ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第3話 石坂浩二、浅丘ルリ子、加賀まりこ、高杉亘… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #3 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 電話
  2. セリフ
  3. マヤ
  4. 再来週
  5. 財前
  6. 注文
  7. 本当
  8. リンゴ
  9. 腹芸
  10. 満州
  11. 律子
  12. 竜太
  13. ドラマ
  14. 監督
  15. 欠点
  16. 姉妹
  17. 視聴者
  18. 水谷マヤ
  19. 台本
  20. 中国ロケ

f:id:dramalog:20190410190247p:plain

『やすらぎの刻~道 #3 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

やすらぎの刻~道 #3 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
“姫”こと九条摂子(八千草薫)が世を去ってから、2年余り。相変わらず『やすらぎの郷 La Strada』に暮らす脚本家・菊村栄(石坂浩二)は、古い資料の中に1冊のシナリオを発見する。その脚本は10年ほど前、大型ドラマスペシャルとして撮影寸前まで進みながら制作中止になったもので、白川冴子(浅丘ルリ子)と水谷マヤ(加賀まりこ)も出演予定だった。しかし、突然プロデューサーの財前(柳葉敏郎)と連絡がつかなくなり…!?
◇出演者
石坂浩二浅丘ルリ子加賀まりこ高杉亘柳葉敏郎風吹ジュン
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
藤田明二
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


本当に?
はい。

ええー! フフフフ…。
(拍手)

(財前 茂)国の政策に踊らされて
国の犠牲になる 悲しい姉妹。

白川冴子と水谷マヤが
それをやったら

面白いものになる。

2時間半の大型枠の企画が 今
社内で ひそかに準備されてます。

(財前)本気で やる気ありますか?

(菊村 栄)〈山梨の山村から
満蒙開拓団に加わった

ひと組の姉妹の物語が にわかに
現実になろうとしていた〉

〈私は
準備稿の欠陥を埋めるべく

第二稿の執筆に
取りかかっていた〉

♬~

(機の音)

♬~(梅)「赤いリンゴに」

これは
「裂き織り」ってやつですよね?

♬~「口びるよせて」

よく知ってるでしょう?

実は くにのお袋が
昔 やってましてね。

糸がなくなると 古い布を裂いて
小さく縒って 糸にして

それを使って布を織るんだ。
懐かしいな…。

この裂き織り
どこで覚えられたんですか?

♬~「赤いリンゴに」

これ 着ると重いけど
あったかいんですよね。

♬~「赤いリンゴに」

満州にいる時に覚えたんですか?

♬~(梅)「口びるよせて」

戦時中 満州にいたんでしょう?

私 東京の こういう者です。

♬~「リンゴの」

当時の満蒙開拓団の事を
少し お聞きできないですかね?

♬~

(外国語)

(桃)やめなさい! やめて…。

(外国語)
やめて…! 竜太!

(桃)連れてかないで! 竜太!
(梅)待って…!

待って…。
竜太! 竜太…。

〈こういう生々しいシーンは
やはり やめようと思った〉

〈それは
視聴者が想像すればいい〉

〈取材の時 出会った
老人たちの声が

私の脳裏に焼き付いていた〉

そんな事 聞いて
今さら どうするんだよ?

しゃべりたくない事が
誰にでもあるですよ。

人の傷口をのぞいちゃいけねえ。

〈戦時下のドラマを書く
という事は

人の傷口をのぞく事だった〉

〈かさぶたをはいで

再生した皮膚をもう一度むしり
その奥から肉を出す事だった〉

〈彼らが このドラマを見て
どう感じるのか〉

〈彼らが内心 どう傷つくのか〉

〈その事が
私には大問題だった〉

いいと思うがなあ
俺は このままで。

(椎名の声)僕は これでも
まだ緩いと思いますね。

戦争の残虐性を見せるためには
まだまだ足らないと思いますよ。

視聴者は 刺激を求めてるんです。

今の 刑事ものやサスペンスものを
見慣れてる視聴者には

これだって
まだまだ刺激不足です。

♬~

どうして あなた
そんな事 気にするの?

おかしいなあ 栄ちゃん。
それ おかしいよ。

いい脚本よ これ。 私 保証する…。

(お嬢)はあ? 何 言ってんだ?

読んでさ 久しぶりに
私 泣いたもん。

私も泣いた。
(マヤ)うん!

はい 食べて。

傑作よ これ。
間違いない。

一つだけ
注文 言わせてもらえればね

後半の この
2人で機を織ってるところ。

おかしくなった梅のほうに
ピントが合ってるけど

それを気遣う
姉さんの桃のほうに…

桃の心理のほうに もう少し焦点が
合ってもいいんじゃないかな?

そうかしら?
(お嬢)私は そう思う。

(マヤ)私は そう思わない。
(お嬢)あら?

