ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

イノセンス 冤罪弁護士 第9話 坂口健太郎、藤木直人、川口春奈… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

イノセンス 冤罪弁護士#9【ついに最終章!追い続けた11年前の事件再び!?】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 事件
  2. 富士田
  3. 年前
  4. 黒川先生
  5. 山代奈
  6. 被害者
  7. 犯人
  8. 黒川
  9. 浅間
  10. 遺体
  11. 気温
  12. 秋保
  13. 証明
  14. 接点
  15. 可能性
  16. 警察
  17. 検察
  18. 今回
  19. 彩花
  20. 殺害

f:id:dramalog:20190316225551p:plain

イノセンス 冤罪弁護士#9【ついに最終章!追い続けた11年前の事件再び!?】』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

イノセンス 冤罪弁護士#9[解][字][デ]【ついに最終章!追い続けた11年前の事件再び!?】

11年前の事件と同じ形状の刺し傷がある遺体が発見され、冷静さを失う拓(坂口健太郎)。科学者・秋保(藤木直人)との決別、そして楓(川口春奈)に黒い影が忍び寄る…!!

詳細情報
出演者
坂口健太郎川口春奈趣里小市慢太郎正名僕蔵赤楚衛二杉本哲太/榊原郁恵、志賀廣太郎市川実日子草刈正雄(特別出演)/藤木直人 ほか

【第9話ゲスト】坂本真、木﨑ゆりあ、鈴之助伊藤梨沙子 ほか
番組内容
都内で起きた美大生殺人事件と11年前の事件の共通点を知った拓(坂口健太郎)は、被疑者・富士田(坂本真)に接見。犯行を疑われる内容をSNSに上げていたことに違和感を覚える。浅間の無実を信じたい思いと、調べなければ分からないという理性の間で苦しむ拓に、新たな遺体が見つかり富士田が再逮捕された情報が入る!事件が連続殺人として脚光を浴びる中、11年前の事件と拓との関係も掘り起こされ、拓は窮地に立たされる!
監督・演出
【演出】丸谷俊平
原作・脚本
【脚本】古家和尚
音楽
【音楽】UTAMARO Movement
【音楽プロデュース】岩代太郎
【主題歌】King Gnu「白日」(アリオラジャパン
制作
【チーフプロデューサー】池田健司
【プロデューサー】荻野哲弘、尾上貴洋、本多繁勝
【制作協力】AXON
【製作著作】日本テレビ
おしらせ
【公式HP】https://www.ntv.co.jp/innocence/
【公式Twitter】https://twitter.com/innocence_ntv
【公式Instagram】https://www.instagram.com/innocence_ntv/

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(和倉 楓の声) 11年前

平成19年12月16日。

神奈川県にある廃虚で

全身を鋭利な刃物で刺された
若い女性の他殺体が発見され

所持品から
秋保彩花 20歳と判明。

彩花の体は
胸と腹を6か所 刺され

喉には深く えぐったような傷が
残されていた。

逮捕されたのは
彩花と交際していた

東央大学理工学部2年

浅間大輔だった。

逮捕後 一貫して否認していた
浅間だったが

大学内のロッカーに入っていた
靴と服から

被害者の血液反応が出たこと

廃虚マニアである
浅間のパソコンから

現場となった廃虚の写真が
出て来たことなど

数多くの物証 状況証拠により
起訴が決定。

横浜地裁の公判において

無期懲役の有罪判決。

そして 控訴することなく…。

♬~

(聡子) 被害者は当時

ストーカー被害に悩まされていた
という情報もありました。

交際相手だった浅間さんを
犯人とする 司法の判断は

果たして
本当に正しかったのでしょうか。

♬~


(湯布院) あぁ… そろそろ

お昼にしましょうか。
(穂香) お茶 入れます。

あっ 黒川先生 あの…。

(黒川 拓) はい。
食材 余ったんで

お弁当1個 余分に
作って来ちゃったんですけど。

よかったら どうですか?
お給料日前ですし。

あぁ… ありがとうございます。

じゃあ お昼ごはんは
みんなで 一緒に。

すいません ちょっと一人で
勉強したいんで。

(ドアが閉まる音)

(穂香) ダメみたいね 今日も。

(登別) 何だ… また黒川は
部屋に引きこもってんのか?

