ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

3年A組 第10話 最終回 菅田将暉、永野芽郁、片寄涼太、川栄李奈… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…(ネタバレ注意)

『3年A組 今から皆さんは、人質です#10 終幕。この日のために全てはあった』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 澪奈
  2. 先生
  3. 景山
  4. お前
  5. ハァ
  6. 武智
  7. フェイク動画
  8. 自分
  9. ネット
  10. 日目
  11. 生徒
  12. 景山澪奈
  13. 文香
  14. MIND
  15. VOICE
  16. 言葉
  17. 一颯
  18. 香帆
  19. 振動音
  20. SNS

f:id:dramalog:20190310232650p:plain

『3年A組 今から皆さんは、人質です#10 終幕。この日のために全てはあった』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

3年A組 今から皆さんは、人質です#10[終][解][字][デ]終幕。この日のために全てはあった

3月10日。この日に全ての謎は解き明かされ、そして彼の授業は完結する。この大事件をもって男が伝えたかったものとは――。皆さんで一緒に是非、見届けてほしい。

詳細情報
出演者
菅田将暉永野芽郁
片寄涼太川栄李奈上白石萌歌萩原利久今田美桜福原遥神尾楓珠、鈴木仁、望月歩、堀田真由、富田望生、佐久本宝、古川毅、若林時英、森七菜、秋田汐梨、今井悠貴箭内夢菜、新條由芽、日比美思、三船海斗、横田真悠、大原優乃 
細田善彦、堀田茜、バッファロー吾郎A、神尾佑ベンガル土村芳 
矢島健一大友康平田辺誠一椎名桔平
番組内容
3月10日。事件の全てが幕を閉じる。
彼がこの大事件を起こした理由とは。
少女の死の真相とは。
全ての謎が解き明かされる1日。
彼が伝えたかった全てがここに詰められている。
皆様に是非、見届けて欲しい――。
監督・演出
【演出】小室直子
原作・脚本
【脚本】武藤将吾
音楽
【主題歌】ザ・クロマニヨンズ「生きる」
【音楽】松本晃彦
制作
【プロデューサー】福井雄太、松本明子
【製作著作】日本テレビ
【制作協力】AXON
おしらせ
【公式HP】https://www.ntv.co.jp/3A10/
【公式Twitter】https://twitter.com/3A10_ntv
【公式Instagram】https://www.instagram.com/3a10_ntv/

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(阿南) こちら魁皇高校です。

(阿南) 柊 一颯容疑者が
生徒を人質に取って

学校に立てこもってから9日

ついに我々の前に姿を現します。

(市村) 柊先生!
(宮城) 郡司さん…。

(柊 一颯) 警察の皆さ~ん!

お待たせしました~!

(機銃音)

柊です 柊 一颯容疑者が
屋上に姿を現しました!

銃を持ち
人質とみられる男性を連れて

学校の屋上に現れた模様です。


これから ここで
何が行われるのか

現場には緊張が走っています。


現在 MIND VOICEでは

1億5213万4200円の
身代金が集まっています。


恐らく私は 全国民の
敵となっていることでしょう。


保護者の皆さんも
生徒たちの解放を

望んでいると思います。

これから 最後の要求をします。

明日の朝8時に…。
(本城) 許可する。

SNS MIND VOICEの
ライブ中継を…。

(銃声)

柊 一颯が撃たれました!

たった今 銃声のような音が…。
(華) えっ!

こちら 生中継で…。
銃声と思われる音が…。

柊容疑者が撃たれたようです!

警察の狙撃班によるものだと
思われます!

現場は 騒然となっております!

SITに告ぐ 突入!

(隊員) 了解 突入します。

(爆発音)

≪確認しろ!≫
どうなってるんだ…。

(阿南) 爆破です!
校舎が爆破された模様です!

一体 誰が爆弾を…。
(坪井) おい あれ見ろ!

♬~

(市村) 柊先生が 生きてる!

残念でしたね…。

そう簡単に死ぬわけには
いかないんですよ。

(阿南)
柊容疑者が生きていました!
これは どういうことでしょう!

ハァ ハァ…。

防弾チョッキを着てて
助かりました。

あ~… 痛って!

さてと!

(郡司真人)
うぅ! あっ… あっ…。

改めて 発表します!

