ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

ひよっこ2 第1話 有村架純、磯村勇斗、木村佳乃、羽田美智子、柴田理恵… ドラマの原作・キャストなど…

ひよっこ2(1)<全4回> 朝ドラから2年、オールキャスト大集合!』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 愛子
  2. 頑張
  3. 鈴子
  4. 君子
  5. 今日
  6. 省吾
  7. 美代子
  8. 高子
  9. 時子
  10. 自分
  11. フフフ
  12. 三男
  13. 大丈夫
  14. 仕事
  15. 由香
  16. パン
  17. ヤスハル
  18. 一同
  19. 元治
  20. 電話

f:id:dramalog:20190325202401p:plain

ひよっこ2(1)<全4回> 朝ドラから2年、オールキャスト大集合!』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

ひよっこ2(1)<全4回> 朝ドラから2年、オールキャスト大集合![解][字]

朝ドラ「ひよっこ」が帰ってきた!1970年の奥茨城と赤坂を舞台に、懐かしい顔ぶれが大集合!!25日(月)から4夜連続で放送します。

番組内容
みね子(有村架純)と秀俊(磯村勇斗)は、あかね荘でつつましい新婚生活を送りながら、すずふり亭で働いている。いつか二人の店を持つことが夢だ。奥茨城村では、美代子(木村佳乃)、君子(羽田美智子)、きよ(柴田理恵)が「母の会」を開催。高子(佐藤仁美)が加わった角谷家の現状に大笑いする。一方、赤坂では、省吾(佐々木蔵之介)と愛子(和久井映見)が、すずふり亭の今後について話し合っていた。
出演者
【出演】有村架純沢村一樹木村佳乃羽田美智子柴田理恵磯村勇斗佐久間由衣泉澤祐希,佐藤仁美,松尾諭遠山俊也,朝倉伸二,尾上寛之,渋谷謙人,斉藤暁伊藤沙莉生田智子白石美帆島崎遥香ほか
原作・脚本
【作】岡田惠和

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(みね子)お父ちゃん

お母ちゃん。

私を 産んで育ててくれて
ありがと。

え~ 先ほどから
みね子のスピーチが続いています。

みね子 よかったね。

笑顔で 生ぎていきます!

これがらも
どうぞ よろしくお願いいたします。

(拍手)
私 増田 もう… もう… もう…!

♬「Pon pon pon…」

♬「愛の言葉をリル」

♬「シャイなハートがドキドキ」

♬「あの日観てた
サウンド・オブ・ミュージック"」

♬「瞼閉じれば蘇る」

♬「幼い頃の大事な 宝物だけは」

♬「ずっと この胸に
抱きしめて来たのさ… Ah ah」

♬「夜の酒場で Lonely」

♬「あの娘 今頃どうしてる?」

♬「さなぎは今、 蝶になって」

♬「きっと誰かの腕の中」

♬「若い広場 愉しドラマ」

♬「夢膨らむ 青い空」

♬「肩寄せ合い 声合わせて」

♬「希望に燃える 恋の歌」

(鶏の鳴き声)
改めまして 「ひよっこ2」。

あれから 2年がたちまして

今は 昭和45年
1970年の秋です。

さぁ 懐かしい
奥茨城の朝から 始まりますよ。

(ちよ子)じいちゃ~ん
お父ちゃ~ん!

卵五つも産んでるよ~!

(実)おう! いいこどあんじゃねえか?

(茂)ちよ子~ 落どすんでねえど!

分がった!

(鶏の鳴き声)

お母ちゃ~ん。
(美代子)うん? 卵五つも産んでたよ。

え~ すごいね~。

たくさん とれたね!

(進)おはよう。
(美代子 ちよ子)おはよう。

また~。
(ちよ子)はいはい。

(進)ん~。
(ちよ子)これ!

137!
132ね!

(笑い声)

いつもと変わらない
谷田部家の朝ですね。

♬~

(秀俊 みね子)いただきます。

今日の目玉焼き
すっごく上手に焼けたの。

うん。
フフフ。 きれい。

昨日は 失敗したもんね。
割れちゃったもんね。

破れても おいしい。

もう!

(美代子)おっ おっ!
お代わり いる?

うん。
(美代子)うん!

