ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

白衣の戦士! 第1話 中条あやみ、水川あさみ、小瀧望、安田顕、沢村一樹… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『白衣の戦士!#01』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 立花
  2. 細川
  3. 田中
  4. ハァ
  5. 仕事
  6. 七海
  7. 患者
  8. 看護師
  9. 三原
  10. 潤也
  11. ナース
  12. 頑張
  13. 先輩
  14. 大変
  15. 今日
  16. 大丈夫
  17. 病院
  18. お母さん
  19. お願い
  20. デート

f:id:dramalog:20190410230130p:plain

『白衣の戦士!#01』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

[新]白衣の戦士!#01[解][字][デ]

中条あやみ水川あさみW主演!型破りな元ヤンの新米ナースと婚活中の34歳がけっぷちナースが、仕事に恋に奮闘する、笑って泣けて元気になる、痛快“お仕事ドラマ”!

詳細情報
出演者
中条あやみ水川あさみ小瀧望(ジャニーズWEST)、安田顕沢村一樹片瀬那奈鈴木紗理奈小松彩夏、山﨑萌香、三宅亮輔
【ゲスト】富田靖子、鈴木仁、田中幸太朗富田望生
番組内容
はるか(中条あやみ)は「元ヤン」の新米ナース。やる気はあるが空回りしがちで指導係の先輩ナース・夏美(水川あさみ)から叱られてばかり。入院中の高校生・潤也(鈴木仁)の担当になったものの、問題行動ばかり起こす潤也と早速バチバチに…。一方「結婚退職」を目標に婚活中の夏美は、見合い相手から「結婚したら仕事は辞めて家庭に入ってほしい」と言われ、二つ返事で承諾してしまう。そんな中、潤也が病院からいなくなった!
監督・演出
【演出】菅原伸太郎
原作・脚本
【脚本】梅田みか
音楽
【主題歌】「アメノチハレ」ジャニーズWEST(ジャニーズ・エンタテイメント
【挿入歌】「片隅」三浦大知(SONIC GROOVE)
【音楽】菅野祐悟、眞鍋昭大
制作
【プロデューサー】加藤正俊、鈴木香織(AXON)
【制作協力】AXON
【製作著作】日本テレビ

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(立花はるか) <看護師 それは

病気やケガで苦しむ人たちを
支える仕事>

<優しく包み込むような微笑みで
患者さんに寄り添う>

<子供の頃
そんな白衣の天使に憧れていた>

<それから15年後

立花はるかは
看護師になった!>

<でも 現実は…>

通りま~す!

<ここは まるで戦場>

(先輩看護師)
あっ 立花さん こぼれてる!

ハッ 拭きます!

(先輩看護師) 不潔 膝 つかない!
はい!

すいません 通ります!

<憧れのナースキャップは
廃止され

白衣はカラフルになり
パンツスタイルが主流に>

こっちのほうが
かわいいと思うんだけどなぁ。

(三原夏美) 立花さ~ん!

病室から戻したワゴンが
濡れたまま。

清洗室のブラシが出しっ放し!

それから!
こういうのを運ぶ時は

安全第一!

はい!

<天使どころか 鬼みたいな…>

<あっ いえ…>

<厳し~い先輩に指導され>

失礼します
お体 体調どうですか?

あっ!

わっ!

すいません!

エヘヘ…。

<そして 看護師の仕事は

想像していた
100倍ぐらい大変で>

イメージと全然違~う!

あ~!

あ~あ~ あきれた
もう へばってるの?

今朝の挨拶で…。

立花はる
体力だけは自信あります!

な~んて言ってたくせに。

そのはずだったんですけど…。

何も病棟勤務初日から
こんなに こき使わなくても。

何か言った?

いえ 何でも。

(斎藤) 持って来ました
どこ置けばいいですか?

(貴子) それ そこ置いといて。
(斎藤) はい。

やっぱ いいわ~
男性看護師が1人いるだけで

力仕事 全部任せられて。

(雪乃)
斎藤君 体育会系だもんね~!

