ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

メゾン・ド・ポリス 第10話 最終回 高畑充希、近藤正臣、角野卓造… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

金曜ドラマ「メゾン・ド・ポリス」最終回【決死の作戦!おじさん軍団よ永遠に】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 野間
  2. 大丈夫
  3. 伊達
  4. 真琴
  5. お前
  6. 夏目
  7. 警察
  8. 市野沢
  9. 藤堂
  10. 桃香
  11. 迫田
  12. 牧野
  13. 裏切
  14. お願い
  15. 最後
  16. 情報
  17. 草介
  18. 大黒
  19. 年前
  20. ドア

f:id:dramalog:20190315231121p:plain

金曜ドラマ「メゾン・ド・ポリス」最終回【決死の作戦!おじさん軍団よ永遠に】』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

金曜ドラマ「メゾン・ド・ポリス」最終回【決死の作戦!おじさん軍団よ永遠に】[字][デ]

今夜がついに最終回!新米刑事の主人公ひより(高畑充希)が、シェアハウスで暮らす退職警官のおじさんたちと難事件に挑む!事件は骨太、笑って泣ける新感覚の刑事ドラマ!

詳細情報
番組内容
元警察官のおじさんばかりが暮らすシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」の面々と共に捜査をすることになった新人刑事のひより(高畑充希)。オーナーで元副総監の伊達(近藤正臣)、元たたき上げ刑事・迫田(角野卓造)、元科捜研・藤堂(野口五郎)、元警務課の高平(小日向文世)、そして元捜査一課エースの夏目(西島秀俊)などクセ者揃いの彼らは、野間(佐野史郎)によって窮地に陥る。ひよりは最後の希望を求めて奔走するが…
出演者
高畑充希西島秀俊西田尚美竜星涼木村了戸田昌宏今井朋彦小日向文世野口五郎角野卓造近藤正臣、渡辺文香、山崎莉里那、水橋研二東風万智子荻野友里笠松将、ヨシダ朝、水谷果穂、関幸治、税所伊久磨、三村晃弘、住田萌乃、宮地雅子、中野英雄佐野史郎
原作
加藤実秋「メゾン・ド・ポリス」シリーズ(角川文庫刊)
脚本
黒岩勉(「モンテ・クリスト伯」「僕のヤバイ妻」「ストロベリーナイト」)
音楽
主題歌:WANIMA「アゲイン」
音楽:末廣健一郎/MAYUKO
スタッフ
演出:佐藤祐市城宝秀則、木下高男
プロデューサー:橋本芙美、芳川茜
公式ページ
◇番組HP
http://www.tbs.co.jp/maison_de_police/

ツイッター
https://twitter.com/mdp_tbs2019

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(ひより)必ず真相に
たどり着きますから

(和子)あなたのお父さんの死にも
つながってるかもしれない

和子さん!

和子さんが殺されました
警察にも内通者がいます 危険です

(迫田)行け 夏目
お前が捕まったら負けだ

(間宮)君は 3年前の夏目惣一郎と
同じ罪を犯したんだ

(野間)これ 何ていうか
分かりますか?

無敵です

あなたは
仲間をすべて失い 負ける

(爆発音)

(小梅)理香ちゃんってね
占いの専門学校通ってるんだって

手相ってね 毎日変わるんだって

(中本)毎日?
(小梅)やばいよね ほらほら

(高平)小梅ちゃん
えっ パパ?

大丈夫? ケガはない?

お前 誰だ?
はい…

友達だってば
どうしたのよ

えっ? 何でもない
帰ろう 早く

えっ? でも今 中本君と…
いいから行くよ

(携帯着信)

ちょっと ごめんね

高平さん? 今どこです?

無事ですか?
☎どうしたの?

シェアハウスで 爆発がありました

爆発!?

今 警察と消防が集まっています

みんなは?

藤堂さんが 大ケガをしました

今…

私も ちょっと動きづらい状況で

高平さん シェアハウスに
向かってくれませんか?

