ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

イノセンス 冤罪弁護士 第7話 川島海荷、団時朗、円城寺あや、六角慎司… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

イノセンス 冤罪弁護士#7 【命がけの再現実験で悪女の仕掛けた罠を暴け!!】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 満里奈
  2. 被告人
  3. 黒川先生
  4. ハァ
  5. 弁護士
  6. 湯布院
  7. 湯布院先生
  8. 乗鞍
  9. 寝室
  10. アラーム
  11. 理由
  12. 警察
  13. 事件
  14. 濃度計
  15. 練炭
  16. 午前
  17. 主人
  18. 主張
  19. 弁護
  20. 和倉先生

f:id:dramalog:20190302225523p:plain

イノセンス 冤罪弁護士#7 【命がけの再現実験で悪女の仕掛けた罠を暴け!!】』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

 

 

イノセンス 冤罪弁護士#7[解][字][デ]【命がけの再現実験で悪女の仕掛けた罠を暴け!!】

元ホステスの若き後妻(川島海荷)が資産家の夫を殺害!?最強悪女が仕掛けた罠で弁護士生命の危機に…!黒川拓(坂口健太郎)は決死の再現実験で真実を明らかにできるか?!

詳細情報
出演者
坂口健太郎川口春奈趣里小市慢太郎正名僕蔵赤楚衛二杉本哲太志賀廣太郎市川実日子草刈正雄(特別出演)/藤木直人 ほか

【第7話ゲスト】川島海荷団時朗円城寺あや六角慎司 ほか
番組内容
拓(坂口健太郎)と楓(川口春奈)は、“青梅のカサノバ”と呼ばれる資産家の夫を殺したとされる若妻・満里奈(川島海荷)を弁護することに。夫が死ぬまで窓から外出していたと疑われた満里奈だが防犯カメラには一酸化炭素の充満した部屋に1時間以上いた証拠が…。調査を進めるうちに依頼人の嘘を暴くかもしれないことに気づいた拓は、弁護士としてどうすべきか葛藤する。そして秋保(藤木直人)らと命がけの再現実験を決行する!!
監督・演出
【演出】南雲聖一
原作・脚本
【脚本】古家和尚
音楽
【音楽】UTAMARO Movement
【音楽プロデュース】岩代太郎
【主題歌】King Gnu「白日」(アリオラジャパン
制作
【チーフプロデューサー】池田健司
【プロデューサー】荻野哲弘、尾上貴洋、本多繁勝
【制作協力】AXON
【製作著作】日本テレビ
おしらせ
【公式HP】https://www.ntv.co.jp/innocence/
【公式Twitter】https://twitter.com/innocence_ntv
【公式Instagram】https://www.instagram.com/innocence_ntv/

 

↓高還元!もらい損ねてませんか?↓

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 


(和倉 楓)
どんな方だったんですか?

秋保先生の妹さんと…。

(秋保恭一郎)
付き合ってた… 犯人か?

(穂香の声) 黒川先生が
こだわってる理由は 別にあるの。

(穂香) 犯人は…

黒川先生の幼なじみだから。

浅間大輔。

俺と こいつ

死んだ妹の彩花が
一緒に写ってる写真は

その1枚だけだ。

この人が黒川先生の…。

黒川は こう言った。

「殺人犯は別にいるはずです。

浅間が有罪判決を受けたのは

冤罪だと思います」。

それで秋保先生は?

殴った。
えっ?

「はず」だとか 「思う」とか

根拠のない希望的観測に
腹が立ったからな。

俺は科学者で 被害者の遺族だ。

じゃ どうして
黒川先生に協力を?

妹さんの事件が
冤罪だった可能性があると

秋保先生も考えてるからじゃ
ないんですか?

顔を見たくなくて 塗りつぶした。

捨てればいいのに

今も その写真を持ってる。

なぜか 俺にも分からない。

(乗鞍満里奈)
私が夫を殺しただなんて

根も葉もない中傷です
そんなことするはずがありません。

(聡子) では…
奥様が主張されている通り

亡くなったご主人が
無理心中を図った結果だと?

