ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

大全力失踪 第2話 原田泰造、柿澤勇人、相島一之、久本雅美、緒川たまき… ドラマの原作・キャストなど…

『ドラマ 大全力失踪(2)』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 哲男
  2. 陸奥
  3. 雅也君
  4. 漁師
  5. 失踪
  6. 拍手
  7. シンガポール
  8. ママ
  9. 本当
  10. 役員
  11. 歓声
  12. 頑張
  13. 足音
  14. 一緒
  15. 君津君
  16. 自分
  17. ダメ
  18. フフフ
  19. 磯山
  20. 仕事

 

f:id:dramalog:20190414225830p:plain

『ドラマ 大全力失踪(2)』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

ドラマ 大全力失踪(2)[字]

暴力団幹部の殺人犯と間違われて逃げる磯山(原田泰造)は、岩手の港町で漁師になるため、陸前家親子(相島一之柿澤勇人)やパブのママ(久本雅美)に世話になるが…

詳細情報
番組内容
暴力団幹部の殺人犯と間違われて逃げる磯山(原田泰造)は、陸前の港町にたどり着く。漁師不足で首都圏へ求人募集をしていたため、磯山は求職者と勘違いされるが、寮に泊まれることから漁師になる。新人たちの面倒を見る若手リーダーの陸前哲男(柿澤勇人)は、母を亡くし父・康男(相島一之)と男所帯。パブのママ(久本雅美)が世話を焼いていたが、磯山のことを気に入る。そんな中、いつもは平穏な港町に一大事件が勃発し…
出演者
【出演】原田泰造緒川たまき優希美青手塚とおる山田裕貴石丸謙二郎,Toshl,久本雅美柿澤勇人相島一之中村静香
原作・脚本
【作】嶋田うれ葉

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(磯山)<俺はもう
二度と失踪はしないと思っていたのに…>

(白金)
あんな甲斐性がないのが父親じゃ…。

こちらに どうぞ。

<7年前と同じ店で
あらぬ道へといざなわれ

暴力団組員を殺した男として
追われる身になり…>

はい…? ゆきに リプライくれたの
おじさんでしょ?

<再び 失踪の世界へと
足を踏み入れてしまった>

失踪した気になれば
何でもできるでしょ?

師匠 バイバイ!
バイバイ!

「この先の人生 死ぬまで
失踪と共にあると心得よ…」。

止まれ!

<果たして 俺は 家族のもとに
無事に帰れるのだろうか!?>

♬~

どんだけやったって終わんねえ。

魚は いっぺえいるのに
漁師の数が足らねえどはよ。

(哲男)心配すんなって! 夕方になりゃ

ドド~ンと 若え漁師見習が
全国から わんさか来る!

ほれ! これ見でみれ。
どれ?

「寮完備・経験不問!
賞罰不問! 性癖不問!!」!?

「新米漁師は ショーパブ『みちのく』にて
飲み代30% OFF!!」…。

俺らも 老人割引してけで!
(笑い声)

(康男)その前に 「ツケ払え」って
どやされっぞ! (笑い声)

(頼子)は~い お茶っこ入ったよ~。
お~い。

はい。 ほ~ら てっちゃん
うまぐいぐといいねぇ。

うまぐいぐさ。

ママ?
え?

今日は 一段と…。
きれいだべ? フフフフ。

これ 自分で作ったの。
私 昔 デザイナー志望だったんだ。

似だような深海魚いるべさ。
いるいる。 何てったっけ?

あんたたち 今すぐツケ払ってもらうよ!
(笑い声)

イエ~イ! ウォ~!
ゴーゴー ゴーゴーゴー…!

イエ~イ!

僕たち! ねえ この辺りにさ
旅館があったら教えてくれない?

100円。
え?

はあ~。 もう行こうぜ。

分かった 分かった!
よっしゃ!

100円あったか…?
よし!

ちょっ 待て待て 待て待て待て。
100円以上ある!

おい!
イエ~イ!
あっちの角を曲がって 右側にあるよ!

ありがとう!

去年 潰れたけどね~!
金 返せ!

あっちに 女のお化けがいるから
気ぃ付けな~!

お化け? ガキだな~ 本当に…。

(あくび)
誰も来ねえなんて おかしいなぁ。

新幹線 止まってるんでねえか?

そんなごだねぇ。
バス動いてねえのがも しれねえな。

私 ちょっと様子見てぐる!