はい
中学から ずっとバスケ部でした。

(絵里奈) わぁ~ 頼りになりそう。

(貴子) 力仕事だけじゃないのよ
仕事覚えも早いし

包交車整備も あっちゅう間!
(真由) そうなの?

(真由) 男性 女性にかかわらず
仕事のできるナースは大歓迎よ。

主任 ありがとうございます。

(本城昭之) お疲れさま~。

あっ 立花さん 斎藤君
お疲れさま。

(2人) お疲れさまです!

どう? 実際に患者さんを
目の前にすると大変でしょ。

はい。
いいえ 全然!

まだまだ力が余っちゃって。

うお~!
ちょちょ…。

ウソつけ。
(貴子) そこ置いといてよ。

ねぇ 斎藤君。 はい。
うちの病棟に

男性看護師が来るの
3年ぶりなんだよ。

そうなんですか。
うん。

まぁ 男が増えたっていってもさ
ナース業界は

まだまだ女の園だから
期待してるよ。

頑張ります。
頑張って。

師長 師長。
え?

何?
何で 私が

新人の また指導係なんですか?
あんだけ嫌だって言ったのに。

そうだっけ?
いや でも何かさ

三原さんの顔が
パッて浮かんじゃったんだよね。

浮かばないでくださいよ
私 言いましたよね?

婚活中だって 相手が見つかり次第
仕事 辞めるんですから。

でも まだ見つかってないんでしょ
相手。

そ… そうですけど。

今はさ 人手不足だから
優秀な人材を育てるのが

俺たちの急務なんだよ
分かるでしょ?

とにかく辞める話はさ
指導係として

彼女を一人前に育ててから
っていうことで。

よろしく。
え~ 師長。

フン!

ハァ~。

誰か
入院患者さんのお迎え お願い。

はい! 行って来ます!
(真由) よろしく。

どこに
迎えに行けばいいんでしたっけ?

外科病棟は3階なので
エレベーターで行きますね。

(患者) はい。

ったく
やる気があるのは分かるけど

もうちょっと考えて動いてよね。

はい。

あぁ!
大丈夫ですか?

廊下は走っちゃダメだって
学校で教わったよね!?

はい。

それから 人にぶつかったら
ちゃんと謝る!

ごめんなさい。

ん?

ったく 近頃のガキは

お年寄りを敬う気持ちがないから
困っちゃいますよね 三原さん。

ガ… ガキ?

さぁ 行きましょう。

ん~?

細川さん 今日から一緒に
担当させていただく立花です。

よろしくお願いします!

(細川) 何だ 新人かよ。

はい 立花さん
点滴交換 習ったわよね?

はい! えっと まずは

患者さんのIDと指示書。

えっと 輸液のラベルに…。

さっさとやれよ。

あ~?

ちょ… ちょっと。

ちょっと。

ん~?

あのね 患者さんに
いちいちキレてたら

この仕事 やってらんないでしょ!

は~い。

えっと 「細川潤也さん

半年前に 胃潰瘍の穿孔で手術
今回は術後の癒着性…」。

癒着性腸閉塞。
「腸閉塞で入院」。

あ~ 昨日まで
絶飲食だったのか

だから
イライラしてるんですかね?

ううん あのコは ず~っと
ああいう反抗的な態度なの。

みんな 手焼いててね。

ったく しょうもないっすね。

ああいうイキってるヤツは
一回 シメとかないと。

シメる?

あのさ あなたね…。

(七海) あれ? はるか先輩?

七海 久しぶり 元気だった?

お久しぶりっす!
ハハハ!

お久しぶりっす?

(七海) はるか先輩
まじでナースになったんすね!

まぁね~!

ちょっと七海 あんた
まだケンカなんかしてんの?

ケンカ?
ケンカは もう卒業するって

約束したよね?

ケンカ?
(七海) やだな 先輩 違いますよ。

チャリでコケただけっすよ。

えっ? ホントに?

ハ~ ひょっとして…。

も… 元ヤン!?

アハハ ハハハ… アハハハ…。

フフフ…。

♬~


ちょっと~
さっきみたいなの

患者さんの前で
やらないでね。

やりませんよ~。
くぎ刺しとくからね。

はい しっかりと刺されました。

じゃあ 薬剤部から
輸液 取って来てもらえる?