ええ。

私は逃げようとしたんですけど

夫に無理やり睡眠薬を飲まされて
そのまま…。

(ノック)

すいません。

何だ 取材中か。
(満里奈) ちょっと何なんですか?

いきなり…。
取りあえず カメラ止めて。

あなたに逮捕状が出たんですよ
乗鞍満里奈さん。

チッ 何よ?

何か証拠でも見つかったわけ?

話は取調室で ゆっくりと。

おい! カメラ止めろって!

(満里奈) ねぇ
取り調べ中ってタバコ吸えんの?

(刑事) 吸えるわけないだろ。
ハハっ。

じゃあ 1本だけ。

(石和)
≪湯布院先生を弁護人に指名?≫

(石和) あの
「青梅のカサノバ」の妻がですか?

(湯布院) ええ。
去年 亡くなった

青梅の資産家ですよね?
(黒川 拓) ん~ でも

どうして カサノバなんですかね?

(穂香) 地元企業の会長さんで
女ったらしで有名だったの。

奥さん 逮捕されて
ネットもワイドショーも大盛り上がり。

(登別)
見ろ この ふてぶてしい態度。


何よ?
何か証拠でも見つかったわけ?


(刑事)
話は取調室で ゆっくりと。


おい! カメラ止めろって!


ねぇ 取り調べ中って
タバコ吸えんの?

まぁ 財産目当ての
超年の差婚だから

やってるな 絶対!

カサノバは享年70歳。

奥さんは24歳ですもんね。

24歳か。

湯布院先生と和倉先生が
結婚するようなものよね?

えっ?

でも わざわざ ご指名で
弁護依頼が来るなんて

湯布院先生は
どういう お知り合いなんですか?

(湯布院) それが
知り合いでも何でもないんです。

(一同) えっ?
亡くなったご主人のほうとは

昔 少し関わりが
あったんですけど。

ご主人って その
亡くなったカサノバ

(湯布院) ええ。
(ドアが開く音)

(別府) ほらほら
たむろしてないで働け 働け!

(登別) 平山!
(平山) はい!

いくら ご指名とはいえ あまり
無理し過ぎないでくださいよ。

湯布院先生
お年がお年ですからね。

黒川君がサポートに
ついていてくれてますので。

そろそろ接見に行って来ますので。

刑事事件は体力勝負ですからね!

和倉先生 いざという時は
あなたに交代…。

(湯布院) あたっ! たっ!
湯布院先生 どうしたんですか?

(湯布院) いや
気合を入れようとしたら…

うっ… どうも ぎっくりが来て…。

ぎっくり腰!?
これって もう いざって時?

大丈夫ですか?
イタタタ…!

ごめんなさい! どうしよう?
え~っと…。

湯布院先生 肩 肩…。

(湯布院) イタタ…。
あ~ ごめんなさい ごめんなさい。

♬~


(楓の声) 事件は平成30年
12月22日 午前3時45分。

資産家 乗鞍権三郎宅で起きた。

家政婦 十和田伸江が
寝室から出て倒れた乗鞍の妻

満里奈と遭遇。

(伸江)どうしたの!?
ハァ ハァ…

あの人が… ハァ ハァ…

練炭をたいて…

(伸江)旦那様は… まだ中に!?

ダメ! 今 行ったら…

(伸江)旦那様?

旦那様? 旦那様! 旦那様!

練炭が燃える音

(楓の声) 乗鞍は
一酸化炭素中毒により死亡。

(隊員)東京消防庁です

(楓の声) 満里奈と伸江も
軽度の中毒症状で

病院へ搬送された。

(隊員)大丈夫ですか?
大丈夫ですか?

(楓の声) 満里奈は
夫が無理心中を図ったと主張。

しかし 警察は偽装殺人を疑い

事件発生から2か月後に
満里奈を逮捕。

それで 警察から疑われている
理由なんですが…。

タバコ吸いた~い!
はい?

ハァ…
刑事にお願いしてくんない?

喫煙OKにしろって。

それは無理です
それより乗鞍さんの…。

「満里奈」でいい というか

湯布院って弁護士は
体調 いつ戻るわけ?

