ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

ひよっこ2 第4話 最終回 有村架純、佐久間由衣、伊藤沙莉、宮本信子… ドラマの原作・キャストなど…

ひよっこ2(4)朝ドラから2年、オールキャスト大集合!』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. ヒデ
  2. 頑張
  3. 時子
  4. お願い
  5. フフ
  6. 本当
  7. 鈴子
  8. 一同
  9. 元治
  10. 宗男
  11. 早苗
  12. 米子
  13. お帰り
  14. ハハハハ
  15. 温泉
  16. 元気
  17. 三男
  18. 和菓子屋
  19. お願いいた
  20. ハッシュワ

f:id:dramalog:20190328205715p:plain

ひよっこ2(4)朝ドラから2年、オールキャスト大集合!』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

ひよっこ2(4)[終] 朝ドラから2年、オールキャスト大集合![解][字]

朝ドラ「ひよっこ」が帰ってきた!1970年の奥茨城と赤坂を舞台に、懐かしい顔ぶれが大集合!!25日(月)から4夜連続で放送します。

詳細情報
番組内容
東京へ帰る朝。みね子(有村架純)は助川家に立ち寄るが、時子(佐久間由衣)にかける言葉は厳しいものだった。時子の心配をしたことで米子(伊藤沙莉)を怒らせてしまった三男(泉澤祐希)は、米子が予想外の行動に出て困惑する。一方、赤坂では、熱海旅行ですっかり元気を取り戻した鈴子(宮本信子)が、すずふり亭の皆にある提案をする。そんな時、突然、早苗(シシド・カフカ)がサンフランシスコから帰ってきた。
出演者
【出演】有村架純沢村一樹木村佳乃羽田美智子柴田理恵磯村勇斗佐久間由衣泉澤祐希峯田和伸,佐藤仁美,山崎静代松尾諭遠山俊也,朝倉伸二,尾上寛之,渋谷謙人,斉藤暁伊藤沙莉生田智子ほか
原作・脚本
【作】岡田惠和

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


みね子が 奥茨城に帰ってきました!

楽しい時間は あっという間に過ぎ

今日の昼には
もう 東京に戻らなければいけません。

早いですね。

(実)よし! じゃ やってみっか!
(秀俊)はい!

あ~! よぐかぎすぎだ それ。

ちっとずつだ。
はい。

そう そう そう。
そうだ そうだ。

(みね子)懐かしいね~。

(実)あ~。

ちょっと行ってくんね~。

(茂)ああ。

ヒデさんも頑張っぺ~!
お~!

(秀俊)行ってらっしゃ~い。
行ってきま~す。

ヒデちゃん。
はい。

みね子をよろしくな。

よろしく頼む。

お願いします!
あっ…。

いや… そんな。

ハハハハ。

やめっか こういうの。
なあ。

もう家族だもんな ヒデちゃんは。

息子だ 俺の。

フフ 幸せになんなかったら
こうなんだかんな。

アハハ。
こうだかんな。 こう。

(笑い声)

みね子さんと結婚して よかったぁ!

(笑い声)

(実)そうが? そうが?

アハハハハハ。

よし! やっぺ!
はい!

おはようございま~す。

(正二)おはよう みね子。

(君子)あっ。 どうしたの? みね子。

おはようございます 君子さん。
時子は?

あ~ うん。 牛小屋にいるよ。
うん。

おはようございま~す。
(豊作)お~ みね子!

(時子)撮影中に笑ってさ。

「何か なまってねえか」っつって笑って。

そしたら 大げさに倒れやがってさ。

「撮影中止だ」とか言って騒ぐから。

「あ~ そうですか」って言って
帰ってきたのに。

あ~ やだ もうやだ…。

おはよう 時子。

みね子。

ありがとう。

何が?

ううん。

何でもない。

いいね~ 牛は。

そう?

うん。

いいね。

戻ってきちゃおうかな 私。

女優とが やめて。

へぇ。

じゃあ そうしなさい。

えっ?

本当に そう思ってんならいいけど

そうじゃないなら

「戻ってきちゃおうかな」とか言うの
やだな 私は。

失礼な気がする。

田舎とが農業とが…。

まあ 私に言われなくても
分がってんだろうけどさ そんなの。

昨日の夜 泣いてたね。

でもさ 後で思った。

何か違あなって。

今の時子。

私 あんまし好きじゃないなって。

もちろんさ なまりとが
バカにされたりすんの腹立つし

そん時の時子の気持ぢ考えたらさ
涙出てくるよ?

でもさ 時子。

違わない?

ちょっと やんなってきてる?