哲男 もう諦めよう。
親父…。

こんなご時世に
漁師になりてえ若者なんざ いねえんだ。

まだ分がらねぇ!

(戸の開く音)
あの~…

ちょっとお伺いしたいことが
あるんですけど。

ほ~ら 来た!
記念すべき 第1号!

よぐ来でくれた~! アッハッハ!

いやいやいや…。
あの 俺 飲みに来たわけじゃなくて。

んなこと分かってる! フフフ。

ようこそ陸前釜田町へ!
はい 採用!

(拍手と歓声)
採用?

ごめんなさい。 あの 仕事を探してる
わけじゃなくて 僕 泊まる所探してて。

うちは 寮完備だ。 部屋もピッカピカだ!
そうなんですか!?

ハハッ! おう。 古い缶詰工場の寮を
息子の哲男が漁協に頼み込んで

改築してもらったんだ。 偉えべ?
はぁ…。

あんた 陸奥さんね?
はい 陸奥です。

私 「みちのく」のママ 頼子です。

ここら辺のことだったら
私さ 何でも聞いて。 どうも…。

(戸の開く音)
失礼します。

おお~! おお~!
すいません 遅くなりました!

ほいほい 入れ入れ。
こっち こっち。

子どもに道聞いたら 迷っちゃって…。
面接 受け付けてもらえますか?

もちろんだ! みんな よぐ来てくれた。
全員 採用!

(笑い声)
ちゃんと面接しねで いいのが!?

ん? うん! わざわざ こんな遠ぐまで
来たんだ。 追い返すことなんかできねぇ!

なあ 哲男! うん!
(笑い声)

漁師なんて 俺にできるかな…。

できんのかなぁ…。

♬~

おはようございます!
おお おはよう!

おはよう。 ゆうべは よく眠れたが?
はい おかげさまで。

君津君 サマになってるねぇ。
アハハハ。 昔 ちょっとやってたんで。

ああ そう。
ハハハ。

お~い 遅えぞ!
魚に「待った」は通用しねぞ!

ほれ! 走ってこい! 走って!

♬~

♬「北の漁場はヨ
男の死に場所サ」

(笑い声)

うんめえ。
これ いくらでも食えますね!

うん! 自分で獲った魚は
格別ですよね!

うん! おお おめえ
なかなか いい腕してだった。

ありがとうございます!
やっぱ 経験者は違うね。

俺は ここで漁師として
やり直すって決めたんです。

ほんに。 陸奥さんも 筋がいい。
力仕事は得意だべ?

かみさんと娘のパン屋で
俺 ず~っと 生地こねてましたから。

へえ~。
そうか そうか。

かみさんと娘が 東京さいだのが!
ええ…。

まあ いずれは家族のもとに
戻るつもりなんですけど。

だったら こっちに
呼び寄せちゃえばいいじゃないですか。

(一同)おお~。
それもありかも…。

(小声で)どうせ 東京には帰れないし。

かみさん 美人なんだべ?
こっちで子ども作れ! ハハハ!

無理ですよ! かみさん いい年ですから!
いいでねですか 熟女!

(笑い声)
あ~あ 俺も誰か いい人 いねえがな?

哲男も さっさと
ナミエと一緒になりゃいいのによ。

ありゃ おめえに気があるべ!
俺は… 結婚なんか興味ねえって。

また そっだなこと! 俺は
タラより 孫抱きてえんだ! (笑い声)

じゃあ また明日 港で!

陸奥さん。
はい?

この港さ来てくれて
本当にありがとうな。

決して悪いようにはしねえがら。
いや こちらこそ ありがとうございます。

おやすみなさい。
おやすみ。

(いびき)

♬~

(ななみ)だから お父さん
小学生の女の子 誘拐したんじゃなくて

助けただけだったの。
(雅也)じゃあ 何で まだ帰ってこないの?

(聖子)私たちに合わせる顔がないと
思ってるんじゃないかしら。

あの人 気ぃ小さいのよ。
そう 気が小さいの!

(高峰)こんばんは!
また勝手に入って!

だって 開いてたから。
こんな時に…。

おっ うわさのボンボン彼氏か?
どうも 高峰です。

どうも…。 えっ えっ 誰?

友人です。 磯山の…。

その磯山だけどな
しばらく帰ってこないぜ。 また失踪だ。

また?

