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 

 

(菊村 栄)〈その日は
朝から すがすがしく晴れ渡り

何があるのか お嬢とマヤが
楽しげに園内を飛び回っていた〉

〈10年前の苦い記憶と

2人の傷つきを
思い出していたところだったから

あっけらかんとした2人の笑顔に

私は
なんとなくホッとしていた〉

♬~

♬~

♬~

〈思いもかけず
そこにあったのは

結婚当初 旅公演で
地方を回っていた律子が

旅先から送ってきた
古い便りだった〉

♬~

(菊村律子の声)「今 佐賀」

「一寸 風邪ひいてます。
あなたは大丈夫?」

「ごはん ちゃんと食べてる?」

「放ったらかしで ごめんなさいね」

「舞台は順調に進んでます」

「今日は鹿児島です」

「昨日 桜島
小爆発を起こしたとのことで

市内のあちこちに
まだ灰が残ってます」

「昨日から朝倉」

「ひどい宿屋で
布団の中がノミだらけ」

「夜中にトシエさんと大騒ぎして

殺虫剤を
ペコペコ シューシューって」

「男子の部屋は もっとひどくて…」
(ノック)

(マヤ)おお 私!
はいはい はいはい はいはい…。

(お嬢)入るわよ。
ああ どうぞ。

何?

(お嬢)準備完了。
なんの?

やだ! 忘れたの?

マロの誕生パーティーよ。
ああ!

伸子さんに逃げられて
落ち込んでるからね

フフフフ…
元気になるもん 仕込んだのよ。

元気になるものって何?

時間まで秘密。

(マヤ)フッ フフフ…。

♬~(一同)
「Happy Birthday to you」

♬~「Happy Birthday to you」

♬~「Happy Birthday
Dear マロさん」

♬~「Happy Birthday to you」

ハハハッ! 嬉しいね。

さあ これを消すか。

いくよ。
(一同)はい。

あれ? 消えねえな。

(せき込み)
もう無理だよ。

(マヤ)駄目! 全部消す!
それだけ年を食ったんだから。

でも 大変だよ。
やって やって。

やるか…。 よし。

(マヤ)やった! よし!
おめでとう!

(風間ぬい子)
おめでとうございます!

それでは
皆さんからのプレゼントです。

(マロ)わあ すごいな おい!
でかいな。

これ 俺の棺桶じゃねえだろうな?

そうかもよ。

わあ~ すごい!

じゃあ マロ リボン解いて。

えっ これ 解くの?
そう!

(一同)わあ!

わあ びっくりした!
ハハハ…!

(一同)おお おお…。

(マヤ)まあ チューなんかして。

あららら…。
倒れるとこだった…。

(お嬢)あっ…。
(マヤ)えっ?

(お嬢)どうしたの?
マロ! マロ!

(お嬢)何…? 何してんの?

(お嬢)マロ!

何やってるんですか!

(みどり)いけません!
(名倉)中止 中止! 刺激 強すぎ。

(名倉)血圧計!
誰か 血圧計 取ってきて。

(ぬい子)はい。 一馬くん!
(宮下一馬)はい!

(白鳥洋介)マロが倒れたの
芝居じゃなかったの?

(ロク)本当だったらしいですよ。

(ホッピー)血圧 いくつまで?

260だったかな?

マジ?
うん。

匂いがね いけなかった
らしいんですよ 彼女の匂いが。

匂い?
お嬢もマヤも 凝りすぎちゃって

伸子さん愛用の
シャネルの5番をね

彼女に たっぷり
振りかけたらしいんですよ。

マリリン・モンローの
つけてたやつだ。

ハハッ そりゃきついよ。
ハハ…。

伸子さんの匂いをねえ…。

(ホッピー)それで
そのあと どうなったんです?

マロは医務室行き

お嬢とマヤは 理事長のとこで
たっぷり絞られてる。

♬~

ツイてませんよねえ 全くの話が。

誰が?
(ロク)誰がって みんなですよ。

マロも お嬢も マヤも
それに

雇われてきた あの網タイツの
バイトのお嬢さんもね。

やすらぎの郷の新人について
少し説明しよう〉

カサブランカバーテンダー

ハッピーに代わって
新人が入った〉

〈我々は
彼女をホッピーと呼んでいる〉

〈そして
ロクさんこと水沼六郎氏〉

〈新人といっても ここに入居して
もう1年半になる〉

〈106号室に入居している〉

〈歌舞伎の名門 面長屋の嫡男〉

〈テレビで売れすぎて本業を怠り

女性問題で
お家騒動にまで発展して

ついに歌舞伎界を追放された〉

〈「ツイてない」というのが
口癖である〉

〈この顔で 女形としては
なぜか 絶世の美女に変身し

根強い女性ファンを
つかんでいるのだが

実人生では 事実ツイてない〉

〈歌舞伎界追放で
夫人にも見放され

離婚訴訟で全面完敗〉

〈子供たちからも縁を切られて
多額の慰謝料で家屋敷も失った〉

〈さらに その後も

信じられないほどツイてない事が
この人には起こり

「ツカズのロクさん」という
異名すらある〉

〈今は 前立腺の肥大による
絶え間ない頻尿に襲われ

常に
紙オムツをつけているらしい〉

ああ… 寄っていきませんか?