進 背伸びっといいね。

うん 一番前は 嫌なんだよ。

(笑い声)

そんなふうに牛乳飲めんのも
冷蔵庫のおがげだな。

ほんとだねえ。

(茂)俺ぁ あんまし好かねえな。

何でもかんでも 冷やっこくして

長もちさせれば いいっつうもんでも
あんめえ。

はぁ… すみません。

でも じいちゃん
冷っけえビール 好きでしょうよ。

お~ ビールは冷っけえ方が うんめえ。

なあ?
フフ んだなぁ。

んだねえ。

じいちゃ~ん 行ってくる~!

おう。

昔は みね子も
この道を通ってたんですね。

時がたつのは 早いですね。

朝ですよ~!

(祐二)あぁ!
もう朝け…。

また一枚も。

(啓輔)描けんかったちゃ~。

おはよう~。
(澄子)あっ!

何すんだ おめ。
(豊子)いいべさ 一個ぐらい。

戻せ! 出せ!
やっだ!

まっだ 朝っぱらから けんかしない!

だってよぉ。

おはようございます みね子さん。
おはよう。

じゃあ 行ってくんね~。

いただき~。

あ~!
行ってらっしゃい みね子さ~ん。

富さん おはようござい…。
(富)おはよう。 ランラ ランラ ラン。

今日も お元気ですね 富さん。

そうなの どんどん元気になってくの。
やんなっちゃう。

どうなっちゃうのかしら 私 これから。
アハハハハハ。

行ってきます。
はい 行ってらっしゃい。

(君子)おはよう。
おはようございます。

や~ 今日も元気だなぁ。
(笑い声)

だ~けど ちよ子は 時間ぴったしだなぁ。
(笑い声)

おはよう~!

(時子)おはようじゃないよ!

「おそよう」だよ! ほんとに!
ごめん ごめん。

行ってきま~す。

(正二)行ってこお!

(きよ)はぁ?
何言ってんだ? おめえの仕事だっぺ。

(高子)いいえ きよさんが
自分でやるって言いました。

言ってねえ。
言った!

言ってねえ!
言いました!

言ってねえ なぁ?
ねえ?

何 逃げでんだ?
そうよ 何 逃げてんのよ。

(征雄)何でって…。

(太郎)おっかねえからだっぺ。

(2人)誰がだ?

(米子)米屋のくせに 何 パンとか

ブルガリアのヨーグルトとか
食べてんのよ。

(善三)うるせえな。

いいだろ?
好きになったんだからよ パンが。

なあ~ 三男。

違うでしょ?
パンが好きなんじゃなくて

角に出来たパン屋の奥さんに
ほれてんでしょ! スケベじじい。

ねっ 三男君。

三男だってな

「きれいな奥さんですよね」
って言ってたぞ。

はあ? 何それ どういうこと 三男君。

(三男)いやいやいや。
お父さんが「きれいだろ」っつうがら

「そうですね」っつっただげですから。

それに… 毎朝毎朝 勘弁して下さいよ。

いづの間にが 米とパン 逆んなってるし。
何なんですか もう。

怒った顔 好き。

ありがとう。

どういたしまして フフ。

♬~

(クラクション)

♬~

おはよう 小太郎さん。
(小太郎)おう。

♬~

おや? おやおや? おやおやおや!?

ちよ子~!

♬~

「ご挨拶に伺っております。
益子次郎 益子次郎…」。

(次郎)奥茨城のために 頑張っと~!

ありがとう! ありがとう!
(牛の鳴き声)

♬「ダメな男だと 人は言うけれど」

♬「いいじゃないの 今がよけりゃ」

(笑い声)
よくないですよ。 (元治)え? 何で?

先輩 毎朝毎朝 その替え歌
ほんとに勘弁してもらっていいですか?

もうちょっとないですか
頑張っていこうみたいな歌。

えっ ほんと?
えっ ちょっと待って。

何かあったと思う…。
せんぱ…。 元治さん!

ちゃんと やりましょうね?

はい! すみません。

はあ みね子 怖っ!
(笑い声)

(安江)忘れ物ないよね? (茜)うん。
あっ 茜 宿題持った?

持った。
よし! 行ってきま~す!

行ってきま~す!
行ってらっしゃい。

(五郎)気を付けてな?
(一同)行ってらっしゃい。

父ちゃん。
へっ?