はい!

薬剤部って どこでしたっけ?

ん~。

こんなに重いなんて聞いてないよ。

あ~ もうダメ ちょっと休憩。

あぁ~!

(柳楽) 看護師さんも大変だね。

はい…
初日から こき使われちゃって。

新人さんか。

じゃ あれだ あの…
うるさい先輩とかいるでしょ。

そうなんですよ!
おじさん 話 分かるな~!

あぁ 朝から もう怒られっ放しで。

(高木) 柳楽先生!
ここにいらしたんですか。

捜してたんですよ。
柳楽先生って?

おじさんが!?

立花はるかです。

よろしく頼むよ。

で どうした?
あぁ すいません。

302の鈴木さん
腹痛を訴えてます。

それを早く言えよ。

302の鈴木さん…。

私 担当だ。

(柳楽) ちょっと張って来てるかな
点滴しよう。 はい。

(鈴木) うぅ~。
ここか。

あと 胃管も入れよう。
はい 立花さん。

ストマックチューブ取って来て。
はい。

ストマックチューブって
何だっけ… ストマックチューブ。

ダッセ!

ん~!

立花さん!

何してるの 早く。
すいません。

ん~!

あぁ~!

やっと一日終わった。

いやぁ 結構
いろいろ やらかしちゃったな。

ハァ…。

よし また明日も頑張ろう!

(七海) はるか先輩!

お疲れさまで~す!

みんな~!

(七海) ≪就職
おめでとうございま~す!≫

(七海たち)
おめでとうございま~す!

(七海) あぁ~!
あぁ~ うんめぇ!

ありがとう!

っていうか みんな どうしたの
集まっちゃって。

(七海) いやぁ はるか先輩が
ナースになったっつったら

みんな お祝いしたいって。
んな祝うほどのことじゃ

ないって~!
(麗奈) でもでも

ナースって
大変なんじゃないっすか?

まぁね 指導係の先輩が
また厳しくってさ。

「立花さん 何やってんの!」って。

どんな職場にもいるんっすね
怖~いおつぼねって。

多分 いろいろ
たまってんじゃないかな。

ありゃ絶対 男いないね。

(くしゃみ)

やだ 風邪? 今 夏美さんに
休まれたら困っちゃいますよ。

ただでさえ シフト キツいのに。

大丈夫 大丈夫。

はい お疲れ~!
(2人) お疲れさまで~す。

(3人) ハァ~!

あぁ! ハァ…。

(絵里奈)
でも新人が2人入って来たから
ちょっとは楽になりますよね?

楽になるどころか
ストレス激増って感じだからね。

そうなんですか?
今日だって

洗面器をひっくり返すわ
ベッドメイキング は ぐちゃぐちゃだわ

包交車で私をひきそうになるわ!

(2人) うわ…。

その上 元ヤンだしねぇ…。

(くしゃみ)

誰か私の噂してる。

(七海) そういえば はるか先輩

彼氏できたんすか?

できるわけないじゃん。

看護学校なんて女ばっかで
出会いなんてなかったしさ~!

病院に いい男いないっすか?

いない いない!
おじさんばっかだもん!

(2人) ん?

今 呼びました?
いえ。

あっ もう1人 同期で
男のナースがいるんだけど。

何か 優等生ぶっちゃってさ!

ん~!

同じ日に入って来たんだから

ちょっとぐらいは
遠慮しろっつうの!

(斎藤) うわっ!

痛ぇ。

えぇ~。

あいつだけは ない!

あ~あ あの職場じゃ
彼氏なんてできそうにないな。

あ~あ
結婚する相手さえ見つかれば

さっさと仕事辞めるのになぁ。

それで貯金はたいて 結婚相談所に
入会したんですもんね?

そうよ
もう背に腹は代えられない。

婚活業界では34歳って
崖っぷちなんだから。

そうなの?
そうなの。

ん! そうそう。

こないだ紹介された人がね

超~~~タイプでさ。

よろしくお願いします

お願い… します

イケメンで優しくて商社マンで。

え~! いいじゃないですか~!