思ってたようにいがなくて。

だがら そんくらい
全然 我慢してきたこどなのに

腹立でてしまった。

むしろ 腹立でてんのは
自分自身に対してだね。

本当は。

違う?

(ため息)

やだ もう みね子。

何が?

何で分がっちゃうわげ?

やな感じ。

何年 あんたと…。
(2人)生きてきたと思ってんのよ。

フフフ。

そういうこど!

やんなったり

逃げたぐなったりしたって
別に いいじゃん。

弱音吐けば いいでしょうよ。

だって…。

負けず嫌い。

弱いくせに 負けず嫌い。

何それ 最悪じゃん。

フフ。
最悪じゃん。

そんなこどない!

分がったよ。

分がったよ みね子。

怖いよ~。

(時子)苦しいよ~ みね子~。

怖いよ~。

もう少し 頑張れそうか?

時子~。

みね子~。

アハハハハハ。

切りがないですね。

そんなわけで
みね子とヒデの短い休みも終わり

2人は東京へ戻りました。

<お父さん お母さん。

奥茨城で ゆっくりできたおかげで
ヒデさんも私も 元気に働いています。

でも 一番元気になってしまったのは
鈴子さんです>

(鈴子)あっ 失礼しました。
<温泉 すごいです>

んっ?

(元治)ヒデ! ガロニ!
はい!

ソース!
お願いします!

(省吾)はい。

(元治)何ですかぁ? その目は。

ひょっとして 俺がいじけてるとか

すねてるとか思ってます?

牧野家は 熱海に

ヒデとみね子は 茨城に。

俺は 一人。

それで いじけて機嫌が悪いって?

だって どう見ても。
違うのか?

それは 正解です。
何だ それは。

だって…。

(愛子)魚介のコキール
ポークソテーに ポークカツレツですね。

かしこまりました。
(客)お願いしま~す。

(省吾)愛子。

落ち着いて。

はいっ。

(ドアベル)

あれだね 愛子ちゃん。

はい。 何でしょうか?

もう ダメなお芝居はしなくて
いいんだからね~。

はい。
フフフ。

えっ?

あ… えっ?
鈴子さん!

フフフフ。
ん~! 悔しい!

(由香)嫁姑の闘いだよ。

怖~い。
え~!

ああ でも うれしいことだねえ。

働けるってことは。

もう 本当にうれしい!

でも… 何で そんな急に元気に?

温泉の効果なんですか?

そうなのよ~。
え? ほんとに?

温泉に行くっていう効果ね。
ん?

楽しくてね 家族旅行。

そんなこと 考えもしなかったねえ。

そういう時代になったんだねぇ。

何かね 長く生きてると
時代が変わることに

つい 何もかも
眉をひそめてしまうもんなんだけど

頑張って 働いて
みんなが 家族と旅行を楽しむ

それは すばらしいことだね~。

だから また来たいなって思ったら
何だか 元気になっちゃった。 フフ。

今度はね。

ねえ 鈴子さん。
うん。

ねっ? 省ちゃん?

年1回は 店のみんなで来ようって。

ねっ。
うん。 みんなでね。

おぉ すげぇ。
え~ ほんとに?

うれしい~。

よかった~。

よかった~。
あれ?

鈴子さん 元気になって もうよかった。
ほんとによかった。

もう ばかな子だねえ この子はもう。
だって…。

だって 俺にとっちゃ
おふくろみたいなもんすからね

もう 鈴子さんは。
ごめんね。

<お父さん お母さん
すずふり亭は 大丈夫です>

どうする? ヒデ。

温泉 慰安旅行とくれば
宴会 一発芸だろ?

俺たち 漫才だろ。
はあ? やりませんよ 俺は。

(元治)じゃ 誰と やんだよ~!
(秀俊)知りませんよ~。

(元治)みね子のツッコミは怖えだろ~。
はい?

メニューは少なかったけど

何か いい感じだったよね? 全部が。
うん。

それから 数日後のお休みには
こんな出来事が。

みね子。

早苗さん!

(早苗)みね子~!

帰ってきたんですか?
うん。 ただいま。

お帰んなさ~い。

あら?

(2人)じゃじゃ~ん。
(2人)じゃじゃ~ん。

(富)じゃ~ん。

どうしたの? みんな。

私のお土産。
はい。 あっ。

2人には… うん これ。 あ~!
この辺りの人 みんなの分 ある。

ありがとうございます。
うわ! すごい!

斬新!
(笑い声)

(早苗)だろ~。
へえ~。

(柏木)はあ~ できるんだ。

あっ そうなんだ。
アハハ。

(龍二)音楽は どんなこととだって
両立できます。

なぜなら 音楽は…
人生そのものなんで。

(ヤスハル)和菓子屋でもですか?