さぼらないで ちゃんと働いてね。

はい すみません。
(笑い声)

ヤスハル! 頑張れ~。

(ヤスハル)はあ? 毎朝言うけど
何で 俺だけ呼び捨てなんだよ 茜。

それは ヤスハルだから。 じゃあね!

おう 行ってらっしゃい。
(柏木)だよな~。

「だよな」じゃないんだよ!
意味分かんないし!

ヤス… ヤス… ヤスハル!

頼りにしてるぞ~。

やめろよ~。 朝から頼るな。

はい 気を付けてね~。

行ってくるよ イチコ~。

(省吾)おはよう。
(一同)おはようございます。

(鈴子)おはよう。
(一同)おはようございます。

(手をたたく音)
よし。 (愛子)今のいい。

すごくいい。 すてき。
あっ そう? こう?

よし!
(手をたたく音)

すてき。

何だ それ。
何やってんのかねえ
この夫婦は ほんとに。

ですよね~。

(由香)おはよう。
おはよう。

(愛子)由香ちゃん おはよう。
おう 由香。 あれ?

(元治)今日 手伝ってくれんだっけ?
そうだよ。

昨日 みね子がさ 電話してきてさ

「明日忙しいんだよね 明日忙しいんだよね
明日忙しいんだよ…」って

それだけ言って 「じゃあね」って。

え~ そんなこど言ったっけ?
はあ?

あ~ ごめん ごめん ごめん!
言いました 言いました。

はい 言いました。
(秀俊)助かる。

今日は 忙しい日なんですよね。

私も手伝った方がいいかな?
えっ?

ん? ん? ん?

(客)すいません こっちに お水もらえる?
はい ただいま。

(客)すいませ~ん 注文 お願いします。
あっ はい。

(客)ナポリタンやめて コロッケにします。

(客)スープ お代わり!
はい!

(客たちの声)

どうしたの? みんな。

愛子さん お仕事 頑張ってきて下さい。

えっ? あ… そう?

そうだね。

大丈夫ですか? 鈴子さん。
はいはい。

私はね オーダーの順番 間違えたら
その時は 引退するから

それまでは大丈夫。

間違えないんだよね~
これが 腹が立つくらい。

んだねえ。
絶対 間違えないよねえ?

フフフ ざまあみろ フフフ。

さっ 今日は忙しいよ。
頑張ろう!

(一同)はい!

♬~

ヒデ! ガロニ!
できてます!

グー!
はい!

♬~

(省吾)はい バーグあがった~!
(元治)あがったよ!

♬~

ヒデ君は 去年から 時々コンロを
使わせてもらうようになりました。

頑張ってますね。

(ドアベル)
ありがとうございました。

♬~

ありがとうございました。
(鈴子)どうもありがとうございます。

由香 それ違う。

7番さんが先。
え?

は~い すみませ~ん。

フフフ。

♬~

はい ナポリあがりました~。
はい!

<お父さん お母さん
お元気でしょうか?

私は 相変わらずの日々を送っています>

(美代子)この雨で 結構開いたな~。

んだなあ。 いがった。
うん!

<でも 相変わらずの日々を
送っていられんのって

幸せなこどですよね>

<自分が東京にいで 結婚もして…>

(ちよ子)お姉ちゃ~ん!
頑張ろうね!

頑張ろうね!

<谷田部みね子から
前田みね子になって…

ここで生きているこどが
不思議に感じるこどがあります。

だって 東京に来たのは
幸せな理由ではながったから>

≪(談笑)

きよさん。
高子ちゃんも呼んであげれば?

ねえ?
んだねえ 楽しいだろうよ。

いいんだよ。
仲よぐは やってっけど

いっつも私と一緒じゃ
かわいそうだっぺ。

お互えに 息抜きなんだ。

ああ そうが?
ハハハハ。

それによ 自分の仲間も作んねえとな
高子も。

まぶしい! 高子ちゃんが まぶしい!
(笑い声)

そうでしょう まぶしいでしょう!

私が まぶしいでしょう!

(きよ)高子 痩せだっぺ?
(美代子)うん 痩せだ。

(きよ)何でが知ってっか?
知んねえ。 何で?

棚の上さよ お菓子の缶 隠してたんだ。

それを取ろうと思って
脚立に乗ったんだな。

その脚立がな 高子の重みで
折れちまったんだ バキッとよ!