でもさ
お見合いから2週間たっても

連絡なし。

うわ それは絶望的だわ。

あぁ~ やっぱり?

(着信音)

はい。

(大塚) エンムスビーの大塚です。

あぁ はい 何か?

三原さん あなたが
すっごく気に入ってた里中さん。

デートOKのお返事が来たのよ!

えぇ~! ホントですか!?

(大塚) それで急なんだけど

明日の夜 お時間ある?

先方が ぜひお会いしたいって。

明日?

明日は…
日勤だから大丈夫 よし!

はい 行かせていただきます!

(大塚) は~い!

よっ!
よっ!

よし。

さぁ 帰るよ。

(2人) え?

明日に備えて 早く帰って
半身浴してパックしなきゃ。

あ~ 忙しい忙しい。

(七海)
でも ナースって めちゃめちゃ
モテるんじゃないっすか?

マジで?
(麗奈) そうっすよ ほら。

あっ モテる職業1位 看護師?

うお~ じゃあ これからか~!

この勝負
絶対 ものにしてやる~!

よっしゃ~!
よっしゃ~!

立花さん!?
三原さん!?

何やってんの こんなとこで。

あ… 何やってるって

後輩たちが
就職祝いしてくれてたんですよ。

ち~っす。

そうなんだ。

あれが はるか先輩をいじめた
おつぼね?

(麗奈) そうみたいっすね。

ちょっとあんた
後輩に何吹き込んでんのよ!

ヤッベ…。

ヘヘヘ…。

(アラーム)

おっと ととと…。

よし。

急げ 急げ。

何であんたが ここに?

何でって… ここ寮だから。

そうか
こいつも ここに住んでんのか。

今日は 負けないから。

え?

何だよ 負けないって。

♬~

田中さん 検査お疲れさまでした。

(佐和子) あら 桜かしら?

はい 桜 今満開なんですよ。

病院の中 殺風景だから
春が来たのも気付かなかった。

ちょっと
寄り道しちゃいましょうか。

ん?

(佐和子) わぁ キレイ。

キレイですね。

何だか 元気が出て来たみたい。

アハハ…。


(着信音)

はい。

立花さん 今 どこにいるの?

すいませんでした!

あのね 患者さんは
田中さんだけじゃないの。

道草 食ってる場合じゃ
ないでしょ!

はい…。

でも 田中さん喜んでましたよ。

そういう問題じゃないでしょ!

まぁ これからは気を付けてね。

あれ? 三原さん
今日 優しくないですか?

何かニコニコしてるし。
別に~。

さぁ 細川さんの検査出し
行って来てね。

はい。

そりゃ
ニコニコもしちゃいますよね~。

念願のデートですもんね。
フフフ…。

やめてよ 念願だなんて。

私が
ガツガツしてるみたいじゃない。

先方からの たっての希望で
デートするだけなんだから もう!

(真由:貴子) デート?
デート?

三原さん デートするの?
えっ 例の結婚相談所の紹介だ。

ちょっとごめんね…
そんないい男いたんだ。

そういうことじゃ…。

(ナースコール)

出ます。
あっ。

(貴子) ねぇねぇ…。

はい どうされました?

え?

あ~ それは大変。

すぐに向かいます。

逃げたわね。

逃げた。

三原さん
昨日とは別人みたいだったな。

何でだろ?

でも怒られなかったから
ま いっか。

細川さん 検査行きますよ。

あれ?

いない。

ったく 検査の時間だっつうのに
どこほっつき歩いてんのかな。

♬~

もしかして!

ちょっと待った~!

(細川) 何すんだよ 返せよ!
返さない。

ここは病院。

あんたらが遊ぶとこじゃ ない
帰んな!

潤也 早く抜け出して来いよ。
待ってんぞ。

ほら 検査行くよ。
うっせぇな!

ハァ…。

ホント バッカじゃない?