昼から焼き肉でも
おごってやろうかと思ってたのに。

(石和) それ 僕のアイデアです。

あと お金 払うのも。

この間の再審請求棄却が

こたえてるんでしょうね。

過去の事件を再検証する。

それが いかに難しいかを
思い知らされたわけですから。

(楓の声) 黒川先生は やっぱり

11年前の事件も…。

死後再審を考えているはずです。

それって 普通の再審請求より
ハードル高いんじゃ…。

(足音)
(ドアが開く音)

(湯布院) あぁ 有馬さん…
どうしましたか?

(聡子) 黒川君は?
部屋にいますけど…。

(足音)

あぁ 有馬さん お疲れさまです。

2月に大田区の河川敷で起きた
殺人事件のこと 知ってる?

あっ 確か

若い女性の他殺体が
発見された…?

あっ それって 被疑者は もう
逮捕されたって

ニュースで見ましたけど。

被害者を
ストーカーしてたんですよね?

そう 犯行を自白して
起訴もされたみたい。

ただ… 問題は ここから。

これ 出どころは明かせないけど

被害者が付けられた傷痕の写真。

刺されたのは喉元。

似てると思わない?

11年前の事件の

秋保彩花さんが付けられた傷と。

それって…。

♬~


(楓の声)
事件発生は平成31年2月6日

午前1時ごろ。

大田区にある多摩川の高架下で

都内の美術大学
花巻京香 21歳が

刺殺された状態で発見。

被害者は事件発生前

何者かからストーカー被害に
遭っていることを

数回にわたって
警察に相談しており

捜査の結果 被害者宅付近の
車両部品工場に勤務する

富士田順平 33歳が
被疑者として浮上。

そして
富士田の自宅から学生証が。

車両部品工場のゴミ置き場から

血液が付着したスケッチブックが
発見された。

(富士田) ≪僕は やってません≫

犯行を自白したと伺いましたけど。

(富士田) 取り調べの時に

刑事さんに 散々 責められて
仕方なく。

被害者に対する
ストーカー行為については

認めているんですよね?

僕は 遠くから彼女を
見守っていただけなんです。

(富士田の声) 公園で
スケッチしている彼女を見て

ひと目ぼれして。

それから彼女の写真を撮ったり

家の前をうろうろしたりは
してましたけど。

ストーカーしてたなんて…。

自宅のパソコンからは
盗撮した被害者の写真が

数百枚 出て来ていますよね?

それに 学生証や
血の付いたスケッチブックも。

学生証は

公園で拾ったんです。

本人に届けようかと思ったけど
声を掛ける勇気がなくて。

スケッチブックのことは

ホントに 身に覚えがないんです。

富士田さんは…

茨城県のご出身なんですね。

ええ…。

両親は もう いないんで

ほとんど帰りませんけど。

高校卒業後
地元を出て フリーター。

22歳の時 つまり11年前は

神奈川にお住まいだった。

(富士田) そうですけど。

11年前 神奈川でも

女子大生が殺害される事件が
発生しました。

今回の事件も

その時の事件と類似する点が
いくつかあります。

はぁ?

♬~

富士田さん。

11年前

平成19年12月15日。

あなたは
どこで何をしていましたか?

黒川先生。

何ですか!? それ!

僕のこと
疑ってるっていうんですか?

落ち着いてください。

ハァ… 冗談じゃないですよ!

国選とは別の弁護士さんが
会いに来てくれるっていうから

期待してたのに!

とても重要なことなんです。

答えてください。

覚えてるわけないじゃないですか
そんな昔のこと。

僕は 11年前だって 今だって

人を殺したりなんかしてません!

分かりました。

富士田さん。

私選弁護人として

あなたの弁護を
僕にさせてください。

えっ?

僕自身が

この事件を徹底的に調べて
戦いたいんです。

黒川先生。

分かりませんから。

11年前の事件と
関係があるか ないか

調べてみないと分かりません。

今のところ 3つ いや…

4つの可能性があるので。

4つの可能性?