(2人)え~!
(笑い声)

そんで…
そんで痩せようと思ったんだと。

あら~。
(笑い声)

(くしゃみ)

どうした?
何か うわさされてる。

悔しい。
ウチのきよさんなんてね…。

(くしゃみ)
どうした~?

くっそ! 何か言ってんな 高子のやつ。

仲いいんだねえ きよさん。
ねえ~。

まぁな。
(笑い声)

三男の嫁の米子
あの子もかわいくて いい子だぁ。

(美代子)んだねえ。

嫁が2人来て
んで 子どもが2人増えたんだ。

うれしいこどだ~。

あっ うぢ 太郎の次によ

二郎っつうのを産んだんだげんどもよ

1週間もしねえうぢに 死んじまってな。

だったねえ。
んだがんよ

三男が生まれた時 悩んだんだよ。

何か嫌でな~。

死んだ子を いながったこどにすんのがよ。

んだがら 三男にしたんだ。
うん。

で 子どもは そんで終わり。

そしたら できたよ~!

女の子が 2人も増えたんだ。

幸せだよ。
よかったよ~。

どっちも いい子だ。
いがったねえ きよさん。

幸せだよ。
いがったねえ きよさん。

(美代子)いがったねえ きよさん。
ありがとう。

君子。 時子 大丈夫げ? んだよ。
ねえ。

まあ 全然帰ってこれねえけど
電話は 時々あるよ。

(時子)もしもし お母ちゃん?
☎(君子)時子?

(君子)でもねえ
きっと うまぐいってっ時はさ

電話なんか してこねえんだよ。

ウヂに電話なんかしてくっ時はさ
きっと うまぐいってないこどとが

つらいこどとが
あったりしてんだろうなって思うんだ。

そういう時 どんな話すんの?

もう 時子のこどは 何にも聞かねえの。

知りてえけど 何にも聞かねえ。

自分のこどをな
まあ 田舎のこどっつうかさ

一方的に話すんだよ。

バガみでえな話をな。

今日の ダメだったお父ちゃんの話とが…。
(笑い声)

そうすっと 時子 笑ってくれでさぁ。

何それ。

(君子)でもねえ 笑ってっけどね

泣いでんのが分がんだ。

もうやだ お父ちゃん。
☎(君子)ハハハハ。

☎(君子)あの 漬物 漬けるんだよ
あの あれで 大根で。 大根で?

☎(君子)
嫁さんも決まんないんだわ なかなか。

続きがあんだよ。
(時子)え? まだあんの?

☎(君子)ハハハハ。

何にも変わってないね。

そんで 電話切んだ。

何にも言えねえよ。

頑張ってって思うけどね
頑張れとは言えねえ。

十分に頑張ってんの分がってっからさぁ
何も言えねえよ。

分がるよ。

君子。
でもよ… でも 大人んなったねえ!

ありがとう。

はあ? 大人になったって 何よ。
いくつだと思ってんの 私。

えっと 同い年だから
1 2 3…。

ちょっと! 数えなくていいよ!

言うんじゃねえよ。

(笑い声)

でもよ みね子も頑張ってんなあ。

ほんと 幸せになって いがったなぁ。

あの子にはさ 本当に苦労かげたし

つらい思いや 悲しい思いも
いっぱい させたかんね。

その分 幸せになってもらいたいんだ。

いつか…
いつか まだまだ先らしいけど

ヒデさんと
自分らの店 持ちてえんだって。

そうが~。
ほしたら行ってみでぇなぁ。

んだねえ みんなで行ってみてえなぁ。

そうなったりしたらさ
私は うれしくて泣ぐ自信があるよ。

絶対泣ぐよ!

もう 今 泣いてっぺ。

泣いてんだけどさ だって
泣きてえよ。

子どもの幸せが うれしくて泣げたら

親としては 最高の涙だよ!
ねえ!

(泣き声)

≪(3人の泣き声)

≪(3人の笑い声)

泣いだり 笑ったり
忙しいな 全ぐ。

フフフフ んだな。

でも まあ… いいもんだ。

(笑い声)

ただいま。

ただいま。

ナポリタンの上に…

ウインナーをのせ…。

小さいお客さん用にねっ。
うん。

今度 省吾さんに提案してみよ?
うん!

みね子。
ん?

たまには 2人で飲み行こうか?

ぜいたく?