病院で反抗したって
自分が痛い思いするだけなのに。

何だよ…。

ナースが患者に
そういう口利いていいのかよ。

ダメに決まってるでしょ。

入院中に
しかも未成年がタバコなんて

何 考えてんのよ。

別に何しようと勝手だろ?
俺の体なんだから。

俺の体?
親にもらった大事な体でしょ!

親なんか関係ねえだろ。
関係なくない。

あのさ

俺は
とっくに親に見捨てられてんの。

そんなわけないじゃん。

何も知んねえくせに…。

細川さんのお母さん?

はい どんな人なのかなと
思って。

どんな人って…。

そういえば 全然見てないね。
そうですね。

入院手続きの時は
来てましたけど。

確かに
あれから 一度も来てないかな。

それって 冷たくないですか?

う~ん… お母さんだって
息子が あの態度じゃなぁ。

うっせぇな! ほっとけよ!

早く帰れって! 早く帰れよ…

病院に来たくなくなる気持ちも
分かるけどね。

でも…。
あのコ 中学の頃から

いろいろ問題起こしてて

そのたびに
学校に呼び出されてたんだって。

大変なのよ お母さんも。

細川さんのお母さんに
ひと言 言ってやんなきゃ。

ここだ。

あっ 師長~。

お疲れさまで~す。
お疲れさま。

ウフフ…!

ほっ ほっ ほっ ほっ…!

ありゃ デートだな。

デート?
どうして分かるんですか?

だって おしゃれな服着て
メイクもばっちり。

明らかに
浮かれてるじゃないですか。

確かに。

今日だったんだ…。

もしよろしかったら

お付き合いしましょうか?

行きましょうか。

もう帰った?

(店長)
ああ 早番は6時までだからさ。

あっ でも細川さん
うちが終わった後に

もう1つ パート入れたらしいよ。
えっ どういうことですか?

正直 もうお会いできないかと
思ってました。

(里中) えっ?

お見合いから なかなか
返事をもらえなかったんで。

(里中) あぁ すいません
あの後 しばらく

仕事で日本を離れていたので。

あっ そうだったんですか。
(里中) はい。

(里中) お見合いの時から
夏美さんのことは

とても気になっていたので…。

えっ?

あっ わ… 私もです!

なんて… あっ ちょっと大きい声
出しちゃって ごめんなさい。

(ボーイ) 失礼いたします
ご注文 どうなさいますか?

(里中:夏美) アイスティー下さい。

♬~

アハハ…。
フフフ…。

ウフフ…。
ハハ…。

これって 運命だったりして…。

よし!

どの人が
細川さんのお母さんなんだろ。

(店主) 細川さん!
≪はい!≫

(店主) 違うよ

生は3番テーブルじゃなくて
5番テーブル!

(智子) すいません。

あの人が…。
(店主) 困るんだよなぁ

早く覚えてもらわないと。

お待たせして すいません。
(客) 鶏の唐揚げ1つ。

(智子) 鶏の唐揚げですね。

ねぇ! こっちも
生ビール頼んでるんですけど。

すいません すぐに。

店長 鶏の唐揚げ1 入ります!
(店主) はいよ!

ご注文は以上でしょうか?
おばさん! 早くしてよ!

はい ただ今…。

(ジョッキを置く音)

お待たせしました。

ど… どうも。

あ… すいません。

あの 私 四季総合病院の
看護師の立花と申します。

どうも。

あ… ハハ…。

看護師さんって
大変な仕事ですよね?

エヘヘ。

どうして 12年も
続けて来られたんですか?

えっ?

えっと…。

そういえば 何でだろう?

看護師って とにかく
一日中 やることがいっぱいで

毎日が その繰り返しで…。

気が付いたら

12年も たっちゃってた
って感じですかね ハハハ…。

本当に
仕事を頑張って来たんですね。

あぁ いえいえ。
(里中) うん…。

そんな夏美さんに
こんなこと言っていいのか…。

えっ?

僕は 結婚する相手の方には

仕事を辞めて
家庭に入ってほしいんです。

それが お付き合いをする
条件なんですけど…。

それでも いいですか?