代理が来るとか ガンなえ。

あの…。

満里奈さんが
湯布院を指名されたのには

何か理由があるんですか?

別に。

前にテレビ出てたの見て
覚えてただけだし。

テレビ?
(満里奈) それより

あんたたち
ちゃんと仕事してくれんの?

もちろんです
そのために いくつか確認を…。

あっ 警察が私を疑ってる理由?

え~っと 旦那の体から出て来た
睡眠薬

私の私物だったこと。

練炭をネット通販で買ったのが
私だったこと。

事件の2日前に 財産関連の書類を
家から持ち出して

貸金庫に移したこと あとは…。

旦那が死んじゃったのに

私は生き残っちゃったこと?

私 普段から
睡眠薬 飲んでるから

効きが弱くて
目が覚めちゃったのよ。

あれ?

2人とも今 私がやったって
思ったんでしょ?

それは分かりません。

満里奈さんも 一酸化炭素中毒で
入院されたそうですし…。

殺害方法としては あまりに
リスクが高すぎる気がするので。

へぇ~
あなたは頼りになりそうね。

あらためて伺います。

今回の事件は
ご主人が無理心中を図った。

つまり 満里奈さんは
ご主人を殺していない。

それで間違いありませんか?

私は やってない。

分かりました
僕が徹底的に調べて…。

(満里奈) 調べて勝てそうにない
と思ったら 早めに言って。

もっと腕のいい弁護士 探すから。

はい…。

そうですか 私のことをテレビで。

はい。

となると… あれしかないわよね。

あれ?

例の あの事件のことを
追い掛けた番組よ。

冤罪の可能性を探るって内容で。

私が まだ新人の頃に作った
ドキュメンタリー。

湯布院先生に出演してもらったの。

それにしても妙なご縁ね。

私が たまたま逮捕の瞬間に
立ち会った相手が

私の作った番組きっかけで

湯布院先生に弁護依頼するなんて。

なのに
今回は のっけから これで。

任せてください 湯布院先生。

状況証拠は不利ですけど

とことん調べてみないと
分かりませんから。

ああ。

有馬さん これは?
あ~ それ。

あの奥さんから受け取った
監視カメラの映像。

事件当日の
乗鞍邸の廊下が映ってる。

この奥が 現場の寝室。

(キーボードをたたく音)

午前2時ごろ 寝室に入室。

(キーボードをたたく音)

(穂香) 午前3時45分
奥さんが寝室を出て

家政婦さんと遭遇。

マスコミに語った状況とは
一致してますね。

被害者の死亡指定時刻が

午前3時から4時の間。

被疑者も1時間以上

この一酸化炭素が充満した寝室に
いたってことですか。

ん~。

(伸江) 取りあえず

事件のあった日のままに
してあります。

目張りや練炭 カーテンなどは

警察が持って行きましたけど。

カーテンは事件のあった夜

逃げようと もみ合っている時に
外れた。

練炭は暖炉脇に5個。

このベッドは どちらがご主人の?

窓側です。

私が来た時には
もう亡くなってました。

(カメラのシャッター音)

えっ!?

黒川先生 人が亡くなってたのに
よく平気ですね。

和倉先生も
そっちに寝てみてください。

どうしてですか?

事件当時の状況を
イメージしたいんです。

満里奈さんも
睡眠薬を飲んでたそうですし。

え~。

嫌なら代わろうか?

いえ。

♬~

(カメラのシャッター音)

(カメラのシャッター音)
あの… 何か分かりました?

(カメラのシャッター音)
ん~。

天窓は まぶしいけど
でも…

ベッドは ふかふかです。

十和田さんが夜中に
こちらに いらっしゃったのは

前日に奥様から電話で
呼び出されたからでしたよね?

ええ 旦那様が
早朝から釣りに行くので

4時までには来てほしいって
急に。

で その時間に
奥様が寝室から出て来た。

タイミングいいわよね。

≪当然ですよ!≫

全部 あの女が
仕組んだことなんですから。

坊ちゃま。

(乗鞍 肇)
乗鞍権三郎の前妻の息子です。

随分
くつろいでらっしゃるようだが。

あなた方が
あの女の弁護士さんですか?