失踪!? どういうことですか?

知らなかった? ななみのパパは
7年間 失踪したあげく

死亡認定された直後に
家族のもとに帰ってきてしまった。

史上最強のヘタレなんだよ。 ハッ。

え… 7年間?
何で言ってくれなかったんだよ。

まあ そういうことだよ。

今日は 失礼します。
ああ そう。

お邪魔しました。
それじゃ またな。 はい。

何のお構いもしませんで…。
いえ…。

親父のせいで振られるなんて
最悪だな。

どうしてくれんの!
ん?

これでダメになるようだったら
それまでの相手だったってことよ。

そうだよ。 どいつもこいつも 人の人生
邪魔して… 大嫌い!

うっ!
うわっ。

うん… 金なら問題ねえよ。 任しとけって。

雅也君!
じゃあね。

ななみ。
お願い ちゃんと話させて!

私 雅也君に嫌われたくなくて…
それで お父さんのこと黙ってただけなの。

いや その気持ち 分かるよ…。
えっ?

実は 俺のおふくろもさ 俺が小学校の時に
家を出て それっきりなんだ…。

まっ 裏で
親父とは離婚してたらしいけど…。

そうだったんだ…。
だから ななみのお父さんのことで

ななみのこと 嫌いになったりしないよ。
雅也君…。

それより 俺も
ななみに大事な話があるんだ。

何?

ななみ。
俺と一緒にシンガポールに行かないか?

シンガポール

夏に シンガポール
不動産の投資会社を設立するんだ。

3億円 投資すれば
30億の仕事になる。

30億!?
ななみが そばにいてくれれば

俺 頑張れる気がするんだ。
雅也君…。

ななみにも
役員として 名前を連ねてほしい。

雅也君の会社の役員に!?
嫌かな?

ううん! 全然!
じゃあ…。

(ななみ)雅也君が行く所なら
シンガポールでも どこでも行く!

何だよ! 俺 いたの そこだよ!

ここだよ! 声かけてくれたらさ
ななみ 紹介したのにさ。

いやいや いやいや
邪魔しちゃ悪いなと思ってさ。

いやいやいや…。
でも よかったよ。

彼女が快く承諾してくれて。

ああ。 小暮 これから事業の方
よろしくな。

こちらこそ。 頼りにしてるよ。

(雅也)頑張る! 頑張る!

おいっ!

やめちゃうの?

ええ~。 うそ…。

結局 僕たちだけになっちゃいましたね。
うん…。

しかたねえべ!
無理やり引き止めだって無駄だ。

全然 動じないなんて。
さすがだなぁ 哲男さん。

覚悟のねえ漁師なんか 必要ねえ。
サブちゃんも歌ってらんべぇ。

♬「怒濤が華となる」

♬「北の漁場はヨ」

おい! そりゃ 俺の十八番だべ!
俺のが うめえべや。

(笑い声)

♬「いのち温めて」

哲男さん 一生ついていぎます!
うん。

お~い こっちは 酒ねえぞ!
はい ただいま!

それは 絶対にダメ!
てっちゃんが そんなごとしたら

港が大変なことになる!
けんど 俺 もう限界なんだ…。

おどさんのことも
少しは考えてやらねば…!

陸奥さん! 酒っこ まだぁ?
ああ はい。

ちょっと あんた!
はい?

今夜は帰さねよ。 フフ。
陸奥さん 気ぃ付けでな。

漁師の間じゃ ママは
すっぽんって呼ばれでらんだよ。

すっぽん…!?

シンガポール!?
じゃあ お店は どうするの?

辞めさせて頂きます。

そんな身勝手な!
誰のために作ったお店だと思ってるの。

あ~ もう そういうのウザ!
もともとは自分が好きで始めたんでしょ。

ななみが シンガポール
本当にやりたいことがあるならいいわよ。

だけど 金魚のフンみたいに
雅也君についていったって…。

私 役員だから。 雅也君の会社の。
役員!?

そう。 ちゃんとサインもしてきた。

私 お父さんやお母さんみたいに
冴えない人生 送りたくないから。

じゃ 行ってきます。

(テレビ)「シートに包まれた
50代男性の水死体が見つかり

警察は 殺人事件として
捜査を始めました。

遺体は 東京都港区の
指定暴力団 松口組幹部

仙川一郎 55歳と確認されました」。

[ 回想 ] 上物やないか。

(テレビ)「鈍器のようなもので
殴られた痕があり…」。

俺じゃないぞ…。

俺じゃない…。

お~ 陸奥さん どうした?
顔色 悪いべ。

ああ ただの二日酔いです…。

哲男! ハァ ハァ…。 大変だ!
どうした? 朝っぱらから。

いつもの浜さ潜ったら
ウニもアワビも な~んもいねえ!