あっ… 今 ちょっと無理
変なやつから電話あってさ

小梅ちゃんを狙うって

☎脅されたんだよ
そんな…

ああ とにかく今は時間がないから
切るね

あっ…

刑事部長から
直々に連絡があった

君は自宅で待機していろ
とのことだ

これは命令だ

もうしばらく
彼らを見張っていてもらえるかな

(真琴)市野沢和子さんを殺す
なんて聞いていませんでした

何のこと?

私は あなたの不正を追っている
人達の情報を伝えるだけで

人殺しの手伝いなんて
するつもりはありません

嫌っ 嫌っ

嫌~っ!

さすが 私が見込んだ記者さんだな

君は

私の持ち駒なんだよ

いい働きを期待しているよ

終わったわ 出てって

子守してやってたんだから

ありがとう だろ

(ドアが閉まる)

(ドアが開く)

伊達さん…

すみません

こんなものしか作れなくて

(伊達)この時間に
こういうものを食べてると

何だか 罪悪感ですね~

みんな バラバラです

迫田さんは
若林和史の遺体について

取り調べを受けています

夏目さんは姿を消しましたが

警察が追っています

藤堂さんは やけどと打撲で

しばらく入院が必要です

高平さんは
小梅ちゃんのことで脅されて

ここには来られないって

ひよりさんは?
大丈夫なんですか?

自宅待機を命じられました

うん

伊達さんは
どこに行ってたんですか?

野間に誘われましてね

チェスやってました

大惨敗です

すみません

相手を…

甘く見てました

皆さんと一緒なら大丈夫だって
勝手に思ってて

調子に乗って 油断して

市野沢和子さんを
死なせてしまいました

他のみんなも こんなことに…

私の 判断ミスです

今更そんなこと言って

やめるなんて言っても

そんな命令は

従えません

えっ?
年を取るとね

悪くなるんですよ

諦めが

今頃みんな 久しぶりに
燃えていると思いますよ

(ドアが開く)

高平さん
ああ~

何してんの?

もう こんな時間に こんなもの
伊達さんに出しちゃダメでしょ

もう~
ていうか あの 小梅ちゃんとか

ご家族とか大丈夫なんですか?
ああ~ 重たい

ここに来ちゃまずいんじゃ…

大丈夫 しばらく
ホテルに入ってもらったから

でも…
こういうのはね

帰るところがあって
しっかり腹ごしらえをしないと

勝負にならないの

バカにしないでよ

こっちだって 命がけで
ご飯作ってんだから

ああ~ ひどい!

ひどい これ!

もう まず お掃除しないとですね

手伝いますよ
いいから食べてて

ええ~ 上 ああ~!

ドアが外れてる!

ちょっと もう これ明日 草介君に

工具買ってきてもらわないと
ダメじゃ… イタッ 痛~い

夏目さんも 大丈夫ですよね

どうでしょうね

彼のことが一番心配です

えっ?
火がつくとね

怖いですよ 夏目惣一郎は

(夏目)ここ 青戸組のシマだよな

お前ら 組の売人か?

何だ てめえ

イテテテッ

若頭で青幸興業の社長やってる
大黒は どこにいる

知るか ボケ!

てめえ!

どこだ おい!
言え こらっ

大黒は どこにいる!

≪何なさるんですか お客様!?

やめてください!

どなた様ですか?

(大黒)お部屋 間違えました?

お前は 6時間前
邪魔になった若林和史を殺した

警察呼びますよ

お前の靴だろ? これ

裏に血がついてるよ

もらってくぞ

そんなことして
許されるんですかね

あんた もう刑事じゃないんだろ?

刑事じゃないから
何でもできるんだよ

ちょっと 携帯取って
はい

あっ 夜分遅くに すいません

警察内に 夏目から

☎俺の靴を証拠として
持ち込まれるかもしれません

☎いつものように

☎うまいこと
処分してもらえませんか?

☎よろしくお願いします

あっ 続けて

(藤堂)やあ

寝起きに君の顔見るの
久しぶりだな

(杉岡)何があったの?