明日の朝8時に

SNS MIND VOICEの
ライブ中継を使って

皆さんに
全ての真相をお話しします。

もし邪魔をしたら
この校舎を全て

爆破します。
(市村) そんな…!

真実がどこにあるのか

Let's think!

(沢
)
取りあえず 先生は無事みたいだ。

(華) よかった…。

(唯月) ねぇ さくら

さっきの続き 聞かせてくれる?

(茅野さくら)殺したの…

私が澪奈を殺したの

(唯月) あれ どういう意味?

(香帆) あっ ほら 前に
うちらが澪奈を無視して

さくらが
その責任を感じてたでしょ?

きっと それを引きずって…。
そうじゃ ない。

ホントに私のせいで…。

澪奈が命を落としたの。

先生は 今

私のために あんなことをしてる。

だから
みんなに聞いてもらいたいの。

♬~

♬~


(コメントの受信音)

フッ 完全に悪者扱いだな。

それがお前の狙いだろ。

俺は たとえ 自分の命が
残りわずかだとしても

こんな事件は起こさない。

フッ でしょうね。

まともな人間の
やることじゃ ない。

お前が狂ってるとは
思っちゃいねえよ。

生徒を見てりゃ分かる。

お前さ… 痩せちまったな。

もう話してもいいんじゃねえか?

どうして お前が この事件を
起こさなきゃいけなかったのか。

あと7時間58分。

ゆっくり語っても
お釣りが来ますね。

きっかけは
文香のフェイク動画でした。

何? これ

(相楽文香)
私は こんなことしてない

分かってる でも
じゃあ 誰がこんなものを…

(生徒)
相楽先生の あの動画 見た?

(生徒)
おい あそこにいんじゃん…

犯人に心当たりは?

ない

でも 1つ…

ベルムズって知ってる?

魁皇高校の
武智大和という教師が

ベルムズ に文香さんのフェイク動画を
作らせたんだと思います

(相楽孝彦)君が いろいろ
調べてくれてる間にも

文香の症状は
どんどん悪化してる

これ以上 事を荒立てないほうが
賢明なのかもしれない

このまま武智を野放しにする
っていうんですか?

だったら
どうしろっていうんだ!

魁皇高校の面接を受けます!

そこで
武智大和の犯罪を暴きます

(市村)今日から うちで美術を
担当してもらう柊先生です

柊 一颯です
よろしくお願いします

どうも~ 平成最後の
カリスマ熱血教師 武智大和です

よく知ってますよ
(武智)おっ やっぱり

テレビの影響力は絶大ですね

何かあったら
いつでも相談に乗りますから

ありがとうございます

あ…

(医師)
すい臓がんが再発しました

そんな…

今は武智大和のことは忘れて
治療に専念しなさい

文香さんは?

完全に
引きこもるようになった

私との距離も
置くようになって…

何だ? それ

(沢
)景山が ドーピングを
やってたっていう動画です

でも 彼女はやってません
誰かが細工したんです

フェイク動画…


(武智)景山澪奈の フェイク動画
ありがとね

ほら
ドーピングのやつ

これで
もう
彼女の選手生命は終わり…

(澪奈)どうして
私の気持ちが分かったの?

俺の知り合いも

君と同じ目に遭ったんだ

君の力に なれるかもしれない

恐らく あと1年の命かと

今後は薬で
痛みを緩和させて行く治療に

切り替えます

振動音

ごめんなさい
振動音

振動音

すいません
すいません ごめんなさい

景山! 景山!
(警官)下がって!

教え子なんです!
教え子なんですよ!

何で…

先に死ぬのは俺だろ

何で お前が…

俺は

犯人が武智だって
分かっていたのに

景山を救えなかった

負の感情に
流されちゃいけない

これを
明日の活力に変えるんだ

明日の… 活力?

本当に やるのか?
俺は もう長くありません

最期に 教師としての
本懐を遂げたいんです

(相楽)どうぞ
ドアが開く音

ドアが閉まる音

(相楽)
彼は警視庁の五十嵐理事官

文香の実の父親だ

今回の計画を成功させるために
協力を仰いだ

どうぞ

(五十嵐)腰を下ろす前に
1つ聞きたいことがある

これからやろうと
していることは 復讐なのか?