はい。

私も そのつもりです。

結婚したら 看護師は辞めます。

ハァ… よかった~。

いや 断られるんじゃないかって
内心 ドキドキしてたんです。

あぁ よかった。

あっ また
会っていただけますか?

はい。

ん~ よし!

(智子) あの うちの潤也が
何か やらかしたんでしょうか?

えっ?
えっ?

それで 病院から
わざわざ みえたんじゃ…?

あぁ! あっ いえ。

最近 病院に いらっしゃってない
みたいなんで

ちょっと気になって。

すいません。

このパートを始めてから
面会時間に間に合わなくて

なかなか 行ってやれないんです。

えっ!? それじゃあ

潤也君のことを見捨てたわけじゃ
なかったんですね?

すいません!

お恥ずかしい話 実は

1年前に 夫が
家を出てっちゃったんです。

えっ?

まだ離婚はしてないけど
潤也の入院費を

私が何とかしなきゃいけなくて
それで…。

そうだったんですか。

ハァ…。

どうしたの?

いえ 何でも。

ふ~ん。

田中さん 点滴交換しますね。

(電子音)

昨日より だいぶ
手際が良くなってんじゃない。

はい!

よかったわね。

(患者) あの~。
はい。

シーツに お茶
こぼしちゃったんだけど。

あっ すぐ行きます。

任せて大丈夫ね?

はい!
うん。

よし。

点滴交換 終わりました。

何かあったら ナースコール
鳴らしてくださいね。

はい。

(においを嗅ぐ音)

あ~!

は?
何やってんの?

まだ固形物は食べちゃダメって
言われてるでしょ?

食べたら
大変なことになるんだよ?

どうってことねえよ それぐらい。

ったく! 昨日はタバコで
今日は買い食い?

このことは お母さんにも報告して
しっかり怒ってもらわないと。

だから
親は関係ねえって言ってんだろ!

あんたさ

何で お母さんが
病院に来ないのか知ってんの?

知らねえよ。

別に来てほしくもねえし。

来ないんじゃなくて 来れないの!

スーパーのパートが終わった後

中町の魚百って
居酒屋で働いてるから

面会時間に間に合わないんだよ!

何で そんなこと。

あんたのためだよ。

私 昨日
お母さんに会って来たんだ。

えっ?

(智子)潤也

去年 病気をしてから
学校も休みがちになって

親としては せめて高校ぐらいは
卒業してもらいたいけど

そんなことより 今は
しっかり 体を治してほしい

そのためにも 頑張らなきゃね

お母さんは あんたに
早く元気になってほしくて

その一心で頑張ってんだよ?

誰が信じるかよ
お前の言うことなんて!

別に私のことなんか
信じなくたっていいよ。

でも お母さんの気持ちを分かろう
ともしないで好き勝手するヤツ

私は許さない!

あんたが 今やるべきことは
ちゃんと病気を治すこと!

そうじゃないの?

(絵里奈) 立花さん!

こんな所にいたの?

田中さん 急変してる。

田中さんが?


(柳楽) 田中さん 分かりますか?

(佐和子) ん ん…。

(柳楽) 胸 痛みます?
ん…。

田中さん どうしたんですか?

放射線科に連絡して。

ハァ ハァ…。

外科病棟です 胸部レントゲンポータブル
至急 お願いします。

あの 田中さんに
何があったんですか?

あなた 点滴交換した時

落ちるスピード
ちゃんと確認した?

(はるかの声) はい 確認しました。

田中さんは
薬が急激に体に入ったせいで

心臓に負担がかかって
呼吸困難を起こしたのよ。

そんな… 私 ちゃんと確認…!

したつもりです。
つもり?

立花さん

私たちの仕事は
「つもり」じゃ務まらないの。

どんな些細なことも
患者さんの命とつながってるの!

そんな いいかげんな考えで
この仕事ができると思わないで。

あんな簡単なことで
ミスするなんて…。

ナース失格よ。

すいませんでした。

分かった
分かったから三原さん…。

頭上げて ねっねっ?

新人のミスは指導係の責任です。

本当に申し訳ありませんでした。

立花…。

ナース失格か。

♬~

申し訳ありません!