(秋保恭一郎)
≪1つ目は 単なる偶然だな≫

その富士田という男が
犯人だろうと なかろうと

首の傷や事件の構造が
たまたま似ていただけ。

2つ目の可能性は 模倣犯だな。

11年前の事件の時

傷のことは公表されてないけど。

関係者なら全員 知ってる。

捜査機関の人間も マスコミも。

もちろん 遺族も。

あと…

富士田が 今回の事件にも
11年前の事件にも

関わってる可能性。

最後の4つ目は

真犯人が別にいて

他人に罪を着せた。

今回は富士田という男に
そして…

11年前は浅間大輔に。

だが その可能性は
著しく低いだろう。

2件が同一犯の犯行だとして

11年もブランクが開く
理由がない。

話が終わったなら さっさと帰れ。

黒川君

この事件を担当することになった。

可能性がゼロじゃない限り

私も… とことん調べてみる。

(ドアの開閉音)

(秋保彩花)お兄ちゃん

(彩花)
はい これ この間の写真

(浅間)
研究室に飾ってください

いるか こんなもの

大体 俺は お前らの遊びに
付き合わされたこと自体

不本意だったんだ
ウソばっかり!

結構 楽しんでたじゃない

(浅間)先輩 ず~っと研究室に
こもってるじゃないですか

たまには いい気分転換に
なったんじゃないですか?

お前らは気分転換のし過ぎだ

学生の本分は 学業だろ
はいはい 分かりました

私たち これから お昼だから
はい!

行くよ 大輔
あっ すいません 先輩!

あぁ…

(ベル)

はい。

秋保恭一郎准教授ですね?

そうですが…。

(黒川 真)
検察庁の黒川と申します。

突然のお電話
申し訳ありません。

実は あなたに

直接 会って
ご相談したいことがありまして。

この辺りですね。

そこの監視カメラに
スケッチに来てる被害者と

その様子を見ている
被告人の姿が

1か月のうちに
8回 映ってたそうです。

学生証を拾ったのも
この公園だって言ってましたけど。

事件が起きる2週間前に

それぞれのSNS
そのことについて書いてあるわよ。

こっちが被害者。

こっちが被告人。

ちょっと すいません。

♬~

ここですね。

検察は
被害者を盗撮した画像の他に

このSNSの写真にも
注目したみたい。

犯行場所の下見
だったんだろうって。

不自然ですよ。
えっ?

もし 本当に彼が犯人なら

そういうふうに
怪しまれる内容を

わざわざ
SNSで発信するでしょうか?

検察は強引に

富士田さんを起訴に持ち込んだ
ってことですか?

11年前の事件でも そうでした。

あの時も

現場となった廃虚に
事前に行っていたことが

犯行現場の下見だって
判断されたんです。

悪いんですけど

先に 事務所に
戻っていてください。

黒川先生は?

ちょっと 一人で考えたいんで…。

すいません。

大丈夫かな? 黒川先生。

(黒川 麗)
ホントに 昔からマイペースで。

誰に似たんだか。
(別府) まったくですね!

あっ!
(麗) あ~ 和倉先生!

お久しぶりです。

お知り合い?
黒川先生のお母様です。

(麗) こちらは はじめましてね。

拓の母でございます
いつも息子がお世話になりまして。

(穂香) 城崎と申します。

こちらこそ 黒川先生には
お世話になっていて…。

あっ!

何か?

(麗) あなた

お風呂に浮かぶ
ヒルちゃんみたいで

かわい~い!
ア~ハハ~!

ありがとう… ございます?

あの 今日は どうして こちらに?

あっ 今までね 一度も ご挨拶に
伺ってなかったんで来たの。

そしたらね 拓がいないから

すぐ おいとましようと思ったのよ
だけど何か 話が弾んじゃって。

ええ… もう小1時間。

いや 小… 2時間ばかり。

(穂香:楓) 小2時間…。
(麗) そう。

(別府) 和倉先生… ちょっと。

和倉先生 黒川は どうした?

一人で考えたいからって
別行動に。

なら あの おかあさんが帰るまで
お相手は君に任せた。

はっ?

楽しくて
いい方なんですけれども

なかなかのマシンガントーク
でしてね。

ぶっちゃけ 仕事にならん
かといって

最高検 次長検事の奥様を
邪険にもできん。

君は 随分と
気に入られてるようだからな。

気に入られてるって…
黒川先生に無理やり連れられて

一度だけ ご自宅で
食事をごちそうになっただけです。

話を聞く限りでは
そんな感じではなかったぞ。

結納がどうとか言ってたしな。
結納!?

お色直しのドレスの色についても
気になさってました。

お色直し!?

孫の顔が早く見たいんだそうだ。
孫って!?