いえ…

これは文香や景山澪奈のような
犠牲者を

出さないようにするための

救済だと思ってます

いいだろう 話を聞こう

爆弾の数は
できるだけ多くお願いします

(相楽)うちのスタッフに
設置場所を考えてもらおう

(五十嵐)窓は強化ガラスに
変えたほうがいいな

学校を爆破?

お前には
生徒のお目付け役として

みんなの動向を
見守ってもらいたい

真相を明らかにするためには

俺が最終的に
全国民の敵になる必要がある

そうでもしなければ
俺の目的は果たせない。

そして これは
ある生徒のためでもあるんです。

澪奈が自殺した日

会ってたのは私なの。

足音

澪奈…

話があるんだけど

どうしても ここで謝りたくて

もういいよ
よくない

私は かばうどころか

みんなと一緒になって澪奈を…

手紙をもらって 最初は

澪奈と私じゃ 釣り合わないんだ
って思ったけど

でも そういうことじゃ
ないんだって…

プロレスの話だって
楽しそうに聞いてくれたし

あれは きっと
澪奈が私に出してくれた…

着信音

最悪だ…
着信音

ごめん…

操作音

やめて…

え?

(澪奈)何で そんなこと言うの?
何で私を責めるの?

澪奈?

分かってる
さくらは味方だって

でもダメなの…

みんなが敵に見えて

そんなふうに思う自分が嫌で
たまらなく嫌で…

だから もう…

無理なんだ…

♬~

♬~

(澪奈)離して!
できるわけないでしょ!

苦しいの…

もう限界なの…

このままだと壊れちゃうよ

だから お願い

楽にさせて…

♬~

(さくらの声)
私は この手を離した。

だから 澪奈は…。
それは違う!

自分を責めんなよ。

先生も そう言ってくれた。

もういいよ

あの!

お話ししておきたいことが
あります

私は

澪奈が自殺した
あの現場にいたんです

そこで飛び降りた
澪奈の手をつかんで…

でも 離しました

これで
澪奈が楽になるならって

その手を離したんです

私が澪奈を殺したんです

景山が亡くなったのは
お前のせいじゃ ない

違います

私なんです
景山を死に追い詰めたのは

別の理由だ

たとえ お前が
あの場で助けていたとしても

彼女は同じ末路を
たどっていたかもしれない

どういうことですか?

俺を信じて
この10日間を過ごすんだ

お前自身で答えを探せ

この事件を
最後まで見届けるんだ

(さくらの声) 今 先生が
やろうとしていることは

澪奈が飛び降りた原因を
解き明かすことで

手を離した私の気持ちとは
別のこと。

先生は
それで私の気持ちが晴れると

思ってるかもしれないけど

私の罪は消えない。

あぁ…。

お前の目的は分かった。

でも なぜ 生徒のために
そこまでする必要がある?

ハァ ハァ…。

教師… だからですよ。

♬~


武智だよ
どの面下げて歩いてんだろうな。

逃げ回ってないで
さっさと罪を償いなさいよ。

お前が景山澪奈を
自殺に追い込んだんだろう。

人殺し! 人殺し! 人殺し!

(武智) うわっ… ハァ ハァ…!

何のまねだ?

あなたなら 俺の最期を
見届けてくれると思って。

あっ! あ… あぁ… あぁ!

ふざけやがって。

事が済んだら

これをお前の手に
はめてやるからよ。

あ痛っ。

(瑞希) もうすぐ8時です
どうなっちゃうんですかね。

理事官!
ん?

先生が現れた。

(立野) これが終わったら
どうするつもりだろう?

(真壁) それは…
警察に自首するんじゃない?

(香帆)
ちょちょちょ… どこ行くの?

死んじゃうかもしれない。

(香帆) えっ?
(愛華) どういうこと?

前に見たって言ってたの。

全てが終わったら
屋上から飛び降りるって夢を。

(沙良) 何だ 夢か。

(花恋) でもさ
ずっと気になってたんだけど

何で わざわざ
屋上に出るんだろう。

(花恋) 真相を語るだけなら
教室でもいいはずでしょ?

(里見) 全てを話した後に…。

(里見) 飛び降りるため…。

≪急がないと!≫

(宮城)
何か知ってることがあるなら
話してくださいよ。

宮城…。

郡司の背中
ちゃんと追い掛けろよ?

(宮城) 何ですか? 急に。

郡司と あいつの目が似てたから

俺は話に乗ったんだ。

柊のことですか?