私のせいで 田中さんに
負担をかけてしまって

本当に ごめんなさい。

はぁ~。

ごめんなさい…。

何で田中さんが謝るんですか?

点滴…

速くしたの 私なの。

えっ?

夕方 娘夫婦が

見舞いに
来ることになってたから…。

(佐和子の声) 点滴があると

孫 抱っこできないじゃない。

だから

あなたのせいじゃないのよ。

そうだったんですか。

こ~んな大ごとになるなんて

思ってもみなかったわ。

立花さんのせいになっちゃって

柳楽先生にも 私から謝るわね。

いいんですよ!
私 しょっちゅう怒られてるから。

このまま
私のせいにしちゃいましょう!

そんなの…! ダメよ。

いいえ! 田中さんは
そんなこと気にしないで

早く良くなってくださいね。

あっ その代わり

もう二度と しちゃダメですよ!

落ち着いたら また
桜 見に行きましょうね。

(佐和子) ありがとう。

何かあったら
いつでも言ってくださいね。

えっ? 立花さんのミスじゃ
なかったんですか?

うん まったく 困った新人だよ。

そういうことは ちゃんと
報告してくんないとなぁ。

あぁ… 私 立花さんに

ナース失格だなんて
ひどいこと 言っちゃった。

彼女なら大丈夫だよ。

今頃 こうやって
ク~!とか なりながら

ますます 仕事
頑張ってんじゃないの?

うん…。

はい 山田さん お薬です。

(山田) どうも。
いいえ。

次は 302。

失礼しま~す
鈴木さん お薬ですよ。

じゃあ 細川さんが
勝手に点滴を抜いて

いなくなったっていうこと?
はい。

行きそうな所は 大体
捜したんですけど どこにも…。

最後に細川さんを見たのは?

えっと 4時20分頃です。

困ったな。

取りあえず みんなで手分けして
院内 捜そう。

(真由) そうしましょう。
(貴子) はい。

あの! 男子トイレに これが…。

細川さんのリストバンド。

もしかして 外に出たのかも。

私 捜しに行って来ます!
(夏美:本城) えっ?

ちょ… 立花さん!

捜すって どこ行くの!?

♬~

うんめぇ!

ウェ~イ!
(細川) ヤッバいな。

やっぱ 病院なんて
抜け出して正解だろ?

食ったって何もねえじゃん!

だな。
行け行け 行け行け。

飲め 飲め。

これも食っちゃえよ!

B病棟いませんでした。

(斎藤)C病棟にもいませんでした。
やっぱり外か…。

お母さんに連絡したほうが
いいでしょうか? そうだね。

参ったなぁ… 外で何か食べて

穿孔でも起こしたら
大変なことになるぞ。

早く見つけないと。

♬~

あっ!

ハッ… すいませんっした!

すいません!
ごめんなさい お邪魔しました!

ハァ ハァ ハァ…。

もう! あいつ…。

見つけたら 絶対シメる。

≪じゃあ ゴチで~す≫

≪申し訳ない≫

≪500円しかない≫
≪また?≫

≪じゃあ 500円でいいよ≫

(女性) ジュンヤ!

ねぇ 口の周り いっぱい付いてる
ケチャップ。

も~う こっち向いて。

あっちも付いてる うわ。

お母さんは あんたに
早く元気になってほしくて

その一心で頑張ってんだよ?

なぁ 次 どこ行く?

パ~っと
カラオケでも行こうぜ! なっ。

あ… 俺はいいや。

何だよ ノリ悪ぃな。

♬~

♬~

もしかして…。

♬~

いた…。

♬~

何でだよ?

だから あんたのためだよ。

俺なんかのために どうして…。

あんたのことが
大事だからに決まってんじゃん。

いいお母さんじゃない。

あんな一生懸命なお母さんが

息子を見捨てると思うなんて

ホント バカだよね。

♬~

ああ…。

潤也!

何やってんの! こんなとこで。

大丈夫ですか?

母さん…。

何やってんだよ!

よかった… 無事で。

バッカじゃねえの?