(麗) 和倉先生 あの…。

ちょっとだけ

拓が住んでる部屋を
見せていただきたいんだけど

いいかしら?
あの… それは

私に聞かれましても…。
(麗) あっ…。

全然 構いませんよ! 所長権限で。

和倉先生 奥様 いや

おかあ様をご案内して!

(湯布院:登別) おかあ様を!

わぁ~ ハハハハ…!

では… こちらへ。

(別府) そう! ご案内して。

え~!?

あらあら…。

もう少し 整理整頓をしたほうが
いいとは思うんですけどね。

(麗) ねぇ~ フッ。

(麗) あっ これ。

11年前の大ちゃんの事件。

大ちゃん?

浅間大輔さんのこと
ご存じなんですか?

拓の大の仲良しで…。

母親同士も
付き合いがあったもんだから。

この事件が

今の拓の生き方を決めたの。

父親との関係も…。

♬~

♬~

(麗) 大ちゃんは
拓の2つ年上でね。

引っ込み思案の拓の

頼りになる おにいちゃん
っていう感じで。

大ちゃんは 今の拓の生き方に

すごく大きな影響を
与えてると思う。

ヤァ~!
ヤァ~!

♬~

(麗の声) もともと

生真面目っていうか

はみ出したことが苦手なタイプで。

あの事件が起きるまでは

おとうさんと同じ
検事になることを

目指してたくらいだから。

だから 黒川次長検事

黒川先生の弁護活動のことを

快く思って
らっしゃらないんですか?

あの人は
口では いろいろ言うけれど…。

拓の生き方を
否定してるわけではないの。

むしろ… 誰よりも

拓のこと 心配してるし

応援してる。

立場は違うけど

あの2人が
仕事に込めてる思いは

きっと 同じだから。

(真) こうして お会いするのは
初めてですね。

秋保准教授。

私に ご用件というのは?

(指宿) こちらをご覧ください。

まだ 表には出ていない

庁内の極秘資料ですが。

検察庁 直轄」?

ご存じの通り 現状

検察は
警察側が提出した証拠を基に

起訴 不起訴を
決定するわけですが

そこには問題点も多い。

状況証拠や
被疑者の自白に頼った捜査

科学的根拠に欠けた 杜撰な検証。

それらを改善するため

黒川次長検事が設立を図った
捜査機関です。

その主要メンバーとして ぜひ

あなたに参加していただきたい。

なぜ私に?

黒川 拓が これまで
逆転無罪を勝ち取れたのは

あなたの協力の結果だからです。

秋保准教授。

11年前の事件で

あなたが捜査の在り方に
不信感を抱いていたことは

私も理解しています。

だが あなたと私の息子が
抱いてる思いは

必ずしも 同じではない。

違いますか?

♬~

(一同) ご苦労さまでした!
(麗) ハハハ…。

(ドアが開く音)

ごめんなさいね 長居しちゃった。

いえ。

それより ホントに
黒川先生とは会わなくても…。

(麗) 和倉先生

これからも拓のこと よろしくね。

あの子が苦しんでる時

支えてあげてください。

よろしくね。

はい。
(麗) フフっ。

またね~! また来ちゃう~!

(キーボードを打つ音)

あぁ おかえりなさい。

待っててくれたんですか?

ええ まぁ。

あっ さっき
母からメールが入ってました。

ご迷惑をお掛けしたみたいで。

いえ。

それで?

えっ?

一人で考えたいって言ってたから
待ってたんです。

まとまった考えを聞く相手が
必要だと思って。

すいません。

待っててもらって
申し訳ないんですけど

まだ全然まとまってなくて。

じゃあ
まとまってなくてもいいです。

話せば
すっきりするかもしれませんよ。

それに

苦しい時の支えになれるか
どうかは分かりませんけど

一緒に苦しむことくらいは
できると思いますから。

今回の事件を調べることで

11年前の事件の
手掛かりをつかみたい

…と思ってるんですよね?

真犯人が見つかればいい
と思っています。

でも…

この考え方って
問題ありますよね?

どうしてですか?

僕が浅間先輩を

無実だと信じたいと
思ってるからです。

弁護士になって

どんな被疑者や被告人に
対しても

調べなくちゃ分からない
って気持ちで接して来て…。

だから 頭では分かってるんです。

浅間先輩が無実か どうかだって

ホントは分からないって。

でも 本当に無実だったら…。

自殺なんてしないで
生きててほしかった。

ハァ… すいません。

頭の中 グシャグシャで
まとまってなくて。

いいじゃないですか それで。

えっ?