ああ!? 密漁が!?
くっそ~…。

悔しい! よりによって 見回りのねえ日に
やられるどはな。

まさが 身内が
情報を流したんでねえべか?

何 言ってらんだ!
誰が そんなこと!

こいつ 今朝から様子がおかしいべ。
(康男)陸奥

俺の目 見ろ。 本当に違うって誓えるか!?

誓います!

いや その目は何か隠してる…。
俺には分がる!

絶対 俺じゃないですって!
んだば 真犯人 見つけろ!

そんだば 疑いが晴れる。
いや… いや そんなムチャな…。

殺人に密漁…
やってもないのに 何で俺ばっかり…。

♬~

(足音)

ちょっ…。

♬~

あれ?

♬~

あれ?

住む所も探さないとな~。
10LDKぐらいでいいかな?

10LDK…!

お待たせしました。


(雅也)ちょっと ごめんね。

はいはい はいはい… はいよ~
やっと つながったよ。

金はネットバンクから送ったから。

10LDKか~…。

よかったですね。

フフフ…。 ありがとうございます。

(はしゃぐ声)

じいちゃ~ん!
は~い! どうした~?

聞いて じいちゃん!
昨日も 女のお化けが出たった!

くっだらねえことばっか言って!

本当だってば! コツコツコツって
足音してだっけ!

コツコツ!
分がったから 早ぐ学校さ行げ!

は~い。
行げ こら~。 ハハハッ。

ほれ! 学校 遅れるぞ!

女のお化けって 本当にいるんすかね?

陸奥さんまで 何 言いだして。
いるわげねえべさ!

(足音)

うわ~ 出た~!
何だ? 人を化け物みでえに!

あっ ママ。 ゆんべ 散歩でもしだか?

アハハッ。 ああ… してたけど 何さ?

スッピンだったから
誰も気付かねがったが!? アハハ!

おい! 一件落着だ!
仕事すんぞ 仕事!

何か違うな…。

♬~

おい!

君津君!?

あっ どうも。
これはこれは。 こんちは。

おい! 何で逃げんの?
あの船 何!?

頼む! 頼む! 見逃してくれよ! なっ!
ちょっと!

(ナミエ)どうした!?

君津君!?

♬~

密漁船だ!
うう~っ!

うわっ!

うう~!
うわ~ いててて…! 痛い 痛い 痛い!

哲男さ 連絡!
放せ! いって いって… 痛い!

(サイレン)

まさが あの若えのが
犯人だったとはな…。

陸奥さん 疑って悪かった。
いえ… 俺は 別にいいんですけど…。

なして あいつが…。
あんなに頑張ってたのに 信じられね。

君津君の話だと
漁師のお父さんが亡くなって

借金だけが残ったらしくて…。

だから よそもんを
港さ入れんのは嫌だったんだ。

哲男のバカが すぐ信用しやがって。

すまね… みんな…。 すまね…。

君津君が 手ほどぎしてた松口組は
よそで60トンものナマコを盗んだらしい!

松口組!?
県の方でも監視船を
回してくれることになったし

結果オーライだべ!
前向ぎに考えよう ねっ 哲男。

んだ! 哲男のせいでね。

いんや 俺のせいだ…。
漁協さ 説明に行ってぐる。

松口組…!?

松口組って…。

犯人の首に懸賞金…。 警察より早く
見つけないとな。 で 金額は?

5, 000万。 悪くないね。

(通知音)

ん? 「岩手県陸前で密漁」…?

ああ?

その話 乗った。 懸賞金は頂きだ。

フフッ。

♬~

(ため息)

♬~

♬~(歌声)

哲男さん ねっ。
パ~ッと飲んで歌いましょうよ。 ねっ。

俺は いい…。 楽しんでってけろ。

いや えっ 哲男さん…。 哲男さん!

あ~ 今は そ~っとしといてやってけれ。

てっちゃん ああ見えて
人一倍 傷つきやすいんだ…。

あんたも すねに傷の一つや二つ
あるんだべ? ん?