あっ… じゃあ ちょっとだけ。
ああ。

どうぞ。

ああ… 全く変わってませんね。

えっ? ああ…。

誰が住んでたんです?
えっと…。

あっ… ちょっと失礼。

(ドアの開閉音)

〈ここには 確か 脇役で売った
なんとかという役者がいたが

その頃と
室内は全く変わっていなかった〉

〈変わっていたのは

膨大な量のサプリメント
棚の一角を占めている事だった〉

(トイレの流水音)

(ドアの開閉音)

あっ 失礼…。

(ため息)

まったく 嫌になりますよ。

尿意 催して
すぐ トイレに走るんですけどね

チョロチョロッとしか
出てくれないんだ。

そのくせ しまうとね
もう出たくなるんですよ。

あっ…。

ハハッ…
ここに来る泌尿科が嫌な人でね

私に変な歌を教えるんですよ。

♬~「出た出た 残尿が」

♬~「チョロッと チョロッと
チョロチョロと」

♬~「しまった途端に残尿感」

…って。

(笑い声)

あっ… なんか飲みます?

ああ… いやいや いいです。

じゃあ お茶にしましょうか。

すみません。

あなた そっちは?

前立腺の…。

いや 幸いに…。
はあ…。

今にね 必ず悪くなりますから。

男は 全くツイてない。

(ため息)

私ね ここのおトイレ
なんとなく気に入ってます。

はあ…。

私 あの…
女形 50年やってたでしょう。

だから いまだに あの

男用のアサガオってのは
苦手でね。

はあ~…。

女性用の あのおトイレに
腰をゆったりと下ろして

哲学していると
それが一番 こう 安定します。

その点
ここのおトイレは 実にいい。

あっ…
私 今 一日 大半の時間をね

あのお部屋で瞑想してます。

あっ…
ちょっと ご覧になりませんか?

私が撮った写真をね
飾ってあるんですよ。

へえ~…。
ええ。

気に入ってるんです 私。

ちょっと見てくださいよ。

そうですか? じゃあ 失礼して…。
どうぞ どうぞ。

(ロク)わかりますか?

3枚とも 同じ道の写真です。

昔 戦時中 疎開してた頃

毎日 通ってた田舎の道でしてね。

扉に飾ってあるのは
昭和19年頃。

初めてカメラもらった時 撮った
古い写真です。

私の いわば原風景です。

(ロク)左が
昭和の35~36年の撮影かな。

道路に
砂利が敷かれてるでしょう。

周りの景色も
だいぶ変わってる。

でも 遠くに見えてる山並みは
同じです。

同じアングルで
私が撮りました。

それで 右側の壁にある写真。

昭和60年頃の写真です。

これも 私が
同じアングルで撮りました。

同じ景色だけど
随分 変わっちまってるでしょ。

道路は
アスファルトで舗装されて

きれいに整備されてるんだけど

昔の趣が全く消えてる。

実は 去年の秋 同じ場所に
私 1人で行ってみたんですがね

甚だ ショックを受けました。

その道の奥にあった
私のいた村が

限界集落になってましてね

今は もう ほとんど
人が住んでないんですよ。

せっかく舗装された
アスファルト

ひび割れちゃって
ペンペン草が生えてるんですよ。

写真撮る気にもなりませんよ。

あっ どうぞ。
お茶入りましたよ。

♬~

(ロク)どうぞ。

はい。

♬~

(ロク)悲しいでしょ なんか。

扉に飾ってある写真は
私の いわば原風景なんです。

いつまで見てても見飽きません。

ちょっとの間
残尿感も忘れています。

ハハハ…。

それでね…。

結局 私 考えるんですがね

原風景って
なぜ ひかれるんだろうって。

うん…
それでね 私 思うんですけど

原風景ってのは
最後に自分の帰っていく…

帰り着きたい最終の景色だ
という事じゃないんですかね。

ですから まあ 人生 なんやかんや
いろんな事があっても

結局 我々は あの景色の中に

最後は歩いていくって事じゃ
ないんですかね。

♬~

お誕生日ってさ
いくつまで祝うの?

(ロク)たかが お誕生日…
私の人生 狂っちまった。

〈ロクさんの言った ひと言が
私の心に残った〉