♬~

信じたい… でも分からない。

だから調べる。

それで いいじゃないですか。

今までだって
ずっと そうして来たんですから。

まずは

今 起きてる事件に
向き合いましょう。

富士田さんが冤罪だったら

真犯人は別にいて

その人が11年前の事件の
犯人かもしれないんですよ。

そうしたら 11年前の…

浅間さんの冤罪だって
晴らすことができるんですから。

♬~

そうですね。

立ち止まってる時間は
ないですよ。

公判前整理手続も近づいてますし。

♬~

♬~ えっ?

♬~

♬~ 何ですか?

♬~

♬~ いや…。

♬~

(ベル)

電話です。
(ベル)

(ベル)

はい…。
(ベル)

はい 保駿堂法律事務所。

あぁ 有馬さん…。

えっ?

2人目の遺体…。

(キャスター)
茨城県の山中で若い女性が
遺体で発見された事件で

警視庁は別の殺人事件で
逮捕 起訴されていた

富士田順平被告を再逮捕しました。

遺体で見つかった
山代奈々さん 18歳は…。

(鳴子) 山代奈々のほうが
先に殺されてたんですね。

連続殺人ってことで 一気に
注目されてますよ この事件。

でも 富士田本人は
どっちも否認してるわよ。

(鳴子) 凶器の形状と首元の傷が
一致してたんでしょ?

あと 富士田の当時の動きも。

(鳴子)
山代奈々の死亡推定時期が

2月の3日から
5日くらいの間で

その時期にドンピシャで
帰省してますしね。

両親の墓参りのついでに
人を殺したりする?

人を殺したついでに
墓参りしたのかもしれませんよ。

山代奈々さんは

茨城出身の
家出少女だったようです。

半年前 高校を中退してから
親元を離れて

東京で生活していたよう
なんですが

富士田さんは
面識はないんですよね?

ありませんよ 全く。

殺害されたと思われる時期に

富士田さんは
茨城に帰省されてますけど

その時にも接点は?

認めたら 楽になるんですかね…。

やってないって言ってるのに

毎日 刑事さんに怒鳴られて

寝る時間も削られて…。

やったって認めたら

この状況から
解放されるんですかね?

諦めないでください 富士田さん。

検察は
花巻京香さん殺害に加えて

山代奈々さん殺害についても
追起訴することを決定しました。

でも 僕は
まだ争えると思っています。

警察 検察は
花巻京香さん殺害について

富士田さんのストーカー行為を
動機としています。

だったら
接点のない山代奈々さんを

殺害する動機がありません。

でも… 証明できないでしょ。

僕と その女のコに

本当に
接点がなかったかどうかなんて。

手掛かりを探します。

ですから

富士田さんも
諦めないでください。

で 茨城まで来ちゃいましたけど。

寒いですね さすがに。

現場まで行ったら
もっと寒いですよ きっと。

そもそも 接点がない手掛かり
なんて探すのは不可能ですよ。

いわゆる 「悪魔の証明」ですから。

悪魔の証明

あることを証明するのは
簡単なんです。

例えば 富士田さんと
被害者の接点を証明するなら

目撃者とか 監視カメラの映像を
探せばいいだけですから。

でも 接点がないことを
証明するとなると…。

そんなの証拠なんてないですよね
そもそも接点がないんですから。

だから
基本的には不可能なんですよ。

現場に行けば 何か気が付くことが
あるかもしれません。

♬~

お~っととと…!
あっ 危ないですって 黒川先生!

ごめんなさい ごめんなさい…。
あの…

この辺 クマとか出ませんよね?

ツキノワグマぐらいは
いるんじゃないですか?

今は冬眠中だと思いますけど。
あっ!

えっ!
えっ?

近くにレモンの畑があります。

何か目撃してないか
聞き込みに行きましょう。

はい。

ありがとうございました。
≪ちょっと お兄さん…≫

≪これ 持ってって≫
あ~ ありがとうございます。

収穫なしですね。
(石和) こっちは大収穫ですよ。

ほら!

お~。
遊びに来たんじゃないんですから。

でも ホント不思議ですね。

こんなに寒い山の中で
レモンが育つなんて。

(石和)
いや さっき農家の方に聞いたら

この辺りは特別だって
言ってましたよ。

夜でも それほど
寒くならないらしくて。

夜でも?