おぉ そうそう 和菓子屋でも?

和菓子屋のブルースを歌えばいい。
(2人)お~!

えっ? えっ?
えっ 宗男のかっこいい版?

(元治)えっ 何 何 何。

何が始まった?
♬「和菓子屋の 朝は早い」

どうしたんすか?
♬「小豆が なけりゃ」 えっ?

何これ。
♬「もう おしまいだぜ」 何?

♬「早く起きて 小豆ゆでよう
オ~ イエ~」

フッ。

フフ。

ハハハ。

フフッ。
(祐二)あ~! ハハハ!

(2人)成長しとっちゃぁ おらぁち。

よかったわね~。

早苗さん?
何か変わりましたね。

こんなことで
笑う人じゃなかったですよね?

うん。
私も そう思った。

え~? ああ。

アメリカにいたらさ
何か すぐ笑うようになったんだよね。

もうね 大して おかしくなくても

つまんないことでも とりあえず
笑っちゃうようになっちゃった。

ハハハハ。
(一同)あ~。

(澄子)なるほど。
(豊子)あ~ そいでか。

漫画家は分がりませんが
小説家などの場合

死んでから評価されるこども
ありますから。

いがったですね。

(2人)え~!

ハハハハ。

早苗さん!
おう みね子~!

(ちよ子)大学行かねえよ 私は。

就職するって
もう先生にも話した。

えっ。
(一同)え~!

ほんとなの? それ。
(ちよ子)うん。

ちよ子。 あんたは いい子だよ。

ありがとう。

いつもありがとう。
ううん。

ありがとうって言ってばっかしだ。
あんたには。

それは うれしいこどだげどさ

本当は あんたに
「ありがとう」って言われたいんだよ。

お父ちゃんや お母ちゃんも。

それが 一番うれしい時なんだよ。

親とが 私とがのね。

ヘヘヘ。

今 ちょっと 私いいこど言ったな~。
え?

ねっ。 今言ったね 私いいこどね。
はい。

言ったよね?
はいはい はいはい。

ほれ もう時間だよ。
あぁ。

はいっ! 行ぐよ!
は~い。

(天下井)なぁ 谷田部。
えっ。

あっ… はい。
何でしょうか。

おめえ 茨大か?
やっぱし。

(天下井)だよな やっぱし。

先に行って 待ってっから。

ありがとう 小太郎さん。
(小太郎)気ぃ付けでな。

あ~!

(宗男)去年より ちっせえぞ
これじゃよう。

(茂)言うこと聞かねえ。

あぁ ありがとう。
ありがとう。

(滋子)おぉ お帰り。

(一同)お帰り。

お父ちゃん。
(実)うん?

お母ちゃん。
(美代子)うん?

(ちよ子)じいちゃん。

宗男さんと滋子さんも
話聞いて下さい。

うん。 どうした?

(進)え? 俺は?
あぁ じゃあ 進も。

「じゃあ」って何だよ。

(ちよ子)私…。

私 大学行ってもいいですか?

おお。
本当が?

うん。
負担かけてしまうと思うけど…

でも 私…。

うん。 うん! もちろんだ。

もちろんだ! なあ?
はい!

フフフフ 頑張れ。

ありがとうございます!

何言ってんだ ちよ子。

こぢらこそだ。

ありがとう。

まだまだ頑張っぺって気持ぢになんな。
(実)んだなあ。

いいもんだなぁ いいもんだ!

なあ!
(滋子)んだなあ いいもんだ!

かっこいいなぁ ちよ子。
女子大生が。

(宗男)大学で教わったこど
俺にも いろいろ教えでくれよ。

なあ ちよ子。 え?
おめえは 茨城の宮沢賢治になれ。

なあ。 はあ?
ハハハハ。

(進)宮沢賢治って誰?
(宗男)いんだ そういう人。

いっぱい 本書いた人。

お母ちゃん。 えっ?
もう参ったよ。

あんなふうに いい話になっちゃって。
うん。 どうした?

じゃあ ちょっとコショコショ話で。
実はね…。 うん。

え~!

それ ほんとけ?

うわ~ ちよ子~!
もう どうしよう。

ちよ子~!

えっ 天下井先輩が?
うん。

あ~ いがったねえ。

へえ~ そう。
うん!

でも そんな理由で いいのかな? 私。

もちろん それだけじゃないんだけど。

いいんだよ ちよ子。

立派な理由じゃなくて
いいんだよ。

とってもすてきな理由だよ。

最高だよ! ちよ子!

私たちは
幸せになるために生きてんの。

頑張んの。

だがら… 最高だよ ちよ子!