アハハッ いい いい。 てっちゃんのこと
どうか支えてやってけろ。

ずっと この港さいてけろ。

私が あんたを支えてやるがら。

フフフ。

ねえ~。 ヘヘヘ…。

(足音)

(足音)

痛え…。 いてて…。

飲み過ぎた。

うん う~ん う~ん…。

うわっ! 何で?

フフフ あんた いがったよ~。
こったの久しぶり~。

あの… ちょっと 水買ってきますね。
ん~? う~ん。

ワン モアか~?
え~ ワン モア。 エッヘヘヘヘ。

はあ~。 ああ~。

あ~ 落ち着け。
絶対 そんなことない。

思い出せ 思い出せ…。

(足音)

♬~

あの~…。

ちょっと!

♬~

大丈夫ですか?

大丈夫ですか?

うわ~っ!

哲男さん!?

見だな…。

やっぱし 若えもんに任して
ばかりいねえで 俺らも何かするべ!

だから 自警団 作るべや!

そうだな!
んだな。

青年団で作った法被があったべさ!
おう!

やっさん 蔵さ残っでねえか?

あるある! ぺっこ待ってれ!
(2人)うん。

何だや?

うあ~っ! うわっ!

興味を持ったのは 小学生の時だった…。

死んだおふくろの服や化粧道具を
どうしても捨てれねくて…。

時々 見でだら 着でみだぐなって。

寂しかったんですね…。

男らしくしねばって
必死に気持ち抑えてだったげど…。

漁師になって ストレスたまると
蔵で こっそり女装するようになって…。

夜中に歩いでだら ママに見つかって

あいづだけは知ってで
黙ってくれでだった…。

そうだったんですか…。

どうせ 気持ち悪いって思ってるんだべ?

いえ そんな…。

んだば 分がってくれるか!

人に理解されないのは
俺も おんなじですから…。

うれしいな~。

これで仲間だな。
はい。

(笑い声)

♬~(磯山と哲男の歌声)

親父! 何してらんだ! やめれ!

(殴る音)
哲男~!

てめえ この~! 恥っさらしが!

出てけ! この港 出ていけ!
やめて… おやっさん もうやめて。

おめえ おめえ…!
(殴る音)

陸奥さんに手ぇ出すな!
放せ! あ~っ…。

哲男!

(荒い息づかい)

うああ~!

うわ~!
やめろ~!

やめろ!

変態が~! 裏切りやがって!

おらあ 期待してたんだ…
つれえごどがあったら

俺に話せばいがっただろ! それを…!

陸奥さん! ハッ。 やっさん!

ああ~。 ついにバレだが…。

あ~ 私が悪いの…。 てっちゃん
私にだげ正直に話してくれだのに

「店のショーに出たい」って言っても

「それは絶対ダメ」って
言い続けてきたから…。

ママは 哲男さんの理解者だったんじゃ
ないんですか?

てっちゃんは この港の頼みの綱だ。

女装癖があるなんて知られたら…
ほがの港にバガにされて

この港は バラバラになる…。

確がに この港は
もう おしまいがもしれねえ…。

まさが 哲男が男色だったとは…。
それは違う!

はあ? おらには分がらねえ。

ママ。
ん?

もういい! 俺が この港を出ていぐ。

それでいいんだべ。

出てけ! 出てけ!

二度と ツラ見せるな!

ダメだよ 哲男さん!

行ったらダメだよ。
ちょっと待ってよ。

ねえ おかしいでしょ。 ちょっと。

こうしてさ こうしてさ こうしてさ…。

ねえ 趣味が女装だったら
何だっていうんですか! ええ?

こうやったらさ 海の魚
いなくなるんですか?

何も変わんないでしょ!

哲男さんが 最高の漁師だってことも
この港を守りたいって思ってることも…

何も変わらないでしょうが!

こっちだって 一生懸命やってんだよ!

それを何だよ!
勝手に期待して 誤解したりして…

冗談じゃねえぞ そんなの!

♬~

やっさん!
やっさん! やっさん!

てっちゃん ショ-やるべ! うん。
おめさんの一世一代のステージ

私が用意したげる! なっ。
いんや 今更 もう…。

哲男さん やりましょうよ!

こうなったら もう みんなに堂々と
見せびらかしてやらないと!

哲男さん 案外似合ってるし。
ハハッ 陸奥さんも協力してくれる?