接点がない手掛かりなんて
探すのは不可能ですよ

いわゆる
悪魔の証明」ですから

(聡子)両親の墓参りのついでに
人を殺したりする?

♬~

えっ?
黒川先生!

ど… どうしたんですか?

♬~

石和さん… お手柄です。

えっ?

できるかもしれません
悪魔の証明

♬~

パンして。
はい。

♬~

秋保さん
今日も よろしくお願いします。

こちら基地局 バルーンを揚げろ。

了解です!

♬~

バルーンを揚げたのは
気温を測るためだ。

高度50mでは
マイナス1℃だった気温が

遺体が発見された
高度300m付近では

5℃と高くなってる。

やっぱり…。
どうして こんなことが?

これは 斜面温暖帯と呼ばれる
自然現象だ。

晴れた日の夜
斜面から下りて来る
冷たい空気の流れと

地面の放射冷却によって
冷やされた空気が

地上にたまって行く。

その冷たい空気の層は
ある程度の高度で止まり

それ以上は到達しない。

結果
山の麓よりも
中腹のほうが気温が高いという

逆転現象が起きる。

遺体が遺棄された時期も
この山では

この現象が起こり得る
気象条件がそろっていた。

でも 警察だって それぐらい
考慮してるんじゃないの?

司法解剖の際 医師は

麓の気温を基に

山中の気温を推定するのが
慣例だ。

平均的に山の気温は
標高が100m上がるごとに

約0.65℃低くなる
だが 今回の場合

斜面温暖帯によって
現場の気温は

想定していたよりも
ずっと高かったことになる。

気温が高ければ
当然 遺体の腐敗は早く進む。

つまり 死亡推定日に
大幅なズレが生じる。

ということは
山代奈々さんが殺害されたのは

今 推定されている日よりも
後になるってことですよね。

この温度差なら
1週間のズレは出るはずだ。

花巻京香さんの遺体発見が

2月6日。

その2日後の2月8日に

富士田さんが逮捕。

警察の出した
山代奈々さんの死亡推定日が

2月4日前後。

でも もし

1週間後ろに
ズレ込んでいたら…。

山代さんの死亡推定日は

2月11日。

なら 逮捕されてる富士田さんに
犯行は不可能です。

真犯人は 他にいる。

検証は以上だ。

事件に関してではなく

この山の環境に関してのみだがな。

えっ?

秋保さん?

何か変よね 今日。

待ってください 秋保さん。

さっきの どういう意味ですか?

言葉の通りだ
あれは ただの仮説だ。

実際に遺体を調べて
検証してみない限り

富士田という男の無実を
立証できたとは言えないだろう。

でも 2月4日以降も

山代奈々さんが
生きていた可能性があるなら

彼女を目撃した人を
探し出せれば…。

探し出せなければ 負ける。

探し出せたとしても
勝てる保証はない。

黒川 この辺りが

弁護士としてのお前と

お前に協力してる
俺にできる限界だ。

捜査機関が入手した証拠品や
一次情報に比べれば

確実に精度は落ちる。

それでも これまでは

秋保さんのおかげで
実証することができました。

運が良かっただけだ。

だが それも今回で最後だ。

えっ?

近々 検察庁

警察とは独立して 科学捜査を行う
専門機関が設立される。

俺は そこのメンバーに入るよう
打診を受けた。

お前の父親からな。

国家機関である 検察の下でなら

今までよりも ずっと精度の高い
検証を行うことができる。

11年前の事件の犯人と

今回の事件の犯人は
同一人物かもしれないんですよ?

もう少しなんです もう少しで

浅間さんの冤罪と
彩花さんの無念が

晴らせるかもしれないんです!

黒川。

お前は

死体の冷たさを知らない。

彩花は 俺たち家族にとって
かけがえのない存在だった。

(秋保の声)
明るく 活発でよく笑い

俺とは正反対だった。

そんな彩花が
突然 俺たちの前から消えた。

殺されたんだ!

唐突に 理不尽な形で。

♬~

(秋保の声)
冷たくなった あいつは

もう笑うこともできない。

♬~

俺たち家族が
どれだけ苦しんだか分かるか!?

どれだけ 彩花を殺した犯人を
憎んだか!

犯人が浅間さんだとは…。

だったら 誰が殺した!?

今すぐ犯人を見つけて

そいつがやったということを
立証してみせろ!

