ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第4話 石坂浩二、浅丘ルリ子、加賀まりこ、風吹ジュン… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #4 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 財前
  2. 企画
  3. 本当
  4. ホン
  5. 三井
  6. 若者
  7. マネジャー
  8. 印刷
  9. 最初
  10. 進行
  11. 中国
  12. 電話
  13. テレビ
  14. ボツ
  15. マヤ
  16. ロケハン
  17. 意見
  18. 改訂稿
  19. 視聴率
  20. 水谷マヤ

f:id:dramalog:20190411184516p:plain

『やすらぎの刻~道 #4 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

やすらぎの刻~道 #4 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
“姫”こと九条摂子(八千草薫)が世を去ってから、2年余り。相変わらず『やすらぎの郷 La Strada』に暮らす脚本家・菊村栄(石坂浩二)は、古い資料の中に1冊のシナリオを発見する。その脚本は10年ほど前、大型ドラマスペシャルとして撮影寸前まで進みながら制作中止になったもので、白川冴子(浅丘ルリ子)と水谷マヤ(加賀まりこ)も出演予定だった。しかし、突然プロデューサーの財前(柳葉敏郎)と連絡がつかなくなり…!?
◇出演者
石坂浩二浅丘ルリ子加賀まりこ風吹ジュン、飯田基祐
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
藤田明二
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(拍手)

(菊村 栄)
〈10年前の嫌な記憶の事を

古い台本から
今 思い出している〉

満蒙開拓団に参加して
敗戦の渦に巻き込まれ

命からがら日本に帰り着いた
姉妹の話を 私は書いていた〉

〈白川冴子と水谷マヤが
主役を演じる事に話が決まり

第一稿も出来上がって

翌週 私はロケハンのために

中国に出かける予定に
なっていた〉

(電話)

(菊村律子)
栄ちゃん! 栄ちゃん!

〈深夜 マヤから
電話がかかってきたのは

そんな興奮のさなかの事だった〉

〈明日の朝一番に
どうしても会いたいと

切迫した口調で
マヤは言ってきた〉

〈何かわからないが

不吉な予感が
私の眠気を一挙に吹き飛ばした〉

♬~

〈その翌朝の8時半

昔から なじみの 青山の喫茶店
マヤと会うために私は出向いた〉

おはよう。

〈驚いた事に お嬢も一緒だった〉

一体 何がどうしたって
いうんだい?

あんな時間に電話かけてきて。

いらっしゃいませ。
あっ 僕もコーヒーで。

はい。 かしこまりました。

こんな朝早く

お嬢まで起きてるとは
ただならぬ雰囲気ですな。

なんの話だよ。

栄ちゃん。
ああ?

あなた 私たちに
何か隠してる?

隠してる?

何を?

なんの話?

あんたさ 今頃 中国にロケハン
行ってるはずじゃなかったの?

そうなんだ。

実は もう
出発してるはずなんだよ。

10日ほど前 財前から言われてね。

ところが
そのあと 連絡がなくてさ

こっちもイライラして
待ってるとこなんだ。

フフフ…
それが どうしたの?

どうしたんだよ?

ふーん…。

本当に この人
なんにも知らないみたいね。

うん みたいね。

なんの話だよ。

私たちの企画
ボツになったのよ。

何 言ってんだ。

そんな事 全く聞いてないぜ。

だって
財前とは先週も話したし

初稿は 現実に印刷されてるし

それに 俺は 改訂稿を進めて
局に渡したし

もうじき決定稿も上がるんだよ。

先週 山梨へ
一人で取材にも行ってきたしね。

改訂稿って 印刷されたの?

あんた 印刷された改訂稿
受け取ったの?

いや 印刷されたものは
見てないけど…。

フンッ!

あなた 湾岸テレビに
だまされてるのよ。

あの局
あの企画 進める気ないのよ。

企画内容が… っていうか
悪いけど 栄ちゃん

あなたの脚本が暗すぎるからって
ボツになったのよ。

そんな話 俺は聞いてないぜ。

あんたに悪くて
言えないのよ。

財前が?

多分。

そんな馬鹿な…。

だって
放送日は そう遠くないんだし

今さら 急にやめたって

終戦記念日
待ってくれないんだ。

別の企画が進行してるみたいよ。

別の企画!?
うん。

だーいぶ前から
別のプロジェクトが

私たちに内緒で進んでたみたいよ。

一体 誰からの情報だ?

マネジャーよ。
マネジャー?

うちのマネジャーが
小耳に挟んできたのよ。

終戦記念日の特番で

何人もの俳優が
押さえられてるって。

誰?

それは知らない。

〈動転するような話だった〉

〈私のホンがボツになっていた〉

〈あれほど みんながのって
褒めてくれて

のせられて
私も のめりこんでいたのに…〉

本当だったら
これ 失礼極まりない話よね。

うん うん。

あんたのホン 私 大好きだったし。

大体 私 あの役やるために
大河ドラマ キャンセルしたのよ。

ん~ もう!