現場見たんでしょ

試薬調整の過程で
誤って塩酸を混ぜてしまい

小爆発を起こした

というのが
警察の見立てだけど

爆心はクリーンベンチから
離れた場所にあった

それに いくら
もうろくしているとはいえ

藤堂雅人が そんな
初歩的なミスをするはずがない

さすが 僕の元妻

ふざけないで

罠だね

誰かが

混合液と塩酸が
時間差で混ざるように仕掛けた

恐らく
若林和史って子じゃないかな

吹き飛んだ窓ガラスを
調べてみよう

あっ それと
足跡があるかもしれない

若林は殺された

ワゴン車に遺体があったの

連続多発的な罠だったのか

これは強敵だね

あなた達 誰とケンカしてるの?

ムカつくやつだよ

≪失礼しま~す

ああ~ 藤堂さん
起きられましたか

ああ 白衣の天使ちゃん
君 お名前は?

すいません

あっ そうだ これ

藤堂さんに差し入れですって
あっ すいません

男の方が来て
そのまま帰っていかれましたよ

ありがとうございます

じゃあ 先生 呼んできますね
お願いします

これは これは

最高の差し入れだよ

誰が こんなものを?

この靴底に何がついているのか

僕なら見逃さないことを
信じてる男だよ

(足音)

おお よく出張ってくれたな

(新木)迫さんの こんな姿
さすがに見たくなかったですよ

(原田)何で呼んだんですか?

お前達に
頼みたいことがあるんだよ

おい おい おい

ひよこがICレコーダー持ってたの
知ってるだろ

(新木)ええ
何も入ってなかったですけど

そこだよ 問題は

ICレコーダーから音声データ
消したやつがいるんだ

警察内部に
裏切り者がいるってことですか?

俺達は今
でかい敵を挙げようとしてる

誰かが そいつの犬になって

ひよこのデータ
消しやがったんだよ

迫さん この状況
分かってますよね

さすがに勾留中の人の
頼みは聞けませんって

おい 俺がホントに殺しをやったと
思ってんのか?

あり得ませんよ 迫さんが
殺しなんてやるわけがない

俺も同じだよ

お前らは裏切り者じゃないって
分かってる

唯一 信用できるから呼んだんだ

相手は 高遠建設常務取締役

野間仁

公安にいた 元警察キャリアだ

警察もヤクザも全部
自分の駒だと思ってやがる

野間が飼ってる犬 捕まえてくれ

お前らにしか頼めねえんだよ

そのままで

野間が
こちらの動きに気づいてました

罠をかけられ
我々はバラバラになって

今 俺は警察に追われています

美砂さんも気をつけてください

やつら 何するか分かりません

(美砂)それだけ言うために?

最後に 謝りに来ました

3年前 俺は
ご主人を問い詰めました

まるで ご主人が
犯人であるかのように厳しく

市野沢譲さんの死が
事故で処理されるのが怖かったと

この前は言いましたが

嘘です

本当は 真相を暴いて

手柄を立てたかったんです

捜査一課の主任なら
当然のことだと思っていました

でも ご主人の遺体を見たとき

ぶん殴られたような気がしました

自分は思い上がって

人の大事なものを

平気で踏みにじるように
なっていたんです

俺は犯罪者と同じです

許されないことをしました

申し訳ありませんでした

(原田)しかし迫田さんってホント
人たらしっすよね

言いなりになってるわけじゃない
一応 確認だ

でも 裏切り者なんて
ホントにいるんですかね

(新木)そういえば あのとき
トイチが来てたな

まさか

(間宮)どうした?

あっ
間宮管理官

ちょっと調べものを

これは人事第一課の
鴨下警視正だな

何で ここに?

(草介)ちわ~っす
極上大工道具 お持ちしました~

待ってたよ 草介君

うわっ 結構ガッツリいってますね
ねえ~

あっ 俺 やりますよ

伊達さん達は休んでてください
ありがとう 助かります

よろしくね~
はい

ああ~ いやいや 伊達さん
お茶でも飲みましょ

(伊達)ああ~ いいですねえ
冷たいのがいい?

(伊達)冷たいのがいい
じゃあ アイスティー

何で ここの盗聴器
つけっぱなんですか?