行ぐ 行ぐ行ぐ! フフフ。

じゃあ 行こ。
うん。

ちょっと待って。

はい。
はい。

やっぱ いいね その服。 似合う。

本当? うん。
うれしい!

愛子さん! ハハ。

うれしい。
どうも。

(邦子)あら~ いらっしゃい。
こんばんは。

みね子ちゃん その服かわいい!

あっ これ お母ちゃんの手作りなんです。

(邦子)へえ~ すてき~!

あっ どうぞ どうぞ。

大丈夫? お邪魔じゃない?
大丈夫?

いえいえ とんでもないです。

いいですか?
(省吾)どうぞ どうぞ。

♬「ここにおいでよ」

♬「夜は冷たく長い」

♬「黙って 夜明けまで」

♬「ギターを弾こうよ」

お疲れさま。

あぁ 今日は忙しかったな。
はい。

ありがとな みね子。
由香 呼んでくれて。

あ~ いえ。 はい。

あれだな
ちょうどいい機会かもしれないな。

そうかもしれませんね。

すずふり亭の 今後のことだ。

2人も思ってると思う。

心配なのは… 鈴子さんだ。

分かるよな?

(省吾)やっぱりなあ ちょっと
きつくなってきてると思うんだ 鈴子さん。

まあ 当たり前のことなんだけどな。

で 俺は 実は 愛子に 仕事を辞めて
店に入ってくれないかと頼んだんだ。

まあ 徐々に 鈴子さんの仕事を
引き継いでもらうためにだ。

(省吾)ん? どうした?

あっ。
えっ?

みね子さん
あれ ほんとだと思ってるのね?

え?

(愛子)私が手伝っても
全然ダメで 使えなくて

「いない方がいい」
「任せられない」って

あれ… ほんとだと思ってるのね?

みね子さん そうでしょ。

いやっ だって…。

えっ 違うんですか?
ひどい。

そんなにダメだと思ってたの? 私のこと。
え…。

お芝居… だったんですか?

(愛子)そうよ。 ええ!
ええ!

(客)すいません!
お願いします。

どうも すみません。
(客)すいません!

これじゃ いつまでたっても
引退できないね 私は。

すみません。

お芝居 うますぎです 愛子さん。

そうでしょ?

ん? どういう意味?

えっ でも 何で? そんなお芝居。

愛子は 絶対ダメだって言うんだ。

「あの仕事は 鈴子さんにとって

生きがいであり 誇りであり
人生そのものだから。

自分が奪うようなことをしては
絶対ダメだ。

鈴子さん おかしくなってしまう」って。

もちろん 私がやったって
鈴子さんみたいには 絶対できないのよ?

でも… 「自分がいなくても大丈夫」って
思ってしまったら

絶対よくないと思う。

そんな気持ちにさせたくない。

(愛子)そう思うの。 おかしいかな。

いいえ。

(省吾)それは 俺も分かる。

でも 実際 どんどん
しんどくなってるのは 事実であって。

まあ つまり 堂々巡りでな この話は。

まぁ まだいいか もう少し このままで。

そうですね。
フフフ。

(愛子)どうしたの? みね子さん。

だって…。

だって… 何か… 何か…。

ヘヘヘ。

(省吾)あ~ もう一杯飲もうか。

うん 邦子も どう?

あら~? ごちそうさまです。
フフ。

ん~。
え?

私が。

はあ~ ありがとう。

うれしいなあ。
愛子さん。

でもね 気付かれてる気がするんだ。

芝居だって 鈴子さんに。

え?
(秀俊)ほんとですか?

ん?

そんな気がするの。

何しろ 鈴子さんには
かなうわけないものね。

はぁ 確かに。

♬~

(鈴子)ありがとう 愛子ちゃん。

よしと…。

明日も頑張るために 早く寝よ。

よし!

♬~

あ~! 何これ~!
何これ 何これ 何これ~! ずる~い!

はいはい 座れ座れ 飲もう飲もう。

えっ いいんすか? いいですか?
座って 座って。

やった~!

えっ 何 水割りでいいか?
はい!

水の。
何すか 水の水割りって~。

ウイスキーで お願いしますよ~。

いや~ もう分かったよ はいはい。

<お父さん お母さん。

東京は 赤坂は みんな心優しいです
温かいです。

今夜は お酒がしみますです。
大人の味です>

それでは 皆さん また明日!

地球の海は 生きものたちの
知られざる営みで満ちあふれている。