黒川先生 くくっ…。

ヤバい!

すいません。

(肇) あの女が親父を殺した動機が
これです。

遺言書?
失礼します。

(肇) 会社の株式や財産の全ては

あの女に相続させるという
内容です。

そんな話 私は寝耳に水だった。

つまり 財産目当てで殺害したと?

強引な商売の仕方や
女癖の悪さで

評判は悪かったかも
しれませんが

親父は もともと
たたき上げの苦労人です。

あんな 元ホステスの若い女
会社を任せるなんて

たぶらかされたとしか思えない!
(テーブルをたたく音)

言っときますけど 事件の夜

寝室の窓に
目張りはされてませんでした。

あの女は出入り自由だったんです。

えっ? じゃあ…。

練炭をたいてから外に出て

親父が死ぬのを待って
戻って来たんですよ。

警察も その方向で
捜査してくれています。

あの女の弁護を続けても
恥をかくだけですよ。

目撃者も見つかったみたいだし
フッ。

目撃者…。

窓から出入り自由となると

廊下の監視カメラの意味なんて
全く なくなりますよ。

ご主人だけ亡くなって
奥さんが助かった理由も

簡単に説明がつくしね。

目撃者か。
マズいですよ。

♬~

♬~

和倉先生 城崎さん!

あれ 調べましょう!

いよいよ公判開始ですね。

今回は かなり有利な展開で
進めると思う。

検察側は 目撃証言を
切り札にするようだけど

それをつぶすネタは
確保できてるから。

(手錠を外す音)

となると 残ったカードは
状況証拠だけか。

黒川先生なら いつものように
無実を証明してくれますよ。

世間も注目してますし。

うわっ!

ビックリした~。
どうしたんですか? 湯布院先生。

♬~

証人 あなたは
12月22日 午前3時ごろ

事件現場から
200m離れた場所で

被告人を目撃したと
証言しています。

これは事実ですか?

ええ 間違いないと思います。

その根拠は何でしょうか?

根拠って?

見たから見たって
言ってるんですけど。

警察からの聞き込みを受けた時
あなたは最初に

こう聞かれたのでは
ないでしょうか。

「その時間
ベージュのコートを着た

女性を
見掛けませんでしたか?」と。

あぁ… 確かに
そうだったと思いますけど。

その時 「見た」と答えた
あなたは

警察署で あらためて
確認されたんですよね?

(キーボードをたたく音)
「見たのは

このコートを着た
この女性でしたか?」と。

そうです
それで似てると思って答えて…。

甲 第29号証の事件直後の
写真撮影報告書を示します。

(キーボードをたたく音)
この日 寝室にあった外出着は

このベージュのコートだけでした。

つまり 被告人が外に出るには
このコートを着るしかない。

だからこそ 警察は

このベージュのコートを着た
女性の目撃者を捜し出し

それが被告人であると
思い込ませようとしたんです。

(指宿)
異議あり 弁護人の質問は

不当に警察の捜査手法を
おとしめるものです。

これは目撃証言が

捜査機関の恣意的な誘導に
よるものだと

確認していただくためです。

(裁判長) 異議を棄却します。
ありがとうございます。

(裁判長) 証人 お座りください。
あっ はい。

そもそも

被告人を目撃することは
絶対に不可能なんです。

どういうことですか? それは。

弁 第36号証の
監視カメラの映像を示します。

(キーボードをたたく音)

この監視カメラからは
被害者宅の庭が見えています。

今の光は
被害者宅の庭に設置された

防犯用のセンサーライトです。

寝室のドアが開くと
センサーライトが反応します。

そして これが事件当日

午前2時から3時45分の
監視カメラの映像ですが

センサーライトは
反応しておりません。

つまり 被告人が寝室の窓から
出入りしてないことを

証明しています。
そういうことか。

なお 被告人がセンサーを
切っていたという可能性も

否定させていただきます。
(キーボードをたたく音)

午前4時ごろ 救急隊員が駆け付け
窓を開けた際にも

ライトは ついています。

以上のことから
検察側の主張である

被告人が窓から出入りをし
中毒死を免れたという説は

成り立ちません。

被告人の主張する通り

午前2時から3時45分の間

現場となった寝室内に…。

黒川先生?