ICレコーダーが警察署の
引き出しん中にあることまで

この前
わざと俺に伝えてきましたよね

俺が
野間の犬だと思ってるんでしょ

それで餌まいて
尻尾を捕まえようとしてる

意外と頭悪いんですね

トイチって

私は 草介さんを信じているんです

こちらの情報を共有しておけば

警察内の裏切り者を

草介さんが見つけてくれるって
思ってるんです

大体 俺は
野間を狙ってるわけじゃない

警察内部の裏切り者を
捕まえようとしているだけ

でも その裏切り者を見つければ

野間に手が届きます

トカゲの尻尾はチョキンで終わり

やつには結局 誰も手が届かない

それに 野間を狙ったら

野間と仲よくしてる警察上層部が
いい顔をしない

出世がなくなる

でも

草介さんも ここの仲間だって

信じてますから

(ドアが開く)
藤堂さん!

だ… 大丈夫なんですか?
はい こっそり外泊しちゃいました

いやいや
嬉し恥ずかし昼帰りって… イテテ

それ絶対 病院抜け出してきた
パターンっすよね

ダメですよ もう 戻りましょう

ねっ
いやいやいや 昔はね

科捜研は定時帰りで
さぼっているんじゃないかって

言われるのがね 嫌でね

僕だって たまには真面目に
仕事をしてるっていうところを

ちゃんと見せないとね

何ですか? これは
大黒の靴です

うん?
夏目君が持ってきました

ヤクザの靴 盗むって
どんなことしてるんですか

(藤堂)もう片方は
2番目の妻に持っていかせました

杉岡さん 病院に行ってたんですね
愛だね~

(藤堂)一応
ここは危険ですからね

柳町北署に保管しました

それがいいですね ここにいると
襲われちゃいそうですもんね

草介君 拳銃とかないの?
護身用のやつ

いや さすがに
それはないっすね

私 こう見えても
射撃の腕前は超一流なのよ

(チャイム)

あっ 私 出ます

は~い

うん?

桃香ちゃん

いらっしゃい どうしたの?

ママは?

桃香ちゃん?

(桃香)ママが…

ママが怖い人に脅されてる

大丈夫 安心して

とりあえず中に入ろう ねっ

何だ やっぱりあるんじゃないか

裏メニューの違法ドラッグ

3年前 市野沢譲が
ここで飲んだあと

川に落ちて死んだのは
覚えてるよな

お前 あのとき

市野沢譲は ここで一人で
飲んでいたと言ったが嘘だろ

本当は誰と飲んでた

(三上)一人だった

もう一度 聞く

市野沢譲は 死の直前

この店で誰といた?

一人だったって言ってんだろ…
誰といた!

うわ~っ

ついてるな もう一度 聞くぞ

市野沢譲は 誰と飲んでた

ひっ 一人…

誰と飲んでた!

おい こんなこと
許されると思ってるのか

許されない

(三上)言う 言う!

当時の映像が残っている!

すいません 娘が勝手に

いやいや
気にしなくていいですよ

桃香 何で黙って来たの?

これから夕飯作るんだけれど

桃香ちゃん 手伝ってくれる?

ねえ あっち行こう
うんうん

おいしいもの
お願いしますよ

真琴さん

お話があります

こちらの情報を

野間に伝えていたんですね

何で?

桃香ちゃんが気づいています

真琴さんのことを

すごく心配しています

どうしてですか?

真琴さんは 高遠建設と
警察の癒着を暴くために

記事を書いてたんですよね

高遠建設の記事を書いたあと

編集部を通して連絡があったの

取材のつもりで会ったのが
野間だった

あの人は 意外な提案をしてきたの

《どうでしょう これから》

《あなたと同じことを調べる人間が
現れたら》

《私に教えてもらえませんか?》

《えっ?》

《取材をする人間には
そういう情報も入るでしょう》

《原稿料の10倍は お支払いします》

(真琴)私は…

お金に目がくらんで

受け取ってしまった

(真琴)それから
何度か情報を流しているうちに

桃香のことで
脅してくるようになって

抜け出せなくなった

ごめんなさい

私が情報を流したせいで

市野沢和子さんは…

ということは

野間は まだ

真琴さんのことを自分の駒だと
思ってるってことですよね

それは 私達にとって
武器になるかもしれません

真琴さんが切り札になるかも

でも 私は あなた達を…

もう一度 味方になってください

真琴さんと桃香ちゃんのことは

絶対守るって約束します

(足音)