で どんな人なの?

かっこいいの?
ヒデさんより?

「うん」って何よ。

だって…。
☎「だって」何よ。

そうなんだもん。
☎はあ?

フフフ。

☎お姉ちゃん。
うん?

ありがと。

ヘヘヘヘ。

うん。

久しぶりだね。

そして 赤坂では
久しぶりに この3人が。

久しぶりだぁ。

(三男)大丈夫なのが? 時子。
なまってっけど。

うん。 大丈夫だよ。

どうしたの? あれがら。
あっ うん。

あれからさ 撮影再開すっ時にさ。

この度は…。

この度は 未熟な私のせいで

撮影現場を止めて
時間を無駄にしちまって

本当に申し訳ありませんでした!

いいドラマに でぎるよう
死ぬ気で頑張ります。

皆さん よろしくお願いいたします!

よろしくお願いいたします!
よろしくお願いいたします!

はい! では やりましょうか。

シーン35でしたよね。
おう…。

今日から よろしくお願いしま~す。

お願いします。

…ってなった。
(拍手) ああ そう。

いがったねえ。 うん。
よかった よかった。

ご心配おがげしました。

ほんとだよ 全ぐよ。
冗談じゃねえわ。

はあ? 何がよ。

別に 三男に
何の影響もないでしょうよ。

あるわ。 大ありだわ。
いいが?

俺は大変だったんだよ。
おめえ 俺は。

(米子)あれあれ?

ひょっとして まだ未練あるわけ?
ねえ。

そりゃ そうだっぺ。
はあ?

(善三)あっ。 おはようございます。
おはようございます。

米子は?

えっ あれ 起きたら
いなかったんですけど。

あれっ?

(米子)
「実家に帰らせていただきます 米子」。

実家って どこだ?
ええ?

♬「だれのせいなのか 今もわからない」

♬「涙で綴りかけた お別れの手紙」

で どうしたのよ?

ちゃんと迎えに行ったの?
行ったわ。

(笑い声)

(太郎)ばかだな おめえは。
だってよぉ。

いや 分がるよ?
分がっけどな

男にはよ そういうこどはあんのよ。

(征雄)女はな

それを 絶対に理解はしねえ。

絶対にだ! 分がっか?

分がった。

(3人)わ~!

というわげだよ。
分がったか?

何が「というわげだよ」。
ば~か。

はあ?
ほんとだよ ばか。

んだよ。
もう あれだね?

今度から 三男やめて
米子ちゃんと 3人で集まっか。

いいね そろそろね。
うん。

何だよ「そろそろ」って。
そろそろ。

(笑い声)

大人んなったね 私たち。

ほんとだな。

ねっ。

いいんだよね。
これでいいんだよね?

おう。
うん。

私…。

私さ 怖くて。

ん?

どうした?
みね子 何が怖い?

幸せすぎて 怖い。

(笑い声)
何だ そりゃ。

じゃあ そろそろ
あれやっが?

あれって?
あれだよ あれ。 あれね。

あれか?
ねっ!

やっか! よし。
そろそろかな~って

思ってたんだけどね。
よしよしよし。 久しぶりだね~。

みんな 準備できた?

おお。
じゃあ みね子 掛け声。

これからも…。

(3人)頑張っぺ!

♬「Pon pon pon…」

♬「愛の言葉をリル」

お先に~。
はっ?

ただいま~!
姉ちゃん ずれえ! おお。

お帰り~。

お帰り~!
お帰り~! フフ。

あ~。 痛い痛い!

(次郎)よろしく頼むど!
おう! ありがとう!

(高子)やっ。 やだ!

孫 欲しい。

(三男)何言ってんですか!

ハハッ。

(世津子)「あかね坂の皆さん
お元気でしょうか?

私は今 パリで映画の撮影をしています。

実は 主演のアラン・ドロンに

プロポーズをされてしまいました」。

(一同)え~!

「でも パリで暮らすということなので

お断りしました」。

(一同)え~!

どうしたかな ヤスハル。

コンクール。

(茜)あっ ヤスハル。

(茜)落ちた~。

ハッシュワン お願いします!
はい ハッシュワ~ン!

ハッシュワ~ン!
ハッシュワ~ン!

そうですか まあ。

グラタン仕立てにしております。
ありがとうございました。

ひよっこ2」 お楽しみ頂けましたか?

最後のご挨拶を みね子から。

これからも 頑張ろうね。

また会えるといいね。

またねっ。 フフ。

(ドアベル)

いらっしゃいませ。

それでは 皆さん。

また会う日まで!

地球の海は 生きものたちの
知られざる営みで満ちあふれている。