もちろん! やりましょう!
うん! ねえ 哲男さん。

やるべし! なっ?

楽しみだ~。 私も~。
楽しみ~。

哲男のやつ
踊りっこが好ぎだったんだなあ。

ああ 全ぐ知らねがった。

やっさん 来ねえな? 半額なのになあ。
なあ。

ヘヘヘ。 いい! 似合ってる! あ~ もう
徹夜して作ったかいがあったわ~。

けんど 俺が出だら
みんな 店から出でいってしまうんじゃ…。

ステージさ出るんだったら
覚悟決めねば!

なあ。 人がいようが いなかろうが
最後まで本当の自分 出し切るんだべ!

陸奥さん ありがとう。 あんたのおかげだ。
いや… 俺は何も…。

けど 俺まで この格好っていうのは…。

協力するって言ったべさ!
いや そういう意味で言ったんじゃ…。

はい 2人ども 頑張れ!

哲男!

てっちゃん。

てっちゃん!

(拍手)

♬~ (手拍子と歓声)

♬~

≪(店内の音楽)

♬~

みんな 聞いてけろ!

俺は… 俺…。

頑張れ 哲男さん!
いけ! いけ!

俺は… こういう格好すんのが好ぎだ!

女装が好ぎだ。
だからって 一生漁師はやめねえ!

いづが 好ぎな女と結婚もしてえし
子どもも欲しい。

この港で みんなと一緒に
ず~っと生ぎていきてえ!

だから みんな…
これがらも よろしぐお願えします!

(拍手)

哲男!

哲男!

私が あんたの嫁っこさなってあげる!
おお~!

2人で めんこい格好して
港を 堂々と歩くべさ!

ナミエ…。

(拍手)

いがった… いがったよ~。

(拍手)

確かに… 魚が逃げるわげでねえか。

♬~

ごめんなさい。 すいません…。

(笑い声)
(男性)やめるな~! いけ~!

高峰! 聖子!

脱~げ! 脱~げ!

(一同)脱~げ! 脱~げ!
脱~げ! 脱~げ!

フゥ~!
(拍手と歓声)

(歓声)

(一同)脱~げ! 脱~げ!
脱~げ! 脱~げ!

(拍手と歓声)

脱~げ! 脱~げ! 脱~げ! 脱~げ!
脱~げ! 脱~げ! 脱~げ! 脱~げ!

(拍手と歓声)

(笑い声)

♬~

うそでしょ…。
あいつ 最高だぜ…。

お待たせ。

あなた 追われてる割には
随分 楽しそうね。

いやいや
あの… いろいろ事情があってさ。

まあ いいわ。
それより ななみが大変なの。

何?

雅也君と一緒に
シンガポールに行くとか言って。

彼が会社を作って
ななみが役員になったんだって。

役員。 すごいじゃん!
どこがよ!

右も左も分からないような子を
巻き込むなんて おかしいでしょ!

雅也君 ちょっと信用できないわ。

え~? え~ そうかなあ…。

前から思ってたんだけど…

あなた 結局…
失踪が好きなんじゃないの!?

えっ 何 言ってんだよ! 俺は…。

(戸の開く音)

えっ?
よう。 何で!?

仙川の死体があがって
組織は犯人捜しに躍起になってる。

お前の首には なんと
5, 000万の懸賞金が懸けられてんだ。

5, 000万!? ちょっ お前… だから
犯人は俺じゃないって 言ってんだろ!

どうしよう…。
早く行って!

♬~

裏切り者!
ハハハ…!

♬~

待て こら!

♬~

待て こら! 待て こら~!

生きた姿 見んのも
これが最後かもな。

じゃ 俺も行くわ。

ちょっと…。


ななみ?
お母さん どうしよう!

雅也君が
「友達に3億円だまし取られた」って。

私も 「役員として責任があるかも」って。

雅也君は? 今 一緒なの?
それが 全然連絡つかなくて…。

小暮 ふざけんな!

不動産投資するって話だったろ!?

3億だぞ! 今すぐ返せ!

パパが なんとかしてくれるだろ?

なあ! 白金 まま… 雅也君!

待て こら~!
待て~!

こら~!

<俺は
好きで失踪しているわけじゃない。

これは 決して自分の意思じゃない!>

待て こら~!
待て こら~!

<俺は どうして…
いつも こうなってしまうのだろう>