警視庁捜査一課
管理官 間宮といいます

管理官様が何の用だい

私は元々 夏目惣一郎の上司でした

今は 牧野ひよりのことも
任されています

警察内部に裏切り者がいると
お考えだということは

新木課長達から聞きました

はい

保釈許可が出ました

伊達さんから
強い要望がありまして

伊達さんが?

ご自分のキャリアに
泥を塗っても構わないと

上に掛け合ったそうです

それに 私も一人の警察官として

正義を貫きたいと思い
ここに来ました

どういうことだ

柳町北署の防犯カメラを
チェックしました

ICレコーダーの音声が
消される前

気になる人間が
来ていました

誰だ

人事第一課の鴨下警視正です

彼が 野間や青戸組と
つながっているかもしれません

トイチだと?

大黒の靴が シェアハウスと
柳町北署に持ち込まれました

恐らく内通者が
狙ってくるはずです

犬を挙げるチャンスです

(鴨下)瀬川
その件は もういい

えっ?

手を引くことになった

どうしたんですか?

2年間も張りついてたんですよ

瀬川草介巡査部長

上層部の方々には
あなたの功績を

まあ よろしくと
お伝えしておきますよ

お疲れさま

鴨下警視正が犬だったんですか?

だとしたら どうする?

俺が犬だって証拠があるのか?

結局 俺も お前も

野間に負けたんだ

クソッ!

少し横になったほうが
いいんじゃありませんか?

まだ 腕と頭は働くので

後悔したくないんです

あのときみたいに

エクセレント!

靴の底についていた血痕は

死んだ若林和史のもので
間違いないことが分かりました

ご苦労さん

今回は

私も やり遂げますから

迫田さん!
(迫田)おう ただいま

さ こ た! さ こ た!

ああ どうも
桃香ちゃん ただいま

迫田!
やれやれ

おつとめ ご苦労さまでした

ムショ入ってたわけじゃねえよ
食った? 臭い飯

だから
ムショじゃねえっつってんだろ

お前 大丈夫なのかよ
ああ…

シャバの空気は
おいしいですか?

伊達さん ご迷惑 かけました

おかえりなさい

ただいま
みんな揃って よかった

ご飯作ってあるから
お薬も飲まないとね

手伝います
私も!

ありがとう
じゃあ こっち

あの ひよこは?

ああ 自宅待機の命令が
出てるんでね

うちへ帰しました

大丈夫 まだ やる気ですよ
うちのピヨリーダー

夏目さん
映像データだ 確認しろ

うちで傷の手当てを
俺は逃亡犯だ

私はリーダーです
命令に従ってください

この店って…

市野沢さんが死ぬ直前にいた
あのバーだ

この日付 市野沢さんが
亡くなった日ですよね

ああ そのあと
市野沢さんが店に入ってくる

一緒に飲んでいた人間も
写っていた

どうやって手に入れたんですか?
いいから よく見ろ

池原慎吾さん… どうして

3年前 市野沢さんの様子が
おかしいと感じた野間は

慎吾さんを利用して
探りを入れたんだ

慎吾さんは 野間の指示に従い

市野沢さんを あのバーに
連れてきて話を聞きだした

市野沢さんは
そこで裏帳簿のデータを

警察に届け出るつもりだと
告白した

それを知った野間は 若林を使って

口封じのために
市野沢さんを殺した

《(市野沢)うわっ 何だ…》

《やめろっ やめろ》

《≪いくぞ せ~の》
《(市野沢)うわ~っ》

じゃあ 慎吾さんは
不正会計だけじゃなくて

市野沢さんの殺害にも

手を貸してしまった
ってことですか

慎吾さんは 市野沢さんを
死に追いやってしまったことを

ひどく後悔していたはずだ

だが 俺の追及が続き

このままだと口を割ってしまうと
判断した野間は

あっさり
慎吾さんまで切り捨てたんだ

あいつは 本当に
人のことを駒としか見ていない

その話は どうやって?