捜査は杜撰 科学的検証は不十分。

だから
俺たちは不満を抱いて来た。

だが お前と俺は

決定的に違う。

お前は 浅間大輔を

無実だと信じたい。

俺は… 俺たち家族は

浅間が犯人だという結末で
構わない。

真相なんかより

目の前にある答えのほうが
苦しまずに済む。

♬~

科学者として失格だな。

幻滅してくれて構わない。

♬~


那須亜里沙さん。

あなたは2月10日 都内で

被害者である山代奈々さんに
会った 間違いありませんね?

(亜里沙) はい
奈々とは たまに遊んでたんで。

その時 彼女に何か変わった様子は
ありませんでしたか?

(亜里沙) 何か

今度 まとまったお金が入るから
おごるとか言ってて。

もしかして ヤバいこと
してんのかなぁって思ったけど。

ありがとうございます。

先ほど お見せした

斜面温暖帯に関する
検証映像の通り

山代奈々さんは
警察の死亡推定日である

2月3日から5日以降も
生存していたことが

証人によっても立証されました。

(指宿) あなたは
山代奈々さんと同じく

家出して 都内を転々と
生活しているそうですね。

(亜里沙)
ええ まぁ… 友達の家とか。

(指宿) 生活費は
どうされているんです?

たまにバイトとか…
あと 小遣いもらったり。

お小遣い? 男性からですか?
(亜里沙) はぁ?

異議あり

本件とは無関係であり
証人に対する 侮辱的尋問です。

裁判長 および 裁判員の皆さん。

これは
証言の信用性に関わる問題です。

こちらの証人は

援助交際などで
複数の補導歴がありますので。

(ざわめき)

(亜里沙) っていうか それ
今 関係あんの?

奈々を見たから見た
っつっただけなんだけど。

(指宿) 金銭を受け取って

虚偽の証言をしているとも
限りませんからね。

裁判長 今の発言は…。

捜査機関を侮辱しているのは
あなただ 弁護人。

警察による
死亡推定時期のズレは

実際に遺体を調べたわけでもない
ただの仮説にすぎません。

付け加えるなら 弁護人は

11年前に神奈川で発生し

既に判決が確定した殺人事件と
本件を結び付けている。

むしろ
そちらの事件の真相解明に

主眼を置いているとの情報も
得ています。

これは 弁護人としての姿勢に

大いに問題があると
言わざるを得ません。

♬~

(記者)
来た 来た 来た! 黒川先生

検察が指摘した
11年前の事件というのは?

(記者) 今後の公判も あくまで
全面否定で行く お考えですか?

ノーコメントです
すいません 通してください!

(記者)
何か有力な情報があるんですか?

♬~

秋保さん…。

♬~

♬~

(別府)
≪はい 保駿堂法律事務所≫

その件については
取材は お断りです。

マズいな こういうのは。

前回に引き続き

既に裁判所が結審した事件を
掘り返そうとしていると

大々的に扱われて。

(湯布院) 黒川君が
弁護士を続けていれば

いずれは通る道でした。

事務所が巻き込まれるのは
勘弁だと言ってるんです。

大体 私だって もう
この事件には関わりたくない。

兄が 弁護士として

無念を抱えたまま死んだ事件
ですからね。

そうでしたね。

♬~

♬~ (缶を開ける音)

♬~

気晴らししたいっていうのは
分かりましたけど

そろそろ帰りませんか?

あっ… おつまみ食べますか?

♬~

裁判は
まだ終わってないんですよ。

11年前の事件のことだって。

♬~

立て直しましょう 明日から。

♬~

秋保さんと
指宿検事の言う通りですよね。

僕は 死体の冷たさを
知りませんから。

誘っておいて すいません。

少し 一人にさせてもらっても
いいですか?

♬~

あんまり
飲み過ぎないでくださいよ。

♬~

♬~

(着信音)

はい 和倉です。

(聡子)
有馬だけど今 黒川君 一緒?

いえ さっき別れたところです。

そうなんだ
電話しても出てくれなくて。

大至急
伝えたいことがあるんだけど。

伝えたいこと?

もしかしたら
真犯人につながるかもしれない。

えっ?

♬~

♬~

♬~ どこ?

♬~

♬~ あぁ…。

♬~

♬~ 黒川先生!

♬~

♬~

♬~ うっ…。

♬~

♬~ えっ…。

♬~