財前に
早く 確認取ってちょうだい。

うん。

〈もちろん その事が第一だった〉

(電話をかける音)

(呼び出し音)

あっ 朝から すいません。
菊村ですが 財前ちゃんは?

はあ?

いつから?

あっ えっ… あ…
わかりました。

どうしたの?

話が さっぱりわからない。

えっ 何が?

財前 今 ロケハンで

椎名と一緒に中国だそうだ。

♬~

(ため息)

湾岸テレビに
あなた だまされたのよ。

最初から向こうは
二股かけてたのね。

ねえ きっと
財前さん 申し訳なくて

あなたに直接
言い出せなかったんじゃないの?

♬~

ひどい話ですね。

少々お待ちください。

♬~

(三井)驚きましたな。

(坂上)財前は先生に なんの話も
してなかったんですか?

聞いてません。

(坂上のため息)

(三井)それは
明らかに こちらの大ミスです。

そんな失礼な話はない。

弁解のしようがない。
謝ります。

私から
きちんとお話しすべきだった。

これは私の責任です。

実に なんとも申し訳ない。

財前は
ああ見えて 気の弱い奴です。

多分 先生に
言えなかったんでしょう。

三井局長 坂上部長

一つ お聞きしたい。

私の書いたホンを
あなたたちは 本当に

読んでくださったんでしょうか?
拝見しました。

最初から
気に入らなかったんですか?

とんでもありません。
内容が暗いと?

そういう意見はありました。

しかし それ以上に
あのホンを推す意見が

圧倒的だった事は
本当です。

素晴らしいホンだと
みんな ワクワクしたんです。

それじゃ
なぜ 一方で別の企画が

我々に内緒で進行してたんです?

そんな企画が
並行して進んでいる事を

我々が知っていたなら
話は別です。

でも おたくでは
それを伏せてきた。

椎名氏も財前くんも
そんな話が進行してる事は

私の前で
おくびにも出さなかった。

卑劣以外の何ものでも
ないじゃないですか!

伝わっているものと
思っていました。

そんな話は聞いてませんよ。

申し訳ありません。
本当に心から申し訳ありません。

(三井)
では 内情を少しお話しします。

そっちの話が浮上したのは
確か春だったと思います。

スポンサー筋から
その話が出ました。

山口淑子さんをご存じですね。

李香蘭ですか?
はい。

もちろん知ってます。

中国人 李香蘭として売り出した
山口淑子さんが

実は生粋の日本人であり

戦後中国では
故国を裏切った裏切り者として

死刑寸前までいったという話は…。

そんな話は知ってますよ!

一方の話というのは
その李香蘭ですか?

はい。

秋頃の話ですか?

秋頃 最初に企画が上がり
別のチームが進行してました。

財前のほうに それが渡ったのは
実を言うと ごくごく最近です。

財前は 先生の作品を
今さら捨てる事はできないと

最後まで強固に言い張りました。

それをなんとかと説得したのは
私です。

宝塚出身の西条さゆりを
代理店が強烈に押してたんです。

本当のところを申し上げます。

これは絶対に内密に願います。

白川冴子と水谷マヤでは
今や 若者の認知度が低くて

視聴率が期待できないと

代理店側が
最初から言ってたんです。

スポンサーも
それに傾いてきました。

あの… あの2人は

古いとおっしゃるんですか?

(三井)
残念ながら そういう事です。

白川さんと水谷さんは
我々世代には大スターです。

しかし 最近の調査では

若者たちの60パーセントが
2人を知らないと回答してます。

テレビの視聴率は
若者が占めてます。

(机をたたく音)
ちょっと待ってください!

それは あくまでも
ゴールデンタイムの話でしょ。

そうかもしれません。
しかも 若者は

今や テレビ離れ
次第に起こしてます。

そうかもしれません。
高年齢の視聴者層は

見るものがなくて
うんざりしてます。

そういう意見も
確かにあるでしょう。

しかし 少なくとも今の時点で
テレビを見るのは 若者層です。

スポンサーが
文句なく飛びついてくれるのは

視聴率を取ってくれる番組です。

西条さゆりさんは
今 若者たちの間で

好感度ナンバー1のタレントです。

コマーシャルにおける
露出度を見ても

他の人を大きく引き離しています。

彼女は確実に数字を稼ぎます。

そういう事情があったわけです。

つまり 白川冴子と水谷マヤは

テレビでは
もう古いという事ですね?

(三井)看板にするには…。
そういう事です。

その事を あなたたちの口から

直接 彼女たちに
言っておやりなさい!

そうでなければ 彼女たちは…。

納得しませんよ。

〈激しい怒りが突き上げていた〉

〈私自身が…

私の時代が 侮辱された気がした〉

この手紙 見せちゃ駄目よ。

あなたとは 今後 縁を切るわ。
長いお付き合いだったわね。

(マネジャー)菊村先生!
中国から届いたんだ。