マスターを脅して
強引に引き出した

夏目さん

だから証拠にはならない

結局 野間には手が届かない

でも…

どこかにあるはずです

野間の弱点

どうした?

こういうときは これですよね

お前 使ったことないのか?

今は 女子力とか家庭的とか
そういうの

なしで お願いします

はあ…

《(草介)野間は警察の上層部とも
太いパイプを持ってる》

《(藤堂)連続多発的な罠だったか》

《(迫田)証言だけじゃ
野間は認めねえだろうな》

《(池原)平成10年度より前の
帳簿データがありません》

《(和子)不正会計のことを
相談したこともあった》

《大丈夫ですか?》

《しゃ… 写真》

これは 和子さんが持ってた…

亡くなる前
写真って言ってたんです

この封筒…

経理部?

もしかして これ
市野沢さんが持ってきたものかも

確か 平成10年より前のデータが
消えていたって言っていたよな

この写真

撮影されたの 平成10年です

夏目さん

ああ 間違いなさそうだな

それは?

小さい頃

私が描いた絵です

たぶん

たぶん?

だって…

何げなく描いて
渡しただけの絵ですよ

描いたことも忘れてました

こんなの
残しておかなくていいのに

私…

ずっと父を恨んでたんです

何で あの日 勝手に現場に行って

私と母を
置いてっちゃったんだろうって

これを使って
野間を追い詰めます

どうやって?

真琴さんに公表してもらいます

う~ん でも やっぱり警察に
渡したほうがいいんじゃない?

警察内部に
裏切り者がいるんだぞ

ジャーナリストの真琴さんに
お願いするのが筋だね

ここは
ひよりさんの考えに従いましょう

真琴さん

1時間後に遊歩道の橋で
見つけた裏帳簿を渡します

分かった 桃香 行こう

は~い

コピーは シェアハウスに
俺が持っていきます

(野間)ありがとう 助かったよ

(携帯電話を切る)

ほっといても
いいんじゃないですか

分かってないな

無敵っていうのは

どんな小さな弱点も残さない

どんな小さな敵にも
手を抜かない

どうしますか?

猶予は与えた

チェックメイト

お願いします

おかえり

ずいぶん暴れていたみたいだね

さすが元捜査一課のエース

夏目惣一郎

私は勘違いをしていたよ

伊達有嗣ではなく

君が
このチームのキングだったわけだ

これでゲーム終了だな

あっ 夏目君もか

最後の望みだったのに

しくじった
捕まっちまったよ

バロンが
ほえてくれたんですがねえ

多勢に無勢で

どうするつもりだ

私が ここにいるということは

もう お分かりでしょう

おい
≪はい

(大黒)老い先短い老人達が
逃亡者の夏目とともに

自ら集団で この世を去った

悲しい
元警察官の末路ってやつだな

そんなに
うまい筋書きが通りますかね

うまいこと処理してくれるやつが
警察にいるんだよ どうにでもなる

取引しよう
取引?

市野沢譲が隠していた
20年前の裏帳簿を持ってる

その裏帳簿というのは

これかな?

それはコピーだ
もう一部ある

ほう

それは もしかしたら
このことかな?

(伊達)真琴さん…

ご苦労さま

なぜ…

こっちの味方に
なってくれたんじゃなかったの?

彼女はね

死ぬまで私の駒なんだよ

決して寝返らない

ごめんなさい

桃香の安全が一番だから

あっ…
お前

桃香ちゃん使って
脅したのか?

女の子を使って
女性を脅すなんて

男のクズだな

うるせえんだよ この野郎
(藤堂)うっ…

あっ…

大丈夫? 藤堂さん

おい 夏目

これ 戻ってきたよ

ハハッ

ニオイ嗅ぐ? ほら

これ もう売ってねえんだ
お前 ええっ この野郎

さて 取引の材料はなくなった

終わりにしよう

まだだ

牧野がいる

あいつが お前を仕留める

おい

(野間)これかな
君達の最後の望みというのは

ひよこさん
真琴に渡しに来たときに

そのまま帰すわけねえだろ

《ううっ》

ひよこ 大丈夫か!?