(裁判長) 弁護人。

失礼しました。

現場となった寝室内に

被告人がいたことは
間違いありません。

目撃者 でっち上げじゃないすか。
逆転無罪あるな 今回も。

勝ちが見えて来ましたね。

検察側は外部の目撃に
こだわってたみたいですし

このまま行けば…。

ハァ…。
大丈夫ですか? 黒川先生。

さっきも いきなり
固まってましたけど。

僕らは検察側の主張を
つぶしただけです。

そのせいで
余計に分からないことも

出て来ましたから。
どういうことですか?

(指宿) 黒川先生。

この後 少し時間ありますか?

何ですか?
いきなり呼び出すなんて。

(黒川 真) 君たちの健闘を
たたえようと思ってね。

今回 状況証拠のみの中で

捜査機関が焦っていたことは
認めよう。

「焦っていた」で済む話では
ありません。

僕たちが調べなければ

誘導された目撃証言によって

被告人の人生は
狂っていたんですから。

限りなくクロの可能性の
あるものを

見逃すわけにはいかない。

それが我々の職分です。

それは あなた方 弁護人も
逆の意味で同じでしょう。

同じ?
被告人の利益を守るために

被告人の意思に寄り添い

無実を主張していれば
そのために戦う。

時には
被告人がウソをついていると

確信したとしても
無罪を主張する。

僕は そんなことしません。

それができないなら

そのバッジは外したほうがいい。

真実を追求した上で
弁護を担当する。

それが筋じゃないんですか?

黒川先生。

あなた 以前 私に
こう おっしゃった。

「弁護をしているのは

被告人のためでも
正義のためでもない」と。

僕が弁護をしているのは

被告人のためでも
正義のためでもなく

本当のことを知りたいからです

(指宿) あれが本音だとするなら

被告人がウソをついていた場合

あなたは弁護人として
一体 どうするんです?

ちょっと待ってください。

まるで本件の被告人が
ウソをついていると

決め付けたような言い方を
されてますが 何の根拠があって

おっしゃってるんですか?
(真) なぜ 一酸化炭素

充満した部屋で
被告人だけが無事だったのか?

君は そこに引っ掛かってる。

これは 忠告だ。

本当のことが知りたいという
動機で成り立つ

弁護活動など ない。

お疲れさまです。
(湯布院) あぁ…。

ちょっと… 痛てて
これを見てください。

「投資詐欺」?

「平成16年」ということは…

15年前ですね。

当時 私と相棒が
手掛けていた案件です。

ある中小企業が被害に遭って

倒産に追い込まれましてね。
練炭自殺」。

訴訟の準備を進めていたんだが
間に合わなかった。

被害者一家は
自ら命を絶つという

選択をしてしまいました。
その投資詐欺だけど

乗鞍が関わってたの。

(聡子) 被害者一家は ご両親と
お嬢さん 息子さんの4人家族で

子供たちは助かった。

弟さんのほうは
脳障害を起こして

親戚に引き取られたらしい。

「諏訪満里奈」。

(湯布院) 面影がある。

名前も 年齢も

ピタリと合っている。

♬~

(楓の声) 満里奈さんには

乗鞍を殺害する動機が
あったってこと?

(湯布院) 黒川君

私は その家族を… 救えなかった。

だから…

もしかしたら…。

♬~

何よ? そんな深刻そうな顔して。

あっ もしかして
弁護報酬の増額?

このまま行けば勝てそうだし
考えなくもないけど。

満里奈さん。

あなたと乗鞍が結婚する前の

接点が見つかったんです。

湯布院が思い出しました
ご家族のことも。

だから何?

動機があるから 私が乗鞍を
殺したって言いたいわけ?

いえ そこまでは…。

あの 弟さんは?

弟さんも助かったって
聞きましたが…。

(満里奈) さぁ?

施設に入ってから
一回も会ってないから。

満里奈さん。

あなたは あの夜

部屋から出ていないんですよね?

睡眠薬を飲まされて
寝ちゃったって言ったでしょ?