お前も いい目してるよ。

(振動音)

郡司さん。
(振動音)

(振動音)

(ドアの開閉音)

郡司さん 無事なんですか?

ああ 何とかな。

それより お前に頼みがあるんだ。

相楽文香を
高校へ連れて来てくんねえか?

何で そんなこと…。

柊が何をしようとしてるのか

ちゃんと見せてやりたいんだ。

ボランティアやってる
暇なんか ないんで。

チッ。
(物音)

(須永) こんなことして
屋上 行けんのかよ!

(華)
つべこべ言わずに 手 動かして!

(未来) せ~の! うぅ!

(玲央) ビースト…。
(未来) 真壁 手伝って!

(柳本)
ここで俺たちの力を使わずに
いつ使うんだ~!

(光永) ホントに間に合うのかよ!

≪お~い!≫

(凛) 誰かいる!?

(美咲) 誰か! 誰か いますか!

≪ああ いるよ
しがない刑事がな≫

柊のとこへ行きたいんだろ?
俺も手伝うよ。

SNS MIND VOICEの皆さん
柊 一颯です。

昨日 説明した通り
このライブ中継を使って

俺がなぜ 立てこもったのか

全てを打ち明けます。

昨日も説明した通り

このライブ中継を使って

俺が なぜ立てこもったのか

全てを打ち明けます。

(キーボードを打つ音)

叩く準備か。

いいだろう じゃあ
プレイボールってことで

まずは この動画をどうぞ。
(マウスをクリックする音)

(監督) ≪カット!≫

あ… ありがとうございました。

(相楽) ありがとうございました。

(監督) ≪はい フェイク動画の
完成です≫

お疲れ!

この動画は
俺が作ったフェイク動画だ。

景山澪奈の自殺とは
何の関係もない。

ハハハ…!

混乱してるねぇ!

なのに けなすことは忘れない
これだよ これ!

これが俺が立てこもった
最大の理由だよ。

それは…

SNSによる暴力を

世に知らしめること

フェイク動画を使って
状況を二転三転させることで

いかに 自分たちが

不確かな情報に
踊らされているかを自覚させる

1日目。

お前たちは俺を生徒殺しの
殺人犯としてネットで叩いた。

2日目 3日目 4日目と次々に
増えて行く犠牲者の情報に

お前たちは 俺を凶悪犯として
ネットで盛り上がった。

5日目。

俺が誰も殺していないことや
教師が標的だったことを知ると

今度は俺をヒーローとして
ネットでたたえた。

6日目。

武智の犯行をにおわせたら

ネットで武智に疑いを向けた。

7日目。

フェイク動画に映った人物を
武智と断定してネットで追い詰めた。

8日目。

証拠もないのに 武智をネットで
徹底的に糾弾した。

9日目。

俺が真犯人だと分かるや否や
矛先を俺に変えて

ネットで叩きまくった。

そして 今日10日目
全てがウソだと知った。

お前たちは この10日間で

どれだけ自分の意見を変えた?

信憑性のない情報を頼りに

どれだけ心ない言葉を
ネットで浴びせた?

俺は そんなお前らの

愚かな行動をあぶり出すために

この事件を引き起こしたんだよ!

「関係ねー」じゃねえんだよ!

これを娯楽としか思っていない
あんたに言ってんだよ!

おい! そこの!

周りに流されて 意見を
合わせることしかできない

お前に言ってんだよ!

お前ら
景山の何を知ってたんだよ?

何にも知らねえだろ!

会ったことねえだろ!
話したこともねえだろ!

大して知りもしないのに
何であんなに叩けるんだよ。

「ウザイ キモい 死ね」。

よくもまぁ
そんなゲスなワードが

ポンポン出て来るもんだわ
恥ずかしい。

それだよ それ!

そのお前の自覚のない悪意が!

景山澪奈を殺したんだよ!

景山を殺した本当の犯人は

SNS MIND VOICEだ

景山は
フェイク動画を流された後に

MIND VOICEで受けた
誹謗中傷の数々に耐えかねて

命を絶ったんだ

お前らネットの

何千何万という
悪意にまみれたナイフで

何度も何度も刺されて
景山澪奈の心が殺されたんだよ!

あ…。

(佐久間)
校長! ちょっといいですか!

こっちです!

(瑞希) 武智先生!?