あんた ほとんど
セリフしゃべってるじゃない。

私は
ほとんどセリフがないのよ。

あら セリフがないから
あんたが立ってるんじゃない。

もちろん

腹芸が どこまでできるかに
かかってるけどね。

フンッ… もちろん
私 腹芸でやるわよ。

まあ 監督が それを
どこまで撮ってくれるかだけどね。

良けりゃ 撮るわよ。

良くても撮らないのよ
最近の監督は。

知らないのよ 腹芸の良さを。

(お嬢)それは
腹芸が良くないからよ。

(マヤ)あら…。

インナーボイスが
ちゃんと出ていりゃ

自然に 監督は撮りたくなるわよ。
(マヤ)あら…。

撮りたくなくなるのは

インナーボイスが
ちゃんと表現できてないからよ。

フフフッ そうか。

じゃあ 栄ちゃん

桃のセリフをさ
いっぱい切ってさ

それを私のセリフに
全部 のせよう。

(お嬢)駄目よ そんな事!
作家に悪いわよ。

そんな事したら
梅の性格が変わっちゃうじゃない。

梅は 半分
頭がおかしくなってるんだから

セリフの分量は
今のままでいいのよ。

じゃあ
どうすりゃいいっていうの?

だからさ まあ なんていうか…

私は 今の台本に
注文があるわけじゃないわよ。

なら いいじゃないの。
いいわよ。

なら どうして
そんな変な注文つけるのよ。

注文なんか つけてないわよ。

つけたじゃない! 今 あんた…。

栄ちゃん 私 注文つけた?

あっ! もし そう取られたんなら
ごめんなさいね。

私は このホン
本当に のってるんだから。

まったく…。

何よ?

…別に。

(お嬢)本当に引っかかるね
あんたって女は。

〈何はともあれ 大局的には

台本に女優たちは
のってくれているようだった〉

♬~

〈私は その後 2度
現地山梨に足を運び…〉

〈2人の姉妹 桃と梅との人物像を
組み立てていった〉

〈人物像には 当然 それを演る
白川冴子と水谷マヤ

2人の女優の個性も忍ばせた〉

〈演じる者を
役として光らせるには

その役者が本来持っている欠点を
さりげなく書き込む事だ〉

〈長所ではなく 欠点をだ〉

〈欠点を書いたほうが
個性が光り

その役が生き生きと輝いてくる〉

〈例えば お嬢には
野良仕事に出るにも

化粧を強くする 女の見えを〉

〈そして マヤには
そのお嬢に対抗し

徹底的に汚れを気にしない
本能的な対抗心を〉

違うでしょ! もう…。

〈なんとか 二稿目のめどが
つきかけた ある日

財前プロデューサーから
電話が入った〉

(電話)

はいはい はい。

再来週 体 空けられませんか?

再来週? 空けられるけど。

再来週の何曜日?

ずっと?

中国ロケが固まりそうなんです。

再来週 ロケハンに行きます。

〈思いもかけない朗報だった〉

満州を舞台に設定しながら

中国ロケなど
しょせん無理だろうと

頭では半分諦めかけていた〉

〈それが実際に
実現するというのだ〉

〈夢を見てるような気分だった〉

〈ドラマの舞台のスケールが
一挙に大きく広がった気がした〉

(菊村律子)本当!?

ああ。

すごいじゃない。
ねえ 中国のどこ行くの?

財前ちゃんの話だとね

北京から まあ やっぱ
満州のね 感じがする…。

あっ おい あの…
パスポート どこしまった?

あっ!

〈その頃 律子は まだ元気であり

認知症を発症する
かなり前だったから

仕事もバリバリ現役でやってた〉

あった! フフフ…。

えっと… あっ まだ切れてない。
大丈夫。

ねえ!
ああ。

確か 今 高井の秀さんが
あっちの映画に出るんで

ずっと 向こうに
滞在してるはずなのよ。

本当?
うん。

付き人もつけないでね
一人で行ってるみたいで。

ほら この間 私 あっちから
メールもらっちゃったのよ。

あっ ちょっと待って
ちょっと待って。

どこだったっけかな?

えー ちょっと待ってね。

そんな話 初めて聞くぞ。
ウフフッ。

あっ! あった あった。
ねえねえねえ 北京だって。

へえ~。

私 急に行って
脅かしてやろうかなあ…。

ウフフッ
びっくりするだろうな 秀さん。

私が急に目の前に現れたら。
ウフフ…。

あっ! ねえ 私 途中まで
一緒に行っちゃいけない?

遊びに行くわけじゃないんだぜ。

わかってるわよ。
仕事の邪魔なんかしないわよ。

再来週ね えっと えっと…。

やだ! ずっとスタジオじゃない。
え~… 残念。

これ 外せないかなあ…。
ああ 駄目だ。

〈ホッとした〉

(律子)ああ… はあ…。

〈しかし その1週間
ずっと待ったが

その後 財前から電話はなかった〉

〈中国ロケが実際にできるなら

スケール感のある
シーンが欲しい〉

〈私は 台本に 再び手を入れた〉

〈財前からメールが入ったのは
その翌週の火曜日の夜だった〉

〈ロケハンの件
少し待ってほしいという

ただそれだけの文面だった〉

〈スケジュールの変更は
しょっちゅうある事だったから

私は大して気にしなかった〉

(電話)

(ドアの開閉音)
(電話)

(律子)栄ちゃん! 栄ちゃん!
(電話)

(律子)電話 鳴ってるわよ。

(電話)
うん… んっ…!

はあ… 何時だと思ってるんだよ。

(電話)

はい。 何時だと思ってんだよ!

えっ?

〈電話は 水谷マヤからだった〉

〈マヤの調子は いつもと違った〉

〈妙に切迫して 他人行儀だった〉

〈明日の朝一番で会いたいと
言ってきた〉

〈何かわからないが

不吉な予感がした〉

私たちの企画
ボツになったのよ。

何 言ってんだ。

あなたのホンが暗すぎるからって。
話が さっぱりわからない。