窓から出入りしてないのは

あなたが裁判で
証明してくれたんじゃない。

だとしたら

ご主人が亡くなった あの部屋に
1時間以上もいて

あなたが無事だったことは
奇跡です。

あなたは 子供の頃と今回

2度も 一酸化炭素中毒で
命を落とすことを免れている。

これは ただの偶然でしょうか?

(満里奈) 運がいいのよ 昔から。

私が乗鞍と結婚できたのだって

運があったからでしょ。

ついでに

こんなに早く
死んでくれたこともね。

ハッ… 何よ? その顔。

私は やってないってば。

私の言葉を信じて
無実を勝ち取るのが

あなたたちの仕事よね?
弁護士さん。

(女性) ええ 2年前までは
うちで面倒見てましたよ。

他に誰も引き受けなかったから。

(聡子) 今は どちらに?
さぁ?

おねえちゃんが 突然 訪ねて来て
引き取ってったから。

あのコ 水商売か何かで
羽振り良さそうだったし

どっかの病院でも
入れたんじゃないの?

ここです 満里奈さんが
ご家族で暮らしてた場所。

もう 何も残ってませんね。

♬~

黒川先生?

和倉先生。

僕は今 何を調べようと
してるんですかね?

えっ?

一酸化炭素の充満した
部屋の中で

どうして
満里奈さんは無事だったのか…。

その方法が分かったら…。

(振動音)

有馬さんです。
(振動音)

はい。

見つかったそうです 弟さん。

♬~

(聡子) 入院費は5年分

満里奈さんが
先払いして行ったそうよ。

ただ…

今は かなり危険な状態だって。

満里奈さん ウソの連絡先
書いてたみたいで

連絡がつかなくて
病院側は困ってる。

やっぱり ウソだったんだ。

えっ?

弟さんとは会ってないって
言ってたのに。

(キーボードを打つ音)

(穂香) 黒川先生 出て来ないわね。


あぁ…。

♬~

♬~

♬~

被告人が
ウソをついていた場合

あなたは弁護人として
一体 どうするんです?

私の言葉を信じて

無実を勝ち取るのが
あなたたちの仕事よね?

それができないなら

そのバッジは外したほうがいい

ハァ…。

ハァ~。

ハァ…。

(ノック)

(ドアが開く音)

お昼 食べてないんですよね?

はい。

どうして 満里奈さんは

最初に湯布院先生に 弁護の依頼を
して来たんでしょうか?

もしかしたら
気付かれたかもしれないのに。

私たちが満里奈さんのために
できることって…。

♬~

♬~

(鳴子) よく貸してもらえましたね
この家。

(聡子) 息子さんにとっても
損な話じゃないからでしょ。

(聡子) 黒川君にとっては
どうなのか分かんないけど。

黒川先生 私は やめたほうが
いいと思いますけど。

(穂香) 和倉先生も止めてよ
もし 何かあったら…。

お願いします。

(鳴子) セッティングできました。

本当にいいんだな? 黒川。

お願いします。

よし。

これを着けて 寝室に行け。

はい。

♬~


ドアに目張りしろ。

♬~

それが済んだら 次はカーテンだ。

♬~

できました。

よし 練炭をたけ 実験開始だ。

♬~

練炭のたかれた室内で

被害者は死に 被告人が助かった
理由は3つある。

1つ目は 部屋の形状だ。

(秋保の声) 練炭をたくと
発生した 一酸化炭素は温められ

空気と共に
部屋の上部にたまって行く。

その一酸化炭素
天窓で冷やされ

比重が大きくなり 下がり始める。

理由の2つ目は
室内を仕切るカーテンだ。

下がって来た 一酸化炭素

カーテンで遮られ
窓側にたまって行く。

(濃度計のアラーム)

(濃度計のアラーム)

そして 窓側のベッドは
30分で死に至る

高濃度の一酸化炭素で満たされる。

(濃度計のアラーム)

だが 時間がたてば 当然

ドア側の濃度も上がって行く。

(アラーム)

そこで 3つ目の理由だ。

黒川 今だ。

(濃度計のアラーム)