(野間)抵抗したみたいだね

かわいそうに 傷ついちゃって

牧野 しっかりしろ

ごめんなさい 夏目さん

私 人を疑えって教わったのに

牧野…

一緒には殺さない

さすがに現職の刑事だからね

この子は 山の中に埋めて
行方不明で処理する

ここで お別れだ

最後に 教えてください

20年前

私の父は
どうして死んだんですか?

市野沢さんや 池原さんみたいに

青戸組に やられたんですか?

お願いします

教えてください

あれは違う

私が殺した

あの頃の私は

まだ 高遠建設に移ったばかりでね

駒を集めて
力をつけている途中だったんだよ

大事な時期だった

(野間)それなのに
君のお父さんは

ちっぽけな正義で

私の邪魔をしたんだ

《(牧野)私は 警察に通報しようと
考えています》

《私が そうする前に》

《野間さんが ご自身で責任を
取られることを期待しています》

《そう
かたくならなくてもいいだろう》

《よかったら 君も》

《私のもとで》

《楽しくやってみないか ほら》

《失礼します》
《待て》

《やめてください》
《まあ そう言わずに》

《やめろ… うわっ》

《やめ…うわっ》

(野間)お父さんのカバンの中に
何が入っていたと思う?

ゼリーだよ

みかんゼリー

(野間)死ぬ前に
ゼリーなんて買ってたんだ

《ひより 大丈夫か?》

《パパ》
《うん?》

《みかんゼリー買ってきてね》

《約束だよ》

ハハハハハハハハ…

《約束》

(野間と手下達の笑い)

ゼリー…

どうした? 面白いだろ

ああ? フフッ…

ありがとう 話してくれて

冥土の土産だ

本当に ありがとう

どういたしまして

おい

これで あなたを

逮捕できる

逮捕だと?

(迫田)ハハハハ…

おい 何だ 何笑ってんだよ

皆さん ボケちゃいましたか?

あなた

真琴さんを駒だと思ってますよね

うん?

真琴さんが俺達を裏切って

お前に裏帳簿を渡したのは

こっちの作戦だ

お前を油断させ
引きずり出すためのな

私達の狙いはね

最初から あなたの自供を
引き出すことだったの

お前は
まんまと餌に食らいつき

勝利を確信し

ペラペラ ペラペラと
しゃべってくれた

無敵の野間さん

こういうの何て言うか
分かりますか?

バカ丸出しです

それが何だ

お前達が何かを知ったところで
今更どうなる

このまま墓場まで持っていって

…で 終わりだ

ずっと聞いてたんですよね?

あなたも
メゾン・ド・ポリスの一員です

何言ってるんだ

確保してください!

(大黒)おい 何だ!?

銃を捨てろ!

手をあげて膝をつけ!

ちょっと待て!
言うとおりにしろ

ちわ~っす 極上SIT一個小隊

お持ちしました

俺は関係ねえから

関係ねえんだ いや
ホントに関係ねえんだ 俺はよ

往生際が悪いね あんたの靴から
証拠は挙がってんだよ

証拠なんか どこにもねえよ
この野郎

諦めろ 警察内部の犬なら
今頃 首に縄つけられてるよ

(原田)管理官が万引きは
まずいっすよ

カバンの中
見せてください

誰に ものを言っている
新木課長

犬ですよ

犬だと? 口を慎め!

迫田さんに近づきすぎたのが
失敗でしたね

あの人の目は ごまかせませんよ

おっと!

元旦那からのプレゼントなの

あんたには あげない

ママ!

もう大丈夫だよ

ごめんね

まっ 待ってください
私は何も知らないんです!

あの男に無理やり
ここに連れてこられたんですよ!

何? この野郎

助けてくれて
ありがとうございます

ああ~ 怖かった~

野間さん

もう 手遅れです

えっ?