(武智)
違う… 俺は何もやってない…。

やってないんだよ。

(佐久間)
武智先生 誰も責めたりして…。

ウソだ! 俺のこと笑ってんだろ?

でも 俺は殺してない!
俺じゃないんだ!

武智大和!

私や ここにいる先生はみんな

あなたの味方だ。

あなたがやるべきことは
ただ1つ。

償うことです。

柊先生の言葉に耳を傾け

一緒に考えましょう。

どうして私をここに?

上司にだけ カッコつけさせる
わけに いかないんで。

♬~

ハァ ハァ…。

フェイク動画が…

景山を苦しめたことに
違いはない。

けど あれは いわば
一次災害にすぎなかった。

武智が作らせたフェイク動画は
確かに悪質だ

でも それがすぐに間違いだった
と理解してもらえれば

景山の心が病むこともなかった

あのフェイク動画をうのみにした
お前たちが

誹謗中傷を浴びせた
二次災害こそが

景山を死に追いやった
原因なんだよ!

景山は
ネットの罵詈雑言によって

幻覚や幻聴を感じるようになった。

みんなが私の悪口を
言ってるように思えて…

そんなこと言うわけないって
分かってるのに…

家族も友達も
こんなに心配してくれてるのに

つらいよ…

助けて 先生

(柊の声) 景山は
泣きながら俺に訴えてたよ。

助けてくれって。

彼女の気持ちが分かるか?

お前らが浴びせた言葉の暴力が

彼女の心を壊したんだぞ!

ごめん…

やめて…

え?

ドーピングの景山澪奈だ

何で そんなこと言うの?

悲劇のヒロイン
気取ってんじゃねえよ

何で 私を責めるの?
あんな選手になりたくない

ドーピングの詐欺師
調子乗ってたよね

私はやってない!
最低

澪奈?

みんなが敵に見えて…

そんなふうに思う自分が嫌で

だから もう…

無理なんだ

お前たちが

景山の命を奪ったんだ。

お前も!

お前も! お前も!

今まで散々 正義感を
振りかざして来たくせに

分が悪くなった途端に
子供のように責任転嫁を始める。

自分を正当化するのに必死だな。

つまんねえ生き方
してんじゃねえぞ‼

見苦しいんだよ!

ふざけてんのはお前らだろうが!

お前ら 一度だって
真剣になったことあんのか!?

あぁ!? 逃げてんじゃねえぞ!

自分の親や

友達に
面と向かって言えない言葉を

見ず知らずの他人にぶつけんなよ。

お前のストレスの発散で
他人の心をえぐるなよ

分かるだろ? 俺の言いたいこと。

お前ら
そこまでバカじゃねえだろ!

気付いてくれ…。

(沢
) 先生 怒ってる。

いや これは怒りじゃ ない。

祈りだ。

いいか。

MIND VOICEは

誰もが気軽につながれる
便利なツールだ。

気の合う友達を見つけて

いつでも どこでも
コミュニケーションが取れる。

人によっては
心のよりどころになるだろう。

それも大切だ 否定はしない。

けど…。

その一方で

恐ろしい暴力装置にもなり得る。

言葉は 時として凶器になる

ナイフなんて
比にならないぐらい

重く 鋭く 心をえぐって来る

だから刻んでほしいんだよ‼

右に倣って吐いた
何げないひと言が

相手を深く傷つけるかもしれない。

独りよがりに 偏った正義感が
束になることで いとも簡単に

人の命を奪えるかもしれない
ってことを

そこにいる君に!

これを見ているあなたに!

一人一人の胸に
刻んでほしいんだよ。

他人に同調するより

他人をけなすより

まずは自分を律して

磨いて つくって行くことが
大切なんじゃないのか?

ってか
そっちのほうが楽しいだろ。

その目も 口も手も!

誰かを傷つけるために
あるわけじゃ ない!

誰かと喜びを分かち合うために

誰かと幸せをかみしめるために
あるんじゃないのか? そうだろ!

もっとひとに優しくなろうぜ!

もっと自分を大事にしようぜ!

≪うっ…≫

開いた?

ん~…!

つかまれ! 早く!