(秋保の声) 過酸化水素水に
二酸化マンガンを加え

酸素を作り出す。
(濃度計のアラーム)

何で今?
酸素は作り置きできないそうです。

被害者が死に至り
家政婦が来るまでの時間

被告人は こうして やり過ごした。

(濃度計のアラーム)

(濃度計のアラーム)
(酸素を吸う音)

(濃度計のアラーム)

(濃度計のアラーム)

♬~ 酸素を吸う音

♬~

♬~

♬~ ガムテープを剥がす音

♬~

黒川先生!
和倉! 換気だ 窓を開けろ。

♬~

♬~ うっ…。

♬~

黒川先生!

黒川先生!

死ぬかと… 思った。

ハァ ハァ…。
も~う!

ハァ ハァ ハァ…。

検証は以上だ。

これは周到に準備された

計画的な殺人だ。

僕は…。

やっぱり…

弁護士には
向いてないのかもしれません。

そんなこと

お前が弁護士を目指した時から
分かってる。

ハァ…。

満里奈さんが あの部屋にいて

なぜ無事だったのかを
検証しました。

これ

寝室の水槽の底にあった
二酸化マンガンです。

カーテンをついたての代わりに
使ったのは

ご両親が亡くなった時の状況から
思い付かれたんですね?

そのおかげで 満里奈さんと

弟さんは助かった。

弟に会ったの?

会いました。

なら…

あの姿を見て 助かったなんて

言わないでくれる?

父親が ついたてを立てたのは

ただの偶然だった。

きっと
道連れにする子供たちの顔を

見てられなかったからよ。

(満里奈の声)
でも おかげで私だけは助かった。

♬~

前にも言ったでしょ?

私は運がいいんだって。

勤めてたクラブで
乗鞍に出会えたのも運だし

あいつの妻に おさまれたのも
運だった。

おかげで 弟のこと
入院させることできたしね。

ハァ… なら どうして乗鞍を?

バレたからよ。

あいつは私に こう言ったの。

「弟のことを切り捨てろ」って。

(乗鞍権三郎)ハァ… 俺には

お前の弟まで養ってやる
義理はない

お願い! あのコは
私以外には頼れないから…

あぁ! いいか 満里奈

俺は泥水をすすり

汚いことにも手を染めながら
ここまで生きて来た

俺は 俺と同じように
はい上がろうとして来た

お前を気に入っている

だから 妻にした

俺の横にいたいなら

お前も弱いヤツには構うな

利用価値のない
死に損ないの弟は忘れろ!

いいな

(満里奈の声) その時… 決めたの。

(満里奈) 弟のために

あいつのせいで死んだ
両親のために

こいつを殺してやるって。

殺して
何もかも奪い取ってやるって!

罪を認めていただければ

情状弁護に切り替えます。

はぁ!?
あなたが なぜ

そんなことをしたのか
それを訴えて

少しでも刑罰が軽くなるように
精いっぱい戦いますから…。

ふざけんな‼

精いっぱい戦うって
言うんだったら

私を無罪にするために戦えよ!

私がやったことに
気付いたんだったら

ごまかし方だって分かんだろ?

証拠も何も 全部 処分してよ!

そんなことできません。

バカじゃないの?

昔 乗鞍の投資詐欺で
何人が死んだか知ってる?

酔った時
あいつ 笑いながら言ってた。

私の親と同じ手口で
ハメられた人が

14人も死んだんだって。

それでも
あいつは罪に問われなかった。

いい弁護士つけて
証拠不十分で逃げ切った!

悪いことしても 証拠がなければ
逃げ切ってもいい。

それが 法律の世界なんでしょ?

なのに 何で
弁護士が余計なことすんのよ!

あなたが湯布院先生に
弁護を依頼したからです。

ホントは気付いてほしかったんじゃ
ないんですか?

家族を奪われた苦しみと
そのために復讐したことを。

だから 湯布院先生に…。
帰って!

もう二度と来なくていい。

満里奈さん。

あんたたち クビだから。

僕は満里奈さんに
救われてほしい!