ですよね 草介さん

(ICレコーダーの電源を入れる)

(野間)「あれは違う 私が殺した」

(ICレコーダーの電源を切る)

ただで済むと思ってんのか

俺 ここの三河屋なんで

必要とあれば 何でも
持ってくるのが仕事なんすよね~

まさか 三河屋が
トイチだったとはな

来てくれて ありがとね

俺が動かなかったら
どうするつもりだったんですか?

草介さんのこと 信じてたので

チェックメイトですね

ふざけるな

何で俺が こんな連中に

俺は警察もヤクザも何もかも
自由に動かしてきたんだ!

お前は勘違いしてる

うちの大将は
俺でも伊達さんでもない

牧野ひよりだ

それを見誤った時点で

お前は負けてたんだ

俺は無敵だ

無敵なんだ!

高平…

正当防衛!

一度
ぶっ放してみたかったんですよ

いい腕してるね
言ったでしょ 銃撃は得意だって

バカッ
あっ

野間仁

殺人未遂の現行犯で

逮捕します

(美砂)抗がん剤治療

もう少し
頑張ってみることにしました

あの人より長生きして

あっちに行ったら

年上女房になって
叱ってやるんです

何 バカなことしてたのよって

ご主人は

真実を話そうと決意したために
殺されました

問い詰めた俺の責任です

あなたのこと許せません

でも…

ありがとう

野間の逮捕により

高遠建設と青戸組との
癒着の全容が明らかになりました

高遠建設本社には 大規模な
捜査のメスが入っているそうです

知ってるよ 書いてある

間宮管理官は
3年前の事件のときから

警察の情報を
青戸組に流していたそうです

野間の後任を約束され

賄賂も もらっていたそうです
それも書いてあるよ

警察上層部と野間の関係は?

高遠建設への天下り
廃止されましたが

警察上層部と野間が
癒着していたことは

表には出ていません

恐らく それで終わりでしょうね

組織を守ることが
優先されますから

伊達さんも

私に一つ 隠し事してますよね

うん?

両親の遺品を
改めて整理していたら

こんなものが出てきました

あのとき

心細かった 母と私を

気遣ってくれた刑事さんは

伊達さんだったんですね

いや それは…

あのとき

私に 藤堂さんから

高遠建設の工事現場での事故には

不審な点があると
聞かされました

しかし 上層部からは

高遠の案件には深入りするな
という指令が来て

私は 捜査をやめました

ず~っと後悔していました

いつか

この事件の真相を突き止めて

あなたに謝罪することが

私の最後の願いだったんです

長い間 あなたを苦しめたこと

お詫びします

申し訳ありませんでした

感謝しています

ここに呼んでくれて

皆さんに育ててもらえて

本当に

ありがとうございました

では

あっ ひよこさん
はい

これ クッキー焼いたの
持ってって

ありがとうございます

最後の仕事か?
はい

大丈夫かい?

大丈夫です
私は皆さんに鍛えられた

刑事ですから

立派に…

成長してくれましたね

夏目さん

調べが終わりました

そうか

どうした?

言うことがあって
来たんだろ

夏目惣一郎

上野のバーのマスター他
3名に対する傷害罪 ならびに

赤坂のマッサージ店における
器物損壊罪

以上の容疑で
逮捕状が出ています

お前で よかったよ

ここに来てくれたのが

泣くな

最強の刑事になるんだろ

頑張れよ

♬~

ふう…

牧野 内示が出たぞ

伊達さんの
最後の差し金ってところかしら

風当たり強えぞ

本日付で
捜査一課に配属になりました

牧野ひよりです

よろしくお願いします

(主任)お前か 夏目惣一郎を
逮捕したっていう女は

はい 私が逮捕しました

夏目さんを踏み台にして

ここに来ました

(係長)おい 殺しだ

事件番は?
うちです

至急 臨場しろ
はい

行くぞ 牧野
はい

(ワゴン車のドアが開く)

(迫田)おつとめ ご苦労さん
夏目~

夏目~
痛い痛い痛いっ

(迫田)やっぱり捜査一課は違うな
(藤堂)やりがいがありそうだね

どこで食べます? お弁当
俺 保釈中ですけど大丈夫っすかね

(伊達)上には
私から話しておきますから

嘘でしょ