俺なんかの心配して。

当たり前でしょ? あんたは
たった一人の大切な息子だもん。

♬~

母さん…。

あっ…!

潤也?
細川さん!?

潤也!?
大丈夫ですか!?

細川さん!
(智子) 潤也…!

(ベル)

はい 外科病棟です。

三原さんですか? 大変です!

立花さん!?

細川さんが倒れたんです!
細川さん 見つけたのね?

倒れたって どういうこと?
あんた 今 どこにいるの?

中町です。

今 救急車 呼んだんですけど
私 どうしたら…!

うっ!
あぁ!

潤也!
血を吐きました!

落ち着いて。
でも!

しっかりしなさい!
あなたナースでしょ?

はい!

詳しく状況を報告して。

はい えっと…。

激しい腹痛で倒れ込んで
少量 嘔吐しました。

鮮血が混じっています。

意識はありますが
やや もうろうとしています。

分かった じゃあ
コーマポジションにして。

柳楽先生に連絡して。
はい。

失礼します。

体 動かしますね。

左 向きます。

できました。

気道確保できてるか確認して。

はい。

(呼吸音)

確保できてます。

(救急車のサイレン)

救急車 来ました!

♬~

(救急隊員) 開けます!
お願いします!

お母さん。

(柳楽) 容体は?

血圧104 脈拍98
酸素飽和度96です。

(柳楽) 消化管穿孔を
起こしてるかもしれないな。

急ごう!
(高木) はい!

お願いします。

後は 柳楽先生に任せよう。

大丈夫。

(自動ドアが開く音)

胃に穴が開いていましたが
無事 閉鎖できました。

息子さん若いから

今日みたいなムチャしなきゃ
すぐ回復しますよ。

ありがとうございます。

じゃあ 動きますね。

おじさんも なかなかやるだろ。

はい!

♬~

♬~

(智子) 潤也…。

よかった…!

よかった。

母さん…。

ごめん。

あのさ…。

俺…。

早く 病気 治して

ちゃんと学校行くから。

潤也…。

うん。

ありがとうございます。

あのさ…。

ありがとう。

♬~

♬~

ふぅ…
とにかく無事でよかったね。

でも…。

私 全然ダメでした。

目の前で細川さんが倒れて

怖くて 足がすくんじゃって。

三原さんが
全部 指示してくれなかったら

何もできなかった。

ホント…

ナース失格ですよね。

あぁ…。

私も謝ろうと思ってて。

田中さんの点滴。

立花さんのミスじゃなかったのに
ひどいこと言っちゃって。

知ってたんですか?

ごめん。

あんたは ちゃんと

ナースだったよ。

えっ…。

♬~

302号室の細川さん
術後のバイタル 安定してます。

うん 立花さんが
機転を利かせて

早期発見できたのが
不幸中の幸いだったね。

そんなぁ。

ちょっと立花さん!

白衣のまま 夜の街を
駆け回るなんて言語道断ですよ!

はい! すいませんでした。

よし じゃあ 今日も一日
頑張りましょう。

(看護師たち) はい!

(貴子) 何かさぁ

立花さん来てから
ホントいろいろあるよね。

確かに~。

何で私だけ?

斎藤だって
同じ日に入って来たのに!

何 にらんでんだよ。

フン!

えぇ…。

フフッ。

ん? 何?

あぁ… 私 忘れてました。

今まで
ナースを続けて来られたのは

患者さんやご家族から

「ありがとう」って言われるのが
うれしくて。

だから また頑張ろうって
思えたからだったんだって。

どうしたの? 急に。

そんなことを

あのコから教わるなんて…。

看護師って
まだまだ奥が深いなぁ。

フフ そっか。

じゃあ 三原さんを
彼女の指導係にしたのも

あながち ハズレじゃなかった
ってことなのかな?

…なんて。
フフフ。

(せき払い)
あの…。

まぁ お疲れさまっていうことも
含めてさ

今日… どう? 一杯。

立花さん!

まだ回診の準備 終わってないの?
すいません!

ほら! 先生たち待ってるよ。

はい!

♬~

さぁ 行くよ~!

はい!