弁護士の仕事は…。

確かに
依頼人の利益を守ることだ。

でも…

犯した罪から
目を背けて逃げ切ることは…。

本当に満里奈さんの利益に
なるんですか?

たとえ 裁判に勝ったとしても…。

罪を背負ったままでは…

救われることはないと思います。

(ノック)
(足音)

(刑務官) 待ちなさい!
(ドアが閉まる音)

♬~

黒川弁護士が解任? 理由は?

そうですか。

♬~

(弁護士)
これで書類は全部ですね。

あとは
よろしくお願いいたします。

(弁護士)
いやぁ しかし 驚いたよ。

和倉先生が この事件を
担当していたのは知っていたが

まさか 途中解任とはね。

弁護方針で
依頼人と意見が割れたので。

証拠不十分で
無罪が見えていたのに

なぜ割れるんだ? ん?

もしかして 例の黒川先生が
何か やらかしたの?

どうぞ。
あぁ どうも。

あっつ!

♬~

(別府)
こいつは シュレッダーにかけろ。

警察や検察には漏らすなよ。

それをしたら お前の弁護士生命は
本当に終わるぞ。

えっ?
何だ その顔は。

俺が お前の心配をしてるのが
そんなに意外か?

いえ…。

刑事弁護には
ついて回ることだろ。

被告人に ウソをつかれることも

結果に救いがないことも。

企業法務はいいぞ~。

善良な労働者と
組織のために働ける。

ついでに 事務所も潤う。

そういうほうが俺は好きだ。

(ドアが開く音)
あっ!

あっ 別にお前のことを
心配してたわけじゃないぞ。

今度こそ クビにされるかと思って
もう楽しみで楽しみで。

えっ? 「心配だ」って
あんなに言ってたじゃないですか。

バカ…!

黒川先生 満里奈さんの弟さんが
入院してる病院から

連絡がありました。

えっ?

(楓の声) 今朝 容体が急変して…。

(楓の声) 満里奈さんには
新任の弁護士に連絡して

伝えてもらいます。

(満里奈) ハハハハ…。

ハハハハ…。

アハハハ…。

ハハハハ…。

≪解錠してください≫

このように検察側の主張は
いずれも臆測によるものであり

これは
「疑わしきは被告人の利益に」

…という推定無罪の原則に
反しております。

ホントは気付いてほしかったんじゃ
ないんですか?

僕は満里奈さんに
救われてほしい!

罪を背負ったままでは

救われることはないと思います

(弁護士) 以上の通り
被告人 乗鞍満里奈の無罪を…。

待って。

何でしょう?

言いたいことあるんだけど。

被告人が話す時間は
後で設けますので。

この場合も 自首って言うの?

私がやったこと話したいから。

自首?

(満里奈) 私が

夫を殺しました。

(ざわめき)
(裁判長) 静粛に!

静粛に願います!
(弁護士) 何を言ってるんだ!?

(裁判長) 被告人

あなたは自分の言っていることが
分かっていますか?

はい。

夫を殺した理由も 方法も
全て説明できます。

(弁護士) 被告人 黙って!

裁判長 休廷を。

あなた もう クビだから。

(弁護士) えっ!?

もう一回
弁護 引き受けてくれない?

♬~

救われなくていいと思ってた。

でも…。

♬~

裁判中に自首って
何があったんだよ?

また黒川ですかね?

頑張りましょうね 情状弁護。

黒川先生。

弁護士として僕がやったことが
正しかったのかどうか…。

満里奈さんが選んだことです。

それに

正しかったかどうか
分からないってことは

正しかったかもしれない
ってことじゃないですか?

そうですね。

あっ どうしたんですか?

あった!
まだ食べてなかったんですか?

何か食欲 出て来ました よいしょ。

よいしょ…。
お行儀 悪いですよ。

♬~

ここからは
湯布院と担当させていただきます。

15年前は
果たせませんでしたが

今度こそ

お役に立ちたいと思います。

♬~

よろしくお願いします。

♬~

ハァ…。
(穂香) 和倉先生。

弁護から外れたからって
ぶ~たれないでよ。

他にも仕事はあるんだから。
分かってます。

それと これ
有馬さんに頼んでたんでしょ?

フゥ…。