(香帆) 気を付けて。

俺の言葉が…

どれだけ届いているのか…。

きっと ほとんどの人間には

痛くもかゆくもないだろう。

でも誰か1人でいい。

君1人でいい。

感情に任せた言葉が

景山澪奈のような
犠牲者をつくるかもしれない

そう思って
踏みとどまってくれたら

俺が今
ここに立っている意味がある。

そして いつか きっと

その1人が
10になって100になって

1000人になって行く
俺は そう信じてる!

だから どうか…

だから どうか!

あなたに届いてほしい。

聞いてくれて

ありがとう。

Let's think.

ハァ ハァ…。

この瞬間を持って…。

俺の授業は完結する。

先生…。

先生…。

(一同) あっ!

(文香) 一颯…!

あ…。

茅野… その手を離せ。

離しません!

頼む 俺を 楽にさせてくれ。

(澪奈)
苦しいの… もう限界なの…

このままだと壊れちゃうよ

だから お願い

楽にさせて…

ダメ

絶対ダメ!

ずっとそばに いるから

一緒にいるから

だから 生きて!

♬~

お願いだから生きてください!

あ…。
うぅ…!

ダメ…。

≪うっ!≫

(甲斐) 死なせてたまるかよ‼

≪ブッキー!≫
≪先生!≫

≪何やってんだよ!≫

(柳本) 先生!
(石倉) 甲斐!

引っ張れ~‼
≪早く!≫

≪先生!≫
≪頑張って!≫

≪みんな引っ張って!
引っ張れよ!≫

≪上げて!≫

≪よし! 上げて 上げて…!
よし!≫

よかった…。

♬~

茅野。

お前に聞く。

お前は本当に

景山の手を離したのか?

楽になると思って

その手を離したのか?

違います。

私は澪奈に…。

生きてほしかった。

だから その手を離したくなくて

必死につかんで…。

なっ? そうだろ。

お前は離さなかったんだよ。

この小さな手で
最後まで 精いっぱい

景山を救おうとしたんだよ。

だからもう

自分を責めるな。

いいな?

はい。

よく頑張った。

(泣き声)

あぁ… ハァ…。

これで本当に

俺の授業は 終わりだ。

(香帆) もしかして

さくらの心を救うために…?

「眼鏡を外したら 信じるな」。

(瀬尾) 死ぬつもりじゃなかった
ってことか。

あぁ…。

死ぬのは…。

怖いな。

ハァ! ハァ…。

(武智) 相楽先生。

私は

あなたと景山に
とんでもないことをした。

謝って済む問題じゃないことは
分かっています。

でも…。

ここから始めさせてください。

本当に…

申し訳ありませんでした!

顔を上げてください。

(文香) もう大丈夫ですから。

私は…。

強く生きます。

♬~

♬~

柊 一颯。

器物損壊
その他もろもろの現行犯で

逮捕する。

おいおい
どっちが正義か分かんねえな。

(騒ぎ声)

♬~

ありがとう。

俺は自分のためにやっただけだよ。

俺の手柄ですから。
ああ よくやったよ。

(捜査員) 行くぞ!

≪先生!≫

(生徒たち) 先生…!

♬~

フッ… みんな いい顔してるな。

卒業おめでとう。

(捜査員) おい。

♬~

≪あ~ おいしかった≫
≪あいつ やるなぁ≫

≪フフフ…≫

(香帆) ブッキー すごいよね。

結局 あれから病気と闘って
1年も生きたんだから。

ああ
最後の最後までしぶとかったな。

(石倉) 「しぶとい」って。
(笑い声)

(瑠奈) やっぱり先生は
ヒーローだったんだよ。

(唯月) そうかもね。

(未来)
あっ そういえば マイボイの
身代金って どうなったの?

(沙也)
全額ユーザーに返金されたって
聞いたよ。

(一同) へぇ~。

ねぇ さくらは?
あぁ… もう少し教室にいるって。

先生。

あの事件で

世の中が大きく変わった
なんてことは全然なくて…。

まるで何もなかったように

みんな相変わらず
せわしなく生きてて。

でも…

これだけはどうしても言いたくて。

あの10日間は…。

私にとって青春でした。

(さくらの声) 先生から
いろんなことを教わって

学んで 考えるようになって。

(さくらの声)だから 私やクラスの
みんなに届いたように

誰かに伝わってほしい。

そう願ってます。

先生の思いが…。

誰かに…。

誰かに…。

(キーボードを打つ音)

(さくらの声) 誰かに…。

♬~

♬~